冬暖か

冬暖か

例句を挙げる。

うたた寝のまつ毛の軽さ冬ぬくし 谷口桂子
おしなべて眼にするものの冬ぬくし 清崎敏郎
こゝろ矯めきて波郷忌の冬暖し 杉山 岳陽
そつとして置いてもらへば冬ぬくし 岩上とし子
つらつらと水流れ冬あたたかき 落合水尾
にんにくを薬の食や冬ぬくし 石川桂郎 四温
ふる里の島に母住む冬ぬくし 大政光子
みちのくの延年の舞冬ぬくし 高杉瓜里
カーテンで仕切る病室冬ぬくし 長谷川嘉代子
上弦の月の座くづれ冬ぬくし 大貫正子
下総や冬あたたかに麦畠 正岡子規
世を恋へば暖冬の月顔なせる 村越化石
二階より見え暖冬の石仏 藤岡筑邨
五肢にわかれて白樺一と根冬暖し 松村蒼石 雁
伎楽面赤き鼻梁垂れ冬あたたか 大谷碧雲居
信号を舞妓と待ちぬ冬あたたか 都筑智子
俳磚も虚碧並びて冬ぬくし 安原葉
先ず父を新車に乗せて冬ぬくし 小笠原須美子
冬あたたかし花束の赤子抱き 辻美奈子
冬あたたかし観音に千の御手 古屋多代子
冬あたたか五十のわれに母在れば 大野林火
冬あたたか佃の空へ橋くだる 上田日差子
冬あたたか嬰が母の手を食べんとす 池田澄子
冬あたたか尾があらばふさふさと飛ばむ 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
冬あたたか竹のこだまの竹踊り 成田千空 地霊
冬あたたか雨の毘沙門山にゐて 藤田あけ烏 赤松
冬ぬくう髭にこぼるる粉ぐすり 龍岡晋
冬ぬくきことなど話し初対面 今橋真理子
冬ぬくき夜靄別れをすぐへだて 皆吉爽雨
冬ぬくき島に来にけり海鵜見る 星野立子
冬ぬくき記憶ばかりや父の墓 右城暮石 声と声
冬ぬくく再び蠅をにくみけり 林翔 和紙
冬ぬくく友愛をわがこころの灯 飯田蛇笏 雪峡
冬ぬくく地の意にかなひ水移る 飯田蛇笏 椿花集
冬ぬくく夜霧舞曲を黄ならしむ 飯田蛇笏 雪峡
冬ぬくく果樹の畑も屋敷うち 長谷川素逝 暦日
冬ぬくく紀北やまなみ雲をみず 飯田蛇笏 雪峡
冬ぬくく銃の手応へ野にあます 原裕 葦牙
冬ぬくく魚臭の街に土産買ふ 合田涼子
冬ぬくく鶏啼き合うて三軒家 吉武月二郎句集
冬ぬくしお玉杓子の居らうとは 池内たけし
冬ぬくしアンデルセンを読んでやり 三谷 美子
冬ぬくしシルバー席ある遊覧船 荒 久子
冬ぬくしレイとキスもて迎へられ 築谷暁邨
冬ぬくし久女の句碑に会ふことも 藤岡筑邨
冬ぬくし古井にのこる水の声 今井サト
冬ぬくし墓地にきこゆる水の音 藤岡筑邨
冬ぬくし大根吊つて留守の軒 小杉余子 余子句選
冬ぬくし子規の遺筆の玩具帖 有馬朗人 天為
冬ぬくし小庭ながらも椎立ちて 清水基吉 寒蕭々
冬ぬくし山ふところへ径入れて 櫛原希伊子
冬ぬくし志功の仏臍出して 有馬朗人 天為
冬ぬくし提灯の灯とすれちがう 田川飛旅子 花文字
冬ぬくし日当りよくて手狭くて 高浜虚子
冬ぬくし暦に記す退院日 土井朝子
冬ぬくし月にしたがふオリオン座 相馬遷子 雪嶺
冬ぬくし木之花開那姫の島 原裕 出雲
冬ぬくし母の手ずれの革表紙 伊藤京子
冬ぬくし水飛ばし掃く魚市場 槫沼けい一
冬ぬくし海をいだいて三百戸 長谷川素逝
冬ぬくし熔岩を屏風として住まふ 高濱年尾 年尾句集
冬ぬくし社務所の縁に海の砂 木村蕪城
冬ぬくし老の心も華やぎて 高浜虚子
冬ぬくし肝臓のごとき水枕 上林 裕
冬ぬくし菜畑の色の豊かなる 植木千鶴子
冬ぬくし落葉の山を犬くづし 原田青児
冬ぬくし越後ささ飴笹ばかり 樋笠文
冬ぬくし遠くのものを見てをりぬ 佐藤美恵子
冬ぬくし重なり合ひて恋の絵馬 高橋悦男
冬ぬくし金婚の夜の赤ワイン 加藤三陽
冬ぬくし風呂屋の文字のゆの一字 野村喜舟
冬ぬくし高山右近封ぜし地 右城暮石
冬ぬくゝ地の意にかなひ水移る 飯田蛇笏
冬ぬくゝ柞に丘は透きゐけり 長谷川かな女 雨 月
冬暖か綺麗に割れて馬の尻 堀 敬子
冬暖か鶏舎のたまごころげ出る 近藤静輔
冬暖くく人焼く竈の鍵を手に 松村蒼石 寒鶯抄
冬暖く後山の櫟葉をたもつ 石原舟月 山鵲
冬暖く日のめをみざる尼の寄り 飯田蛇笏 椿花集
冬暖く雲海の鳶なきにけり 飯田蛇笏 雪峡
冬暖のおりゆく気球黄色なり 横山白虹
冬暖の地靄に乳む家鴨かな 西島麦南 人音
冬暖の壺をたゝいてゐたりけり 中川宋淵 命篇
冬暖の家鴨日和となりにけり 高澤良一 さざなみやっこ 
冬暖の柚熟れすぎて藁塚に落つ 西島麦南 人音
冬暖の濃き夕焼に橋の白 野澤節子 黄 炎
冬暖の笹とび生えて桃畑 飯田蛇笏 山廬集
冬暖の談笑痴者をなみしけり 飯田蛇笏 山廬集
冬暖や火葬場までの浜づたひ 河野静雲 閻魔
冬暖や霧ながれたる小柴垣 飯田蛇笏 山廬集
冬暖を城にあそびてみな土地人 宮津昭彦
厠より山々が見え冬ぬくし 藤岡筑邨
口上の老優ことに冬ぬくし 都筑智子
四ッ手干し水郷の冬あたたかに 五十嵐播水 埠頭
国安く冬ぬくかれと願ふのみ 高浜虚子
墓地の蠅冬ぬくき刻快活に 北野民夫
大仏殿映りゐる水冬暖か 広谷春彦
天平の仏と対座冬ぬくし 影島智子
嫁ぎても芦屋に住みて冬ぬくし 稲畑汀子
子が示す乙女の寫真冬あたたか 相馬遷子 雪嶺
子規遺墨漱石遺墨冬ぬくし 後藤比奈夫
学ぶ紅顔冬あたたかな木槌の音 成田千空 地霊
宣撫ぽすたあに冬あたたかき顔をよせ 長谷川素逝 砲車
家路の宵のぬかるを知りつつ暖冬 梅林句屑 喜谷六花
小豆煮る父の忌日や冬暖 田中冬二 麦ほこり
屋上のタンクに夕日冬ぬくし 林原和枝
布団より鳥の羽根出て冬ぬくし 大木あまり 山の夢
幼子に叱られ詫びて冬ぬくし 岡本眸
床の間に結納のある冬暖たか 田川飛旅子
往生をひかへこの冬あたたかし 岩城 久治
手紙なら何でも言へて冬ぬくし 月足美智子
掌に載せて風呂敷てふ冬ぬくきもの 林 翔
揚げ舟に腰うちかけて冬ぬくし 富安風生
故里は今も無医村冬ぬくし 坂本登美子
暖冬が慮外なホテル生みつづく 寺井谷子
暖冬の一と間一人子庭にゐる 梅林句屑 喜谷六花
暖冬の伯母の手提の小軽さよ 八木林之介 青霞集
暖冬の夜の雲歩く方へ迅し 原田種茅
暖冬の巻かぬ白菜あちこちと 戸田 利枝
暖冬の星曇り土やわらかし 田川飛旅子 花文字
暖冬の月上げて空菫色 田川飛旅子
暖冬の果ての芥に火をかけよ 鳥居美智子
暖冬の空あをあをと高島屋 岸本尚毅 鶏頭
暖冬の花屋のホース水走り 椎橋清翠
暖冬はいつも酒場の名のように 対馬康子 純情
暖冬や中身詰められ叺立つ 北野民夫
暖冬や仔犬怯ゆるけもの道 石川桂郎 高蘆
暖冬や墓まで歩ゆむ女連れ 萩原麦草 麦嵐
暖冬や既に芽をもつ枝低く 大場白水郎 散木集
暖冬や木場あらはなる月明り 金尾梅の門 古志の歌
暖冬や煙突の文字読み下す 原裕 葦牙
暖冬や砂丘をのぼる身の重さ 秋元不死男
暖冬や神の歴史の丘暗き 対馬康子 吾亦紅
暖冬や神を不信の髪かわく 飴山實 『おりいぶ』
暖冬や米寿の手がたと餅くばる 角川春樹 夢殿
暖冬や聞けばきこゆる波の音 大場白水郎 散木集
暖冬や街にはイエス現われず 対馬康子 愛国
暖冬や長子歩ませ次子を抱き 近藤一鴻
暖冬を異変とせざる説も佳し 相生垣瓜人 明治草抄
暖冬異変母の愚かをあげつらふ 清水基吉 寒蕭々
松の木に国旗を結び冬あたたか 鈴木節子
枯菊を抜いて暖冬の日あまねし 内藤吐天 鳴海抄
校庭の柵にぬけみち冬あたたか 上田五千石(1933-97)
梵鐘の鳴れば憩はむ冬ぬくし 坂本和子
椋鳥のぞろぞろあるき冬ぬくし 堀口星眠 営巣期
樽で樽押してころがし冬ぬくし 神蔵器
母と云ふ役を果す日冬ぬくし 小川原嘘師
泥をつけて冬暖かく歩きけり 龍胆 長谷川かな女
洗面す冬暖の空ほのかに碧し 飯田蛇笏 春蘭
流れゆくものに雨見え冬ぬくし 小原啄葉
湖のごとき入江や冬暖し 佐藤 千兵
火山灰全市に降つて冬ぬくし 森田峠 避暑散歩
煤流せし人暖冬の川を去る 阿部みどり女
生後直ちの髪むらさきや冬暖か 奈良文夫
竹馬の桁ゆるびけり冬ぬくく 永井龍男
絵馬堂の子守爺婆々冬ぬくし 河野静雲 閻魔
茶畑の丘まろやかに冬ぬくし 道山昭爾
茶祖に遇ふやうなこの道冬ぬくと 中川宋淵
虚子の筆風生の筆冬ぬくし 藤崎久を
裏山にいつも兄ゐて冬ぬくし 向山隆峰
裏返る猫をながめて冬ぬくし 斉藤浩美
谷戸の冬暖かさうな住居かな 高濱年尾 年尾句集
醤油倉の匂ひも人も冬ぬくし 服部嵐翠
鉛筆を握つて寝たり冬暖か 田川飛旅子 『使徒の眼』以後
隙八方の身に冬暖の虫を愛す 柴田白葉女
靄深くなりゆくまゝに冬ぬくし 高濱年尾
音楽のふところに居て冬ぬくし 吉原文音
顔を近く仰ぐしあはせ冬暖か 及川貞 夕焼
飴色に鰺のひらきや冬ぬくし 今泉貞鳳
麦の芽に暖冬異変ありにけり 阿部みどり女
黒牛の瞳を消すまつ毛冬ぬくし 赤松[けい]子 白毫
大き茶碗よわが鼻入れて冬温し 加藤楸邨
古日記読めば亡夫居て冬温し 鈴木志げ
掌に乗せて大き耳糞冬温し 川村紫陽
暖冬のいたづらに梅騙されて 高澤良一 石鏡
冬あたたかシルバー料金映画にも 高澤良一 石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-11-05 00:10 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23314593
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング