ストーブ

ストーブ

例句を挙げる。

ふと耳に瓦斯ストーブの音なりし 高濱年尾 年尾句集
ふるさとの駅のストーブ燃えにけり 成瀬桜桃子 風色
アラジンのストーブぎんなん跳ねている 穴井太 原郷樹林
ガード下よりストーブの煙突生え 山本歩禅
ストーブから顔あげた落日一つ シヤツと雑草 栗林一石路
ストーブごんごん焚きて炭坑夫が威張る 寺田京子 日の鷹
ストーブでライオンを焼こう 麦のように 星永文夫
ストーブにあさましき絵のかゝりけり 杉山一転
ストーブにかざす手みんな油まみれ 木村緑枝
ストーブにくべて悔なき手紙かな 五十嵐播水 播水句集
ストーブにごとんと薪をおとしやり 京極杞陽
ストーブにビール天国疑はず 石塚友二
ストーブに初陽射しつゝ燃えにけり 吉屋信子
ストーブに取り残されてゐる背中 浅利恵子
ストーブに来し入港の船の影 永田耕一郎 海絣
ストーブに来て鬚あらき信濃人 杉山岳陽
ストーブに泣き伏し生徒女見す 茂里正治
ストーブに温まりゐし手と握手 星野立子
ストーブに煮沸消毒こと~と 三ツ谷謡村
ストーブに燈油を足すも起居かな 石川桂郎 高蘆
ストーブに石炭をくべ夢多し 細見綾子 黄 炎
ストーブに若き素足を匂はする 能村登四郎
ストーブに貌が崩れていくやうな 岩淵喜代子 硝子の仲間
ストーブに近き灯の消してあり 京極杞陽
ストーブに逡巡の刻流れゆく 斎藤 道子
ストーブのそばに小さきマッチかな 京極杞陽 くくたち下巻
ストーブのぬくきに忍び寄る睡魔 菊池さつき
ストーブの中の炎が飛んでをり 上野泰 佐介
ストーブの前綾取りの赤の糸 細砂絹江
ストーブの口ほの赤し幸福に 松本たかし
ストーブの噂話に加はらず 高木 桐舎
ストーブの外は雪なる屋根起伏 青峰集 島田青峰
ストーブの少年の手を掌に包む 永井龍男
ストーブの明るくなりて椅子の影 山口青邨
ストーブの火を見てはちょと物書きて 京極杞陽 くくたち上巻
ストーブの火口見惚るる山の駅 野澤節子 遠い橋
ストーブの炎に身投げせる瞳 櫂未知子 蒙古斑以後
ストーブの熱気に動く栞の尾 田川飛旅子 『使徒の眼』
ストーブの真赤受験期どつと来し 宮坂静生 青胡桃
ストーブの赤き炎が睡魔かな 岩崎照子
ストーブの錆色囲み夜学生 齋藤愼爾
ストーブの音のみ会議沈黙す 森田峠 三角屋根
ストーブの音の古さに親しむ夜 稲畑汀子
ストーブの音ほど部屋のぬくもらず 稲畑汀子
ストーブも駅長室も昔めく 京極杞陽 くくたち下巻
ストーブやおのれと死にし友の上 尾崎迷堂 孤輪
ストーブやペン執る飛行客名簿 楠目橙黄子 橙圃
ストーブや大いなる冬屋根の上 徳永山冬子
ストーブや安楽椅子の置処 吉野牛南
ストーブや患者につゞる非情の語 相馬遷子 山国
ストーブや黒奴給仕の銭ボタン 芝不器男(1903-30)
ストーブを取る日来にけり炉砂売 福原雨之
ストーブを囲みにぎはう食談議 斉藤阿津子
ストーブを囲む渡船の国訛 野村つる
ストーブを少し細めに死の話 鈴木鷹夫
ストーブを据ゑる騒ぎのすぐ終る 山崎建朔
ストーブを焚きて窓開け鳥曇 原田青児
ストーブを赤い調度として数ふ 吉岡翠生
ストーブを蹴飛ばさぬやう愛し合ふ 櫂未知子 蒙古斑
ユダヤ教会ストーブの黒煙 辻田克巳
一人来てストーブ焚くやクリスマス 前田普羅
休診や女医のストーブ子等寄りて 北見さとる
口応へ出来ぬストーブ見つめをり 西村和子 夏帽子
口数が減るストーブの炎が揺れる 広畑美千代
唯一の明かりは電気ストーブの 櫂未知子 蒙古斑
師の點火すストーブの辺に身をほぐす 石田あき子 見舞籠
後れ来てストーブ遠く黙し坐す 青峰集 島田青峰
教会の石油ストーブ出揃ひし 綾部仁喜 寒木
温泉の宿の炭ストーブの可愛らし 高浜年尾
犬ふぐり見てストーブの辺に戻る 原田青児
玻璃窓にストーブの火映り園烈風 西山泊雲 泊雲句集
瓦期ストーブの音の断続がこの夜誰をか待つた 梅林句屑 喜谷六花
病人の頬染めて瓦斯ストーブ燃ゆ 籾山柑子
空虚なる食後ストーブに靴触れゐし 榎本冬一郎
簡単な食事ストーブ蓄音機 京極杞陽 くくたち上巻
花御所柿ストーブの火と赤競ふ 大熊輝一 土の香
観潮船ストーブ赤く燃えゐたる 岸本尚毅 舜
降りこもる駅ストーブの行商婦 文挾夫佐恵
電気ストーブ冴えざえ二日明けにけり 永井龍男
くぬぎ山ストーヴ焚けばけむり来ぬ 太田鴻村 穂国
ストーヴにてかゞやくことが何処かにある 細見綾子 花 季
ストーヴにビール天國疑はず 石塚友二
ストーヴに遂に投ぜし手紙かな 高浜虚子
ストーヴに雪を見る眼をけはしうす 太田鴻村 穂国
ストーヴの口ほの赤し幸福に 松本たかし
ストーヴの消えてゐるかげの畳に 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
ストーヴの焔のもつれ見てゐたり 高浜虚子
ストーヴの煙突もまた工区汚す 右城暮石 声と声
ストーヴや棕梠竹客の椅子に触れ 阿部みどり女 笹鳴
ストーヴや革命を怖れ保守を憎み 相馬遷子 雪嶺
ストーヴを真赤に焚いて蕪村論 太田寛郎
ストーヴを見るともなく見煙草吸ひ 成瀬正とし 星月夜
一回りしてストーヴへ寄る教師 山本一歩
六月のストーヴ栗鼠にのぞかれて 平井さち子 紅き栞
悲しみを互にいはずストーヴに 星野立子
温泉の宿の炭ストーヴの可愛らし 高濱年尾 年尾句集
答案をくぶストーヴの野暮な蓋 楠節子
電流のストーヴ感情殺しづめ 楠節子
トロイカは眼ナ裏を駆けペチカ燃ゆ 吉岡秋帆影
ペチカの煙砥の粉色に吐き住みつく気 平井さち子 完流
ペチカ燃ゆ星をきれいに食べしあと 栗林千津
ペーチカに寄りしあのころ遠山河 田口三千代子
ペーチカに畳四五枚敷いて住む 田村了咲
ペーチカに蓬燃やせば蓬の香 沢木欣一
ペーチカに鶏も遊べり聖家族 沢田経生
ペーチカや朝は雪ふるならひにて 清原枴童 枴童句集
八ケ岳くもれば灯しペチカ焚く 大島民郎
凍光に放心の刻ペチカもゆ 飯田蛇笏 春蘭
凍結の鮪に歌う「ペチカ」です 五島エミ
剣玉や少年の日はペチカ焚き 河西みつる
動かしてペチカにほぐす十の指 石川桂郎 高蘆
手袋と鞭置かれあるペチカかな 原田青児
新聞の這入りし音やペチカ焚く 斎藤雨意
暁のペチカぬくきがうれしけれ 伊藤凍魚
月洩るゝペーチカの辺にねまるなる 小林康治 四季貧窮
楽鳴れば文鳥和しぬ夜のペチカ 赤塚喜美重
滅びゆく階級きみのペチカ燃ゆ 八木博信
ああいへばこういふ暖炉赤く燃ゆ 景山筍吉
いそ~と麺麭むしり食ふ暖炉かな 大場白水郎 散木集
くつろげるごとくにくづれ暖炉の火 片山由美子 水精 以後
しばるるや夜通し守る煖炉これ 石川桂郎 高蘆
しまらくに女の頬ふくるる煖炉かな 室生犀星 犀星發句集
すこやかに人とわれある暖炉かな 久保より江
すはだかに裘まとふ煖炉かな 西島麦南 人音
その中の一人となりて暖炉かな 如月真菜
それとなきこれが見合か煖炉燃ゆ 文挟夫佐恵 黄 瀬
つるし灯は暖炉の火気にゆれやまず 池内友次郎
ひたむき疲れ暖炉燠色やや暗み 香西照雄 対話
ふと音の大きくなりて煖炉燃ゆ 高木晴子 晴居
ほぐれてはもつれ暖炉に明治の火 鷹羽狩行 月歩抄
ほほゑめばゑくぼこぼるる煖炉かな 室生犀星 犀星發句集
もてなすに貧しき英語煖炉燃ゆ 嶋田一歩
わが知らぬ暮しが此処に煖炉燃ゆ 星野立子
アトリエの色の中なる煖炉の火 粟津松彩子
アトリエは吾の別宅煖炉燃ゆ 嶋田摩耶子
ガス煖炉袴つけたる老教授 大道子亮
ツルゲネフなつかしき日の薪暖炉 遠藤梧逸
ノラの嘆き煖炉は音をたてて燃ゆ 柴田白葉女 遠い橋
ハイカラはいきに同じや煖炉燃ゆ 星野立子
ハーレムの女の寄りし暖炉とや 山田弘子 こぶし坂以後
一切空夫婦にしらしら煖炉燃ゆ 柴田白葉女 花寂び 以後
一日の一人の時の煖炉燃ゆ 青葉三角草
一片のパセリ掃かるる暖炉かな 芝不器男(1903-30)
主婦にあるひとりの自由暖炉もゆ 成嶋いはほ
乗りおくれたる者同士駅煖炉 鈴木芦八洲
乾杯のワイングラスに暖炉の炎 影島智子
人去りし椅子の対話に暖炉燃ゆ 岡田 貞峰
人形をみな裸にす暖炉の前 田川飛旅子 『薄荷』
他郷にて駅の煖炉にすぐ寄らず 桂信子 黄 炎
何とたゝかふ心ぞ煖炉燃ゆるとき 林原耒井 蜩
個別面読の煖炉をくべ足しぬ 樋笠文
八十八夜控への暖炉残しをり 和田千恵子
凩や煖炉にいもを焼く夜半 子規句集 虚子・碧梧桐選
初暖炉聖晩餐の絵の下に 亀井糸游
別れ霜煖炉の灰を捨てに出る 内藤吐天 鳴海抄
壁の暖炉に誰もゐない火がうごいてゐた シヤツと雑草 栗林一石路
売り急ぐ館の暖炉納めけり 田中良次
売初や町内一の古暖炉 高浜虚子
夜の会となれば煖炉のまだ欲しく 近江小枝子
夜の海見て来て寄れる煖炉かな 安住敦
夜学部へ引継ぐ暖炉くべたすも 肥田埜勝美
大玻璃に裏富士荒るゝ煖炉焚く 勝俣泰享
大臣の官舎に行けば暖炉かな 柑子句集 籾山柑子
大舷の窓被ふある暖炉かな 芝不器男
夫人の手ひらひら煖炉ともさるる 藤田湘子
威る寒さよりあたたまらざる煖炉 後藤夜半 底紅
婉然と偽画美しく暖炉燃ゆ 青木重行
客一人駅員ひとり暖炉燃ゆ 福井まつえ
家事すべて病む妻まかせ煖炉焚く 相馬遷子 山河
宿暖炉いか舟の灯を窓に嵌む 牧野寥々
小切手の額面たたむ暖炉の前 椎橋清翠
少し遠ざけし煖炉を頼みとす 後藤夜半 底紅
山荘の五月の煖炉焚かれけり 大橋越央子
幻想にありて煖炉の炎青 上野泰 佐介
恋の身の如く煖炉に耳ほてらせ 内藤吐天 鳴海抄
我を迎ふ蓬髪暖炉埃りかな 菅原師竹句集
我庵の暖炉開きや納豆汁 正岡子規
投げ入れし松葉けぶりて暖炉燃ゆ 杉田久女
抱へ来し薪は白樺煖炉燃ゆ 倉田晴生
抵抗を感ずる熱き煖炉あり 後藤夜半 底紅
持船の大額かゝる煖炉かな 鈴木花蓑句集
教室に据ゑて煖炉はまだ焚かず 樋笠文
日曜日煖炉納めて庭に出づ 中谷朔風
日本のオリーブの木と暖炉かな 依光陽子
明日こそ暖炉納むと寝にけり 工藤眞智子
明日のことあしたにまかせ煖炉納む 金井文子
星を見て来し語らひに焚く煖炉 藤浦昭代
暖炉からみんな一緒にゐなくなる 岩淵喜代子 硝子の仲間
暖炉に倦むどこかの釦身より落ち 美濃真澄
暖炉ぬくし何を言ひ出すかも知れぬ 桂信子(1914-)
暖炉の火みつめ団居に加はらず 片山由美子 水精
暖炉の火燃ゆる音するコーヒー店 林真砂江
暖炉もえ座敷わらし子居なおれり 新山郁子
暖炉列車 津軽まるごと暖める 野宮素外
暖炉取りて六畳の間の広さかな 正岡子規
暖炉昏し壷の椿を投げ入れよ 三橋鷹女
暖炉灼く夫よタンゴを踊ろうか 三橋鷹女(1899-1972)
暖炉焚くけむり背山を寂しくす 堀口星眠 火山灰の道
暖炉焚くのみの奢りや三ヶ日 殿村菟絲子
暖炉焚くは母の仕事よ山籠り 高村遊子
暖炉焚く夫と降誕祭の朝 仙田洋子 雲は王冠
暖炉燃え妻とわが息窓濡す 久保田月鈴子
暖炉燃え河童天国満たしをり 皆川白陀
暖炉燃え眼前の湖すぐ曇る 桂信子 黄 瀬
暖炉燃ゆこころといふがほの見えて 行方克巳
暖炉燃ゆわれにかへらぬものいくつ 鈴木真砂女
暖炉燃ゆ夜は女のいきいきと 須賀一恵
暖炉燃ゆ男の爪のかたきかな 谷口桂子
更けゆく夜煖炉の奥に海鳴りす 阿部みどり女
楯突かれ教師は悲し煖炉燃ゆ 木村蕪城 寒泉
毛皮ぬげば肩美しく暖炉燃ゆ 龍胆 長谷川かな女
水仙に偲び煖炉に語るべく 山田弘子 螢川
消燈の鐘鳴り渡る暖炉かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
湖の月に冷え来て煖炉焚く 田中せ紀
湯婆煖炉臥床あたゝかに読書かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
火山ホテル暖炉に土語も親しうす(ハワイ) 河野南畦 『湖の森』
煖炉ぬくし何を言ひだすかも知れぬ 桂信子 女身
煖炉もえ酔後は語低く越後の友 赤城さかえ句集
煖炉もゆ少女と交す言葉得て 原田青児
煖炉厭うてゆたかなる汝が月の頬 飯田蛇笏 山廬集
煖炉昏し壺の椿を投げ入れよ 三橋鷹女
煖炉消え咳金属の音を返す 阿部みどり女
煖炉灼く夫よタンゴを踊らうよ 三橋鷹女
煖炉燃えみな違ふことしてをりぬ 林明子
煖炉燃え四肢のゆるめる椅子もよし 塚原 夜潮
煖炉燃え明日越す嶺は地図にあり 岸風三楼 往来
煖炉燃え語らはねども二人かな 千手 和子
煖炉燃ゆわれにかへらぬものいくつ 鈴木真砂女
煖炉燃ゆランプシェードは飴色に 西村和子 かりそめならず
煖炉燃ゆ十年の月日かくて過ぐ 福田蓼汀 山火
煖炉燃ゆ古城めく館中心部 成瀬正とし 星月夜
煖炉燃ゆ犬廃帝のごとくゐて 藤岡筑邨
煖炉燃ゆ野火のごとくに飛ぶ思念 徳永山冬子
煖炉納めて今日が暮れにけり 木村恊子
煖炉過熱臓透け泳ぐ熱帯魚 内藤吐天 鳴海抄
父の日の夜に入る煖炉赤くしぬ 成田千空 地霊
父の間の煖炉を焚けり父は亡く 山口波津女 良人
父は死者離れきし位置煖炉燃ゆ 寺田京子 日の鷹
片足で犬が扉を押す煖炉の部屋 三好潤子
玻璃の海全く暮れし煖炉かな 杉田久女
瓦斯煖炉不思議の音を立てゝをり 高浜年尾
瓦斯煖炉黙せばひとのうち黙す 加藤楸邨
病室の煖炉のそばや福寿草 正岡子規
病床の位置を変へたる暖炉かな 正岡子規
眼がしらの痛むほどなり煖炉もゆ 高濱年尾 年尾句集
石炭箱を靴に踏まへし暖炉かな 雑草 長谷川零餘子
礼拝のさ中の暖炉つぎ足さる 田川飛旅子
窓々の夕焼消えし暖炉かな 大場白水郎 散木集
窓にある空ふかし煖炉なほたかず 川島彷徨子 榛の木
窓外の枯野見てゐる煖炉かな 比叡 野村泊月
置き煖炉火の塔なすに帰り来ず 友岡子郷 遠方
聖母像高し煖炉の火を裾に 中村草田男
背を向けて本土へ渡る暖炉かな 古舘曹人 樹下石上
胸像の月光を愛で暖炉焚く 飯田蛇笏 霊芝
花冷の暖炉乱舞といふ火なり 皆吉爽雨
荒金の煖炉かげろふ茂吉の死 平畑静塔
落椿投げて煖炉の火の上に 高浜虚子
蠅生る触れて暖炉の冷たかり 石川桂郎 四温
街越ゆる鴎に煖炉撤しけり 佐野良太 樫
詩の授業暖炉に適温保たせて 楠節子
辞書でよむアンネの日記暖炉もゆ 潮原みつる
退出を更に暖炉に語るかな 悟空
階段を上る音煖炉燃ゆる音 高木晴子 晴居
雪つけて這入りきし犬駅煖炉 美馬風史
雪ぬれをみられつつ煖炉に寄りぬ 原田種茅 径
雪国の雪の話や暖炉もゆ 宮本 とよ
頬のほてり押へ煖炉をかへり見る 高濱年尾 年尾句集
風邪心地燃ゆる暖炉をみまもれる 増田龍雨 龍雨句集
飛行機を下りて暖炉と紅茶かな 楠目橙黄子 橙圃
飾り皿燃ゆる煖炉の火がうつる 山口波津女 良人
駅煖炉そこより農地見え渡り 依田明倫
駅煖炉刑事怪しむ目となりて 長谷川回天
駅煖炉添乳の胸をはだけたる 依田明倫
黄昏の祈り今なる暖炉かな 尾崎迷堂 孤輪
電気すとうぶせつせと部屋を暖めをり  高澤良一  さざなみやつこ
山小屋はヴォイラー焚いて昨日まで  高澤良一  素抱

以上
by 575fudemakase | 2014-12-10 00:52 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23355160
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング