冬の鳥

冬の鳥

例句を挙げる。

あまぎ嶺に谺し冬の鳥射たる 五所平之助
そのなかに寒禽ふるふ影のあり 飯田蛇笏
たつぷりと寝て寒禽をまのあたり 細川加賀 生身魂
ねむれば黄翔べば火のいろ冬の鳥 栗林千津
ひとちがいしてお互いに冬の鳥 渋谷道
ふるさとや灰の中から冬の鳥 橋石 和栲
よく晴れて寒禽宙にわかれけり 中田剛 珠樹
冬の鳥光の粒となつて去る 仙田洋子 雲は王冠
冬の鳥女のをりし匂ひかな 松本文子
冬の鳥撃たれ青空青く遺る 中島斌雄
冬の鳥漂ふものを引きずれり 田村愛子
冬の鳥短かき音を立てにけり 桂信子
冬の鳥約たがへたる人憎し 高柳重信
冬の鳥胸紅ければ通ひ合ふ 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
冬鳥と膝折るレダと荒褥 渋谷道
冬鳥に柿取り残し老夫婦 田中 としこ
冬鳥のあつまるうしろふりむけぬ 澁谷道
冬鳥のけふを隠れず飛ぶほかなし 殿村莵絲子
冬鳥のぽたぽたと寝る遠景色 渋谷道
冬鳥の声の裂帛飯噴けり 蓬田紀枝子
冬鳥の翔ちて影とぶ石舞台 山上樹実雄
冬鳥の行衛の杳と昭和尽く たむらちせい
冬鳥の鋭き声こころ持ち直す 奈良文夫
冬鳥は群なす吾に妻あるのみ 福永耕二
冬鳥よ汝のちちはは刃の裏に 大家青哉
喪の瞼ひらき寒禽の餌を満たす 寺田京子 日の鷹
墓見えて冬の鳥啼く樫木原 坂本四方太
寒禽として鵯の鋭声かな 高浜年尾
寒禽となり了んぬる鵙一羽 竹下しづの女 [はやて]
寒禽と湖のひかりを藪のなか 宮津昭彦
寒禽に山水音を断ちにけり 渡辺大年
寒禽に庭あけわたし入院す 朝倉和江
寒禽に日ざしやうやく甦る 島田みつ子
寒禽のゐて落したる枯枝かな 銀漢 吉岡禅寺洞
寒禽の三角まなこ争へり 河野多希女 両手は湖
寒禽の取り付く小枝あやまたず 西村和子 かりそめならず
寒禽の呼びあふは日を失へり 長谷川双魚 『ひとつとや』
寒禽の嘴のとがりに手噛ませつ 森川暁水 淀
寒禽の嘴をひらきて声のなき 長谷川 櫂
寒禽の声に日当り来ぬ憩ふ 臼田亞浪 定本亜浪句集
寒禽の声のひとかたまりの過ぎ 片山由美子
寒禽の寺にアルミの梯子照り 本宮哲郎
寒禽の強く短く枝渡る 山田節子
寒禽の影のすばやさ素焼壷 たむらちせい
寒禽の念珠つなぎの梢かな 高田秋仁
寒禽の撃たれてかゝる葎かな 飯田蛇笏
寒禽の撃たれて水のたひらかに 神生彩史
寒禽の散華とこぼる磨崖仏 小早川恒
寒禽の日を追入ぬあだゝらね 暁台
寒禽の日昏れは人を真似て鳴く 金箱戈止夫
寒禽の木瘤となりて風聴くや 平子 公一
寒禽の爪時化の日の生木噛む 花尻万博
寒禽の羽音袖口いつ濡れし 大岳水一路
寒禽の聲一発で了りけり 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
寒禽の胸から腹へ風の渦 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
寒禽の裏山越えてくる長男 坂井三輪
寒禽の身細う飛べる疎林かな 西山光燐
寒禽の鶸の辺に酌む盃うすし 森川暁水 淀
寒禽の鶸の青餌を野にさぐる 森川暁水 淀
寒禽は雪をついばみ子の忌日 阿部みどり女
寒禽もさびしと群れて山を越す 福田蓼汀 秋風挽歌
寒禽も来ずひとも来ず何に堪へむ 下村槐太 天涯
寒禽やささやきかはす人の前 下村槐太 天涯
寒禽や断頭台は母の如 しらいししずみ
寒禽や枯枝も繁に柞の木 成田千空 地霊
寒禽や水かけ仏にすこし願 角川源義
寒禽や江戸紫を染めし水 大和忠義
寒禽や火が廻り出す登り窯 田中水桜
寒禽や鋭く曲る嘴にして 野村喜舟
寒禽を呼ぶが如くに堰のあり 鈴木洋々子
寒禽を屍の顔の仰ぎゆく 石田波郷
寒禽を捕るや冬木の雲仄か 飯田蛇笏 山廬集
寒禽を捕るや冬樹の雲仄か 飯田蛇笏 霊芝
寒禽を青餌飼しつ喪のこもり 森川暁水 淀
尾根を越す羽音鳴かねば冬の鳥 中戸川朝人
往復する怒りの速達冬の鳥 寺田京子 日の鷹
悲しみの冬鳥となり晴(ひとみ)無し 佐藤鬼房
掛蓑にとまる羽音や冬の鳥 銀漢 吉岡禅寺洞
日あたりてみな寒禽の口かろし 島崎秋風
枝伝ひ寒禽弾む御所の楠 高澤良一 燕音 
橋架くや寒禽渡らしむほどの 細谷源二 砂金帯
次々に驚きやすく冬の鳥 穴井 梨影女
歩みゆく地の寒禽を翔たしめて 石田郷子
溪飛んで臓腑浄らに冬の鳥 中嶋斌雄
生きてゐるこゑ寒禽に紀寿老に 橋本榮治 越在
生きて眼を閉づる寒禽友も貧し 三谷 昭
生まれたくないよ寒禽澄んでゐる 山崎十死生
癩者の墓寒禽の糞おびたゞし 田端はじめ
眠たさや寒禽和紙の微音して 大木あまり 山の夢
石牢に立ち寒禽の鳴けるのみ 岸風三楼 往来
空の鳥籠篠つく冬の雨となる 成田千空 地霊
立話ながかりし冬鳥過ぎし 中山純子 沙 羅以後
絵葉書に行方不明の冬の鳥 対馬康子 吾亦紅
聴き立てば寒禽の声樅に沁む 村越化石 山國抄
若狭乙女美(は)し美(は)しと鳴く冬の鳥 金子兜太 詩經國風
釈迦もまた死にてゆきにきそのときに娑羅双樹のした夜しづかにて 二宮冬鳥
銃谺寒禽翔つて山緊る 福田蓼汀
降りながら冬の鳥かすかに鳴けり 永末恵子
霧島の空に冬鳥舞ひあがる吾が思惟ひとつの遊離のやうに 浜田盛伸
風穿つもの携えて冬の鳥 秋尾 敏
高きより谺をとばす冬の鳥 原裕 青垣
頭を掠め空林に入る冬の禽  高澤良一  燕音
寒禽の潜めり護良親王廟  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-07 00:03 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23343834
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング