山茶花

山茶花

例句を挙げる。

「赤」の題出されて咲くか姫椿 中村草田男
いのち美し朝山茶花に小鳥きて 森下草城子
うぐひすの山茶花くゞりゐたりけり 久保田万太郎 草の丈
お茶室のしゞま山茶花散るしゞま 高木晴子 花 季
かたときの山茶花しぐれ石鼎忌 原裕 新治
きさらぎや山茶花寒きわすれ花 松岡青蘿
これ程の風はありがち山茶花に 高橋淡路女 梶の葉
たえず散ることに山茶花美しく 田中ひなげし
つくばいに散る山茶花の氷りけり 夏目漱石 明治二十九年
つましく暮らし山茶花のうすべに 兼崎地橙孫
にごり日の山茶花の校正づかれ シヤツと雑草 栗林一石路
ふと咲けば山茶花の散りはじめかな 平井照敏
また逢へた山茶花も咲いてゐる 種田山頭火 草木塔
みどりごの寒き山茶花掃くべかり 斎藤玄
エジプトの夢見ていつも山茶花散る 攝津幸彦
ポストヘの径吾が径に山茶花散る 細見綾子 黄 炎
一介の死者たり山茶花垣をなし 和田悟朗
乙女さぶほの山茶花の匂ふ家 小池文子 巴里蕭条
二階からみて山茶花のさかりかな 久保田万太郎 流寓抄
亡き人の山茶花の句を失念し 成瀬正とし 星月夜
交はらぬ週山茶花をまぶしめり 大木あまり 火のいろに
人には見えず山茶花散らす神の手は 成瀬桜桃子 風色
仏滅や山茶花の紅寺に咲く 中山純子 沙羅
借りて享くほつれ茶碗や姫椿 石川桂郎 高蘆
児消えぬ奥は山茶花崩れ壁 言水
冷かや山茶花こぼる庭の石 室生犀星 魚眠洞發句集
医師の云ふ風邪軽んぜず山茶花どき 高澤良一 素抱 
咲きさかる山茶花ぬらしふりにけり 道芝 久保田万太郎
咲きふりし山茶花に又の月夜かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
噂話は三日華やか山茶花散る 大石壽美
地下水は冷え山茶花を白くせり 塚原麦生
垣越しに山茶花散りし小溝かな 寺田寅彦
塀のそとに山茶花ちりぬ冬の町 長谷川かな女 雨 月
墨染のうすしとも見え山茶花に 原石鼎 花影以後
夕日くわつと山茶花に妻おどろきぬ 栗林一石路
夕焼のうすれ山茶花も散りゆくか 渡邊水巴
多摩川が見え山茶花に煙草買ふ 渡邊水巴 富士
夜の山茶花蜂のこりゐて叩かれし 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
夜の眺め山茶花に月とどまりぬ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
女家族は紙屑多し山茶花散る 中村草田男
姉の死後紅山茶花に佇つことも 嶋田麻紀
姫椿昼餉を何にせむと出で 石川桂郎 四温
子ごろしの山茶花映る淡いピアノ 西川徹郎 家族の肖像
孤悠忌の山茶花渡る時雨かな 小松崎爽青
家尽くるところ山茶花尽くらむか 林原耒井 蜩
尼さまのおこゑ山茶花日和かな 柴田いさを
山茶花が散る冬の地湿りの晴れ 河東碧梧桐
山茶花が散る歳月も昼も夜も 和知喜八 同齢
山茶花が美しかりし都府楼趾 星野立子
山茶花といへば思ひ出ださるるかとも 京極杞陽 くくたち下巻
山茶花にあかつき闇のありにけり 道芝 久保田万太郎
山茶花にあるは霙の降る日かな 碧梧桐
山茶花にかげろひて何の地響 内田百間
山茶花にたまさかさせる日なりけり 望月健
山茶花にほつほつ花や苗木市 高橋 守
山茶花にもたれし塀や嵐あと 阿部みどり女 笹鳴
山茶花によるべみつけし日ざしかな 久保田万太郎 流寓抄
山茶花に入日の襤褸四十代 小檜山繁子
山茶花に入日を惜しむ時津風 飯田蛇笏 椿花集
山茶花に別れつまづく言葉の壁 宮武寒々 朱卓
山茶花に又日が当り紅さかな 温亭句集 篠原温亭
山茶花に古繩を焼くほのほ哉 内田百間
山茶花に咲き後れたる白さあり 宮田正和
山茶花に囮鵙く日の夕かな 言水
山茶花に垣穂の渡し見晴れけり 飯田蛇笏 山廬集
山茶花に塵あげて朝の掃除かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
山茶花に声のやさしき露西亜老婦 長谷川かな女 牡 丹
山茶花に夕翳うまる廓あと 有働亨 汐路
山茶花に大きく物の割れる音 高澤良一 ぱらりとせ 
山茶花に太く泥めく線香立つ 久米正雄 返り花
山茶花に影きせかけて餘生感 古舘曹人 砂の音
山茶花に待ちたることも済んでゆく 京極杞陽 くくたち下巻
山茶花に心おぼえし西東 長谷川かな女 雨 月
山茶花に心惹るゝやすらぎも 稲畑汀子
山茶花に昨日のごとく暮れにけり 道芝 久保田万太郎
山茶花に昼の光の衰へて 村竹弘
山茶花に暫しの西日とどめをり 上村占魚 鮎
山茶花に月の霰やそゞろなる 金剛纂(麥南小句) 西島麥南、飯田蛇笏選
山茶花に板塀高き小庭かな 会津八一
山茶花に次ぎ~傘をつぼめ入る 高木晴子 晴居
山茶花に此の熱燗の恥かしき 泉鏡花
山茶花に残る日すでに光なし 千代田葛彦 旅人木
山茶花に毛虫一騒動ありぬ 高澤良一 燕音 
山茶花に煙這ひ居る日中かな 内田百間
山茶花に爐の藁灰も日々なづみ 吉屋信子
山茶花に犬の子眠る日南かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
山茶花に筧ほそるる日和かな 室生犀星 魚眠洞發句集
山茶花に筬の遠音をなつかしむ 小松崎爽青
山茶花に紙ヒコーキの飛んで来し 加藤 和子
山茶花に茶をはなれたる茶人かな 立花北枝
山茶花に藁積む日海も凪ぎをらん 安斎櫻[カイ]子
山茶花に雨あがりたる雫かな 青峰集 島田青峰
山茶花に雨待つこゝろ小柴垣 泉鏡花
山茶花に雪よ胎児がわが夜の友 上野さち子
山茶花に魚板もやさし女寺 石川桂郎
山茶花のあくまで浄き地に温泉湧く 林原耒井 蜩
山茶花のいずれの方に国の恩 鈴木六林男 王国
山茶花のうち崩るるは自刃に似て 高澤良一 宿好 
山茶花のかうなる羽目に昨夜のかぜ 高澤良一 随笑 
山茶花のかたき蕾や初時雨 癖三酔句集 岡本癖三酔
山茶花のくれなゐひとに訪はれずに 橋本多佳子
山茶花のここを書斎と定めたり 正岡子規
山茶花のこぼれけり菊の枯るる上に 森鴎外
山茶花のこぼれしのみの朝のちり 植山 露子
山茶花のこぼれつぐなり夜も見ゆ 楸邨
山茶花のこゝを書斎と定めたり 正岡子規
山茶花のしぐるる花のみな平ら 皆吉爽雨
山茶花のだらだらだらと雨零す 高澤良一 随笑 
山茶花のちりぢり後の祭かな 高澤良一 鳩信 
山茶花のとばしる水に舟を行る 木村蕪城 寒泉
山茶花のはなくづ月に踏みて訪ふ 占魚
山茶花のはらりと落ちし天気かな 青峰集 島田青峰
山茶花のひとひら 落ちきるまでの 坐視 伊丹三樹彦 花恋句集二部作 夢見沙羅
山茶花のほかになにかがこぼれけり 今井杏太郎
山茶花のまはりにこぼれ盛かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
山茶花のまひる深しも雀が三羽 冬の土宮林菫哉
山茶花のみだれやうすき天の川 渡邊水巴
山茶花のみちのくびとに媚びて咲く 山口青邨
山茶花のをはりしほらし春の雪 松岡青蘿
山茶花の一とたび凍てて咲きし花 細見綾子
山茶花の一樹あつむる野のひかり 松本 美簾
山茶花の一片かとも朝の粥(母風邪に臥す) 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
山茶花の丈まだ低き新公園 古川充子
山茶花の丸く刈られし屍室 大木あまり 雲の塔
山茶花の八重咲く白さ昃りても 小澤満佐子
山茶花の冷たき弁の月明り 佐藤漾人
山茶花の午後深くして低き声 草間時彦 櫻山
山茶花の咲いてことしも師走かな 久保田万太郎 流寓抄
山茶花の咲いても見しか人知れず 林原耒井 蜩
山茶花の咲きしは何日や散り初めぬ 関浩青
山茶花の咲きためらへる朝かな 渡辺桂子
山茶花の咲き初む好きな紬着て 館岡沙緻
山茶花の咲き散り咲きて今日昏るる 文挟夫佐恵 黄 瀬
山茶花の咲き継ぐのみの庭となる 稲畑汀子
山茶花の咲くだけ咲いて星出づる 永井龍男
山茶花の咲く淋しさと気付きたる 栗原米作
山茶花の垣に挿し過ぐ落穂かな 渡辺水巴 白日
山茶花の垣めぐらして接骨医 浜野ゆかり
山茶花の垣根に人を尋ねけり 正岡子規
山茶花の壊れ放題テロ止まず 高澤良一 随笑 
山茶花の夕日ひとひら剥がれけり 林 翔
山茶花の大樹花満つ鶴の村 朱鳥
山茶花の実のはじけけり年用意 小澤碧童 碧童句集
山茶花の実のひわれけりくれの秋 小澤碧童 碧童句集
山茶花の宿といふべし客を待つ 深川正一郎
山茶花の庭に遺りし絵踏石 江口竹亭
山茶花の散ってをりたる仏かな 小林 たか子
山茶花の散つて集まる水の裏 齋藤玄 『狩眼』
山茶花の散りしく月夜つづきけり 山口青邨
山茶花の散りしく木の間くらきかな 久保田万太郎 流寓抄
山茶花の散りたまりつつ夕月夜 中村 秋晴
山茶花の散りて幾日や敷松葉 松宇家集 伊藤松宇
山茶花の散りもし咲くも久しかり 赤星水竹居
山茶花の散り急ぐ庭 誰が脱兎 楠本憲吉
山茶花の散り敷く土のしめりかな 青峰集 島田青峰
山茶花の散り重なりて土濡れぬ 種茅
山茶花の散るからに 咲くからに ああ 伊丹三樹彦 花恋句集二部作 花仙人
山茶花の散るさへ黒き眼鏡越し 渡辺水巴 白日
山茶花の散るにまかせて晴れ渡り 龍男
山茶花の散るやまことに生きてあり 林原耒井 蜩
山茶花の散るや己の影の中 阿部[しょう]人
山茶花の散るをいたみし言葉かな 裕
山茶花の散る日の光地に充てリ 柴田白葉女 遠い橋
山茶花の散る月光に畳職 黒田杏子
山茶花の散れば散るとて澄むばかり 林原耒井 蜩
山茶花の新月に浴む妹を待つ 宮武寒々 朱卓
山茶花の日ねもすちりて盛りかな 舟月
山茶花の日の消えぎはを母歩く 澄雄
山茶花の日向ぬくさや冬の蜂 西山泊雲 泊雲句集
山茶花の日和に翳のあるごとく 麦南
山茶花の日曜や友満洲より 佐野青陽人 天の川
山茶花の暮れゆきすでに月夜なる 秋櫻子
山茶花の木間見せけり後の月 蕪村 秋之部 ■ 廣澤
山茶花の根もとの夕日掃きにけり 西山誠
山茶花の白きにそゝぐ小雨かな 青峰集 島田青峰
山茶花の白き花びら散るところ土より冬の寒さはのぼる 藤岡武雄
山茶花の白ばかりなるこぼれけり 今井杏太郎
山茶花の白より昏るる埴輪群 つじ加代子
山茶花の白をこゝろに喪に服す 大橋敦子 手 鞠
山茶花の白哀しみの母に散る 山田弘子
山茶花の白尋めゆくや石鼎忌 原裕 青垣
山茶花の白見て時間無駄にする 加倉井秋を
山茶花の百の蕾に破綻なし 赤松[けい]子 白毫
山茶花の窓を残して娘の嫁けり 福原紫朗
山茶花の紅つきまぜよ亥の子餅 杉田久女
山茶花の紅ふくむ雪雫して 竹の門句集 筏井竹の門、木津螢雪編
山茶花の紅ほのとあり八一の書 中山純子 沙 羅以後
山茶花の紅を逃げたる冬日かな 阿部みどり女
山茶花の紅斑華やぎ盛かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
山茶花の累ねの白や惜命忌 星野麥丘人
山茶花の終りの寒さ降り出せり 伊藤京子
山茶花の縁にこぼるる日和哉 正岡子規
山茶花の脆きところにひしと触る 齋藤玄 『狩眼』
山茶花の艶極まりてしぐれけり 長谷川双魚 風形
山茶花の芯あらはれて曇りけり 阿部みどり女
山茶花の花のこぼれに掃きとゞむ 高浜虚子
山茶花の花の末なる冬至かな 小澤碧童 碧童句集
山茶花の花びらにして月に敷く 古舘曹人 砂の音
山茶花の花びらも消え青蟷螂 和知喜八 同齢
山茶花の花びら落ちし庭小春 青峰集 島田青峰
山茶花の花も末なる夕明り 小澤碧童 碧童句集
山茶花の花をつかみて雀蜂 岸本尚毅 鶏頭
山茶花の花屑のみの砂地掃く 木村蕪城 寒泉
山茶花の花屑を溜め組紐屋 飴山實 『次の花』
山茶花の花屑少し掃きにけり 篠原鳳作
山茶花の花片もまじりいぶりをり 原田種茅 径
山茶花の花立て直す暇無く 高澤良一 宿好 
山茶花の莟こぼるる寒さかな 芥川龍之介 蕩々帖〔その二〕
山茶花の落花並べは 神遊び 伊丹三樹彦 花恋句集二部作 花仙人
山茶花の葉のへり光るナ 北原白秋
山茶花の蕋かげ消ゆるときしぐれ 赤松[けい]子 白毫
山茶花の蕋ばかりなる黄色かな 青峰集 島田青峰
山茶花の蕾そろひぬ初時雨 山口青邨
山茶花の蕾の密に母の忌来る 館岡沙緻
山茶花の貝の如くに散りにけり 青邨
山茶花の長き盛りのはじまりぬ 風生
山茶花の門に頬杖下足番 大久保橙青
山茶花はさびしき花や見れば散る 不二子
山茶花は咲く花よりも散つてゐる 細見綾子(1907-97)
山茶花は年をとる花夜も咲く 和知喜八 同齢
山茶花は漱石の花一枝折る 時彦
山茶花は白一色ぞ銀閣寺 碧童
山茶花は石の間に吹き荒るる 横光利一
山茶花は霜傷みしてはや醜女 高澤良一 素抱
山茶花は魂のはな散りてなほ 原 コウ子
山茶花ばかりちらかつて畑の霜どけ 北原白秋
山茶花も人もいずれはガタッと来 高澤良一 宿好 
山茶花も人も急ぎて地に還るか 成瀬桜桃子 風色
山茶花も散り表札もかへねばと 牧野松犀
山茶花も煉獄の火の時雨にて 小檜山繁子
山茶花をいたぶる霜の手をゆるめず 高澤良一 宿好 
山茶花を乗せて過ぎゆく水ひとへ 赤松[けい]子 白毫
山茶花を孝女たびけり小春凪 中勘助
山茶花を待たせて人を招じけり 斎藤玄 雁道
山茶花を愛す褞袍にくつろいで 遠藤梧逸
山茶花を掠めし日つひに窓に来ず 原田種茅 径
山茶花を散らしに虻が来てゐたり 永井龍男
山茶花を散らし天丼とどきけり 小菅高雪
山茶花を旅人に見する伏見哉 井原西鶴
山茶花を椿ときくも草枕 蒼[きう]
山茶花を箕に掃きとるや竹箒 尾崎迷堂 孤輪
山茶花を雀のこぼす日和哉 正岡子規
山茶花を離れぬ眼をばうれひけり 林原耒井 蜩
山茶花を離れ男にものを云う 鈴木六林男
山茶花散る偏と旁とばらばらに 田川飛旅子 『薄荷』
山茶花病みやすし中国より手紙 高田律子
嵯峨国民学校とあり山茶花に 久米正雄 返り花
師を葬り来し山茶花に泣きに来し 湯川雅
帰り来よ児よ山茶花うごかないはな 中塚一碧樓
庫裡の簷しぬぐ山茶花しぐれけり 加藤風信子
徳願寺の山茶花いかに鶲殿 中勘助
旅の山茶花三日遊べば三日散る 楠本憲吉
日おもての山茶花散れり子に問はる 新谷ひろし
日拝むや山茶花に深き霜を見し 碧雲居句集 大谷碧雲居
晩年もよし山茶花に日当たつて 橋本草郎
暁の山茶花白し落がはら 加舎白雄
月夜にも山茶花がちる止めどなし 細見綾子 黄 炎
朝の山茶花雀が三羽五羽啼いて 井本農一 遅日の街
朝顔のとび咲き一つ山茶花に 西山泊雲 泊雲句集
梅の夜に似て山茶花の枝折門 萩原麦草 麦嵐
死期明らかなり山茶花の咲き誇る 中塚一碧樓
母に呼ばるるごと山茶花の白に寄る 大串章
水平に来る死期山茶花の日暮 赤松[けい]子 白毫
流洟や山茶花色にかぎらるる 斎藤玄 狩眼
深夜帰宅山茶花踏絵の如く踏み 楠本憲吉
湯の村に菊屋山茶花冬薔薇 泉鏡花
火桶して山茶花過ぎの日なみかな 小杉余子 余子句選
火焔ビン擲げられ山茶花ほろほろ 浅原六朗 欣求鈔
無始無終山茶花たゞに開落す 寒川鼠骨
無産階級の山茶花べたべた咲くに任す 中塚一碧樓
父が掃きたりし山茶花の花を掃く 瀧春一 菜園
玻璃越しの雨山茶花に鳥の来る 金尾梅の門 古志の歌
石のころもに山茶花ちりぬ地蔵尊 中勘助
砂山は乾き山茶花散り続く 山西雅子
福笑山茶花散らすごとくなり 中島月笠
紅涙といふ美しさ山茶花は 松山足羽
老い給ふ山茶花に杖ひき給ふ 高木晴子 晴居
花多き山茶花垣の厚みかな 小澤碧童 碧童句集
莟解く山茶花これは明明後日(しあさって) 高澤良一 宿好 
蕊残りなほも花相や日の山茶花 香西照雄 素心
薄氷や山茶花散り込む手水鉢 寺田寅彦
藁ぬれて山茶花残る冬の雨 室生犀星 魚眠洞發句集
虚子庵は山茶花さへも散り急ぐ 高木晴子 花 季
蟹を煮て山茶花しぐれとなりにけり 吉田紫乃
詔書渙発桶の山茶花しづかにも 渡邊水巴 富士
返信や山茶花がまた咲きました 角川春樹
降り積もる歳月かなし山茶花も 仙田洋子 雲は王冠
陽に酔う僕 山茶花の散る只今は 伊丹三樹彦 樹冠
雨の山茶花の散るでもなく 種田山頭火 草木塔
霜どけの風が光る山茶花の青き葉 人間を彫る 大橋裸木
霜を掃き山茶花を掃く許りかな 高浜虚子
青苔に山茶花にほふ神迎 水原秋櫻子
風とほくなり山茶花が褪せてをり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
高麗烏啼くゆへに散る山茶花か 玉出雁梓幸
うすうすと腹痛さざんかの月夜 正木ゆう子
かうなって仕舞へばさざんか散る他ない 高澤良一 素抱 
さざんかのはや花零す粗忽者 高澤良一 随笑 
さざんかの会心の白龍安寺 高澤良一 宿好 
さざんかの目を泣きはらすやうな花 高澤良一 ぱらりとせ 
さざんかの落胆甚だかりしかな 高澤良一 宿好 
だんでいな老人散歩さざんか咲いた 柴田美代子
ズバリ散る白さざんかでありにけり 高澤良一 宿好 
冷気にも気迷ひのありさざんか垣 高澤良一 素抱 
夕鵙のこゑの一撃さざんかに 高澤良一 随笑 
点り初めさざんか垣まで届かぬ燈 高澤良一 素抱 
白さざんか剃刀は一枚で足りる 塩野谷仁
白さざんか微風となつている夫です 尾田明子
空白い月夜さざんか花盛り 和知喜八 同齢
縄電車さざんか駅で待っている 前田秀子
莖漬やさざんか明る納屋の前 室生犀星
逝く鸚鵡抱いてさざんかしかみえぬ 渋谷道
雲伸びてさざんかの散りかたまれり 松村蒼石 雁
高々とさざんか垣の壁なせり 高澤良一 素抱 
殲滅の白山茶花でありにけり 高澤良一 鳩信

以上
by 575fudemakase | 2014-11-12 00:05 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23321250
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング