例句を挙げる。

オペラ果つ冬将軍の息の中 加藤耕子
ロシア船冬将軍を連れて来し 鈴木大林子
一歩外(と)に踏み出し対す冬将軍 高澤良一 随笑
三冬のホ句もつづりて狩日記 飯田蛇笏 山廬集
三冬の一冬のこり山尖る 米澤吾亦紅
三冬の古りしベレーを形見かな 皆川白陀
三冬の雪折かぶる勅使門 前田普羅 新訂普羅句集
三冬や身に古る衣のひとかさね 西島麦南 人音
三冬や鐵鐵となるおのづから 高橋睦郎 稽古飲食
三冬月 産卵ののちに賜わる屍に雪 宇多喜代子
冬将軍声を嗄らして何を下知 高澤良一 さざなみやっこ
北壁に迫り来るもの冬将軍 鷹羽狩行 十友
印肉を箆もて均す玄冬なり 内藤吐天 鳴海抄
大谷石の肌あらあらし冬将軍 岡本由紀子
曠野来る冬将軍も耳赤し 中島月笠
橋渡り終え振り向けば橋玄冬 楠本憲吉
濤を引き連ねて冬将軍来たる 檜紀代
玄冬の何せむとする拳なる 毛塚静枝
玄冬の地蛸粗塩すり込まれ 高澤良一 さざなみやっこ
玄冬の微かに照れる厠神 攝津幸彦
玄冬の日食巨き喪のごとし 栗生純夫 科野路
玄冬の波に唇ささくれて 高澤良一 寒暑
玄冬の海に百の目啼鴎 高澤良一 さざなみやっこ
玄冬の鷹鉄片のごときかな 齋藤玄 『舎木』『飛雪』
玄冬や好んで鋲となる男 栗林千津
蝦夷鹿の振り向くしじま三冬尽く 下鉢清子
青空にして玄冬の鷹ひとつ 小林益枝
非常口小さすぎると冬将軍 丸山佳子
あたゝかき今年の冬よ冬至梅 富安風生
いつか冬となりゐし湯気の塩握飯 林翔 和紙
かくれんぼ三つかぞえて冬となる 寺山修司(1935-83)
けふよりぞ冬をかこへり池の鴨 室生犀星 犀星発句集
こつこつと冬を去らしむ杖の音 村越化石
こともなき冬と思へど兄の墓 橋本榮治 越在
この冬をここに越すべき冬用意 富安風生
この冬を枕抱へて峠越ゆ 柿本多映
この冬を花菜さくてう君が居は 中尾白雨 中尾白雨句集
こんがりとビザンチン寺院冬ともす 小池文子 巴里蕭条
しみじみと日なたの冬となりし土 長谷川素逝 暦日
すべて枯れたり水ふかく冬をすむ魚 栗林一石路
たつきの机にして障子静かに冬をあり 人間を彫る 大橋裸木
たはやすく去りたる冬と今思ふ 相馬遷子 雪嶺
ひたに吼え弱るサイレン冬とあり 飯田蛇笏 雪峡
ひと冬を鳴く鶸ありきたましひは崖にこぼるる土くれの量 前登志夫
みちのくはこれより冬よあられ降る 高木晴子 晴居
やぶじらみ獣も過ぎず冬となる 高橋馬相 秋山越
やむ冬をうつくしくまし原石鼎 高橋馬相 秋山越
わが双手うつろに冬をこもるかな 阿部みどり女
ボーナスのもう出ぬ冬を迎えけり 高澤良一 宿好
ポケットに手を入れ冬を確むる 鈴木すすむ
一冬を氷りし湖の蜆かな 東洋城千句
一冬を越えて吾あり五体あり 能村登四郎
一坊の冬を燈して石鼎忌 大森理恵
一輪の薔薇の端紅(つまべに)冬となりぬ 大谷碧雲居
下駄の音勝気に冬を迎へけり 鈴木真砂女
乗馬婦人から反マラルメの冬を抜きとる 加藤郁乎
人の世の残りの冬を雨の中 三好達治 俳句拾遺
人は黙す冬となりゆく野のさやぎ 林原耒井 蜩
住吉や下火に冬を忘草 曲言 選集「板東太郎」
何降ると定めぬ冬ぞたのもしき 上島鬼貫
冬といふかそけきものがどこやらに 細見綾子 花寂び
冬といふもの流れつぐ深山川 飯田蛇笏
冬といふ朝の皿のさびしさよ 山西雅子
冬となるすぐ尽く路地に入りて出て 菖蒲あや
冬となる光りの中のきつね雨 長谷川双魚 風形
冬となる風音夜の子にきかす 古沢太穂 古沢太穂句集
冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ 川崎展宏(1927-)
冬と春近づき離れ箴の音 中村路子
冬よりの持ち越し咳きや更衣 楠目橙黄子 橙圃
冬をはる尾長が紙漉く小屋に来て 皆川盤水
冬をひかり鏡・剃刀慶子の家に 寺田京子 日の鷹
冬を力耕霊山のほとりにて 上田五千石
冬を待つおちつきをえて病めるはや 久保田万太郎 流寓抄
冬を待つ山の南の小村かな 伊藤天籟
冬を待つ河原の石のひとつひとつ 相馬遷子 山国
冬を待つ用意かしこし四畳半 正岡子規
冬を待つ静けさにあり今朝の海 西村和子 夏帽子
冬を生きて飯匙蛇はかなしも餌を捕らず 軽部烏帽子 [しどみ]の花
冬を病む父の白髪の太きかな 杉本寛
冬を病む聖書の言葉壁に貼り 菅原独去
冬を耐ゆ象は全身皺にして 多賀庫彦
冬を見に芦の湖畔に立ちつくす 及川貞 夕焼
冬を越す沼田となりてかがやける 長谷川素逝 村
冬を越す洋蘭の葉の二枚折れ 福田甲子雄
冬を避けえねば傘連判旋(めぐ)る 竹中宏 句集未収録
出羽平稲架をほどきて冬を待つ 富安風生
口中は何色烏冬を連れ 河野多希女 こころの鷹
同温の妻の手とこの冬を経なむ 能村登四郎 枯野の沖
土の香のあたらしくよべ打ちし畑の冬となり 生ある限り 芹田鳳車
墨を磨るなめらな音も冬とおもふ 上村占魚 『玄妙』
夏冬と元日やよきありどこり 京-定武 元禄百人一句
夕づつにまつ毛澄みゆく冬よ来よ 千代田葛彦
大挙して到りし冬を目守るのみ 相生垣瓜人 微茫集
天にみち白雲冬をとざしけり 原石鼎 花影以後
子の幸や冬を真白き乳房含む 川口重美
寄生木に冬を残して帰り花 菊童
小さい火鉢でこの冬を越さうとする 尾崎放哉
小さな流れ川困苦冬となり 中塚一碧樓
小便をすれば何にもなき冬ぞ 佐々木六戈 百韻反故 初學
山国は山を砦に冬を待つ 鷹羽狩行 六花
山川に冬を経て鱒逝く春ぞ 安井浩司 乾坤
山毛欅林の奥薄明に冬を待つ 中拓夫 愛鷹
山海居冬を枯れざる樹々黝き 日野草城
島々の肩寄せあひて冬を待つ 藤原たかを
己が落葉に囲まれて銀杏冬を越す 田川飛旅子 花文字
已が葉を根に積み冬を待つ並木 阿部みどり女
幾千の悲のしたたりよ姉川は野川となりて冬をたゆたふ 原田汀子
影法師うなづき合ひて冬を待つ 高濱虚子
彼等には冬を眠るといふことあり 相生垣瓜人 微茫集
性根据え大椨冬を迎へけり 高澤良一 宿好
憔悴のからすと海と冬を待つ 千代田葛彦 旅人木
我庵は冬を構へず山河在り 露月句集 石井露月
拉せむとして来し冬を迎へけり 相生垣瓜人 微茫集
支那人大きな壺脊負ひ峠の冬を越える 人間を彫る 大橋裸木
旅にみる灯ぬくき冬よ戰あるな 飴山 實
日あたりて冬をさかりの小菊かな 渡辺 光子
日のひかりこの谷の冬を待ちつつ 中塚一碧樓
日を載せて赤松の冬をはりけり 藤田湘子 雲の流域
春巻きを揚げぬ暗黒冬を越え 攝津幸彦
書を積みて険しく冬を迎へけり 小林康治 『潺湲集』
月に鳥見えて啼けとは誰が冬ぞ 北原白秋
朝戸繰りどこも見ず唯冬を見し 原石鼎
木賊より冬をひらける湖の景 森澄雄
林なす古藻や冬を澄む水に 五十崎古郷句集
槻が根を据うる踏み歩き冬を好み 梅林句屑 喜谷六花
櫨の実の黄なるひかりが冬をよぶ 吉岡禅寺洞
死神の追ひ来る冬を籠りけり 小林康治 『華髪』
沼の水冬を減るばかりの小さな家の校長さん 人間を彫る 大橋裸木
沼跳ねて鯉一望の冬を見し 原裕 葦牙
海ばかり見てゐて冬と思ひけり 堀部克己
海見ざるごとくに冬を構へけり 金尾梅の門 古志の歌
海鳴りは冬を呼ぶ音蜑の町 松本泰志
深息し自ら冬を近づけぬ 村越化石 山國抄
港を覆ふふなだま祭りの林立旗冬を葬りのこゑにはためく 鎌田純一
湖畔あしび冬を花芽のかなしさよ 及川貞 夕焼
火を秘むるふすべは冬を迎へけり 阿波野青畝
火山灰の畑いちごは冬を艶もみぢ 及川貞 榧の實
灯りてぼた山冬を呼びにけり 長谷川双魚 風形
烟りしてのどけき冬よ山の家 樗堂
父の死や冬を明るき納戸部屋 青木重行
牡丹囲ひていのちの冬をかなしまむ 安住敦
生豆腐いのちの冬をおもへとや 久保田万太郎 流寓抄
画に遊ぶサロンの冬を木瓜咲きぬ 渡邊水巴 富士
白麹冬を昼寝の母怖ろし 成田千空 地霊
看取より解かれし冬を淋しめり 稲畑汀子 汀子第二句集
短檠や冬を待つなる夜の蜘 河東碧梧桐
石くれが翁の冬を哭すべく 松瀬青々
穢土と呼ぶこの世の冬ぞ仰ぐとき無数の雪片天より下る 大下一真
窮鳥の冬燕の数冬を越す 百合山羽公 寒雁
笑ひ皺いよいよふえて冬を老ゆ 田川飛旅子
紫蘇漬けてよりの月日を冬と呼ぶ 加倉井秋を 午後の窓
耳うとき禅僧と冬を籠りけり 寺田寅彦
背を曲げて鳴かぬいとどの冬を越す 野澤節子 黄 炎
花鋏ひと冬を身に風邪栖ませ 佐野美智
菜のみどり燦爛として冬を待つ 有働亨 汐路
薄墨の冬よ笑窪の子を連れて 原裕 青垣
藪の家や冬を質さば枇杷の花 尾崎迷堂 孤輪
醜女より冬を醜きものとする 相生垣瓜人 微茫集
金屏に旅して冬を籠る夜ぞ 加舎白雄
鍵握る孤りの冬となりにけり 石原八束 『高野谿』
鏡打てば今朝冬を散る火の子哉 内田百間
雑然と冬となりたる一間かな 阿部みどり女 『微風』
離りゆく遠く一団の冬として 相生垣瓜人 微茫集
青々と冬を根岸の一つ松 正岡子規
青々と山吹冬を越さんとす 前田普羅 飛騨紬
飾りたる夏と冬との陣羽織 京極杞陽
髭ふえて茂吉の国の冬をゆく 茨木和生 木の國
麦の芽のごとくに冬を耐ふべしや 高橋馬相 秋山越
冬帝と太陽と一天にあり 粟津松彩子
冬帝に黒靴下の猫火照る 攝津幸彦
冬帝の撒く金銀に沼明けし 石井とし夫
冬帝の日に抱かれてみどり児よ 稲畑汀子
冬帝の欠伸催しさうな日々 高澤良一 さざなみやっこ
冬帝の黒き太陽ジャズの夜 吉原文音
冬帝は先づ暗がりの湯殿に来 加藤鼓堂
冬帝は白装束で来ると決め 櫛原希伊子
冬帝先づ日をなげかけて駒ケ嶽 高浜虚子
岩襖出て冬帝の寵に遇ふ 木村蕪城 寒泉
早池峯に冬帝斧を振ひけり 佐藤映二
火の山の冬帝の威にしづもれる 深見けん二
颯爽と今日冬帝の御成かな 稲畑廣太郎
冬すでに口の渇ける目覚めかな 小松崎爽青
冬すでに暮色の中の杉丸太 関戸靖子
冬すでに石塀に手を触れ行けば 加倉井秋を 午後の窓
冬すでに路標にまがふ墓一基 中村草田男
すでにすでに冬日を鼻におん屍 石塚友二 光塵
低き鼻冬化粧して人*いきれ 橋本夢道
冬ものの洗濯鼻唄バズデンボー 高澤良一 宿好
大き茶碗よわが鼻入れて冬温し 加藤楸邨
恋人に近づく冬の象の鼻 皆吉司
虹消えて馬鹿らしきまで冬の鼻 加藤楸邨
言ひつのる顔に鼻あり冬の雨 行方 克巳
詩人死して舞台は閉じぬ冬の鼻 寺山修司 花粉航海
うつすらと夢にあそびて冬の塵 青柳志解樹
くらがりへ陥ち込みゆくや冬の坂 草間時彦 櫻山
こぼれたる水がまんまる冬机 茨木和生 丹生
どこまでも海が蹤きくる冬の坂 鍵和田釉子
み佛に美しきかな冬の塵 細見綾子
わが死せばこの冬机広からむ 上野さち子
一冬の囮鵜瞼縫はれけり 岡野風痕子
一冬の寒さ凌ぎし借頭巾 高浜虚子
一冬の榻を移すや下萌ゆる 風生
一冬の黙負ふか畦圧し圧し塗る 加藤知世子 花寂び
一冬を氷りし湖の蜆かな 東洋城千句
一冬を越えて吾あり五体あり 能村登四郎
三冬の一冬のこり山尖る 米澤吾亦紅
中年や独語おどろく冬の坂 西東三鬼
人のうしろへ人が来てならぶ冬の坂 栗林一石路
何か書けば何か失ふ冬机 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
冬の坂のぼりつくして何もなし 木下夕爾(1914-65)
冬の坂支ふるものもなく下る 岸田稚魚
冬の夜や迷路のごとき門司の坂 白虹
冬机借りし雲母の栞りある 吉武月二郎句集
山焼くに似て一冬の塵焼かる 村越化石 山國抄
手賀沼の一ト冬過ぎぬ芦の角 瀧井孝作
木の実一つ僧となる子の冬机 中山純子 沙 羅以後
梅鉢の門に日は盡く冬の坂 古舘曹人 砂の音
楢の木やついに一冬きびしき貌 細谷源二
母危篤一冬一の雪積むに 高井北杜
湯豆腐で鴫立沢にも一冬 三千風
火ばしがそろはぬ儘の一冬なりけり 尾崎放哉
病歴ががらんがらんと冬の坂 寺田京子 日の鷹
空に地図終冬の塵いつさい焼く 寺田京子 日の鷹
農の三和土一冬の飢象なす 齋藤玄 『玄』
雲脂飛ばす遊(すさ)びごとして冬机 高澤良一 宿好
いつも師のうしろにゐたり冬の旅 田中灯京
この冬の旅仏縁に引かれてや 荒井正隆
デスマスク夜毎を冬の旅を聴き 高澤晶子 純愛
冬の旅あるいは草の名を訊ね 原裕 『新治』
冬の旅うごかぬ水の在りしかな 高屋窓秋
冬の旅こゝもまた孤つ目の国 渡辺白泉
冬の旅びろうどの黒身に添へり 櫛原希伊子
冬の旅三次木次と過ぎゆきて 高木晴子
冬の旅君へ言葉の手榴弾 夜基津吐虫
冬の旅地上の鳩が匙に見ゆ 宇佐美魚目 秋収冬蔵
冬の旅孟宗竹の青に沿ひ 猪俣千代子 堆 朱
冬の旅星月菩提樹左手に 夏石番矢
冬の旅汽車の煙の海辺の町 細見綾子 花 季
冬の旅濁流一つ手繰りおり 斎藤一湖
冬旅の前はおほきな湖水かな 立花北枝
冬旅や足あたたむる馬の首 大津-**(がが) 俳諧撰集「藤の実」
囀の地を這ふしらべ冬の旅 原裕 青垣
山なみへ夜の白らむ冬の旅する 橋本夢道
怒濤まで四五枚の田が冬の旅 古沢太穂
昼も夜も似寄の汽車弁冬の旅 北野民夫
死を白く塔にしまひぬ冬の旅 高屋窓秋
母を中に冬の燈下の旅ばなし 阿部みどり女 笹鳴
百品(ももしな)の旅の仕舞ひや冬の月 斯波園女
目つむりて己れあたたむ冬の旅 岡本眸
磯畑に聖鐘ひびく冬の旅 古賀まり子 降誕歌
義之の書に会ひてはじまる冬の旅 上野さち子
落葉松の針のくすぐる冬の旅 殿村莵絲子 雨 月
虹ぐせや仰ぎ俯向き冬の旅 岸田稚魚 『負け犬』
血洗町ジャズ聴き終へて冬の旅 秋山巳之流
覚めて追ふ夢に色なし冬の旅 川村紫陽
韋駄天の前いそぐべし冬の旅 桂樟蹊子
須磨と聞き舞子と聞きて冬の旅 岩垣子鹿
飴玉をかくし持ちたる冬の旅 猪俣千代子 秘 色
馬を見て馬に見られて冬の旅 矢島房利
駅の鏡明るし冬の旅うつす 桂信子 黄 炎
鵞鳥の列は川沿いがちに冬の旅 寺山修司(1935-83)
山河はや冬かがやきて位に即けり 飯田龍太
いつ枯れむ島の芭蕉は冬青き 及川貞 榧の實
一枝が剌す冬青き空修学院 館岡沙緻
冬青き利根の流速父母の里 猪俣千代子 堆 朱
冬青き松をいつしんに見るときあり 石田波郷
冬青き樫に雨降る親鸞忌 秋光泉児
冬青き湾にむかひて硝子きる 加藤秋邨 山脈
冬青き苔の小庭や藪柑子 巌谷小波
冬青き苜蓿の上や舟眠る 林翔 和紙
咳きて痰落す冬青き松の群 岩田昌寿 地の塩
土佐の冬青き地球を垣間見し 原裕 正午
柵を出し緬羊に冬青き草 蓼汀
海呼ぶよに冬青き苔隠しマリヤ 宮津昭彦
燈へ帰る冬青きもの籠に充たし 岡本眸
鳥の名のわが名がわびし冬侘し 三橋鷹女
人が来てまた去る冬の小さき門 柴田白葉女
鳥の名のわが名がわびし冬侘し 三橋鷹女
時雨去る冬の大円鏡智かな 平井照敏 天上大風
山河はや冬かがやきて位に即けり 飯田龍太 百戸の谿
長き冬に斎くと山河星を飾り 相馬遷子 山国
いたづらに石のみ立てり冬の庭 蝶夢
つくばひの水かへてあり冬の庭 大場白水郎 散木集
のら猫の糞して居るや冬の庭 子規句集 虚子・碧梧桐選
ルオー描かば明るしや「杭ある冬の庭」 加藤知世子 花寂び
伽羅くゞる庇の下や冬の庭 長谷川かな女 雨 月
冬の庭伐られし桐の生々と 阿部みどり女 笹鳴
冬庭や伐り来し竹を五六本 松藤夏山 夏山句集
冬庭や月もいとなる虫の吟 芭蕉
冬庭や飯時知りて犬来る 吉武月二郎句集
冬窓に小虫静かや一ところ 高濱年尾 年尾句集
妻も子も何か音持ち冬の庭 加藤秋邨 怒濤
妻出づるやひたき騒げる冬の庭 原石鼎 花影以後
明日を待つ希みに眠る冬の窓 柴田白葉女 遠い橋
昼の電球指紋と冬の窓うつる 田川飛旅子 花文字
枯るゝ苔に樹々応へなし冬の庭 雑草 長谷川零餘子
目覚むれば小虫いづこか冬の窓 高濱年尾 年尾句集
落ちて直ぐ湿る白布や冬の庭 永田耕衣 物質
大衆魚真鱈の顔の冬親し 高澤良一 燕音
冬景色殊にビュッフェの垂直線 高澤良一 宿好
たたみいわし焙る祖父の手見え冬へ 高澤良一 宿好
ザトペック逝けると冬のチェコ通信 高澤良一 宿好
てのひらに移して冬の蟻這はす 高澤良一 宿好
遣り残すことがいつしか溜りて冬 高澤良一 随笑
ファックスの吐き出す紙の徐々に冬 高澤良一 寒暑
同床異夢冬の花火を倶に見て 高澤良一 素抱
川風に鼻昂然と冬磧 高澤良一 石鏡
日が入り過ぎても困る冬机 高澤良一 石鏡
冬厠かはりばんこに席起ちて 高澤良一 石鏡
冬帝に云はれてそこに立つてゐる 高澤良一 石鏡
様変れど冬の子供の遊びかな 高澤良一 石鏡
潔き起床が凡て冬百日 高澤良一 暮津
ようそろと鴎添ひ翔ぶ冬の航 高澤良一 暮津
隣室てふ一語に冬の響きあり 高澤良一 暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-11-01 00:57 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23296392
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング