例句を挙げる。

うしろより凩逃す俳諧師 小林康治
おだやかな凩なんぞ忘れをり 高木晴子 花 季
けふは凩のはがき一枚 種田山頭火(1882-1940)
それ以後の凩胸に棲みつきぬ 石川文子
どこからも見え凩の木となりぬ 辻美奈子
はじめての凩の夜や海近づく 大林清子
ひそと泣けり凩に頬殴られて 皆川白陀
ひときはは凩ちかきひぢ枕 三好達治
ひとところ凩のみちあけておく 小島花枝
ふたりして岬の凩きくことも 大木あまり(1941-)
めつむりて凩をきくとにもあらず 木下夕爾
もしジャズが止めば凩ばかりの夜 寺山修司 未刊行初期作品
やわらかに凩を包み絹という 和田悟朗
ポプラの木凩去りてマッチ棒 吉田茂子
三椏と知る凩の熄みし枝 耕二
亡き人のこゑとも海の凩は 橋本榮治 麦生
人界を去る魂のあり凩と 文挟夫佐恵 雨 月
今日も事なし凩に洒量るのみ 山頭火
先生の亡き世凩吹き放題 今瀬剛一
内明りする土間の土凩す 内田百間
冬の蝶凩の里に飛びにけり 室生犀星 魚眠洞發句集
凩がうばふひとりの夜の影 八束
凩が凩を追ひフーガ果つ 岡田日郎
凩が吹き寄せし人バスを待つ 嶋田摩耶子
凩が奪ふ孤りの夜の影 石原八束 秋風琴
凩が目にしむゆゑに涙ぐみ 下村梅子
凩じみた風地のものを掃らつて畑道 梅林句屑 喜谷六花
凩となりぬ蝸牛の空せ貝 榎本其角
凩と父の呼吸の鬩ぐに耐へ 野澤節子 黄 瀬
凩と観じてしばしをりにけり 京極杞陽
凩にあらそふごとし鐘の声 高井几董
凩にうち沈みたる小家がち 尾崎陽堂
凩にうめる間寒き入り湯かな 荊口 十 月 月別句集「韻塞」
凩にこころさすらふ湯呑かな 鍵和田釉子
凩にころぶ夕べのバケツかな 京極杞陽 くくたち上巻
凩にしつかりふさぐ蠣の蓋 正岡子規
凩にすくてぞ鮭はからびけん 柴浅茅
凩にひろげて白し小風呂敷 芥川龍之介 我鬼窟句抄
凩にも木にも誇張のある如し 相生垣瓜人 微茫集
凩に三味も枯木の一ツ哉 正岡子規
凩に二日の月のふきちるか 荷兮
凩に何やら一羽寒げなり 杉風
凩に光る口舌のうらおもて 松澤昭 神立
凩に出づる髪の根ひきしまり 田畑美穂女
凩に削ぎ落とされし街の景 高澤良一 随笑 
凩に匂ひやつけし返り花 松尾芭蕉
凩に吹き落されな馬の尻 正岡子規
凩に吹れてたつやかがみ山 立花北枝
凩に吾をくろがねの像とし行く 竹下しづの女句文集 昭和二十四年
凩に壁塗る足場揺れやまず 平間彌生
凩に大提灯の静かさよ 正岡子規
凩に富嶽百景抛りだす 松澤昭 山處
凩に早鐘つくや増上寺 夏目漱石 明治二十九年
凩に星かたまりて乏しかり 阿部みどり女
凩に晝行く鬼を見たりけり 石井露月
凩に木の股童子泣く夜かな 大須賀乙字(1881-1920)
凩に杖を進むる捨聖 高澤良一 随笑 
凩に根深尖りて並びけり 人間を彫る(裸木第一句集) 大橋裸木
凩に桑畑柿の畑も無し 百合山羽公 故園
凩に浅間の煙吹き散るか 高浜虚子
凩に物貯へむ土掘りつ 石井露月
凩に狸の鼻の乾き鳧 内田百間
凩に生きて届きし海鼠かな 石井露月
凩に練で御はす仁王哉 夏目漱石 明治二十八年
凩に置き忘られし赤鳥居 柴田白葉女
凩に菅笠たつる旅寝かな 越人
凩に菊こそ映ゆれ田居辺り 芝不器男
凩に詠唱さるる夜の娼家 松澤昭 神立
凩に身内の襞を深うせり 国枝栄子
凩に追はるゝ如く任地去る 永田青嵐
凩に雲のそびえやもらひ雨 水田正秀
凩に面を上げて歩きけり 里見宜愁
凩に頭巾忘れてうき身かな 黒柳召波 春泥句集
凩に顔あはせゐる嬉しさよ 仙田洋子 橋のあなたに
凩に鯨潮吠く平戸かな 夏目漱石 明治二十八年
凩に鰒ひつさげて高足駄 泉鏡花
凩に鰓吹るるや鈎の魚 與謝蕪村
凩のあたりどころやこぶ柳 内藤丈草
凩のあとはしづかな人枯らし 高柳重信
凩のあとやまことに山と川 古白遺稿 藤野古白
凩のあと満月が木に懸り 佐藤鬼房 何處ヘ
凩のいづこガラスの割るゝ音 梶井基次郎
凩のかまどの火色匂ふかな 高木静花
凩のさびしい喉をして眠る 対馬康子 純情
凩のしきりにつのる入日哉 志慶
凩のとほくを攻めてゐたりけり 石田郷子
凩のはたとやみたる枝の先 藤岡筑邨
凩のはては有けり海の音 言水
凩のひつかかりゐる峠の木 原裕 正午
凩のふけてゆく澄んでくる心 山頭火
凩のまがりくねつて響きけり 夏目漱石 明治三十二年
凩のまじりて吹くか秋の雲 中村史邦
凩の一夜に山の色奪ふ 宇川紫鳥
凩の一日吹いて居りにけり 涼菟
凩の上に物なき月夜哉 夏目漱石 明治二十八年
凩の上野に近きいほりかな 正岡子規
凩の下にゐろとも吹かぬなり 夏目漱石 明治三十四年
凩の中に灯りぬ閻魔堂 川端茅舎
凩の中より月の升りけり 正岡子規
凩の中一途ゆく鳥とならめ 能村登四郎
凩の創はみずみずしきみどり 永末恵子
凩の吹きかはりゐる外廁 原裕 新治
凩の吹ききはまりし海の紺 深見けん二
凩の吹きはらしたる鐘の色 未灰句集(未灰句集第一集) 渡邊未灰
凩の吹きゆくうしろすがたかな 服部嵐雪 (1654-1707)
凩の吹き初め奈良の夜空見ゆ 右城暮石
凩の吹き抜けし朝晴れ渡り 稲畑汀子
凩の吹くべき松も生えざりき 夏目漱石 明治三十二年
凩の地にも落さぬ時雨かな 去来
凩の地迄落さぬしぐれかな 向井去来
凩の夜のくちづけでありしかな 金子笛美
凩の夜のでこぼこの路と思ふのみ 原田種茅 径
凩の夜の口づけでありしかな 高橋笛美
凩の夜の鏡中に枕みゆく 柴田白葉女
凩の夜天の端や輜重行 齋藤玄 飛雪
凩の安曇野藁塚の堪へ性 藤岡筑邨
凩の尻吹き上げる厠かな 会津八一
凩の山に日あるや厠出て 飯田蛇笏 山廬集
凩の峰は剣の如くなり 夏目漱石 明治三十二年
凩の庭の折戸をあほる音 寺田寅彦
凩の我影を吹く障子かな 古白遺稿 藤野古白
凩の抜けて明るき雑木山 安藤まこと
凩の拾へさうなる星ばかり 宮津昭彦
凩の日がなうそぶく御陵かな 下村梅子
凩の明家を猫のより処 正岡子規
凩の時間を炒め厨人 田川飛旅子 『山法師』
凩の果てはありけり海の音 言水
凩の果てみちのくの果に住む 小川 眞砂二
凩の果の夕空血が滲む 登四郎
凩の棲む刈萱を背負ひあぐ 羽部洞然
凩の横に引する砲車かな 尾崎紅葉
凩の樹を木鼠のはひ下りる 高田蝶衣
凩の死角一灯生きてをり 植田暁生
凩の残すものなく千枚田 小川 浩
凩の沖へとあるる筑紫潟 夏目漱石 明治三十一年
凩の浄林の釜恙なきや 子規句集 虚子・碧梧桐選
凩の海道山の中辿る 百合山羽公 寒雁
凩の消え門川のながれゐる 京極杞陽 くくたち下巻
凩の温泉の客稀に来りけり 露月句集 石井露月
凩の煙突に鳴る夜半哉 寺田寅彦
凩の燈を置ける机かな 阿部みどり女
凩の琴立てられて木に還る 渋谷道
凩の町に貧しき曲馬来し 佐藤郷雨
凩の磧はるかに瀬をわかつ 川島彷徨子 榛の木
凩の空見なほすや鶴の声 去来
凩の耳に詰りし別れかな 羽部洞然
凩の裏の山から鳴て来る 寺田寅彦
凩の身は七とせや像の雛 中村史邦
凩の鐘楼危ふし巌の角 夏目漱石 明治三十二年
凩の雨戸たゝくや夜もすがら 寺田寅彦
凩はやむ間あり海鳴りはやまず 福田蓼汀 秋風挽歌
凩は賽の磧の石飛ばす 福田蓼汀 秋風挽歌
凩は高野聖を掴みけり 野村喜舟 小石川
凩も亦風神の司る 伊藤柏翠
凩も袋にひとつ葉抹香 昌夏 選集「板東太郎」
凩も負けて太鼓の木魂かな 正岡子規
凩やいづこを鳴らす琵琶の海 牧童
凩やかぎりしられぬ星の数 加藤秋邨 野哭
凩やかつて袂は泣くために 今瀬剛一
凩やからまはりする水車 中川宋淵 詩龕
凩やこの頃までは萩の風 與謝蕪村
凩やこぼれて昼の牛の声 園女 俳諧撰集玉藻集
凩やしかと空也の足の趾 田口風子
凩やつぶての如く夕雀 福田蓼汀 山火
凩やとまり烏の横にゆく 井上井月
凩やはみ出てあかき藪の荊 鳥越等栽
凩やはやめに入れる孤りの燈 鈴木しづ子
凩やはるかな星のやうにひとり 渡辺夏代
凩やまた空耳の母を前 石川桂郎 含羞
凩やみつめゐたるは心の坂 長谷川朝風
凩やみづうみけふも草のいろ 中田剛 珠樹
凩や京の揚屋のはこばしご 久保田万太郎 流寓抄
凩や人のいのちの消ゆるとき 山口青邨
凩や何をたよりの猿おがせ 蕪村遺稿 冬
凩や倒れざまにも三ツ星座 芝不器男
凩や出ずに済ませばそれなりに 藤浦昭代
凩や出でしばかりの月吼ゆる 吉原文音
凩や切りて血も出ぬ冷凍魚 浅見さよ
凩や列車降りなば妓買はむ 原石鼎
凩や割箸を持たされしまま 佐々木六戈 百韻反故 初學
凩や動かぬ雲の北に見ゆ 四明句集 中川四明
凩や勢田の小橋の塵も渦 其角
凩や南大門昔顛倒 野村喜舟 小石川
凩や厨の棚に柚子一つ 松村蒼石 露
凩や厩の窓に月のさす 吉田冬葉
凩や吹き静まつて喪の車 夏目漱石 明治三十四年
凩や喪を終る日の袖の上 中村史邦
凩や土橋の元の立佛 寺田寅彦
凩や坂町で買ふ障子紙 月舟俳句集 原月舟
凩や夜襲のごとく貨車過ぎる 鈴木 映
凩や大葬ひの町を練る 芥川龍之介
凩や天狗が築く一夜塔 泉鏡花
凩や女按摩と詩の話 田川飛旅子 『植樹祭』
凩や妙義が岳にうすづく日 村上鬼城
凩や宮の鼓の片颪 椎本才麿
凩や富士の裾野を吹きまくる 古白遺稿 藤野古白
凩や居退りて遠き人の上 石塚友二 方寸虚実
凩や山の終バス昼に発ち 今井真寿美
凩や山吹の葉の黄に染みて 小澤碧童 碧童句集
凩や岩に取りつく羅漢路 夏目漱石 明治三十二年
凩や崖下はよき日向ぼこ 野村喜舟 小石川
凩や常灯明のしんかんと 一茶 ■文政七年甲甲(六十二歳)
凩や廣野にどうと吹起る 蕪村遺稿 冬
凩や弦のきれたる弓のそり 夏目漱石
凩や往来をひた走る鶏 内田百間
凩や怪しき雲のたゝずまひ 寺田寅彦
凩や我が掌のうらおもて 重信
凩や手して塗りたる窓の泥 鬼城
凩や手の平立てる妙義山 中村史邦
凩や抽斗に物の香の籠める 内田百間
凩や散りゆく人に星の濃し 石昌子
凩や日も照り雪も吹散らし 樗良 (粟津原馬上吟)
凩や星吹きこぼす海の上 正岡子規
凩や昼は淋しき廓道 正岡子規
凩や月はね上げし大江山 細井翠湖
凩や木となり草となり父は 西川徹郎 瞳孔祭
凩や木馬の轡ひとり鳴る 四明句集 中川四明
凩や東京の日のありどころ 芥川龍之介 我鬼窟句抄
凩や枯葉する~と馳り出す 寺田寅彦
凩や枯葉の走る塔の屋根 寺田寅彦
凩や桑原に入りて馬車徐行 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
凩や水こし桶に吹きあつる 村上鬼城
凩や水涸れはてて石を吹く 稿本虚子句集 高濱虚子・今村一聲編
凩や池のちりぢり夕讃岐 今井誠人
凩や沖よりさむき山のきれ 榎本其角
凩や浪の上なる佐渡ヶ島 伊藤松宇
凩や海に夕日を吹き落す 漱石
凩や海の深きの迷路まで 対馬康子 吾亦紅
凩や海日夕日を吹き落す 漱石俳句集 夏目漱石
凩や漁翁が鯉の美しき 野村喜舟 小石川
凩や焦土の金庫吹き鳴らす 楸邨
凩や煖炉にいもを焼く夜半 子規句集 虚子・碧梧桐選
凩や煮つけて魚の身の脆き 丸山靖子
凩や牛の鼻先向きかはる 加藤楸邨
凩や牛馬は歩く度に光る 加藤知世子
凩や田より田にゆく水のおと 木導 俳諧撰集「有磯海」
凩や病む眼底の灯は淡し 中山春三
凩や目刺に残る海の色(六年) 芥川龍之介 我鬼句抄
凩や真赤になつて仁王尊 夏目漱石 明治二十八年
凩や眼のひからびる夜なべの灯 木歩句集 富田木歩
凩や眼をつむりたる馬の上 古白遺稿 藤野古白
凩や窓にふき込むみそさざい 蘭芳 芭蕉庵小文庫
凩や築地の内の藪の音 野村喜舟 小石川
凩や練兵場の砂けむり 寺田寅彦
凩や船の灯までが閨に射す 小林康治 玄霜
凩や芭蕉の緑吹き尽す 正岡子規
凩や花子(こじき)の宿の戸にさはる 黒柳召波 春泥句集
凩や荷馬ひしめき城に入る 四明句集 中川四明
凩や葎を楯に家鴨二羽 子規句集 虚子・碧梧桐選
凩や蔀下ろして山河断つ 野村喜舟 小石川
凩や蝉も栄螺もから許り 正岡子規
凩や西にかかりし昼の月 今井杏太郎
凩や覗いて迯ぐる淵の色 蕪村
凩や赤城の神は火の中に 野村喜舟 小石川
凩や路上とびくる反古を踏む 森田峠 逆瀬川以後
凩や遠き帆船の国の声 対馬康子 愛国
凩や里の子遊ぶ九品仏 野村喜舟 小石川
凩や鉋屑舞ふ普請小屋 寺田寅彦
凩や鐘引きすてし道の端 子規句集 虚子・碧梧桐選
凩や開墾小屋の豆ラムプ 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
凩や陶窯に火の音まはる 加藤知世子 花寂び
凩や雲吹き落す佐渡の海 会津八一
凩や雲吹き落す海のはて 正岡子規
凩や雲裂けて星あらはれぬ 会津八一
凩や雲裏の雲夕焼くる 臼田亞浪 定本亜浪句集
凩や馬に物云ふ戻り道 二葉亭四迷
凩や馬のたてがみ脱色せり 宇多喜代子
凩や馬を犒ふ小百姓 露月句集 石井露月
凩や馬現はれて海の上 松澤昭
凩や鳶にとびつく野の鼬 廣江八重櫻
凩や鴉の口のがらんどう 高浦銘子
凩よ世に拾はれぬみなし栗 榎本其角
凩を入れず燈火をながさぬ戸 京極杞陽 くくたち下巻
凩を拒んでゐたる杭頭 大木あまり 火球
凩を杖に突きけり老の坂 智月 俳諧撰集玉藻集
凩を来てしばらくはもの言はず 青柳志解樹
凩を来て末席におし黙る 吉本 昴
凩を歩く夢中の中にをり 嶋田一歩
凩を海へ掃き出す子らの声 新開一哉
凩を父流水を母の声 千代田葛彦 旅人木
凩を連れて帰るよひとりの部屋 菖蒲あや 路 地
凩を連れ出す坂東太郎かな 坂本坂水
凩夜を荒れて虚空火を見る浅間山 子規句集 虚子・碧梧桐選
凩空見なをすや鶴の声 向井去来
君とあらば凩の世も面白や 寺田寅彦
夕凩にぼんぼり灯り灯りつぐ 永井龍男
夜もしろき凩滝をさかのぼる 石原舟月
大佐渡の軋む凩はじまれり 渡邊千枝子
子を抱く猿に凩ながきかな 吉田紫乃
寝た下を凩づうん~哉 一茶 ■文政七年甲甲(六十二歳)
屋根越えし凩森を得しきこゆ 篠原梵 雨
巨星隕ちぬ凩しんと身に透る 石塚友二 方寸虚実
年々や凩吹て尖る山 夏目漱石 明治三十二年
怖ろしき凩に子の遊ぶなり 松澤昭 神立
戦争が過ぎ凩が過ぎにけり 藤田湘子
摘みけんや茶を凩の秋とも知らで 松尾芭蕉
教師一家が凩の箱舟に揺れゐるよ 柴田白葉女 『冬椿』『遠い橋』『岬の日』
明け方や凩とぎれ~吹く 寺田寅彦
時雨聞き凩を聞き磨崖仏 大橋敦子 手 鞠
月に暈うまれ凩吹きやみぬ 三村純也
木凩に梢の柿の残りかな 服部嵐雪
東京の凩われは田舎もの 石井とし夫
枝飛ぶや八幡様の凩に 岸本尚毅 鶏頭
枯枝が落つ凩の吹き熄む間 右城暮石 上下
榛の木に黒き凩来てゐたり 嶋田麻紀
灯を入れず凩つまる常夜燈 百合山羽公 寒雁
灯を消せば凩の底杉の声 柴田白葉女 花寂び 以後
父の耳遠き凩聴きゐたり 鈴木まゆ
父母の負債や古里の凩に村を押し出さる 橋本夢道
物は何凩の笠雪の簑 正岡子規
瑞檣山凩びかりしてゐたる 石田勝彦
病む母と凩の夜を覚めてゐし 大橋敦子 手 鞠
瞑りて聴くは凩太郎かな 根岸善雄
石の山凩に吹かれ裸なり 夏目漱石 明治三十二年
神将に天魔の吐息凩す 林翔
神楽舞ふ夜は凩の起るらし 佐川広治
空青し凩の序の楢くぬぎ 鈴木しげを
童子寝る凩に母うばはれずに 橋本多佳子
竹藪の外に川あり凩す 内田百間
耳に眼に凩を溜めたまふなる 相生垣瓜人 微茫集
胃痛むや憎みを移す夜凩 林原耒井 蜩
胸中の凩咳となりにけり(三汀の病を問ふ我亦時に病床にあり) 芥川龍之介 我鬼窟句抄
草千里より凩の湧くならむ 中田剛 珠樹以後
葦もつれあふ凩の戦あと 羽田岳水
蒙古高句麗凩が来る鬼が来る 文挟夫佐恵 遠い橋
藁塚の列凩太郎崩しけり 小椋 隆
詩僧死してただ凩の里なりき 夏目漱石 明治三十二年
読みさして聴ける凩挿話めき 高澤良一 随笑 
赤松や鳴る凩の幾重なる 池田澄子
路地出でし吾を凩の見逃さず 日置草崖
遊ぶ木のなき凩の我を打つ 折井眞琴
野の色と同じ色着て凩に 上崎暮潮
鏝の焼け試る頬ほてり凩す 内田百間
雨ともならず唯凩の吹き募る 夏目漱石 明治三十七年
骨白し抱いて眠らん凩の夜は 水島稔
ある日喇叭の如き木枯哀しとす 湘子
うす皮の天の一角木枯す 小形さとる
さわさわと木枯がくる薄い胸に 高桑弘夫
なつかぬ児なれど木枯掴み来る 梅田英子
ひとときは木枯ちかき肱枕 三好達治 柿の花
よその子をあやし木枯の顔ひりつく 田川飛旅子 花文字
ペン割れて木枯のあと吼える海 佐藤鬼房 海溝
ポケットベルより木枯しの似合ふひと 櫂未知子 貴族
一夜寝ず二夜ねむれず木枯す 相馬遷子 山河
三十年前のクレオパトラも木枯妻 橋本夢道 良妻愚母
三島忌の朝つぱらから木枯しす 山田みづえ 草譜
両替機札うばうごと木枯や 田中英子
中天に木枯の陽のありにけり 中川宋淵
京に飽きてこの木枯や冬住ひ 松尾芭蕉
今日の空あり一本の木の木枯 千代田葛彦 旅人木
再びの病衣木枯し吹きまどふ 小林康治 四季貧窮
初木枯ちりぢりの友集ひけり 高島秋潮
初木枯酒舟石を響すか 秋山素子
口切や木枯のけふ吹きそめし 森澄雄
句碑建つるな木枯をして吹かしめよ 永井龍男
回転扉木枯の身のつまづき入る 原田種茅 径
塩鮭に木枯吹いて暮れにけり 田中冬二 冬霞
夕焼と木枯を濾す硝子のビル 田川飛旅子
夜の木枯壁に人の名書きつらね 加藤知世子 黄 炎
大事がる柿の木枯て梅の花 高井几董
好晴の木枯が師を連れ去んぬ 岸田稚魚 筍流し
妻に触れざれば木枯の遠くゆく 千代田葛彦 旅人木
妻へ帰るまで木枯の四面楚歌 鷹羽狩行(1930-)
子ら置きて身は放埓の木枯に 柴田白葉女 遠い橋
寒柝に眠り暁木枯に覚む 齋藤愼爾
対岸の木枯は母呼ぶ声か 今瀬剛一
屋根裏へ木枯かよふ出水以後 近藤一鴻
巨き星めらめら燃ゆる木枯に 相馬遷子 山河
帝国ホテルまでつけてくる木枯 櫂未知子 蒙古斑
悪漢になるには木枯に負けぬこと 細谷源二
手の桑に木枯うたふ蚕飼神 加藤知世子 花寂び
拭きほそり名も木枯と言ふ茶杓 佐野美智
日日無帽にて木枯しが坂の上 河村四響
時雨木枯のあれあれて生れ出しもの 高浜虚子
朝のパン外の木枯を見つつ焼く 福田蓼汀 山火
木の家のさて木枯を聞きませう 高屋窓秋
木の根あり己が木枯を聴き澄まし 千代田葛彦 旅人木
木偶の目の夜は金色に木枯吹く 桂信子
木枯 木枯 ひらひらと侏儒の手 富澤赤黄男
木枯がしづまり母の庭仕事 林 やすお
木枯が先かかみそり研ぎが来たのが先か 細田源二
木枯が息するといふ静けさよ 良太
木枯が抱き来し音を海に解く 米澤吾亦紅
木枯が止みていちにち藁白し 萩原麦草 麦嵐
木枯が瞳の奥とほる娶らねば 小橋弘道
木枯が遠くの森をわたる音 長谷川素逝 砲車
木枯しが夜半のホームをつらぬきて隔たる記憶をゆすぶりやまぬ 野中圭
木枯しが知る海溝の深さかな 小澤克己
木枯しに逆らいにつつ目つぶれば狂暴の世のとめどなき渦 おおのいさお
木枯しの果はありけり海の音 言水
木枯しの目玉ぶつかりあう音す 北川邦陽
木枯しの空をナイフが翔んでゆく 黒川 鉛
木枯しの聞こゆる合わせ鏡かな 池田澄子
木枯しの落ちゆく先に夫の墓 中嶋秀子
木枯しはじまる烏帽子仰山にうごく 阿部完市 春日朝歌
木枯しや小学生の立ち話 藤堂洗火
木枯しや母の紅衣が嬰包み 林 翔
木枯しや竹に隠れてしづまりぬ 松尾芭蕉
木枯しを戻りし鼻の尖りけり 那須淳男
木枯とわれを去りゆくわれのあり 千代田葛彦 旅人木
木枯と星とが知つてゐるばかり 矢田部芙美
木枯にあをあをと時流れけり 後澤 啼鳥
木枯にさらはれたくて髪長し 熊谷愛子
木枯にすつくと起きて水を欲る 金尾梅の門
木枯にひろげて白し小風呂敷(六年) 芥川龍之介 我鬼句抄
木枯にむきて歩きぬ連れだちて 高木晴子
木枯にもつとも近く泣きてをり 岸田稚魚 『雪涅槃』
木枯に三日月炎えて米騰る 萩原麦草 麦嵐
木枯に乗りて鴎となりにけり 草間時彦 櫻山
木枯に何聞き出でし火桶主 島村元句集
木枯に吹かれて落ちる群雀 杉山青風
木枯に吹き片寄りし星座燃ゆ 小山草土
木枯に吹落されし杓子かな 中勘助
木枯に国ありあれば亡命す 高野ムツオ
木枯に夕日うかべる信濃口 龍太
木枯に岩吹きとがる杉間かな 松尾芭蕉
木枯に干さばやうき世かくれ蓑 中勘助
木枯に押されて我も人も行く 阿部みどり女
木枯に星の布石はぴしぴしと 上田五千石 田園
木枯に本尊のまなこ仰ぎけり 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
木枯に杖一本を遺しけり 橋本榮治 麦生
木枯に槇割の木玉響きけり 椎本才麿
木枯に死とは翼のあるものか 鳥越すみこ
木枯に水藍青の田二枚 相馬遷子 雪嶺
木枯に波のうち合ふ暗さかな 青木月斗
木枯に浅間の煙吹き散るか 高浜虚子
木枯に海辺を走る狂女かな 比叡 野村泊月
木枯に町二階鎖す日中かな 冬葉第一句集 吉田冬葉
木枯に素十の微塵わが吸ふか 平井照敏 天上大風
木枯に細き煙管を吸ふ女 京極杞陽
木枯に老い父足を曳き歩む 相馬遷子 山河
木枯に耳をち切られて伝単張だ 熊王徳平
木枯に草の実ほけてとびにけり 中勘助
木枯に見えぬ夜の湖見据ゑつつ 那須 乙郎
木枯に負けぬは松の力かな 湖柳
木枯に身より剥がるる思ひあり 是川淑子
木枯に進まぬ馬の尿かな 青峰集 島田青峰
木枯に電線喚めく裾野かな 会津八一
木枯に鳥流されてゆきにけり 日原傳
木枯のいよ~つのるみとりかな 五十嵐播水 播水句集
木枯のうち白めゆくや川の面 西山泊雲 泊雲句集
木枯のごつんごつんと赤ん坊 齋藤愼爾
木枯のさきぶれに空蒼ざめり 関森勝夫
木枯のしんがりにつく童子かな 石嶌岳
木枯のたそがれてきぬ酒の燗 小澤碧童 碧童句集
木枯のつのりきし夜の犬のなく 桝本 澄子
木枯のはじまる山の音といふ 松本陽平
木枯のひとは奈落に灯を抱き 富澤赤黄男
木枯のひと村ゆゆし大根注連 中勘助
木枯のべうべうわが家細りけり 篠田悌二郎 風雪前
木枯の一吹きごとの大銀杏 富樫美津子
木枯の一樹おのれを責めとほす ほんだゆき
木枯の上野の山を鳴て来る 寺田寅彦
木枯の下はいつでも屋根ばかり 仙田洋子 橋のあなたに
木枯の中にて父情くづれ易し 島田柊
木枯の中にわが家あり子を泣かせ 安住敦
木枯の中大根が切られをり 萩原麦草 麦嵐
木枯の中金色に秩父暮る 田中冬二 行人
木枯の作る風紋踏みてゆく 高濱年尾
木枯の個展二号に花咲かせ 古舘曹人 能登の蛙
木枯の又吹きつのり山に住み 高木晴子 晴居
木枯の口に吹き入る修那羅仏 古舘曹人 樹下石上
木枯の叱声めくや父に蹤き 伊藤京子
木枯の吹きにし箒つかみ出づ 斎藤玄 玄
木枯の吹きぬく松はよき木かな 小杉余子 余子句選
木枯の吹き初め奈良の夜空見ゆ 右城暮石 声と声
木枯の吹き抜けてゆく喪の花輪 林 瑠美




木枯の地平少女の胴細る 宗田安正
木枯の夜の浪照る海月かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
木枯の夜の硝子越し土明るし 田川飛旅子 花文字
木枯の夜明が見えて波まくら 中拓夫
木枯の夜間働く温水器 高澤良一 宿好 
木枯の家誰か来て誰か去る 水上孤城
木枯の川引きよせて白蒲団 齋藤愼爾
木枯の底明るむを瞶めゐき 千代田葛彦 旅人木
木枯の急流夜の無人坂 清水径子
木枯の日には正座をして過ごす 対馬康子 純情
木枯の更行くかたや蝋だまり 其継 俳諧撰集「有磯海」
木枯の木霊修那羅の神の声 加藤知世子 花寂び
木枯の果てはありけり海の音 言水
木枯の橋を渡れば他国かな 一雄
木枯の武蔵野ぶりを見にも来よ 鈴木しげを
木枯の水を鵞毛の離れ得ず 内藤吐天 鳴海抄
木枯の波に捲かるゝ行方かな 鈴木真砂女 生簀籠
木枯の猿も馴染むか蓑と笠 服部嵐雪
木枯の町一筋や妙義裾 上村占魚 球磨
木枯の痩せゆく闇に死色見る 石原八束 空の渚
木枯の目を詰めてゆくゐざり機 文挟夫佐恵 雨 月
木枯の砂吹きのせてゐる木の葉 右城暮石 声と声
木枯の竹山越えて滝の音 吉武月二郎句集
木枯の笛資金カンパの売れ残る飴 田川飛旅子 花文字
木枯の絶間薪割る音起る 多佳子
木枯の背後はくらい水の反り 小倉緑村
木枯の脂粉なじまず旅鏡 殿村菟絲子 『路傍』
木枯の蠅しづかなる日向かな 金尾梅の門 古志の歌
木枯の過ぎしあとなる傷薬 小泉八重子
木枯の野を熱くせり持久走 鈴掛穂
木枯の野面や星が散りこぼれ 相馬遷子 雪嶺
木枯の関東平野夕焼たり 角川春樹
木枯の音して身より失せゆくもの 長田等
木枯の鯉を見にゆくひたごころ 斎藤玄 無畔
木枯は死の順番を告げて去る 福田甲子雄
木枯は邪鬼も神将も吹き鳴らす 加藤知世子 花 季
木枯へ絣くくりの目を澄ます 坂巻純子
木枯へ頸突込みて樽洗ふ 中村野茨
木枯も人のつけたる名なり鳧 几圭
木枯も使徒の寝息もうらやまし 西東三鬼
木枯やいづこどまりの柴車 加舎白雄
木枯やうしろの闇に追はれ来る 石原八束 空の渚
木枯やけものの如く傷舐めて 青木重行
木枯やこのごろ多き阿世の徒 達治 (癸未歳晩)
木枯やすかと芭蕉葉切りすてん 渡辺水巴 白日
木枯やすつくと立ちし富士の山 竹冷句鈔 角田竹冷
木枯やそれぞれ似たる馬の顔 上村占魚 鮎
木枯やつひにぞ動く山の湖 尾崎迷堂 孤輪
木枯やひろ野を走る雲のかげ 森鴎外
木枯やわが変身の虎吼ゆる 澤井我来
木枯やわれを支ふるものはわれ 下村梅子
木枯やバス待つ小銭温めつつ 甲賀山村
木枯や二つ越え来し又峠 東洋城千句
木枯や二十四文の遊女小屋 小林一茶
木枯や五指の痺れが抱ける書 石橋秀野
木枯や刈田の畔の鉄気水 惟然
木枯や別れてもなほ振り返る 室生犀星 遠野集
木枯や千金丹の看板に 田中冬二 行人
木枯や南部鉄瓶売りにゆく 佐川広治
木枯や古き港の草屋町 吉武月二郎句集
木枯や吹き残されて鐘の疣 会津八一
木枯や吹き霽らしたる海の色 中川宋淵 詩龕
木枯や坂の下まで小買物 白水郎句集 大場白水郎
木枯や堪ゆるべきことなほあまた 『定本石橋秀野句文集』
木枯や塩鮭の腹の塩しろく 田中冬二 俳句拾遺
木枯や大津脚袢の店ざらし 太祇
木枯や天狗酒飲む*がうの上 幸田露伴 竹芝集
木枯や女犯に通ふ僧の面 野村喜舟
木枯や子らゐぬ村の冬砧 中勘助
木枯や寝て聴く汽車は宙をゆく 千代田葛彦
木枯や寺の襖のみな動く 増田龍雨 龍雨句集
木枯や小便に立つ金剛座 会津八一
木枯や小指の傷をかばふ四指 石川文子
木枯や小鳥の足を皿に残す 田川飛旅子 花文字
木枯や山脈北へ走るのみ 石嶌岳
木枯や嶺起し電線話中ゥ 松根東洋城
木枯や巌に走り来冲す浪 松根東洋城
木枯や川ふきもどすさゝら波 百池
木枯や巨舶浪長う乗る一里 松根東洋城
木枯や市に業(たづき)の琴をきく 白雄
木枯や当引(あてひこ)吊りの坑夫の坂 石原八束 秋風琴
木枯や彩の闃寂の深海魚 松根東洋城
木枯や後の山も遠からず 社燕
木枯や我をむかふる人あらば 上村占魚 鮎
木枯や故郷の火事を見る夜かな 寺田寅彦
木枯や日もてり雪も吹たらず 樗良
木枯や日暮れて白き干大根 中勘助
木枯や星明り踏むふたり旅 中村真一郎
木枯や星皆生きて夜の空 東洋城千句
木枯や昼の灯に売る舟切符 本多佑子
木枯や昼の酒のむ二人きり 太田鴻村 穂国
木枯や晩年鶴のごと吹かれ 桑原視草
木枯や更け行く夜半の猫の耳 北枝
木枯や更行く夜半の猫のみみ 立花北枝
木枯や月いたゞきて人急ぐ 星野立子
木枯や村の床屋の捩りん棒 田中冬二 俳句拾遺
木枯や村人つどふ鍋のもと 妻木 松瀬青々
木枯や東京の日のありどころ(六年) 芥川龍之介 我鬼句抄
木枯や松一木あれば松の風 残夢
木枯や根浅く生きて籔柑子 碧雲居句集 大谷碧雲居
木枯や楠くぐりぬく濠の水 横光利一
木枯や残れる灰の焼却炉 石川桂郎 四温
木枯や母の紅衣が嬰包み 林翔
木枯や汐引くごとく客去りて 鈴木真砂女 夕螢
木枯や海女の足裏水底に 横光利一
木枯や消しのこしある厩の灯 上村占魚 鮎
木枯や深山秀虚空鷲一羽 松根東洋城
木枯や灯心売のうしろ影 暁台
木枯や灼かれて薄き喉仏 冨士眞奈美
木枯や為すことありて夜を更かす 山口波津女 良人
木枯や焼鳥屋火を荒づかひ 土生重次
木枯や熱き機関車の辺を過ぐる 福田蓼汀 山火
木枯や燃え減らしたる竹火箸 冬葉第一句集 吉田冬葉
木枯や牛馬は歩く度に光る 加藤知世子 黄 炎
木枯や牡蠣にまぎるゝ無縁墓 沢木欣一
木枯や生涯もまた一行詩 小野恵美子
木枯や畠つたひにいぬの柩 会津八一
木枯や百度を踏める一女人 河野静雲 閻魔
木枯や目刺にのこる海のいろ 龍之介
木枯や相を異にす土止石 上村占魚 『方眼』
木枯や眠れば暗き夢ばかり 松尾金鈴
木枯や眼光ひかる人に逢う 細木芒角星
木枯や砂の消しゆく鴎の死 橋本榮治 麦生
木枯や竹にかくれてしづまりぬ 芭蕉 (竹画讃)
木枯や竹に隠れてしづまりぬ 松尾芭蕉
木枯や笑へば影の揺れはじむ 仙田洋子 橋のあなたに
木枯や簀子の下を通る音 エド-奚魚 十 月 月別句集「韻塞」
木枯や索く綱に牛顔突き出す 池内友次郎 結婚まで
木枯や紫摧(くだ)け紅敗れ 子規
木枯や老の身につく古人の句 小澤碧童 碧童句集
木枯や耳ある佛眼を瞑る 殿村菟絲子 『菟絲』
木枯や耳張りづめに馬眠り 六本和子
木枯や背広を脱げば子供来て 藺草慶子
木枯や胡麻煎れば鍋はじく音 松根東洋城
木枯や脂がゝりし魚の味 露月句集 石井露月
木枯や菊子夫人の菊づくし 大木あまり 火のいろに
木枯や酒恋しくて巷へ出る 成瀬正とし 星月夜
木枯や重さもあらず浄め塩 有働 亨
木枯や鋭く切れて山の襞 浅見まき子
木枯や錦をさらす京の店 大須賀乙字
木枯や鎮魂の書を膝の上 加藤耕子
木枯や鐘に小石を吹きあてる 蕪村
木枯や門内に飼ふ牛二頭 大峯あきら 鳥道
木枯や露店の魚の目の乾き 五領田幸子
木枯や鞭につけたる赤き切れ 虚子 (満州にて)
木枯や駆込寺の竹箒 有馬朗人 天為
木枯や髪もろともに乱れゐて 直人
木枯や鬼に還らむ父の貌 秋山巳之流
木枯や鴉の肩がつばさ垂れ 榎本冬一郎 眼光
木枯や黙りこけたる椅子ひとつ 妹尾 健
木枯よながれゆくへのしづけさのおもかげゆめみいざこの夜ねむ 落合直文
木枯よ削り過すな山の形 麦水
木枯よ達磨の尻を吹きまくれ 会津八一
木枯らしに吹かれ手のひら湖をなす 阿部誠文
木枯らしやどちへ吹かうと御意次第 芥川龍之介
木枯らしや光は物に即きながら 桑原三郎
木枯らしや夜半の中なるわが机 英治
木枯らしや海に夕日を吹き落す 夏目漱石
木枯をききとめて唇乾く夜ぞ 岡田 貞峰
木枯を吾子は単車で帰るはず 木暮つとむ
木枯を抜けて人間軽くなり 鈴木築峰
木枯を押しつつむ大き湖明り 山口草堂
木枯を父流水を母の声 千代田葛彦
木枯を秘色としたり白襖 齋藤愼爾
木枯を背に待つ人のなき家路 中島京子
木枯一号たましいの白い男と 三池泉
東京の木枯にたち方位なし 福田甲子雄
枯枝が落つ木枯の吹き熄む間 右城暮石
桶の箍緊り木枯第一号 池田秀水
楽器店木枯にもう蹤けられず 和田耕三郎
武蔵和紙木枯いろに漉き重ね 西村梛子
武蔵野の木枯となりゆく疾風 殿村莵絲子 雨 月
歩を止めて木枯すがりくるを待つ 仙田洋子 橋のあなたに
死は深き睡りと思ふ夜木枯 遷子
母と子の違ふ木枯し聞き澄ます 倉橋羊村
母留守の父の飲食木枯す 岸田稚魚 筍流し
水枕して木枯を聞きゐたる 片山由美子
汽車過ぎて木枯闇に残さるる 内藤吐天 鳴海抄
波郷忌の誘ふ木枯はじまれり 馬場移公子
海に出て木枯帰るところなし 誓子
海の上進む木枯見えにけり 沢木欣一 赤富士
煙草咥へて木枯の日を偸むかな 石川桂郎 含羞
煤の木枯来世も夫と棲む家建つ 殿村菟絲子 『牡丹』
熱き風呂忽ち落とす木枯へ 殿村莵絲子
狂句木枯の身は竹斎に似たる哉 松尾芭蕉
珈琲濃し木枯めぐる六本木 柴田白葉女 雨 月
男ひとり木枯の空歩みゆく 相馬遷子 雪嶺
痩せ木枯道路工事の灯を舐めし 石原八束 空の渚
百済観音木枯きくや身の細り 加藤知世子 花 季
睡るべくしばらくねむる遠木枯 千代田葛彦 旅人木
瞠きみる夜の木枯の一団を 千代田葛彦 旅人木
空にて滅びし鳥のむくろの行方など想いぬ木枯し吹く真夜の床 光栄堯夫
空に鳴り木枯われを枯らすなよ 山上樹実雄
窯火守りゐし瞳を木枯に据ゑんとす 林原耒井 蜩
箒売り木枯沁みし茶色の瞳 八牧美喜子
箒持ち子が木枯の道に出て 岸田稚魚
絶壁に木枯あたるひびきかな 夏目漱石 明治三十二年
繩一本闇に遊ばせ木枯去る 桂信子 黄 瀬
耳鳴りの果て木枯となりにけり 石嶌岳
肺二つ曝す木枯澄みにけり 文挟夫佐恵 黄 瀬
胸の言葉木枯を来て奪はるる 高木美紗子
花束ねをり木枯の玻璃のうち 猪俣千代子 秘 色
藍蔵の壷木枯を聴いてをり 杉浦典子
蝦夷の裔にて木枯をふりかぶる 鬼房
補聴器や木枯しは身を貫きて 松山足羽
路地住みの終生木枯きくもよし 鈴木真砂女 夕螢
身を枯らす木枯もあり繭ごもり 中村苑子
身を責める夢木枯に吊さるる 石原八束 人とその影
酔怯む貯炭の底も木枯しも 小林康治 玄霜
陶器の天使が売れた 木枯骨董店 伊丹公子
雉子啼くや卯つ木枯萱雲も見つ 渡辺水巴 白日
音がしておりし木枯肩を押す 田川飛旅子 花文字
顔出せば木枯囃す船溜り 小林康治 玄霜
風を着て木枯に声とどかせる 津根元 潮
こがらしをゆく白日の汽車恠し 下村槐太 天涯
こがらしをゆめに躱すかさし枕 加藤郁乎
こがらしをわづかにまねく庭木かな 服部嵐雪
こがらしをピアノ売りたる部屋にきく 澁谷道
こがらしを追ひて暮れゆく竜の髭 下村槐太 天涯
ぬれいろをこがらし吹や水車 炭 太祇 太祇句選後篇
家よりも低きこがらし垣内過ぐ 下村槐太 天涯
星と星かち合ふこがらし ああ日本はするどき深夜 葛原妙子
鳴く山羊に寝床を起きて行く妻や夢のつづきの如きこがらし 近藤芳美
明治神宮
凩に乗馬倶楽部の看板鳴る  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-11-30 00:06 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23328141
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング