雪 1

雪 1

例句を挙げる。

あくがれし雪国に来て飛雪の夜 大島民郎
あぢさゐの枯れて日当る根雪かな 藤田あけ烏 赤松
あひ触れて深雪の廂夜は深し 福田蓼汀 山火
あらき日の出あらき暮雪の泥炭地 細谷源二
うつはりに鶏の鳴く深雪かな 吉田冬葉
お涅槃のかたきまぶたや雪明り 前田普羅
お白州の格子窓より雪明り 高澤良一 随笑
お降りのうす墨刷ける深雪かな 西本一都 景色
かぎりなく舞ひおりて雪明りとなる 千代田葛彦 旅人木
かぎ括弧型に根雪のとけにけり 櫂未知子 貴族
かくて暮雪持たざる人は鶴のごとし 細谷源二
かまくらへ城と童女と雪明り 河野多希女 月沙漠
からたちの黄の褪せてくる飛雪かな 藤田あけ烏 赤松
かん酒や深雪とならん深雪になれ 白泉
がうがうと深雪の底の機屋かな 皆吉爽雨(1902-1983)
きさらぎや深雪に沈む林檎園 福田蓼汀 山火
くろもじに粉雪かかりてみづみづし 風生
こころ火の国にあそべる粉雪かな 三橋鷹女
ことことと小豆煮つむる細雪 加藤耕子
ことと音又も深雪にことと音 京極杞陽
この食を今受くる手の雪明り 宮武寒々 朱卓
こんにやくの一枚ありし深雪かな 龍岡晋
こゝろだに置処なき深雪哉 松岡青蘿
ごう~と深雪の底の機屋かな 皆吉爽雨
しなのぢや小田は粉雪に蕎麦畠 高井几董
しんしんと柱が細る深雪かな 栗生純夫
じぶ食へばたちまち加賀の雪景色 飴山實 『次の花』
だんだんに深雪の畑となりにけり 阿部みどり女
ちちははや畳にゆらぐ雪明り 金箱戈止夫
とんどの火小雪まじりを猛りけり 平田マサ子
どつと起る歓声にまた飛雪かな 金尾梅の門 古志の歌
ぬばたまの闇も深雪も祀らるる 西本一都 景色
のり出でて両岸迫る深雪かな 高濱年尾 年尾句集
はしか寺分教場も根雪来て 文挟夫佐恵 遠い橋
ひそかなる壺の吐息や雪明り 朝倉和江
ひとはふり塵ののりゐる深雪かな 銀漢 吉岡禅寺洞
ひめ始八重垣つくる深雪かな 増田龍雨
ひもすがら小雪ちらつく年用意 伊達外秋
ふきのたう根雪汚れて退りけり 高澤良一 素抱
ふるさとに東歌あり根雪ふむ 烏頭子
ふるさとの山は愚かや粉雪の中 飯田龍太 百戸の谿
ふるさとの町縫う根雪煤臭し 飴山實 『おりいぶ』
ふる雪やすでに深雪の一伽藍 橋本鶏二
ほつたりと鴉深雪の樹に暮るる 加藤知世子
また一人暮雪にかへりスキー脱ぐ 水原秋桜子
まろ~と白大嶽や峡深雪 松根東洋城
みそさざい暮雪に声をこぼし去る 中村 信一
みちつけて水の出でくる深雪沢 上田五千石 森林
みちのくの深雪の倉の寒造 遠藤梧逸
みちのくは根雪の上の土竜打 長谷川浪々子
みみづくの眠る梢に粉雪舞ふ 飯田龍太
むささびの飛翔影曳く雪月夜 村上喜代子
もう帰らん茶釜の下の秋の暮 雪色 選集「板東太郎」
もしもしにもしもし申す雪月夜 攝津幸彦 鹿々集
もちの花よべの小雪のほどこぼれ 山口青邨
やはらかくふくさ折つたり雪曇り 椎本才麿
やや酔ひて子の部屋を訪ふ細雪 鈴木鷹夫
やわらかに粉雪は舞うわたくしという昏がりの窓のむこうに 三枝浩樹
りくぞくと暮雪妻の手吾が手につつむ 細谷源二
わがまなぞこに語々据うるごと雪国人 赤城さかえ
わが母郷雪国の海蒼き町 大橋敦子 匂 玉
わが翳をわれがさびしみ雪明り 加倉井秋を 午後の窓
アドバルーンのない空がちらす 日暮の粉雪 吉岡禅寺洞
シグナルの青を夜の目雪国ヘ 野澤節子 花 季
スケートのきほへば飛雪また飛雪 大島民郎
バイブルに鞣し香のある深雪かな 石原八束 雁の目隠し
ブリユーゲルの雪景色あり喪服着る 仙田洋子 雲は王冠
ホーと木莵雪国の土匂ひ出づ 村越化石
ミサの歌こもり深雪の梁太し 宮津昭彦
ランプ明り雨戸に粉雪ささと触れ 福田蓼汀 秋風挽歌
レモン大の雫おちくる雪国晴れ 桜井博道 海上
レール若し貨車を雪国より発たす 磯貝碧蹄館 握手
一切を断ち雪国の重襖 鷲谷七菜子 花寂び
一力ののれんにかゝる粉雪かな 松根東洋城
一撞一礼飛雪に年を畏みぬ 森澄雄 鯉素
一文字に雁去る朝の雪曇 石塚友二 光塵
一文字の一葉はね居る深雪かな 西山泊雲 泊雲句集
一筋の深雪の径の追儺寺 梧桐 青吾
一頭の闇のいななく粉雪かな 河原枇杷男 閻浮提考
一飛雪ひゅうと川面をよぎりけり 高澤良一 鳩信
一飛雪挿す柊にとどまりぬ 阿波野青畝
三が日だるまになれば粉雪ふる 八木三日女 落葉期
三十路はや粉雪をいそぐ死化粧 渡辺恭子
三月のとぼそのひまの粉雪かな 石橋秀野
上*せいの燈明りわたり深雪かな 原石鼎 花影以後
不安ごとテレカ吸いこまれ雪国へ 吉田嘉彦
世に遠く浪の音する深雪かな 臼田亞浪 定本亜浪句集
中坪は雪国づくり金魚飼ふ 水原秋櫻子
中空に起重機鳴れる深雪かな 米沢吾亦紅 童顔
中華街砕かれている雪明り 対馬康子 吾亦紅
五六尺積らぬうちはまだ小雪 佐藤五秀
人を消し忘れ帝都の深雪かな 五島高資
人形使お七に添いて深雪踏む 藍不二子
人月の弥陀ケ原なる雪景色 高木晴子 花 季
今は灯をつけよ筆擱く雪明り 篠田悌二郎
今降りて根雪となるか椿井坂 水田正秀
仕込樽撞木と古りぬ雪明り 石川桂郎 高蘆
信義なき世なりといふも雪明り 野村秋介
修二会いま飛雪浄土へ火を降らす 細見しゆこう
倶利伽羅は杉ばかりなる小雪かな 細川加賀
停止なき金魚粉雪に売られおる 寺田京子 日の鷹
傘の柄にどんど明りと雪明り 阿部みどり女
傘松と飼はるゝ鶴と深雪かな 野村喜舟 小石川
備前窯の系図かげろふ雪明り 殿村莵絲子 牡 丹
傷口に粉雪積れば血を噴かむ 石原八束 『白夜の旅人』
僧に遇ふのみの深雪の高野かな 岩崎照子
先ず目には東寺の塔や細雪 橋本夢道 『無類の妻』以後
兎ゆきしあとのみ散りて深雪なり 及川貞 夕焼
児らのうたふ鳥追ひ唄も伝承となりはてにけり杳き雪明り 大滝貞一
兵を送る松明あらはるゝ深雪かな 前田普羅 飛騨紬
其の上は天領といふ根雪かな 梶山千鶴子
冬苺雪明り遠く遠くあり 加藤楸邨
冷奴のんどに不二の根雪かな 渡辺恭子
凍豆腐編む天窓の雪明り 加藤弥子
出家するごとし粉雪海へ海へ 櫂未知子 蒙古斑
刻々と手術は進む深雪かな 中田みづほ
剪定は寒にするもの深雪掘る 西本一都
匹夫も逸る飛雪の比叡はじまりぬ 高柳重信
医師あらでまた走る桑の雪明り 佐野青陽人 天の川
千人の日用そろふや雪明り 炭 太祇 太祇句選後篇
午ちかく雀なき出し深雪かな 原石鼎
卓々と声張る鵜群暮雪急 村上冬燕
卯の花の深雪咲きして美術館 本宮鼎三
去年の雪明るく消えぬ梅の花 横光利一
参籠の人の掻き居る深雪かな 比叡 野村泊月
反芻の牛の顔ある雪明り 依田明倫
叡山の小雪まじりの涅槃西風 西沢信生
口も手も深雪にゆるめでく廻し 宇佐美魚目 秋収冬蔵
古戦場信濃の粉雪唇にふる 西本一都 景色
叫びたい子等に深雪のつくり山 成田千空 地霊
吊橋の乾きあとさき深雪道 中戸川朝人
吊橋の深雪ふみしめ飛騨へ径 前田普羅 飛騨紬
向日葵に雪国の窓欝とあり 石原舟月 山鵲
吶喊鶴亀! 一万年ノ雪景色 夏石番矢 真空律
吾一語汝一語や夜の深雪 徳永山冬子
啼きしあと鶴は深雪の中あゆむ 安田 晃子
四方の深雪に山上湖温みそむ 松村蒼石 雁
地に皺の中のふるさと雪明り 矢島渚男 天衣
地の深雪宙の二階の白根澄む 飯田蛇笏 椿花集
地より湧く暮雪口中までとどく 吉田紫乃
地酒買ふ飛騨の暮雪に肩濡らし 長田等
埋もれて穴あく笹の深雪かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
堂押祭深雪を踏んで声しぼる 皆川盤水
境内や深雪晴れたる池の水 石原舟月 山鵲
壮行や深雪に犬のみ腰をおとし 中村草田男(1901-83)
外は飛雪帰る風呂敷かたく結ぶ 古沢太穂 古沢太穂句集
夜の書庫に『ユトリ口』返す雪明り 安住敦
夜の柱肥るは深雪くるならむ 稲島帚木
夜の飛雪獣皮店鋪の飾戸に 西島麥南
夜晴れて朝又降る深雪かな 虚子
夢の世のわが墓見ゆる雪明り 清水基吉
夢を見るまでモモンガ飛ばす雪明り 石川青狼
大いなる冬芽飛雪が岳を消す 及川貞 夕焼
大山の根雪もとれぬ羽子日和 皆吉爽雨
大松明の火の粉雪の粉鬼走る 松本 竜庵
大椿とりまいてゐる飛雪かな 山本洋子
天にまだある粉雪がちらちらす 御旅屋長一
天よりも夕映敏く深雪の面 野澤節子 黄 瀬
天井に駕籠つるしある深雪かな 龍岡晋
天壁を夕焼のぼる深雪かな 児玉南草
天臺の大寺にして深雪かな 橋本鶏二
天辺の飛雪ちからを抜くところ 赤松[けい]子 白毫
太陽が粉雪降らす稚魚放流 石川文子
太陽に吹き込む飛雪スキー場 中西碧秋
夫病む部屋の乳児が伸びする雪明り 加藤知世子 黄 炎
妻へ声送る 雪国の赤電話 伊丹三樹彦 樹冠
姨捨の深雪の底の炬燵婆 藤岡筑邨
娘等濯ぐ深雪の中の温泉の流 伊藤柏翠
嬬恋の里も深雪の中の頃 成瀬正とし 星月夜
子が寝て妻の水のむ雪明り 加藤楸邨
子等散つて深雪の学舎たそがるゝ 石橋辰之助 山暦
孤り炊ぐや根雪の上に煙をため 細谷源二
学僕の松を納むる暮雪かな 矢野奇遇
宝恵籠を出る裾こぼれ粉雪ちる 岡本圭岳
家裏は鬼の逃げ路の雪明り 林原耒井 蜩
宿木に飛雪張りつく峠越え 高澤良一 随笑
密月旅行雪国どこにゆきても雪 長田等
富山にて金澤おもふ深雪かな 松根東洋城
寐たはずの牛が顔だす雪月夜 本宮哲郎
寒明の飛雪をそらに妻と酌めり 森川暁水 淀
寒立馬遠く飛雪と砂防林 河野多希女 こころの鷹
寒菊に著せたる傘も深雪かな 橋本鶏二
寒鮒の籠も秤も粉雪かな 龍雨
寺領なる闇が深雪を照らしゐる 鳥居おさむ
小便所の油火にちる粉雪哉 一茶 ■文政四年辛巳(五十九歳)
小屋ぬちに田舟乾ける深雪かな 猿橋統流子
小柴門出入のしげき深雪かな 飯田蛇笏 山廬集
小説でなき「小雪」を螢火に 長谷川かな女 花 季
小雪の朱を極めたる実南天 富安風生
小雪の水清く田の一枚のなみ立ち 原田種茅 径
小雪ふる夕べは言葉こまやかに 柴田白葉女 花寂び 以後
小雪や古り枝垂れたる糸桜 飯田蛇笏 霊芝
小雪や実の紅の葉におよび 鷹羽狩行
小雪日々残るところには残り 川島彷徨子 榛の木
小雪舞ふ病者片目を開けてをり 石井保
少女等の髪の粉雪やスキー行 高野素十
少年帰る夕日の根雪蹴りながら 飴山實 『おりいぶ』
屋根替にまたも飛雪の奥丹波 薄木千代子
山の音深雪にしづむ永平寺 石原八束 『操守』
山下りし根雪に白き睡りかな 勝又木風雨
山二つ一双なせる深雪かな 橋本鶏二
山内の杉に吸はるゝ粉雪かな 野村喜舟 小石川
山吹や根雪の上の飛騨の径 普羅
山火事や乾の空の雪曇り 寺田寅彦
山荘に飯噴く匂ひ細雪 伊藤敬子
山門を掘り出してある深雪かな 清崎敏郎(1922-99)
岩温泉に老猿ばかり深雪晴 西本一都 景色
峡暮雪眼に赤きものあるはずなし 千代田葛彦 旅人木
崖の上に犬吠えたつる雪曇り 加藤楸邨
嶺々暁くるしづかな粉雪町に降る 野澤節子 花 季
川流れる雪国雪に柿残す 和知喜八 同齢
左義長の竹組む根雪踏み固め 吉澤卯一
左義長や雪国にして雪の上 松根東洋城
巫女の剣佩きたる雪月夜 飯田蛇笏 霊芝
市隠の愚責めぬく無燈雪明り 香西照雄 対話
帯かたき和服一生粉雪降る 野澤節子
帰りつく身をよす軒や雪明り 飯田蛇笏 山廬集
帰去来(かえりなんいざ)山国へ雪国へ 橋本榮治 越在
幌に降る雪明るけれ二の替 阿部みどり女 笹鳴
干網に日ざせば狂ふ粉雪かな 西山泊雲 泊雲句集
広重の亀山の図の深雪かな 伊藤敬子
庭におく深雪の石にみそさざい 飯田蛇笏 椿花集
廊灯しゆく婢に月明の深雪竹 飯田蛇笏 山廬集
廬火に根雪かがやきだす故郷 飴山實 『おりいぶ』
往診鞄暮雪に重し親鸞忌 伊与幽峰
御扉にふとも日のさす暮雪かな 日野草城
御松明の火の粉粉雪舞ひ上げぬ 川口黄秀
御涅槃のかたきまぶたや雪明り 普羅
御滅燈この世の果ての雪明り 沢木欣一
忘れ雪明日は別るゝ女とあり 松木 百枝
念ごろな飛脚過ゆく深雪かな 蕪村遺稿 冬
思はざる猟夫に逢へり根雪来て 太田 蓁樹
怠りの歳月を埋め飛雪なほ 小林康治 玄霜
急がねばならぬ暮雪の降りやうや 高澤良一 随笑
恋猫の通ふ深雪の紅殻戸 佐野美智
息切れし口を飛雪にあづけをり 林翔 和紙
恵那山ありと思ふ障子の雪明り 森田峠 避暑散歩
意に満たぬ日々に粉雪がちらつけリ 桂信子 花寂び 以後
愛のごとし深雪の底の水音は 小林康治 玄霜
我寐れば暗の仏の深雪かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
手ぶくろをはめつゝ急ぐ暮雪かな 及川貞 夕焼
手焙りや経師師の店雪明り 永井龍男
打解て落人圍ふ深雪かな 井上井月
托鉢の比良の暮雪に笠かざし 野田まこと
抱かれて指繊くなる雪明り 寺井谷子
掛路樹の飛雪にかなひ飾馬 阿部みどり女
故郷去る三日の暮雪ちらつく中 田中鬼骨
教会の塔めじるしの深雪かな 山本歩禅
文書くと机に向ふ雪景色 山口波津女 良人
旅人に我糧わかつ深雪哉 高井几董
旅痩の髭温泉に剃りぬ雪明り 河東碧梧桐
日本曹洞第一道場深雪晴(越前永平寺) 上村占魚 『橡の木』
日食や飛雪黒白こもごもに 栗生純夫 科野路
早も小雪かゝりし水や鴛鴦の沓 原石鼎 花影以後
早梅や深雪のあとの夜々の靄 龍雨
明治女は死顔緊まる雪明り 加藤知世子 花 季
星の空なほ頬をうつ粉雪あり 堀口星眠 火山灰の道
星見えて星の光りの粉雪降る 佐々木夕加子
時雨星またゝく嶺の雪明り 西島麦南 人音
暮雪しづかに壁の刺繍絵古びたり 有働亨 汐路
暮雪にてただ漠々の海苔簀原 林翔 和紙
暮雪にて燈火黄を増す貧しさよ 中島斌男
暮雪の嶺帽なき空を掟とす 安東次男 裏山
暮雪の軸雪村八十二歳筆 高澤良一 鳩信
暮雪ふる舞踏乙女もちりぢりに 百合山羽公 故園
暮雪やむ静けさ鴛鴦の羽づくろひ 内藤吐天
月光に深雪の創(きず)のかくれなし 川端茅舎(1897-1941)
月明に雪国のごと火山灰の島 板敷浩市
月読の梢をわたる深雪かな 加藤楸邨
望蜀の粉雪りんりん牛の角 寺田京子 日の鷹
木のもとに草青々と暮雪かな 原石鼎
杉玉にとまりては消ゆ粉雪かな 西村和子 かりそめならず
杉間より粉雪とび出す追儺寺 田中青濤
村まはりする花嫁御深雪晴 木村蕪城 寒泉
杣が家は障子一重の根雪かな 山口草堂
松島は薄雪平泉は深雪 田村了咲
松過ぎの月が散らせし小雪あり 永井龍男
林檎煮る雪国遠く来し林檎 三好潤子
枚岡の神代はしらず雪曇り 飯田蛇笏 山廬集
枯蔓にうす日あたりて深雪かな 清原枴童 枴童句集
柊を挿すやものみな雪明り 吉岡句城
柩出て畳八枚の雪国なり 古館曹人
柿の枝の影につまづく雪月夜 石川 桂郎
根雪かと見ればおそろし風の音 立花北枝
根雪ふみ新雪にぬれ旅の町 及川貞 夕焼
根雪まで灯届かず授乳室 中澤康人
根雪やさしひざまづきては湯浴みなす 寺田京子
根雪一枚めくれしや風光りしや 村越化石
根雪来る古墨に二象比肩之図 宇佐美魚目 秋収冬蔵




梅さくや赤土壁の小雪隠 広瀬惟然
梵天の法螺貝飛雪の天へ吹く 小林輝子
棹立てて越の深雪やみをつくし 水田正秀
椿姫(トラヴィアータ)の耳に囁く粉雪かな 仙田洋子 雲は王冠
楮皮剥ぐ人々に飛雪かな 吉武月二郎句集
楽書も訴へに満つ雪明り 中島斌男
榛の実が粉雪と語る去年今年 永峰久比古
槍の穂は雪をとどめず深雪晴 福田蓼汀 山火
樫の樹の静に動く粉雪かな 会津八一
橇下りる深雪に足を下したる 高濱年尾 年尾句集
橇帰る飛雪の底に町ありて 堀口星眠
橇用意して娼家ある深雪かな 森川暁水 黴
機音にゆきあたりたる深雪かな 清准一郎
橿鳥の鳴くばかりなる深雪かな 大橋櫻坡子 雨月
檜林のこし粉雪町を消し 長谷川かな女 花寂び
檻の鶴いとしみのぞく深雪かな 大場白水郎 散木集
此あたり深雪漸く人あらず 高濱年尾 年尾句集
歳暮の荷小雪に庇ひ抱きゆけり 岡本まち子
死なくば遠き雪国なかるべし 和田悟朗
死に顔が童女に変はる雪明り 笹本千賀子
死者は深雪に生者は檻に安らがむ 齋藤玄 『玄』
死顔のやすらかなるや雪明り 近藤一鴻
死顔の妻のかしづく深雪かな 石原八束 操守
残されて鯨の背骨のごと根雪 高澤良一 燕音
段差また段差根雪の温泉場 高澤良一 寒暑
母の間に母を見にゆく雪明り 日下部宵三
比叡よりの暮雪あそべり酢茎樽 山田ひろむ
毛蟹食べ雪国の夜のみづみづし 古賀まり子 緑の野以後
毬唄や十は深雪の十日町 大井戸辿
水を揉み落とす深雪の白竜頭 岡田日郎
水仙のほのかに匂ふ雪明り魚のたぐひが沈みて眠る 竹久夢二
水滴を待つ硯あり雪曇 石川桂郎 高蘆
水着緊むる雪国の肌まぎれなし 成田千空 地霊
池水にかさなりかゝる深雪哉 高井几董
汽罐車庫うすけぶりたつ深雪かな 宮武寒々 朱卓
沖ッ鳥山さしてとぶ雪月夜 金尾梅の門 古志の歌
泉岳寺小雪じゃんじゃん降りにけり 高澤良一 宿好
波の音低し雪国雪止んで 深見けん二
注連貰ひ宵の飛雪をかぶり行く 木村陽城
注連貰比良の飛雪を漕ぎもどる 羽田岳水
洩るる灯のそこより前後なき深雪 安東次男 裏山
海にも降り良寛母の墓粉雪 古沢太穂
海暗し暮雪いつまで降れば足る 有働亨 汐路
海波折れ地鳴り穹鳴り雪月夜 石原八束 『操守』
海苔に酌むわれらに飛雪やみては降る 森川暁水 淀
海苔掻に粉雪ちらつく手元かな 高橋淡路女 梶の葉
深雪なほ高まりゆくは堤らし 青葉三角草
深雪に入る犬の垂れ乳紅きかな 原子公平
深雪に高く継ぎ足す道しるべ 羽吹利夫
深雪より嘴をぬき鶴歩む 大澤ひろし
深雪中湖村一塊となり睡る 鷲谷七菜子 雨 月
深雪掻く家と家とをつながんと 西東三鬼
深雪晴わが影あをき虚空より 深谷雄大
深雪晴酢をうつ香り二階まで 中戸川朝人
深雪晴雁木表に馬具吊られ 松崎鉄之助
深雪晴非想非非想天までも 松本たかし(1906-56)
深雪見むと軒へのべたる手燭かな 原石鼎 花影以後
深雪谷芽木峻烈の枝を伸べ 辻田克巳
深雪踏み長持唄を通しけり 濱本 八郎
深雪道のけぞり合うてすれ違ふ 長尾虚風
深雪道来し方行方相似たり 中村草田男
深雪野の割れしところにさゝ流れ 高濱年尾 年尾句集
深雪野をいちにち歩き面痩せし 伊藤敬子
深雪雲割れて真つ青霊の道 加藤知世子 花 季
清水の小雪おっとり店構 高澤良一 燕音
温室の花買ひぬ信濃の深雪中 及川貞 夕焼
温泉上りの身の柔らかし深雪の夜 殿村莵絲子 牡 丹
温泉場雪掻き根雪ひっぺがし 高澤良一 寒暑
湖べりの田の小さしや雪曇り 古沢太穂 古沢太穂句集
湖守るは灯一つの深雪かな 正木不如丘 句歴不如丘
湯女どちと深雪月夜を一つ温泉に 松本たかし
湯女どちの肌の湯艶よ深雪宿 たかし
湯婆こぼす垣の暮雪となりにけり 飯田蛇笏 山廬集
湯帰りやあらおもしろの雪景色 尾崎紅葉
湯煙や根雪となりし山襖 石塚友二 光塵
満目の深雪の底に温泉あり 村上三良
漂泊のこゝろ羽黒の深雪踏む 桑田青虎
火の酒を雪国の遠き連隊へ 仁平勝 花盗人
火口丘女人飛雪を髪に挿す 山口誓子(1901-94)
灯して寝る癖の美帆にいま雪明かり 折笠美秋 君なら蝶に
灯とぼるは家あるあかし深雪原(越後柏崎) 上村占魚 『橡の木』
灯に粉雪にわとり眠るうしろ向き 飴山實 『おりいぶ』
灯を消して障子にはかに雪明り 上村占魚 鮎
灯入して妻生々と暮雪かな 杉山岳陽 晩婚
炉を離れ飯詰(いじこ)の中に雪明り 古舘曹人 樹下石上
炭竃に火のまはりたる暮雪かな 石原舟月 山鵲
炭鉱の灯のかたまれる深雪かな 戸沢寒子房
焔といふもののしづけき暮雪かな 鷲谷七菜子 花寂び
煤蟹や根雪明りに糶場うち 石川桂郎 高蘆
煮干粉が袋に湿り根雪減る 西村公鳳
燈を洩らし深雪の関ヶ原に住む 山口誓子 紅日
父方のふかき縁の雪国に 京極杞陽 くくたち下巻
父笑ふうしろ西日の雪景色 飯田龍太
片膝をついて深雪や凍死人 紅実
牧暮れて木木にいたゞく雪明り 中川宋淵 詩龕
独り碁や笹に粉雪のつもる日に 中 勘助
猪打ちの粉雪を蹴つてゆくなりし 細見綾子
猿酒に消ゆる小雪もありぬべし 秋元不死男
生きて来し分の根雪が二メートル 櫂未知子 貴族
産屋口深雪をかぶる村の墓地 つじ加代子
田ひばりや暮雪に声のまぎれずに 千代田葛彦 旅人木
疼きけり深雪に地震に疼きけり 西本一都
病みてより夜の粉雪の音が好き 森田愛子
病む母に山河深々たる暮雪 冨岡夜詩彦
瘤木割つて斧の歯こぼす雪明るし 内藤吐天 鳴海抄
発止ときし鶺鴒つぶて深雪原 鷲谷七菜子 銃身
発酵のつづく根雪もトンネルも 櫂未知子 貴族
白壁の日は水のよな深雪かな 佐野良太 樫
白樺のいっぽん交じる雪景色 高澤良一 ぱらりとせ
白樺の白極まりぬ雪月夜 古賀まり子
白樺林劇の如くに小雪舞ふ 岡田日郎
白河より遊行柳へ飛雪かな 太田土男
白魚や深雪のうへの夜の雨 龍岡晋
百枚の座布団のある雪明り 岸本尚毅 舜
監視塔四囲に深雪の収容所 安田北湖
目のあたり浴泉群女深雪晴 松本たかし
眠れずにゐて洛中の雪明り 石嶌岳
着ぶくれてあり雪国に誰よりも 茂里正治
瞬きて過去よりもどる細雪 福永耕二
石段が汀で尽きる雪景色 池田澄子
破魔矢得て飛雪の磴をひたに下る 正雄
祈祷師の家に深雪のかゝり人 森田峠 避暑散歩
祖父逝くやその拓きたる野は深雪 依田明倫
祝ぎごとの近づく音で小雪降る 都筑智子
稚子が合掌小雪の朝が来て 長谷川かな女 花 季
稽古日の花の出入りの雪明り 野澤節子 花 季
積る後は只散るまでの小雪哉 美角
穴のやうに唇あけ歩む粉雪に 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
空深く消え入る梢や雪月夜 西山泊雲 泊雲句集
竹に見て野を慕(なつ)かしむ深雪哉 羅父
箸一ぜん買ひに出でたる深雪かな 龍岡晋
簀囲ひに蒟蒻踏める深雪かな 野村喜舟 小石川
籾殻を根雪に三戸馬を飼ふ 宇佐美魚目 秋収冬蔵
粉雪あがる夕日の彩がただよいて 古沢太穂 古沢太穂句集
粉雪いよゝ大降となりぬ蘆の花 西山泊雲 泊雲句集
粉雪が似合ふ黒衣の三姉妹 櫂未知子 貴族
粉雪しきりや子等各々の夢がたり 加藤知世子 黄 炎
粉雪に亡母来る音かと耳澄ます 黒江鏡湖
粉雪に灯して熊の腑分かな 小原啄葉
粉雪のすこしかかりし松をとる 田中冬二 麦ほこり
粉雪の句帳にたまる鶴を待ち 古舘曹人 砂の音
粉雪の塔あかしひとびと儚なき希ひ 細谷源二 砂金帯
粉雪の夜を怺へて鶏の爪 吉田紫乃
粉雪の散り来る迅し草の原 長谷川かな女 花寂び
粉雪の篝火に降る寒詣 長谷川 櫂
粉雪は灯に金箔となりて飛ぶ 吉田紫乃
粉雪ふるまでのやさしい潦 桂信子 黄 瀬
粉雪ふるマントの子等のまはりかな 加藤楸邨
粉雪ふる常はおもひのなき径 飯田龍太
粉雪やいづこ隙間を洩るゝ風 寺田寅彦
粉雪や恋の煮つまる村芝居 中山純子 沙 羅以後
粉雪や朝より熱き女の身 森澄雄
粉雪舞ふ成人の日の記念樹へ 福田甲子雄
粉雪舞ふ湖の大きさ掴めずに 杉本寛
粉雪舞ふ闇に寒天造りの燈 堤俳一佳
粕焼いて深雪の底の白髪童子 西村公鳳
糊をねる音きくきくと雪月夜 吉野義子
約束の最後の橋の雪明り 水野真由美
紙を漉く明治と同じ雪明り 長田等
細雪一茶の国の夕間暮 裕
細雪妻に言葉を待たれをり 石田波郷(1913-69)
細雪愛ふかければ歩をあはす 佐野まもる
細雪義理ゆえ別の義理を欠く 千島染太郎
細雪遊女の墓のまへうしろ 福島せいぎ
細雪過ぎゆくものとして極む 和田悟朗
細雪遠干潟かけ人恋ふも 小林康治 玄霜
細雪降る日の故郷の幾小径 村越化石 山國抄
綿のごときひかり暮雪の卒業生 桜井博道 海上
緋寒桜ほうと見とれて雪国びと 中山純子 沙 羅以後
縁下へ燈火がさせる深雪かな 佐野良太 樫
繋ぎてし我犬来るや雪明り 石島雉子郎
羚羊の跡ぞ深雪を巌頭へ 篠田悌二郎
老杉のしまけり飛雪止観の座 鷲谷七菜子 花寂び
聖鐘へ深雪明りの梯子とどく 宮津昭彦
聞き及ぶ高田瞽女訪ふ深雪中 松尾緑富
肥橇曳く遠深雪野に消えむため 小林康治 玄霜
肩出して眠る雪国育ちかな 鳥居美智子
背山より今かも飛雪寒牡丹 皆吉爽雨(1902-1983)
自転車の翳に鳩ゐる雪国よ 林桂 銅の時代
舞へる田鶴飛雪のときをおもはする 森川暁水 黴
舞踏室の灯洩れ薬師堂深雪かな 宮武寒々 朱卓
良寛の遊びし村の雪景色 太田土男
若水や映るものみな雪景色 吉武月二郎句集
茂吉の墓埋めて根雪となりにけり 三宅 句生
茨の枝に頬白ふくるゝ粉雪かな 西山泊雲 泊雲句集
茶を点つる声遠かりし暮雪光 加藤楸邨
茶を焙ず匂ひほのかに暮雪かな 岡本松浜 白菊
茶焙じて我夜果てなき深雪かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
莚帆に風筋見せる粉雪哉 井上井月
菩提樹の實のこぼれゐる深雪かな 河合凱夫 藤の実
葉ごもりて深雪のごとき牡丹かな 橋本鶏二
葱洗ふや月ほのぼのと深雪竹 飯田蛇笏 山廬集
蒼海に果つ雪国の雪岬 大橋敦子 匂 玉
蕎麦刈つて富士は根雪となりにけり 三上良朗
蕗隠しに轡かかりて暮雪ふる 飯田蛇笏
薄雪の炭火深雪の炭団かな 小杉余子 余子句選
藁負うて田道こかしぬ雪曇 金尾梅の門 古志の歌
蝦夷見むと深雪に窪む長靴は 小林康治 玄霜
行きゆきて深雪の利根の船に逢ふ 加藤秋邨 寒雷
行年の深雪の音に子と団欒 久米正雄 返り花
衾被て木魚の眠る深雪かな 鈴木貞雄
裸参りの一歩一歩や根雪鳴る 藤島かの子
西方も粉雪の眉毛充満す 永田耕衣 冷位
見て居れば小雪の中の玉霰 高木晴子 晴居
見の遠き深雪の鶴になぜ泣くや 齋藤玄 『無畔』
見送り絵小雪舞はせて雪をんな 高澤良一 寒暑
観能の灯の晝ふかき深雪かな 西島麥南
訥々と雪国よりの雪見舞 島田まつ子
詣りぬれば釣鐘蒼き深雪かな 野村喜舟 小石川
誰が継ぐとなき漢籍の雪明り 佐野良太 樫
谷々の流れとまりし深雪かな 岡本松浜 白菊
谷の水くゞもりひゞく深雪かな 比叡 野村泊月
谷杉の鬱蒼真白深雪かな 松根東洋城
赤ちやんの通つた匂い深雪晴れ 坪内稔典
赤海老のさしみ縮めり深雪の夜 殿村莵絲子 牡 丹
起きてゐる咳や深雪となりにけり 石橋秀野
踏みゆきて佐渡の深雪の能舞台 坂井建
踏切の灯を見る窓の深雪かな 飯田蛇笏 霊芝
蹇に縋り寝の子よ雪明り 小林康治 玄霜
蹇や深雪ゆく子を励ましつ 小林康治 玄霜
身を伏せて郷関はあり細雪 竹本健司
車窓に迫り来深雪兎の走りし跡 赤城さかえ句集
軍港の兵の愁ひに深雪晴れ 飯田蛇笏 霊芝
軒氷柱雪国の花舗暗かりき 古賀まり子
転轍の孤影に飛雪集中す 三谷昭 獣身
農具市深雪を踏みて固めけり 前田普羅 新訂普羅句集
近づく雪国 座席で躍るハートのA 花谷和子
追れ行人〔の〕うしろや雪明り 一茶 ■寛政年間
遅月にふりつもりたる深雪かな 飯田蛇笏 霊芝
道傍に海あふれたる暮雪かな 石田波郷
遠き灯を飛雪がうばふ羽越線 耕二
遠ち方の鶏音に覚めし深雪かな 木歩句集 富田木歩
遮断機をくぐる雪国かも知れず 対馬康子 純情
遺されて母が雪踏む雪明り 飯田龍太
酔へば出るアリランの唄粉雪降る 石川文子
里へ出る鹿の背高し雪明り 炭 太祇 太祇句選
野の果まで雪明るくて道あやまつ 津田清子 礼 拝
金箔師/鯉師の/深雪暮かな 林桂 銀の蝉
金色堂飛雪にひらく淑気かな 佐藤国夫
金襴の軸のさがれる深雪宿 京極杞陽 くくたち下巻
釘店の路地に住みても深雪かな 野村喜舟
針供養宮戸座裏の深雪かな 増田龍雨 龍雨句集
釣堀の葭簀囲ひの深雪かな 龍岡晋
銀日輪飛雪を凌ぎゆくものに 成田千空 地霊
門しめて雲衲去りし暮雪かな 河野静雲 閻魔
門をゆくひと物いはぬ深雪かな 会津八一
開かぬ戸もはづれゐる戸も深雪宿 皆吉爽雨
開山の昔を今や深雪寺 尾崎迷堂 孤輪
間欠泉のごときわが詩粉雪降る 仙田洋子 雲は王冠
闘うて鷹のえぐりし深雪なり 村越化石
降る雪は雪国の財際限なく 品川鈴子
降れ粉雪後段は庭の杉楊枝 元求 選集「板東太郎」
除夜の鐘かすかに聞え深雪かな 清原枴童 枴童句集
隠沼に消えし深雪のけもの跡 山田弘子
隧道の中も勾配雪国は 茨木和生 木の國
雁たちて暮雪に翅音のこりたる 野澤節子 『八朶集』
雛の日の都うづめし深雪かな 鈴木花蓑句集
離りて貧し深雪の中の翌檜 小林康治 四季貧窮
雨のち小雪青銅の十二使徒 対馬康子 吾亦紅
雪の道深雪の里を遠さかな 東洋城千句
雪の音絶えて深雪となりゐたり 橋本冬樹
雪を黄に染むる燈ありて雪国よ 宮津昭彦
雪卸し暮れており立つ深雪かな 前田普羅 飛騨紬
雪吊の千切れて垂れし深雪かな 鈴木貞雄
雪国にあらためて白水芭蕉 嶋田摩耶子
雪国にいて白鳥は菓子の白 和知喜八 同齢
雪国にこの空の青餅の肌 成田千空
雪国にちかづく田水うつろなり 松村蒼石 雁
雪国にテレビ忘るる四日まり 石川桂郎 高蘆
雪国に住みつくと決め転職す 松尾緑富
雪国に住みて造花の手内職 成瀬正とし 星月夜
雪国に六の花ふりはじめたり 京極杞陽(きよう)(1908-81)
雪国に嫁ぎ著なれしちやん~こ 三輪きぬゑ
雪国に嫁ぐ雪見に招かれて 長谷川回天
雪国に子を生んでこの深まなざし 森澄雄
雪国に早出しの雛ありにけり 下田稔
雪国に来て雪をみずクリスマス 久保田万太郎 流寓抄
雪国に生れし妻の雪卸し 橋詰 一石
雪国に花鳥づくしの婚衣裳 筑紫磐井
雪国に雪よみがへり急ぎ降る 三橋敏雄 眞神
雪国に雪解時ありめざましき 伊藤柏翠
雪国のありとも見えず松飾 龍胆 長谷川かな女
雪国のさびしき鎧のプロパンガス 松本恭子 二つのレモン 以後
雪国のひかりを紙に漉き込める 三森鉄治
雪国のぽとと点りて暗くなる 長谷川双魚 『ひとつとや』
雪国のわつと芽吹ける雑木山 坂本山秀朗
雪国の人住むところ雪汚れ 品川鈴子
雪国の余生暮らしや根深汁 山本 きつの
雪国の大蕣の咲にけり 一茶 ■文化四年丁卯(四十五歳)
雪国の子にクラークの言葉あり 山本歩禅
雪国の子に雪の降る七五三 小川里風
雪国の日はあはあはし湖舟ゆく 飯田蛇笏 山廬集
雪国の晴こそ深し臼の市 成田千空 地霊
雪国の朝はすがしや納豆汁 今城余白
雪国の桜の花は小粒哉 正岡子規
雪国の樹の雪は夜に降りし雪 右城暮石 上下
雪国の汽車を歩きて座席探す 右城暮石
雪国の海きらきらと卒業す 高木弘子
雪国の父の大屋根母の墓 山田弘子
雪国の産屋そのまゝ納屋代り 森田峠 避暑散歩
雪国の田は水びたし農具市 橘川まもる
雪国の童等の遊びのはや暮るる 松村蒼石 寒鶯抄
雪国の納屋もろこしの黄を吊す 森田峠 三角屋根
雪国の細月の縁朱に燃え 上村占魚 球磨
雪国の苔の青さに一葉落つ 大島民郎
雪国の萩は紅濃し土濡れて 松村蒼石 雁
雪国の蔵座敷見ゆ穂麦中 阿部みどり女
雪国の言葉の母に夫奪はる 中嶋秀子
雪国の闇に置きたる枕かな 黒田杏子 水の扉
雪国の雪が減らずに日の暮るゝ 右城暮石 上下
雪国の雪のない田をよぎる死者 斎藤白砂
雪国の雪のやみたる北斗かな 大峯あきら
雪国の雪の話や暖炉もゆ 宮本 とよ
雪国の雪降る音の無音なる 新谷ひろし
雪国の駅は洞窟目が並び 三谷昭 獣身
雪国の駅や目鼻が汽車を待つ 三谷昭 獣身
雪国の鱈の目玉もねぶり喰ぶ 中山純子 沙 羅以後
雪国はいつも目の前雪が降る 平畑静塔
雪国へ家庭教師を帰しけり 山田弘子
雪国へ帰る人あり冬籠 田福
雪国へ苛性ソーダを運ぶ貨車 五島高資
雪国へ貨車は青菜を積み込める 館岡沙緻
雪国やけものの仮面あれば足る 対馬康子 吾亦紅
雪国やしづくのごとき夜と対す 櫻井博道
雪国や人若やぎて盲縞 橋石 和栲
雪国や向ふの国の日がとどく 永田耕一郎 方途
雪国や土間の小すみの葱畠 一茶 ■文政五年壬午(六十歳)
雪国や夜はともしび蜜柑色 不破博
雪国や日の漂へば人の声 磯貝碧蹄館
雪国や月照りてまた白朝日 和知喜八 同齢
雪国や糧たのもしき小家がち 蕪村遺稿 冬
雪国や膕に透く一静脈 林 桂
雪国や青日輪の炎垂れ 近藤一鴻
雪国を出てすぐ避寒心かな 安原葉
雪国を訪はん土産は何よけん 成瀬正とし 星月夜
雪墜ちて深雪ににぶき音うまる 桂信子 黄 炎
雪折の竹もうもれし深雪かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
雪明かり家来の雉子などあれよ 佐々木六戈
雪明りあり降る雪の見ゆるほど 汀子
雪明りしつついつしか暮れにけり 田中冬二 俳句拾遺
雪明りしてまだ暗し雪卸し 瀬戸 十字
雪明りして井戸神の鏡餅 赤石明子
雪明りして岩風呂の岩の相 高澤良一 寒暑
雪明りすると思はねばしてをらず 加倉井秋を 午後の窓
雪明りたよりに雪を卸しをり 三宅句生
雪明りには池くらし山あかるし 及川貞 夕焼
雪明りの街燈が灯りそめた シヤツと雑草 栗林一石路
雪明りゆらりとむかし近づきぬ 堤白雨
雪明りより炉あかりに杣戻る 細谷鳩舎
雪明り一切経を蔵したる 高野素十
雪明り仏となりしうつしゑに 阿部みどり女
雪明り及びて波のふくれくる 奥田智久
雪明り夜明けの色の加はりし 奥田智久
雪明り家来の雉子など現れよ 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
雪明り星幽かにも遙かにも 奥田智久
雪明り橋を壊した跡なのです 小川双々子
雪明り死者は夢見ることありや 折笠美秋 死出の衣は
雪明り母なき部屋にははのこゑ 日下部宵三
雪明り毛蚕といへるは糸ほどか 宇佐美魚目 天地存問
雪明り疲れやすきはランプの炎 桜井博道 海上
雪明り紅差し指の老いゆけり 文挟夫佐恵 遠い橋
雪明り蔀戸すこし埃りかな 八木林之介 青霞集
雪明り虚ろの姉に添ひ寝して 中村苑子
雪明り返へらぬ人に閉しけり 前田普羅
雪明り闘病冴えの眠る顔 加藤知世子 花寂び
雪景色だんだん深く次の駅 今井千鶴子
雪曇りして一日の表裏見す 原裕 青垣
雪曇り身の上を啼く鴉かな 内藤丈草
雪曇身の上を啼く烏かな 丈草
雪月夜塗椀つぎの世の音す 川村静子
雪月夜師の影踏まず離れずに つじ加代子
雪月夜影に首ある安堵かな 吉田紫乃

以上
by 575fudemakase | 2015-01-23 00:58 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22997441
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング