枯葉

枯葉

例句を挙げる。

ああ枯葉五体投地の志 下村槐太
いちじくの枯葉が乗つて僧の下駄 井上雪
うす霜に枯葉かさねて葡萄かな 西村公鳳
からからと吹かるゝ枯葉蓮根掘る 梅島 婦美
からからと走る枯葉も焚かれけり 小坂優美子
からたちの棘の挟める一枯葉 高澤良一 ぱらりとせ 
ことごとく不安枯葉は音たてて 小林康治 『虚實』
さまざまな枯葉踏み来し靴を脱ぐ 神長裕子
しがみ付く岸の根笹の枯葉かな 素牛 俳諧撰集「藤の実」
すぐに火にしたくて拾ふ杉枯葉 甲田鐘一路
その中のひとつの枯葉画布にあり 永井たえこ
それぞれに枯葉被きし破れ傘 鈴木 弘
つきさゝる枯葉一枚枝の先 高浜虚子
ねだられて妻が枯葉に句をしるす 横山白虹
まんさくの枯葉落さず咲きにけり 長崎小夜子
みみづくの枯葉となりて睡りをり 内山亜川
むせぶとも蘆の枯葉の燃しさり 曾良
むら雨に枯葉をふるふささげかな 飯田蛇笏 山廬集
りんだうや枯葉がちなる花咲きぬ 蕪 村
わがいのち枯葉に与へそれでよし 平井照敏
アカシヤの枯葉ふるひつ明け易き 佐野青陽人 天の川
シャツ赤く来しが枯葉に鞭鳴らす 篠田悌二郎
セーターに枯葉一片旅さむし 加藤楸邨
チエホフを観て帰るさや楡枯葉 小池文子 巴里蕭条
ハプスブルクの四輪馬車に枯葉舞ふ 仙田洋子 雲は王冠
ベツドまで枯葉四十年生きつめて 斎藤愼爾 秋庭歌
マントをひろげて土に返る前の枯葉をみんな抱きしめたい 槙弥生子
一ひらの枯葉に雪のくぼみをり 高野素十
一匹の羊と枯葉クリスマス 原裕 葦牙
一枚の枯葉に触るる風の音 稲畑汀子
一枚の枯葉の軽さ風かはし 石山佇牛
一枚の枯葉オーヘンリー通り 加藤耕子
一葉づつ一葉づつ雨の枯葉かな 八幡城太郎
乗込鮒枯葉藻屑をかきわけて 沢木欣一
亜浪忌や燃えぬ枯葉を燻らして 中村笙川
今落ちし枯葉や水にそり返り 星野立子
傷口も半年を経て枯葉いろ 高澤良一 鳩信 
冬ざれや雨にぬれたる枯葉竹 荷風
凩や枯葉する~と馳り出す 寺田寅彦
凩や枯葉の走る塔の屋根 寺田寅彦
初秋の竹の枯葉や竹の垣 古白遺稿 藤野古白
初雪や真葛の枯葉降りつたふ 青蘿
刻む石磨かるゝ石枯葉照り 長谷川双魚 風形
北口の空の広さや枯葉飛ぶ 白井爽風
南無枯葉一枚の地にひざまづく 佐藤鬼房 朝の日
南無枯葉一枚の空暮れ残り 佐藤鬼房
吹落す杉の枯葉や雪の上 比叡 野村泊月
吾に殉ず枯葉のごとき妹の手 後藤綾子
喪に居れば廂のうらの枯葉見ゆ 佐野良太 樫
地の枯葉枝の枯葉に飛びかかる 白岩 三郎
堕ちるとき枯葉に眼開きおる 森田智子
夕照にひらつく磯の枯葉哉 去来
夕眺め枯葉ひとつら寒さ呼ぶ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
夜の枯葉薄氷を聞くほどに過ぐ 対馬康子 吾亦紅
失ひし音を探してゐる枯葉 夏井いつき
子雀のよにまろび来る枯葉かな 木歩句集 富田木歩
定まらぬ枯葉の行方追はずとも 稲畑汀子
少年ら枯葉のスープ作るらし 本田ひとみ
山桑の枯葉を噛めば日暮見ゆ 佐藤鬼房
山毛欅枯葉山の日差しに背を丸め 高澤良一 燕音 
峙つや枯葉の中の鷹の鳥 斎藤玄 雁道
川底の枯葉ふたたび流れだす 山西雅子
年寄の手をもみはじむポポー枯葉 和知喜八 同齢
幾つもの死がありてとぶ枯葉栗鼠 和知喜八 同齢
引出しに常に聖書と厚い枯葉 対馬康子 愛国
役終へて枯葉の土に帰する色 山下美典
手術待つ土が枯葉を待つやうに 岸秋渓子
捨石や下駄の枯葉の庭の霜 曲言 選集「板東太郎」
掻きわたる枯葉に霜や牛蒡引 斎藤俳小星
擬態かなねむりて枯葉の息をする 新間絢子
日あかるし枯葉とおつる雨にほふ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
日だまりの枯葉いつとき芳しき 石橋秀野
日の縞をちりりりりりと枯葉舞ふ 加藤耕子
日溜りへ飛びきし枯葉白川郷 中西舗土
明慧忌や紅葉の枯れ葉踏み詣づ 大谷句佛
明日は粽難波の枯葉夢なれや 松尾芭蕉
星の杓枯葉の国土汲み汲めり 依田明倫
昼の虫枯葉のごとく母睡り 古賀まり子 緑の野
時雨にはあらず枯葉の走り音 西岡一郎
暮れて聴く枯葉に雨の一葉忌 千代田葛彦
木曽殿に侍して巴の枯葉塚 伊藤滋郎
朴枯葉かさばりおちて流れけり 飯田蛇笏 山廬集
朴枯葉地に全きを掌にしたり 下村ひろし
枯れ葉くるくる都会の好きなつむじ風 岩間民子
枯れ葉捲き上げ寒冷前線通過中 吉本和子
枯葉かく人も枯葉の色に似て 中川宋淵
枯葉しかと小枝にあるや日の冬木 高濱年尾 年尾句集
枯葉つけし桑と薄墨月信濃 古沢太穂
枯葉つけて椢聳えぬ雪の土手 西山泊雲 泊雲句集
枯葉とぶ時は小さな影もとぶ 安藤 尚子
枯葉なんぞの匂ひわが身に日向ぼこ 山上樹実雄
枯葉のため小鳥のために石の椅子 西東三鬼
枯葉の音枕の中に吹き溜る 中尾壽美子
枯葉を鎧う女泉を抱き眠る 八木三日女 落葉期
枯葉払つて竹の高さの冬日かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
枯葉揉まるる音澄んで雪原の月 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
枯葉散るわが身に触れぬままに散る 仙田洋子 橋のあなたに
枯葉散る枯葉に触るる音立てて 坂井建
枯葉朽葉中に銀杏の落葉かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
枯葉焚く透かし模様の封筒も 小長井和子
枯葉田に飛ぶとき湖の鮮やかに 古舘曹人 能登の蛙
枯葉舞ふかすかな音が地に影し 豊山千蔭
枯葉舞ふ二条陣屋の釣瓶かな 田阪 笑子
枯葉走れる正門のほか門いくつ 高柳重信
枯葉越し冷やかに道行く人ぞ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
枯葉踏む否漕ぐ深さ宿場跡 林 翔
枯葉踏む落人墓に標なき 大森三保子
枯葉鳴るくぬ木林の月夜かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
枯葉鳴る湖へ十歩の塩の道 武井夜里子
枯葉鳴る静かさに居りお元日 臼田亞浪 定本亜浪句集
栗枯葉反り切つて落つわさび田ヘ 細見綾子 黄 炎
椎の実や枯葉の中の水たまり 蘇山人俳句集 羅蘇山人
欅枯葉ためて眩ゆき阿*吽像 河野南畦 湖の森
母と同じ軌跡は櫛につく枯葉 平木智恵子
母なる地窪に枯葉を眠らせて 林翔 和紙
水の上を枯葉のはしる念仏かな 藤田あけ烏 赤松
水無月の枯葉相つぐ梧桐かな 石鼎
水馬枯葉かかえて遡る 正岡子規
満月へ枯葉の昇る一葉忌 林翔 和紙
滅燈会枯葉の精も加はれる・・・清浄光寺一ツ火 高澤良一 ねずみのこまくら 
火の染めし枯葉に終の匂ひかな 櫛原希伊子
炭斗に菊の枯葉のこぼれけり 金尾梅の門 古志の歌
焚かんとす枯葉にまじる霰哉 夏目漱石 明治三十一年
燭台に枯葉とまるや蚤の市 小池文子 巴里蕭条
爆音やおもひつめたる目に枯葉 加藤秋邨 火の記憶
父は枯葉母は落葉の海を来し 吉田透思朗
物をいふ風の枯葉を顧る 高浜虚子
白き蔓白き枯葉の烏瓜 後藤夜半 底紅
着地する瞬間枯葉踊りたる 稲畑広太郎
磔柱より街流れくる枯葉の掌 安井浩司 青年経
秋雨や杉の枯葉をくべる音 夏目漱石 明治三十二年
秋風に柿の枯葉がまろぶかな 内田百間
空母浮き枯葉ばかりが音たてる 柿本多映
絵硝子の外は枯葉のしきり降る 丹羽好岳
老松の枯葉を誘ふ凍つよし 前田普羅 飛騨紬
胸中に枯葉降らせる高英男 高澤良一 さざなみやっこ 
自然薯の枯葉を金に山日濃し 上條勝
自身誰重さ放さず枯葉在り 永田耕衣 闌位
舞ふ枯葉うけとめし手を日にさらす 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
舞ふ枯葉見つくさず逝くモンタンか 橋本榮治 麦生
色かへぬ松をあはれむ枯葉哉 正岡子規
芭蕉葉にちりたまりたる枯葉かな 西山泊雲 泊雲句集
花ちりしあとの枯葉や墓椿 飯田蛇笏 山廬集
草の芽の枯葉に尖り出でしかな 温亭句集 篠原温亭
萩黄葉しぬ枯葉しぬ落葉しぬ 後藤夜半
葭きりが鳴く高葭の枯葉かな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
蓮枯葉敷きて憩へり蓮根掘 安藤恵美子
薄き舌のスラヴ通訳塩吹く枯葉 寺田京子 日の鷹
蟷螂の色枯れ深し枯葉へ飛ぶ 林原耒井 蜩
襟筋に何の枯れ葉か舞ひ落ちぬ 田中冬二 麦ほこり
足尾銅山枯葉に重さありにけり 渡辺恭子
足跡や枯葉の霜の飛越石 露言 選集「板東太郎」
野天風呂楢の枯葉の月夜なり 太田鴻村 穂国
野鳩はただ一羽にて枯葉のぬくみ貪る 梅林句屑 喜谷六花
金の矢のごと落葉松の枯葉降る 伊藤柏翠
鉄色の蕗の枯葉と蕗の薹 永井龍男
降り積めば枯葉も心温もらす 鈴木真砂女
陽まみれ枯葉うけとめしわが鉄格子 八木三日女 落葉期
雑木林に面白く枯葉浮びけり 高濱年尾 年尾句集
霞網枯葉を抱いてわすれられ 永瀬美恵子
露座仏に下生の影す枯葉浴び 殿村莵絲子 牡 丹
頬白のひとりごと くぬぎは いつまでも枯葉 吉岡禅寺洞
風うけて蘆の枯葉や流れ行く 立子
風つよき夜々の柏の枯葉かな 根岸善雄
風に鳴る桑の枯葉の径もせに 軽部烏帽子 [しどみ]の花
風の音日の音枯葉ささやける 藤原たかを
風の音枯葉の音にふりむきし 田中 起美恵
高燈籠枯葉と共に卸しけり 古白遺稿 藤野古白
魔除団扇に枯葉一枚捧げられ 久保田月鈴子
蝙蝠のやうに下りて枯るゝ葉あり  高澤良一  燕音

以上
by 575fudemakase | 2014-11-27 00:01 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23328092
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング