冬野

冬野

例句を挙げる。

いちはやく白山覚めし冬野かな 金尾梅の門 古志の歌
いつの日も冬野の真中帰りくる 平井照敏
いとし我が影法師行く冬野道 福田清人 坂鳥(附・生い立ちの記)
しかられて冬野に係累捨てにゆく 糸山由紀子
そのまゝの去歳をことしの冬野哉 幸田露伴 江東集
たそがれの大雲動く冬野かな 中川宋淵
なほ目ざす冬野明るき道のあり 稲畑汀子
ひともとの松はるかなる冬野かな 金尾梅の門 古志の歌
サーカスの幕よりたやすく冬野に出る 橋本美代子
一ト抓みほどの菜畑ある冬野 沖鴎潮
伯楽が鍼に血を見る冬野かな 黒柳召波 春泥句集
冬野あり誉れの高き一樹あり 中烏健二
冬野かへる群羊に牧夫ぬきん出て 橋本多佳子
冬野の犬回帰してその空虚を嗅ぐ 竹中宏 饕餮
冬野より大きな花を見せにくる 柿本多映
冬野より父を呼ぶ声憚らず 福永耕二
冬野来て風の継ぎ目の言葉欲し 奥原雉城
冬野来る靴音か父母に逢う音か 長谷川かな女 牡 丹
冬野行きつめ尖つた山の下に宿とる 人間を彫る 大橋裸木
司会者のゐない冬野のドラマが昏れ 野村秋介
土までも枯てかなしき冬野哉 高井几董
地の窪に屋の棟見ゆる冬野かな 岩木躑躅
地震過ぎし冬野はるかに雲の照り 金尾梅の門 古志の歌
夕ぐれは冬野の虹をくぐりぬけ道行く川と誰にか告げむ 安永蕗子
夕映の冬野をつなぐ橋ひとつ 角川春樹
大仏を見かけて遠き冬野かな 高井几董
天に手の昏れ残りゐる冬野かな 河原枇杷男 密
姉を焼いて臙脂のロールスロイスで冬野 橋田サカエ
学校の旗竿高き冬野かな 正岡子規
寝すごす冬野昨日が犬の形で来る 磯貝碧蹄館 握手
川に沿ひ川に別れて冬野行く 西村数
巨き手の影ある冬野冬の河 野崎眞理子
手も出さず物荷ひ行冬野哉 来山
手庇をそれて鳶舞ふ冬野かな 板谷芳浄
捨人やあたゝかさうに冬野行く 其角
暗くなる冬野ほのかに壁を残し 大井雅人 龍岡村
書庫に羽毛ただよえり冬野を呼べり 渋谷道
東西に汽車のわかるる冬野かな 金尾梅の門
玉川の一筋光る冬野かな 内藤鳴雪
生て世に古銭堀り出す冬野かな 黒柳召波 春泥句集
紅の唇冬野の神に見られけり 殿村菟絲子
終の日か冬野を真直ぐに立ちゆく烟 赤城さかえ句集
草も木も枯れつくしたる冬野来て背に負へる子の重みのみあり 島田修二
菜を洗ひ冬野の水を皺にする 古館曹人
虹の唇冬野の神に見られけり 殿村菟絲子 『路傍』
蜀に入る冬野の道や驢馬の糞 蘇山人俳句集 羅蘇山人
豊作も凶作の田もたゞ冬野 遠山みよ志
貝塚に石器を拾ふ冬野哉 正岡子規
鈍行を愛し冬野へ身をゆだぬ 金箱戈止夫
離村して冬野にすてし糸車 小鷹ふさ子
音が生みたい冬野の蹄鉄日があゆむ 磯貝碧蹄館 握手
骨灰となりぬ冬野のてのひらに 齋藤玄 『玄』
冬の蚊の終の野にゆく聲ならん(さる女に示す) 廣江八重櫻
冬の野に壜を捨てては夢みけり 正木ゆう子
血のやうな真赤な日が沈み冬の野を汽車の走る 四丁句集第一巻 鵜沢四丁
電線の光とぎれて冬の野ヘ 阿部みどり女 笹鳴
お日照るや雪野のくまの鵯のこゑ 金尾梅の門 古志の歌
きんいろのきつねの駆けた足跡か雪野に滲むちいさな闇は 加藤治郎
はてしなき雪野に鶴は朱を点ず 木下ふみ子
みかへれば雪野のひかり榛にそふ 川島彷徨子 榛の木
一片の雪だにつけず雪野の木 小澤實
二タ杉より離々の人家の雪野かな 野村喜舟 小石川
分水嶺汽車を雪野へ放ちけり 羽部洞然
啼かず飛ばず雪野鴉の二羽三羽 鈴木真砂女 夕螢
夕空や雪野に黒き楊柳 永井龍男
子が知れる雪野の果の屠殺場 澤木欣一
帰農記に雪野の果の木は入れず 細谷源二 砂金帯
後続を待てり雪野の平にて 津田清子
手の平を落とし雪野に転びたる 大石雄鬼
林檎置く車窓雪野は果もなく 永井龍男
柏の葉生きて雪野を駈けつづく 堀口星眠 営巣期
清算のごとく雪野の石の家 三谷昭 獣身
玉川の一筋光る雪野かな 内藤鳴雪
画竜点晴どころではなく雪野かな 櫂未知子 蒙古斑
略奪の速さに過ぎて雪野汽車 岡本 眸
白馬ばかり朝焼けゐるよ雪野果て 角川源義
眼とひたいで出逢う雪野に光り合い 岩間愛子
禽のみに目聡く斑雪野に住めり 堀口星眠 営巣期
花嫁が雪野まぶしき駅に下車 阿部みどり女
行人に雪野の起伏晴れにけり 金尾梅の門 古志の歌
踏みわたる雪野日たけつ鶏遠き 金尾梅の門 古志の歌
雪野へと続く個室に父は臥す 櫂未知子 貴族
雪野ゆくもろ手隠して背を曲げて 鈴木真砂女
雪野ゆく誰もひとりの手を垂れて 阿部誠文
雪野一個所肥壷にふくらめる 栗生純夫 科野路
雪野原涯に昼餉のうすみどり 平井久美子
雪野来て雪野の果に灯をともす 三谷昭 獣身
雪野照り莎の金ンの紛れたる 成田千空 地霊
雪野行き吾には吾の放浪記 大橋敦子 匂 玉
雪野遠し墓に遇ふさへ親しくて 成瀬桜桃子 風色
雪野鴉雨誘ふ声しぼるなり 金尾梅の門 古志の歌
風紋のしるき雪野を踏み戻る 辻 桃子
騎初や鞭加へ越す雪野原 広江八重櫻
ひた歩く雪原恋の罠あらずや 仙田洋子 雲は王冠
ぼほと日が落つ雪原の畦木ども 桜井博道 海上
まぶしくて雪原ひかりの鹿ふやす 永田耕一郎 氷紋
みそさざい聴く雪原に橇止めて 小坂順子
一村のみ雪原白紙委任状 河野薫
久々に照る雪原のあの木この木 佐野良太
体重をかけ雪原を横切らねば 嶋田摩耶子
傷あらぬ雪原に顔埋めたし 能村研三 騎士
初鴉雪原低くとびつづけ 小野池水
唇耳そばだてて雪原を遠く見る 飯田龍太
夜の嶽を燈が登りゆく根雪原(立山連峰) 河野南畦 『湖の森』
山室のひとつ灯蒼む根雪原 河野南畦 湖の森
川鳴れど雪原暮れて道失ふ 岡田日郎
影一つだになくて雪原睡くなる 野澤節子 遠い橋
採氷や唯雪原の網走湖 唐笠何蝶
星白く炎えて雪原なほ暮れず 相馬遷子 雪嶺
月光の雪原を這ふはぐれ雲 岡田日郎
朝日さす雪原金沙銀沙照り 鈴木貞雄
林檎の芯抛る雪原の大反射 内藤吐天 鳴海抄
枯葉揉まるる音澄んで雪原の月 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
根雪原影の嶽おく月明り 河野南畦 湖の森
橇失せぬ雪原と星あふところ 平野 露子
汽笛しみゆく雪原の果に出そむ星 シヤツと雑草 栗林一石路
汽車全く雪原に入り人黙る 西東三鬼
没日の後雪原海の色をなす 有働亨 汐路
泉まで雪原踏まれ往来あり 岡田日郎
燈台の燈が雪原へ伸び切れず 河野南畦 『硝子の船』
白日の雪原を行く浚はれゆく 成田千空 地霊
眠りも祈り雪原は雪重ね 齋藤愼爾
硝子戸に雪原あふる卒業歌 有働亨 汐路
耳そばだてて雪原を遠く見る 飯田龍太 童眸
耳聾ひて雪原と青空にあり 千代田葛彦 旅人木
若さ遣り場なし雪原の道つゞく 右城暮石 声と声
雪原とならばまた来む芒原 橋本美代子
雪原においてきぼりのごと一戸 高澤良一 随笑 
雪原におらぶ言の葉なさぬ語を 川口重美
雪原につんと彳ちたる萱いっぽん 高澤良一 随笑 
雪原にまつたき夕日垂れ来たる 石橋辰之助 山暦
雪原にわが機影投げ初飛行 室賀杜桂
雪原にわが誕生の紅一すじ 魚沼泉
雪原に佇つ初陣のこころあり 中原道夫
雪原に兵叱る声きびしかり 片山桃史 北方兵團
雪原に到り双手を挙げて会ふ 成田千空 地霊
雪原に北斗の針の廻りけり 福田蓼汀 秋風挽歌
雪原に北斗七ツの六ッ昇る 岡田日郎
雪原に十勝の月をあげにけり 星野松路
雪原に呼気のみ太しゆまりして 川口重美
雪原に土よりの杭うらがなし 成田千空 地霊
雪原に天つ日暗きまで照りぬ 岡田日郎
雪原に太のどのびて鶏鳴す 北原志満子
雪原に小さき礼拝堂暮れ残る 仙田洋子
雪原に川あらはれて重きかな 桜井博道 海上
雪原に建てて見捨てて己が墓 中島斌雄
雪原に月光ゆらぐこともなし 岡田日郎
雪原に月光充ちて無きごとし 岡田日郎
雪原に杭打つ土の匂ふまで 加藤憲曠
雪原に汽笛の沈む成木責 石田波郷
雪原に沼あり水晶水湛ふ 岡田日郎
雪原に灯して牧舎年を守る 金箱戈止夫
雪原に片手袋の指忘れ 対馬康子 吾亦紅
雪原に犬放ち炉火熾んなり 河野南畦 『黒い夏』
雪原に白顕ち晒す布の丈 野澤節子 『存身』
雪原に硬き闇あり星を嵌め 相馬遷子 雪嶺
雪原に立方体のホテルかな 岩崎照子
雪原に紛れざらんと鶴啼けり 岸田稚魚 筍流し
雪原に行き暮れいつか星の中 岡田日郎
雪原に踏み入るなんと淋しき世 熊谷静石
雪原に道あるらしや人遠し 高木晴子
雪原に雪原の道ただ岐る 八木林之助
雪原に雪降り月光の跡癒やす 岡田日郎
雪原に風吹き夕日消しにけり 岡田日郎
雪原に鴉の掟翔けては降り 齋藤愼爾
雪原のいづこ月光ひらりと舞ふ 岡田日郎
雪原のおのが影へと鷲下り来 山口草堂
雪原のなかに川ある墳墓の地 佐川広治
雪原の一樹かがやき囀れり 相馬遷子
雪原の一樹高しと日はのぼる 石田波郷
雪原の三寒四温浅間噴く 相馬遷子 山国
雪原の中に春立つ産屋はも 依田明倫
雪原の人か一点動くを待つ 有働亨 汐路
雪原の兎の足跡藪目指す 斉藤志津子
雪原の夜明孤屋は火を燃やす 福田蓼汀 秋風挽歌
雪原の夜風ぶつかれ街に酔ふ 石橋辰之助 山暦
雪原の天地神明去りがたし 古舘曹人 能登の蛙
雪原の平らに書かれし遺書ありき 寺田京子
雪原の日矢に盲ひし達磨売り 木内彰志
雪原の月光かたまる一巨木 岡田日郎
雪原の月枯蔓に大いなる 西本一都
雪原の木の影あはし影を踏む 仙田洋子 橋のあなたに
雪原の果て見て歩くばかりなり 永田耕一郎 氷紋
雪原の極星高く橇ゆけり 橋本多佳子
雪原の水漬く一線菜現れぬ 原田種茅 径
雪原の水音鈴ふるごと暮るる 鷲谷七菜子 雨 月
雪原の深創ゑぐり天塩川 山崎秋穂
雪原の焚火に月の上りけり 岩田由美
雪原の白光月光を以つて消す 岡田日郎
雪原の突起もつとも白き藁塚 河合凱夫
雪原の藁塚として寄り添へる 樋笠文
雪原の藍の彼方の吾子七夜 堀口星眠 営巣期
雪原の見えぬところに翳生ず 宗田安正
雪原の赤きサイロのロシヤ文字 松崎鉄之介
雪原の起伏失せつゝ雪深む 大橋敦子 匂 玉
雪原の雪舐め老犬牛を追ふ 岡田日郎
雪原の靄に日が溶け二月盡 相馬遷子 雪嶺
雪原の青さ身に沁む朝の楽 堀口星眠 火山灰の道
雪原の風遠し樹氷晶々と 内藤吐天
雪原の高き一樹を恃みとす 小澤克己
雪原の黒きところが能の村 佐川広治
雪原は月読神伏してゐる 平井照敏
雪原やとんで二つの監視塔 石川桂郎 高蘆
雪原や抜きさしの歩の女の息 猪俣千代子 堆 朱
雪原や肩から上の人往き来 嶋田摩耶子
雪原や落ち方の月隈見する 臼田亞浪 定本亜浪句集
雪原をわたる日ざしに馬放つ 木村凍邨
雪原を分つ落葉松襖かな 古賀まり子 緑の野以後
雪原を琴唄まろびゆく夕べ 文挟夫佐恵 雨 月
雪原を跳びては羽摶ち鶴の舞 伊東宏晃
雪原を跳び跳ぶ兎一未来 中島斌雄
雪眼鏡雪原に日も牛も碧き 橋本多佳子
馬となるべき魂あをく雪原に 正木ゆう子
鴨飛んで雪原に大き影落す 林 翔
鷲下りて雪原の年あらたなり 草堂
黄鷹の雪原の果まで飛翔 長谷川かな女 花寂び
冬の原チンギス・ハーンを再生す 中田 美子
流星を連れに語らず冬の原 金尾梅の門 古志の歌
白日は硫気に染まず冬の原 渡邊水巴 富士
やがてたつ鶴粛然と雪の野に 竹下陶子
元日の日輪雪の野をわたる 宮崎青岬
墓前なり月山雪の野に泛ぶ 篠田悌二郎
降る雪の野の深井戸の谺かな 高柳重信
雪の野にもろびとこぞりて雪汚す 今泉康弘
雪の野に夜陰おもたき寺廂 松村蒼石 雪
雪の野に拾ふ薄墨羽毛なり 古賀まり子 緑の野以後
雪の野に狭軌の鉄の路つづく 山口誓子 紅日
雪の野のいま夕鶴に波うてる 古館曹人
雪の野のふたりの人のつひにあふ 山口青邨(1892-1988)
雪の野の上に見えつつ富士ヶ嶺はくろずむ雲とともに黒ずむ 宮原勉
雪の野の兎華麗な罠に陥つ 能村研三 騎士
雪の野の彼方を行くは知る人か 高濱年尾 年尾句集
雪の野の灯影まことに片ほとり 中村草田男
雪の野や畝なす茶垣遠黝し 杉山岳陽 晩婚
雪の野を一人学校より帰る 山口誓子 紅日
雪の野を方向づける川流れ 津田清子 二人称
雪の野を最上の幅でおし通す 津田清子

芸術劇場 高橋竹山 孤高の響き
じゃみせんじょんから坊様(ぼさま)に蹤きて雪の原  高澤良一  燕音

以上
by 575fudemakase | 2014-12-01 00:34 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23343346
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング