例句を挙げる。

いわし雲橙青く鬱と成る 石田波郷
お供餅の上の橙いつも危し 山口青邨
ころげ出てどの輪飾の橙か 松岡伊佐緒
だいだいを蜜柑と金柑の笑て曰 杉風
ちりの橙をしぼりあふ宵のほどでした 中塚一碧樓
スチームの甚だ熱し蜜柑むく 市川東子房
一橙を据う一燈を置く如し 相生垣瓜人 明治草抄
伊セ海老の橙かじる鏡餅 河野静雲
口切の文や橙黄ばむなど 石井露月
夕月に甚だ長し馭者の鞭 高野素十
家家に橙重し今朝の冬 高橋睦郎 舊句帖
家集まだ表紙のしめり春の宵 赤松[けい]子 白毫
年忘橙剥いて酒酌まん 正岡子規
弔旗垂れ橙の照りつぶらなる 金尾梅の門 古志の歌
枝へ朝日橙個々に秀でしよ 香西照雄 素心
楪に橙色を流しけり 龍雨
橙が墓に触れゐる西東忌 横山白虹
橙たわわ父の齢を越すときに 高橋沐石
橙に天照る日ある避寒かな 松本たかし
橙に寺苑のうすき日を配る 横山房子
橙に爪たてて何か言ひ足らぬ 加藤楸邨
橙に竿のふれゆく舟通し 杉浦和生
橙に雨柔らかき二日かな 浅賀渡洋
橙に青みも少し初ざくら 中村史邦
橙に飛沫とびくる日本海 小関芳江
橙に黄が走る日の寺詣 曽根けい二
橙に黙約のごとき一葉かな 宇多喜代子 象
橙のいはゆる贋の記憶かな 田中裕明 櫻姫譚
橙のころがるを待つ青畳 桂信子 黄 瀬
橙のたゞひと色を飾りけり 原石鼎
橙のひそめる闇に帰りけり 八木林之助
橙のめでたくあるや餅の上 吉田冬葉
橙の下踏まれずに雪残る 大野林火
橙の仏頂面を書架の上 根岸 善雄
橙の孔雀開きの樹下ぬくし 百合山羽公 寒雁
橙の実る岸辺に舟洗ふ 椙本千代子
橙の据りがよくて鏡餅 高浜虚子
橙の木の間に伊豆の海濃ゆし 松本たかし
橙の村石橋も小さく厚し 香西照雄 対話
橙の梢にのこり寒に入る 田中冬二 麦ほこり
橙の泡ふきそめしとんどかな 小路紫峡
橙の灯いろしぼれり牡蠣の上 飴山實 少長集
橙の照る下過ぎつやや健か 細川加賀
橙の皮錆び日焼の老父病む 香西照雄 対話
橙の色づき初めて数へらる 中屋敷 久米吉
橙の色ののりたる寒さかな 曽我 鈴子
橙の色を木の間の冬の月 松岡青蘿
橙の落ちゐる故にせゝらぎて 清崎敏郎
橙の表年とて京泊 植竹京子
橙の青く小さき実伊予言葉 篠崎圭介
橙は実を垂れ時計カチカチと 中村草田男
橙も返照の海も黄なりけり 水原秋櫻子
橙やうすれうすれし隼人の血 福永耕二
橙やすこし頼りて頼られて 黒田杏子
橙やつやつや青き葉一枚 滝 峻石
橙やつや~青き葉一枚 滝峻石
橙やなほとほき湯のかをりくる 木津柳芽 白鷺抄
橙やまこと田舎の禰宜の顔 岸本尚毅 舜
橙やよはひ明治をさかのぼり 栗生純夫 科野路
橙や一つ年とり退院す 石田あき子
橙や伊豆山権現雲を垂れ 水原秋櫻子
橙や信長は眼を剥き出しに 村上高悦
橙や初島をつなぐ潮の筋 新井英子
橙や墓をあつめて墓の空 小島千架子
橙や大川端に咳の神 古舘曹人 樹下石上
橙や山の上見て目の力 岡井省二
橙や床に古りける大御神 山本牧秋
橙や欄間にきざむ能登の濤 古舘曹人 樹下石上
橙や母が手織の絣欲し 石田波郷
橙や気は八荒をたゞ広く 東洋城千句
橙や火入れを待てる窯の前 水原秋櫻子
橙や生家奥まで日が届き 児玉輝代
橙や病みて果せぬ旅一つ 石田波郷
橙や短くつかふ女鍬 下田稔
橙や茶碾祀りてその上に 岡井省二
橙や蔵にそふ江の寒からず 加舎白雄
橙や裏白がくれなつかしき 子規句集 虚子・碧梧桐選
橙や訪ひたる家に浪の音 大串章 朝の舟
橙や谷中に雨の道祖神 古舘曹人 樹下石上
橙や貧しきながら三世代 仲丸くら
橙や遠山はまだ雪降らず 角川春樹
橙をうけとめてをる虚空かな 上野泰 佐介
橙をそののち如何したりけん 後藤夜半 翠黛
橙を一回りしてお坊さん 大坪重治
橙を嘗めて去にけり嫁が君 田中二星
橙を抱く肘張りて飾海老 富安風生
橙を机にとつて松納 山口青邨
橙を磨く西風海へ飛ぶ 猿山木魂
橙朱欒鏡のなかの橙朱欒 小澤實 砧
橙青き丘の別れや蝉時雨 横光利一
正月や橙投げる屋敷町 正岡子規
深熊野の橙日和柚子日和 山川喜八
珠算塾ともり橙おちてゐる 南 典二
生きの身燃えひとりいや二人だ燃えつゝ撃つ 片山桃史 北方兵團
盆栽の橙黄なり春隣 寺野守水老
紙漉くや橙のまたしぐれをり 大峯あきら 鳥道
絶壁下ただ海苔掻きのゐるばかり 小原菁々子
胸に触れるものあるは佳し橙湯 守田椰子夫
落橙投げあげ受けとめ初月給 香西照雄 素心
葉籠りに橙垂れて夥し 篠原温亭
蓬莱の橙あかき小家かな 蒼[きう]
裸像あり橙の木の脇をゆく 山西雅子
豊年だ豊年だまた父老ゆる 今瀬剛一
軒ごとに橙照るや田子あたり 甲賀山村
転び出る橙追へりとんど焚き 長谷川かな女
通るたび橙の木の似合ふ家 高澤良一 ねずみのこまくら 
避寒行橙うれし浦過ぎつ 岸風三樓
雪山の照り楪も橙も 森澄雄
青橙加藤楸邨逝きにけり 鈴木しげを
青橙荒彫ながら臼成りて 香西照雄 対話
風雲の重さ橙地に触るる 藤田湘子
飾りある橙の葉に見えにけり 後藤夜半
飾焚く橙波に引かれけり 岸本尚毅 舜
黙っている優しさ 橙の全円は 伊丹公子
臭橙(かぼす)採る畑のあなたに周防灘  高澤良一  鳩信
相まみえ臭橙の里の大日如来(だいにち)さん  高澤良一  鳩信

以上
by 575fudemakase | 2014-11-13 00:10 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23321286
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング