例句を挙げる。

「かあ」とそれきり千年声を喪う鷹 豊口陽子
あほちたる肩白鷹の肩の幅 依田明倫
あめつちをながるる鷹の眼かな 柚木紀子
あらがねの羽摶つ鷹よ日本海 高井北杜
あら浪に山やはなれて鷹の影 麦水
あら鷹の瞳や雲の行く處 松瀬青々
いらご岬鷹観る人の日曜日 大林信爾
いらご崎似るものもなし鷹の声 松尾芭蕉
かくまでに人をへだてて蒼鷹(もろかえり) 宇多喜代子
かの鷹に風と名づけて飼ひ殺す 正木ゆう子(1952-)
かれ芦や鴨見なくせし鷹の声 炭 太祇 太祇句選後篇
きらきらと稚児隼の渡るなり 黒田杏子 一木一草
きらとする鷹の瞬焔なる 松瀬青々
この鷹に捕られし川の鯔の数 南 耕風
この鷹や君の覚えも鳥屋勝 高浜虚子
さぞ鷹も継尾に木々の生えならび 広瀬惟然
しぐれつゝ走る雲あり鷹ケ峰 比叡 野村泊月
しぐれ忌を山にあそべば鷹の翳 上田五千石(1933-97)
しばらくは正倉院に鷹の天 斉藤夏風
しら雲に鷹まふ嶽の年惜しむ 飯田蛇笏 霊芝
しろがねの鷹となりつつ渡るかな 邊見京子
それ鷹の鈴振廻るみぞれかな 水田正秀
ときめきは老にもありてサングラス 鷹松 月女
はくれんの白鷹となり翔たむとす 安東次男 昨
はげしさや鳥もがれたる鷹の声 炭 太祇 太祇句選
はし鷹の拳はなれぬ嵐かな 正岡子規
はし鷹や跡も尋ねる智仁勇 椎本才麿
まこと鷹なりしと思ふ波に消え 田畑美穂女
まばたきて鷹の渡りを見失ふ 木戸 節
まぼろしの鷹を行かしめ杖に寄る 村越化石
みなしごとなるや数理の鷹とばし 寺山修司 花粉航海
むらさきになりゆく二羽の青鷹(もろがへり) 矢島渚男(1935-)
もう何も見えなくなりし鷹の道 佐々木六戈 百韻反故 初學
やゝぬるむ雨をよぎりし鷹一つ 原石鼎 花影以後
ゆるやかに舞へるきびしき鷹の羽 後藤夜半
わが中に鷹の羽音や怒濤見る 朱鳥
わが生の余白の方へ鷹の旅 伊志嶺亮
わが骨を見てゐる鷹と思ひけり 秋元不死男(1901-77)
わが鷹の翔ればきざす眩暈かな 真鍋呉夫
わたりゆく鷹全身でみてゐたり 吉田紫乃
カザルスを聴く襖絵の隼と 大木あまり 火球
サングラスとりたる鷹のごとき瞳よ 大橋敦子
ブロンクスの鷹がはばたく雪の檻 田川飛旅子 花文字
ポプラ立つ土手を一列鷹匠ら 京極杞陽 くくたち下巻
マツカーサーライン辺海鷹と航く 小原菁々子
ロッキーの澄める高さを鷹舞へり 松下翠香
一つより舞ひそめやがて鷹の天 中村明子
一の霜ありたる鷹の直面 宇佐美魚目 秋収冬蔵
一月虚空少年団とその他隼 阿部完市 春日朝歌
一本松隼がゐて日当れり 宮津昭彦
一村の封建夏鷹睥睨す 香西照雄 対話
一点の鷹呑みほして天澄めり 照敏
一眼を励ます風や空に鷹 村越化石
一碧の大虚鷹の占めにけり 阿波野青畝
一霰まじろがぬ鷹のけしき哉 也好
一鷹を生む山風や蕨のぶ 飯田蛇笏
万の尾花百の乱舞の鷹に照る 大岳水一路
万緑や高舞ふ一羽鷹と見し 米田双葉子
三日はや鷹匠の目に戻りけり 宮坂静生
下北の鷹吹き落す鮭颪 赤沼山舟生
並松に鷹の高さや云ふばかり 尾崎迷堂 孤輪
丹後たそがれ鷹の着地を見逃さず 佐川広治
乱雲の中より鷹や箕面山 皿井旭川
乾坤のこゝに朴咲き鷹舞へり 田村木国
二十基の祖を見舞へば鷹一羽 影島智子
井伊殿の御拳見ばや小鷹狩 高井几董
今の世が好きで気高く鷹の舞 匹田荘平
伊良古に舞ふ四日の鳶の鷹ならず 高澤良一 鳩信 
伊良湖岬沖凪ぎ渡る鷹柱 高橋柿花
何を裂き何啖ひしか牡丹に鷹 齋藤玄 『無畔』
元日や鷹がつらぬく丘の空 秋櫻子
円盤投の縒る全身や春の鷹 熊谷愛子
冠雪の風の流れに乗れる鷹 村越化石
初あらし鷹を入江に吹き落とす 水原秋桜子
初ひばり声がひかりとなる砂丘 鷹松 月女
初富士や鷹二羽比肩しつつ舞ふ 草田男
初山河音をつつしむ鷹ヶ峰 伊藤敬子
初月の鷹匠町に来てゐたり 関戸靖子
初深空今年占ふ鷹か鳶か 澄雄
初雪に鷹部屋のぞく朝朗(あさぼらけ) 史邦
初雪や献上鷹の馬蒲団 臥高 俳諧撰集「藤の実」
別段に吾には鷹でも*のすりでも 後藤綾子
刺羽の声友の声かと珊瑚礁 影島智子
北霽れてひと日鷹舞ふ良弁忌 中村風信子
十字鍬投げしごとくに真澄鷹 西本一都 景色
半日村樹頭の日向鷹が占む 中戸川朝人
南天の花のこぼるるお鷹道 勝又一透
双翼ひろげて鷹の立雙ぶ 橋本鶏二 年輪
双鷹の次第に遠く舞ひ連るゝ 高野素十
口の隈の島山据り鷹ゆけり 成田千空 地霊
古羽根を捨てねば鷹も飛べぬなり 三浦一寿子
句碑守の鷹とおぼしき翳一つ 原裕 『王城句帖』
吹きとびしものに眼ざとし檻の鷹 長井伯樹
吹雪とは鷹の名なりし放ちけり 勝又一透
吾もともに鷹のうかゞふ空を見る 森田峠 避暑散歩
吾子生れぬ鷹點となり大となる 細谷源二
和田津海の鳴る日は鷹の渡りけり 篠原鳳作
品をかえ毛をかえよむや鷹百首 井原西鶴
噴水のある駅鷹の海撓ふ 宮武寒々 朱卓
噴煙の吹きもたふれず鷹澄める 篠原鳳作 海の旅
国原を瞰して鷹巣作れる 玉置 仙蒋
国敗れたりし山河を鷹知れり 青畝
地の果は落城いろと鷹舞えり 小泉八重子
塔を攀じ見知らぬ鷹を抱くごとし 渋谷道
夏鷹の踏みかゆるときも翼つかふ 古館曹人
夕されば小松に落つる鷹あはれ 篠原鳳作
夕づつの野より鷹匠消えにけり 阿波野青畝
夕雲の高さ得し鷹横すべる 羽部洞然
夢はじめ現はじめの鷹一つ 森澄雄 浮鴎
夢よりも現の鷹ぞ頼もしき 松尾芭蕉
大北風にあらがふ鷹の富士指せり 臼田亞浪 定本亜浪句集
大鳴門それずに鷹の渡りけり 森田峠 逆瀬川以後
大鷹が神学校の森に来し 高木良多
大鷹の舞鮮らしき山開き 海野ふさ子
天の川鷹は飼はれて眠りをり 加藤秋邨 沙漠の鶴
天の鷹雄のさびしさを高めつつ 野見山朱鳥
天はいま宴の如し鷹柱 大岳水一路
天上にひきあぐ螺旋鷹柱 橋田憲明
天山の夕空も見ず鷹老いぬ 藤田湘子
天心をそれぬ鷹あり奇景なり 中田剛 珠樹以後
天文や大食の天の鷹を馴らし 加藤郁乎
天来するものの一羽の鷹として舞うているしずかに 荻原井泉水
天津日に舞ひよどみゐる鷹の群 鳳作
天空は生者に深し青鷹 宇多喜代子 象
天空へ舞ひあらはれし鷹一つ 迷子
天頂に出て逆落し渡り鷹 橋田憲明
奥の嶺に鷹が牧閉ざす 皆川盤水
奥多摩の流木鷹になるといふ 沼田巴字
如月やまろくま青く鷹ケ峰 細川加賀 生身魂
妬心てふ理由なきもの青鷹 櫂未知子 蒙古斑
嬉しさを鷹に見せたる扇かな 服部嵐雪
子の頬に耳たぶ触れて鷹の空 黒川憲三
子別れの鷹啼き志摩は波の国 原田孵子
孤島なる玉石甌穴の空に鷹 石原八束 白夜の旅人
客観写生の鷹となり来る虚空の点 齋藤玄 『玄』
寒景をうかがふ鷹に夕あかね 飯田蛇笏 雪峡
寒月や御鷹の宿もするあたり 乙二
寒流をふやしつづけて鷹ねむる 小泉飛鳥雄
寒菊や赤土壁の鷹の糞 史邦 俳諧撰集「藤の実」
寒鷹を逐ひゆく目路のすべもなや 唖々子
小さなる鷹とはつきり今は見ゆ 後藤夜半 翠黛
尾根めざす鷹捲き上る霧に乗り 羽部洞然
屏風絵の鷹が余白を窺へり 中原道夫(1951-)
山々の玲瓏として春の鷹 大木あまり 火球
山に雪身の内鷹の舞ひ始む 加藤瑠璃子
山を拓くとここに住みつき鷹を見たり 細谷源二 砂金帯
山刀伐の鷹来て舞へる牧開き 細谷 鳩舎
山禽の声の途絶えし鷹の空 河本遊子
山肌に日柱移り鷹柱 中戸川朝人
山遠く白尾の鷹を見送りて 尾崎紅葉
山霊雲を餞る鷹の別かな 尾崎紅葉
山鳥をやすめて鷹の別かな 千那
岩に立ちて鷹見失へる怒濤かな 雑草 長谷川零餘子
岩山や切れとを過ぐる鷹の声 梅室
岩棚に大雨たばしり鷹巣立つ 河北斜陽
峙つや枯葉の中の鷹の鳥 斎藤玄 雁道
峯紅葉鷹の高さのはかられず 佐野良太 樫
崖昇る気流に鷹の立泳ぐ 高井北杜
嶺暗し鷹鳥を祭る幾処 尾崎紅葉
嶽の容鷹舞ひ居ればなほ高く(鳳凰山麓) 河野南畦 『黒い夏』
巖襖しづかに鷹のよぎりつつ 橋本鶏二
干瓢を干し隼のよぎる天 木村蕪城 寒泉
干草の香に乗りて鷹加速せり 太田土男
幻の如き速さの鷹を愛す 倉田素香
床の間の鷹の翔び立つ旱梅雨 土橋いさむ
御仏の鷹をや鳩となし給ふ 咲樹一樹
忽ちに秋水かすめ鷹去りぬ 大場白水郎 散木集
悪食の鷹は放たん山と月 秋篠光広
戻り路や拳の鷹の鎮まらず 森田峠 逆瀬川
手負鳥深追ひせざる鷹師かな 森田峠 逆瀬川
捕はれて眼衰へし小鷹かな 月舟俳句集 原月舟
探梅やかしこと計り鷹ケ峰 西山泊雲 泊雲句集
掴み翔つ獲物に鷹の傾ぐなり 岡野風痕子
揺るぎ翔つ鷹巌頭に日を残し 鷲谷七菜子 花寂び
放たれし鷹疾風となりにけり 伊藤とほる
放ちたる鷹の羽音の澄めりけり 勝又一透
文鎮の鷹の眼が澄み名刺受 藤田志洗
断崖を鷹の離るる潮かな 石田勝彦 秋興
新雪や襞ふかく棲む巌の鷹 河野南畦 『花と流氷』
新鳩よ鷹気を出して憎まれる 一茶
旅うれし鷹取あたり今年綿 松根東洋城
日に舞うて凱歌のごとし鷹柱 岡部六弥太
旭(ひ)は浪を離れぎはなり鷹の声 井上井月(1822-86)
旭は浪を離れぎはなり鷹の聲 井上井月
明日もあれ拾いて光る鷹の羽 寺山修司 花粉航海
春の山隼松を流れけり 泊月
春の鷹われに見えざる渓を見る 大串章
春山の名もをかしさや鷹ケ峰 高浜虚子
春水に下りて仰ぎぬ鷹ケ峰 五十嵐播水 播水句集
春雪に面あぐれば鷹が峯 前田普羅 新訂普羅句集
時雨るゝやいよいよまろき鷹ケ峰 山本梅史
最上川渦巻くを見て鷹巣立つ 細谷鳩舎




朝の鷹を朝日の棘をふたごみる 阿部完市 春日朝歌
朝月にこゑ澄み鷹の渡るかな 田代朝子
朝霜や郷士が家の鷹の塒 喜谷六花
朝鷹の夜居おだしき桜かな 浜田酒堂
朝鷹の眼に有明のうつりかな 正岡子規
木の下に赤子寝せあり鷹舞ヘリ 中村草田男
木犀の香に昇天の鷹ひとつ 飯田龍太
未だ逢わざるわが鷹の余命かな 池田澄子
未踏の岩嶺へ鷹は登りの舞見せて 加藤知世子 花寂び
来島の渦巻く礁に鷹降りぬ 高木春陽
松の飛花ふくむ朝霧鷹啼いて 高田蝶衣
枯るる園雌雄の鷹をわかち飼ふ 齋藤玄 『舎木』『飛雪』
枯萱に峠の鷹の沈みけり 秋櫻子
榎の鷹に陽の舞ひしづむ離宮かな 宮武寒々 朱卓
横顔を鷹の思想と思ひけり 辻田克巳
檜原晴雪鷹影のしばしばす 内藤吐天
檻の鷹まなざし遠く沖見をり 篠田悌二郎
檻の鷹獲物狙う眼まだ捨てず 佐々木母屋
正行がおもひを鷹の山わかれ 史邦 芭蕉庵小文庫
歩きつゝ鷹匠小手を確かむる 森田峠 逆瀬川
死屍来ると禿鷹啼くか秋の風(インド拝火教徒の鳥葬) 角川源義 『口ダンの首』
残雪を掴み羽摶つは鷹ならむ 水原秋桜子
母に肖て薄明エトナの山の兀鷹を飼ふ 加藤郁乎
永き日や羽惜む鷹の嘴使ひ 河東碧梧桐
永き日や鷹の羽といで髭剃らん 幸田露伴 谷中集
汝が新居古潭の鷹と空頒つ 西本一都
沖を鷹ノート細字を以て埋む 中島斌雄
泣きながら土葬すべては鷹眼下 宇佐美魚目 秋収冬蔵
浪にもまるゝ草を見てあれば鷹現はるゝ 雑草 長谷川零餘子
浮き雲を貫く構へ鷹柱 吉田花宰相
渓聲に鷹ひるがへる睦月かな 飯田蛇笏
渡りかけて鷹舞ふ阿波の鳴門かな 正岡子規
渡りたる隼の空澄みにけり 稲畑汀子
渡り鷹吸ひたるいよよ深き空 橋田憲明
渡り鷹落ちゆくごとく遠離る 村上杏史
滝の上鷹が定める国境 有馬朗人 知命
潮かすむ岬の海抜鷹やすらふ 成田千空 地霊
濤崩れ帆翔の鷹日をよぎる 大岳水一路
灘の天帆翔の鷹翼を張り 福田蓼汀
炎天の鷹の声なり紛れなし 石塚友二
点となる鷹へ心を繋ぎけり 夏目立朗
焚火すや雪の樹につく青鷹 飯田蛇笏 山廬集
煦々として鷹とて鳩になりにけり 森 澄雄
熔岩山の鷹にさへぎる何もなし 高須のぶを
爪古び鷹の如くに素足かな 上野泰 春潮
父の年輪もつ伐り株に鷹かえる 北光星
片紅葉しぐれけぶりに鷹ケ峰 野澤節子 黄 炎
物云ふて拳の鷹をなぐさめつ 蕪村
狐来る鷹来る雪のおくつきは 大峯あきら
玄冬の鷹鉄片のごときかな 齋藤玄 『舎木』『飛雪』
珍しき鷹わたらぬか対馬船 其角
病む鷹の継尾ひきずる哀れなり 内藤鳴雪
白菊に鷹据はりたる静かなり 長谷川かな女
白鷹を据ゑて憂ひのなき花野 長谷川かな女 花寂び
百姓は煙で天の鷹を落とし 安井浩司
目つむりていても吾を統ぶ五月の鷹 寺山修司 花粉航海
目を炎やす鷹に逢ひたし斑雪ゆく 村越化石 山國抄
真白斑の鷹に日本語でものをいう 宇多喜代子 象
眠りては飢ゑをまぎらす隼か 大木あまり 雲の塔
眠れねば鷹くるといふ骨山を 宇佐美魚目 天地存問
眼下に鷹 鷹に眼下の日本海 小宅容義
眼間に数戸納めて鷹の舞ふ 梅本幸子
砂山の鷹ゆるやかに離れけり 中島佐渡
硬い糞ひび割れて出て天に鷹 中島斌雄
碧落に鷹一つ舞ふ淑気かな 宇田零雨
磐石を掴みて鷹の雙びけり 橋本鶏二 年輪
祗や鑑や鷹もとんびも只のとり 加藤郁乎 出イクヤ記
神懸の肩に舞ひ澄む鷹一つ 村尾公羽
神苑に飼はれ鷹の眼飢ゑふかし 中島斌雄
秀(ほ)つ鷹はいつも喬木に雪の与謝 石原八束 風霜記
秋の鷹古巣に帰る尾ノ上かな 飯田蛇笏 霊芝
秋晴や隼あがる妙義山 関野喜代子
秋立つや鷹のとや毛のさしのこり 浪化
稚児隼の帰巣や秋雲より一気 奈良文夫
空梅雨の空にありたる鷹ヶ峯 三浦 つき子
空深くなりぬ隼迎へんと 矢島渚男 天衣
竜飛岬鷹を放つて峙てり 大久保橙青
笹鳴や豊公利久伊勢の鷹 石塚友二 光塵
簗番に鷹おとし来る奥熊野 藤谷 紫映
紅の鷹の大緒や玉あられ 胡布 霜 月 月別句集「韻塞」
紅葉山鷹舞ひ出でてさらに濃し 斎藤 道子
絶海に崖隆起して鷹呼べり 野澤節子
翠巒のいつ鷹放つ大暑かな 飴山實 『次の花』
耳川の大曲ぞいに鷹の影 宇多喜代子 象
背泳ぎにしんとながるる鷹一つ 矢島渚男(1935-)
舞ひいでし鷹にみなぎる峡の晴 上村占魚 『かのえさる』
舞ひ澄める鷹に玄海灘荒るゝ 荒川あつし
舞ふ鷹のつばさの下の夕日かな 橋本鶏二 年輪
船上に捕へし鷹の飼はれあり 高林蘇城
花鷹菜宵の三日の且つ降れり 林原耒井 蜩
若者が岩攀づる見ゆ鷹五月 有働亨 汐路
草干して古き匂ひや鷹のこゑ 岡井省二
荒海に対峙してをり鷹の山 星野椿
荒鷹もその鷹匠も頭巾かな 彦根-朱廸 俳諧撰集「有磯海」
萬緑やかがやき翔ける夫婦鷹 相馬遷子 雪嶺
萱山の巌に鷹の舞ひ下りぬ 橋本鶏二 年輪
萱山の巌を鷹の栖とす 橋本鶏二 年輪
落し来る鷹にこぼるゝ松葉かな 白雄
落日を境に氷り鷹ケ峯 宇佐美魚目 秋収冬蔵
落鷹の一声鳴けり烽火台 正木礁湖
葛咲くや雲居に鷹を探すころ 大岳水一路
蒼天に鷹の帆翔斑雪村 佐藤国夫
蒼天の凍らんとして鷹翔る 渡邊水巴 富士
蓼の朱も鷹の渡りの風まとふ 大岳水一路
薫風やまなじり裂けて襤の鷹 田村木国
虚空にてかすかに鳴りし鷹の腹 桂信子
蛇笏忌の翼使はず鷹流る 殿村莵絲子 雨 月
行く春や麓におとす馬糞鷹 荊口 三 月 月別句集「韻塞」
裏山に鷹の落ちたる遅日かな 根岸善雄
裏山の骨の一樹は鷹の座ぞ 角川春樹(1942-)
襖絵にゐる鷹の目の淑気かな 岡部名保子
見よ蛇を樹海に落し鷹舞へり 及川貞 夕焼
谷霧に鷹かも舞へり一羽ならず 篠田悌二郎
赤城嶺に棲む鷹舞へる秋日かな 大場白水郎 散木集
赤旗の鷹の羽音の十二月 大木あまり 山の夢
足摺はをとこの岬鷹放つ 稲垣きくの
足緒はゆるしら尾の鷹の後かな 加舎白雄
躑躅ちり巨杉鷹をとどむなし 宮武寒々 朱卓
迷走の一羽も捲かれ鷹柱 平井さち子
逆落としつゝ秀鷹の睦み合ふ 佐藤念腹
連峯のしのゝめ鷹を見失ふ 及川貞
遊牧の女に青き鷹の天 有馬朗人 耳順
過ぎりしは鷹か眼前氷河照り 有働亨 汐路
遙けさのゆゑに鷹かと思ふのみ 長山あや
野兎ねらう焼け木の鷹に雪解かな 飯田蛇笏 霊芝
開聞(かいもん)を下る こころの鷹の 蒼きを飼い 折笠美秋 君なら蝶に
闘うて鷹のえぐりし深雪なり 村越化石
降る雪や拳の鷹に心問ふ 野村喜舟 小石川
隼とわかる速さのありにけり 岡安仁義
隼と指され羽音の過ぎるのみ 吉年虹二
隼に驚き細る鶲かな 皿井旭川
隼の一気に降りる島の崖 下間ノリ
隼の原野に狙ひをりしもの 岡安紀元
隼の岬に人としたしみぬ 原田喬
隼の形崩れし時獲物 稲畑廣太郎
隼の瀬音浴びをり葛の花 野沢節子 八朶集以後
隼の獲物の羽を飛ばしけり 加藤喜昌
隼の眼や乱雲の裾みだれ 飯田龍太
隼の眼を張つて霧の中 大木あまり 火球
隼の落暉に燃ゆる瞳に逢へる 羽公
隼の襲ひし雀蘆に落つ 田村萱山
隼の霧きる翅音きこえけり 吉田冬葉
隼の頬なき頬や風のにえ 二村典子
隼や餌を追ひつめて垣のうち 柳芽
隼を一過せしめて寒鴉 阿波野青畝
隼を見したかぶりの夜の衾 蕪城
隼を見失なひたる比叡の空 千原叡子
隼を見失ひたる比叡の空 千原叡子
隼ヨリ額ニ卍ヲ受ケテ褶曲山脈ヲ総ベム 夏石番矢 真空律
隼音機提げて歩けりお花畑 上村佳与
雀をりをり放ち夏澄む鷹ケ峰 堀口星眠 営巣期
雄阿寒や鷹の子一つ舞ひ習ふ 花蓑
雪ぐせの鷹の羽とつてかへしけり 原裕 青垣
雪ちるや鷹すえながら酒のかん 立花北枝
雪沓の鷹匠誰も跡継がず 百合山羽公 寒雁
雪渓を翔けたる鷹の羽をひろふ 野見山朱鳥
雲凌ぐ大杉鷹の羽かかり 山口草堂
雲海や鷹のまひゐる嶺ひとつ 水原秋櫻子
雹晴の千木にやすらふ鷹見たり 高田蝶衣
青北風や鷹の渡りの島づたひ 辻恵美子
青天を鷹の逆落つ海あかり 豊長みのる
青空にして玄冬の鷹ひとつ 小林益枝
青空や鷹の羽せゝる峰の松 鬼貫
青雲や鷹の羽せゝる峯の松 上島鬼貫
音なく来て怪鷹(よたか)ぶつかるをんな関 加藤知世子 花寂び
顔見世の幕上らぬにはなやぎし 鷹松 月女
風孕み飛翔の鷹や初筑波 吉田彌生
飼はれては鷹ほどのものも落葉浴ぶ 篠田悌二郎
飼鷹も生くるしるしの斑のさやか 純夫
高きより鷹つわものの死を告げぬ 宇多喜代子 象
高く広く崖を離るる鷹は父 成田千空 地霊
高稲架の乾ききつたる風の音 鷹松 月女
高空に水あるごとし青鷹 小澤克己
鬼杉のうしろの真闇夜鷹鳴く 豊長みのる
鰤起し鷹は小猫を狙ひをり 仙田洋子 橋のあなたに
鳥のうちの鷹に生まれし汝かな 橋本鶏二
鳥叫(な)くや鷹にあたへる肉一れん 黒柳召波 春泥句集
鳥追うて花つかみ行く巣鷹かな 恕風 俳諧撰集「有磯海」
鳶の影鷹となりゆく青葉潮 古舘曹人 樹下石上
鳶の輪を歪め刺羽の渡り初む 平井さち子
鴎らに鷹を消したる空の冴え 上田五千石 琥珀
鷹いつも人の遠くにとんでゐし 嶋田一歩
鷹うまつる鳥おどろかぬ宮雀 井原西鶴
鷹かへる夫婦尺土を耕して 細谷源二 砂金帯
鷹が巣を営む雪解はじまれり 篠田悌二郎
鷹が眼を見張る山河の透き徹る 翔
鷹すでに雲を凌げり雲ながる 加藤楸邨
鷹それし木のつんとして月よ哉 一茶 ■享和三年癸亥(四十一歳)
鷹それてむなしく月となる夜かな 暁台
鷹それて野川人無し古蛇籠 幸田露伴 竹芝集
鷹といふ速度に消えてゆきにけり 藤崎久を
鷹とほくただよひ普賢おもひゐる 中田剛 珠樹以後
鷹とほる柿爛熟の蒼の中 龍太
鷹とめて月光の巌ほそりけり 白澤良子
鷹とんで冬日あまぬし竜ケ嶽 前田普羅 新訂普羅句集
鷹と木菟並び飼はれて無視し合ふ 川村紫陽
鷹と鳶闘ひ落ちぬ濃山吹 前田普羅 飛騨紬
鷹に声なし雨にたれたる塒筵 白雄
鷹のかげいまうなさかをのぼりつつ 橋本鶏二 年輪
鷹のこゑ野呂水源林栂ばかり 貞峰
鷹のつらきびしく老いて哀れなり 鬼城
鷹のとぶ天よりは海見ゆるらむ 今瀬剛一
鷹のほか落暉にそまるものもなし 木村蕪城 寒泉
鷹の上を隼流れ初景色 山本洋子
鷹の嘴朽枝光らせ巣を工む 栗生純夫 科野路
鷹の声青天おつる草紅葉 相馬遷子
鷹の威に凡夫は小さく薪割りて 細谷源二
鷹の威は金環もてる目にぞある 田畑比古
鷹の子のすでにはるかな眸をもてり 伊藤通明
鷹の子の飼はれて甲斐の旧端午 羽田 岳水
鷹の子や岩山裾に白砂の帯 成田千空 地霊
鷹の尾の天より藍を引ききたり 栗生純夫 科野路
鷹の山絶壁濤へ落したる 大岳水一路
鷹の座は断崖にあり天の川 伊藤通明
鷹の影芽麦の縞に来て澄めり 西本一都 景色
鷹の影過ぎ行く迅さ雪あたらし 右城暮石
鷹の影鷹を離れず火山麓 野見山朱鳥
鷹の性憶ゆるままを語りくれ 京極杞陽 くくたち下巻
鷹の洞ひろへり砂丘はれわたり 横山白虹
鷹の目に荘厳の黄や奥熊野 宇多喜代子 象
鷹の目のまばたかざるが恐しき 堤剣城
鷹の目の佇む人に向はざる 高浜虚子(1874-1959)
鷹の目の枯野にすはるあらしかな 内藤丈草
鷹の目の檸檬色して岬見る目 石田波郷
鷹の目の水に居(すわ)るや秋のくれ 暁台
鷹の目の瞶るものを瞶てつひにかなし 加藤楸邨
鷹の目の虚空のものに向ひけり 橋本鶏二 年輪
鷹の目は青畝を凝視せざりけり 阿波野青畝(1899-1992)
鷹の目もいまや暮れぬと啼く鶉 ばせを 芭蕉庵小文庫
鷹の目も今や暮れぬと鳴く鶉 松尾芭蕉
鷹の目や芭蕉葉に夜はまだをさなし 桜井博道 海上
鷹の目をわが胸中の炎とす 石原八束 『仮幻』以後
鷹の眼で鳶の巣立ちや奥越後 加藤知世子 花 季
鷹の眼にダムは腸見せて秋 福永耕二
鷹の眼に一痕の西日おとろへず 河合凱夫 藤の実
鷹の眼に雲の炎上はじまれり 朔多恭
鷹の眼に骨となりゆく山の木々 角谷昌子
鷹の眼や鳥によせ行袖がくれ 炭 太祇 太祇句選
鷹の眼をして鳶が巣立ちぬ奥越後 加藤知世子
鷹の空にも噴煙の届きさう 稲畑汀子
鷹の糞見つゝ夏山茂きかな 加舎白雄
鷹の絵のかくも古りたる屏風かな 橋本鶏二 年輪
鷹の羽の一枚帚炉を開く 松原赤実果
鷹の羽の芒に侍女の思ひ草 阿波野青畝
鷹の羽ひろふ料峭の岩間かな 鷲谷七菜子 游影
鷹の羽を拾えば秋風また秋風 斎藤愼爾 秋庭歌
鷹の羽を拾ひて義士会とおもふ 萩原麦草
鷹の羽を拾ひ蕪村の忌と思ひ 萩原麦草
鷹の羽を拾へば秋風また秋風 齋藤愼爾
鷹の羽拾うて寒し廓跡 松本旭
鷹の輪のしぼられてをり座禅草 矢島渚男
鷹は巣にもどり大嶺日を没れぬ 馬場駿吉
鷹は目をみひらけば師の蛇笏かな 石原八束 『仮幻』
鷹ひとつ見付けてうれしいらご崎 芭蕉
鷹ひとつ雪解山河を統べて舞ふ 及川 澄
鷹まうて神座のたかねしぐれそむ 飯田蛇笏 春蘭
鷹みちを渡らむと蝶すき透る 平井さち子
鷹も翼重き日あらん荒布乾ぶ 成田千空 地霊
鷹ゆきて静かに蒼き峯のそら 中島斌雄
鷹ゆけり秋霞みして嶽の雪 飯田蛇笏 霊芝
鷹ゆけり風があふれて野積み藁 成田千空
鷹よぎり一村の水澄みにけり 大串章
鷹を吹き上げて黒々鞍馬杉 茨木和生 遠つ川
鷹を置き空身構へてしまひたる 木村淳一郎
鷹を見ず馬力ぽくぽく伊良胡岬 野澤節子 黄 炎
鷹を飼う家に行きつく昼さがり 宇多喜代子 象
鷹ケ峰しぐれ鴉を翔たすなり 岸風三楼 往来
鷹ヶ峯借景として障子干す 後藤比奈夫 祇園守
鷹ヶ峰出合ひがしらの寒鴉 谷口桂子
鷹一つ引き上げてゐる山毛欅峠 神蔵 器
鷹一つ見つけてうれし伊良古崎 芭蕉
鷹一つ見付てうれしいらご崎 芭蕉
鷹一つ雪の太古(むかし)を軽く生き 宇多喜代子
鷹一羽舞ひて茫漠たる沙漠 吉良比呂武
鷹一過野の田蟻群に目もくれず 太田 嗟
鷹匠が二人一人は鷹を手に 京極杞陽 くくたち上巻
鷹匠のいつくしみつゝ厳しき眼 山田凡二
鷹匠のにぎりこぶしは鷹支ふ 阿波野青畝
鷹匠のはしりつぎたる清水かな 徐寅 六 月 月別句集「韻塞」
鷹匠のひとりは風を測りをり 中村翠湖
鷹匠のまなざし眉は白けれど 清崎敏郎
鷹匠の五十越したる寒かな 横井也有 蘿葉集
鷹匠の妻も朱綱の鷹放つ 佐藤林太呂
鷹匠の指さしこみし鷹の胸 橋本鶏二(1907-90)
鷹匠の指の撓ひし合図かな 藤田鶴之丞
鷹匠の放ちし鷹の日に光り 田中王城
鷹匠の日の出日の入り鷹と在り 宇佐美魚目 天地存問
鷹匠の涕(はな)すすり込(こむ)旭かな 井上井月(1822-86)
鷹匠の涕すすり込旭かな 井上井月
鷹匠の目の鋭さをもてりけり 田村ひろし
鷹匠の系図を蔵し狩の宿 島谷王土星
鷹匠の蒲脛布(はばぎ)もて足固め 関俊雄
鷹匠の虚空に据ゑし拳かな 橋本鶏二 年輪
鷹匠の足ごしらへの蒲脛巾 清崎敏郎
鷹匠の顔せに紐を垂らしたり 橋本鶏二 年輪
鷹匠の鷹なくあそぶ二月かな 安東次男
鷹匠の鷹にきびしき二た三言 坊城としあつ
鷹匠の鷹を据ゑたる腕かな 清崎敏郎
鷹匠は聞く大鷹の告白を 対馬康子 吾亦紅
鷹匠は風を見ることいと敏し 京極杞陽 くくたち上巻
鷹匠や人を嫌ひて吊洋燈 村上麓人
鷹匠らうれしさうなるかほをして 京極杞陽 くくたち上巻
鷹千羽渡るにつづく鷹柱 影島智子
鷹去つて青空に疵一つ無き 田山寒村
鷹去りし山いつさいの影を置かず 大串章 百鳥
鷹啼かずなりて松山照り霞む 高田蝶衣
鷹啼くやしのび返しの霜の冴 カガ-遅望 霜 月 月別句集「韻塞」
鷹啼くや火口の霧に日のはしら 千代田葛彦 旅人木
鷹堕ちてゆく絶望の迅さもて 仙田洋子 橋のあなたに
鷹孤つのつぺらばうの青き空 仙田洋子 橋のあなたに
鷹巳に巣立ちし松のさるをがせ 菊地星城
鷹戻し岩尾根夏を炎えてをり(妙義山二句) 河野南畦 『湖の森』
鷹打の心長さよ観世騎 五明
鷹据ゑし鷹匠の目も発つ構へ 太田昌子
鷹日和枯木白樺ともなく朴ともなく 島村元句集
鷹晴れや簾褪せたる山の駕 島村元句集
鷹来るとみるまに鴨の群れ翔ちぬ 伊東宏晃
鷹来るや蝦夷を去る事一百里 一茶
鷹柱こぼす微塵の煌めきぬ 大野今朝子
鷹柱抜けて渡りのさきがけに 高崎武義
鷹消えぬはるばると眼を戻すかな 中村草田男
鷹澄みて島人は黄を尊べり 鳥居美智子
鷹澄みて雪いただかぬ嶽もなし 西本一都 景色
鷹点に青の気流をひきしぼり 平井照敏 天上大風
鷹狩に使ひし鈴を家宝とす 瀧澤伊代次
鷹狩のすみたる空の鳶鴉 森桂樹楼
鷹狩の獲物の鶴を賜りぬ 高浜虚子
鷹狩の道にひきたる蕪哉 蕉笠
鷹狩の闇の底より鷹の鈴 松井慶太郎
鷹狩の鷹飢ゑし眼をかがやかす 茨木和生 三輪崎
鷹狩や予陽の太守武を好む 正岡子規
鷹狩や宮司は今日も案内役 井月の句集 井上井月
鷹狩や小勢なれども三河衆 四明句集 中川四明
鷹狩や時雨にあひし鷹のつら 夏目漱石 明治二十八年
鷹狩を終へたばかりの瞳する 櫂未知子 貴族
鷹現れていまぞさやけし八ケ嶽 石田波郷
鷹現れて朝焼雲の押寄する 山口草堂
鷹番や小屋の住居も冬籠 笑工 選集「板東太郎」
鷹白し春の驟雨の過ぐるまで 進藤一考
鷹真澄罪の杜国をおもひけり 阿波野青畝
鷹網や囮鶉のひそみ音に 臼田亞浪 定本亜浪句集
鷹翔(う)てば畦しんしんとしたがへり 加藤秋邨 寒雷
鷹翔ける影ほのかにて雪解富士 飯田蛇笏
鷹翔ちて小さき村を大きくす 加藤憲曠
鷹翔てば畦しんしんとしたがへり 楸邨
鷹翔て倶留尊を越えず神送り 桂樟蹊子
鷹翔ぶや風籟おこる山の肩 大岳水一路
鷹翔り師走の天ぞひかりけり 加藤楸邨
鷹翔り青天雪を降らしける 加藤楸邨
鷹老いぬ眼をつむること多くして かなめ
鷹舞うて神座の高嶺しぐれそむ 飯田蛇笏
鷹舞うて音なき後山ただ聳ゆ 飯田蛇笏 椿花集
鷹舞えり翼の中に摩天楼 対馬康子 吾亦紅
鷹舞って下に孤島となりし村 野末たく二
鷹舞ひて絵のごとくある四山かな 橋本鶏二 年輪
鷹舞ふて音なき後山ただ聳ゆ 飯田蛇笏
鷹舞ふは鯨括りし松とかや 西本一都
鷹舞ふや三つの湾は照り翳り ひろし (岡山県鷲羽山)
鷹舞ふや何もなき田に日が満ちて 桜井博道 海上
鷹舞ふや山河ひかりを荒くせり 杉山羚羊
鷹舞ふや巌にくづるる波一つ 橋本鶏二 年輪
鷹舞ふや干拓百戸輪の中に 斎藤手桜
鷹舞ふや鋼なす山甲斐に満ち 橋本榮治 麦生
鷹舞ふや雪襞ときに日をいそぐ 河野南畦
鷹舞へば虚空渦巻く枯野かな 野見山朱鳥
鷹舞へる原生林に古巣見ゆ 斎藤杏子
鷹舞へる対馬も果の岬に碑 小原菁々子
鷹舞へる高稲架日和会津領 西本一都
鷹落ちてゆく絶望の迅さもて 仙田洋子
鷹行くや師もまた弟子を思ひける 大串章
鷹行けり妻よともども存へねば 大野林火
鷹見たることをぽつりと月の夫 上野さち子
鷹迅し辛夷乱舞の風にのり 三宅句生
鷹部屋に火を置く寒の二三日 乙字俳句集 大須賀乙字
鷹降りて河口年立つ糸魚川 宮武寒々 朱卓
鷹飛ばず天の創痕深ければ 石塚友二
鷹飛ぶや天網を裂きひらきつつ 小檜山繁子
鷹飛ぶや峰の雪踏む旅の者 露月句集 石井露月
鷹鳴いて地酒ねばつく山の国 茨木和生 木の國
鷹鳴いて落花の風となりにけり 河東碧梧桐
鷹鳴くや朝日のとどく峰の松 井月の句集 井上井月
鷹鳴くや火口の霧に日のはしら 葛彦
黄鷹の雪原の果まで飛翔 長谷川かな女 花寂び
龍飛崎鷹を放つて峙てり 大久保橙青

以上
by 575fudemakase | 2014-11-09 00:28 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23321456
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。