石蕗の花

石蕗の花

例句を挙げる。

*ろうかんをくだく白波石蕗の崖 石原八束 『藍微塵』
あしびきの片山にして石蕗日和 堀恭子
ありたけのひかりあつめて石蕗黄なり 細木芒角星
いっこうに何も起らぬ石蕗の日々 高澤良一 宿好 
いつしかに石蕗の花さく冬ごもり 八十島稔 秋天
いまはにもあはねど悔いず石蕗の花 瀧春一 菜園
うす月の見えてありしが石蕗の雨 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
くらし切りつめねばならず石蕗の花 成瀬桜桃子 風色
けふの晴れ狭庭はすでに石蕗のもの 及川貞 榧の實
こころにも北側ありて崖の石蕗 堀井春一郎
ことしもここに石蕗の花も私も 山頭火
こぼれ炭石蕗さく土に濡れにけり 石原舟月 山鵲
さびしさの眼の行く方や石蕗の花 蓼太
そこまでと云ひて出で来ぬ石蕗日和 高澤良一 さざなみやっこ 
ぞろぞろと来て皆老いぬ石蕗の花 金箱戈止夫
ちせいへの 口伝を増やす 石蕗の花 伊丹三樹彦 花恋句集二部作 花仙人
ちま~とした海もちぬ石蕗の花 一茶 ■文化十一年甲戊(五十二歳)
つはぶきにこころ和んで潮見亭 高澤良一 素抱 
つはぶきのまがねたゝかむ初時雨 安東次男 昨
つはぶきの上鳶のこゑ裏返る 高澤良一 素抱 
つはぶきの花にあいさつ過ぎてゆく 松澤昭 面白
つはぶきの花の日々新たなり 高野素十
つはぶきの花は日ざしをかうむりて至福のごとき黄の時間あり 小中英之
つはぶきの花へうしろの浪の音 鈴木蚊都夫
つはぶきの黄の残りたる夕景色 吉屋信子
つはぶきはだんまりの花嫌ひな花 三橋鷹女(1899-1972)
つはぶきや二階の窓に鉄格子 森 慎一
ところ得し石の静けさ石蕗の花 中川いさを
ともに老い一師一生石蕗の花 近藤一鴻
どこへでも行ける明るさ石蕗の花 鎌倉佐弓 潤
どーんと波音日向に覚めて石蕗の花 有働亨 汐路
のり越えし巌の向うも石蕗の花 須並一衛
ひとしほに湖水のみどり石蕗の花 中田剛 珠樹
ひとつづつ机を拭いて石蕗の花 岸本尚毅 鶏頭
ふりむけば石蕗献体はごめんです 栗林千津
ふるさとと同じ石蕗咲き天草よ 鈴木真砂女 夕螢
ふッつりと切つたる縁や石蕗の花 久保田万太郎 草の丈
ぽつねんと父後ろ手に石蕗の花 やきたしげみ
ぽつねんと石蕗の一日過ぎつつあり 高澤良一 随笑 
みまはして石蕗の黄のさてにぎやかや 久保田万太郎 流寓抄
よき庭も荒れたる庭も石蕗の花 上崎暮潮
わが庭のどこ歩きても石蕗と虻 星野立子
わが生に結び目いくつ石蕗の道 小泉八重子
をしみなく照らせる月や石蕗の花 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
一とわたり石蕗の虻にも目を移し 後藤夜半 底紅
一人来て一人去る島石蕗明り 中嶋秀子
一団の黒の礼服石蕗日和 高澤良一 素抱 
一山の石蕗が忌日を濃きものに 今村青魚
一島に一戸一井万の石蕗 青木重行
一粒の露きらめきて石蕗に朝 中村汀女
一隅を一切とせり石蕗の花 和田悟郎
下苅の藪きれいなり石蕗の花 養浩 芭蕉庵小文庫
不機嫌な一人は部屋に石蕗の花 寺井谷子
二階にて謡ひの稽古石蕗日和 高澤良一 随笑 
井戸掘の土に圧されて石蕗の花 四明句集 中川四明
人住むを大地といへり石蕗の花 神尾久美子
今すがれゆくもの惜み石蕗の花 稲畑汀子
今日よりは十一月の石蕗の花 高木晴子
仏壇の鉦の色もて石蕗が咲く 高澤良一 宿好 
仏心のそこらに咲いて石蕗の花 森澄雄
付添って二人の影絵石蕗の花 近藤三知子
假越のまゝ住みつきぬ石蕗の花 久保田万太郎 草の丈
僧坊の糺せし下駄や石蕗の花 国井遭子
元日の石蕗にすさべり伊豆の海 臼田亞浪 定本亜浪句集
八尾乙女のあぎと美し石蕗あかり 島津城子
冬ちかく石蕗の蕾のかたいこと 原石鼎 花影以後
冬晴の青潮もよし石蕗もよし 中村三山
凍てつぎて四温たまたま石蕗の濡れ 飯田蛇笏 雪峡
南国の石蕗の黄いろのあたゝかく 高橋淡路女 梶の葉
参道の両側に石蕗呼応して 高澤良一 ぱらりとせ 
友葬り来て心老ゆ石蕗の花 川村紫陽
取りかへる支柱や石蕗の花 西山泊雲 泊雲句集
口中に茶渋の残る石蕗日和 高澤良一 素抱 
古九谷の唐子もあそべ石蕗日和 村上 光子
古庭や百舌啼き去つて石蕗の花 会津八一
古障子色の日差しが花石蕗に 高澤良一 ぱらりとせ 
同じ色の蝶来て石蕗の花に高く 高濱年尾 年尾句集
咲き出せる石蕗に阿弥陀の顔ゆるめ 高澤良一 宿好 
咲べくもおもはであるを石蕗花 蕪村 冬之部 ■ 浪花遊行寺にてばせを忌をいとなみける二柳庵に
唾吐いてかすかに石蕗の月に閉づ 飯田蛇笏 山廬集
喜寿以後をあたたかく石蕗黄に咲けり 長谷川かな女 花寂び
喪の服も華やかなりし石蕗の黄に 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
地軸より咲きし色なり石蕗の花 原石鼎 花影以後
垣に石蕗裕かに栖める灯を見せて 河野南畦 湖の森
塀の上に嫁ケ島あり石蕗の花 西本一都 景色
塗椀をひとつづつ出し石蕗の花 岡本高明
壮年の大仏にして石蕗の黄よ 中村明子
声出して己はげます石蕗の花 横山房子
夕闇に石蕗の明りのまだ昏れず 星野椿
大事がる布目瓦や石蕗の花 井月の句集 井上井月
大部分宇宙暗黒石蕗の花 矢島渚男
太平洋沿岸は雨石蕗の花 和田耕三郎
太陽と虻を引き寄せ石蕗の花 本岡歌子
妙喜庵つくばひよりも石蕗低く 有森 一雄
子ら縊死を小声に話す石蕗は黄に 赤尾兜子
安穏に馴らされゆく身石蕗の花 高澤良一 素抱 
家に居ることにおちつく石蕗の花 高澤良一 ももすずめ 
寺の庭どこまでが庭石蕗の花 稲畑汀子 汀子句集
尼寺の蝶花石蕗の光輪に 野澤節子 花 季
尼法師に石蕗の花さく小春かな 村上鬼城
山国や誕生石の石蕗咲けり 安西 篤
山門の茅葺厚し石蕗の花 森本五郎
屹として瑞鹿山の石蕗咲けり 高澤良一 さざなみやっこ 
崖の石蕗濤の阿修羅に海へ散る 河野南畦 湖の森
崖石蕗も絶えて天嶮つづくなり 皆吉爽雨 泉声
巌襖沖の鳴る日を石蕗荒れて 河野南畦 湖の森
床下を風吹きぬくや石蕗の花 癖三酔句集 岡本癖三酔
庭に出て点呼取りたき石蕗の花 高澤良一 さざなみやっこ 
引かへて白い毛になる石蕗の花 上島鬼貫
引つ越して来て雨ばかり石蕗の花 久保田万太郎 流寓抄以後
彼の日より寿福寺親し石蕗の花 稲畑廣太郎
後水尾天皇を恋へば石蕗咲けり 丸山哲郎
御車寄せ石蕗咲く径を愛でながら 高澤良一 素抱 
忙中の閑に日当る石蕗の花 鈴木鷹夫
思ひきや潮路展けて崖の石蕗 石塚友二 方寸虚実
思ひ出が辿り着きたる石蕗の花 山内山彦
採る石蕗の柔毛のくもり指につく 篠原梵 雨
改めて石蕗を黄なりと思ふ日よ 後藤比奈夫 花匂ひ
教会の朱欒ちかづく石蕗の花 和知喜八 同齢
数寄屋にもよくうつる椅子石蕗の庭 及川貞 榧の實
敲くとはときに描くこと石蕗の花 中田剛 珠樹
文盲の父に手紙や石蕗の花 皆川白陀
日々同じ花を掲げて庭の石蕗 高澤良一 宿好 
日の暈の中に咲きゐし石蕗の花 増田 雅久
日もすがら碧空を恋ひ石蕗の花 飯田龍太 遅速
日当らぬ家悲しけれ石蕗の花 高橋淡路女 梶の葉
明るさのしばらく胸に石蕗の花 深見けん二
春浅き岬石蕗の葉密生す 川島彷徨子 榛の木
春秋をぬしなき家や石蕗花 高井几董
昼されば磯風石蕗にあたゝまる 佐野まもる 海郷
時化てくる暗がり石蕗の花に熱 鳥居おさむ
晩年のかなしき人や石蕗の花 成瀬正とし 星月夜
朝より沙(いさご)の音す石蕗の花 山西雅子
木洩日のあれば必ず石蕗の花 大久保橙青
机辺より帰るを見れば石蕗の蠅 篠田悌二郎 風雪前
束の間の朝日はなれし石蕗の花 坊城としあつ
栄光もて終らざる死や石蕗は実に 橋本榮治 麦生
横着に石蕗まぜてある菊の桶 安東次男 昨
歳月や母の庭なる石蕗黄なり 小林康治 四季貧窮
死は永久や老は暫く石蕗の花(伊能忠敬庭にて) 殿村菟絲子 『菟絲』
死後今日も豆腐屋が来る石蕗が咲く 後藤綾子
残る石蕗坂なすものに夜の早さ 金山杉志郎
母の亡き今日暁けて石蕗梅もどき 石田波郷
母の目の裡にわが居り石蕗の花 石田波郷
母亡くて父に咲きけり石蕗の花 八木林之介 青霞集
母我をわれ子を思ふ石蕗の花 中村汀女
水浴びに下りし鴉や石蕗の花 雑草 長谷川零餘子
汐げむり上れば濡るゝ石蕗の花 山尾白兎
江の奥にふかき江澄めり石蕗の花 水原秋桜子(1892-1981)
沖荒れてひかり失ふ石蕗の花 柴田白葉女
波郷の死以後の石蕗照る石鼎忌 原裕 葦牙
波郷忌が近づき石蕗は黄を競ふ 皆川盤水
波郷忌のさきがけの石蕗咲きにけり 冨田みのる
波郷死す月光石蕗にとどこほり 伊東宏晃
流連の視力暗しや石蕗・椿 堀井春一郎
海かくて空と一碧石蕗日和 佐野まもる 海郷
海へ石蕗の花からかげつてきた 栗林一石路
海見んと漁夫にしたがふ石蕗の径 桂 樟蹊子
海鳴の村に嫁くる石蕗日和 高橋好温
海鳴りも遺品のひとつ石蕗の花 三森鉄治
混血も神の意のまま石蕗の花 堀口星眠 青葉木菟
添水にも黄を散らしけり石蕗の花 今泉貞鳳
渡海僧舟出の潟や石蕗の花 永井敬子
湖の日はぬくゝ籬より石蕗のぞき 岸風三楼 往来
滝落つるところに石蕗の黄ありけり 久保田万太郎 流寓抄
潮ひびくなり浜石蕗のいよよ黄に 臼田亜浪 旅人
澄む日和待てば石蕗はや咲きにけり 及川貞 夕焼
濃き日には濃き日陰あり石蕗の花 大岩樹代子
濡縁に立てば日のあり石蕗の花 上村占魚 鮎
煙管たたくは貧たたくらし石蕗を見る 原コウ子
燈台に雲の流離や石蕗咲けば 古舘曹人 能登の蛙
片附かぬ家に鍵かけ石蕗の花 澁谷道
生き死ににながるゝ月日石蕗咲けり 河野静雲
病まぬ生より病める生ながし石蕗の花 石田波郷
石といふ石に石蕗咲き長命寺 古舘曹人 樹下石上
石の島石死んで石蕗花盛り 津田清子 二人称
石の島花石蕗の黄を飛びとびに 冨田みのる
石よりも静なりけり石蕗の花 鈴木花蓑句集
石を切り石売る石蕗は島の花 津田清子 二人称
石垣に石蕗咲いてゐる島畑 松藤夏山 夏山句集
石庭の石の間なる石蕗の花 酒井 京
石蕗あまり照るにぞ心なぐさまぬ 佐野まもる 海郷
石蕗うまし大隅に骨埋むべきか 藤後左右
石蕗が呼ぶ虻も鎌倉日和かな 石塚友二
石蕗さいていそぐとみえぬ帆のいそぎ 澁谷道
石蕗さくや猫の寐こける草の宿 村上鬼城
石蕗どこも咲きし三国と記憶せむ 早崎 明
石蕗にねむるミカエル弥吉ガラシヤまり 水原秋櫻子
石蕗に日の当るを待ちて虻来る 西井猶存
石蕗に虻とまりて影のなかりけり 星野立子
石蕗に虻来る日よ四辺澄みわたり 星野立子
石蕗の崖負うてや港町書店 高田風人子
石蕗の日の消えがちに辛き咽喉仏 臼田亜浪 旅人
石蕗の磯にあまた降りつぐ鴎ども 佐野まもる 海郷
石蕗の花あしたはきっと透き通る 大竹広樹
石蕗の花ここに帰りて靴鳴らす 加藤楸邨
石蕗の花こゝ句をよみし庵なるに 長谷川かな女 雨 月
石蕗の花つき出してをる日向かな 清崎敏郎
石蕗の花に笑ひくづれて立ち去らず 雑草 長谷川零餘子
石蕗の花はらからうとくなりにけり 西川秋蘿
石蕗の花まだ眼の濡れし魚提げて 櫛原希伊子
石蕗の花われよりも子の影ながき 出口善子
石蕗の花一日一枚書く佳信 石川文子
石蕗の花世間話をせるごとく 高澤良一 燕音 
石蕗の花二三片づつ欠けにけり 佐藤漾人
石蕗の花入日の窓を開けておく 飯島晴子
石蕗の花八衢に月さしにけり 岡井省二
石蕗の花十三弁はまことかや 山口青邨
石蕗の花反古いづれも捨てられず 大口公恵
石蕗の花夢の中でも夢をみて 長谷川草々
石蕗の花婆来て日向つくりけり 長谷川双魚 風形
石蕗の花安房は流人の国ならず 鈴木真砂女
石蕗の花島の電話のよく聞え 細川加賀
石蕗の花往昔男に死処ありき 直井烏生
石蕗の花心の崖に日々ひらく 横山白虹
石蕗の花憐れ御仏首おとし 永井喜久司
石蕗の花戸主の名前を筆太に 石川文子
石蕗の花日よりも月に寧らげり 鳥居美智子
石蕗の花極まるときの濤みどり 中拓夫 愛鷹
石蕗の花死ねざる無援の日雇者 岩田昌寿 地の塩
石蕗の花炊煙いつもぬかるみへ 沢木欣一
石蕗の花照り昃りして刻移る 五十嵐播水
石蕗の花目を腫らすほど泣きしとよ 久保田万太郎 流寓抄
石蕗の花突き出してをる日向かな 清崎敏郎
石蕗の花経たる旅寝や涜れなし 清水基吉 寒蕭々
石蕗の花胎蔵界の蝶飛び来 野澤節子 『駿河蘭』
石蕗の花膝を掴みて跼みけり 岡本眸
石蕗の花虻をはぢきてゐたりけり 大橋敦子
石蕗の花言葉短くあたたかく 林徹
石蕗の花誰も来ぬ日と決めてゐし 高澤良一 ねずみのこまくら 
石蕗の花譜代の家を誇りとし 桑原和子
石蕗の花赫と日矢さす九十九里 水野 柿葉
石蕗の茎起きあがり水ぬるむ 室生犀星 魚眠洞發句集
石蕗の葉に雪片を見る霙かな 高浜虚子
石蕗の葉のぬれかがやける雨月かな 五十嵐播水 埠頭
石蕗の葉の霜に尿する小僧かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
石蕗の葉の青々と敷松葉かな 古川芋蔓
石蕗の葉をうちも破らぬ霰哉 熊三
石蕗の葉を出る出ぬ茎や秋晴るゝ 雑草 長谷川零餘子
石蕗の蕾はシュプレヒコールする拳 上原富子
石蕗の虻つとたちふつと昃りぬ 成瀬正とし 星月夜
石蕗の陽が移れば移り冬の蝿 里半
石蕗の黄に十一月はしづかな月 後藤比奈夫 初心
石蕗の黄のいまも櫓へ隠道 古館曹人
石蕗の黄のかく褪せ落葉かくつもり 久保田万太郎 流寓抄
石蕗の黄のほつと枯色起美女亡し 松村蒼石 雁
石蕗の黄の内助の母に詣でけり 古舘曹人 砂の音
石蕗の黄の夕日の紐を垂れにけり 古舘曹人 砂の音
石蕗の黄は必死なる色東尋坊 松山足羽
石蕗の黄は日の晴曇も奪ふなし 昼間槐秋
石蕗の黄をひた輝かす漁家ばかり 佐野まもる 海郷
石蕗の黄をわぎ家に石蕗の黄を磯に 佐野まもる 海郷
石蕗むらに眼またゆき夏の始 岡井省二
石蕗よりも遅く咲く菊のありにけり 尾崎迷堂 孤輪
石蕗・椿あやふきものに崖と父 齋藤愼爾
石蕗一把死のひとつかみ誰に遣らむ 河原枇杷男 定本烏宙論
石蕗一茎二茎三茎未だ莟 高澤良一 随笑 
石蕗卑し湯屋の煙の一すぢに 沢木欣一
石蕗咲いていよいよ海の紺たしか 鈴木真砂女
石蕗咲いてけぶるばかりの日和かな 轡田進
石蕗咲いて古径山をめぐるなり 長谷川双魚 風形
石蕗咲いて夢の川原の淋しきこと 吉本和子
石蕗咲いて密航の島人住まず 高橋悦男
石蕗咲いて揉めごとはどの家にもあり 安住敦
石蕗咲いて日々波郷忌のごとくなり 高野寒甫
石蕗咲いて松山へ豚売りに行く 坪内稔典
石蕗咲いて水のにほひの水屋敷 石塚友二
石蕗咲いて照り降り余る日の幾日 石塚友二 光塵
石蕗咲いて熊野古道明るくす 上田朴月
石蕗咲いて生家の間取おもひ出す 能村研三 鷹の木
石蕗咲いて風波すなり伊豆の海 高橋淡路女 淡路女百句
石蕗咲きて鵜戸はひねもす怒濤音 大橋敦子 匂 玉
石蕗咲きぬ閑かなる日のかくて来よ 林原耒井 蜩
石蕗咲くは不思議ならねど母は亡し 八牧美喜子
石蕗咲くやこの蔵建てゝ小百年 大谷句佛 我は我
石蕗咲くやこゝを閻浮の冬の寺 尾崎迷堂 孤輪
石蕗咲くやさしてをらざる月明り 八木林之介 青霞集
石蕗咲くやわが散骨の海がある 中拓夫
石蕗咲くや僧侶の妻も手内職 瀧 春一
石蕗咲くや心魅かるる人とゐて 清崎敏郎
石蕗咲くや春夏秋冬花不断 野村喜舟 小石川
石蕗咲くや死よりも老のうとましき 鈴木貞雄
石蕗咲くや汚れず古りし廻り縁 西山泊雲 泊雲句集
石蕗咲くや火音ひそめる登り窯 佐藤一九八
石蕗咲くや疲れが爪の色に出て 中村秋晴
石蕗咲くや羽音のまろき虫とべる 中拓夫
石蕗咲くや葉をしりぞけて茎太に 西山泊雲 泊雲句集
石蕗咲くや葬りすませし気の弱り 金尾梅の門
石蕗咲くや裏口に入る母のみち 小檜山繁子
石蕗咲くや霜髪ともにめぐり合ひ 堀口星眠 営巣期
石蕗咲くや青潮こゝに寄せてたぎち 塚原 夜潮
石蕗咲くや鼬横ぎる岡の道 鈴木無心
石蕗咲けど移り住む家にひかりなき 瀧春一 菜園
石蕗咲けば庭石千々にはなれけり 古館曹人
石蕗咲けりけさしぐれたる痕きえず 久保田万太郎 流寓抄
石蕗多き大隅の山汽車尾振り 藤後左右
石蕗日和ところでこれから何處へ行こ 高澤良一 随笑 
石蕗枯るゝ真直ぐの花茎あげしまゝ 大橋敦子
石蕗浄土金ンのくしゃみをしたりけり 高澤良一 鳩信 
石蕗綻ぶその数好日とや云はん 高澤良一 素抱 
石蕗花に造り酒屋の落目かな 野村喜舟
石蕗花を了ふより落葉日々しげく 岸風三楼 往来
石蕗蕾む虻の翅音にあやされて 高澤良一 宿好 
石蕗越しの雲の黄昏沖にあり 木村蕪城 寒泉
石蕗黄なり声あげて吾を生みし母 本宮哲郎
石蕗黄なり心に彫むことのあり 後藤夜半 底紅
石蕗黄なり碁は白黒で人遊ぶ 池内友次郎
石蕗黄なり老を励ましくるるなり 後藤夜半 底紅
竹椽や日脚傾く石蕗の花 会津八一
筆塚へ茎かたむけて石蕗の花 荒井正隆
篁に石蕗吹き曲げて城の内 古舘曹人 砂の音
紀伊闌けし砂岩くづるゝ花石蕗に 長谷川かな女 雨 月
結ぶ指開くが如く石蕗咲けり 高澤良一 鳩信 
絶壁に浪かけあがり石蕗にゆかず 福田蓼汀 山火
老いし今好きな花なり石蕗の咲く 沢木てい
老いて知る菓子の楽しみ石蕗の花 遠藤梧逸
肺は小さくなりぬと石蕗の花へいう 中北綾子
自転車に空気を入るる石蕗日和 高澤良一 ねずみのこまくら 
舌噛んで死ぬか死ねるか石蕗の花 大木孝子
船笛の大きく近く石蕗の花 長島衣伊子
花なくば石蕗も下草雪残る 下田稔
花石蕗にさしてうす日やかげりがち 長谷川素逝 暦日
花石蕗に十一月の始りぬ 高木晴子 晴居
花石蕗に見入る眼惜め戸たつる婢 比叡 野村泊月
花石蕗のさかりは島に渡りても 藤崎久を
花石蕗のなだれ打つ如入日かな 『定本石橋秀野句文集』
花石蕗の波大亀の骸打つ 谷川火鳥
花石蕗の頃の平戸が平戸らし 堤剣城
花石蕗も句碑もはにかむ湖あかり 西本一都 景色
花石蕗やますらをぶりに路通の書 関森勝夫
花石蕗や作務の芸術砂の紋 河野静雲
花石蕗や心の張りを支へ咲く 西岡正保
花石蕗や果なる沖の薄明り 板谷芳浄
花石蕗や片寄り鳴れる水無瀬川 米沢吾亦紅 童顔
花石蕗や黒つややかに焼仏 吉野義子
茎立てて波郷忌ちかき石蕗の花 渡辺 立男
茎高くほうけし石蕗にたもとほり 杉田久女
落つ雨にすぐ掃きやめぬ石蕗の花 中村汀女
薄の穂石蕗の黄と冬隣り合ふ 石原舟月
薫に貞意かげあり石蕗暮るる 飯田蛇笏 山廬集
虻よんで倦むこと知らず石蕗の花 山口誓子
虻去るとはつかに石蕗の独り言 高澤良一 宿好 
虻石蕗に来る赤とんぼ松に来る 星野立子
蜜蜂に冴え隔てたり石蕗の花 石塚友二 光塵
蝶の黄を淡しと思ふ石蕗の花 五十嵐播水
蝶一つ石蕗の化身となりて舞ふ 伊予田 六洋
行年五十歳漱石は石蕗の黄に 飯田龍太
行末の手がかりはなし石蕗の花 小島千架子
褒貶は成り行き任せ石蕗の花 高澤良一 素抱 
訣れむと一茎の石蕗をあたへける 小林康治 四季貧窮
貧にして住持去るなり石蕗の花 夏目漱石 明治二十九年
賞めことば素直に受けて石蕗の花 石川文子
身体健康心健康石蕗に虻 星野立子
送金を了へたる安堵石蕗の前 高澤良一 素抱 
遍照に金剛に咲き石蕗黄なり 野見山ひふみ
道ばたに渦の来てをり石蕗の花 西本一都
遠浪の微光に崖の石蕗の花 柴田白葉女 雨 月
郷土史に明るき人と石蕗をみる 高澤良一 鳩信 
針山も石蕗の日向や旧城下 大峯あきら 鳥道
釣り人の片手あそばせ石蕗日和 金子佳子
門を出て一本道や石蕗昏るゝ 波多野爽波
門前の石蕗に声掛く十二月 原裕 青垣
門前の花石蕗明り朝の海 館岡沙緻
雨だれのときどき太し石蕗の花 五十嵐播水 埠頭
雨に照り日に濡れ石蕗の花崇し 原石鼎 花影以後
雪舟の庭の荒れやう石蕗の花 野村喜舟
青邨忌近づく石蕗の花あかり 古舘みつ子
静かなるものに午後の黄石蕗の花 後藤比奈夫 祇園守
静かなる月日の庭や石蕗の花 高濱虚子
韻あり庭の一ところ石蕗の花咲く 中塚一碧樓
飜然とさとらまほしや石蕗の花 久保田万太郎 流寓抄
馬嗤ぐすぐさきにあり石蕗の花 中田剛 珠樹
鰤網を敷く海くらし石蕗の花 秋櫻子 (越中、灘浦)
鳥屋径は島崖を縫ひ石蕗の花 小原菁々子
鶏の上の夕風石蕗の花 長谷川双魚 『ひとつとや』
鶏の遠出好きなる石蕗の花 日原傳
黄八丈色に石蕗咲き妻が着て 草間時彦
黒濡の波のかゝれる石蕗の花 瀧澤伊代次
雲脂光り衣をまろび落つ石蕗日和   高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-11-19 00:19 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23327101
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング