麦蒔

麦蒔

例句を挙げる。

うすければ一手蒔きもどり麦の種 西山泊雲 泊雲句集
けむり匂ふとしも麦蒔く人のをり 安斎櫻[カイ]子
どこも麦蒔松を遠見のむさし野は 及川貞 榧の實
なまぐさき裸の土へ麦蒔きゆく 小松礼子
ばら蒔の麦青みけり遠浅間 奥津良平
ゴッホ来るごとし麦蒔を待つ畑 関森勝夫
会釈したき新雪の富士麦を蒔く 粟飯原孝臣
出漁の留守を女ら麦を蒔く 入江月凉子
土に生く平穏の日々麦を蒔く 衣笠みち子
地上三尺霧とぶ笠や麦を蒔く 飯田蛇笏 山廬集
夕富士の刻刻変る麦を蒔く 池内友次郎
夕日から麦を蒔く顔はみだせり 脇本星浪
夕陽ひろびろ我が故里は麦蒔かれ 木村緑平
奈良阪や昔男の麦を蒔く 正岡子規
小男の拳大きく麦を蒔く 鈴木武郎
山暮るゝ麦を蒔く田に火を放ち 張田裕恵
山近く山の日つよし麦を蒔く 阿部みどり女 笹鳴
彼の岡に麦蒔き居るは誰が翁ぞ 尾崎紅葉
戸隠の麦蒔早し十三夜 西本一都 景色
折からチャイム はらら はららと 麦蒔く指 伊丹三樹彦 樹冠
日かげれば麦蒔消えぬ土色に 鈴木花蓑句集
日を吸ひて麦蒔き終へし野の無言 馬場移公子
村の名も法降寺なり麦を蒔く 高浜虚子
桝を手に麦蒔日和立ち出づる 長谷川素逝 村
残照の日矢光背に麦蒔くなり 林昌華
犬なぶる烏面白し麦を蒔く 西山泊雲 泊雲句集
石人を畏れ里人麦を蒔く 角 直指
祭終ればどの家も麦を蒔く 青柳志解樹
耶馬乙女少し粧ひ麦を蒔く 穴井 研石
背の子に夕日寒さや麦を蒔く 比叡 野村泊月
蒔く麦の粒をひからせ鈴鹿颪 榎本冬一郎
蒔つけし夜より鶴鳴岡の麦 松岡青蘿
虔ましき姿に人の麦を蒔く 高橋淡路女
遠山に雲ゆくばかり麦を蒔く 桂信子 黄 瀬
開墾のけむりが今日も麦を蒔く 十川日朗子
開発の荒地鎮めて麦を蒔く 武嶋一雄
阿蘇も暮れ麦蒔も野に暮れゆけり 水原秋櫻子
雨なればすこしの麦を蒔きにけり 田中裕明 花間一壺
靄はれて畝々くろし麦を蒔く 西山泊雲 泊雲句集
風呂の湯にあす蒔く麦を浸けて寝る 長谷川素逝 村
風強く麦が蒔けずと戻り来し 宮崎泰年
麦を蒔くこぶしの下のとはの土 長谷川素逝 暦日
麦を蒔くしづかに影のしたがひて 足達富喜女
麦を蒔くばかりの畝のならびをり 長谷川素逝 村
麦を蒔くひとりひとりに茜の田 廣瀬直人
麦を蒔くひとを遠くに北枕 高橋去舟
麦を蒔く人を遠くに磨崖佛 松田 八洲丸
麦を蒔く地上五尺に落暉燃ゆ 岡田 貞峰
麦を蒔く少年大き拳もつ 沢啓三
麦を蒔く影ぽつちりとひるとなり 長谷川素逝 村
麦を蒔く海辺の畑のこぬか雨 中拓夫
麦を蒔く父子に杜は日を支ふ 及川貞
麦蒔いて妻有る寺としられけり 一茶
麦蒔きしあと麦畑へひとり言 福永耕二
麦蒔きしこと湖鴨の見のがさず 藤崎久を
麦蒔きし翌日強き霜を見る 阿部みどり女 笹鳴
麦蒔き終れば眼前の山を靄様々 高濱年尾 年尾句集
麦蒔くと新墾いそぐ岬の見ゆ 佐野まもる 海郷
麦蒔くや仰ぎし天におのが影 市村究一郎
麦蒔くや十字架下げし島女 松藤夏山 夏山句集
麦蒔くや千鳥の跡を踏みもして 佐野まもる 海郷
麦蒔くや嶺の秋雪を審きとし 飯田龍太
麦蒔くや影もさながら蒔くしぐさ 森田桃村
麦蒔くや暮れむと霞む三輪の神 冨山青沂
麦蒔くや海流の縞に眼をやすめ 大野林火
麦蒔くや海辺の畑のこぬか雨 中拓夫 愛鷹
麦蒔けば来る能登の雲加賀の雲 古館曹人
麦蒔た顔つきもせず二百人 正岡子規
麦蒔に午後の日の射すあてもなし 石塚友二
麦蒔のねぎらひ鶏にはこぼれ籾 香西照雄 対話
麦蒔の一族ひかり異なれり 飯田龍太
麦蒔の大落日に影浮き出す 小坂順子
麦蒔の影法師長き夕日かな 蕪村
麦蒔の火縄に寒きけむり哉 九湖
麦蒔の牛も家族として憩ふ 金子伊昔紅
麦蒔の畝の曲りや鍬叱る 美柑みつはる
麦蒔もして子孝行爺と婆 小原菁々子
麦蒔も終へしと見えし畝の様 高濱年尾 年尾句集
麦蒔やかならず鵙の来ては鳴く 桜井土音
麦蒔やたばねあげたる桑の枝 子規句集 虚子・碧梧桐選
麦蒔や児二人遊ぶ蓑の上 西山泊雲 泊雲句集
麦蒔や出雲にたかき築地松 長谷川史郊
麦蒔や声で鴈追ふ片手業 炭 太祇 太祇句選
麦蒔や妹が湯をまつ頬かぶり 上島鬼貫
麦蒔や月を頼りにあとしまつ 斎藤俳小星
麦蒔や渦になりとぶむら小雀 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
麦蒔や西日に白き頬被り 村上鬼城
麦蒔や雉の飛び出し桑畑 藤井紫影
麦蒔女泣く児に畝を走り来ぬ 西山泊雲 泊雲句集
秋っこと土地人の云ふそのみどり  高澤良一  素抱
*秋つこは秋蒔小麦

以上
by 575fudemakase | 2014-11-19 00:18 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23327094
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング