帰り花

帰り花

例句を挙げる。

*どを深く沈めてあやめ返り咲く 木村蕪城
あかあかと己れ欺き返り花 中村正幸
あたら日のついと入りけり帰り花 一茶
あまた星降りしあしたの返り花 中村澄子
あらぬものまで返り咲き島らしや 椋砂東
いづこへも光ゆづらず返り花 矢部白茅
うき袖でとへばいづこに帰り花 水田正秀
うしろより日のすり抜ける帰り花 岸田稚魚 『雪涅槃』
うすもののもとの老妓に帰り咲く 百合山羽公
うはさ話つとやめ返り花仰ぐ 成瀬正とし 星月夜
おいそれと返事も出来ず帰り花 高澤良一 宿好 
おかげ咲きなり本山の返り花 右城暮石 上下
おみならの声弾みゐる返り花 杉山青風
このごろの日照時間帰り花 後藤夜半 底紅
こもりくの初瀬の桜返り咲く 服部鹿頭矢
ごたごたがやつと片付き帰り花 高澤良一 ぱらりとせ 
しばしゐて肩ぬくもりぬ返り花 森澄雄
すかさずや道に酒売帰り花 白雄
たしかなる老木の命返り花 下村梅子
ただ一つ白きつゝじの返り花 阿部みどり女
たま~に開く障子や帰り花 五十嵐播水 埠頭
ため息を一つつくごと帰り花 高澤良一 鳩信 
たらちねのあかぬ目によせ帰り花 加藤知世子 黄 炎
たんぽぽもほほゑましくも返り花 成瀬正とし 星月夜
たゞ一つ白きつゝじの返り花 阿部みどり女 笹鳴
ちょっとしたことでいさかひ返り花 高澤良一 鳩信 
ちらぱらと散りもしてあり返り花 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
なぜか近よりがたき思ひの返り花 廣江八重櫻
にこやかにぼけの来し父返り花 茨木和生 野迫川
はしなくも放下のかたち返り花 長谷川双魚 『ひとつとや』以後
はたと逢ひ逢へさうで逢ひ帰り花 後藤比奈夫
はは木々の梢はここぞ帰り花 黒柳召波 春泥句集
はまゆふもまた返り咲く捕鯨の地 友岡子郷
はんなりと返り花とも思はれず 井口冨子
ひとしきり海鳥のこゑ帰り花 斉藤康絵
ひと日ふと踏み外している返り花 橋本いづみ
まなざしにあたためらるる返り花 米田ゆき子
もろもろにまさりて白く返り花 中村汀女
ゆきずりにみつけてうれし帰り花 日野草城
わざとらしき帰り花かな泊めてたもれ 加藤郁乎
わだかまりとある日解けて返り花 高澤良一 宿好 
バルナバ墓地浄土明りに返り花 影島智子
一と枝の帰り花あり常夜燈 高橋淡路女 梶の葉
一度来しこゝの茶屋なり返り花 阿部みどり女 笹鳴
一輪は誰か手の内に帰り花 曲翠
万木皆姥桜なり帰り花 工云 選集「板東太郎」
久方の光りが霜に帰り花 青々
人ごゑの遠のきゆくや返り花 角川春樹
人の世に花を絶やさず返り花 鷹羽狩行
人の躬は瞼に重き返り花 牧野桂一
人肌の匂うがごとし帰り花 間石
仰ぎたるところにありし返り花 清崎敏郎(1922-99)
住み古りし鬱かもしれぬ返り花 橋本榮治 越在
何の木ととふまでもなし帰り花 来山
倖になりふりなかり帰り花 斎藤玄
凩に匂ひやつけし返り花 松尾芭蕉
前の世の業平なるか返り花 照敏
原点に戻らぬ企業返り花 的野 雄
句のすがたいつも一太刀返り花 赤松[けい]子 白毫
咲きし日も散る日も知らず返り花 福田蓼汀 秋風挽歌
土佐犬の低く唸りて帰り花 藤平寂信
夕空にまぎれなかりし返り花 塚原夜潮
多かるを忘る船手返り花 中塚一碧樓
夜の壺に蕾殖えたり返り花 佐野青陽人 天の川
夢に似てうつゝも白し帰り花 蓼太
学僧の百姓面や帰り花 小澤實 砧
寄生木に冬を残して帰り花 菊童
寄進にも名連ねし縁や返り花 乙字俳句集 大須賀乙字
富士ふつと立つ草木瓜の返り花 浅羽緑子
寝た草の馴染はづかし帰り花 千代尼
寝ね足らぬ幾日ぞ返り花白き 金尾梅の門 古志の歌
対ひ居てまことぬくけれ帰り花 長谷川かな女 雨 月
寿朱きがうれし返り花 渡辺恭子
小春日に菫も返り咲きにけり 室生犀星 犀星發句集
小粉団の毬とはならぬ返り花 吉川貞子
山吹の色を尽くせる返り花 椎橋清翠
山吹の返り咲あり夏蜜柑 子規句集 虚子・碧梧桐選
山国の日和は梨の返り花 碧雲居
島一つ一村なせり帰り花 有働亨
島人が幼ナ遊ばす帰り花 阿知波裕子
川よりも低き鵜塚や返り花 神蔵 器
師を迎ふ日やたんぽぽの返り花 冨田みのる
帰り咲いて一重桜となりにけり 青畝
帰り咲いて西日と白し苗桜 旅人 臼田亜浪
帰り咲くところの枝をまじへたる 後藤夜半 翠黛
帰り咲くもの見かけるも阿波の旅 稲畑汀子
帰り咲くや狐川より志賀の花 椎本才麿
帰り咲く九軒のさくら夕霧忌 大橋櫻坡子 雨月
帰り咲く八重の桜や法隆寺 正岡子規
帰り咲く幹に張板もたせけり 篠原鳳作
帰り咲く木のあり尼僧咳秘むる 臼田亞浪 定本亜浪句集
帰り咲く木瓜に筵を着せにけり 墓田まさこ
帰り咲く睡蓮の水にひたと来つ 原田種茅 径
帰り花ありしことにも吉野恋ふ 石井とし夫
帰り花この晴天の果ては雨 波多野爽波 鋪道の花
帰り花たとへば月の穢と言へり 田中裕明 花間一壺
帰り花つけてかへつて淋しき枝 比奈夫
帰り花に垣結ひかゆる焚火かな 青峰集 島田青峰
帰り花に榻静かなる池亭かな 青峰集 島田青峰
帰り花に灰となりゆく焚火かな 青峰集 島田青峰
帰り花のまつくらやみに潦 田中裕明 花間一壺
帰り花ひそと久女の墓小さし 稲畑廣太郎
帰り花むかしのゆめの寂かなる 円地文子
帰り花わけても白き風隠れ 二村典子
帰り花マナーモードを解除する 田辺花
帰り花一葉二葉を残しけり 栗生純夫 科野路
帰り花兄妹睦びあひにけり 敦
帰り花古綱焚くにぼと燃えて 内田百間
帰り花少し走つて息切れて 細川加賀 生身魂
帰り花影踏むにさへ散りにけり 中村 翠湖
帰り花戻るときのさびしさよ 五十嵐播水 埠頭
帰り花散るや機織る坊が妻 二柳
帰り花昃り障子昃りぬ 五十嵐播水 埠頭
帰り花枝に遠慮をしてをりぬ 後藤比奈夫
帰り花桃李の美人覚束な 黒柳召波 春泥句集
帰り花歩み馴らしもここらまで 下田稔
帰り花母の言の葉詩に近し 加藤知世子 黄 炎
帰り花汐風うけて暖かき 里人
帰り花濃きむらさきも悼むなり 稲垣きくの 黄 瀬
帰り花生れて遊ぶもの短袴 竹中宏 饕餮
帰り花石を逸れたる風一筋 岸田稚魚 筍流し
帰り花秘仏の扉開け放つ 松尾崎明美
帰り花秘仏開扉をよろこべり 稲垣きくの 黄 瀬
帰り花菊をむかしの翁哉 闇指 (悼蕉翁)
帰り花葉守の神のいつ時分 西調 選集「板東太郎」
帰り花身は荒草の花ながら 中村苑子
帰り花釣人知らず過ぎにけり 柑子句集 籾山柑子
帰り花雪隠ひそとありにけり 吉野義子
帰り花顔冷ゆるまでおもひごと 岸田稚魚 筍流し
帰り花飛翅短き虫を留め 河野南畦 『風の岬』
帰り花飢うるでもなき寺の犬 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
帰り花鶴折るうちに折り殺す 赤尾兜子(1925-81)
帰り花黐は日向に寒げなり 雑草 長谷川零餘子
年寄が人のぞきをり返り花 臼田亜浪 旅人
庭桜返り咲きたる今年かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
御講水帰り咲く花枝々に 河東碧梧桐
忘れずに居てや梢の帰り花 露川
思ひ草胃なし男に返り咲く 佐藤鬼房 「何處へ」以降
戦(そよ)ぐと訓み戦(をのの)くと訓め帰り花 竹中宏
戦ぐと訓み戦(をののく)くと訓め帰り花 竹中宏 句集未収録
手のとどかぬ処に咲きて帰り花 松山足羽
指させば失せてしまひし返り花 鷹羽狩行 第九
故郷の秋わびしさよ帰り花 会津八一
散ることもして帰り花なりしかな 稲畑汀子
文芸は虚実の虚なり返り花 中野 弘
斎の膳生麩尽くしや返り花 石嶌岳
料紙より白く淋しや返り花 尾崎迷堂 孤輪
日あたりてまことに寂し返り花 草城
日に消えて又現れぬ帰り花 虚子
日の空に色の淡さよ帰り花 温亭句集 篠原温亭
明るさやどこかにきつと帰り花 今井千鶴子
昼の月漂ふ空や返り花 梅史
晩年の身につくうれひ帰り花 舟月
晴続く富士の雪やな帰り花 青峰集 島田青峰
暮れそめし鴛鴦の羽色や返り花 鷹女
来の宮の淋しき道の返り花 昌子
松柏の嵐の底や返り花 正雄
松虫草返り咲く日の湖淡し 堀口星眠 火山灰の道
林中の日の斑おびただしき返り花 内藤吐天 鳴海抄
桜ほのと微醺の色に返り咲く 松尾柊
梨棚や潰えむとして返り花 水原秋桜子
樽を干す木香に人酔ふ返り花 乙字俳句集 大須賀乙字
欠け陶の土に還りぬ返り花 石川文子
正月や浜の茨の返り咲き 臼田亜浪
母つれて熱海の宿に返り花 阿部みどり女 笹鳴
母の亡き家山吹の返り花 大木あまり 火球
母方の見知らぬ顔や帰り花 藤井寿江子
水上に首は置くべし帰り花 増田まさみ
水洗ひ白らけし塀や返り花 内田百間
水白き歌劇の町の帰り花 六車井耳
水面を押しくる風や返り花 高澤良一 さざなみやっこ 
水音の夢のごとくに返り花 順子
汗拭いて米搗く僧や帰り花 蓼太
沼の風ふふみて紅の返り花 中村久美子
沼ほとりなるかゞやきに返り花 石井とし夫
波の花と雪もや水の返り花 松尾芭蕉
海に日のけふを尽せり返り花 藤崎久を
涙目の空を流るる返り花 原裕 青垣
港よりの青空ここに返り花 宮津昭彦
湖畔亭是と扁したり返り花 西本一都 景色
潮先のひかりをあつめ帰り花 朝倉和江
灰墨のきしみ村*くわうの返り花 芥川龍之介 我鬼窟句抄
炉開きや炭も桜の帰り花 正岡子規
焚火して灰立つ風や帰り花 柑子句集 籾山柑子
物すごやあらおもしろや帰り花 上島鬼貫
狐出て遊べしどみの返り花 有働 亨
猫の来てかけあがりけり返り花 鬼城
玉しきの衣かへよと帰り花 荷兮
理リの梨の白さや返り花 尾崎迷堂 孤輪
生きてゆくものの運命に返り花 稲畑汀子 春光
疲れても持する童顔返り花 香西照雄 素心
病感の稀になき日や返り花 塩谷はつ枝
白にして薄くれなゐや帰り花 東洋城千句
目礼をする慎ましき帰り花 松山足羽
真青な葉も三三枚返り花 素十
知らぬ間に友逝く桃の返り花 二村典子
石の上に散るうれしさよ返り花 柿本多映
石仏のねむき青天返り花 野見山ひふみ
碧落へ色うしなへる返り花 太田鴻村 穂国
神の水湧きてあやめの返り花 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
秋風を吹よわらせて帰り花 乙由
積み上げしお講座布団返り花 後藤夜半 底紅
空壺に掃き込む芥や返り花 内田百間
箕焼けしばかり他事なし返り花 中塚一碧樓
約束のごとくに二つ返り花 倉田 紘文
紙漉きのにほひ来る日や返り花 内田百間
繙きし世阿弥の一書返り花 加藤耕子
老司書に叙勲の沙汰や返り花 下村ひろし 西陲集
腐り尽す老木と見れば返り花 正岡子規
艪きしりに油さす岸返り花 内田百間
色さめし古女房や帰り花 蝶夢
草箒どれも坊主や返り花 阿部みどり女 笹鳴
蒲公英は大地の花よ返り咲き 永倉しな
蒼天の暮れてもあをし返り花 渡邊千枝子
蓑虫のいつから見るや帰り花 昌碧
薄日とは美しきもの帰り花 後藤夜半(1895-1976)
藤棚に藤波なして返り咲き 竹下しづの女 [はやて]
蜂の来て知る楠の帰り花 依光陽子
蜜をわずかに山国の返り花 池田澄子
街に買ふ腐葉土の香や返り花 香西照雄 素心
西行の梢の花の返り咲く 加藤三七子
親王隠しの唐櫃とかや返り花 坂本申之祐
言づてをとんと忘れて帰り花 高澤良一 燕音 
言ひ訳のごとくぽつりと返り花 片山由美子 雨の歌
越して来てみつけしものや返り花 久保田万太郎 流寓抄以後
路地路地のひかり玉なす返り花 原裕 新治
近づけば歩み去る人返り花 池内友次郎
返り咲きかたまつてゐる枝の先 高浜年尾
返り咲きしたる山葵の花と見ゆ 青葉三角草
返り咲きしてゐるは山桜かな 高濱年尾 年尾句集
返り咲き見つけし眼またたきぬ 上村占魚 球磨
返り咲くあやめの水の埃かな 王城
返り咲くあるも焚きけり夫の朝 及川貞 夕焼
返り咲くその小さきを認めつ 田中裕明 櫻姫譚
返り咲くための蕾を真紅にす 池田秀水
返り咲くつつじ小さく跨ぎけり 内藤吐天 鳴海抄
返り咲くつゝじちらほら鳥屋始 森田峠
返り咲くつゝじわが家にこの家に 年尾
返り咲くつゝじ白きがあはれなり 高浜年尾
返り咲くはまなす沖は荒るるらし 金箱戈止夫
返り咲くものにも追はれ冬仕度 塚本 久子
返り咲くもののほとりに辿り着く 岡本まち子
返り咲く一花をかかげ天の紺 野見山ひふみ
返り咲く園遅々とゆくひろさかな 飯田蛇笏 山廬集
返り咲く小米花あり門の春 松本たかし
返り咲く山吹に掃く松の塵 阿部みどり女
返り咲く暴を老木も敢てせり 相生垣瓜人 明治草抄
返り咲く最も小さき犬ふぐり 阿部みどり女 月下美人
返り咲く紫紺のあやめ暮の秋 福田蓼汀
返り咲く花はさかりもなく散りぬ 下村梅子
返り咲く花を水音逸れてゆく 裕
返り咲く花石鼎の忌日来る 原裕 葦牙
返り咲く菖蒲のありぬ秋の水 高橋淡路女 梶の葉
返り咲く蘇枋の花の淡からず 播水
返り咲く鉄線白し紙どころ 大島民郎
返り咲く雪柳より目に止めて 後藤夜半 底紅
返り咲して光背のごとき絮 後藤夜半 底紅
返り花/宙に/帰り花/棺に 折笠美秋 火傅書
返り花きらりと人を引きとゞめ 皆吉爽雨
返り花こゝの主は籠りずき 高田蝶衣
返り花すさまじかりし塔の下 中田剛 竟日
返り花その日くの来ては去る 久保田万太郎 流寓抄
返り花そは一輪がよかりけり 渡辺恭子
返り花とて放心の白ばかり 倉橋羊村
返り花の完美や劇の予告篇 香西照雄 素心
返り花ひとりになればまたひとつ 中岡毅雄
返り花まことしやかに落花せる 五十嵐播水 播水句集
返り花まばゆき方にありにけり 軽部烏帽子 [しどみ]の花
返り花まへにうしろに摺り仏 魚目
返り花むらさき淡し交はりも 山口青邨
返り花一輪は母生きむため 木村敏男
返り花一閃の紅とどめたる 石嶌岳
返り花三年教へし書にはさむ 草田男
返り花乏しけれどもみな仰ぐ 石倉啓補
返り花乙女らの写真色うつらず 中島斌男
返り花亡き父ばかりほめられて 秋元洋子
返り花人の愁ひに添ふごとく 塚原麦生
返り花今年多しと染物夫 瀧澤伊代次
返り花別るるために来しごとし 小林康治 『叢林』
返り花北へ幾丘肩触れあひ 成田千空 地霊
返り花和蘭陀遠きゆゑ静か 飯田龍太
返り花天に鏤め玉磨く 木村蕪城
返り花妖しき園となりにけり 吉屋信子
返り花妻に呼ばるることもうなく 宮津昭彦
返り花姉弟中年過ぎて会ふ 村越化石 山國抄
返り花寺格の高さ問はずとも 森田峠 避暑散歩
返り花恩赦の沙汰はひた憎め 有働亨 汐路
返り花挿すや我句に迷ひあり 清原枴童 枴童句集
返り花日向は耳が静かなり 長谷川双魚 風形
返り花旧き良き代をさながらに 風生
返り花暮るゝほかなし汝が名呼ぶ 川口重美
返り花書屋をのぞく童あり 青邨
返り花枝かろしともおもしとも 関戸靖子
返り花母いたはりて別るる日 中村汀女
返り花母のくちからどつこいしよ 磯貝碧蹄館
返り花水滲むごと日暮くる 西村博子
返り花現つも恋もうしろ影 石原八束
返り花石工ひとりが出湯の中 飯田龍太 遅速
返り花石濤の手に濃かりけり 相生垣瓜人 微茫集
返り花神も遊びをしたまへり 石田阿畏子
返り花空の波動のとどきたる 夏井いつき
返り花空ラ掻き曇ることもなし 尾崎迷堂 孤輪
返り花翳は地よりも空にあり 林火
返り花芝生を踏めばしづかなる 河合凱夫 藤の実
返り花薄氷のいろになりきりぬ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
返り花藁塚めぐる子の日にけぶり 金尾梅の門 古志の歌
返り花蝶蜂を呼ぶ賢治の碑 津田清子
返り花近づき見ればなかりけり 比叡 野村泊月
返り花銹びて鞦韆ゆられけり 『定本石橋秀野句文集』
返り花風吹くたびに夕日澄み 龍太
逃げて減りし鳩ともなくて返り花 中塚一碧樓
透くといふ色を重ねて返り花 石嶌岳
遊学の子が双肩よ返り花 近藤一鴻
遠き祖の花押に憑かれ返り花 松本澄江
遠光りする野の水や返り花 亜浪
阿波水軍砲台跡の返り花 福島せいぎ
雪柳清め塩ほど返り咲き 朝倉和江
霜白し烏のかしら帰り花 言水
青空の端に雲あり返り花 岩垣子鹿
風軽し蓑虫ゆらぐ帰り花 又玄
驚きのすぎし日和や返り花 冬葉第一句集 吉田冬葉
髪かわく間の庭歩き返り花 翁長恭子
鶏犬の声す山中の返り花 臼田亞浪 定本亜浪句集
鶏鳴は土よりのこゑ返り花 成田千空
黙契といふ枷のあり返り花 片山由美子 水精 以後
あやまちは神にもありぬ狂ひ花 成瀬桜桃子 風色
あらしの跡薙ぎ尽し山吹の忘れ花かな 梅林句屑 喜谷六花
いそぎんちやく忘れ花めく置潮に 高井北杜
二度咲いて二度散る凌霄花かな 二村典子
二度咲きの一つこっきり小米花 高澤良一 ぱらりとせ 
二度咲きの月下美人の月に会ふ 関森勝夫
二度咲のあはれに濃くて花魁草 菅裸馬
今思へば雪に二度咲梢哉 井原西鶴
午後にだけ日あたるところ狂ひ花 狩行
受難図に海光桃の狂ひ咲き 松田 淑
安国論寺白きつつじの狂ひ花 高澤良一 随笑 
山吹の狂ひ花あり土用浪 高浜虚子
山吹の狂ひ花いつまでや秋暑き 青峰集 島田青峰
忘れ花わがマドンナも猫背かな 小原樗才
朝顔や父が丹精狂ひ咲き 瀧井孝作
枯るること忘れ花あげいぬふぐり 西本一都 景色
水仙の花原狂ひ咲く野菊 亀井糸游
狂ひ咲きし一朶の藤も供へけり 林原耒井 蜩
狂ひ咲くつつじの緋色澄みて秋 小松崎爽青
狂ひ咲く桜一輪涼しけれ 小松崎爽青
狂ひ咲く牡丹ハミングしたき晴 中野由紀子
狂ひ咲く花や鏡のはこばるる 柿本多映
狂ひ咲く鉄線高さ失はず 上田五千石 琥珀
狂ひ花つけし木を風吹きぬける 川口重美
狂ひ花日めぐり来ればひらひらす 臼田亞浪 定本亜浪句集
狂ひ花狂ひし色と思はれず 森礼意三
玻璃に照る一樹や椿狂ひ咲く 岡部義男
紫のあやめを狂ひ花と呼び 阿部みどり女
茗荷畑ありしあたりか忘れ花 横井也有 蘿葉集
裁かれて汚職居直る狂ひ花 藤平静々子
退院の姉に二度咲く白桔梗 林 民子
疎遠また致し方なし帰り花 高澤良一 石鏡
水の上に返り咲くもの日曜日 高澤良一 石鏡
散歩道こんどは何の返り花 高澤良一 石鏡
授かれる名案に似て返り花 高澤良一 石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-11-11 00:04 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23321233
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング