酉の市

酉の市

例句を挙げる。

あらば世にみどりいくつぞ酉の市 増田龍雨 龍雨句集
おかめ笑むほどの福請ひ酉の市 林昌華
おかめ等が夕日呼び込む酉の市 高澤良一 宿好 
お多福の一人笑や酉の市 酒井土子
くらがりに襟を立てゆく酉の市 高澤良一 宿好 
このにほひ一体何や酉の市 高澤良一 鳩信 
しむる手のあざやかさ聞け酉の市 阿波野青畝
しもたやのにはか商ひ酉の市 藤井青杖子
だんだんに顔が灯に浮き酉の市 深見けん二
とっくりセーター人波をゆく酉の市 高澤良一 燕音 
どぜう屋に老の気勢や酉の市 本郷和子
ぬかるみに下駄とられけり酉の市 高橋淡路女 梶の葉
ぬかるみに財布落しぬ酉の市 野村喜舟
ひとの家を更けてたちいで酉の市 石田波郷
ぶつかられ躰くるりと酉の市 高澤良一 燕音 
めッきりとことしの冬や酉の市 久保田万太郎 流寓抄
もういっぽん先の道だよお酉さま 高澤良一 燕音 
七味売りに蕎麦がとどけり酉の市 若月瑞峰
七味売る口も八丁酉の市 高澤良一 燕音
三つ目で地下鉄を降り酉の市 高澤良一 燕音 
人ごみにまぎれて僧や酉の市 西沢信生
人のうしろに銭なげて何酉の市 石原八束 空の渚
人の名を思ひ出せずに酉の市 辺見じゅん
人混みを抜けて夜風の酉の市 辻田操子
半月に風の納まる酉の市 高澤良一 燕音 
又しても火事日暮里や酉の市 増田龍雨 龍雨句集
吉原を通りてかなし酉の市 阿部みどり女
境内に迷路をなして酉の市 砂長かほる
外套の仕立下しや酉の市 久保田万太郎 草の丈
夜の雲斑らに黒き酉の市 菅裸馬
寒き故灯の美しき酉の市 深川正一郎
押され出て切山椒買ふ酉の市 石崎宏江
挿絵めく赤提灯や酉の市 高澤良一 燕音 
提灯のちやうちんや文字酉の市 久保田万太郎 流寓抄以後
昔より江戸美しき酉の市 深川正一郎
星などの高きは見ずに酉の市 篠田悌二郎
松葉屋の女房の円髷や酉の市 久保田万太郎 流寓抄
此頃の吉原知らず酉の市 高浜虚子
母老いて妻をさそへり酉の市 白岩 三郎
淋しさや護国寺近き酉の市 野村喜舟 小石川
灯がついてよりの賑はひ酉の市 高澤良一 宿好 
烈風の西空燃えぬ酉の市 千代田葛彦 旅人木
熊手持つ空似の人や酉の市 高澤良一 宿好 
病室に届く熊手も酉の市 高濱年尾
破魔矢うけたゞはぐれじと酉の市 及川貞 夕焼
練炭に火がつき雨の酉の市 斉藤夏風
胸に袖重ねをみなら酉の市 福田蓼汀 山火
若夫婦出してやりけり酉の市 高浜虚子
裏みちの野路にも灯かげ酉の市 及川貞 夕焼
襟巻を買ひおろしけり酉の市 増田龍雨 龍雨句集
角店で酒ひっかけて酉の市 高澤良一 宿好 
起つ風に身震ひ一つ酉の市 高澤良一 宿好 
路地に顔入れてもの啖ふ酉の市 奈良文夫
途中から頭巾被りぬ酉の市 角田竹冷
通りをる電車不思議や酉の市 久米正雄 返り花
道ひとつはづれてさみし酉の市 茂野 六花
道変へて羅宇屋と遇へり酉の市 白澤よし子
酉の市いつか外れし闇に彳つ 久米正雄 返り花
酉の市おかめの顔のみな違ふ 川口咲子
酉の市すれ違ひざま脂粉の香 高澤良一 随笑 
酉の市そのお神楽の馬鹿囃子 高橋淡路女 梶の葉
酉の市に一楫したる誰ならん 青峰集 島田青峰
酉の市に到りも着かず戻りけり 数藤五城
酉の市の人波囃す神楽かな 野村喜舟 小石川
酉の市はづれて買ひぬ香の物 池田充子
酉の市はやくも霜の下りしかな 久保田万太郎 流寓抄以後
酉の市へ細い町を曲つては我れも 梅林句屑 喜谷六花
酉の市むかし廓のありし闇 恩田秀子
酉の市らしく朝から渡舟混む 石井とし夫
酉の市人の流れに蹤くばかり 高澤良一 燕音 
酉の市六日の月も枯るるかな 太田鴻村 穂国
酉の市噂どほりの二人なる 柴原保佳
酉の市少し離れてけとばし屋 町田しげき
酉の市帰途の渡舟の灯のつきし 石井とし夫
酉の市更けて綺羅星かかげけり 菖蒲あや あ や
酉の市欅落葉がすっ飛び来 高澤良一 宿好 
酉の市疱瘡神も照らさるゝ 高野素十
酉の市福財布とて婆も買ふ 高橋淡路女 梶の葉
酉の市行かず仕舞の水仕事 菖蒲あや
酉の市身内のひとり店もちて 黒坂紫陽子
降りやまぬ雨に店解く酉の市 深町丘蜂
電球も黄金光りに酉の市 高澤良一 宿好 
風の橋いくつ渡りし酉の市 梅田桑弧
飴を煮てなまあたたかき酉の市 斉藤夏風
鯛焼きの餡に舌焼く酉の市 関森勝夫
龍泉寺町のそろばん塾や酉の市 久保田万太郎 流寓抄以後
はしたなく雨びちゃびちゃと一の酉 鍵和田[ゆう]子 浮標
むさし野の杜華やかに一の酉 杉山岳陽
やはらかに人押し合ひて一の酉 中村金鈴
一の酉あたたかければ夜を待つ 長谷川かな女 花寂び
一の酉はぐれし一人おきて別る 小池文子 巴里蕭条
一の酉もまれて厄を貰ふまじ 大木あまり 山の夢
一の酉夜空は紺のはなやぎて 渡邊千枝子
一の酉星がいくつか見ゆるなり 安田鈴彦
一の酉菊も売るなる社道 阿部みどり女 笹鳴
一の酉過ぎて蕎麦湯の淡き味 吉田鴻司
七味屋にまづ灯の入りぬ一の酉 伊藤三十四
下町の情緒が好きで一の酉 武野恵美
切山椒へなへな雨の一の酉 有馬朗人 天為
品書に鍋はじまりぬ一の酉 荒井正隆
小屋組の真竹のあをし一の酉 塩谷はつ枝
手締めには手締めの応酬一の酉 高澤良一 燕音
昼出でて昼の戻りや一の酉 石川笠浦
板前は教へ子なりし一の酉 能村登四郎(1911-2002)
溝川を日輪わたる一の酉 山口都茂女
灯の渦をぬければ星夜一の酉 柴田白葉女
独楽あそぶ子らを見る一の酉すみて 梅林句屑 喜谷六花
賑はひに雨の加はり一の酉 木村影志
足許のくらき落葉や一の酉 石田あき子 見舞籠
雑踏も潮のにほへり一の酉 蓮尾あきら
風おろしくる青空や一の酉 石田波郷
駆引のさてはかどらず一の酉 佐藤 瑠璃
鳥獣のけはひややある一の酉 望月百代
鼻先のかわけば来るよ一の酉 小島千架子
くもり来て二の酉の夜のあたゝかに 久保田万太郎 草の丈
二の酉に寄らずに乗りし電車かな 松尾隆信
二の酉のとつとと昏れてきし人出 兜木総一
二の酉の勲章祝ふ手をしめて 長谷川かな女
二の酉の灯を掻き立てり枯木風 高澤良一 燕音 
二の酉の裸灯滾る大手締 小野恵美子
二の酉の雨の中なる金魚かな 岸本尚毅 舜
二の酉へくらがりいそぐ小百姓 杉山 岳陽
二の酉へ廓ぞめきにうちまじり 福田蓼汀 山火
二の酉へ患者の屋台路地急ぐ 古賀まり子 洗 禮
二の酉もとんと忘れて夜に入りし 星野立子
二の酉やいよいよ枯るる雑司ケ谷 石田 波郷
二の酉やもてあましゐる雨支度 水原秋櫻子
二の酉や吊スカートのすべてに触れ 田川飛旅子 『薄荷』
二の酉や夜のニコライの空明き 黒田櫻の園
二の酉や夜浅き霧にむせながら 臼田亜浪 旅人
二の酉や恋の火種をもみ消して 大森三保子
二の酉や淡島堂に人栖む灯 角川照子
二の酉をはずれて点り飛不動 松田ひろむ
二の酉を夜空にそれと乗る電車 長谷川かな女 牡 丹
半玉が今年の二の酉をすましけり 瀧井孝作
月ありて二の酉の空暮れて行く 高浜年尾
泣寝して子に二の酉の過ぎにけり 古舘曹人 樹下石上
雨の二の酉坐り込みたる深か煙草 鍵和田[ゆう]子 未来図
うなぎやのせまき梯子の三の酉 車谷弘
たかだかとあはれは三の酉の月 久保田万太郎 流寓抄
たけくらべありしくらがり三の酉 吉田渭城
ドラマの恋遂げて安堵や三の酉 長谷川かな女 花寂び
三の酉しばらく風の落ちにけり 久保田万太郎 草の丈
三の酉すぎしと燗を熱めにし 鈴木真砂女 夕螢
三の酉すぎたここら軒々の雪虫 梅林句屑 喜谷六花
三の酉つぶるゝ雨となりにけり 久保田万太郎 草の丈
三の酉にはそれなりの福のつく 後藤比奈夫 めんない千鳥
三の酉の夜靄に溶けし水明の日 長谷川かな女 花 季
三の酉をいふ火事をいふ女かな 松根東洋城
三の酉来てはさつさと帰るなり 石田郷子
三の酉母の縫糸買ひに出て 古賀まり子
三の酉舌に冷たき鮨の貝 野澤節子
三の酉葉落ちつくせし宮うしろ 金尾梅の門 古志の歌
三の酉都電残りて乾らぶ街 杉本寛
世の中も淋しくなりぬ三の酉 正岡子規
二階よりたま~落ちて三の酉 久保田万太郎 草の丈
大鉄瓶滾ちて更けぬ三の酉 橋本榮治 麦生
夫婦して天気よければ三の酉 高澤良一 燕音 
客足のこれからこれから三の酉 高澤良一 燕音 
小火騒ぎありしが雨の三の酉 能村登四郎 天上華
山茶花や昨日と知りし三の酉 永井龍男
打ち連れて闇あたたかき三の酉 橋本榮治 麦生
新宿は朝より雨の三の酉 石川桂郎 高蘆
月低くかかりて三の酉がある 久保太一
横降りの雨の手締や三の酉 金原登志子
河岸の子の赤き長靴三の酉 黒田杏子
海岸に大廻りしぬ三の酉 長谷川かな女 雨 月
父の掌のあたたかかりし三の酉 渡邊千枝子
病む夫をひとりにしたる三の酉 江口綾子
篝火の場所を変へたる三の酉 川井玉枝
終電に間ある雑閙三の酉 石塚友二 方寸虚実
荒縄のとぐろの冷ゆる三の酉 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
賑はしき匂ひの中の三の酉 山田みづえ 木語
雨脚を数へてゐたり三の酉 吉田鴻司
高張をもみ消す霧や三の酉 村上鬼城
鯖味噌煮秀二うとみき三の酉 矢島房利
古い金魚屋が晴々と酉の町の道 梅林句屑 喜谷六花
「おしたぢ」といふ声と交ひおかめ市 平井さち子 鷹日和
宵は身の入らぬ聲して熊手市 及川貞 夕焼
熊手市にうづくまりきく街の音 石原八束 空の渚
熊手市の灯の空に舞ふ落葉影 石原八束 空の渚
お酉さま人出ぬうちの車椅子 高澤良一 宿好 
お酉さま戻りの道の落葉風 高澤良一 燕音 
お酉さま神武景気の世は遠く 高澤良一 宿好 
お酉さま空に泣かれてしまひけり 藤岡筑邨
射的屋の音の中抜けお酉さま 高澤良一 燕音 
灯が点り枯木の間のお酉さま 高澤良一 燕音 
真金町交番裏のお酉さま  高澤良一  燕音
神鈴の三つは忙しお酉さま  高澤良一  燕音
横浜曙町荒井屋は鋤焼き発祥の店
酉の市見て来て牛の荒井屋に  高澤良一  石鏡
バラ銭が笊に鳴り落つ酉の市  高澤良一  暮津


以上
by 575fudemakase | 2014-11-19 00:17 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23327090
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング