寒し2

寒し2

例句を挙げる。

十四屋は海手に寒し雪の門 許六 霜 月 月別句集「韻塞」
千年の仰臥屈葬まざと寒し 齋藤玄 『狩眼』
口を閉じ寒し寒しのほか言わず 宇多喜代子
只寒し白き御帳黒き椅子 寺田寅彦
向きあうて寒し痛しと張扇 高橋睦郎 稽古飲食
呵々と寒し君もマッチを持たざるか 林原耒井 蜩
啼きに来る山鳩寒し柿の色 樗堂
四十路も寒し事の序に生れ来て 北野民夫
固まれば砂糖も寒し黄泉の父 鍵和田釉子
土器に煤寒し用ひししるしにして 宮津昭彦
坑を出て荒男の仰ぐ星寒し 三谷昭 獣身
城寒し群立つ柱亡者のごと 藤岡筑邨
塩鯛の歯ぐきも寒し魚の店 芭蕉
壁寒し自恃のはかなさ念ひ寝る 石塚友二 方寸虚実
壕出づや汗ばみゐしか腋寒し 原田種茅 径
夕寒しどこの部屋にも雨の音 野澤節子 黄 瀬
夕月が白し寒しと鵯叫ぶ 堀口星眠 樹の雫
夕月の寒しと水菜さげてゆく 太田鴻村 穂国
夕汽笛一すじ寒しいざ妹へ 中村草田男(1901-83)
夕焼けて寒し待たざるものも来ず 油布五線
夕焼寒しかはほりはブリツヂヘとぶ 太田鴻村 穂国
夕陽(せきよう)の流石に寒し小六月 上島鬼貫
外食のひと日寒しや妻の留守 吉澤卯一
大いなるまたゝき寒し檻の鷲 田村木国
天龍の石原きつて鴨寒し 百合山羽公 故園
太郎三郎次郎も寒し塔の下 山崎聡
奈良寒し鼻孔はっきり鬼瓦 森田智子
奏楽寒し苔むすまでぞと打楽器が 赤城さかえ句集
妻とほし噴煙ゆたかにて寒し 杉山岳陽 晩婚
妻をいたはる心となれば寒しぞ我は 人間を彫る 大橋裸木
子が引きし傍線寒し「死後の世界」 田川飛旅子
子に寝られ掴みどころのなく寒し 石塚友二 光塵
宇宙船めきて屋根裏部屋寒し 皆吉司
宇治寒ししまひ渡舟に乗れといふ 高濱年尾 年尾句集
家こぼつ木立も寒し後の月 榎本其角
富士颪まともに寒し大地獄 乙字俳句集 大須賀乙字
寒ければ寝られずねねば猶寒し 支考 極 月 月別句集「韻塞」
寒しとはこの世のことよ墓拝む 星野立子
寒しとは小町が嘘よほとゝぎす 高井几董
寝寒しと炉火つぐ吾れに虫更けぬ 乙字俳句集 大須賀乙字
寮買へは都は寒し冬の海 尾崎紅葉
寺寒し監視カメラのそこここに 相河美智子
小手寒し麦播きをれば貧迫る 小林康治 四季貧窮
尿する茶壷も寒し枕上 芥川龍之介
居風呂に入時寒し雁の声 太無
屋上に出づを試歩とし風寒し 岸風三樓
屑拾ふ一歩一歩や寒しまる 古賀まり子 洗 禮
屑鉄の山に日当りゐて寒し 菖蒲あや 路 地
山の五月は寒しとばかり昼をこやる 臼田亞浪 定本亜浪句集
山中の巨石の季節苔寒し 林翔
山寒し星揺り出だす木曾の風 大串章
山端は寒し素逝を顧みし 高浜虚子
山頂駅迅風は寒し楽鳴らし 石原八束 空の渚
岳蔽ふ雲を寒しと木賊刈る 三輪不撓
峡の日の落つれば寒し温泉に浸る 高濱年尾 年尾句集
嵯峩寒しいざ先くだれ都鳥 蕪村 冬之部 ■ 泰里が東武に歸を送る
巌うちし余勢の濤として寒し 岸風三樓
師の語ひしと末座に緊むる膝寒し 茂里正治
師走寒し血を出す罪と火を出す罰 磯貝碧蹄館 握手
帰らうと思へは寒し山の庵 闌更 (冬嶺亭に遊ひて)
帰路寒し胸中に人そしりつつ 猿橋統流子
年くるゝ山里寒し塩肴 成美
年功序列女にはなし寒し職場 菖蒲あや あ や
年寒しうつる空よりうつす水 久保田万太郎 流寓抄
年寒し死なれて困る人に死なれ 安住敦
年寒し銀行ばかりやたら建ち 久保田万太郎 流寓抄以後
広告裏に狂院の地図描きて寒し 岩田昌寿 地の塩
引き鶴や我鬼先生の眼ン寒し 芥川龍之介 我鬼窟句抄
御佛のうしろより暮れ奈良寒し 関成美
念ひ寒し逆行の汽車車窓過ぎ 中島斌男
忽然と逝きたる人の席寒し 岡安仁義
急行車過ぎて灯を消す駅寒し 雉子郎句集 石島雉子郎
恋う寒し鼻黒犬と生まれ来て 三谷昭 獣身
恋ふ寒し身は雪嶺の天に浮き 西東三鬼
慇懃に金貸す銀行出て寒し 相馬遷子 雪嶺
懈怠恥づる襟もと寒し覚如御忌 魯 牛
成人の日の風寒し海からも 皆川白陀
戻りは寒しうしろ姿を墓に見せ 猿橋統流子
手箒を蛤に編む寒しごと 西本一都 景色
打よする藻屑も寒し波の跡 乙由 (阿漕浦)
折れし蘇鉄に藁覆せず寺寒し 河野静雲
捨て軍鶏の東風を寒しと浜小松 高井北杜
授業寒し木の音をして生徒起つ 中島吐詩
掌が寒しまだ一本の蟻の道 対馬康子 吾亦紅
故郷寒しうつくしき雨垂れの砂 榎本冬一郎 眼光
断食月を告げゐる繊き月あふぎ絶対神なきわれら寒しも 大塚寅彦
新娶り一友在りて酔寒し 三谷昭 獣身
日の影の悲しく寒し発句塚 史邦
星天のおぼろに寒し隠密行 相馬遷子 山国
星寒し人の言尻胸に尾を 石塚友二 方寸虚実
昼寒し塗らぬ板塀獣医館 宮津昭彦
暁の寝すがた寒し九月蚊帳 暁台 五車反古
暗きかげ寄りつつ寒し電車待つ 原田種茅 径
書を読んで寒しといひて温泉に来る 上村占魚 球磨
書庫寒し獄のごとしとふと思ふ 森田峠 逆瀬川
書樓出て日寒し山の襞を見る 飯田蛇笏
月の鎌一茶忌過ぎしより寒し 沖里石
月を見るうしろは寒し草の庵 松岡青蘿
月光のちらちら寒し樹にひびき 石原八束 空の渚
月寒し戦装の兵等との別れ 石塚友二 方寸虚実
月潜む靄のかがよひ雁寒し 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
月草の色見えそめて雨寒し 暁 台
有がたさ余リて寒し神の場 高井几董
村寒し四五尾の鮠を見しことも 大岳水一路
東京の首のあたりにゐて寒し 中里 結
松寒し神籤結びを人な見そ 太田鴻村 穂国
松明消えて江の音寒し鴨の声 雷夫
柴漬くる波直ぐ消ゆる水寒し 雉子郎句集 石島雉子郎
柴漬ける後ろに寒し淀の城 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
柿喰ふや鵯の啼く音は寒しとふ 臼田亞浪 定本亜浪句集
柿売の旅寐は寒し柿の側 炭 太祇 太祇句選
棟上げの酒もり寒しはだか家 水田正秀
植竹に河風寒し道の端 土芳
椎の影蔽ひ盡して池寒し 寺田寅彦
死にし父の歯の跡寒しきせるの銀 橋本夢道
死ぬ妻が寒しと言ひし西日寒し 齋藤玄 『玄』
死免がれず限前に土塊寒し 村上鬼城
母亡しと思う松山の空寒し 三谷昭 獣身
気をつけて見るほど寒し枯すすき 杉風 極 月 月別句集「韻塞」
水取のけふを知らねばただ寒し 百合山羽公
水寒し烽火たよりに渡す舟 蝶衣句集「島舟」 高田蝶衣
水平線はつきり見えてゐて寒し 池田秀水
水鶏笛ひようと鳴りたるあと寒し 殿村莵絲子 牡 丹
永年勤続賞され寒し早く寝む 菖蒲あや あ や
永遠の雲寒し勤労感謝の日 皆川白陀
河骨の浮葉か寒し濃むらさき 石川桂郎 高蘆
河鹿寒し障子の内の君が膝 碧雲居句集 大谷碧雲居
油焔寒し廃塩田の水の皺 原裕 葦牙
波郷亡しや在りとうなづく月寒し 林翔 和紙
泣くためのくらがり寒し波郷亡し 細川加賀 『傷痕』
泥寒し市電終点より先は 宮津昭彦
洗ふごと寒し松葉の降りつもる 右城暮石 声と声
浪白くなりて寒しや磯遊 福田蓼汀 山火
海底より寒しや冷蔵庫のなまこ 品川鈴子
淀寒し雪に雪ふる愛宕山 松瀬青々
淋し寒し出羽の清水後の月 河東碧梧桐
渡御寒し道に豆木を焚くならひ 西本一都 景色
湖寒し弥次郎兵衛ざま畦踏めば 石川桂郎 高蘆
湯豆腐の暁寒し恋ころも 尾崎紅葉
満天の星の一つを見て寒し 行方克巳
漁家寒し酒に頭の雪を燒 蕪村 冬之部 ■ 題七歩詩
潮寒し瞼沈みて石仏 桂樟蹊子
火の山に何かとらへむとして寒し 鈴木真砂女 夕螢
火の音や一切空のただ寒し 岸風三樓
火山灰寒し赤子泣く茶屋地獄茶屋 石原八束 空の渚
火鉢売場寒し鏡台並びけり 永井龍男
灯が寒し生涯刻む石の窟 三谷昭 獣身
灯寒し蟹食べし指幾度も拭き 鈴木真砂女 夕螢
炭車去り日没つる方に汽笛寒し 三谷昭 獣身
煉炭の灰ぶちまけて路地寒し 菖蒲あや 路 地
熟み落ちて梢に寒し柿の蔕 会津八一
熱にすぐ膝冒されてセル寒し 下村槐太 天涯
燭寒し屍にすがる聖母の図 西東三鬼
爪寒しこれのみ懈怠なく伸ぶよ 石塚友二
牛寒し牛の間より島見えて 原裕 葦牙
牧寒し長きしじまの大熊座 有働亨 汐路
物もなき神殿寒し大太鼓 正岡子規
犬よ寒しまろぶ葉もなき芝の風 林原耒井 蜩
犬吠の海見てくらす犬寒し 原コウ子
狂ひ穂の雨に寒しや青芒 河東碧梧桐
狐面少女にフランス遠し電車寒し 鈴木六林男 谷間の旗
狼の糞見て寒し白根越 正岡子規
猿田彦の塚に注連結ひ鼻寒し 角川源義
甕の中覗きて寒し又覗く 山崎ひさを
生涯寒し天皇の喪に逢ふことも 細川加賀 『玉虫』以後
田が固くなりゆき鵙の声寒し 榎本冬一郎 眼光
痩脛(やせずね)に漸く寒し大井川 上島鬼貫
痩脛や病より起ツ鶴寒し 蕪村 冬之部 ■ 大魯が病の復常をいのる
痩臑に漸く寒し大井川 鬼貫
痩顔のうつりて寒し村の橋 広瀬惟然
白栲の如月寒し駿河町 尾崎紅葉
百姓が立てり地の底まで寒し 榎本冬一郎 眼光
百姓の径を百姓ゆきて寒し 榎本冬一郎 眼光
看取り寒し笑ひは胸にきてとまる 石原八束 黒凍みの道
眞がねはむ鼠の牙の音寒し 蕪村遺稿 冬
眼が寒しストリツパーに銀の陰 磯貝碧蹄館 握手
石寒し四十七士が霜ばしら 高井几董
砂丘来て影売りし人のごと寒し 川村紫陽
砂取節粛々寒し海に雨 西村公鳳
窓通る傘の音にはかに寒し 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
笹醴(ささぼろ)や浦風寒ししほ衣 上島鬼貫
笹鳴に前歩かれて背が寒し 加藤知世子 黄 炎
米炊けば寒し雀の羽の音 せん 俳諧撰集玉藻集
糞とりの年玉寒し洗ひ蕪 許六
糸のなき糸巻に似て月寒し 前田普羅
紅寒し唇乾く昨日今日 下鉢清子
納豆汁腹あたたかに風寒し 正岡子規
終電車寒し編棒りゝと落ち 中島斌男
緊張の言葉貧しきとき寒し 永野由美子
羅漢一体につくき人に似て寒し 鈴木真砂女
羽音さへ聞えて寒し月の雁 松岡青蘿
老楽の口もと寒し御仏名 向井去来
胎蔵界昏し金剛界寒し 篠崎圭介
膝ゆする身ぐせの寒し鬼ひとり 石原八束 藍微塵
膳所寒しわが降り立てば俥あり 星野立子
自問して余生のことは知らず寒し 安住敦
船の笛寒し男も炊がねば 小林康治 玄霜
芭蕉葉の寒しと答ふ声もなし 角上 (悼翁)
芸事は寒し祇園の畳にて 山口誓子 青銅
茜さす起重機群の奥寒し 小林康治 玄霜
茜寒し袋に蝗生きてゐる 千代田葛彦 旅人木
草夕ベ往来に離りゐて寒し 太田鴻村 穂国
菜をきざむ広敷寒し吹どほし 支老 芭蕉庵小文庫
菱の実を神の陰よと言ひて寒し 斎藤玄
落葉して遽に羅漢の裏寒し 小林康治 玄霜
蓮根掘る仕草の一つづつ寒し 有働亨 汐路
薯蕷掘つて入日に土の香寒し 高田蝶衣
街の上を電線その上は寒し 松崎鉄之介
袖の色よごれて寒し濃鼠 松尾芭蕉
裾寒しかぶさる歯科のアーム機器 高井北杜
襞寒し波のうねりのオルガスム 高澤晶子 純愛
襟ことに白きおもひの闇寒し 飯田龍太
見やるさへ旅人寒し石部山 智月
読みて寒し憚りもなき敗戦記 及川貞 夕焼
貧山の釜霜に鳴く声寒し 芭蕉
路地の天寒しオリオン翼缺く 大橋敦子
身をくだつ姿寒しや浸け糸瓜 中野三允句集 中野三允
輪投げの輪赤のみ入りて他は寒し 磯貝碧蹄館 握手
通されて子牛の穴の鼻寒し 正岡子規
達磨忌の坐り直すもただ寒し 岸風三樓
郭公をきく蝦夷の雨寒しとも 水無瀬白風
酷薄にほとべくじられ奇声寒し 赤城さかえ句集
野山獄址寒しひと筋冬日射し 岡部六弥太
野道寒し骨壺袖にかき抱く 上村占魚 球磨
鈴鴨の声ふり渡る月寒し 服部嵐雪
鉄板に雨音それだけでも寒し 菖蒲あや 路 地
銀座寒し誰にも逢はず逢はずとも 深川正一郎
錐の如つつ立つ朽木谷寒し たかし
鍋一つ一つが寒し母臥せば 小檜山繁子
門は松芍薬園の雪寒し 舟泉
門寒し猶澄蠣の水の月 蓼太
阿蘇寒し地鳴り地獄のこゑ天に 石原八束 空の渚
阿蘇寒し赤よな染めの火口壁 石原八束 空の渚
陸になき夕焼海に濃く寒し 菖蒲あや 路 地
雛寒し桃の節句に桃の咲かぬ国 河野静雲
雨はれてふたゝび寒し根深汁 草城
雨寒し牡蠣売れ残る魚の店 佐藤紅緑
雪の松折口見れば尚寒し 杉風
雪よりは寒し白髪に冬の月 内藤丈草
雪よりも寒し白髪に冬の月 丈草
雪寒し洗濯衣のうち返し 幽山 選集「板東太郎」
靄寒し点りし厦のいちめんの窓 原田種茅 径
面影の囚はれ人に似て寒し 木歩
顔寒し有為曇るときくにさへ 石塚友二 方寸虚実
顔寒し話のつぎ穂うしなひて 八木絵馬
風呂場寒し共に裸の油虫 西東三鬼
風寒し切長の目も薄暮にて 飯田龍太
風寒し熊手のおかめ頬白う 高橋淡路女 梶の葉
風寒し破れ障子の神無月 山崎宗鑑
風寒し破魔矢を胸に抱へくる たかし
首延べてかたみに寒し衣川 殿村莵絲子 牡 丹
馬の息ほのかに寒しけさの霜 膳所-民丁 俳諧撰集「有磯海」
馬の背の阿蘇寒し背に鈴鳴らし 石原八束 空の渚
駅寒し護送の捕縄見たるより 山本歩禅
高雄山杉にうつれば日も寒し 暁台 五車反古
髭寒し漢方ぐすりこぼしけり 阿波野青畝
髯寒し小倉の里の冬籠り 会津八一
魚になる夢に目覚めてなほ寒し 辻美奈子
魚臭き男と眠る海寒し 高澤晶子 純愛
鮎の登る川風寒し二十日月 井月の句集 井上井月
鵜のかゞり消て暁の水寒し 松岡青蘿
鵯のかしらも寒し柞原 ぶん村 極 月 月別句集「韻塞」
鷹の羽拾うて寒し廓跡 松本旭
麻酔秒読み落下傘開かず寒し 三好潤子
黒い絵の壁をめぐらしゴヤ寒し 文挟夫佐恵
鼻寒し父の骨壺を抱き温め 小林康治 四季貧窮
鼻寒し雲のみ動く野路の果 三谷昭 獣身
あとからあとから月の出寒い波頭 鈴木六林男 第三突堤
あゝ寒いあらあら寒いひがん哉 一茶
うごけば、寒い 橋本夢道(1903-74)
しら菊や寒いといふもいへる比 千代尼
ただ寒い川が傷兵の眼に奔る 三谷昭 獣身
たてがみが寒いと女ただよえり 岸本マチ子
てのひらに群盗伝の寒いかな 松澤昭 面白
どうしてもどうしやうもなく寒い冬 加藤正尚
にはとりを抱き前を抱き寒い月 攝津幸彦
ひとりぼつちの泊灯ね 寒いわ お父さん 伊丹三樹彦 樹冠
ぺたぺた寒い鰈をならべる シヤツと雑草 栗林一石路
もう堤が焼かれている 寒い天気図のように 吉岡禅寺洞
マツチすつた顔が寒い闇のそこに消えた 人間を彫る 大橋裸木
七輪に寒い焔の翅相住ひ 辻田克巳
主よ人は木の髄を切る寒い朝 成田千空 地霊
二階から足がおりてくる寒い顔になる シヤツと雑草 栗林一石路
五圓着いたと兵隊の弟から寒いたよりが来た 橋本夢道
今日病まず寒いきいきと渚あり 岸田稚魚 筍流し
倒れるまでタイヤ転がる寒い空港 三橋敏雄 まぼろしの鱶
凍て寒い日の夕焼け障子の皆に 八年間『碧梧桐句集八年間』 河東碧梧桐
受験子の寒い寒いと言ひ小さし 今瀬剛一
口紅つかう気力体力 寒いわ 池田澄子
喪の家の灯のみはみ出し寒い路地 菖蒲あや
婆の言ふ寒い寒いは唄ふごと 今瀬剛一
子を叱るその声の寒い日暮をおとなふ 人間を彫る 大橋裸木
寒 い 雲 が い そ ぐ 山頭火
寒いかと問へばうなづきシルエツト 京極杞陽
寒いぞよ軒の蜩唐がらし 一茶 ■文化年間
寒いちご親子四人の匙の音 福永みち子
寒いとも月が美しとも言ひぬ 蔦三郎
寒いねと彼は煙草に火を点ける 正木ゆう子
寒いよよ月の菁さを仰ぎみる 滝戸 蓮
寒いペンギン考えは今首の中 墨谷ひろし
寒い国のジンタヘ膝を屈した象 伊丹三樹彦 人中
寒い壁に囲まれて読む出エヂプト記 有馬朗人 母国
寒い夜ののっぽキリストかもしれぬ 宇多喜代子
寒い夜の鏡の中にまた鏡 今瀬剛一
寒い日がつゞく抜き草生きてゐて 林原耒井 蜩
寒い日の終わりは熱い眼と会う 高澤晶子 純愛
寒い日暮の提灯つけてゐる車夫の尖つた顔 人間を彫る 大橋裸木
寒い月 ああ貌がない 貌がない 富澤赤黄男
寒い朝巨大空母と茶の間に居り 国 しげ彦
寒い枝であつた猫柳となつた シヤツと雑草 栗林一石路
寒い藻の水に映っている 自分 古川克巳
寒い足が出てシベリアの地図をかぶつて寝ていた夢というもの 橋本夢道 無禮なる妻抄
寒い鍵束おのおの持ちて鳥の群 栗林千津
寒い雲がいそぐ 種田山頭火 草木塔
影法師なくなった子が寒い顔して戻る 人間を彫る(裸木第一句集) 大橋裸木
心臓が縮まるけさは寒いねぇ 高澤良一 宿好 
文債や鏡の中に寒い顔 福士光生
斜塔となつて見かへれば寒い真赤な絶景 高柳重信
日暮もつるる寒い波跨いで船出る 人間を彫る 大橋裸木
月夜の家根に猫が鳴く寒い村を抜ける 人間を彫る 大橋裸木
木ぎれ石くれ寒い前歯の二人見ゆ 栗林千津
歩かぬと寒いよ白の落椿 池田澄子
毎年よ彼岸の入に寒いのは 正岡子規(母の詞自ら句になりて)
水枕ガバリと寒い海がある 西東三鬼(1900-62)
火の山の空洞寒い風を溜め 三谷昭 獣身
炎天や「うごけば寒い」吾が墓石 橋本夢道 『無類の妻』以後
煙草屋の婆ちやん健在寒いねえ 高澤良一 宿好 
爐寒いで逗留す湖光薄すれたり 牧唄 久米三汀(正雄)
瓶の底の乾かぬ一滴あァ寒い 池田澄子
百姓牛の尻見つつ寒い日暮を戻る 人間を彫る 大橋裸木
祖先のやうに寒い砂山いくつも越し 栗林千津
秋蚕眠る肩が寒いと母のいう 遠山郁好
肩から覗く子供の眼の寒い日暮を来る 人間を彫る 大橋裸木
草田男やしばらく措きて"寒いですね" 岸風三樓
葭を刈り寒い湖上に終る生 三谷昭 獣身
葱の尖りの寒い月の出に歩いてゐる 人間を彫る 大橋裸木
貨車疾走 寒いすすきが引火する 増田まさみ
輪ゴムその他いつまで寒い日輪よ 栗林千津
錆びし鉄ばかり目につき寒い埠頭 池田秀水
長いぞや曽根の松風寒いぞや 広瀬惟然
靴を穿く今が一番寒い時 京極杞陽 くくたち下巻
鴉たち海は寒いと地に降り来 菖蒲あや 路 地
黒い帯しつかりしめて寒い夜居る 尾崎放哉




さむざむとかかる日芹を摘みをれる 下村槐太 天涯 下村槐太全句集
さむざむとしかはあれども冬紅葉 富安風生
さむざむと地の喪へる夕鴉 飯田龍太
さむざむと払ふ喪服のパンの屑 栗生純夫 科野路
さむざむと日輪あそぶ冬至かな 飯田蛇笏 春蘭
さむざむと見て水の上の日向かな 岸田稚魚 『花盗人』
さむざむと雲ぬく嶽に月あそぶ 飯田蛇笏 春蘭
傷兵にヒマラヤ杉の天さむざむ 白虹
冬木に眼なきやさむざむと我がおとすもの 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
北上川さむざむと遠く紺たたふ 川島彷徨子 榛の木
日本海さむざむ光り髪ひかる 横山白虹
水も打たず夕さむざむと竜の髭 下村槐太 天涯
深夜疾風夢のかけらのさむざむと 栗生純夫 科野路
燈に読むにうしろさむざむ影の立つ 篠原梵
父恋し夏さむざむと裘 川端茅舎
田の方さむざむその中のわが田さむざむ 栗林一石路
鋲一つさむざむと落ちゐたるかな 京極杞陽
閨房の灯のさむざむと暁けにけり 飯田蛇笏 山廬集
あたゝかに冬の日向の寒きかな 上島鬼貫
いさかひし寒きこゝろに一ト日過ぎ 後藤比奈夫
うのはなに寒き日も有山里は 高井几董
お涅槃の満月寒きお山かな 吉武月二郎句集
かしこげに着て出て寒き袷哉 炭 太祇 太祇句選
かんころ掘る寒き天よりエホバの声 成瀬桜桃子 風色
けふいちにち寒き幾語をもらしけむ 榎本冬一郎 眼光
けふ寒き藁塚に手をさし入れぬ 草田男
こがらしや眉寒き身の俳三昧 太宰治
さらでだに寒き一ト間や餅莚 小杉余子 余子句選
しみじみと餅腹寒きゐのこかな 徐寅 閏 月 月別句集「韻塞」
しろじろとくだけて寒き仏かな 太田鴻村 穂国
ただ寒きばかりに過ぎて今昔 能村登四郎 冬の音楽
ただ寒き村なり鶏を合す日も 百合山羽公
つまづきて気寒きわれを取り戻す 稲垣きくの 黄 瀬
どの鹿となく屯より声寒き 皆吉爽雨 泉声
ない影はうつらで寒き鏡哉 木因 (妻におくれたる人をいたみて)
なにもなきところ暮れゐて寒き海 今井杏太郎
ひいき目に見てさへ寒き天窓哉 一茶 ■文政元年戊寅(五十六歳)
ひろがりしうはさの寒き二月かな 久保田万太郎 流寓抄
ぶしつけに石人石馬寒きかな 久保田万太郎 草の丈
まじまじと骨肉寒き泣黒子 木村蕪城 寒泉
また同じ夢よりさめて夜の寒き ながさく清江
まだ寒き茎の赤みやはうれんそ 植蘭
まだ顔の寒き日向を歩みけり 高澤良一 素抱 
まろくして寒き姿や鮓の石 菅原師竹句集
やす~と描かるゝ我よ夜の寒き 中島月笠 月笠句集
ゆぶね暮れくる顔のあひ寒き足入るる 人間を彫る 大橋裸木
わが息見ゆピエロの寒き息見えて 津田清子 二人称
わが風邪のつのるや寒き患家にて 相馬遷子 雪嶺
わたる鴨はなれはなれの寒き砂丘 森川暁水 淀
わりきれる数われきれぬ数寒き 久保田万太郎 流寓抄
われ起きてはじまるけふの寒きびし 山口波津女 良人
ウマズラハギ目は人を見て寒き鰭 和知喜八 同齢
オリオン落ちて寒き日本中明ける 松村禎三
カーテンに鈍色寒き塑像かな 雉子郎句集 石島雉子郎
サーチライト叉を解かず寒き雲を過ぐ 篠原梵 雨
セルに寒き雨降る遠く山羊が啼く 中島斌男
ブランコ軋むため傷つく寒き駅裏も 赤尾兜子
マスクして寝るほど寒き恐はき夜 池内友次郎
一信も来ずオリオンは寒き函 友岡子郷
一碧楼の死にし日なりき寒き除夜 西山惟空
一福を残して寒き詣かな 富安風生
一禽を置きゐて寒き水明り 白井爽風
一筋の寒き町なり鳥総松 清原枴童 枴童句集
七十や抱へて寒き鬱の妻 猿山木魂
下り立ちて槍の稽古やあさ寒き 会津八一
下屋敷如月寒き水べかな 小杉余子 余子句選
不二見えてさるほどに寒き木間かな 斯波園女
乾鮭の顔の寒きを切りにけり 小林康治
五浦/六浦/東雲寒き/椿浦 林桂 銀の蝉
亡骸をうづめて寒き衾かな 山本洋子
人ごみの空に星ありて夜の寒き 内田百間
人ゆきて我往かねども寒き畦 槐太
人消えて寒き思ひののこさるる 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
会社てふ寒き胃袋のなかに栖む 宮津昭彦
俳諧は寒きものぞと教へしが 松根東洋城
倚り馴れて寒き柱を愛しけり 東洋城千句
傷はいずれ消えていくという声を聞き消えざれば寒き風に蹌踉(よろぼ)う おおのいさお
児の軍歌意味なしなさず寒き落暉 中島斌雄
入海の寒き汐時牡蠣を割る 百合山羽公 故園
冬河へ突き出し寒き一枚の耳にうつし身すがり眠れる 谷井美恵子
凍蝶に寒き日ざしも頼み哉 妻木 松瀬青々
凩にうめる間寒き入り湯かな 荊口 十 月 月別句集「韻塞」
初午の遥かに寒き雲ばかり 百合山羽公 故園
初午や松風寒き東福寺 蝶夢
初寅や信貴の山影寒きかな 石井桐陰
初旅や寒き若狭へ志ざし 野村喜舟
別れ路の水べを寒きとひこたへ 清原枴童 枴童句集
北向のがらすの窓や稍寒き 寺田寅彦
原ひろくなれば白らけつ寒きかな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
原子炉を出で落日のあな寒き 岸風三樓
友木の緑たもたれて寒きさるすべり 林原耒井 蜩
口紅の濃きも身すぎのため寒き 川上梨屋
合掌もせず寒き墓とゐしのみか 猿橋統流子
吾児病んで三月寒きみとりかな 青峰集 島田青峰
哲學も科学も寒き嚏哉 寺田寅彦
土や寒きもぐらに夢や騒がしき 寺田寅彦
地下工場寒き奥処に歯車あり 細谷源二 鐵
坂くだる寒き夕焼に腕を振り 加藤楸邨
堂守の寒き昼餉や湖の国 草間時彦 櫻山
塩売のから荷は寒き枯野かな 古白遺稿 藤野古白
塩田あとまた寒き雨海濡らす 西村公鳳
声消えぬ空の雲雀は寒きかな 太田鴻村 穂国
夕刊配り艀の寒き灯にも来て 手島 靖一
夕照りやしろ~寒き家あはひ 木歩句集 富田木歩
夕空や野の果て寒き街づくり 木歩句集 富田木歩
夜や寒き降る葉絶えしと道に出づ 原田種茅 径
大佛や陣々寒き風の煤 松瀬青々
妻の瞳のかまど火明り寒きびし 柏燹
妻も寒き教師減りゆく針の数 羽部洞然
子が居ねば一日寒き畳なり 臼田亞浪 定本亜浪句集
子にいのち伝へてうすら寒き日よ 平井照敏 天上大風
客一人泊まりて去りぬ寒き家 赤地鎭夫
客席も舞台も寒き風の中 夢声
室咲のあしもと寒きダンサー達 岩田昌寿 地の塩
寒きかなエデンの園を追はれしより 大木あまり 火のいろに
寒きびし一刀彫のごとくなり 鈴木青園
寒きびし學生駅へ群れよぎり 及川貞 夕焼
寒きびし気を張りつめて参籠す 島村茂雄
寒きびし海の匂ひに街暮るる 河野南畦 湖の森
寒き三叉路にて癌研の方に向く 岸風三樓
寒き世に泪そなへて生れ来し 正木浩一
寒き世を人と生まれて笑ふなり 藺草慶子
寒き今日母撓の厠にほひせり 阿波野青畝
寒き会議いずこかビルの奥毀す 中島斌雄
寒き光芒吾に見えざる海照らす 山口誓子
寒き児の凧の形して戻り来る 小松崎爽青
寒き国へ帰るよ赤き鞄提げ 佐藤ゆき子
寒き夕映え被爆ドームを宙にして 岸 風三楼
寒き夕饒片膝ついて薪を積む 細谷源二
寒き天より鳥糞が石に落つ 榎本冬一郎 眼光
寒き宙支へ阿修羅の肘直角 横山房子
寒き影曳き合ひ行途なき如し 石塚友二 光塵
寒き故我等四五人なつかしく 高浜虚子
寒き故灯の美しき酉の市 深川正一郎
寒き日がわたり萱鳴り萱鳴れり 加藤楸邨
寒き日と云ふより木等のさわぐ日よ 細谷源二 砂金帯
寒き日の手足より息疲れをり 宍戸富美子
寒き日の畳の蠅が這ひ出しぬ 臼田亜浪 旅人
寒き日の簑をつけしがなつかしく 中塚一碧樓
寒き日の踏絵に差せばレモン色 佐野まもる
寒き日の鴉黒くわれは男なり 中塚一碧樓
寒き日はさむしさむしをちからかな 中村史邦
寒き日は猶りきむ也たばこ切 千那 極 月 月別句集「韻塞」
寒き日も我に暇の多かりき 相生垣瓜人 微茫集
寒き日やこゝろにそまぬことばかり 久保田万太郎 流寓抄以後
寒き日や川に落ちこむ川の水 永井荷風
寒き日や枯れて立ちたるかくれみの 久保田万太郎 流寓抄以後
寒き日や胸中白く城が占む 鍵和田釉子
寒き日や障子のうちに煮ゆるもの 高橋睦郎 舊句帖
寒き日や髪もおどろの古御達 村上鬼城
寒き日をやたら電話に立つ事ぞ 蘇山人俳句集 羅蘇山人
寒き日撚りをかけるしんじつ絹糸の撚れ合ひ 安斎櫻[カイ]子
寒き會議いづこかビルの奥毀す 中島斌男
寒き松ばかり男が熟睡なす 中山純子 茜
寒き檻充たす孔雀の翼拡げ 津田清子 礼 拝
寒き江に顔を浮べて魚泳ぐ 西東三鬼
寒き沖見るのみの生狂ひもせず 山口誓子(1901-94)
寒き灯にみどり児の眼は顔輪の眼 篠原梵
寒き灯のすでにゆくてにともりたる 久保田万太郎 草の丈
寒き灯や鬼を逸れたる豆青し 会津八一
寒き燈にみどり児の眼は埴輪の眼 篠原梵
寒き燐寸十指で囲み教師業 齋藤愼爾
寒き町芝居かかりてゆききあり 森川暁水 黴
寒き病棟どこかでさやうならの声 上野さち子
寒き癌院全身うつる鏡据ゑ 菖蒲あや
寒き目をしてフルートに息入るる 浦川 聡子
寒き眼のあふは睥睨ぼとけのみ 赤松[ケイ]子
寒き種子分ち農兄弟田に別る 齋藤愼爾
寒き種子播ききて崖に突き当る 齋藤愼爾
寒き聲もて容體を問はれけり 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
寒き舷に闇を見飽かぬ若人ら 津田清子 礼 拝
寒き詩豚らかなしき声すなる 八木三日女 赤い地図
寒き身を忘れんとして一縷かな 尾崎迷堂 孤輪
寒き野を都に入や葱売 高井几董
寒き雁つゞけざま落ち真野灯る 阿波野青畝
寒き顔ピエロの顔になるまで塗る 橋本美代子
寒き髪包みはつきり目鼻立 後藤夜半 底紅
寒き鵜を砂丘行く身のあてどとす 佐野美智
寺焼けて墓より寒きその他の石 八木三日女 赤い地図
屋根石を見あげて寒き宿とるも 皆吉爽雨
屠所へ曳く馬の提灯寒きかな 野村喜舟 小石川
山かげは日の没るはやし村人は寒きひかりの中に働く 岩波香代子
山上湖とゞろ波立ち日の寒き 石塚友二 方寸虚実
山国や寒き魚介の小商人 飯田蛇笏 山廬集
山彦の口まね寒きからすかな 千代尼
山頂駅寒き映画の闇のぞく 石原八束 空の渚
左義長やうしろは寒き河原風 田子六華
師の句碑に一礼寒き日本夫る 大橋敦子
年礼の袴もと寒き戸口哉 竹冷句鈔 角田竹冷
幻覚の寒き白き手宙に伸ぶ 石田あき子 見舞籠
座ほとりを掃かれて寒き主かな 橋本鶏二 年輪
庭石に紅葉の雨の寒きかな 増田龍雨 龍雨句集
引張りてふとんぞ寒き笑ひ声 惟然
彼岸過ぎてより暗き日も寒き日も 高木晴子 晴居
御あかしを消さじと寒き詣かな 清原枴童 枴童句集
慈姑煮て寒き畷を思ひけり 百合山羽公 故園
掌に桑の実寒き浴衣かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
撫房(なでぼう)の寒き姿や堂の月 素牛 俳諧撰集「藤の実」
擔送車寒き手燈につきゆくも 石田あき子 見舞籠
改易を云渡されて稍寒き 寺田寅彦
旅愁の顔に暮れいろ寒き山が傾く 人間を彫る 大橋裸木
日の出殊に寒き刻なる農家族 右城暮石 声と声
日の尾根の太虚に亙り寒き聯 木村蕪城 寒泉
日光写真笑ふと寒き母ならむ 磯貝碧蹄館
日向より園児消えれば寒き町 飯田龍太
昃れば風まだ寒き田芹摘む 野林博子
明け寒き嵐の中の鶏の聲 富田木歩
星寒き三ンの鼓や松のかぜ 大サカ-規柳 霜 月 月別句集「韻塞」
暗く寒き階のぼりゆき武士に会はず 藤岡筑邨
暗夜の水寒き地中を落ちゆけり 永田耕一郎 海絣
月光の河幅寒き警邏かな 榎本冬一郎 眼光
栗飯やそゞろに寒き僧の影 蘇山人俳句集 羅蘇山人
楯岩に鶚居り寒き入日かな 乙字俳句集 大須賀乙字
欅紅葉の明るく寒き内側をわがあふぎたり根方に立ちて 長澤一作
正直の後手に後手にと寒きかな 久保田万太郎 流寓抄
死を待つにあらねど寒き無聊かな 丸山哲郎
水仙や何より寒き日がかなし 百合山羽公 故園
水仙や寒き都のここかしこ 蕪村
水仙や葉蘭の陰に日の寒き 坂本四方太
水取の寒き掟のごとく来る 大橋敦子
沈黙の掟に寒き修道院 高橋幸子
波百句詠まんと寒き波に立つ 鈴木真砂女
泪一筋ひかりて寒き御佛 小松崎爽青
津軽女らやませの寒き頬被り 富安風生
活て居るものにて寒き海鼠哉 高井几董
流木にしり声寒き蛙かな 移竹 五車反古
浜名湖の何より寒き石鰈 百合山羽公 寒雁
海底の隆起におのが寒き影 佐藤鬼房 「何處へ」以降
海苔乾して国の端寒き怒濤かな 斎藤空華 空華句集
海鳴りや目ざめて寒き膝がしら 今井杏太郎
消し忘れのビデオテープと寒き恋 櫂未知子 貴族
深川は寒き処や桃青忌 赤木格堂
淵瀬より黒々のぼる寒き山 松村蒼石 雁
清く寒き磨滅の鉄と木縁習船 大高弘達
渦巻きて六月寒き雄物川 青木重行
港いつも寒き漢の声に満つ 大橋敦子 匂 玉
滝爪立ち寒きみなかみ覗くなり 西東三鬼
漁夫の葬寒き沖向く一戸より 齋藤愼爾
漸寒き後に遠しつくば山 一茶
瀧をみる寒き数なり三人は 大木あまり 雲の塔
灯ともして寒き干菜の影となる 千代田葛彦 旅人木
炭切るや柊ありて寒き庭 内藤吐天
炭燃して六月寒き海に耐ふ 長谷川かな女 雨 月
炭買ひにいづれも寒き女づれ 萩原麦草 麦嵐
無き跡や鼠も寒きともちから 木節 (悼芭蕉)
焼かれざる川あり寒き雲浮べ 菖蒲あや 路 地
熊の胆を嘗め越中の寒きかな 旭
爆音領す海ゆれ寒きぶらんこ揺れ 古沢太穂 古沢太穂句集
父と歩く寒き街むかし父住みける 三谷昭 獣身
父の屍の奈落へ寒き灯を垂れつ 小林康治 四季貧窮
父母の寒き話をきゝにけり 五十嵐播水 播水句集
犬の蚤寒き砂丘に跳び出せり 西東三鬼(1900-62)
獏をみて思ひだす貌あり寒き 稲垣きくの 牡 丹
玉葱の寒き匂ひを刻みけり 野村喜舟 小石川
琵琶湖ぞと眺めつく~寒き旅 池内たけし
田下駄びと寒き顔して振り向ける 羽部洞然
町筋の山手にのびて暮寒き 中川宋淵 詩龕
疲れてもこの寒き坂のぼるかな 岸田稚魚
病人に寒き旦暮や猫柳 宮部寸七翁
白きタンカーおくりて寒き水平線 野澤節子 黄 炎
白滝や六月寒き水煙り 松岡青蘿
皃見せやきぬ~寒き小傘 妻木 松瀬青々
目に涙たまりて老の寒きこと 後藤夜半 底紅
着布(きせぎぬ)の修羅なして寒きおしらさま 宮慶一郎
石蹴りつ行く子の寒きそぶりかな 木歩句集 富田木歩
稍寒き我は天下の浪士なり 寺田寅彦
空也忌や寒き方より踊り出し 麦 宇
空澄みて寒きひと日やみづうみの氷の裂くる音ひびくなり 島木赤彦
竹の節二月の寺はただ寒き 大井雅人
竹林に賢者在さず水寒き 石塚友二
竹籔の掃かれて寒き径かな 臼田亜浪 旅人
紫蘇の実殻丹念に見つめ居て寒き 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
縄文のみみづく土偶の口寒き 石原八束 『仮幻』以後
群鶴の落暉に寒き首揃ふ 冨田みのる
能面と寒きはいづれ宿痾妻 石原八束 黒凍みの道
脈々と寒き血潮のたかぶりつ 日野草城
膝折りて寒き夕餉をもてなさる 濱人句集 原田濱人
臍寒き紙衣触りや病あがり 会津八一
舒べ来れば脚下に寒き雲湧きぬ 寺田寅彦
船笛を寒き焦土へ吹き放す 榎本冬一郎 眼光
良いことがありさう寒き星仰ぎ 菖蒲あや 路 地
茜さめし一つ時星もみぬ寒き 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
茫々と薄雲寒き良夜かな 増田龍雨 龍雨句集
薄目しておしら千体仏寒き 松本 進
衣更着のかさねや寒き蝶の羽 広瀬惟然
袖かさね寒きわが胸抱くほかなし 野澤節子 黄 瀬
誰へともなき禮寒き療舎辞す 石田あき子 見舞籠
誰れに背くとなき衆座に居る寒き 安斎櫻[カイ]子
豆腐同型もつとも寒き日と思ふ 中嶋秀子
貨車に遭えり彩なく寒きわが幾日 三谷昭 獣身
貨車の豚おんおんと寒きまつ只中 細谷源二
赤ん坊寒き書斎に来てをりぬ 岸本尚毅 舜
身に寒き仕立下ろしや凧日和 増田龍雨 龍雨句集
近松忌寒きむかしも月夜にて 飯田龍太
透視室寒き音たて釦落つ 岩崎健一
通るたび河口の舫ひ寒き町 大岳水一路
遺教経寒き心によみにけり 尾崎迷堂 孤輪
那珂川のことしは寒き鮎のかほ 黒田杏子 一木一草
郭公恋する人の寒きとは 服部嵐雪
酒断つて万歳寒きラジオ切る 石川 桂郎
野中寒き火を焚けば寒き人が集り シヤツと雑草 栗林一石路
野仏の胸当て寒き二月かな 上田 俊二
野施行の山影寒きところまで 福永耕二
金魚飼ふや玻璃の水色まだ寒き 富田木歩
長き寒きホーム行きつつこだはりぬ 富安風生
雁の列寒き落暉の中に入る 相馬遷子 山国
雨寒きびんずいの卵巣にひかり 新井 石毛
雪舟の不二雪信が佐野いづれか寒き 蕪村遺稿 冬
霜寒き旅寝に蚊屋を着せ申し 如行
青き色の残りて寒き干菜かな 高浜虚子
鞍とれば寒き姿や馬の尻 河東碧梧桐
頸のべて痩鵜の寒き姿かな 大場白水郎 散木集
風の声寒き銀河となりにけり 太田鴻村 穂国
風寒き流れの音や手水鉢 広瀬惟然
餅搗いてにはかに寒き亥の子かな 田中雨城
馬の陰おりても寒き野原かな 浜田酒堂
魂魄の魄離れゆく寒き灯に 橋本榮治 麦生
魚市のとぼりて寒き海鼠かな 村上鬼城
鮑(ハウ)先生赤子の寒き耳を診る 田中裕明 櫻姫譚
鴎啼き風寒き中を発ちゆきぬ 池内友次郎 結婚まで
鴨引くや寒き鉄路の走りつゝ 百合山羽公 故園
鹿の影とがつて寒き月夜かな 浜田酒堂
麦蒔の火縄に寒きけむり哉 九湖
龕(がん)燈に寒き灯の点くグレコの家 石原八束 風信帖
あら寒や大蕣のとぼけ咲 一茶 ■文化十一年甲戊(五十二歳)
寒や上人みみづくの如座したまふ 鈴木貞雄
寒や妻の臀太る貧極まるに 小林康治 玄霜
寒や買出し髪の中まで風抜けて 鈴木真砂女 夕螢
秩父夜祭とは聞くだにもあな寒や 富安風生
蓬髪の金剛寒や弾丸重し 小林康治 四季貧窮
道寒や人々爲樂我悲願 松根東洋城
磧に沿ひあゆむ寒さも本格的  高澤良一  ももすずめ
男鹿半島、戸賀
顔寒くごんこの如く目覚めけり  高澤良一  ももすずめ
*ごんこはコンペイトウ科の魚、体形は球形。腹鰭は吸盤をなし、吸物等にして食す
琵琶湖
疾うに鳰目覚めて居りぬ堅田寒  高澤良一  燕音
大津繪の弁慶かざす薙刀(なぎなた)寒  高澤良一  燕音
玻璃越しに雀を覗く寒がり屋  高澤良一  宿好
寒がりは内弁慶に似て家居  高澤良一  宿好
寒くなりけふも饂飩の昼餉かな  高澤良一  宿好
シベリアよりどんと吹き込む寒気団  高澤良一  宿好
天気図に明日の横這い寒気団  高澤良一  宿好
寒ければ一直線に進むのみ  高澤良一  素抱
寒ム空は承知只々歩くのみ  高澤良一  暮津
おお寒むと躰こすりて起き出しぬ  高澤良一  暮津
膝さすり寒さをこそぎ落とす妻  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-08 00:02 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23344170
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング