冬の夜

冬の夜

例句を挙げる。

くちびるに湯呑みの厚み冬の夜 雅人
この館のゆゝしき冬の夜をおもふ 久保田万太郎 草の丈
ごろ菫といはれし冬の夜なるかな 冬の土宮林菫哉
すみ~にものおく冬の夜はをかし 成美
一輪挿しの花びらが冬の夜に舌出してる 人間を彫る 大橋裸木
上等の茶筅つくりは冬の夜に 福井甲東子
亡き母と普賢と見をる冬の夜 野見山朱鳥(1917-70)
人に霧笛きこえて冬の夜の灰皿 古沢太穂 古沢太穂句集
人愛したき冬の夜のものがたり 千本木 早苗
冬の夜のついつまされて子を見やる 冬の土宮林菫哉
冬の夜のサイン・コサインはるかなり 高澤晶子 純愛
冬の夜の人のなさけにすがるとき 久保田万太郎 流寓抄
冬の夜の人をへだてし何の齟齬 稲垣きくの 黄 瀬
冬の夜の匂ひを甘しとしか言へず 加倉井秋を 午後の窓
冬の夜の哀しき父が筆稼ぎ 石塚友二 光塵
冬の夜の四方の山や風明り 癖三酔句集 岡本癖三酔
冬の夜の地面を風が吹き払ふ 高木晴子 花 季
冬の夜の夢相遇ふて父子若し 松村蒼石 春霰
冬の夜の子にきかるるは文字のみ 福田甲子雄
冬の夜の小屏風立てゝ寐入りけり 筏井竹の門
冬の夜の巷に鶴を飼ひなれし 犀星
冬の夜の母木ひそかに芽吹きをり 原裕 葦牙
冬の夜の汽車発つ音に心とむ 山口波津女 良人
冬の夜の湯槽の底を踏まへゐる 日野草城
冬の夜の灯のおちつきにひそむ魔か 久保田万太郎 流寓抄
冬の夜の灯のなまめきて来りけり 久保田万太郎 草の丈
冬の夜の灯二つ見えて茶屋二軒 佐藤生巣
冬の夜の犬呼び入れて鎖す隣 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
冬の夜の狐は親のなくやらん 中勘助
冬の夜の目の行く方や魚戸棚 浜田酒堂
冬の夜の瞑れば過ぐ青き馬 今井杏太郎
冬の夜の茶碗部厚やたなごころ 草間時彦 櫻山
冬の夜の語り部となる師のたばこ 小島千架子
冬の夜の遠き厠や狸沙弥 田山耕村
冬の夜の那須野は雲にまみれけり 渡邊水巴 富士
冬の夜の雨音わが部屋難破船 和田耕三郎
冬の夜の音も迫らず水車かな 尾崎迷堂 孤輪
冬の夜の顔半分の闇にゐる 島崎妙子
冬の夜の風飄々と広間かな 梧月
冬の夜はをとこの海鳴りす 角川春樹(1942-)
冬の夜やいさゝか足らぬ米の銭 木歩句集 富田木歩
冬の夜やおとろへうごく天の川 渡邊水巴
冬の夜やきのふ貰ひしはりまなべ 一茶
冬の夜やこゝに居られるはずの方 高木晴子
冬の夜やふつふつ煮ゆる鍋のもの 筏井竹の門
冬の夜やものをつゝめる影と息 長谷川零余子
冬の夜や亡き母の手蹟誰れも知らず 佐野青陽人 天の川
冬の夜や今戸八幡隅田川 道芝 久保田万太郎
冬の夜や寺の流しに鳴く鼠 古白遺稿 藤野古白
冬の夜や小便小路寺小路 小杉余子 余子句選
冬の夜や小鍋立して湖の魚 草間時彦 櫻山
冬の夜や廻廊の欄月ありて 尾崎迷堂 孤輪
冬の夜や我に無芸のおもひ有 高井几董
冬の夜や我俳諧のありどころ 小杉余子 余子句選
冬の夜や文字微塵数に華厳経 尾崎迷堂 孤輪
冬の夜や星ふるばかり瓦竈 久保田万太郎 草の丈
冬の夜や末頼もしく子を抱き 野村喜舟 小石川
冬の夜や柱暦の望の影 尾崎紅葉
冬の夜や柾目の廊下つぎつぎと 横光利一
冬の夜や柿の葉なぞの早落ちず 尾崎迷堂 孤輪
冬の夜や槌音返す壁聳ゆ 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
冬の夜や母の手紙を返し読む 五十嵐播水 播水句集
冬の夜や母われにつく正信偈 大橋櫻坡子 雨月
冬の夜や油しめ木の怖ろしき 青々
冬の夜や油一皿紙五枚 星野麦人
冬の夜や海ねむらねば眠られず 鈴木真砂女
冬の夜や火の影細し綿車 大阪-本好 俳諧撰集「藤の実」
冬の夜や犬上り寝る米俵 西山泊雲 泊雲句集
冬の夜や白き襖の瞳をもてり 太田鴻村 穂国
冬の夜や空に流るる水匂ふ 仙田洋子 橋のあなたに
冬の夜や笄ながき女夫髷 久保田万太郎 草の丈
冬の夜や花なき瓶の影法師 癖三酔句集 岡本癖三酔
冬の夜や軍サ神なる諏訪の神 尾崎迷堂 孤輪
冬の夜や辞しゆくひとの衣のしわ 鈴木しづ子
冬の夜や迷路のごとき門司の坂 白虹
冬の夜や逆さに吊りし大鮪 鈴木真砂女 生簀籠
冬の夜や鵠の声をきゝわぶる 白雄
冬の夜をいつも灯ともす小窓かな 虚子
冬の夜を冴えし瞳と居りにけり 室生犀星 犀星發句集
冬の夜を梅咲く襖四枚かな 東洋城千句
冬の夜を海と山とに別れけり 古白遺稿 藤野古白
冬の夜を真丸に寝る小隅哉 一茶 ■文化十二年乙亥(五十三歳)
冬の夜を蒼き耳してゆく子かな 神山姫余
冬の夜を語る麻布の七不思議 大谷句仏
冬の夜子のまぶた貝殻のごと 細見綾子
冬の夜松黒く積み貨物駅 長谷川かな女 花 季
冬の夜海眠らねば眠られず 鈴木真砂女
冬の夜烏蘭茶のわる紅い箱 梅林句屑 喜谷六花
冬の夜音符になっている二人 山口 剛
地震前の部屋なつかしむ冬の夜 五十嵐播水
夫使ひし耳掻き吾も冬の夜 田中英子
富士に映えし日は冬の夜に落ち込みぬ 渡邊水巴 富士
小鍋置て冬の夜を待つ数奇心 几董
尖塔の記憶ばかりの冬の夜 対馬康子 愛国
彫深き顔と冬の夜の薔薇と 石塚友二
戸締りをして冬の夜となりにけり 井瀬郁子
提灯に死馬恐しや冬の夜 河野静雲 閻魔
明日香村字大耳の冬の夜 坪内稔典
殿中の管弦冬の夜毎かな 藤森百種
沈黙の心を冬の夜が結ぶ 阿部みどり女
病人の炬燵に火を足して冬の夜終る 人間を彫る 大橋裸木
病院の冬の夜いつか時刻過ぎ 高浜年尾
神ともにませば独りの冬の夜も 岡安仁義
絆創膏張つた顔のきまじめな冬の夜だ 人間を彫る 大橋裸木
脛毛濃く冬の夜白い薬呑む 和知喜八 同齢
詩一章柿二顆冬の夜は更ぬ 子規
迷路めく階段冬の夜の新居 皆吉司
鏡買うて女の戻る冬の夜 春日部春二
闇走る犬猫どもの冬の夜 誓子
雨漏太鼓冬の夜の足温め合う 田川飛旅子 花文字
飼はれたる梟にまた冬の夜 門奈明子
黒ビール飲み冬の夜の食堂車 長谷川青窓
「冬夜もこのまま」澄みて鋭き眼ざしも 鈴木六林男 第三突堤
ある寒夜ふつりと男らに混じる 金田咲子 全身 以後
いつわりの言葉みずみずしき寒夜 寺島敦子
うすべりに寒夜の猫の貌みがく 金尾梅の門
おのおのの遠く帰りし冬夜かな 吉武月二郎句集
けもの親しく膝にして冬夜もの書く 人間を彫る 大橋裸木
ここにかうしてわたしをおいてゐる冬夜 種田山頭火(1882-1940)
さすらひの伏屋に寒夜の胡桃をわる 中勘助
さはさはと蟹這ふ冬夜の地学室 中拓夫 愛鷹
たかぶりて冬夜水飲み座にもどる 右城暮石 声と声
ためらはず友の手借りぬ冬夜の階 石田あき子 見舞籠
ちりちりと寒夜の繊維脱げば鳴る 友田 浩
なげきつゝ寒夜の氷わる母よ 中尾白雨 中尾白雨句集
なにもかも知れる冬夜の厠神 飯田蛇笏 霊芝
にんげんを大河内傅次郎を話す冬夜青年が真向き 中塚一碧樓
はるかなる寒夜に母の声まじる 赤城さかえ句集
ひとり読んで花枯るる床や寒夜の燈 飯田蛇笏 山廬集
ふつつり思ひきり冬夜の長い橋渡る 人間を彫る 大橋裸木
またも雨冬夜は馬と滅ぶ夢 宇多喜代子
やゝにして己れ見出でし冬夜かな 尾崎迷堂 孤輪
ゆふやみが寒夜へ急ぐ惻惻と 下村槐太 天涯
わがことに妻子をわびる冬夜かな 飯田蛇笏 山廬集
わが部屋の上に人棲む寒夜かな 鈴木真砂女 夕螢
われを呼ぶ患者寒夜の山中に 相馬遷子 雪嶺
アドルムを三鬼にわかつ寒夜かな 横山白虹
カンパ帖が寒夜のみやげ咎むな妻 赤城さかえ句集
サイフォンに胎動兆す寒夜なり 皆吉司(1962-)
ズボンの皺皆気にしつゝ冬夜辞す 右城暮石 上下
パンドラの箱のつぶれし寒夜かな 石田美保子
フォークダンスの冬夜つなぐ手胸の高さ 田川飛旅子
マンホールの水音寒夜は火の音す 寺田京子 日の鷹
ルンペン氏わらひのぞける冬夜宴 河野静雲 閻魔
一つある寒夜の林檎むかんとす 田村木国
一握の緑うれしき冬夜かな 寺田寅彦
一等星欅に荒き寒夜かな 渡辺水巴 白日
中尊寺毛越寺のみな冬夜かな 尾崎迷堂 孤輪
乗りすごし降りたる駅の唯寒夜 相馬遷子 山国
二等待合に赤帽の帽がどす黒い寒夜で 梅林句屑 喜谷六花
二階屋を水音縦に切る寒夜 大井雅人 龍岡村
亡き犬もまじる寒夜の遠吠えは 馬場移公子
人の家の冬夜さざめき詩の如く 大岳水一路
仏彫る耳より冷ゆる寒夜かな 山口燕青
低鼻の死顔寒夜昇天す 津田清子 二人称
信号弾寒夜の空を妖々と 椎橋清翠
児が眠る寒夜の鬼面あほむけに 鈴木稲花
児を抱きあぐ寒夜ベトナムの戦う火 赤城さかえ
冬夜うたう信濃馬子うた君老いざれ 古沢太穂 古沢太穂句集
冬夜ぬくし子が描く雨降りお月さん 上野さち子
冬夜のつどい土方与志のうしろに坐す 古沢太穂 古沢太穂句集
冬夜の仕事に寝る前の子が顔を現はす 人間を彫る 大橋裸木
冬夜の座砂糖まぶした菓子やわらか 古沢太穂 古沢太穂句集
冬夜の校正室のせまくるしさうな二つの顔だ 人間を彫る 大橋裸木
冬夜の深い椅子に置かれし子のつぶら眼 人間を彫る 大橋裸木
冬夜の舞合裏に花束抱へてゐる女だ 人間を彫る 大橋裸木
冬夜の静けさたてよこに足袋をつづくる 人間を彫る 大橋裸木
冬夜ふとむかしの猫の名を言へり 村越化石
冬夜世に欲るふぐりのごときやさしきもの 森澄雄 花眼
冬夜人なか訴うことの溢るるを 古沢太穂 古沢太穂句集
冬夜大きなけもののごとくスクラムす 栗林一石路
冬夜床にハンマー振りきし五指のほでり 古沢太穂 古沢太穂句集
冬夜我が詩の貧しくて足踏まる 右城暮石 声と声
冬夜熱に覚めいるや亡き友遠き友 古沢太穂 古沢太穂句集
冬夜聴く滅びし国の子守唄 野見山朱鳥
冬夜背後のふくみ笑ひや毛糸編 中拓夫 愛鷹
冬夜親しく読む本を父に覗かれる 人間を彫る 大橋裸木
冬夜読書何か物鳴る腹の底 高浜虚子
冬夜踏む病室の床音をしのぶ 石田 波郷
冬夜電柱と肺の赤さを思いねる 北原志満子
出征旗冬夜の星座うごきをり 渡邊水巴 富士
原稿紙冬夜踏切は明るすぎ 中拓夫 愛鷹
吸ひ込まれさうな寒夜の大鏡 檜 紀代
吾が背ラ壁にて野なる冬夜かな 東洋城千句
呟くや寒夜マラソンに追抜かれ 細川加賀
地震を機に寒夜の看護交替す 奈良文夫
塵労の冬夜のねむり深かりき 西島麦南 人音
墓彫の寒夜誰にも振り向かず 細谷源二 砂金帯
壺は一つの影を惹きつけ冬夜となる 河野多希女 両手は湖
夢に来し父に抱かれ寒夜なり 堀口星眠 営巣期
大き影もて寄合ひぬ冬夜僧 中川宋淵
大酔のあとひとりある冬夜かな 飯田蛇笏 山廬集
女医と妻寒夜囁けり睦むごと 細川加賀
妻の赤い頬冬夜いつしか更けわたり 人間を彫る 大橋裸木
妻泣かせ酔はせ寒夜の卵酒 小林康治 四季貧窮
子に送る冬夜ゆたかにと燭台を 杉本寛
子も手うつ冬夜北ぐにの魚とる歌 古沢太穂 古沢太穂句集
宝石店に隣り寒夜の靴の店 森田智子
寒夜々の酒欲り友を欲りにけり 金尾梅の門 古志の歌
寒夜かも明日焼く父に侍して寝る 小林康治 四季貧窮
寒夜くらしたたかひすみていのちありぬ 長谷川素逝 砲車
寒夜くらし喊声は壕をぬきたるか 長谷川素逝 砲車
寒夜くらし暁けのいくさの時を待つ 長谷川素逝 砲車
寒夜さめふと枕燈(まくらび)に霧の笛 赤尾兜子
寒夜ただ月も素通り魔薬窟 成田千空 地霊
寒夜とは花なき花瓶しづもりぬ 中村明子
寒夜にて夢に泪し覚めゐたり 内藤吐天 鳴海抄
寒夜には子を抱きすくめ寝ぬるわれ森の獣のいづれかなしき 筏井嘉一
寒夜のポプラ善意はつねにほの明し 千代田葛彦 旅人木
寒夜の家洩るその声の親しく声をかける 人間を彫る 大橋裸木
寒夜の尿感謝感謝と走り出づ 田川飛旅子 『植樹祭』
寒夜の川逆流れ満ち夫婦の刻 佐藤鬼房
寒夜の泉ヘテレビがきこえスラム更く 赤城さかえ句集
寒夜の襖たてきり看とりのひまの本読む 人間を彫る 大橋裸木
寒夜の餉とろりと烏賊の黒づくり 北野民夫
寒夜ひとわが言さへや頭を垂れ聴く 中島斌雄
寒夜へ謝辞麻薬押しわけ押しわけて 赤城さかえ
寒夜ほのぼの山鳥食うてぬくもれば 大野林火
寒夜まだピアノ弾く娘と妻起きて 伊東宏晃
寒夜みどり児と眼を瞶めあふ 瀧春一 菜園
寒夜やがて使にやりし婢の足音 香西照雄 対話
寒夜や棚にこたゆる臼の音 探 志
寒夜わが命まもるは真乙女たち 赤城さかえ
寒夜わが膝をぬらせる仔犬の尿 瀧春一 菜園
寒夜わが酔えば生るる金の虹 古沢太穂 古沢太穂句集
寒夜われ涜れて犬の睡を愛す 下村槐太 天涯
寒夜トレドまぶしき頬に近寄りぬ 仙田洋子 橋のあなたに
寒夜一店扉おろせばつぎつぎに 福田甲子雄
寒夜二時重傷兵の目あいてをる 長谷川素逝
寒夜健やか寝ねたる果舗が香をのこし 川口重美
寒夜史に泣くや燈火豆の如 蘇山人俳句集 羅蘇山人
寒夜君を信ずることに急かれをり 宍戸富美子
寒夜哉煮売の鍋の火のきほひ 含 粘
寒夜啼く仔犬わが子は母の胸に 瀧春一 菜園
寒夜地震家の隅よりみしときし 川島彷徨子 榛の木
寒夜孤独反古だまうごきつゝ燃ゆる 川口重美
寒夜影の弾むほどにはわれ動かず 野澤節子 花 季
寒夜日本軍用列車にながく堰かれ 古沢太穂 古沢太穂句集
寒夜明るし別れて少女馳け出だす 西東三鬼
寒夜歯磨く度に一日一日減る 田川飛旅子
寒夜睡れず黒部激流耳に憑き 福田蓼汀 秋風挽歌
寒夜自愛おのが二影の濃き交面 香西照雄 素心
寒夜覚めまじと青く小さな薬飲む 菖蒲あや 路 地
寒夜覚め壁の喪服を怖れけり 伊東宏晃
寒夜覚め子の覚め居るを悲しめり 殿村莵絲子 花 季
寒夜覚め葬りし猫の鈴鳴ると 松本巨草
寒夜診て来し患者はすでに寝ねたらむ 相馬遷子 山国
寒夜読むや灯潮のごとく鳴る 飯田蛇笏 山廬集
寒夜読む母が折りたる頁を過ぎ 橋本美代子
寒夜酔うて糞まるや泪あふれ落つ 赤城さかえ句集
寒夜銃声ちかしと目覚め服を著る 長谷川素逝 砲車
寒夜鏡に褄しづまりて誰か彳つ 竹下しづの女 [はやて]
寒夜電車を待つ間も子の指の形に編む 古沢太穂 古沢太穂句集
寒夜鮮しこつぷに水を注ぐとき 桂信子 黄 瀬
寒夜鳴くは数多の鳩の一つならむ 草田男
寝し子捧げ寒夜この民幸あれと 香西照雄 対話
山寺の冬夜けうとし火吹竹 原石鼎
山鳥の毛を*むしる音が一徹な男のやう寒夜 安斎櫻[カイ]子
影法師の壁にしみ入れ寒夜の灯 村上鬼城
心落ちて冬夜を紅葉もてあそぶ 渡邊水巴 富士
息とめて落款を押す寒夜かな 森田君子
成吉思汗鍋に身火照り冬夜宴 野見山朱鳥
我が胸に深き井戸ある寒夜かな 谷口桂子
我を厭ふ隣家寒夜に鍋を鳴ラす 蕪村 冬之部 ■ 貧居八詠
戦さあり寒夜無人のエレベーター 対馬康子 純情
戯曲よむ冬夜の食器浸けしまゝ 杉田久女
手さぐりに捉へともせば寒夜の灯 篠田悌二郎 風雪前
抱かれゐる寒夜トレドの影となり 仙田洋子 橋のあなたに
抽斗の一つ口あく寒夜にて 林翔 和紙
拳銃音二発寒夜の底に読む 中島斌男
持ち来し米寒夜の盆へこぼし合ふ 羽部洞然
挑灯に水菜揃へる冬夜かな 許六
振り向けば影も向く冬夜物言ひたげに 宮津昭彦
提灯ふらふら冬夜の通夜に誘はれる 人間を彫る 大橋裸木
旅の鏡にねむり冬夜の高速路 寺田京子 日の鷹
明日へ眠らん寒夜一個の林檎の香 中島斌雄
星すめば寒夜の機音すでになく(空襲連夜) 『定本石橋秀野句文集』
星よりも人の淋しき冬夜かな 徳永夏川女
星生る早さ寒夜となる早さ 上崎暮潮
星色に流れて過ぎて寒夜の汽車 対馬康子 吾亦紅
月に対ふわが顔小さき寒夜の窓 長谷川かな女 花寂び
木偶の眼のかたりとねむる寒夜かな 郡司正勝
林檎にナイフ突きたてた儘の冬夜の病人 人間を彫る 大橋裸木
棚にある酒壺をさびしむ冬夜かな 吉武月二郎句集
死を思へば死も面白し寒夜の灯 村上鬼城
死者にまだ人あつまる寒夜かな 福田甲子雄
母と娘と遺品の整理して冬夜 大橋敦子 手 鞠
母の咳妻の歯ぎしり寒夜の底 香西照雄 対話
毛糸編む冬夜の汽笛吾れに鳴り 細見綾子
水垢離に寒夜の星の粒荒し 毛塚静枝
水栓をきつく締め寒夜夫婦きり 榎本冬一郎 眼光
汝が声にまぎれなかりし寒夜かな 久保田万太郎 流寓抄
汝が声の枕をめぐる寒夜かな 久保田万太郎 流寓抄
汝が眠りやすかれとのみ寒夜かな 久保田万太郎 流寓抄
汝をおもふ寒夜のくらき海おもふ 久保田万太郎 流寓抄
波音に寒夜枕を深く当つ 井上雪
浅草は地の金泥に寒夜かな 飯田蛇笏 春蘭
海峡や寒夜の鏡が呼吸盗む 寺田京子 日の鷹
満天の星墜ちてくる寒夜かな 古屋 貞子
濡れ髪へ寒夜の汽車を通しやる 蓬田紀枝子
火の島ゆ寒夜女の声活き活き 原裕 葦牙
炭斗ごそと減らし冬夜の仕事済む 人間を彫る 大橋裸木
煙突火の粉おどろきの目の冬夜の子 中山純子 沙羅
熱の子の冬夜の白の濡れタオル 大井雅人 龍岡村
燈に遇ふは涜るるごとし寒夜ゆく 津田清子 礼 拝
燭足して冬夜のミサの続きけり 西村和子 かりそめならず
父として睡し寒夜の哺乳瓶 有働亨 汐路
父の尿捨つや寒夜の底に捨つ 関戸靖子
父よりも母に親しき冬夜かな 佐藤紅緑 花紅柳緑
父われが冬夜口あけ家路にあり 石橋辰之助
父死後の寒夜頭痛の母のゐて 岸田稚魚 筍流し
父母やよりそひ寒夜乳をのます 下村槐太 光背
犬が鳴き寒夜まくらき部落ゆく 長谷川素逝 砲車
狗悲鳴寒夜の奥にころがりぬ 三好達治 路上百句
独酌む老師はさみし冬夜宴 河野静雲 閻魔
玻璃の気泡路上にうつす寒夜の灯 川島彷徨子 榛の木
琴碁書畫生きて聲あり寒夜の灯 村上鬼城
畳の目緊る寒夜に布を裁ち 三好潤子
白洲場のごとし寒夜の手作りは 福田甲子雄
直立の三つ星寒夜始まれり 相馬遷子 山河
看護婦白粉ぬつてゐる冬夜の病院の一隅 人間を彫る 大橋裸木
眼帯の中で目覚めている寒夜 対馬康子 純情
瞻のかぎり遺骨寒夜の汽車を待つ 中島斌男
石の親石の子を生む寒夜かな 宇多喜代子 象
神を讃ふ寒夜五人の聖歌隊 田川飛旅子
福湯のたぎる炉かこむ冬夜かな 大場白水郎 散木集
童話訳す寒夜の背中暗からむ 大串章
筆の尖一塵嫌ふ寒夜なり 荒井正隆
粥腹や冬夜可憐な音洩らす 椎橋清翠
経引いて文草すなる冬夜かな 尾崎迷堂 孤輪
縮まりて縮まりて寒夜老いゆけり 油布五線
美しき寒夜の影を別ちけり 三鬼
老の背に余る寒夜の子の無心 松山和子
老僕の大きな掌に冬夜の食べ物をのせる 人間を彫る 大橋裸木
耳掘ればがらんどうなる冬夜かな 大野林火
肉食の猫が寒夜に身をねぶる 辻田克巳
胸に手を組ます寒夜の父と呼べず 小林康治 四季貧窮
臥して見るものに冬夜の屏風かな 青峰集 島田青峰
臼を碾きやみし寒夜の底知れず 山口誓子 遠星
船頭帽子かぶつて冬夜の雑踏へ来た 人間を彫る 大橋裸木
若者が寒夜香強き含嗽す 細見綾子 黄 炎
菊と篝冬夜を御所へすゝみけり 渡邊水巴 富士
葡萄酒の滓引にほふ寒夜かな 甲子雄
葬り火と見たり寒夜の噴煙を 堀口星眠 営巣期
蝋涙に肖て息かよふ寒夜かな 西島麦南 人音
血を吐きて寒夜汗ばむ額髪 朝倉和江
行く方も冬夜の空も真重(まおも)にす(恩師・吉田冬葉先生逝く) 河野南畦 『焼灼後』
襖しめて隣茶の間や寒夜客 阿部みどり女 笹鳴
親しめば眼に憎悪なし寒夜の灯 西島麦南 人音
診られ来し寒夜呟くうるさきまで 赤城さかえ句集
賓頭盧を回す寒夜の息荒く 神田正人
身をせめて寒夜は水を飲みつくす 岩田昌寿 地の塩
辞す家の十字架真光る冬夜かな 村越化石 山國抄
逆はず寒夜の柴をぴしぴし折る 下村槐太 天涯
逆吊りの寒夜の家鴨とも別れ 細川加賀
鉄筆擱く冬夜の大き柿に直ぐ 下村槐太 天涯
鉢の梅嗅いで息づく寒夜かな 渡辺水巴 白日
録音の嚏冬夜の親しさあり 村越化石 山國抄
鎌倉にかも汝は去りし寒夜かな 久保田万太郎 流寓抄
鎌倉の冬夜や五位の啼き渡る 長谷川かな女 雨 月
降りかゝる霰の酒の寒夜かな 貞徳
陰より出づこれはユッカの寒夜の影 下村槐太 天涯
離れ住む夫婦の寒夜三百粁 石橋辰之助
電気より熱と燭得て寒夜読む 津田清子
青きパセリ食いて冬夜を送るなり 古沢太穂 古沢太穂句集
静かなる抵抗胸に寒夜の座 石塚友二 光塵
音やみて冬夜の臼を挽き終る 福田蓼汀 山火
頭を垂れてをりしが哭けり寒夜明 小林康治 四季貧窮
頭上を汽車発つ冬夜の駅にて逢ふ 内藤吐天 鳴海抄
饒舌乙女ら乗務放たれ帰る冬夜 古沢太穂 古沢太穂句集
香奠懐ろにして冬夜の雑踏を抜ける 人間を彫る 大橋裸木
馬車曳の寒夜釘うつ音かなし 細谷源二 砂金帯
うつくしくもいやしき女なれ夜半の冬 室生犀星 犀星發句集
かかる瞳は處女ならむか夜半の冬 室生犀星 犀星發句集
かひもなき眠り薬や夜半の冬 芥川龍之介
わが生くる心音トトと夜半の冬 富安風生
何の漏りの水や座を這ふ夜半の冬 安斎櫻[カイ]子
右の肩指圧を欲りす夜半の冬 林原耒井 蜩
土間にありて臼は王たり夜半の冬 西山泊雲 泊雲句集
壺の花温室恋ふと見ゆ夜半の冬 林原耒井 蜩
夜半の冬溲瓶を鳴らす隣あり 石川桂郎 四温
天籟を猫と聞き居る夜半の冬 佐藤春夫(1892-1964)
寂として遠く騒がし夜半の冬 乙字俳句集 大須賀乙字、岩谷山梔子編
小机に墨摺る音や夜半の冬 永井荷風
己が声の己にも似ず夜半の冬 大須賀乙字
水さして釜を鎮めつ夜半の冬 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
沸々と炉中の音や夜半の冬 乙字俳句集 大須賀乙字
火桶には灰の山河や夜半の冬 尾崎迷堂 孤輪
物おちて水うつおとや夜半の冬 飯田蛇笏 山廬集
眠れねばいろいろの智慧夜半の冬 高浜虚子
蘭の鉢と便器白さや夜半の冬 碧雲居句集 大谷碧雲居
西眩し夜半の冬星蝟集して 相馬遷子 山河
飛騨山の質屋とざしぬ夜半の冬 蕪村
どの部屋も月の光や寒き夜 高木晴子 晴居
寒き夜のいづこかに散る河豚の毒 能村登四郎 有為の山
寒き夜のオリオンに杖挿し入れむ 山口誓子 晩刻
寒き夜の一角燃ゆるただに見る 岸風三楼 往来
寒き夜の佛に何を參らせん 渡邊水巴
寒き夜の嘘泣きをして児の甘え 伊藤トキノ
寒き夜の夫との間の畳の目 波津女
寒き夜の子を抱けばしなやかな反り 今瀬剛一
寒き夜の枯竹藪に明けにけり 暁台
寒き夜の水盤しかと水を張る 河野南畦 湖の森
寒き夜の溲瓶をつかふ音起こす 富安風生
寒き夜の畳におきし時計かな 徳川夢声
寒き夜の記憶に父母の争ふを 林火
寒き夜はむしろ静けく寝ぬべかり 藤森成吉 天翔ける
寒き夜は一家かたまり寝ぬるのみ 菖蒲あや 路 地
寒き夜は胎児のかたちして眠る 大浜恵一
寒き夜やをりをりうづく指の傷 鈴木しづ子
寒き夜や二階の下の車井戸 探志 極 月 月別句集「韻塞」
寒き夜や子の寐に上る階子段 龍雨
寒き夜や我が身をわれが不寝番(ねずのばん) 小林一茶 (1763-1827)
寒き夜や折れ曲がりたる北斗星 村上鬼城
寒き夜や探れば窪き老が肩 太祇
寒き夜や清貧なぐさめとはならず 佐野美智
寒き夜や物読みなるゝ膝の上 荷風
寒き夜や犬飼ふ家に鶏の声 蘇山人俳句集 羅蘇山人
寒き夜や虚子まづ飲めば皆酔へり 星野立子
寒き夜を術なくて飛び立ちにけり 今瀬剛一
屋根澄んで寒き夜ぞくる古王宮 西村公鳳
米蹈の腹寒き夜や雁の声 高井几董
薬煮るわれうそ寒き夜ごろ哉 芥川龍之介
被き伏す蒲団や寒き夜やすごき 芭蕉
齢来て娶るや寒き夜の崖 佐藤鬼房 夜の崖
暴君の腰痛なだめ寝る寒夜  高澤良一  寒暑

以上
by 575fudemakase | 2014-12-05 00:53 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23343781
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング