冬木

冬木

例句を挙げる。

B棟の患者見下ろす一冬木 高澤良一 さざなみやっこ 
あせるまじ冬木を切れば芯の紅 香西照雄(1917-87)
あるときは冬木の瘤のごと寝まる 福島勲
いしだゝみへ冬木のひくい枝々 中塚一碧樓
いただきの現るるより冬木かな 後藤夜半 翠黛
いたゞきのふつと途切れし冬木かな 松本たかし
いつぽんの冬木に待たれゐると思へ 長谷川櫂(1954-)
かぎりなく冬木倒すや幸探すごと 細谷源二 砂金帯
かくて住みし応挙ぞと知る寺冬木 河東碧梧桐
かたくなに根もと日ざさぬ大冬木 長谷川素逝 暦日
かはせみのひらめけるとき冬木かな 久保田万太郎 草の丈
からだじゅう冬木になって熱くなる 乾鉄片子
くらやみの冬木の桜ただ黒し 三橋敏雄 畳の上
この村の人は猿なり冬木だち 蕪村
こまごまと星をやどせる冬木かな 下村槐太
さかしまに栗鼠のはりつく冬木かな 日原傳
しづけさは冬木の瘤に結集す 山田桂三
すべて冬木子の重みのみとなりゐつつ 細見綾子
そそり立つ一冬木見て職引く身 高澤良一 宿好 
その冬木誰も瞶めては去りぬ 加藤楸邨(1905-93)
たくましくずんと冬木の神経が春を感じている 栗林一石路
たじろぐまいと思えども思えども冬木のとがり 橋本夢道
たらちねのもとの冬木のかく太り 中村汀女
つながれて牛も冬木も海に向く 菖蒲あや 路 地
つなぎやれば馬も冬木のしづけさに 大野林火
つら~と見上げて高き冬木かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
でんでら野白日輪と冬木影 佐野美智
とんがって風切る冬木の芽の容 高澤良一 素抱 
なきがらに逢ひにゆくなる冬木かな 岸本尚毅 舜
はなしごゑ冬木の幹につきあたる 長谷川素逝 暦日
はればれと冬木枝ふる帰省かな 西島麥南
ひつ~と冬木鳴る丘の夕日かな 乙字俳句集 大須賀乙字
ひととこへ寄りて冬木の根を張りし 長谷川かな女 花 季
びつしりと茸を帯びたる冬木かな 岸本尚毅 舜
ぴつかりと冬木の幹に光る脂 京極杞陽 くくたち下巻
みちのくの夕日あまねき冬木かな 五所平之助
みつめ行く冬木は仰ぐべくなりぬ 加倉井秋を 午後の窓
みな冬木母の簪捨てきれず 神尾久美子 桐の木
もちははの墓は無番地冬木の芽 野村青司
ものごころつきし如くに冬木の芽 岬雪夫
もの言はぬ冬木ばかりに囲まるる 朝倉和江
もの音に冬木の幹のかかはらず 長谷川素逝 暦日
ゆかりある冬木また仰ぐ家居かな 富田木歩
よはの冬木くろし空たかく風消ゆ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
わがこゝろつよし冬木に瘤多く 岸風三楼 往来
わが凭れる冬木ぞ空の真中指す 八木絵馬
わが影の中より枝を出す冬木 篠原梵 雨
わが影を踏む人そこに冬木風 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
わが立ちて冬木のいのちわがいのち 深見けん二
わが見ざる三日冬木と立ちかはる 篠田悌二郎 風雪前
われ以外影てふもののみな冬木 加倉井秋を 午後の窓
アカシヤもマロニエも未だ冬木なる 高木晴子 花 季
アドバルン冬木はづれに今日はなき 吉岡禅寺洞
ゲーテ座の昔冬木が風呼んで(横浜山手) 河野南畦 『湖の森』
ゴールたち冬木はおよそ離りたり 棚橋影草
チエンソー唸り冬木の匂ひ来る 高橋笛美
チャーチル死す一つ一つのみな冬木 有働亨 汐路
デモ終へし息深くして冬木の前 原田喬
ハモニカ吹いて少年工は冬木による 栗林一石路
バスが著き冬木の間に人散りぬ 高木晴子 晴居
ピアノ鳴りあなた聖なる冬木と日 西東三鬼
一人遊ぶ童女冬木に傷つけて 猿橋統流子
一冬木仕置のごとく牛繋ぐ 太田土男
一列の冬木残して移るなり 大場白水郎 散木集
一本のあたりに木なき大冬木 高野素十
一本の冬木に扉どうと閉ぢ 川口重美
一本の冬木をこの日見了らず 相生垣瓜人 微茫集
一瀑を負ひて灯せり冬木宿 富野 春
下駄鳴らし過ぐ老獪な冬木のそば 橋石 和栲
世はやすらかならず八方へ冬木の根 近藤一鴻
中年や冬木のあなたボレロの曲 三谷昭 獣身
乳母車冬木ばかりのただなかに 軽部烏頭子
五位鷺憑きてひたすら曇る冬木かな 石原舟月 山鵲
亡き犬を訪ひ来し犬や冬木縫ひ 石田あき子 見舞籠
人と居るごとく冬木と長居せり 本多静江
人に逢ふがいやで廻れる冬木かな 清原枴童 枴童句集
人よりも冬木親しと痛み籠る 福田蓼汀 山火
人下に立てば即ち大冬木 上野泰 佐介
人入りて人の耳澄む冬木山 広瀬直人
人去れば囁きあへる冬木かも 橋本榮治 麦生
今日の号外張られてくれてゐる冬木 シヤツと雑草 栗林一石路
会釈して金壷眼冬木伐 森澄雄
伸びすぎて古墳の冬木切られけり 五十嵐波津子
余世とはいつよりのこと冬木の芽 来住野臥丘
偶然のごと大冬木聳てりけり 澤井我来
傷つける園の冬木の眼にとまり 上村占魚 球磨
働いて薄着たのしや冬木賊 岡本眸
僧もする冬木の中の連小便 河野静雲 閻魔
入日濃くなりまさる棟や冬木風 木歩句集 富田木歩
公園の冬木の瘤の日曜日 木下夕爾
冬日柔か冬木柔か何れぞや 高浜虚子
冬木々となりおほせたるいとしさよ 徳永山冬子
冬木かげさせば貧し釜に入るるもの 冬の土宮林菫哉
冬木かげわが影なべてあるがまま 林翔
冬木から見えてほつほつ灯りそめる シヤツと雑草 栗林一石路
冬木きるや人らこだまに意を注がず 細谷源二 砂金帯
冬木この一回性の森を成し 加藤郁乎 球体感覚
冬木さくらの貝殻虫は眼に痛し 松村蒼石 雁
冬木さヘネオンの色に立ち並び 篠原鳳作 海の旅
冬木することの暦日創りけり 栗生純夫 科野路
冬木だち月骨髄に入夜哉 高井几董
冬木なかしろい校舎が浮いてゐる 河合凱夫 藤の実
冬木にて欅あくまで枝わかつ 篠田悌二郎 風雪前
冬木にもたれ一学徒何を疑へる 富安風生
冬木に手かけ卒論の話など 佐伯哲草
冬木に眼なきやさむざむと我がおとすもの 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
冬木の 木ずれの音 たれもきていない 吉岡禅寺洞
冬木のさくら雨靄に育ひたり 松村蒼石 雁
冬木のベンチけふも人をり逸れしめぬ 原田種茅 径
冬木のベンチ隣にゐるが残かぞふ 原田種茅 径
冬木の中の一本を倒しに来た霜朝 人間を彫る 大橋裸木
冬木の中撞いたる鐘のうごくなり 岡井省二
冬木の手切られ切り口鮮らしき 稲垣きくの 牡 丹
冬木の枝しだいに細し終に無し 正木浩一
冬木の枝に止まりしボールにかかづらふ 細見綾子 黄 炎
冬木の根ふたたび蹴つて心きまる 中島斌男
冬木の根われを怖るるかたちせり 加倉井秋を 午後の窓
冬木の相息ひくごとく翳りけり 永田耕一郎 雪明
冬木の芽かたく閉ざして御輿庫 松田延子
冬木の芽ことば育ててゐるごとし 片山由美子
冬木の芽ジャツクナイフの硬さなり 尾田秀三郎
冬木の芽チャボが卵を落しけり 北見さとる
冬木の芽明日は待たるるためにあり 新明紫明
冬木の芽水にひかりの戻りけり 角川照子
冬木の芽父は家ぬちに咳ける 瀧春一 菜園
冬木の芽篤くと見て其処離れけり 高澤良一 宿好 
冬木の芽跡取りが居て孫がゐて 宮坂秋湖
冬木の芽風の帽子がむずがゆい 川田由美子
冬木ま直ぐおのが落葉の中に立つ 大野岬歩
冬木みな傾ぎ菟は神の座に 木村蕪城 寒泉
冬木みな言葉を溜めて間引絵馬 町田しげき
冬木みるたび裏切りし眸がりかぶ 川島彷徨子 榛の木
冬木よい雨見れば降る シヤツと雑草 栗林一石路
冬木よりさみしき男歩き出す 中村明子
冬木より女が降りて来て泣けり 皆吉司
冬木より枯木に移る夕鴉 長谷川双魚 『ひとつとや』
冬木より静かに息をすること得ず 後藤比奈夫
冬木らはののしる舌を持たざればわれを居らしむこころしづかに 川田順
冬木一つ日当りもろく吹かれけり 中島月笠 月笠句集
冬木一本立てる尾上の日を追へり 臼田亞浪 定本亜浪句集
冬木中一本道を通りけり 臼田亞浪 定本亜浪句集
冬木中乳房をさぐる如く行く(修善寺) 角川源義 『秋燕』
冬木中小鳥闘ふ日ざしかな 乙字俳句集 大須賀乙字
冬木中日は流れゐてしらけつつ 原田種茅 径
冬木中日輪太く沈みゆく 阿部 夕礁
冬木中相摶つ斧の響かな 川上土司夫
冬木中鳥音慕うて歩きけり 臼田亞浪 定本亜浪句集
冬木二本憩ふ旅人をはさみけり 野村喜舟 小石川
冬木仰ぐいとまなき君と知るは憂き 富田木歩
冬木伐り倒すを他の樹が囲む 武藤不二彦
冬木伐る木魂あそべり道志峡 石田あき子 見舞籠
冬木伐る親子の音の異なれり 大串章
冬木光る位置に身を置く牛のごと 村越化石 山國抄
冬木坂うで組みわれら労働者 岸風三楼 往来
冬木影しづけき方へ車道わたる 篠原鳳作 海の旅
冬木影ばさと昨日に同じ刻 栗生純夫 科野路
冬木影戞々ふんで學徒来る 篠原鳳作
冬木影解剖の部屋にさしてゐる 篠原鳳作 海の旅
冬木影頬のさみしき女とも 石原八束
冬木暮るゝそがひの空の夢に似し 木歩句集 富田木歩
冬木暮るゝやふとまぼろしに己が影 中島月笠 月笠句集
冬木根に躓きたれば立ち憩ひ 浜井武之助
冬木根のあらはに茶屋の休みをり 五十嵐播水 播水句集
冬木根もあらはに小諸城址なる 浅野右橘
冬木流す人は猿の如くなり 夏目漱石 明治三十二年
冬木照らさる階上の子供部屋に 横山白虹
冬木牡丹ひそかに蕾さだめけり 松村蒼石
冬木積む舟見て閉めし障子哉 西山泊雲
冬木空にまぎらふ月のかかりゐし 富田木歩
冬木空に冷えつめらるるより暮るる シヤツと雑草 栗林一石路
冬木空を刺せども洩るる日はあらず 木下夕爾
冬木空大きくきざむ時計あり 篠原鳳作 海の旅
冬木空時計のかほの白堊あり 篠原鳳作 海の旅
冬木空見をれば青みさしにけり 佐野良太 樫
冬木等にトランペットを聴かせゐる 西村和子 かりそめならず
冬木緻密に枝と枝との交響で 楠本憲吉
冬木縫ひ吾と平行に人歩む 横山白虹
冬木見てをりぬその他は考へずに 加倉井秋を 午後の窓
冬木越し霊山に拠る町点る 宮津昭彦
冬木道すぐに引き返して来たる 行方克巳
冬木風山湖の蒼さ極まりぬ 金尾梅の門 古志の歌
冬木騒うしろより来てまた過ぐる 篠原梵 雨
冬木鳴る子の正直はうとましく 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
冬木鳴る昴(すばる)の星の鳴るばかり 竹下しづの女句文集 昭和十五年
冬木鳴る闇鉄壁も啻(ただ)ならず 竹下しづの女句文集 昭和十五年
凍鶴に冬木の影の来ては去る 富安風生
出逢ひたる太き冬木に木の話 京極杞陽 くくたち上巻
刈り込んでたん瘤だらけこの冬木 高澤良一 素抱 
別れにも振向くはをんな冬木の目 稲垣きくの 牡 丹
前ひ綱絡み冬木となりゐたり 蓬田紀枝子
剣を持つ子が大冬木より出て来 上野泰 春潮
力瘤付けて冬木となりにけり 小島健
北畠一族墓をつらねて冬木かな 廣江八重櫻
半鐘とならんで高き冬木哉 夏目漱石 明治二十九年
南宗の貧しき寺や冬木だち 月渓 五車反古
句つくりははなればなれに冬木の芽 上田五千石 風景
叫ばんとして握る冬木に手がすべる 川口重美
同じビラ貼られし冬木は切なからむ 加倉井秋を
吾よりさきに野川に映りゐし冬木 加倉井秋を 午後の窓
哀しさ負ふ冬木の裏は日を浴びず 成瀬桜桃子 風色
喬き冬木に背骨押しつけてこころよし 内藤吐天 鳴海抄
四五本の冬木を楯の浜館 小原菁々子
国会に子等がいつぱい冬木の芽 有島五浪
地に投げて冬木の影のこまやかに 石塚友二 光塵
坂なりに家並落ちゆく冬木かな 柑子句集 籾山柑子
墓地ありて寺あらぬ村冬木太し 成田千空 地霊
壁鏡冬木が遠く身震ひする 桂信子 花寂び 以後
売家につんと立たる冬木かな 一茶
夕星に冬木が洩らす独り言 永峰久比古
夕焼が 冬木の幹を もやそうとする 吉岡禅寺洞
夕焼に手をあげしごとき冬木ならぶ 篠原梵 雨
夕焼のすべてを許しゐる冬木 加藤燕雨
夜の冬木とほり過ぐれば黒にかへる 篠原梵 雨
夜の冬木風のひびきとなりて立つ 谷野予志
夜祭の隆々として冬木瘤 青柳志解樹
夢に見れば死もなつかしや冬木風 木歩句集 富田木歩
大冬木より放たれて歩きけり 上野泰 春潮
大冬木わが頼るべき仁(ひと)のごと 深川正一郎
大冬木伐りて静かな世なりけり 豊山千蔭
大冬木苦節の日々のありにけり 八幡里洋
大冬木蛇蛇蛇として垣乗り越え 上野泰 佐介
大冬木野性の鸚哥とまらせて 福原千枝子
大冬木鹿の瞳何にうるほふや 松野静子
大冬木黄金の棒の如き時 上野泰 佐介
大学のさびしさ冬木のみならず 加藤秋邨 寒雷
大浅間ひとり日当る山冬木 臼田亞浪 定本亜浪句集
大空に伸び傾ける冬木かな 高浜虚子(1874-1959)
大空の風を裂きゐる冬木あり 篠原鳳作 海の旅
天地夕焼冬木の中の分教場 川村紫陽
太い冬木に身をよるうちつけな影 梅林句屑 喜谷六花
女王の灯冬木に洩らし大使館 石塚 友二
好晴の空をゆすりて冬木かな 篠原鳳作
妻とわれに垣の内外の冬木かな 原石鼎 花影以後
妻われを冬の木と見つ熱き冬木と 橋本榮治 麦生
妻子病む冬木の空の昼花火 細川加賀 『傷痕』
妻急変冬木一列帰路一途 松崎鉄之介
子供来て冬木の枝にぶらさがる 橋本鶏二 年輪
孤独なり冬木にひしととりまかれ 木下夕爾
孫六の墓へ冬木の桜かな 金子青銅
家守る妻高き冬木に鳥祝ぐよ 磯貝碧蹄館 握手
宿坊も大本山も冬木中 赤堀五百里
寂寞がやたらに冬木にぶつかりたし 河野南畦 『黒い夏』
寄生木の影もはつきり冬木影 篠原鳳作 海の旅
寒禽を捕るや冬木の雲仄か 飯田蛇笏 山廬集
寝覚うき身を旅猿の冬木かな 上島鬼貫
少年や冬木に頬を寄せて哭き 樋笠文
山しづかなり悉く冬木なり 有働亨 汐路
山にきてつかみし冬木生々し 川島彷徨子 榛の木
山日濃く幹の匂へる大冬木 澤原たけお
年礼や畑どなり冬木松五郎 龍岡晋
幸せの胸騒ぎとて冬木鳴る 上田日差子
幻燈や冬木のごとく兔死す 対馬康子 吾亦紅
影を出す力の無くて冬木かな 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
彳めば我も冬木と異らず 福田蓼汀
後円墳あらは冬木の桜かな 青柳志解樹
御幸路の秀衡桜大冬木 広瀬河太郎
御狩場の天に犇めく冬木の芽 加藤 一郎
怒り込み上げて冬木に力瘤 柴田奈美
怖ろしき冬木の黙や穴居あと 町田しげき
恙寝は旅寝のごとし冬木見え 鷲谷七菜子 天鼓
我が倚れる冬木しづかに他に対す 岩木躑躅
我が庭や冬日健康冬木健康 高浜虚子
我一歩冬木も一歩しりぞきし 田中暖流
或僧のたちいづるより冬木かな 阿波野青畝
戸をしむる音あらあらし冬木宿 高橋淡路女
戸を閉ざすときのみ眺む冬木あり 佐野美智
手毬唄柿の冬木をひとめぐり 瀧春一 菜園
招ばれゆく冬木一本立てる家ヘ 村越化石
挫折感朝は失せゐて冬木の芽 中村明子
挽く人の冬木の幹にかくれけり 阿部みどり女
旅に出たしかがやく雲を負ふ冬木 有働亨 汐路
日の沈むまで一本の冬木なり 橋間石
日当れる冬木の瘤に手が届き 行方克巳
日曜の人出うすれゆき冬木あすも晴れる シヤツと雑草 栗林一石路
早川や崖の冬木の真ッ下に 滝井孝作 浮寝鳥
明日伐る木ものをいはざるみな冬木 細谷源二 砂金帯
昏れて無し冬木の影も吾が影も 三橋鷹女
星が贅刺さんと冬木磨きをり 宮坂静生
昴(すばる)は神の鈴なり冬木触りて鳴る 竹下しづの女句文集 昭和十五年
昼火事の煙遠くへ冬木つらなる 尾崎放哉
時鳥の枝ふみわたる冬木かな 雑草 長谷川零餘子
晩年といふさびしさか冬木の芽 斎藤節
暮れがての八十肩や冬木打つ 玉木春夫
暮れそめて冬木影ある障子かな 木歩句集 富田木歩
月の堂鳩禰宜を怖るる冬木影 原石鼎
月ふとりゆきて冬木の散りゆく 高木晴子
月光の中に捉へし冬木の芽 中村苑子
月光の暗き枝ある冬木かな 榎本冬一郎 眼光
月光の歓喜冬木の根へおよぶ 花谷和子
月冬木いつまで臼をひく家ぞ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
月明の冬木ら爬虫類に似る 河合凱夫 飛礫
東京の何に堪へゐる冬木かな 山田みづえ 手甲
枝をさしのべてゐる冬木 種田山頭火 草木塔
枝先に冬木の力みなぎれり 北村量子
枝打ちて墓域しばらく冬木の香 関戸靖子
枝鳴りを空にのこして冬木倒る 川島彷徨子 榛の木
枯れゆけばおのれ光りぬ冬木みな 加藤楸邨
枯葉しかと小枝にあるや日の冬木 高濱年尾 年尾句集
栴檀の冬木に凭れつぶやきぬ 加倉井秋を 午後の窓
根もとよりおのがしじまの大冬木 長谷川素逝 暦日
根方なる萩山吹も冬木かな 尾崎迷堂 孤輪
森抜けてゆく一本の冬木より 稲畑汀子 汀子第三句集
楼破れ冬木影おくほどもなき 桂樟蹊子
武蔵野のどこまでつゞく冬木かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
歳月の獄忘れめや冬木の瘤 秋元不死男
残照や歩まねば吾も一冬木 岡本眸
母とゐて和讃うたふや夜半の冬 木歩句集 富田木歩
母のみとりに仏燈忘る宵の冬 木歩句集 富田木歩
気なく帽子のせて冬木の枝です シヤツと雑草 栗林一石路
水上や雄々しく太き冬木の芽 前田普羅 飛騨紬
池澄みて冬木の影をそのままに 水上 龍
汽車過ぎていよいよ暮色一冬木 森澄雄
沈思より起てば冬木の怖ろしき 石井露月
没りし日のいろをとどめて冬木の幹 川島彷徨子 榛の木
沼つぶほどをひかりて冬木の芽 清水衣子
沼尻の冬木に灯す水車かな 比叡 野村泊月
浄蓮の瀧とて冬木うちふるふ 水原秋櫻子
浦風に冬木の楯や屋島寺 伊沢健存
浪・冬木ひかりて白く描かれし 宮津昭彦
海見えて山桜いま一冬木 大串章 朝の舟
渋柿の取り残されし冬木かな 伊丹-鷺助 選集古今句集
渓流を越ゆかんかんと冬木伐 中拓夫 愛鷹
渚まで冬木の影や晴れにけり 尾崎迷堂 孤輪
渾身の力は真紅冬木の芽 折井眞琴
湖の影絵めくられ冬木山 和知喜八 同齢
湿原の冬木に実あり真くれなゐ 殿村莵絲子 雨 月
潟冬木魚さげて浜人ならず 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
潦に映らず立てる冬木かな 京極杞陽 くくたち下巻
灌木をわたる冬木の一人称 加藤郁乎
火を焚きて眼を燃やしゐる冬木樵 大野林火
焼あとに残る石階と大冬木 八牧美喜子
焼けあとの壁と冬木とのみの村 長谷川素逝 砲車
煙出づ冬木空なる煙出 中村汀女
照らさるゝ冬木や畦や月西に 五十崎古郷句集
照りいづるものを待つなり冬木また 有働亨 汐路
爪先のくらさ遠景冬木燃ゆ 柴田白葉女 花寂び 以後
父のごと仰ぐ母校の大冬木 山下美典
父見るは遠き冬木を見るごとし 渡邊千枝子
猫下りて次第にくらくなる冬木 佐藤鬼房
獄塀に冬木の影の余すなし 角川春樹
田の中に冬木があれば住居あり 阿部みどり女
画を蔵す大厦窓なく冬木影 福田蓼汀 秋風挽歌
病むことも治る証拠や冬木の芽 京谷圭仙
登窯延ぶるに鴉ゐる冬木 茂里正治
登記所より町の冬木の大方見ゆ 宮津昭彦
白雲と冬木と終にかゝはらず 高浜虚子
皮下出血かひな冬木の色なせり 西本一都 景色
目白籠吊せばしなふ冬木かな 室生犀星 魚眠洞發句集
盲ひては辿る幾夜の冬木山 金箱戈止夫
省くだけ省きし寂に一冬木 百瀬美津
眼がわるくなり犬の毛の冬木山 和知喜八 同齢
眼帯やひかりつらなる夕冬木 近藤一鴻
石濤を遠き冬木の隠すなし 相生垣瓜人 微茫集
砂町は冬木だになし死に得んや 石田波郷
碧空に冬木しはぶくこともせず 篠原鳳作 海の旅
磨り込みし墨を一筆冬木にする 望月たけし
神の井やあかねにけぶる冬木の芽 角川源義 『神々の宴』
空にくひ込んで冬木といふ力 金田志津枝
空へ冬木のなんといふ枝のすなほさだ シヤツと雑草 栗林一石路
空仰ぐ冬木のごときギプスの身 野澤節子 黄 炎
窓越しの冬木の月が頭を晒す 太田鴻村 穂国
箸つかふ冬木伐つたる明るさに 飴山實 少長集
美しと思ひてよりの冬木道 波多野爽波 鋪道の花
老人の気に入つてゐる冬木かな 岡井省二
老松の冬木といふやたもとほる 齋藤玄 飛雪
耕二なきあとの冬木へ遠目癖 橋本榮治 麦生
肩に手を置くごと何時も倚る冬木 林翔 和紙
胸赤な鳥りちとめし冬木かな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
自祝てふしづかな刻の冬木の芽 能村登四郎 寒九
船倉に著きて明けたる冬木かな 比叡 野村泊月
艶すこしありて冬木の桜かな 青柳志解樹
花の色はからび果てたる冬木かな 上島鬼貫
若き粟鼠棲ましめ森の老いたる冬木 内藤吐天 鳴海抄
若水や冬木が丘に鐘の声 青々
菫咲き松も冬木の相なし 篠田悌二郎 風雪前
菰を着し冬木や人を欺かず 青木重行
落日を戻す冬木あらざり雲もなし 細谷源二 砂金帯
葉を数枚のこし冬木になりきれず 藤岡筑邨
葬りの冬木の沙羅となりて立つ 岸田稚魚 筍流し
葬場の冬木それ~影もち佇つ 小林康治 四季貧窮
葬送にゆりかごの唄冬木の芽 大木あまり 火のいろに
蕭々と星を呼びゐる冬木かな 野村喜舟 小石川
藤も冬木樹齢しづかにひろがりて 古舘曹人 能登の蛙
蚕まつりや冬木の裂く夜の花火 角川源義 『西行の日』
蜂の窖に泥塗りつめて冬木かな 比叡 野村泊月
街ともる冬木は芯を暗めけり 町野けい子
街は夕日とつづいてゐる冬木 シヤツと雑草 栗林一石路
裁ち割らばいま充実の冬木の芽 木村敏男
裸婦像の見据ゑる先の冬木の芽 伊東よし子
西空焼け人影冬木ともに黒し 三谷昭 獣身
見てゐたる冬木の影の濃くなりぬ 加倉井秋を 午後の窓
見てをりし冬木鴉の巣となりぬ 岩田昌寿 地の塩
見下して滝つぼふかき冬木かな 飯田蛇笏 山廬集
観音の冬木は星を鏤めし 深川正一郎
話声雀にとどく夕冬木 太田鴻村 穂国
谿ふかく水音の冬木の霜 シヤツと雑草 栗林一石路
豆剣士柳生へ通ふ冬木道 渡辺龍子
身籠りて冬木ことごとく眩し 中嶋秀子
轢死おそろし冬木にみごとなる没日 大井雅人 龍岡村
逢ふ人のかくれ待ちゐし冬木かな 野見山朱鳥
遠景もまた歴々と冬木かな 徳永山冬子
遠近法果つる冬木やヴェルサイユ 坂井建
邂逅や冬木となりし町辻に 岸風三楼 往来
郊外に酒屋の蔵や冬木だち 黒柳召波 春泥句集
郵便局葉書きらしし冬木かな 龍岡晋
都鳥を染めし暖簾や冬木茶屋 雑草 長谷川零餘子
野宮の冬木ごもりに羽摶つもの 木村蕪城
金婚にたどりつきたる冬木の芽 穐好頂磨子
金銭の網目冬木の枝繁に 三谷昭 獣身
釜寺へ近みちとある冬木かな 龍岡晋
鉄を打ちつづけて冬木昏れしむる 加倉井秋を 午後の窓
銭苔のうすきみどりの冬木なる 篠原梵 雨
長考の一手冬木の影に指す 船越淑子
門灯の早く点きたる冬木かな 永井龍男
闊歩して去りし人恋ふ夜半の冬 木歩句集 富田木歩
阿武隈の蘆荻に瀕す冬木かな 飯田蛇笏 山廬集
陸奥ふじの光りにあひて大冬木 阿部みどり女
隠亡の子が鴉飼ふ冬木かな 西島麥南 金剛纂
隠水は澄みわたりけり冬木中 永井龍男
雀まだも鳴きをる冬木月出たり 金尾梅の門 古志の歌
雨降るや冬木の中の翌檜 石塚友二 光塵
雲重し冬木は高く相擁す 金箱戈止夫
電柱と冬木のみなりあゆみゆく 山口波津女 良人
青天は流るゝごとし冬木原 近藤楓渓
青年に愛なき冬木日曇る 佐藤鬼房(1919-2002)
青空に枝さしかはしみな冬木 古賀まり子 緑の野
鞄あけ物探がす人冬木中 高浜虚子
顧みす冬木に浅きなごりかな 富田木歩
風受けて冬木も独り言増やす 家里泰寛
風邪の床一本の冬木目を去らず 加藤秋邨 寒雷
風鶴院波郷居士今大冬木 中里 結
餅提げて冬木の寺を出でにけり 雑草 長谷川零餘子
馬とめて提灯ともす冬木かな 尾崎迷堂 孤輪
馬の瞳に蒼空映る冬木風 太田鴻村 穂国
駅遠き渡し廃れて冬木かな 雉子郎句集 石島雉子郎
高炉の火消えてたしかに冬木の芽 山田桂三
鳥よぎる冬木はあれどとまらずに 大野林火
鳴る冬木悪名うしろより蹤きくる 河合凱夫 飛礫
鴎外の文体で立つ冬木かな 中嶋秀子
鶯を目白を飼うて冬木宿 青木重行
麻布絶口釜無谷の冬木かな 龍岡晋
黒々と冬木そのものありにけり 京極杞陽 くくたち上巻
一冬木仰ぐ心もささくれて  高澤良一  宿好
瘤隆と立寄り易き一冬木  高澤良一  宿好

以上
by 575fudemakase | 2014-12-11 00:17 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23355317
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37
空蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:25

外部リンク

記事ランキング