冬の山1

冬の山1

例句を挙げる。

あたたかき雨にや成らん冬の山 召波
いくたびか冬の山より帰り来る 永末恵子 留守
いづこより来てつくる菜や冬の山 銀漢 吉岡禅寺洞
かくれなく重なり合ふや冬の山 蝶夢
ひよいと出て老人の濃し冬の山 小島千架子
ふるゝものを切る隈笹や冬の山 渡邊水巴
めぐり来る雨に音なし冬の山 蕪村
ユヅリハもアスヒも触るゝ冬の山 前田普羅 能登蒼し
一夜寝て一夜齢とる冬の山 蓼汀
一髪のごとくに冬の山遠く 日原傳
中腹に道の岐れる冬の山 桂信子 遠い橋
人声のすぎたるあとや冬の山 久保田万太郎 流寓抄
兀として塔一つあり冬の山 楠目橙黄子
兎網張り果てし松や冬の山 碧雲居句集 大谷碧雲居
冬の山あるいは暗黒装置であり 佃悦夫
冬の山から巨人症の薬売り 仁平勝 東京物語
冬の山のりしろをやや余しけり 永末恵子 発色
冬の山ややのりしろを余しけり 永末恵子
冬の山より下りきて春の川 鳴戸奈菜
冬の山より人出て昼食す 桑原三郎 晝夜
冬の山人通ふとも見えざりき 夏目漱石 明治二十八年
冬の山傷の如くに鉄路あり 柴原保佳
冬の山八大寺とて見えわたる 上田三樽
冬の山動くものなく径通ず 村越化石
冬の山火伏の行者渉りけり 冬葉第一句集 吉田冬葉
冬の山父よ父よと錠を鎖し 柿本多映
冬の山篠の刈らるゝ音すなり 野村喜舟 小石川
冬の山虹に踏まれて彫深し 西東三鬼
冬の山跫音熄めば吾もなし 福田蓼汀 秋風挽歌
冬の山魔法の杖をたてかけて 石田郷子
北面の芒は刈らず冬の山 柑子句集 籾山柑子
名刹を焼いて泰さや冬の山 宮武寒々 朱卓
唇の言葉の下の冬の山 山西雅子
墨を磨り終えて真向う冬の山 桂信子
夢一羽二羽撃たれゆき冬の山 増田まさみ
大宿坊大蔵王堂冬の山 高野素十
大木の伐り倒しあり冬の山 梧月
庫裡を出て納屋の後ろの冬の山 高浜虚子
律川と呂川と冬の山出づる 八木林之介 青霞集
戸隠へゆく道のある冬の山 朱鳥
探り置きし古墳あらはや冬の山 比叡 野村泊月
撃たれては堕ちゆく天か冬の山 桑原三郎
斧の音深くも入らず冬の山 事紅
星ながら精しく掃きぬ冬の山 永田耕衣
木も石も雌雄の負ひ目冬の山 殿村菟絲子 『菟絲』
木を倒す音静まりし冬の山 立子
歯朶蕨土もかれ~冬の山 觀魚 伊藤觀魚
火の見高う碓氷郡や冬の山 小澤碧童 碧童句集
焼鏝の煙があまし冬の山 清水刀谷
狼に逢はで越えけり冬の山 正岡子規
生ひたちの処に冬の山が在り 中尾寿美子
眼のごとき沼あり深き冬の山 鷲谷七菜子 雨 月
石見とは淋しき国よ冬の山 竹内省十
窯跡の緋の陶片や冬の山 小川軽舟
米研ぎつ過去へさらさら冬の山 安井昌子
自動車のとまりしところ冬の山 高野素十
色変へて夕となりぬ冬の山 前田普羅 飛騨紬
蒼空に罠はじけ居り冬の山 碧雲居句集 大谷碧雲居
表彰状なげしに並べ冬の山 辻桃子
言霊を体温とする冬の山 前田秀子
谷かけて長き竪樋や冬の山 比叡 野村泊月
谷底に吊橋かけぬ冬の山 前田普羅
走者一掃して冬の山冬の川 飯田龍太 遅速
越えてゆく山また山は冬の山 種田山頭火
身綺麗な杣下りてくる冬の山 橋石 和栲
還らざる一歩の響き冬の山 渡辺恭子
銃を背に下り来る看守冬の山 青葉三角草
閉門の時来て重し冬の山 和田悟朗 法隆寺伝承
音のして次の音待つ冬の山 児玉南草
頂上に蛇巻き冬の山乾く 飴山實 『おりいぶ』
骨どこか鳴らし杣ゆく冬の山 鷲谷七菜子 花寂び
魚板打ち冬の山気の濃くなりぬ 能村研三 鷹の木
鯉の子はおどろきやすく冬の山 飴山實 『次の花』
鯉もまた日ざし好めり冬の山 茨木和生 丹生
鯉喰つて目のあそびゆく冬の山 玄
鳥も亦さびしと群るる冬の山 福田蓼汀 秋風挽歌
鳶鴉左右に別れ冬の山 阿部みどり女 月下美人
鵜の糞の白き梢や冬の山 素牛 俳諧撰集「藤の実」
うつし世の闇冬山に及びたり 海老名衣子
おのれ恥づ冬山の日の清らなる 石橋辰之助 山暦
こぼれ出てバスの脊を押し冬山路 赤松[けい]子 白毫
のしかかる冬山の威に順へり 草間時彦 櫻山
ふたごころなしと刻みし歌碑の冬 山本歩禅
ふるさとへ幾重の低き冬山ぞ 京極杞陽 くくたち下巻
またゝく灯冬山の夜を呼びかはし 石橋辰之助 山暦
めづらしく遠冬山の見ゆる日よ 上村占魚 球磨
コンパクト冬山近し臙脂ひく 柴田白葉女 『夕浪』
コーヒーのミルクの渦や今朝の冬 山田節子
一ト火あり又一ト火あり冬山家 松本たかし
一切流転冬山こだまかへしくる 柴田白葉女 花寂び 以後
人焼く煙突を見せて冬山 住宅顕信 未完成
傷止をして冬山に圧されをり 萩原麦草 麦嵐
冬山いたゞきにすこし日当れる 雑草 長谷川零餘子
冬山がずんずんからだのなかにすわる 駒走鷹志
冬山とおなじの黝の雲が増す 篠原梵 雨
冬山にうちひらきあり牧の木戸 佐海
冬山になほ吐く息のとゝのはず 石橋辰之助 山暦
冬山に世を飛び越えて寺一つ 上甲平谷
冬山に乾き棲みつくひとの顔 鈴木六林男 谷間の旗
冬山に伐りて負ひ出す榊かな 尾崎迷堂 孤輪
冬山に僧も狩られし博奕かな 飯田蛇笏 山廬集
冬山に入る青竹の籬より 山本洋子
冬山に吉野拾遺をのこしたる 高野素十
冬山に向ひて居れば友来る 下村槐太 天涯
冬山に土龍の齢たづねけり 田中裕明 花間一壺
冬山に坂部部落貼り付きぬ 草間時彦 櫻山
冬山に壊えをたのしむ仏たち 野見山ひふみ
冬山に憩ひし石を忘れまじ 京極杜藻
冬山に我が耐ふひかり天よりす 石橋辰之助 山暦
冬山に放たむ声の嗄れゐたり 石橋辰之助 山暦
冬山に数珠うる尼が栖かな 飯田蛇笏 春蘭
冬山に来りてこころ緊るとも砕けつるわが白磁かへらず 畑和子
冬山に枯木を折りて音を聞く 飯田蛇笏 椿花集
冬山に狩りし獣や牙長し 広江八重桜
冬山に至りつきつつ出石町 京極杞陽
冬山に道つきあたり電車をり 波多野爽波 鋪道の花
冬山に鶏遊ばせて温泉宿かな 西山泊雲 泊雲句集
冬山のいま終りたる昭和かな 中杉隆世
冬山のいろくづに似し光かな 原裕 正午
冬山のうしろに日輪まはりけり 阿部みどり女 『雪嶺』
冬山のさび藍色のこひしさに 綾子
冬山のしづかなるさへ治世かな 尾崎迷堂 孤輪
冬山のただに青けれ入日どき 秋櫻子
冬山のどこも太陽が歩いたあと 竹本健司
冬山のふかき襞かなこころの翳 飯田龍太
冬山のほのぼのしさを引きあてる 松澤昭 面白
冬山のわがゆくところいのちあり 石橋辰之助
冬山の一点ひかり人住めり 石橋辰之助 山暦
冬山の一重の裏は丹後にて 京極杞陽
冬山の倒れかゝるを支へゆく 松本たかし
冬山の円々とあり低くあり 星野立子
冬山の夕べを岩と分ちけり 徳弘純 麦のほとり
冬山の奥照りに父らはためく 松澤昭 父ら
冬山の崩(が)れ場最も悲しき箇處 山口誓子 方位
冬山の影より倒れ来りけり 中杉隆世
冬山の径落ちたる庇かな 兜羅
冬山の悪意に満ちし姿かな 草間時彦 櫻山
冬山の我がゆくところいのちあり 石橋辰之助 山暦
冬山の我を厭ひて黙したる 松本たかし
冬山の我を挟みて倒れ来る 松本たかし
冬山の扉の裾に伏す宮津かな 西山泊雲 泊雲句集
冬山の拒み塞げる行手かな 松本たかし
冬山の日向日かげの檜の匂ひ 金尾梅の門
冬山の日當るところ人家かな 村上鬼城
冬山の昼をあざむく火の柱 伊東宏晃
冬山の樹々の貌に夕日がある 石橋辰之助 山暦
冬山の汽笛のこだまの船に帰す 下村槐太 天涯
冬山の深き襞かなこころの翳 飯田龍太
冬山の漢はっしと楔打つ 佐藤吟秋
冬山の煙にもある美醜かな 京極杞陽
冬山の犬返しより犬帰る 山口誓子 雪嶽
冬山の石仏群の崩壊す 高野素十
冬山の神たづね継ぎ草千里 角川源義 『冬の虹』
冬山の笹に橇道消えにけり 渡邊水巴 富士
冬山の筧の音に遠ざかる 五十嵐播水 播水句集
冬山の精ひかり出づ水ぐるま 大串章
冬山の終の日消えし虚空かな 福田蓼汀 秋風挽歌
冬山の裏にても火を焚くならん 橋間石
冬山の襞に漂ふ嵐気かな 西山泊雲 泊雲句集
冬山の転びて元に戻りけり 竹本健司
冬山の道づくろひにどつと会ふ 皆吉爽雨
冬山の雪にまみれし身を羽摶つ 石橋辰之助 山暦
冬山の頂きのつと旭かな 西山泊雲 泊雲句集
冬山の麓にならぶ喇嘛八寺 遠藤梧逸
冬山へ坐り直して石鼎忌 酒井裕子
冬山へ斧忘れ来し夜の笑話 原裕 葦牙
冬山へ突き出す彫刻の腕二本 福田蓼汀
冬山やあけくれ通ふ背戸の納屋 石鼎
冬山やこの道もせの広きこと 尾崎迷堂 孤輪
冬山やどこまで登る郵便夫 渡邊水巴
冬山やどこ迄登る郵便夫 渡辺水巴
冬山やましらの通ひ蔓橋 松根東洋城
冬山やまんなかの山粉のごとし 和知喜八
冬山や人猿に似て菓子を売る 前田普羅
冬山や何に赤かる蔓もどき 松根東洋城
冬山や太鼓叩いて登りくる 比叡 野村泊月
冬山や寺に薪割る奥は雪 飯田蛇笏 山廬集
冬山や岩のおもての観世音 石橋秀野
冬山や峠路別に樵り道 尾崎迷堂 孤輪
冬山や帽子をはらう栂の枝 前田普羅 新訂普羅句集
冬山や影を落として通る雲 青峰集 島田青峰
冬山や径あつまりて一と平 前田普羅 飛騨紬
冬山や惜しき月日が今も過ぐ 細見綾子
冬山や我禅定の岩のどれ 松根東洋城
冬山や日輪の辺に一青年 柴田白葉女 花寂び 以後
冬山や昼を灯りて食堂車 楠目橙黄子 橙圃
冬山や暗澹として海見ゆる 野村喜舟 小石川
冬山や木の根岩根の願狐 篠原鳳作 海の旅
冬山や松風海へ吹落す 村上鬼城
冬山や温泉の脈海の底に果つ 内藤吐天
冬山や谷をちがへて寺と宮 中野樹沙丘
冬山や身延と聞いて駕籠に覚む 前田普羅
冬山や遡りあさりて老鵜飼 楠目橙黄子 橙圃
冬山や鉈音よりも谺澄み 羽部洞然
冬山を仰ぎ通しの項かな 草間時彦 櫻山
冬山を仰ぐ身ふかく絹の紐 岡本眸
冬山を叩くが如く魚板打つ 杉浦冷石
冬山を恋ふ目*かんじき壁に吊り 小林康治 『虚實』
冬山を抱へてをればぬくくなる 竹本健司
冬山を旅の帽子の上にかな 草間時彦 櫻山
冬山を窓に心の旅路かな 京極杞陽
冬山を行き冬山を来しのみぞ 遠入 たつみ
冬山を見てきしいざや遊びせん 松澤昭
冬山を越しゆく中年同士にて 菖蒲あや
冬山を雲の洩れ日の這ひあがる 小路紫峡
冬山中に天窓ありし甘美かな 澁谷道
冬山中煙の束の炎の初め 野澤節子 黄 炎
冬山家時計ばかりの音に寝し 石井とし夫
冬山家狐を飼へる臭ひあり 清崎敏郎
冬山家茶碗を洗ふ音もらす 八牧美喜子
冬山水激突し激突し青年のごと何も失わず 橋本夢道
冬山裾夜の深さ知る靄一帯 高濱年尾 年尾句集
冬山見るすいば噛む子の後より 羽部洞然
冬山路ふと吾が影の浮ぶ幹 大岳水一路
冬山路一石一宇供養塔 福田蓼汀 山火
冬山路俄にぬくきところあり 高浜虚子
冬山路教へ倦まざる声すなり 飯田龍太 麓の人
凛として陸奥宗光の墓の冬 山本歩禅
出航を冬山からも見てをりぬ 大串章
別れなむ冬山の襞胸そこに 恩田侑布子
十銭のあきなひするや冬山家 前田普羅 飛騨紬
句縁とは同行五人冬山路 西村和子 かりそめならず
地に降りし猿みな子持ち冬山路 岡部六弥太
墓ならぶ冬山の裾あたたかし 上村占魚 球磨
墓起す冬山低きところかな 藤原款冬
大玻璃戸冬山収め余りあり 上野泰 佐介
大鋸ごりごり木をはむ冬山かげりくる 人間を彫る 大橋裸木
威と言へるもの冬山は低けれど 田中暖流
富士隠す冬山ひとつ東歌 鍵和田釉子
山姥の眸に冬山の色なせる 長谷川かな女 牡 丹
山科の冬山ちかき庵かな 吉田 ひで
忌に集ふ冬山青き水おとす 原裕 葦牙
慾ごゝろ冬山の水に触れて足りぬ 中尾白雨 中尾白雨句集
戸々の犬吠え出てとがむ冬山家 福田蓼汀 秋風挽歌
押し合ひて冬山は日を恋ひにけり 前田普羅 飛騨紬
持佛より人の煤けて冬山家 高田蝶衣
曼荼羅を見ず冬山を去りにけり 石脇みはる
木曾の冬山家ずんずん遠くなる 大串章
木樵ゐて冬山谺さけびどほし 橋本多佳子
朴の実も売つて居るなり冬山家 比叡 野村泊月
東へ低き冬山手紙待つ 馬場移公子
機音冬山へひゞき機音ひとりとなりて 安斎櫻[カイ]子
水を濾す鱒の艶肌冬山中 原裕 青垣
水車場の上ミの冬山人見ゆる 石原舟月 山鵲
汀チヤンにどの冬山の名教へん 京極杞陽
泣くごとく渓流に燈を冬山家 林火
泣虫の妻に一日づつの冬 山本歩禅
火を焚いてゐる冬山の登山口 酒井裕子
火塚めぐり冬山の線ゆるやかなり 太田鴻村 穂国
照雄恋し讃岐の冬山ぽこりぽこり 奈良文夫
父と居て淋しき夜かな冬山家 石昌子
犬吠ゆる冬山彦になりたくて 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
獣干す干物並に冬山家 森田峠 避暑散歩
皮盗まれて白樺の氷き冬 山口速
神さびや冬山縫へる朱ケの垣 西山泊雲 泊雲句集
積み薪に窓もつけをり冬山家 冬葉第一句集 吉田冬葉
空にかぶさられて冬山のしづもりに独り シヤツと雑草 栗林一石路
空籠にただよう冬山河 鳥の 渋谷道
紙漉もやめて遠退く冬山家 百合山羽公 寒雁
能舞の袖冬山を容るるかな 橋本鶏二
草城忌あの冬山の裏見えぬ 阿部完市
落人の悲しみ今も冬山家 深川正一郎
藁の底に葱畑青し冬山家 碧雲居句集 大谷碧雲居
蛇にあらず冬山の路生きてあり 前田普羅
行きたしと冬山裾の川に出で 京極杞陽 くくたち下巻
街道は冬山裾をめぐりけり 青峰集 島田青峰
赤彦の住み今刀自住める冬山家 深見けん二
野の灯より冬山の灯のまたゝくよ 石橋辰之助 山暦
雨ためて冬山の径つくるなし 前田普羅 飛騨紬
風ふいて冬山刻をわきまへず 吉武月二郎句集
あかつきの雪山の上星黄なり 長谷川かな女 雨 月
いつ見ても婆に雪山雪降りをり 中山純子 沙羅




いぬふぐり雪山は雲湧き立たせ 斎木直治
おほひなる雪山いま全盲 かがやくそらのもとにめしひたり 葛原妙子
おもおもと雪山の方餅搗く音 村越化石 山國抄
かへり見る雪山既に暮れゐたり 清崎敏郎(1922-99)
こたへなき雪山宙に労働歌 飯田蛇笏 雪峡
すれちがふ汽車の窓透き雪山あり 篠原梵
たはやすく弾丸に撃たれて雪山をまろび落つる熊は映画に撮られぬ 半田良平
つく~と雪山近く歩きけり 星野立子
なお雪が降り雪山の羽毛みゆ 和知喜八 同齢
ふところに一枚の櫛雪山へ 岡本眸
わが一生(ひとよ)雪山つなぐ橋に揺れ 野沢節子 花季
わが生や夜も雪山に囲繞され 相馬遷子 雪嶺
一歩前へ出て雪山をまのあたり 齋藤美規
人の許へ雪山たゝむ敦賀湾 細見綾子 花 季
初蝶や雪山恍と雲の上 松村蒼石 露
吹き晴るる雪山の威の自ら 阿部みどり女 『微風』
夕日落つ雪山の裏は明るからん 岡田日郎
夜が来て雪山けもののごと横たふ 吉野義子
夜の明けてをらぬ雪山見えてをり 青葉三角草
天へ入りゆふべ雪山結晶す 岡田日郎
奥武蔵雪山ならぶ除夜の鐘 水原秋櫻子
小さき母雪山にながくながくあれよ 石橋辰之助 山暦
山開雪山讃歌もて了る 渡辺立男
川の淵寂寥は雪山よりくるか 川島彷徨子 榛の木
川激ち雪山うつるところなし 早崎明
恋捨てに雪山に来しが笑ひ凍る 小林康治 玄霜
手あぶりや雪山くらき線となりぬ 林火
日象と雪山ふかく水かがみ 飯田蛇笏 雪峡
昏々と夜は雪山をおほひくる 石橋辰之助 山暦
月いでゝ雪山遠きすがたかな 飯田蛇笏 霊芝
月明りありて雪山くるゝかな 比叡 野村泊月
月稚し雪山照らす力なし 岡田日郎
朝焼けの雪山負へる町を過ぐ 篠原梵 雨
村人や雪山の威を待み栖む 深川正一郎
梟に雪山星を加へけり 山下竹揺
極月や雪山星をいたゞきて 飯田蛇笏 霊芝
水晶の数珠雪山にかげなき日 柴田白葉女 花寂び 以後
汽車来る雪山に音刻みつつ 相馬遷子 雪嶺
漁樵をり氷湖雪山こもごも照る 木村蕪城 寒泉
灯を消され雪山近み眠られず 村越化石 山國抄
産院を繞る雪山四温光 飯田蛇笏 椿花集
男山酒造雪山正面に 高澤良一 素抱 
画家たらんおもひ雪山前にして 高澤良一 素抱 
盆地黄に乾く雪山の中にして 相馬遷子 雪嶺
窯出しの雪山写シいかばかり(萩焼休雪白は水指にきはまり、口縁の景色まさに遠山の風趣なり) 飴山實 『次の花』
策無きに怒る雪山の中の妻 石橋辰之助
糧を喰ふ手もて雪山の闇はらふ 辰之助
練習機雪山にそひまはりくる 川島彷徨子 榛の木
美しき雪山の名のシンデレラ 京極杞陽
群りてゐる雪山を去りにけり 八木林之介 青霞集
翁舞国栖の雪山塀をなす 津田清子 二人称
英霊を雪山ふかく秘めし家 石橋辰之助 山暦
豆撒くや雪山ふかきかり住居 鎌野秀々
車輪すでに雪山がかる響かな 野澤節子 花 季
逃げ来しにあらず雪山あたゝかし 石橋辰之助
逢ひたさつのる夕ベの陽雪山に泌みる 人間を彫る 大橋裸木
遠天に雪山ほのと秋の暮 相馬遷子 山國
銀婚の旅雪山の虹に入り 影島智子
銃声の谺雪山無一物 長嶺千晶
闇とほく雪山おそふ風ゆける 石橋辰之助 山暦
降りて止む降りて止む雪山真白 岡田日郎
雁の声雪山は月に見えてか 佐野良太 樫
雛買うて杣雪山へ帰りけり 原石鼎
雪山こごりげんげ田の果に海光る 栗林一石路
雪山と寝起共にし疲れけり 阿部みどり女
雪山と立ち向ひたる身一つ 伊藤柏翠
雪山と降る白雪と消し合ひぬ 松本たかし
雪山と雪の日輪白きかな 阿部みどり女
雪山に 日のあたりたる 馬のいななき 富澤赤黄男
雪山になほ降る雲か垂れて来ぬ 篠原梵 雨
雪山にひとりの眠り沈みゆく 林翔 和紙
雪山にゆふべの月のまだ白く 上村占魚 球磨
雪山に一家はたらく日の英霊 石橋辰之助 山暦
雪山に会いたる痩木とその影と 寺田京子 日の鷹
雪山に何も求めず夕日消ゆ 飯田龍太 麓の人
雪山に大汗はばむしまき哉 中勘助
雪山に成層圏の蒼さ墜つ 松本詩葉子
雪山に日は入り行けり風吹けり 相馬遷子 山河
雪山に時計は遅々とすゝまざる 相馬遷子 山国
雪山に林相白を以て描き 福田蓼汀 秋風挽歌
雪山に水ほとばしる寒の入り 飯田蛇笏 椿花集
雪山に汝を思へば海蒼し 相馬遷子 山国
雪山に沿ふてりんごの花街道 高澤良一 燕音 
雪山に灯なき電気に雪が降る 金子兜太
雪山に照る日はなれて往きにけり 飯田蛇笏
雪山に父の樅の木鳥見えて 大井雅人 龍岡村
雪山に白樺の白やや汚れ 福田蓼汀 山火
雪山に籠り牛百の他は見ず 太田土男
雪山に英霊の供華あたらしき 石橋辰之助 山暦
雪山に路あり路を人行かず 相馬遷子 山國
雪山に還り英霊しづかなるや 石橋辰之助 山暦
雪山に野を界(かぎ)られて西行忌 橋本多佳子
雪山に野鯉群れいて蜜の澄み 阿保恭子
雪山に雪の降り居る夕かな 前田普羅(1884-1954)
雪山に雪降り夜の力充つ 日下部宵三
雪山に雪降り重ね粥柱 陣内イサ子
雪山に雲のかゝりしことありぬ 今井杏太郎
雪山に頬ずりもして老いんかな 橋間石
雪山に頬削り来し男なり 野澤節子 黄 炎
雪山のあなた雪山麻を績む 文挟夫佐恵 雨 月
雪山のある日老髯のさるをがせ 古舘曹人 能登の蛙
雪山のいま樹々の闇青かりし 石橋辰之助 山暦
雪山のうしろにまはり遅日光 松村蒼石 寒鶯抄
雪山のかがやき近き山になし 阿部みどり女
雪山のかへす光に鳥けもの 木村蕪城 寒泉
雪山のきららの雪の夜を透す 石原八束 空の渚
雪山のけぶらひひとりふたり帰化 松澤昭 山處
雪山のそびえ幽らみて夜の天 飯田蛇笏 雪峡
雪山のたそがれにこそあこがるる 松澤昭 面白
雪山のどこも動かず花にほふ 飯田龍太
雪山のどのみちをくる雪女郎 森澄雄
雪山のどの墓もどの墓も村へ向く 相馬遷子 雪嶺
雪山ののぞける街の羽子日和 上村占魚 球磨
雪山のひかりのこれりかの夜空 石橋辰之助 山暦
雪山のひと日のうるみ青烏 野澤節子 黄 炎
雪山のまなざしのなか白鳥湖 細見綾子
雪山のみな木かげして音絶えき 飯田蛇笏 雪峡
雪山のむらさきに出す凍豆腐 平沢洲石
雪山のゑぐれし襞に霧たてばただよふ如し愛といふこと 五島茂
雪山の今日の輝き明日ありや 阿部みどり女
雪山の冠りみだるゝ風の星 飯田蛇笏
雪山の初明りして狐罠 小坂順子
雪山の向うの夜火事母なき妻 金子兜太(1919-)
雪山の堂断食の僧一人 伊藤柏翠
雪山の夕しづかさのせまりけり 橋本鶏二 年輪
雪山の夕べかげりて噴く煙 石原八束 空の渚
雪山の夕日に溶けて鳩の道 阿部みどり女
雪山の夜ぞねがふべきいのち忘れ 石橋辰之助 山暦
雪山の夜も聳えをり近松忌 森澄雄
雪山の大白妙に初烏 田村木国
雪山の奥に雪山白子汁 長田喜代子
雪山の岩肌をかく爪掻きし 八木林之介 青霞集
雪山の左右に揺るる歩みかな 上野泰 佐介
雪山の底なる利根の細りけり 草間時彦
雪山の後ろにまはり遅日光 松村蒼石 寒鶯抄
雪山の旭にひとざとの鶫かな 松村蒼石 寒鶯抄
雪山の星座を数ふ指で衝き 橋本美代子
雪山の星見いでたし猿啼く 松村蒼石 雪
雪山の昼も夜も寝て杉丸太 吉田紫乃
雪山の朝日に顔のちから抜く 飯田龍太
雪山の朝日英霊にわかれ浴びぬ 石橋辰之助 山暦
雪山の照り楪も橙も 森澄雄
雪山の眺めに桑のあをみけり 松村蒼石 露
雪山の端が輝き奴凧 阿部みどり女
雪山の繊翳もなく日のはじめ 飯田蛇笏 椿花集
雪山の聞きたる儘に現れし 京極杞陽 くくたち下巻
雪山の肌より顕るる岳かんば 関本テル
雪山の荒膚仰ぐ針供養 堀口星眠
雪山の虚ろに炎立つランプ小屋 原裕 青垣
雪山の遠さ発止ととどめたる 松澤昭
雪山の闇たゞ闇にすがりゆく 石橋辰之助 山暦
雪山の闇夜をおもふ白か黒か 正木ゆう子
雪山の雪の歇み間の一つ星(土合) 殿村菟絲子 『繪硝子』
雪山の雪の立錐皆檜 橋本鶏二
雪山の雲に入りてよりながし 阿部みどり女 『雪嶺』
雪山の風来るまでにちかづきぬ 篠原梵 雨
雪山の風樹孤島の濤と聴き 福田蓼汀 秋風挽歌
雪山の鳥の音は目をさそふなり 大串章
雪山の麓の山毛欅の疎林かな 京極杞陽 くくたち上巻
雪山はうしろに聳ゆ花御堂 露月句集 石井露月
雪山はゆつくり霞むかいつむり 岡井省二
雪山は人の棲まざる淋しさあり 岡田日郎
雪山は晴れて港の船往来 高濱年尾 年尾句集
雪山は月よりくらし貌さびし 前田普羅 飛騨紬
雪山へ共に快癒を祈るかな 阿部みどり女
雪山へ狐の馳けし跡いきいき 大野林火
雪山へ眼遊ばす絵付工 羽部洞然
雪山へ顔上げつづけ一人旅 細見綾子 黄 炎
雪山みゆるこの坂いつも埃まく 川島彷徨子 榛の木
雪山も雪なき山も似し高さ 稲畑汀子 汀子句集
雪山や頻りに動く竹数竿 島村元句集
雪山や駅には駅の煙立ち 京極杞陽 くくたち下巻
雪山をはなれてたまる寒の闇 飯田龍太 山の木
雪山をはひまはりゐるこだまかな 飯田蛇笏
雪山をはるけく来つる炭売女 飯田蛇笏 雪峡
雪山をへだてて見ゆる炭山疲れ 齋藤玄 『無畔』
雪山をまぢかに見つゝ通勤す 上村占魚 鮎
雪山をみせて月出ぬ古かかし 飯田蛇笏 山廬集
雪山をゆく日とどまるすべもなし 飯田蛇笏 椿花集
雪山を匐ひまはりゐる谺かな 飯田蛇笏
雪山を夜目にポールをまはすなり 中村汀女
雪山を宙にひくめて年新た 飯田蛇笏 雪峡
雪山を容れて伽藍の大庇 伊藤柏翠
雪山を流れて水の炎となれる 原裕 葦牙
雪山を灼く月光に馬睡る 飯田龍太 童眸
雪山を背にし枯れ山貧窮す 吉田嘉彦
雪山を背に立つ国境歩哨兵 深田久彌 九山句集
雪山を見てきし故に山見つゝ 京極杞陽
雪山を越えて彼方へ空むなし 相馬遷子 雪嶺
雪山を近く林檎の咲き潤ふ 長谷川かな女 雨 月
雪山幾重まさしく北にポーラリス 福田蓼汀 秋風挽歌
雪山想う心音は軽い音楽 一ノ瀬タカ子
雪山暮るゝや天青きまゝ月ほの~ 楠目橙黄子 橙圃
雪山滑り降り人住むドア汚る 中山純子 茜
雪山真向ひもり上がりをる膝の継 川口重美
雪山背にバレーのごとき白孔雀 加藤知世子 黄 炎
雪沓でゆく雪山の発電所 和知喜八
風が棲む雪山の裾初荷行く 相馬遷子 雪嶺
鳶ないて雪山空に暮れかぬる 梅の門
*えり挿しの背後雪嶺威を解かず 丸山哲郎
ある日遠くある日は近く一雪嶺 本郷昭雄
いちご咲く雪嶺天にねむれども 有働亨 汐路
いや白く雪嶺媚びぬ彼岸前 相馬遷子 山河
かのセーラー服二輌目の雪嶺側 今井 聖
きのふ見し雪嶺を年移りたる 森澄雄 浮鴎
きらめきて雪嶺月の黄を奪ふ 佐野美智
ぎしと鳴つて牧柵の釘耐う雪嶺風 中島斌雄
けふの日のしまひに雪嶺荘厳す 上田五千石 田園
げんげんを見てむらさきの遠雪嶺 大野林火
この寮を出て雪嶺へ行き逝きし 岡田日郎
この雪嶺わが命終に顕ちて来よ 橋本多佳子(1899-1963)
これを見に来しぞ雪嶺大いなる 富安風生
しきりなる汽笛雪嶺より返す 岸風三楼 往来
そそり立つ雪嶺に月近くあり 上村占魚 球磨
たんぽぽを踏み雪嶺を指呼に見る 藤岡筑邨
どんど焼果てて雪嶺に囲まるる 石原八束
はこべらや雪嶺は午後うつとりす 森澄雄
はるかなる雪嶺のその創まで知る 橋本多佳子
ふいご押す雪嶺の光押し返えし 細谷源二
ふりむきし鷲の眼雪嶺けぶりたる 鷲谷七菜子 雨 月
ふりむけば雪嶺ならぶ洋書棚 大島民郎
ほほづきの如き日輪雪嶺に 岡田日郎
まんさくの淡さ雪嶺にかざし見て 阿部みどり女 『微風』
ゆくほどに雪嶺囲ひや恵方道 森 澄雄
わが攀ぢしひと日雪嶺に雲湧かず 岡田日郎
わが汽車に雪嶺のやや遅れつつ 榎本冬一郎 眼光
わが疼く眼に雪嶺の照り倦かぬ 相馬遷子 山国
ガラス戸の内側拭けば雪嶺見ゆ 津田清子 二人称
コンテナは並び雪嶺かがやける 岩崎照子
スト中止令雪嶺に対ひて張らる 内藤吐天 鳴海抄
一家のゴム長乾されるたびに雪嶺指す 細谷源二
一汁の大鍋たぎる雪嶺下 加藤知世子 花 季
一蝶に雪嶺の瑠璃ながれけり 川端茅舎
七十年雪嶺あふぎてくたびれたり 斎藤美規
万才の雪嶺にかざす扇かな 志水圭志
三國嶽三つの國の雪嶺なり 山口誓子 紅日
下萌や雪嶺はろけき牧の柵 芝不器男
並ぶ肥樽峰雪嶺に湧きつつあり 成田千空 地霊
久方の雪嶺見えて霞みけり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
人は世に墓を遺して遠雪嶺 小澤克己
人生序の口雪嶺に眼を凝らし 伊藤敬子
全貌を見せぬ雪嶺白皚々 右城暮石
冷房のかつ雪嶺の絵の前に 皆吉爽雨 泉声
切干の青みがちなる雪嶺も 中村志那
切手買ひ雪嶺の名を聞きにけり 正岡雅恵
切手購ふ雪嶺のあるやすらぎに 猪俣千代子 秘 色
切炬燵夜も八方に雪嶺立つ 森澄雄
初めに言葉ありと雪嶺光りだす 田川飛旅子
初日待つ雪嶺の色かはりつつ 五十嵐播水
刻々と雪嶺午後の影きざむ 相馬遷子 山国
北端の極みに雪嶺ひとつ立つ 永田耕一郎 海絣
午後の日の雪嶺づたひや山葵採 藤田湘子
南北の雪嶺太陽西へ行く 津田清子 二人称
厩出し牛に雪嶺蜜のごと 森澄雄
只眠るなり雪嶺の前の山 原田喬
吹かれつゝ雪嶺暗し棉の花 久保田月鈴子
告げざる愛雪嶺はまた雪かさね 上田五千石 田園
咽喉かわく旅や雪嶺蹤き来る 津田清子
喪章はづす雪嶺ちかき野の光り 鷲谷七菜子 黄炎
地のうねりつづき雪嶺遥かなり 平川雅也
堂押祭果てし夜空の雪嶺かな 本宮哲郎
夕日さしカットグラスの一雪嶺 岡田日郎
夕日なほ濃き一群の雪嶺あり 岡田日郎
夕月にとどろき暮るる一雪嶺 岡田日郎

以上
by 575fudemakase | 2014-12-01 00:01 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23344560
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

田鳧 の俳句
at 2017-12-13 09:12
山藤章二著 ヘタウマ文化論 ..
at 2017-12-13 08:29
電飾 の俳句
at 2017-12-11 12:10
宿木 の俳句
at 2017-12-10 18:42
冬 の俳句
at 2017-12-10 16:58

外部リンク

記事ランキング