寒し1

寒し1

例句を挙げる。

いくつもの山の寒気が村に来る 廣瀬直人
ひとりずつ回転ドアにある寒気 大脇みや
わが恃む寒気日向もその裡に 野澤節子 黄 瀬
をちこちの薄暮寒気に洗はるる 松澤昭
元旦や寒気の匂ひ菊の如し 渡邊水巴 富士
分宿の兵ら征く寒気晴れやかなり 渡邊水巴 富士
初雀むさし野の寒気ふりしぼり 渡辺桂子
古屏風の金泥淑気はた寒気 鈴木鷹夫
哨戒機がう~と寒気裂けるなり 渡邊水巴 富士
善き名遺さん寒気に膝をいくどもつき 細谷源二
国会の寒気に堪えて髪鬆立 香西照雄 対話
外出す机辺の寒気そのまゝに 百合山羽公 寒雁
妻と其の寒気凛々しきピアノの音 中村草田男
寒気とて邪気や妖気の類あり 相生垣瓜人
寒気に楽ペリカン嘴を腋ばさむ 田川飛旅子 花文字
屋台ひく寒気渚をなす夜へ 大井雅人 龍岡村
岩壁にむかへば寒気柱なす 上田五千石 田園
幕あきて舞台の寒気初芝居 依田由基人
廻るだけ廻る寝首に寒気くる 石井保
投函の意を削がれたるこの寒気 高澤良一 宿好
拓きゆく寒気や一歩ごとに閉づ 野澤節子 黄 瀬
掃き出して仏間すぐさま寒気満つ 桂信子 黄 瀬
昆布小屋に寒気と父と籠りいし 鈴木青光
晩鐘の鳴り出づ寒気ちりぢりに 野澤節子 遠い橋
朝の市馬も寒気にむせて咳く 寺田京子 日の鷹
朝日さす芒の寒気息吐くごと 桜井博道 海上
枯れ葉捲き上げ寒冷前線通過中 吉本和子
樹の上の大きな寒気甲斐の空 直人
漆黒の樟は寒気を放ちけり 有働亨 汐路
潔く創よみがえる寒気の中 赤城さかえ句集
燭かへて寒気勝れぬ義士祭 長谷川かな女 雨 月
独房のごとき寒気ぞ金を借り 沢木欣一
独楽廻る小さき寒気まきちらし 松本美紗子
猟男のあと寒気と殺気ともに過ぐ 森澄雄
猪首してぶるんと寒気振り払ふ 高澤良一 燕音 
獅子舞や寒気煽つて耳震ふ 渡辺水巴 白日
畑なかの墓へ声掛け寒気澄む 河野南畦 『硝子の船』
節分や寒気の熊と温気の象 秋元不死男
米買う主婦昼の寒気は電球に 大井雅人 龍岡村
自縄自縛となる寒気にてもの書けば 小川双々子
薄ガラス二重鍵かけ寒気とまぼろしくる 寺田京子 日の鷹
谿は音ひそめ寒冷ゆるぎなし 上村占魚 『玄妙』
轆轤見の寒気の泪独楽化粧ふ 石川桂郎 高蘆
轆轤離れて寒気に締まる陶土の鉢 加藤知世子 花寂び
鏡餅寒気憑きては離れては 龍太
闇に歌ふや寒気と共にいさぎよし 川口重美
青空に寒気多感の雀ども 飯田龍太
飢えるも自由か駅の階段に寒気さけ 古沢太穂 古沢太穂句集
香水より寒気かぐはし籠る身は 野澤節子 黄 炎
馬駆ける寒気ひろげて無垢の原稿紙 寺田京子 日の鷹
鮭の簀の寒気をほどく初日哉 左柳
あたらしき筆を噛む歯の寒さかな 久保田万太郎 流寓抄
あともどる寒さに蝶の生れけり 百合山羽公 故園
あら海へ打火こぼるる寒さかな 大魯
あるじ白衣の医に老ゆ寒さかな 室生犀星 魚眠洞發句集
ある夜月に富士大形の寒さかな 飯田蛇笏(1885-1962)
いくたびもすわり直して寒さかな 久保田万太郎 流寓抄
いざよひは雲ひとつなき寒さ哉 高井几董
いちにちの引潮刻の寒さ来る(相州上富田海岸) 上村占魚 『橡の木』
いつくしめば叱るときける寒さかな 東洋城千句
いつそうに喚いてかへる寒さかな 膳所-点吹 俳諧撰集「有磯海」
いつまでも寒さほどけず楓の芽 岡村閑月
いふこともあとさきになる寒さかな 久保田万太郎 草の丈
うきて行く雲の寒さや冬の月 斯波園女
うすかげのパン皿にある寒さかな 下村槐太 光背
うたたねはさめて背筋の寒さ哉 正岡子規
うつせみと香の銘さへ寒さかな 久保田万太郎 流寓抄
うづくまる薬の下の寒さ哉 内藤丈草
うどん買ふ小銭出すさへ寒さ哉 小澤碧童 碧童句集
かくしても気のやさしさは寒さかな 久保田万太郎 流寓抄
かさぶたに近い寒さを持ち帰る 櫂未知子 貴族
かろ~と帰る葬具の寒さかな 渡邊水巴
きかさねて後ロの見えぬ寒さ哉 松岡青蘿
きさらぎに入りての寒さなつかしき 野見山ひふみ
きらきらと吉野の寒さ木に空に 茨木和生 野迫川
ぎゆうぎゆうのエレベーターに寒さ言ふ 宇佐美ちゑ子
くさめ聞く寒さうつりや十夜堂 皆吉爽雨
くつくつと鴨も寒さを諾へり 高澤良一 随笑 
くらき夜はくらきかぎりの寒さかな 加舎白雄(1738-1791)
くれなゐの色を見てゐる寒さかな 綾子
くわんのんの手の厚かりき寒さくる 高澤良一 ねずみのこまくら 
けだものと同じ寒さの中にゐる 山口波津女
けむりのように寒さ来ている回転椅子 佐伯昭市
こぞりあふ寒さも桶の海鼠哉 万吉
ことばさへなくて月見る寒さ哉 子曳
この寒さどこから来ると魚山見る 右城暮石 声と声
この寒さはじき飛びけり杉の枝 室生犀星 犀星発句集
この寒さ心得てをり籾おろし 青畝
この寒さ比良八荒と聞くときに 稲畑汀子
この風に残る寒さもあと幾日 高木晴子 晴居
こり性もなくて矢立の寒さかな 井上井月
ごを焚いて手拭あぶる寒さ哉 ごを焚いて手拭あぶる氷哉 松尾芭蕉
ごを焼(た)いて手拭あぶる寒さ哉 松尾芭蕉
さしかゝる日も田の上の寒さかな 右城暮石 声と声
さし覗く別の寒さの座禅堂 後藤夜半 底紅
さだまれる寒さのなかに鴨ひかり 宮津昭彦
しかめたる鏡のかほの寒さかな 伊賀-九節 俳諧撰集「有磯海」
しかられて次の間へ出る寒さかな 支考
しっとりと土に寒さが粟畠 松瀬青々
しらしらとゐてわた虫のとぶ寒さ 長谷川素逝
しろがねもまぜて銭ある寒さかな 室生犀星 犀星發句集
しんしんと寒さがたのし歩みゆく 立子
しんとして音なく更ける寒さかな 室生犀星 犀星発句集
しん~と寒さがたのし歩みゆく 星野立子
すこしづゝ夜のあけて来る寒さかな 久保田万太郎 草の丈
すりこぎに取つく老の寒さかな 野明 俳諧撰集「有磯海」
ただでさへ苦手な朝の寒さかな 今橋真理子
たましひの抜けしとはこれ、寒さかな 久保田万太郎 流寓抄以後
つながらぬ水幾すぢの寒さかも 和田 祥子
てのひらに須磨の寒さと覚えけり 岸本尚毅 舜
とりわくる皿の寒さや送り膳 増田龍雨 龍雨句集
どちらかと言へば寒さの方が厭 水見寿男
どんぐりも首をすくめる寒さかな 高澤良一 宿好 
どん底の寒さの日日や想ふのみ 石川桂郎 高蘆
なつかしき寒さに小松引き遊ぶ 加藤 羝羊子
なにがうそでなにがほんとの寒さかな 久保田万太郎
なほ残る古び汚れし寒さあり 相生垣瓜人 明治草抄
なまじよき日當りえたる寒さかな 久保田万太郎 流寓抄以後
にはとりの日なかを歩く寒さかな 藤田あけ烏 赤松
ばせを忌に薄茶手向る寒さ哉 樗良
ひととびに寒さ来る地ぞ唐辛子 村越化石
ひろげたる大畫仙紙の寒さかな 会津八一
ふるさとに身もと洗はる寒さかな 室生犀星 魚眠洞發句集
ふるさとの寒さの中の父母よ 五十嵐播水 播水句集
ふろしきのなかの近江の寒さかな 松澤昭 宅居
ほどほどの寒さ千鳥がよく鳴いて 今井杏太郎
また人の惜まれて死ぬ寒さかな 久保田万太郎 流寓抄
まだ去年の暦も棚に寒さ哉 横井也有 蘿葉集
まだ足りぬ寒さ氷らぬ岸に佇つ(富士・本栖湖四句) 原裕 『青垣』
まだ馴れぬこの世の寒さ乳を欲る 鷹羽狩行
まのあたりみちくる汐の寒さかな 道芝 久保田万太郎
まのあたり地かげりゆく寒さかな 八木絵馬
みかん剥く指に寒さの残りけり 久保田万太郎 流寓抄以後
みちのくの性根を据ゑし寒さかな 上田五千石 田園
みちのくの苗代の辺にその寒さ 皆吉爽雨 泉声
みとりする人は皆寝て寒さかな 子規
もつ本の寒さはおなじ電車かな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
もの音もあらぬ書斎の寒さかな 英治
もろもろの寒さも妍を競ふべし 相生垣瓜人 微茫集
もろもろの寒さ育てゝ海苔黒し 右城暮石 上下
やゝひくき枕かたしく寒さかな 久保田万太郎 流寓抄
れきれきの水鼻たるる寒さかな 利牛 俳諧撰集「有磯海」
わが家の門の寒さよ霜柱 京極杞陽 くくたち上巻
わが買へば露店暮れきる寒さかな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
わが顔を水底に見し寒さかな 杉本寛
わらはずにゐる口もとの寒さかな 久保田万太郎 流寓抄
われとわが身をかばへばの寒さかな 久保田万太郎 流寓抄
ピッケルが手を吸ふ寒さ穂高立つ 岡田 貞峰
ボロ市の寒さ昔は父と来し 太田土男
一つ火の宙に座れる寒さかな 原裕 正午
一ツ目も三ツ目も光る寒さ哉 正岡子規
一トすぢのまことにすがる寒さかな 久保田万太郎 流寓抄
一人と帳面につく寒さかな 一茶
一冬の寒さ凌ぎし借頭巾 高浜虚子
一夜二夜ふるものかはる寒さ哉 東瓦
一寝して便所に起る寒さかな 蘇山人俳句集 羅蘇山人
一心に鮭上り来る寒さかな 辻桃子
一日に二つの忌ある寒さかな 野村喜舟 小石川
一眠りしたる寒さの富士見えて 山西雅子
一鍬づつ浅間あかねの寒さかな 庄司圭吾
万葉の古都の寒さもなつかしく 稲畑汀子
三つ星の上に月ある寒さかな 及川貞 夕焼
三日月は反るぞ寒さは冴えかへる 一茶
三月も閏の分の寒さかな 水魚 閏 月 月別句集「韻塞」
上州の寒さ半鐘いまも吊り 昭彦
下りかへすとき石段の寒さかな 道芝 久保田万太郎
下萌えもいまだ那須野の寒さかな 広瀬惟然
下野にとどめ刺されし寒さかな(鶴連衆と赤麻に遊ぶ) 岸田稚魚 『雪涅槃』
不忍に雪が降らねば寒さかな 月舟俳句集 原月舟
世の寒さ胸に溜りて白鳥瞶る 高島茂
世の寒さ鳰の潜るを視て足りぬ 澤木欣一
両肩に夜の寒さの鞭つごとし 山口誓子
両脇に足袋屋の弟子の寒さかな 毛* 極 月 月別句集「韻塞」
久作の顔作らるる寒さかな 永井龍男
二番三畳六畳とある寒さかな 小杉余子 余子句選
人の世の寒さを啼くやおつとせい 太田鴻村 穂国
人の世の月日ながるゝ寒さかな 久保田万太郎 流寓抄
人の死に始まり寒さゆるみなし 村越化石 山國抄
今死ねばすつからかんの寒さかな 羽原青吟
仏頭の夢見て朝の寒さかな 和田悟朗
仔犬の眼もどる寒さの袖のうちに 及川貞 榧の實
任のまゝに征けるもとなき寒さかな 清水基吉 寒蕭々
何云はれ言の葉のなき寒さかな 井上井月
何見ても影あぢきなき寒さかな 久保田万太郎 流寓抄以後
使者独り書院へ通る寒さかな 其角
俊寛の岩掴む寒さもて終る 桂樟蹊子
俎板に人参の根の寒さ哉 沾圃
信州のまんまん中の寒さかな 龍岡晋
信濃川残る寒さを流しをり 坊城俊樹
俳諧に残る律義の寒さかな 増田龍雨 龍雨句集
俳諧の御師(おし)のひとりの寒さかな 角川源義
像の画に物いひかくる寒さかな 智月 俳諧撰集玉藻集
僧を送りて山へ木戸しめる寒さかな 雑草 長谷川零餘子
兄弟の心異る寒さかな 高浜虚子(1874-1959)
先生の黒のトンビの寒さかな 野村喜舟 小石川
八手咲きゆくさきざきのこの寒さ 加藤かけい
六人に硯一つの寒さかな 会津八一
六角と一字違ひの寒さかな(義仲寺を建立せしは佐々木六角) 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
其寒さ煮て取かへせ大根引 横井也有 蘿葉集
冬支度ヌードの写真寒さうな 前田野生子
凍りたる河よりあがり来る寒さ 依田明倫
凍る寒さの星が連なつて我が行くところ 人間を彫る 大橋裸木
刃を入るる越前蟹の寒さかな 永井龍男
切支丹坂を下り来る寒さ哉 芥川龍之介 澄江堂句集
切羽出て大坑道の寒さかな 片山雪洋
別れいふ喉を見てゐる寒さかな 谷口桂子
前以て寒さ強調しておきぬ 高澤良一 さざなみやっこ 
動かずにゐられぬ寒さ京都駅 福本須代子
動物園子等には寒さなかりけり 岡安仁義
務めつつけさの寒さのことどもを 上村占魚 球磨
勤変ふ寒さに向ふごと構ヘ 菖蒲あや
化粧水つけて寒さのはしりけり 土井治子
北むけば比良八講の寒さ哉 松瀬青々
匙の背は人かたまりてゆく寒さ 栗林千津
十二貫山に日のある寒さかな 田中冬二 行人
十六夜の寒さや雲もなつかしき 渡邊水巴
十界に餓鬼界のその寒さかな 尾崎迷堂 孤輪
半焼の家に人住む寒さかな 子規句集 虚子・碧梧桐選
半鐘の小一里響く寒さかな 蘇山人俳句集 羅蘇山人
去りまして永き昭和の寒さかな 山田みづえ 草譜以後
口もとに愛ふかゝりし寒さかな 久保田万太郎 流寓抄以後
句を作り耐ふ寒さにも疼きにも 西本一都 景色
句碑ばかりおろかに群るゝ寒さかな 久保田万太郎 流寓抄以後
叱られて次の間へ出る寒さかな 支考
吾子逝きしその日の寒さおぼえなし 上村占魚 球磨
呉れし飴寒さ凌ぎのつもりらし 森田峠 避暑散歩
呵られて次の間へ出る寒さかな 各務支考
問い詰めて人を泣かせし寒さかな 美智
啓蟄の寒さこつこつ卵割る 百合山羽公 寒雁
喪服着て車中に酒を飲む寒さ 石原八束 空の渚
囀や遠さざなみに寒さ見ゆ 石原八束
四十にも余る寒さやものゝ悔 召波 (自悔)
土手の向き森に離るゝ寒さかな 乙字俳句集 大須賀乙字
墓の辺の寒さ死はかく寒からむ 安住敦
声つかふ寒さや児の里ごころ 水田正秀
夕富士のいろの寒さとなりにけり 久保田万太郎 流寓抄以後
夕星の寒さ枯芦の根より石間より シヤツと雑草 栗林一石路
夕眺め枯葉ひとつら寒さ呼ぶ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
夕鶴の虚空つかめる寒さかな 塚本邦雄 甘露
外套の中の寒さを覚え立つ 深見けん二
夜もすがら鐘撞く人の寒さかな 古白遺稿 藤野古白
夜をひとり省墓の記書く寒さかな 芥川龍之介
夜神楽に歯も喰ひしめぬ寒さかな 史邦 芭蕉庵小文庫
夜著かたくからだにそはぬ寒さ哉 正岡子規
大いなる池に日あたる寒さかな 癖三酔句集 岡本癖三酔
大名の寐間にもねたる寒さ哉 森川許六 (きょりく)(1656-1715)
大寺に籠る寒さや時頼忌 石塚友二
大川に月吹かれゐる寒さかな 橋本榮治 越在
大木のうしろの寒さ身につたふ 上村占魚 球磨
大根に実の入る旅の寒さかな 斯波園女
大海を見遣る眼の寒さかな 上田日差子
大船の干潟にすわる寒さかな 正岡子規
大頭に飛鳥仏の寒さかな 石田勝彦
大髭に剃刀の飛ぶ寒さ哉 許六
天井に貂のあばるる寒さかな 野村喜舟
天地に人と生れし寒さかな 東洋城千句
天地の寒さ知らざる雛かな 中島月笠 月笠句集
太幹の裏の寒さのしづかなり 長谷川素逝 暦日
奇蹟信ぜずも教徒なる寒さかな 中塚一碧樓
奥底の知れぬ寒さや海の音 歌川 (かせん)(1717-1776)
妻恋ふ寒さ画報の裸女を焚刑に 磯貝碧蹄館 握手
威る寒さよりあたたまらざる煖炉 後藤夜半 底紅
子烏のくちばし鳴らす寒さ哉 中川宋淵 詩龕
家めぐる冬田の水の寒さかな 正岡子規
密やかに這ひ上り来る寒さあり 瓜人
寒さあまりて横むきの涅槃見る 金田咲子 全身
寒さうな笠さへみればなみだかな 斯波園女
寒さうな顔にはじまる授業かな 稲畑汀子 汀子第二句集
寒さうな高さの塔があたたかし 鳥居おさむ
寒さうにあたたかさうにふきのたう 岩岡 中正
寒さうに母の寝たまふ蒲団かな 正岡子規
寒さうに犬這ひ込むや破れくど 寺田寅彦
寒さが汽罐車のような真つ黒い形でやつて来た 橋本夢道 無礼なる妻
寒さくる向う岸から鳥の羽 今瀬剛一
寒さとはにんげんにある穴の数 片山和華子
寒さとは重たきものよ背負ひ歩す 嶋田一歩
寒さには俗ならぬものありながら 相生垣瓜人 微茫集
寒さにゆがむ部屋なりわれもゆがみてあり 川島彷徨子 榛の木
寒さに目覚め誰にともなき敵意 栗林千津
寒さは若さ朝のミルクに膜生れて 川口重美
寒さまたうべなひ円空仏ゑまふ 占魚
寒さもう言はない母へ逆さ掛け 藤原照子
寒さやや父より届く辺塞詩 下山田禮子
寒さより来る疲れもある如し 相生垣瓜人 微茫集
寒さをも主とせむと思ふなり 相生垣瓜人 微茫集
寒さ中枕木割れば木色生く 榎本冬一郎 眼光
寒さ佳し欲望なしに野を歩く 山田みづえ
寒さ受くまゝに椿の葉重なり 右城暮石 声と声
寒さ夕月となる麦の芽 シヤツと雑草 栗林一石路
寒さ戻れる土の中より咲く苺 太田鴻村 穂国
寒さ疲れ線香煙らしてながめけり 渡辺水巴 白日
寒さ言ひしがチンドンヤとなり出で行くも 岩田昌寿 地の塩
寒さ防ぎの粗毛身につけ越の蟹 相葉有流
寒さ頂点たのむ一人の吾子も無く 菖蒲あや 路 地
寒といふ字のー劃々々の寒さ 富安風生
寒暖計よりも寒さに聡くして 相馬遷子 山河
寝おくれて寒さあつまる我が蒲團 高田蝶衣
寝ぬ室に地図広く掛かる寒さかな 龍胆 長谷川かな女
寝んとする頭の骨の寒さかな 杞陽
寝不足も加はり坊の寒さまた 白石峰子
寝寒さの思ひしぐれにあつまりぬ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
寝巻換ふに口衝き出づる寒さかな 石塚友二 方寸虚実
寝釈迦山裾膝そろへをる寒さかな 小林康治
寶刀の酒に利尻の寒さ断つ 上村占魚 『自門』
寺にまた鶏の出ている寒さかな 永末恵子 留守
小倉百人かたまつてゆく寒さ哉 高山れおな
小屏風に茶を挽きかかる寒さかな 斜嶺 芭蕉庵小文庫
小気味よき寒さとなりぬ年の暮 星野立子
小鳥網笛調子出て山の寒さかな 中島月笠 月笠句集
屏こぼつ跡の寒さや冬椿 游刀
山の寒さかぶるま黒なお寺見ゆ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
山はらに船の噺の寒さかな 内藤丈草
山消えし木々の寒さの旱なす 松澤昭 神立
山風に鶴が啼いたる寒さかな 飯田蛇笏 山廬集
岩群の空支へ合ふ寒さ哉 中川宋淵 詩龕
岬山に月沁む寒さ土竜みち 石田阿畏子
巻貝の巻きに嘆きの寒さかな 上田日差子
干足袋の日南に氷る寒さかな 乙字俳句集 大須賀乙字
干鮎にはらわたのなき寒さかな 水内 鬼灯
年よれば鼠もひかず寒さかな 園女 俳諧撰集玉藻集
幹の影踏む一瞬の寒さかな 片山由美子
広肩の畏む寒さ神輿彫 林翔 和紙
庭椅子の白が寒さを呼ぶ頃に 山田弘子
庵主寒さに腹を立てにけり 清原枴童 枴童句集
廬の内チ外君見る如く寒さかな 尾崎迷堂 孤輪
引据ゑて馬に灸ぶつ寒さかな 萩原麦草 麦嵐
張り壁に風のうまるる寒さかな 太田鴻村 穂国
彼岸前寒さも一夜二夜かな 路通
御格子に切髪かくる寒さかな 子規句集 虚子・碧梧桐選
心せし京の寒さに会はず去る 石川桂郎 高蘆
心臓の鼠鳴きする寒さかな 高澤良一 鳩信 
心頭にこびりつきたる寒さあり 相生垣瓜人 明治草抄
性分とばかりですまぬ寒さかな 久保田万太郎 流寓抄
恋をして伊勢の寒さは鼻にくる 大木あまり 火球
患者食往来の寒さ窓に見て 石川桂郎 四温
懐炉二つ残る寒さを歩きけり 前田普羅
我が寐たを首上て見る寒さかな 小西来山 (1654-1716)
我が寝たを首あげて見る寒さかな 来山
我が門(かど)に富士を見ぬ日の寒さかな 和田希因(1770頃-1750)




我が門に富士のなき日の寒さかな 沾洲
戒名のおぼえやすきも寒さかな 久保田万太郎 流寓抄以後
或夜月に富士大形の寒さかな 飯田蛇笏
或時は妻をさげすむ寒さかな 吉武月二郎句集
手にふるるものよりうつる寒さかな 鳳朗
手の先のすぐによごるゝ寒さかな 久保田万太郎 流寓抄以後
手もださで机にむかふ寒さかな 大阪-舎羅 俳諧撰集「有磯海」
抗うに舌一枚の寒さかな 出口善子
折鶴の嘴尖る寒さかな 石川ひで子
抱かれし人の骨抱く寒さかな 上原恒子
押入に白布を積む寒さかな 嶋田麻紀
押入れに寒さびつしり白鳥きて 寺田京子
捨てんとす犬の動かぬ寒さかな 小沢碧童
捨て湯の香明日晴れ寒さ極まらむ 登四郎
数の子に下戸正月の寒さかな 小杉余子
数珠下げていよ~美女の寒さかな 久保田万太郎 流寓抄以後
敷石の角の寒さの万福寺 毛塚静枝
文鳥のちよと報せる寒さかな 野末たく二
新しき墓にもの言ふ寒さかな 橋本榮治 麦生
新築の庭赤つちの寒さかな 川本良佳
日向ぼこのあとの寒さの落葉かな 林原耒井 蜩
日曇りてしばし寒さの寄すばかり 石塚友二 方寸虚実
日本の母の顔せし寒さかな 栗林千津
日本海の寒さの沁みし蟹甘し 宮津昭彦
明るき灯楽しや寒さなれぬ身に 高木晴子 晴居
易水にねぶか流るる寒さかな 蕪村
星空の下健康な寒さあり 中口飛朗子
星落ちて石となる夜の寒さ哉 正岡子規
昨日今日比良八講といふ寒さ 鈴木光紫朗
晴れし日は晴れし寒さに能登泊り 藤浦昭代
暗さが寒さ死せしキリストを運ぶの図 有働亨 汐路
暦売きのふの寒さ語りけり 白岩 三郎
曳くよりも曳かるる船の寒さかな 鈴木真砂女
書を売つて書斎のすいた寒さ哉 幸田露伴 江東集
曼陀羅の前の畳の寒さかな 山本洋子
月あるも寒さしぶとき戻り道 高澤良一 宿好 
月夜から月夜に遠き寒さかな 金田咲子 全身
有明にふりむきがたき寒さかな 向井去来
朝が苦になりはじめたる寒さかな 杉戸乃ぼる
朝の日の裾にとどかぬ寒さかな 千代尼
朝日から鳥の出てくる寒さかな 加藤かな文
朝霜を火桶にのこす寒さかな 京-謙山 霜 月 月別句集「韻塞」
木々の葉にさけてくだけて寒さかな 斯波園女
木がらしやあみ笠もどる寒さ橋 一茶
木がらしや折助帰る寒さ橋 一茶 ■文政二年己卯(五十七歳)
木木を裂く寒さの中や月のぼる 有働亨 汐路
杉山の杉の寒さの能舞台 河合凱夫 飛礫
杉高穂山の寒さを鍾めけり 野村喜舟 小石川
松すぎの寒さもどしぬ堰の上 石川桂郎 高蘆
松山の城を見おろす寒さかな 正岡子規
松若し寒さはここの入江にも 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
松過ぎの寒さ白日たぎる潮 渡邊水巴 富士
松風の奥に寺ある寒さかな 犀星
枝張りし木の枯れざまの寒さかな 久保田万太郎 流寓抄以後
柄を立てて砧置かれし寒さかな 岸本尚毅 舜
柳枯れて辻に客待つ寒さかな 蘇山人俳句集 羅蘇山人
校正ののの字ばかりの寒さかな(『川端茅舎論』校了) 石原八束 『高野谿』
栴檀の実ばかりになる寒さかな 子規句集 虚子・碧梧桐選
案内の僧が早口寒さかな 雉子郎句集 石島雉子郎
桑畑へ不二の尾きゆる寒さかな 道芝 久保田万太郎
梁の黒きひかりにある寒さ 田村了咲
梅が香に追ひもどさるる寒さかな 松尾芭蕉
椋鳥と人に呼ばるる寒さかな 一茶
植込にかげりゆく日の寒さかな 白水郎句集 大場白水郎
樫といふ字づらの何といふ寒さ 富安風生
樫の葉の小いさくなりし寒さかな 佐野良太 樫
橙の色ののりたる寒さかな 曽我 鈴子
機屋の灯見つつ宿とる寒さかな 森川暁水 黴
機械まはるなんともやりきれない寒さ 渡辺倫太
欅より雀こぼるゝ寒さかな 野村喜舟 小石川
次の間の灯で膳につく寒さかな 一茶
正客の行儀くづさぬ寒さかな 野波 俳諧撰集「有磯海」
歩廊の端に余りし雪嶺の寒さ 内藤吐天 鳴海抄
死顔に涙の見ゆる寒さかな 大野林火
水のんで湖国の寒さひろがりぬ 澄雄
水取の寒さ掟のごとく来る 大橋敦子 匂 玉
水涸れて柳短き寒さ哉 呉仙
水涸れて橋行く人の寒さかな 子規句集 虚子・碧梧桐選
水鳥の月の位を見る寒さ 浜田酒堂
水鳥も見えぬ江わたる寒さ哉 蕪村遺稿 冬
氷張る寒さの歯朶にこたへけり 増田龍雨 龍雨句集
江の空を鳥も渡らぬ寒さかな 巌谷小波
汽車道と國道と竝ぶ寒さ哉 内田百間
河豚で死ぬことうそでなき寒さかな 久保田万太郎 草の丈
沼人に河童月夜といふ寒さ 白岩三郎
法医学の石の廊階寒さ旺ん 榎本冬一郎 眼光
法王と同じ寒さの中に立つ 有馬いさお
波たてずゆく大鯉の寒さかな 渡邊水巴 富士
波郷忌のパリの寒さのなかにをり 佐川広治
洗足に客と名の付く寒さかな 浜田酒堂
津軽女等やませの寒さ頬被 富安風生
浅草は寒さの渡る剥れ空(三十尾藤男君昇天) 石原八束 『空の渚』
浦々に冬のコレラの寒さかな 月舟俳句集 原月舟
海を見て空と合ふ目の寒さかな 柑子句集 籾山柑子
海見えて寒さほどけぬ雑木山(大磯湘南平) 河野南畦 『焼灼後』
海鼠汝れも身をちゞめたる寒さかな 青峰集 島田青峰
淋しさに馴れてゆく日々寒さにも 稲畑汀子 汀子第二句集
淋しさも寒さも背中より襲ふ 山田弘子
深山鳥雨の木の芽の寒さかな 碧雲居句集 大谷碧雲居
深川は埋地の多き寒さかな 子規句集 虚子・碧梧桐選
湖の寒さを知りぬ翁の忌 高浜虚子
湯にひたる顔の寒さも十月ぞ 太田鴻村 穂国
湯帰りの風の寒さや小提灯 蘇山人俳句集 羅蘇山人
滑り込むシーツ寒さも底打って 高澤良一 ぱらりとせ 
潦それみよと云ふ寒さかな 高澤良一 素抱 
火の消えた石の囲ろりの寒さかな 大野洒竹
灯火の言葉を咲かす寒さかな 上島鬼貫
炭ついで青梅見ゆる寒さかな 室生犀星 魚眠洞發句集
焚火せしあとの寒さの悲しけれ 星野立子
焚火の輪背に山々の寒さ負ひ 麦南
焼藷の車に寒さつきまとふ 百合山羽公 寒雁
焼食を袂ちからの寒さかな 広瀬惟然
熊の糞青光る野の寒さ哉 中川宋淵 詩龕
燈ともせば闇はただよふ寒さとなれり 篠原梵
燭ゆるゝときおもかげの寒さかな 久保田万太郎 流寓抄以後
父死して厠の寒さ残しけり 有働亨 汐路
片親となりたる寒さ桑の枝 宇佐美魚目 天地存問
牡蠣はかる水の寒さや枡の中 高濱虚子
牡蠣汁の頃は浪速も寒さかな 松瀬青々
物売の急になりたる寒さかな 風国 極 月 月別句集「韻塞」
物言へど猫は答へぬ寒さ哉 寺田寅彦
猪鍋の火の美しき寒さあり 依田由基人
玉虫の瑠璃色きよき寒さかな 細見綾子 天然の風
玻璃戸にも野づらの寒さ来て凍る 占魚
現し身をつつみて寒さ美しき 長谷川素逝 暦日
生れしが失せし産屋の寒さかな 乙字俳句集 大須賀乙字
生れ出でゝ寒さ知りける嚏かな 中島月笠 月笠句集
生残りいきのこりたる寒さかな 一茶
生海鼠ほす袖の寒さよ啼ちどり 士朗
疲れ寝の泪見らるる寒さかな 石原八束 空の渚
病むひとの唇を読む寒さかな 嶋田麻紀
病床に我が子を寄せぬ寒さかな 吉武月二郎句集
病院の長き廊下の寒さかな 岡村柿紅
病骨に怖るゝ明日の寒さかな 青峰集 島田青峰
白粉の残りてゐたる寒さかな 吉右衛門
白鶏の竹の中行く寒さかな 成美
百姓が走る寒さの歯黄色く 中山純子 茜
目の中に寒さの球のあるごとし 照敏
真直に行くが為この道の寒さ 菅裸馬
眥に比叡のはなれぬ寒さかな 几董
眼がみえぬ人の夜を澄む寒さかな 飯田蛇笏
眼を瞠るまでに寒さがゆるみけり 相生垣瓜人 微茫集
眼尻の寒さもろとも振り返る 鎌倉佐弓
石にむき菜をそろへたる寒さかな 金田咲子
石崖に木蔦まつはる寒さかな 芥川龍之介 蕩々帖〔その一〕
石鉢に寒さをすくむ海鼠哉 老鼠
砧打つ江の雁早き寒さかな 雑草 長谷川零餘子
硝子戸に山へだたりし寒さかな 太田鴻村 穂国
硝子戸の薄い寒さや地震のあと 有働亨 汐路
磧に沿ひあゆむ寒さも本格的 高澤良一 ももすずめ 
磨かれて杉の寒さの横たはる 黒坂紫陽子
神主の玄関廣き寒さ哉 寺田寅彦
禿山の月の夜すがら寒さかな 寺田寅彦
秩父路に寒さ伴れ来る祭待つ 馬場移公子
稲苅りし後の寒さは堪へがたし 相馬遷子 山国
穂拾ひの我子に暮るる寒さかな 臼田亞浪 定本亜浪句集
空き家となりたる寒さ踏み鳴らす 右城暮石
空港の寒さ金属音ばかり 池田秀水
空腹にこたへる寒さありにけり 横山銀雲
突堤の突端の鵜の寒さかな 蓬田紀枝子
窓にさすつきかげに寒さつのりつつ泣くみどりごに妻はいらだつ 大河原惇行
窮するにシャボンの泡が出ぬ寒さ 松山足羽
筆すてた手を手で握る寒さかな 幸田露伴 谷中集
筆蹟の美しき寒さ女なりし 渡邊水巴 富士
箸置きてこころを占むる寒さあり かけい
粥啜るよみぢの寒さおもひつゝ 道芝 久保田万太郎
糊の干ぬ行灯ともす寒さかな 梅室
納骨のまた酒となる寒さかな 青陽人
紙漉の裾より寒さひろがりぬ 石田あき子
終点の駅の寒さに降り立ちぬ 片桐孝明
終電の寒さ新聞拡げ合ふ 右城暮石 上下
羽織だけ着替へし肩の寒さかな 久保田万太郎 流寓抄
聾の星廃油が寒さを訴へても 磯貝碧蹄館 握手
肥置くや松の梢の日の寒さ 比叡 野村泊月
肩すべるうちかけなれば寒さかな 道芝 久保田万太郎
背の子に夕日寒さや麦を蒔く 比叡 野村泊月
胸病んで今年驚く寒さかな 五城句集附短歌 数藤五城
能登は落日旅の仏を見る寒さ 宮武寒々 朱卓
脳天の鳥が飛礫となる寒さ 河合凱夫 飛礫
膝がしら出して餅押す寒さかな ヲハリ-東推 極 月 月別句集「韻塞」
臼売が木の香はらひてゐる寒さ 福田甲子雄
舟中の日のうつろなる寒さかな 臼田亜浪 旅人
舟漕いで海の寒さの中を行く 山口誓子(1901-94)
芭蕉忌にうす茶手向くる寒さかな 樗良
芹の水村の寒さの去り迷ふ 百合山羽公 故園
苗床の藍にもどりし寒さかな 尾上 萩男
若狭なる水のもて来る寒さかな 松瀬青々
茜雲夕風に乗る寒さかな 松村蒼石 露
茫と人と同じ寒さに立てるなり 右城暮石 声と声
茶をすする桶屋の弟子の寒さかな 素牛 俳諧撰集「藤の実」
荒馬の師走の牧の寒さかな 斯波園女
菜大根の土に喰ひつく寒さかな 乙州
落葉松林ゆけば寒さがついてくる 千代田葛彦 旅人木
葱(ねぶか)白く洗ひたてたる寒さ哉 芭蕉
葱かかへ寒さの光る中に墜つ 石原八束 空の渚
葱白く洗ひたてたる寒さかな 芭蕉
蒸鮓に立てゝ寒さや膳の脚 増田龍雨 龍雨句集
蔵梯子残る寒さに軋みけり 大橋一久子
蕎麦粕の枕の音の寒さかな 角上 極 月 月別句集「韻塞」
薔薇園の美しすぎる寒さかな 大木あまり 火球
藍の香の日向にまじる寒さかな 政二郎
藍壷にきれを失ふ寒さかな 内藤丈草
藍瓶に鼠ちょろつく寒さ哉 幸田露伴 江東集
藪伐れば峰のこだます寒さかな 飯田蛇笏 山廬集
蛸の抱く鳥居に海の寒さかな 古白遺稿 藤野古白
蜂飼の怖るゝ寒さ来てゐたり 右城暮石 声と声
蜜柑むいて寒さわかたん雛かな 渡邊水巴
行く鯉の尾を曲げし姿美き寒さ 渡邊水巴 富士
街燈の灯る寒さの一つづつ 深見けん二
裁鋏ひかりて波の寒さかな 中山純子 沙 羅以後
裾の寒さよ万燈下の暗さよ 橋本多佳子
襞襞に寒さかくまり山日和 上村占魚 『自門』
襟巻の浅黄にのこる寒さかな 蕪村
襟巻や寒さはなれぬぼんのくぼ 小杉余子 余子句選
襤褸市の果の寒さと酔ひにけり 小林康治 玄霜
見えぬ眼へ己が手を振る寒さかな 弓場汰有
見る者も見らるゝ猿も寒さうに 稲畑汀子 汀子句集
覚めをれば寒さのはてに軋む家 石塚友二
言の葉の失せし寒さや阪神忌 手塚美佐
象が曳く鎖の音の寒さかな 柊愁生
貧乏に痰のからまる寒さ哉 会津八一
赤坊のうす目してゐる寒さかな 稚魚
足もとに死ねば灯ともす寒さかな 飯田蛇笏 山廬集
足早き提灯を追ふ寒さかな 高浜虚子
足軽のかたまつて行く寒さかな 士朗
躓きし石にものいふ寒さかな 野村喜舟
身に沁みてものの思へぬ寒さかな 久保田万太郎 流寓抄以後
身のうちに父喪ひし寒さ満つ 大橋敦子 手 鞠
身の老いに心遅るる寒さかな 文挾夫佐恵
車内みな起きあがりたる寒さかな 龍岡晋
辛うして蝋燭ともる寒さかな 久保田万太郎 流寓抄
送別やうそ寒さうな顔並べ 荒木荒井蛙
通勤の鼻を尖らす寒さかな 高澤良一 宿好 
遊ばんと来て梅林の寒さかな 大木あまり 火球
道の上に夜々ある星に寒さ添ふ 中島斌男
道はたに多賀の鳥居の寒さ哉 尚白
道護る獨の老の寒さかな 松根東洋城
遥かな街見ゆる瞭らかさが寒さ 有働亨 汐路
避けがたき寒さに坐りつづけをり 松本たかし
郵便天使寒さがくれば寒さに克つ 磯貝碧蹄館 握手
酒となる間の手もちなき寒さ哉 井上井月
重ね着に寒さもしらぬ姿かな 鬼貫
金屏にものの翳ある寒さかな 武藤紀子
釣り上げし*ほうぼうも鳴く寒さかな 高木朱星
鉄塔の暮色にしづむ寒さかな 小峰松江
鉄積む音海の寒さの涯もなし 榎本冬一郎 眼光
鉱山の姿とみれば寒さかな 白水郎句集 大場白水郎
鍋かけて火鉢ぞ小さき寒さかな 東洋城全句集 松根東洋城
鏡見て別のわれ見る寒さかな 遷子
鐘打つて彼岸の寒さのこりけり 山田桂三
関処より吹戻さるゝ寒さ哉 一茶 ■寛政四年壬子(三十歳)
阿羅漢の笑ひすぎたる寒さかな 斎藤梅子
降りものは雪ともつかぬ寒さかな 井上井月
降り出づるまでの寒さでありにけり 小杉余子 余子句選
陰岩を蹴りもしてみる寒さかな 飯島晴子
隅々に寒さ冷たさ重なれる 右城暮石 声と声
雁行のとゝのひし天の寒さかな 渡邊水巴
雑沓を出て碧空の寒さかな 中島月笠 月笠句集
雛の顔ゆるむ寒さのみゆるかな 久保田万太郎 草の丈
雨毎につのる寒さや蕪汁 皿井旭川
雪降りしあとの寒さや浅蜊汁 増田龍雨 龍雨句集
雲なくて空の寒さよ小山越 正岡子規
電柱ごとに寒さを見たり橋辨慶 竹中 宏
霜除に霜なき朝の寒さかな 高浜虚子
霧はれて湖におどろく寒さかな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
露座仏の背にある大き寒さかな 斎藤由美
靴みがく馬丁部屋の寒さかな 寺田寅彦
靴を履く背中見てゐる寒さかな 谷口桂子
頬を摶つ寒さを湖の息しづか 原裕 青垣
顔見世にかなふ寒さとなりにけり 佐藤佐登子
顔見世の京の寒さとなりにけり 富田徳見
風募るうへに寒さも見合はせり 高澤良一 さざなみやっこ 
風向きを変えて一気に来る寒さ 山鹿 晃
風呂を焚く梅の寒さや早泊り 松瀬青々
風道にたまる寒さや栄螺売り 清水基吉
飛石の一つ一つの寒さかな 久保田万太郎 流寓抄以後
飢と寒さ天皇は汝にありといえど 古沢太穂 古沢太穂句集
飯粒して封する文の寒さかな 籾山梓月
飯食うてしのぐ寒さや昨日今日 松本たかし
首筋の寒さが袖にぬけにけり 上野泰 佐介
馬痩せて鹿に似る頃の寒さ哉 正岡子規
駅前の寒さ貧しさ映画ビラ 右城暮石 声と声
骨上げの身震ひ寒さにはあらず 岸風三樓
高浪のなまじ色ある寒さかな 鈴木真砂女
髪切りしわけ問はれずにゐる寒さ 櫂未知子 貴族
鬱然と写楽の鼻の寒さかな 大庭紫逢
鬼の持て来し寒さかな鬼やらひ 石塚友二 光塵
魚さげし女づれ見し寒さかな 室生犀星 魚眠洞發句集
魚の目に射られどほしの寒さかな 鈴木真砂女 夕螢
魚棚を磨き上げたる寒さかな 乙字俳句集 大須賀乙字
鮫洗ふさゝらの音の寒さ哉 木導
鯛は美のおこぜは醜の寒さかな 鈴木真砂女
鱒鮓や寒さのもどる星のいろ 古舘曹人 樹下石上
鳥もまた石の色なる寒さかな 岸本尚毅 舜
鳶高し寧ろ壮快なる寒さ 有働亨 汐路
鴨のうしろ鵜の首が立つ寒さかな 蓬田紀枝子
鴨の嘴黄によごれたる寒さかな 松瀬青々
鶯の肝つぶしたる寒さかな 支考
鷲の毛の金網に散る寒さかな 太田鴻村 穂国
鹽鮭の腹を風吹く寒さかな 幸田露伴 拾遺
麦踏や寒さに堪へて小刻みに 西山泊雲 泊雲句集
黒鍵を打ち鳴らしたる寒さかな 仙田洋子 雲は王冠
鼻痛き寒さの目覚めわが家なり 石川桂郎 四温
「無意味」が寒し電車の連結幌ゆらゆら 磯貝碧蹄館 握手
あら寒し~と浅間見上たり 大江丸
えんぶりの逸(はぐ)れ大黒舞ひて寒し 村上しゆら
かしこまる易者の前に人寒し 碧梧桐句集 河東碧梧桐、大須賀乙字選
けふ出来て植田は寒し机にゐ 中拓夫
この岩の百尺寒し鬼ケ城 桂樟蹊子
しれものの舎(やどり)か寒し椚木(くぬぎ)原 園女 俳諧撰集玉藻集
すみがまや焼人みえて猶寒し 松岡青蘿
たふとさに寒し神楽の舞少女 正岡子規
どこも濡れて夕ぐれ寒し早乙女は 猿橋統流子
ねんねこを脱いで一度に背ナ寒し 田中彦影
ひいき目にみてさへ寒し影法師 一茶
へんさんを着けても寒し仮位牌 錦江 俳諧撰集玉藻集
ほとけ寒しほこりの書架の歎異鈔 中山純子 沙羅
ほほゑみて遺影ふくよかなり寒し 耕二(石田あき子氏逝く)
まどろみの覚めぎは寒し昼蛙 中拓夫
もとほるにやうやく寒し大き林泉 槐太(嵯峨修学院)
よき衣の衿もと寒し松の内 阿部みどり女 笹鳴
よりあひて寒し寒しと遺されし 今瀬剛一
わが病めば子らいさかはぬ夕餉寒し 吉野義子
オリオンの方舟西下して寒し 上田五千石 田園
キリストの像の鼻見て鼻寒し 菖蒲あや 路 地
一稿の口述寒し開戦日 石川桂郎 高蘆
三月風ひと日ひかりてはたと寒し 森澄雄
不況貯炭の襞や虚実の舌寒し 小林康治 玄霜
両眼の雫も寒し白がへし 中村史邦
人の妻と酔ひてわづかに舌寒し 小林康治 玄霜
人死なせ来し医師寒し吾子を診(み)る 竹下しづの女句文集 昭和十五年
人穴に折ふし寒し風の音 上島鬼貫
仮名拾ふ子の声寒し根深汁 龍男
会堂に日晴れて寒し国民葬 石塚友二 方寸虚実
伽陀僧の引き聲寒し佛名会 名和三幹竹
何か得て何か失ふ旅寒し 毛塚静枝
便所の扉石で押へて吉野寒し 右城暮石
俎板に寒し薺の青雫 此筋 正 月 月別句集「韻塞」
兀殿の先だち寒し冬の月 水田正秀
先生のお留守寒しや上根岸 正岡子規
兵の墓死後も隊伍を組み寒し 山崎ひさを
内海の一と目に寒し鰈舟 百合山羽公 寒雁
写し見る鏡中の人吾寒し 正岡子規
冬枯をぐるりと湖水々寒し 古白遺稿 藤野古白
冷飯に鳴らして寒し銀の箸 龍胆 長谷川かな女
動物園寒し両掌でもの食ふ猿 右城暮石 声と声
北風寒しだまつて歩くばかりなり 高浜虚子

以上
by 575fudemakase | 2014-12-08 00:01 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23344145
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

春分の日  の俳句
at 2017-04-30 04:21
彼岸詣   の俳句
at 2017-04-30 04:19
彼岸桜   の俳句
at 2017-04-30 04:17
貝寄風   の俳句
at 2017-04-30 04:13
春障子 の俳句
at 2017-04-30 04:11

外部リンク

記事ランキング