時雨2

時雨2

例句を挙げる。

時雨来て迷ふこころの雨宿り 佐野十三男
時雨来ぬわが松林は濡れずして 山口波津女 良人
時雨来ぬ間を大井川渡りきる 萩原麦草 麦嵐
時雨来む風に稲屑火どんと燃ゆ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
時雨来やわらびかたむく岨の石 飯田蛇笏 山廬集
時雨来る古墳の里は母の里 奥仲季草
時雨来る榎が本の小家かな 井月の句集 井上井月
時雨来る空や八百屋の御取越 ぶん村 十 月 月別句集「韻塞」
時雨来る習ひ太鼓を打つ子らに 新井太四郎
時雨来る阿修羅の眉目くもらせて 橋本榮治 麦生
時雨照りはゝきの草の紅ふかき 金尾梅の門 古志の歌
時雨空よりも暗かり佐渡の海 堤靭彦
時雨空光りくる朝の松葉踏む 金尾梅の門 古志の歌
時雨空木の間ゆく身を思ひ見じ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
時雨聞き凩を聞き磨崖仏 大橋敦子 手 鞠
時雨聴く四角な布を仮だたみ 沼尻巳津子
時雨華やぐ釈尊の肋骨 加古宗也
時雨虹かけし浅間嶺夕映える 安藤衛門
時雨虹かたみに懸り檜原越ゆ 下村槐太 天涯
時雨虹とは晴れてゆく空のあり 稲畑汀子 ホトトギス汀子句帖
時雨虹消えて消えざるものを抱く 稲岡長
時雨虹消えて舟音残りけり 稲畑汀子 ホトトギス汀子句帖
時雨虹湖に残して比叡晴るゝ 石井とし夫
時雨虹色うらがへるとき二重 稲畑汀子 ホトトギス汀子句帖
時雨見て時雨宿りの二月堂 皿井旭川
時雨過て又浮漂見ゆ星明り 石島雉子郎
時雨降り黒木になるは何々ぞ 椎本才麿
時雨降る美し国なり踏みて行く 小林康治 四季貧窮
時雨雲しぐれず過ぎし山の径 塙告冬
時雨雲しづかに山を離れけり 日野草城
時雨雲ちぎれ北澄み夕日さす 岡田日郎
時雨雲ひろがつてゆく杉磨 西村博子
時雨雲佐渡の山根は波に這ふ 原田種茅 径
時雨雲冷えしたたかに落しゆく 山田みづえ
時雨雲刻追うて刻はるかかな 大村昌徳
時雨雲割れて日矢差す浮御堂 斎藤朗笛
時雨雲支へきれざる時こぼす 稲畑汀子
時雨鳥いざなひ連れて日の方へ 西山泊雲 泊雲句集
時雨鳥しばし垣穂に沿へりけり 臼田亞浪 定本亜浪句集
時雨鳩わが肩に来て頬に触れ 川端茅舎
時雨鵜よ握れば温きひとの手よ 奈良文夫
晝鳶の大路を走る時雨かな 内田百間
晴れそうな日和を奪ふ時雨哉 山梔子第一句集 岩谷山梔子
晴れ行くや波に離るる横時雨 風虎
智照尼の庵は近し時雨冷 阿部みどり女
暮て行時雨霜月師走哉 井原西鶴
暮れてつく荷物列車に時雨れけり 内田百間
最明寺時頼よりの時雨ふる 萩原麦草 麦嵐
月のあたり雲繚乱と時雨かな 西山泊雲 泊雲句集
月夜しぐれ銀婚の銀降るように 佐藤鬼房
月時雨なりし余呉湖の昨夜のこと 千原叡子
有明に成りてたびたび時雨かな 許六 俳諧撰集「藤の実」
朝の間の少し時雨れしことを僧 星野立子
朝市とはやさしきものよ能登時雨 安東次男 裏山
朝時雨鶲を庭にのこし去る 加藤楸邨
朝網や蟹もまじりて魚しぐれ 海岸 中勘助
木がくれに五位鷺の啼く時雨かな 大場白水郎 散木集
木の下の墓は濡らさず時雨去る 大串章
木の間ふりいでし時雨のみゆるかな 久保田万太郎 草の丈
木曾川の時雨が濡らす武者走り 町田しげき
木菟のたわいなく寝る時雨哉 一茶
杉たつる門に蚊の鳴しぐれ哉 高井几董
杉木立寺を蔵して時雨けり 夏目漱石 大正元年
杉箸にとほる柾目や夕しぐれ 橋本榮治 逆旅
村時雨めいわく川や数しら 水田正秀
束ハ中より時雨に濡れぬ薪を抜く 篠原梵 雨
松にならへ八百屋が軒のやよ時雨 調泉 選集「板東太郎」
松に菊蕎麦屋の庭の時雨かな 渡辺水巴 白日
松山や時雨の脚のはこびやう エド-利合 十 月 月別句集「韻塞」
松手入しかけてありて庭しぐれ 富安風生
松風のこゑ地におちて荒しぐれ 石原八束 空の渚
板壁や馬の寝かぬる小夜しぐれ 中村史邦
枯れながら菊咲きつゞく時雨かな 白水郎句集 大場白水郎
枯れ蓮も眺められたり時雨の日 井上井月
枯木から絞り出したる時雨哉 斗文
枯草の穂を揃へたる時雨かな 萩原麦草 麦嵐
枯葎嵩の減りゆく時雨かな 西山泊雲 泊雲句集
枯蓮や水にきらめく時雨星 西山泊雲 泊雲句集
染付の鷺の薄るゝ夕時雨 相生垣瓜人 微茫集
柚落ちて明るき土や夕時雨 芥川龍之介 似無愁抄
柩のほかは時雨くらがりして来たる 山田みづえ 木語
柳川は芽柳に又時雨来る 高濱年尾 年尾句集
柴はぬれて牛はさながら時雨哉 榎本其角
柿ちぎる顔をすぎゆく時雨かな 金尾梅の門 古志の歌
栂の尾の橋の時雨をなつかしみ 比叡 野村泊月
栂尾や時雨れて急ぐ若狭人 大谷句佛 我は我
梅咲り松は時雨に茶を立ル比 杉風
梅擬つらつら晴るゝ時雨かな 川端茅舎
梅明き空に時雨るゝ星見たり 林原耒井 蜩
棕櫚剥ぐやまた流れきて時雨雲 中谷朔風
楠の根を静かにぬらす時雨かな 蕪村
楢山時雨藪鳥なほも静まらで 臼田亞浪 定本亜浪句集
業の鳥罠を巡るや村時雨 小林一茶
楯つきて侍つやむかふも時雨雲 水田正秀
楽焼の火にあたたまる時雨かな 五十嵐播水 播水句集
榊葉の時雨るゝところ女住む 長谷川かな女 雨 月
榎時雨して淺間の煙余所に立つ 蕪村遺稿 冬
槇の葉の日ざし追ひゆく時雨かな 金尾梅の門 古志の歌
横しぐれ芒は馬をきらひけり 高橋龍
横川かのあたり時雨の糸ごしに 成瀬正とし 星月夜
横町の時雨出て来る屑屋かな 古白遺稿 藤野古白
橋立をたてに雲ゆく時雨かな 西山泊雲 泊雲句集
機くるひ縞に出て軒時雨れけり 内田百間
檜葉垣や時雨るる石の荒御魂 古舘曹人 樹下石上
欅山ながら時雨の庭ながら 京極杞陽 くくたち下巻
此の猿はやしろ久しき時雨かな 斯波園女
此頃はどこの時雨に泣いて居る 正岡子規
母葬る土美しや時雨降る 橋本多佳子
比叡までものぼれ時雨のはしり舟 李由 俳諧撰集「有磯海」
水の上風追うてゐる時雨かな 吉武月二郎句集
水面に時雨し跡のなまなまし 右城暮石 上下
水鳥のかたまりかぬる時雨かな 良長 古句を観る(柴田宵曲)
水鶏去而入野北方時雨鳧 日夏耿之介 婆羅門誹諧
池の鴨森の鴉や夕時雨 寺田寅彦
池隈の鴛鴦の彩濃に時雨かな 松根東洋城
沈みゆく夜の底へ底へ時雨落つ 山頭火
沖夕焼けて鴎鳴き合ふ時雨かな 金尾梅の門 古志の歌
沖晴れて時雨るる此処が三国町 深見けん二
沖波は時雨れて暗し屋根の上 有働亨 汐路
沼波の光りを消さず時雨来し 石井とし夫
法堂の一角灯るしぐれ哉 中川宋淵 詩龕
泥地獄時雨を得つつ沸沸と 中村汀女
流れたる雲や時雨るる長等山 カガ-北枝 十 月 月別句集「韻塞」
流人船実に時雨て見送りぬ 加舎白雄
浄林の釜にむかしを時雨けり 子規句集 虚子・碧梧桐選
浅草の時雨打つなりどぜう汁 松山足羽
浜芦屋晴れ山芦屋時雨つゝ 北垣宵一
浪人となりてひもじき時雨かな 小酒井不木 不木句集
海に去る時雨や追へぬものばかり 西川 織子
海に沖あり霧時雨して見えざれど 高柳重信
海は照り松は時雨の枝張りて 岩田昌寿 地の塩
海光をはるかに置きて時雨れけり 須藤常央
海蒼くしぐれ敗戦兵還る 石原舟月
消炭のつやをふくめる時雨かな 室生犀星 魚眠洞發句集
深曇りして時雨よぶ鳰の海 柴田白葉女 『冬泉』
清水寺のこゝに時雨るゝ火鉢かな 月舟俳句集 原月舟
温泉煙のまた濃くなりし時雨かな 土屋仙之
湖の色かはり~て時雨雲 高濱年尾 年尾句集
湖の隈藍少しある時雨かな 内藤吐天
湖頭の碑欠けて無き字に時雨かな 比叡 野村泊月
湯のたぎる薬鑵は貧し時雨けり 阿部みどり女
湯ぶねより一とくべたのむ時雨かな 川端茅舎(1897-1941)
湯手拭被せて古提灯も時雨れけり 林原耒井 蜩
溝こえて小笹に辷るしぐれ鶏 松村蒼石 寒鶯抄
漂行の鳥影は祖父片しぐれ 佐藤鬼房 朝の日
漉切(すきぎれ)や鼻の穴もれ行く時雨 調巴 選集「板東太郎」
漕ぎ急ぐ舟とも見えず時雨れつゝ 石井とし夫
潮騒や木の葉時雨るる夜の路 臼田亞浪 定本亜浪句集
澤渡りの石ぬれそめし時雨かな 久保田万太郎 草の丈
濡れてゐる朴に月あり小夜時雨 松本たかし
瀬の音のいつか時雨るゝ音なりし 稲畑汀子 汀子句集
火の上に読む文濡れし時雨哉 尾崎紅葉
灯をかへす時雨のありし庭の石 川島彷徨子 榛の木
炉話の寝込み勝ちなり一ト時雨 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
煙草消す男に帰心小夜時雨 谷口桂子
熊笹のさゝべり白し時雨ふる 川端茅舎
燠かきのかくもへりゐて時雨宿 銀漢 吉岡禅寺洞
燭寸かつ振り子の詩なり片しぐれ 加藤郁乎
父の廟子の廟並ぶ時雨かな 比叡 野村泊月
片しぐれ人参島より来たりけり 山尾 玉藻
片しぐれ北山杉の空せまき 高橋君枝
片脚は琵琶の湖中に時雨虹 田畑美穂女
牛つんで渡る小船や夕しぐれ 正岡子規
牛馬のくささもなくて時雨かな 浪化 俳諧撰集「有磯海」
犀川を渡り地震くる時雨来る 西本一都 景色
狐火の次第に消ぇて小夜時雨 井上井月
猿酒をおもへば深山時雨けり 大串章
玄海の沖暗みつゝ時雨来し 高濱年尾
玄関にて御傘と申時雨哉 炭 太祇 太祇句選
玉笹や不断時雨るゝ元箱根 井原西鶴
玻璃すこしよごれて時雨来りけり 深見けん二
瓦置く其夜めてたき時雨かな 尾崎紅葉
甌穴によびよせられて時雨ふる 横山白虹
甕群に藍の華浮く時雨山 古舘曹人 樹下石上
田の家の今ともしける夕時雨 臼田亞浪 定本亜浪句集
田戻りや時雨に濡れしものを抱き 橋本鶏二 年輪
由布越えて来し時雨冷え温泉に浸り 高濱年尾 年尾句集
畝襟や時雨もいたく横嵐 尺草 選集「板東太郎」
畦道をうろたへ廻る時雨かな 水田正秀
畳屋のいなでぞありぬ夕しぐれ 高井几董
畸人傅をとぢかへす夜の間の時雨かな 日夏耿之介 婆羅門俳諧
疾き影は玄海灘の時雨雲 文挟夫佐恵 遠い橋
発ちし子の今はフエリーか小夜時雨 山田紀子
白朮火を傘に守りゆく時雨かな 大谷句仏
白毫の塔まぼろしに山時雨 小島千架子
白鷺は堰を離れず夕時雨 笹井雅司
目を閉じるほかに何ある時雨鹿 伊丹三樹彦
目前をむかしに見する時雨哉 蕪村遺稿 冬
相寄りて陶榻ふたつ時雨けり 岸風三楼 往来
眼うとしと母こごみ寝る時雨れんか 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
眼の隅に尼僧の素足しぐれ止む 横山白虹
着陸の光る時雨となりゆける 稲畑汀子 汀子第三句集
石の上にやみはじめたる朝しぐれ 岡井省二
石上の霰にそそぐ時雨かな 会津八一
石山に時雨るゝ虹の短けれ 松藤夏山 夏山句集
石廊時雨るゝ夜や「科野路」を読了す 林原耒井 蜩
砂山にぬるゝ草ある時雨かな 増田龍雨 龍雨句集
砂山の砂ふところに墓しぐれ 細見綾子 雉子
砂色の鳥啼く礁しぐれ来る 文挟夫佐恵 雨 月
研ぎたての太刀魚届く夕しぐれ 木屋四風子
礪波越すあはたゞしさよ幾時雨 前田普羅 能登蒼し
神主にいぶかしまれつ夕時雨 比叡 野村泊月
神鏡の曇りかしこき時雨かな 比叡 野村泊月
稲扱きのモーター競ふ月時雨 柴田白葉女 遠い橋
稲架しぐれ信濃に多き道祖神 西本一都 景色
稲架襖伊賀山時雨今日は来ず 橋本鶏二 年輪
空になき時雨の音の石にあり 井田すみ子
空の八隅くらし時雨の来つつあり 上村占魚 『石の犬』
窓あけて見送つてゐる時雨かな 比叡 野村泊月
窓しぐれ鏡の林しぐれけり 阿部みどり女 笹鳴
窓押すや藪のはざまの時雨星 西山泊雲 泊雲句集
窯ぐれの手だれ時雨れて窯泣けり 鈴木詮子
竈馬来て硯池をのぞく小夜時雨 高田蝶衣
立臼のぐるりはくらし夕時雨 樗良
竜胆に日のさして居る時雨かな 比叡 野村泊月
竜胆を摘みし野悼み時雨くる 井上哲王
竝ぶ訃やただ柿熟るゝ時雨空 横光利一
竪戸樋の中は旱の時雨かな 士丸
竹寺の竹の時雨にあひ申す 松原地蔵尊
竹林の径ゆづり合ふしぐれ傘 鹿毛み月
笛吹童子時雨の夜は何をなす 鈴木六林男 王国
笠とれば六十顔の時雨かな 斯波園女
笠もなき我を時雨るるかこは何と 松尾芭蕉
笠提て塚をめぐるや村しぐれ 北枝
笠箱や跡の川音夕しぐれ 調泉 選集「板東太郎」
笹の葉に西日のめぐる時雨かな 椎本才麿
筆あはれ時雨の雲の濃く淡く 相生垣瓜人 微茫集
糸に只声のこぼるる時雨かな 上島鬼貫
紅をひき出かけずにいる時雨かな 田中基白
紅茸は木の葉に消えず山時雨 飯田龍太
紋を抜く廓の暖簾や夕時雨 雑草 長谷川零餘子
素通りの故郷の山河時雨れをり 山田弘子
絵馬を見る人顔暗き時雨かな 阿部みどり女
絵馬堂や時雨あそびの子守唄 吉武月二郎句集
綿玉のひそかにはぜる時雨哉 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
緋の夜具をかむりて聴くや坊時雨 近藤一鴻
総門の白蛙股時雨けり 高澤良一 燕音
縁に出て松を仰げば時雨かな 比叡 野村泊月
羽の国の稲刈しぐれ湖を渡る 西本一都 景色
羽織着て出かゝる空の時雨かな 高井几董
翆黛の時雨いよいよはなやかに 高野素十
耳に手やこっち次第の村時雨 濯資 選集「板東太郎」
聖堂の森の時雨や夕鴉 寺田寅彦
聞き耳の至近にありし時雨の夜 岡田 耕治
聞香の思ひ猿蓑時雨の碑 加藤知世子
肝心の日は時雨けり大根曳 浜田酒堂
能登しぐれ曳売りの荷を濡らし過ぐ 茂里正治
臘梅や枝まばらなる時雨ぞら 芥川龍之介
船頭の罵る聲や夕時雨 会津八一
艀呼ぶ旗が揚りぬ時雨中 五十嵐播水 埠頭
艫に置く時雨の簑と渡舟賃 石井とし夫
良有て田へ移り行く時雨かな 井上井月
色の山や哀と憂さを弥時雨(いやしぐれ) 翁言子 選集「板東太郎」
色変へぬ蔦は寒かり時雨れては 林原耒井 蜩
芋ほりに男はやりぬむら時雨 風国 俳諧撰集「有磯海」
芝へ飛ぶ木の葉明るき時雨かな 楠目橙黄子 橙圃
若葉しぐれ姉のなみだを思はしめ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
茅(あばら)屋に俤のこる時雨かな 水田正秀
茶団子に日の当り来し時雨かな 石田波郷
茶炭焼く見せ窯ひとつ時雨れけり 手塚美佐 昔の香
茸狩やあぶなきことに夕時雨 茸狩やあぶない事に夕時雨 松尾芭蕉
草に木につかはれながら村しぐれ 広瀬惟然
草の戸に紅葉時雨のきのふけふ つじ加代子
草堂や時雨過ぎたる軒雫 河野静雲 閻魔
草枕犬も時雨るか夜の声 芭蕉
荒川の芯盛り上がる時雨雲 平井照敏 天上大風
荒海や時雨あがりの渚松 清水基吉 寒蕭々
菊の殼色も残さず時雨けり 温亭句集 篠原温亭
菊は白くしぐれ溶けあふ夕厨 室生犀星 犀星発句集
菊焚いて鵞鳥おどろく時雨かな 室生犀星 魚眠洞發句集
菩提子の黒きはかなし時雨けり 岸風三楼 往来
萍の赤きに奈良の時雨かな 伊東慶子
萩の野に風狂の眉しぐれをり 原裕 葦牙
萱の空たちまち晴るる時雨かな 橋本鶏二 年輪
落葉松の一長身に降る時雨 有働亨 汐路
葛城の時雨に濡れし言葉かな 細川加賀
葱の根にたましひ入る時雨かな 高橋睦郎
蓑市のありとは云へど時雨かな 柑子句集 籾山柑子
蔦の葉の落ちた処を時雨けり 此筋 十 月 月別句集「韻塞」
蕗の葉に酒飯くるむ時雨哉 一茶 ■文化七年庚午(四十八歳)
薄ら日となれば時雨を待つ心 高濱年尾 年尾句集
薔薇園の時雨の松を愛づるかな 大木あまり 火球
薔薇窓や時雨あかりを慈しむ 小池文子 巴里蕭条
薗八のなかるべからず岡時雨 加藤郁乎 江戸桜




薬のむ湯のなまぬるき時雨かな 鈴木真砂女 生簀籠
藁塚の遠重なりに時雨けり 岸風三樓
藁塚やさざめきわたる幾しぐれ 木下夕爾
藍溶いて少し日のある時雨かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
藪しぐれ探す人また探されて 澁谷道
藪空の一処明かし時雨星 西山泊雲 泊雲句集
藪鳥のこぼれては鳴く時雨かな 冬葉第一句集 吉田冬葉
虚子に会ひ波郷に会はぬ時雨かな 長峰竹芳
虹かけて沖過ぎゆけり荒時雨 沢木欣一 二上挽歌
虹消えて時雨の顔の井にのこる 角川源義 『神々の宴』
蝋梅や枝疎なる時雨空 芥川龍之介 我鬼句抄
行き逢うて大原女笑めり時雨つゝ 高濱年尾 年尾句集
行く雲や犬の駈け尿(ばり)村時雨 松尾芭蕉
行しぐれ蓑着て追おもひあり 加舎白雄
街道や時雨いづかたよりとなく 中村草田男
裸木のむらなくぬるる時雨哉 会津八一
親の名に傘貸してやる時雨かな 也有
誰待つとなき爐を焚けば時雨けり 内藤吐天
諍ひし男山女山と時雨れけり 金箱戈止夫
謡ふべきほどは時雨つ羅生門 夏目漱石 明治二十九年
謡師の子は鼓うつ時雨かな 夏目漱石 明治三十年
豆腐焼く串にはらはら時雨哉 夏目漱石 大正元年
赤松の時雨はあめのうづめかな 平井照敏 天上大風
踏板に時雨降り来て帰さゞる 雑草 長谷川零餘子
身を入れてかじめを刻む時雨市 古舘曹人 樹下石上
車折と駅の名読めて北時雨 澁谷道
軒提灯の揃ひともりぬ夕時雨 金尾梅の門 古志の歌
軒深き往き来日当り時雨れ去る 臼田亞浪 定本亜浪句集
軒端過ぐ時雨の足の見えてをり 高浜年尾
軽便の白粉くさく時雨けり 岩田昌寿 地の塩
近道を阿闇梨につるゝ時雨かな 斯波園女
迷ひ来てクルス墓原時雨けり 小林康治 玄霜
追ひすがる時雨の音となりにけり 小林康治
逆簑や運のさだめの一としぐれ 飯田蛇笏 山廬集
逝くままに桂郎時雨ふらせける 齋藤玄 『雁道』
道のべに時雨るる菊も翁の日 富安風生
遠つ田の藁塚のみ光り一ト時雨 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
遠出して鹿も時雨に逢ひにけり 鈴木真砂女
遥なる隠岐かもかくす時雨雲 清水基吉 寒蕭々
遺墨展しぐれ呼ぶ灯に集ふかな 伊藤京子
酒をのむ夜の灯時雨とともに去る 石原八束 空の渚
酒売らぬ幾停車場を時雨れつゝ 尾崎紅葉
酒蔵の小窓明りや朝時雨 桐山秀峰
酒買ひに韋駄天走り時雨沙弥 川端茅舎(1897-1941)
酢につけて生姜紅さす夕時雨 鈴木真砂女
酢をくぐる小鯵の肌や夕時雨 鈴木真砂女
里神楽時雨に白き顔並ぶ 沢木欣一
重箱の銭四五文や夕時雨 一茶 ■文政二年己卯(五十七歳)
野の奥所ひそまりて時雨二方に 冬の土宮林菫哉
金沢は乞はるるごとく時雨れけり 松山足羽
釣人の情のこはさよ夕しぐれ 蕪村遺稿 冬
釣瓶あぐれば水面くぼみし時雨かな 雑草 長谷川零餘子
鋭き呼吸の我が胸にして夕時雨 『定本石橋秀野句文集』
鍋本にかたぐ日影や村しぐれ 内藤丈草
鍋物に火のまはり来し時雨かな 鈴木真砂女
鎌倉の観音巡り時雨れつゝ 高濱年尾
鐘ついて時雨を呼んでしまひけり 小田まこと
鐘撞きに出て来し尼や時雨傘 高濱年尾 年尾句集
鐘暗し姑蘇城外の夕時雨 古白遺稿 藤野古白
鑓持のなほ振りたつる時雨かな 水田正秀
長谷寺はこれより右としるしたる石を濡らして行く時雨かな 落合直文
門前の日を楽しめば時雨来つ 臼田亞浪 定本亜浪句集
門徒いふ門主日和も時雨れけり 大谷句佛 我は我
門火たくたもとに闇の時雨かな 閑夕 俳諧撰集「有磯海」
閉山の時雨いよいよ足尾町 正田稲洋
降(ふる)々と昼になりたる時雨かな 臥高 俳諧撰集「有磯海」
降りやみし時雨のあとや八ツ手の葉 永井荷風
限りなう山を恋ふれば時雨かな 尾崎迷堂 孤輪
陶房の一人一灯時雨くる 板東紅魚
障子手にかけて声かけ夕時雨 鈴木真砂女 生簀籠
雀色時雨は光輪持ちて降る 大野林火
雑巾や杉に時雨る床柱 一滴 選集「板東太郎」
難波女の駕に見て行しぐれ哉 高井几董
雲はなほ定めある世の時雨かな 心敬
電柱とごみの袋と時雨けり 大串章 百鳥 以後
電球切れし音をたしかむ沼時雨 松山足羽
霧しぐれシユナイダー碑は火山岩 西本一都 景色
霧しぐれ冨士をみぬ日ぞおもしろき 芭蕉
霧時雨父よウイスキーティーの時間です 寺井谷子
霧時雨鰈を釣つてひるがへす 古舘曹人 樹下石上
静と書き母の名なりし時雨けり 岸風三楼
静脈のように時雨れる摩天楼 五島高資
面差や時雨の雲を追ひたまふ 相生垣瓜人 微茫集
鞍馬炭門に著きたる時雨かな 比叡 野村泊月
音たてゝ時雨は氷雨とも思ゆ 高木晴子 晴子句集
音のした戸に人もなし夕時雨 諸九尼
音もなく時雨の馬の額ならぶ 杉山岳陽 晩婚
題朝時雨 雲のひまに夜は明て有しぐれ哉 蕪村遺稿 冬
顔見世やことに時雨るゝ宵の口 大谷句佛 我は我
風の音はげし時雨の音はげし 高木晴子 晴居
風は北まさしく白根時雨かな 上村占魚 『一火』
風強うして家人屋中を行く時雨 永田耕衣 陸沈考
風雲や時雨をくぐる比良おもて 内藤丈草
食堂に雀鳴くなり夕時雨 支考
食堂雑話時雨明りを頬にうけて 雑草 長谷川零餘子
香に於て餅の在るあり老時雨 永田耕衣 闌位
馬の傷思ふ我傷や小夜時雨 石島雉子郎
馬方は知らじ時雨の大井川 松尾芭蕉
馬肉売る大仏前や夕時雨 四明句集 中川四明
骨太く重き会津の時雨傘 福田蓼汀 山火
高枝渡る雀の細聲時雨かな 松根東洋城
高野槇少女時雨の眉持ち来 小檜山繁子
髪洗ふ湯の沸きすぎし時雨かな 鈴木真砂女 生簀籠
鬼の手振りはだあすこだあだあ時雨つかむ 加藤楸邨
鮒蒸しや余呉の時雨を聴きながら 北見さとる
鰤あぐる島の夕べを時雨けり 臼田亞浪 定本亜浪句集
鳥の毛の炉上をまへり時雨照り 金尾梅の門 古志の歌
鳥の羽もさはらば雲の時雨口 内藤丈草
鳥もなかず時雨乍に日の暮ぬ 故雀
鳳凰堂簷を重ねて時雨けり 高濱年尾 年尾句集
鳴る海のくらやみしづみ時雨れをり 石原八束 空の渚
鴨山へ我ら二三子時雨ゆく 井上哲王
鴬のしのびありきや夕しぐれ 太祇 五車反古
鶏頭のつくねんとして時雨哉 一茶 ■文化九年壬甲(五十歳)
鶏頭の黒きにそゝぐ時雨かな 正岡子規
鶏頭もいつかなくなる時雨かな 比叡 野村泊月
鶯の卯の時雨に高音かな 几董
鶴は棹鴨は飛礫や時雨空 竹下白陽
鷹ケ峰しぐれ鴉を翔たすなり 岸風三楼 往来
鷹狩や時雨にあひし鷹のつら 夏目漱石 明治二十八年
鷺ぬれて鶴に日の照る時雨哉 蕪村遺稿 冬
鷺の羽に夕日をかざす時雨かな 古白遺稿 藤野古白
黒みけり沖の時雨の行どころ 内藤丈草
黒傘ににじむこの雨伊香しぐれ 下田稔
黒島の藷の畑に時雨虹 松藤夏山 夏山句集
黙しをれば時雨の音のつのりけり 乙字俳句集 大須賀乙字
鼻丸めきつたる象の時雨をり 猪俣千代子 堆 朱
鼻曲り鉈木地小屋の時雨くる 石川桂郎 高蘆
しぐるともふみはたがへじ猪の道 広瀬惟然
しぐるるとなきに茶はなき端居かな 室生犀星 犀星発句集
しぐるると舟がひく水尾鴨の水尾 宮原 双馨
しぐるると赤い傘さし老婆ゆく 深見けん二
しぐるるにあらぬあしおと絶えにけり 室生犀星 犀星発句集
しぐるるに尼僧がポット提げてくる 横山白虹
しぐるるもまた好日の蔓もどき 斉藤美規
しぐるるやかぶさり織れる機織女 橋本鶏二 年輪
しぐるるやくだまくひとの衿糞 加藤郁乎
しぐるるやしぐるる山へ歩み入る 種田山頭火 草木塔
しぐるるやふと会へさうな山頭火 長戸弥知香
しぐるるやほのほあげぬは火といはず 片山由美子
しぐるるやもみ(紅)の小袖を吹きかへし 去来 俳諧撰集「有磯海」
しぐるるやコップの水もしぐれ色 佐久間慧子
しぐるるや一喝されて牛歩む 小俣由とり
しぐるるや一家襁褓の中に住む 椎橋清翠
しぐるるや人に気がねの小夜の壁 冬の土宮林菫哉
しぐるるや僧も嗜む実母散 川端茅舎
しぐるるや写本の上に雨のしみ 正岡子規
しぐるるや切られて白き蛸の肌 鈴木真砂女 夕螢
しぐるるや南に低き雲の峯 几董 五車反古
しぐるるや古茶に戻れる新茶の香 石川桂郎 四温
しぐるるや坂に向き合ふ酒場書肆 山田 文男
しぐるるや堀江の茶屋に客ひとり 龍之介
しぐるるや夜明をひびく湯檜曾川 渡辺 立男
しぐるるや夢のごとくに観世音 草間時彦 櫻山
しぐるるや大工の腰の釘袋 樋口けい子
しぐるるや寺の柱に呼子笛 松山足羽
しぐるるや手斧で彫れる雉子車 野見山朱鳥
しぐるるや旅の日数の足袋の数 影島智子
しぐるるや杉の高枝のぎいと鳴る 太田鴻村 穂国
しぐるるや松は雀をひそませて 南 うみを
しぐるるや楸邨の観しものの底 小檜山繁子
しぐるるや横笛庵は苑の奥 石原舟月 山鵲
しぐるるや檜葉きせあるく囮籠 皆吉爽雨
しぐるるや死なないでゐる 種田山頭火(1882-1940)
しぐるるや河霧の里とつくにに 小池文子
しぐるるや波も見せずに多摩の水 中村汀女
しぐるるや津和野人形の紙小袖 山田弘子
しぐるるや湯田中行の終電車 田中冬二 行人
しぐるるや潮も黒ずむ熔岩岬 下村ひろし 西陲集
しぐるるや炭が火となるさみしき香 三橋 迪子
しぐるるや煤によごれし竹の幹 室生犀星 魚眠洞發句集
しぐるるや燈明一つ奥の院 星野椿
しぐるるや田のあらかぶの黒む程 芭 蕉
しぐるるや畝傍は虹をかかげつつ 篠原鳳作
しぐるるや目鼻のありし木端仏 椎橋清翠
しぐるるや目鼻もわかず火吹竹 川端茅舎
しぐるるや積まれし石が音を出す 長谷川双魚 『ひとつとや』
しぐるるや空に片隅なかりけり 保坂リエ
しぐるるや窓を掠むる鳥つぶて 沢木欣一
しぐるるや糸なきときの糸車 神尾久美子 桐の木
しぐるるや胡桃に甲斐の国の音 穴井 太
しぐるるや脚折鍋を炉にかけて 白雄
しぐるるや船いま運河わたるとき 佐川広治
しぐるるや芒みみづく鳴きもせず 横山房子
しぐるるや芥ふちどり日本海 岸田稚魚 『負け犬』
しぐるるや蒟蒻冷えて臍の上 正岡子規(1867-1903)
しぐるるや語り始めし石人像 立木節子
しぐるるや誠の暮は鳥さわぐ 几圭
しぐるるや鉄筆捨てし黙ふたつ(川島四天居にて筆耕) 細川加賀 『傷痕』
しぐるるや飴の匂へる宮の内 室生犀星 魚眠洞發句集
しぐるるや駅に西口東口 安住敦(1907-88)
しぐるるや黒みてここに去来の墓 高澤良一 燕音 
しぐるるや鼠のわたる琴の上 蕪村
しぐるるよ佐野の渡も三輪の崎も 下村梅子
しぐるる土をふみしめてゆく 種田山頭火 草木塔
しぐるる墓荒田千枚見下しに 岸田稚魚 筍流し
しぐるゝとつぶやき出でて隣まで 大橋櫻坡子 雨月
しぐるゝとてのひらに切る豆腐かな 河原白朝
しぐるゝと女衒寝酒をたしなめる 西島麦南 人音
しぐるゝと茶屋の火燵に戻りけり 比叡 野村泊月
しぐるゝやあかぬ芝居の幟竿 久保田万太郎 草の丈
しぐるゝやいつまで赤き烏瓜 子規句集 虚子・碧梧桐選
しぐるゝやくだまくひとの袂糞 加藤郁乎 江戸桜
しぐるゝやこれ俳諧の一大事 加藤郁乎 江戸桜
しぐるゝやしめたる帯の土器茶 久保田万太郎 流寓抄
しぐるゝやそれからそれと用のふえ 久保田万太郎 流寓抄
しぐるゝやつく~今の心新た 小杉余子 余子句選
しぐるゝやねむごろに包む小杯 渡邊水巴
しぐるゝやまさるめでたきちやんちやんこ 久保田万太郎 流寓抄
しぐるゝやまだあたたかきにぎりめし 黒田杏子 一木一草
しぐるゝやもみの小袖を吹かへし 向井去来
しぐるゝや上手の撞ける球の音 増田龍雨 龍雨句集
しぐるゝや今日は一人で歩き居り 比叡 野村泊月
しぐるゝや余談に当時秘めしこと 河東碧梧桐
しぐるゝや僧も嗜む実母散 川端茅舎
しぐるゝや南に低き雲の嶺 几菫
しぐるゝや地を這ひ咲ける小菊の黄 大場白水郎 散木集
しぐるゝや塵やく煙ふたところ 岸風三楼 往来
しぐるゝや大講堂の赤煉瓦 久保田万太郎 草の丈
しぐるゝや寝酒たのめる一二合 石塚友二 光塵
しぐるゝや山道深く石だゝみ 楠目橙黄子 橙圃
しぐるゝや巌に刻める仏達 比叡 野村泊月
しぐるゝや巌をしづめて箕面川 岸風三楼 往来
しぐるゝや床のべに来る宿の妻 金尾梅の門 古志の歌
しぐるゝや我も古人の夜に似たる 蕪村 冬之部
しぐるゝや打並びたる鐘の疣 中川宋淵 詩龕
しぐるゝや掻き藻に蝦の蘇がへる 安斎櫻[カイ]子
しぐるゝや柱をのぼる炉火明り 金尾梅の門 古志の歌
しぐるゝや梢々の風さそひ 道芝 久保田万太郎
しぐるゝや橋へとみちのやゝ高く 久保田万太郎 草の丈
しぐるゝや油曇りの相模灘 石塚友二 光塵
しぐるゝや瀬音ま近く温泉にひたる 金尾梅の門 古志の歌
しぐるゝや灯待たるゝ能舞台 本田あふひ
しぐるゝや煮物に入るゝ燗ざまし 鈴木真砂女 生簀籠
しぐるゝや燃えぎれ秉りて鍋のぞく 高田蝶衣
しぐるゝや牡蠣割る辻も灯りぬ 貞
しぐるゝや甘酒ひさぐ寺の門 寺田寅彦
しぐるゝや田の新株の黒むほど 芭蕉
しぐるゝや番茶土瓶の肩の艶 久保田万太郎 流寓抄
しぐるゝや疣の目につく頬被 竹冷句鈔 角田竹冷
しぐるゝや目鼻もわかず火吹竹 茅舎
しぐるゝや祇王寺尼には好きでなりし 藤後左右
しぐるゝや窓を掠むる鳥つぶて 沢木欣一
しぐるゝや竹をはなるゝ*たけかは 岡本松浜 白菊
しぐるゝや笛のごとくに火吹竹 川端茅舎
しぐるゝや笠ひとつなき其角像 加藤郁乎 江戸桜
しぐるゝや笹原もどる兎狩 寺田寅彦
しぐるゝや筏の悼のさし急ぎ 炭 太祇 太祇句選
しぐるゝや置かへて行く潦(にわたずみ) 斗州
しぐるゝや羊羹切つて茶を淹れる 吉屋信子
しぐるゝや脚折鐺を炉にかけて 加舎白雄
しぐるゝや腰湯ぬるみて雁の声 子規句集 虚子・碧梧桐選
しぐるゝや蒟蒻冷えて臍の上 正岡子規
しぐるゝや行手に仰ぐ小町寺 比叡 野村泊月
しぐるゝや軒にはぜたる梅もどき 一茶 ■文化八年辛未(四十九歳)
しぐるゝや野寺四面の大根畑 古白遺稿 藤野古白
しぐるゝや降るや灰人二十面相 加藤郁乎 出イクヤ記
しぐるゝや隣の隠居念佛す 寺田寅彦
しぐるゝや駅に西口東口 安住敦
しぐるゝや魚の配給小走りに 岩田昌寿 地の塩
しぐるゝや鴛鴦見えず鴨の見え 大場白水郎 散木集
しぐるゝや鶏頭黒く菊白し 正岡子規
しぐるゝや鹿にものいふ油つぎ 加舎白雄
しぐるゝや黒木つむ屋の窓明り 凡兆
しぐるゝや鼠のわたる琴の上 蕪村 冬之部
しぐるゝ庭父より古き樹が立てり 品川鈴子
しぐるヽや残菊白き傘の下 尾崎放哉
しんがりの仔牛しぐるる牧仕舞 久田 澄子
ふたもとの榎しぐるる月日かな 岸田稚魚
上京や月夜しぐるゝ御妙講 高井几董
中之島しぐるる歌碑は川田順 大島民郎
使の子しぐるゝ闇へ返しけり 篠塚しげる
松風の松しぐるるや象頭山 広瀬惟然
柿の冷え掌にうけて山しぐるるか 鷲谷七菜子
法善寺横丁しぐる芝居跳ね 大橋敦子 勾 玉以後
結ぶ手なしぐるりとくちなしの闇 寺井谷子
詩話画論しぐるゝいとまなかりけり 河東碧梧桐
鴎紙のごとく流れて海しぐる 石原舟月
空ら拭きの机にひびくしぐれかな  高澤良一  ねずみのこまくら
多羅葉に一時雨あり日吉造  高澤良一  燕音
しぐれては鄙ぶ高雄の柿もみぢ  高澤良一  宿好
西明寺
川砂を敷きて時雨の通る庭  高澤良一  宿好
つつつつと蕪村棕梠図にしぐれ馳せ  高澤良一  宿好

以上
by 575fudemakase | 2014-11-20 00:02 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23327196
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング