冬の空

冬の空

例句を挙げる。

いつとなく葡萄の国も冬の空 飯田龍太
いつの間に昼の月出て冬の空 内藤鳴雪
から風の北明るさや冬の空 大須賀乙字
コスモスの花はあれども冬の空 原石鼎 花影以後
何か一つ落ちたる音の冬の空 河合凱夫 藤の実
傷舐めて今も幼き冬の空 千代田葛彦 旅人木
冬の空つひに上らぬ日の没す 安藤秋蘿
冬の空少し濁りしかと思ふ 高浜虚子
冬の空思ひ直して明るかり 麻生 直美
冬の空昨日につづき今日もあり 波多野爽波 鋪道の花
冬の空罠かも知れぬ吊り鏡 小長井和子
冬の空重きブーツの底鳴らし 谷川 典大
冬の空青く展けて異国船 柳瀬重子
塔失せてあをあを冬の空残す 伊藤いと子
墨の線一つ走りて冬の空 高浜虚子
夕焼の金龍飛べり冬の空 山口青邨
天ぷらの海老の尾赤き冬の空 波多野爽波 『骰子』
宋研一つの冬の空大いなり 中塚一碧樓
峯々へ松ちぎり置き冬の空 久米正雄 返り花
峰二つ乳房のごとし冬の空 赤星水竹居(筑波山)
或る冬の空にとどまる昼花火 柿本多映
戸袋にかくれゐる戸や冬の空 波多野爽波 鋪道の花
担がるゝ熊の四足や冬の空 野村喜舟 小石川
散るものを誘ふ碧さの冬の空 後藤比奈夫 初心
日を追うて歩む月あり冬の空 松本たかし
明日よりは遠き但馬と冬の空 京極杞陽 くくたち下巻
月影の針もてさすか冬の空\ 何某母 俳諧撰集玉藻集
歌舞伎座のうしろに住みぬ冬の空 久保田万太郎
水の裏見てゐるごとし冬の空 川嶋一美
湯けむりの息吹き返す冬の空 佐藤哲一郎
無患子の一目卍や冬の空 殿村莵絲子 雨 月
爆心といふも瑠璃なす冬の空 堀内薫
牡丹にもこの色なくて冬の空 松瀬青々
畑あり家ありここら冬の空 波多野爽波 鋪道の花
老幼を愛する如し冬の空 永田耕衣 狂機
芋二つしなびて冬の空があり 岸本尚毅 選集「氷」
郵便が冬の空より来てをりぬ 波多野爽波
銀杏の幹裂け沈む冬の空 横光利一
靴と靴叩いて冬の空青し 和田耕三郎
鴉呼ぶ鴉に冬の空青く 岩淵喜代子
あぎと引き冬空はひきしまりけり 上野泰
あをさぎの巣は冬空にかけておく 夏井いつき
うつくしき冬空なりし鉄格子 角川春樹
ひろすぎる冬空に貼る人の顔 磯貝碧蹄館 握手
クレーンの手冬空に鐵を掴み去る 内藤吐天
ザラ紙のような冬空レンズ磨いても 浜 芳女
タワー赤冬空の青引き上げて 稲畑汀子
ベル押せば冬空に足音おこり 波多野爽波 鋪道の花
マルメロの創冬空となりにけり 千代田葛彦 旅人木
一人だけ死ぬ冬空の観覧車 磯貝碧蹄館
一噴煙冬空涜しひろごりぬ 草間時彦 櫻山
一塵もなき冬空に日を満たし 上村占魚 鮎
人ゐて冬空の青い枝きる シヤツと雑草 栗林一石路
人送りて今日の冬空見たりけり 長谷川かな女 雨 月
冬空と極楽鳥花玻璃一重 森田峠 逆瀬川
冬空にしてうすぎぬの烏帽子かな 岸本尚毅 選集「氷」
冬空につき出でてゐるもの多し 上村勝一
冬空にとぎれ未完のハイウェイ 岩崎照子
冬空に噛みつくものや礁と濤 久米正雄 返り花
冬空に大樹の梢朽ちてなし 高浜虚子
冬空に宝塔暮るゝ金色に 高木晴子 花 季
冬空に探す逃がした詩の言葉 有働亨 汐路
冬空に掴まれて富士立ち上る 伊藤通明
冬空に撞木の揺れ残りをり 藤田あけ烏 赤松
冬空に枯木のみ見えて雲も無し 高濱年尾 年尾句集
冬空に聖痕もなし唯蒼し 中村草田男
冬空に触れし指より光りそむ 仙田洋子 橋のあなたに
冬空に騒立つ樫を伐りにけり 青峰集 島田青峰
冬空に鳩を見上げて松葉杖 京極杞陽
冬空のビルヂングの資本の攻勢を見ろ 栗林一石路
冬空の一方へ竹伐り倒す 榎本冬一郎 眼光
冬空の一片落ちてくる咳のあと 桜井博道 海上
冬空の下一点のわが歩み 星野立子
冬空の下身をかがめくぐり押す 波多野爽波 鋪道の花
冬空の大起重機に人居る窓 五十嵐播水 埠頭
冬空の弾けば響きさうな青 木内怜子
冬空の汚れか玻璃の汚れかと 波多野爽波 鋪道の花
冬空の溢れて黒き河口かな 山田みづえ
冬空の澄みつ暮れゆく鎮魂歌 文挟夫佐恵 黄 瀬
冬空の疵とはならぬ鴉かな 阿部みどり女
冬空の禅寺丸柿形見とし 殿村莵絲子 雨 月
冬空の薄き瞼を裂く青さ 澁谷道
冬空の鋼色なす切通し 大野林火
冬空の鳶や没後の日を浴びて 上田五千石 田園
冬空の鴉いよいよ大きくなる 飯田龍太
冬空は一物もなし八ケ岳 森澄雄
冬空へくぐり戸の鈴鳴り終る 波多野爽波 鋪道の花
冬空へとどかぬ梯子婚約す 対馬康子 愛国
冬空へ出てはつきりと蚊のかたち 岸本尚毅(1961-)
冬空へ打つ甘藷の鳥威し 太田土男
冬空へ消えてゆくたましいよ涙 北島輝郎
冬空へ深入りしたる風船よ 小泉八重子
冬空へ煙さでたくや灘の船 飯田蛇笏 山廬集
冬空へ象嵌ひたひたと愛技 和泉香津子
冬空やみちのおく道先づ千住 野村喜舟 小石川
冬空や大樹暮んとする静寂 飯田蛇笏
冬空や宝珠露盤は寺の屋根 野村喜舟 小石川
冬空や山陰道の君が家 小澤碧童
冬空や峡にくひ入る桑畑 金尾梅の門 古志の歌
冬空や巣鴨は江戸の北はづれ 嵐竹 芭蕉庵小文庫
冬空や津軽根見えて南部領 河東碧梧桐
冬空や父いますごと大欅 谷内田和子
冬空や猫塀づたひどこへもゆける 波多野爽波(1923-91)
冬空や野をかけるトロの大軋り 楠目橙黄子 橙圃
冬空や風に吹かれて沈む月 永井荷風
冬空や魂は横移動する 桑原三郎 晝夜 以後
冬空や麻布の坂の上りおり 永井荷風
冬空をいま青く塗る画家羨し 中村草田男
冬空をかくす大きなものを干す 波多野爽波 鋪道の花
冬空をふりかぶり鉄を打つ男 秋元不死男
冬空遠く大工の音とアヴェマリア 安東次男 裏山
凧一つ貌のごときが冬空に 中村苑子(1913-2001)
凶作になんのかかわりもなく冬空に白く議事堂 栗林一石路
唐辛子の色冬空が盗みたり 小泉八重子
四角な空万葉集にはなき冬空 加藤楸邨
寒肥をひく冬空の泣くばかり 飯田蛇笏 椿花集
山峡の冬空よ生きせばむるか 細見綾子 花 季
幹高きその冬空へ耳を寄す 桜井博道 海上
我もだし冬空もだしゐたりけり 松根東洋城
戸あくれば冬空に帽とりて客 波多野爽波 鋪道の花
手術の日冬空少し汚れけり 森田峠 避暑散歩
故郷の冬空にもどつて来た 尾崎放哉
旅立たむ冬空はしらのあるごとく 森かつみ
日当つて大仏の顔冬空に 奈良文夫
朝雲ちり冬空とほく光りあり 飯田蛇笏 雪峡
泉見て今日冬空を見しと思ふ 上野さち子
湯加減のごと冬空に手を入れて 平井照敏 天上大風
煙草なく米なく出でて冬空美し 岩田昌寿 地の塩
父を焼くいま冬空へうす煙 小林康治 四季貧窮
甘き冬空右手に母が箸持たす 磯貝碧蹄館
田鳧啼き冬空をまた深くせり 落合伊津夫
白壁と冬空の壁人死せり 阿部みどり女
移民船冬空へ旗ちぎれ飛び 五十嵐播水 埠頭
紺の香きつく着て冬空の下働く 尾崎放哉
結界に冬空が見ゆ縄梯子 河合凱夫 飛礫
絶対安静冬空に押へられ 小川双々子
螺旋階尽き冬空まで昇れず 福田蓼汀 秋風挽歌
街中の焼跡の墓地冬空持つ 細見綾子 花 季
裏庭に冬空の立ちはだかれる 波多野爽波 鋪道の花
針もつ母に東京の冬空となりくる 栗林一石路
鉄を截る音冬空にありにけり 五十嵐播水 埠頭
雲生れてきて冬空の相となる 綿谷吉男
高貴なる冬空を得て天女丸 飯田蛇笏 雪峡
あけすけに団栗の木と冬青空 高澤良一 燕音
ひとみ元消化器なりし冬青空 攝津幸彦
まつ毛瞭らかに冬青空はあり 千代田葛彦 旅人木
わが胸に旗鳴るごとし冬青空 野澤節子 『鳳蝶』
カナリヤの籠の目すべて冬青空 中拓夫
世間体一つ外せば冬青空 高澤良一 素抱 
冬青空 祖母が煙りに 風になる 松本恭子 檸檬の街で
冬青空いつせいに置く銀の匙 水野真由美
冬青空このまゝ死なば安からむ 相馬遷子 山河
冬青空さえぎるもののなき別れ 上野好子
冬青空ひとの歩みの映るかな 清水径子
冬青空わが魂を吸ふごとし 相馬遷子 山河
冬青空わたしの羽音ありにけり 吉田悦花
冬青空アミメキリンの首を容れ 高澤良一 燕音 
冬青空マッチの軸が水に浮き 桜井博道 海上
冬青空九億九光年の留守 斎藤慎爾
冬青空双手ひろげて使徒の像 古賀まり子 降誕歌
冬青空夜は万年筆の中 高野ムツオ
冬青空工夫の胃ぶくろよろこびあふ 磯貝碧蹄館 握手
冬青空明日をはるかとおもふとき 金田咲子
冬青空母より先に逝かんとは 相馬遷子 山河
冬青空涙とともにパンを食べ 堀井春一郎
冬青空灯台打ち上げて見たし 高橋とも子
冬青空瑞枝さみしきときもあり 飯田龍太
冬青空胸中の鈴鳴りはじむ 江中真弓
冬青空鈴懸の実の鳴りさうな 中村わさび
四人の子がきく冬青空の鐘 柴田白葉女
地の果てに海その果てに冬青空 高橋悦男
妥協なき冬青空とうち仰ぎ 高澤良一 随笑 
宿木の翔び立ちさうな冬青空 高澤良一 随笑 
崖の上の冬青空は壁なせり 水原秋櫻子
朱を入れて凧とびやすし冬青空 杉本寛
滝落ちて冬青空をひきしぼる 石嶌岳
父よいま冬青空も深呼吸 酒井弘司
神殿の列柱残る冬青空 毛塚静枝
絶壁をけものの堕ちる冬青空 津沢マサ子
縫目なき冬青空へ消えし鳥 柿本多映
鎌倉の切通ゆく冬青空 大橋敦子
髪刈って頭の頼りなき冬青空 高澤良一 燕音 
からたちの冬天蒼く亀裂せり 富澤赤黄男
まひる冬天の青かぶさり来て沈黙 加藤楸邨
カシオペアは冬天の椅子児は寝しや 辻田克巳
コルト撃ち恋冬天にひるがえる 三谷昭 獣身
ザトペック冬天を馳す跫音す 高澤良一 宿好 
ペン執りし身を冬天に爆ぜしめき 加藤秋邨 火の記憶
二夜われ肉片として凍空に 佐藤鬼房
人に家雁に寒空果てしなく 阿部みどり女
信濃路へ冬天の川ながれをり 加藤秋邨 火の記憶
冬天が星をこぼせり達磨市 中拓夫 愛鷹
冬天といふ一枚の碧さかな 石橋淑子
冬天にゆゆしきほむら落城史 町田しげき
冬天に勁きくちばしありにけり 奥坂まや
冬天に牡丹のやうなひとの舌 富澤赤黄男
冬天に見えぬ星あり娶られて啼かず翔ばずのひと生の如き 今野寿美
冬天に透く金の葉や樺の梢 相馬遷子 山河
冬天に錐立つ嶺のテレビ塔 油谷和子
冬天のどこまで異邦紅茶澄む 対馬康子 吾亦紅
冬天のまるくかかれり無住寺 平井照敏 天上大風
冬天の動物園や歌舞伎町 平井照敏
冬天の無縫の青を遺さるる 嶋田麻紀
冬天の碧さ言ふべきこともなし 岸風三楼 往来
冬天の青に湧き顕つグレコの街 文挟夫佐恵 雨 月
冬天へ杉は槍なす平家村 鍵和田[ゆう]子
冬天や北に棲むほど熱き肌 対馬康子 純情
冬天や噴煙のほかに雲二三 水原秋櫻子
冬天より父貌の鳥降り来たる 宇多喜代子
冬天を仰ぎぬ要らぬものばかり 手塚美佐 昔の香
冬天を降りきて鉄の椅子に在り 西東三鬼
凍空にネオンの蛇のつる~と 篠原鳳作 海の旅
凍空に父焼く煙とどかざる 下村梅子
凍空に竹ま直ぐなるみどりかな 上村占魚 鮎
凍空に触るゝばかりの航荒く 河野南畦 『花と流氷』
凍空に陰なす魄をかき抱くかぼそき月よ妹ぞこほしき 吉野秀雄
凍空の鳴らざる鐘を仰ぎけり 飯田蛇笏 雪峡
凍空へ尾根みち槍のごとくあり 清水青風
凍空へ銀杏並木の槍ぶすま 内田園生
凍空へ顔のべて飛ぶほかはなく 石田郷子
凍空を端から開く朝鏡 桂信子 黄 瀬
口きりや此寒空のかきつばた 高井几董
呼ばれたるごとく冬天打ち仰ぐ 角田すみ
夕晴れて凍空に川外明り 飯田蛇笏 椿花集
失墜の鳥を捜せこの冬天の坂の彼方 寺井谷子
寒空に乾ききつたる鳶の声 稲畑廣太郎
寒空に杵売るを見む買はねども 相生垣瓜人
寒空に枝こまごまと伸びきりし 金丸 希骨
寒空に皮を剥るふぐと哉 必花
寒空に都を逃し物ぐるひ 上島鬼貫
寒空に鳴るニコライの鐘うごけり 千代田葛彦 旅人木
寒空のどこでとしよる旅乞食 一茶 ■文政七年甲甲(六十二歳)
寒空の昼の眉月田が終る 中拓夫 愛鷹
寒空は輝く雲にありにけり 滝青佳
寒空へ枝強く張る鬼くるみ 菊井稔子
寒空やみなあきらかに松ふぐり 渡辺水巴 白日
寒空や鶴しづ~と汚れつゝ 佐野青陽人 天の川
寒空を穴の開くほど見てをりし 保坂伸秋
屋根に猫鳴いて冬天遠きかな 大野林火
山際の凍空まぶし婆の髪も 金子兜太
岩裂けて冬天にひとを攀じらしむ 石橋辰之助
朝寒空「けふははっきりしませんね」 高澤良一 寒暑 
松ふぐりひとつは蒼き冬天に 河合凱夫 藤の実
核の冬天知る地知る海ぞ知る 高屋窓秋
欺かれ冬天あまり青く寡婦 三谷昭 獣身
汝冬天にありきわが乳房と 九鬼あきゑ
火種にも似て寒空ヘピラカンサ 武井与始子
荼毘の音この凍空へ弟よ 松本草戊
蹴球や冬天に見る時計塔 柴田白葉女 遠い橋
鉄階のつめたさ冬天の蒼さ 柴田白葉女 花寂び 以後
鳶の笛冬天汚れなかりけり 稲荷島人
まよなかの星寒天をあますなし 長谷川素逝 暦日
一平野一寒天の下にあり 高野素十
凍て空にネオンの塔は畫きやまず 篠原鳳作
凍て空にネオンの蛇のつる~と 篠原鳳作
凍て空に声を残して移民発つ 五十嵐播水
夕凍の寒天深む透明度 羽部洞然
寒天に大晴れしたる花柊 飯田蛇笏 椿花集
寒天に棕梠の葉そよぐ見て登る 北原白秋
寒天に船渠の鎖長短あり 細谷源二 鐵
寒天に落葉松の尖針と揃ふ 福田蓼汀 秋風挽歌
寒天の打ち落すべき何もなし 梅沢一栖
寒天の日輪にくさめしかけたり 臼田亞浪 定本亜浪句集
寒天の電柱老ひしと言ふべき乎 草薙朱砂郎
寒天やしやがまる妻の熱き映画 攝津幸彦
寒天や夕まぐれ来る水のいろ 芥川龍之介 我鬼句抄
山光や寒天に聳つ木一本 臼田亞浪 定本亜浪句集
雪吊の縄棒のごと凍て空に 二唐空々
雲凍てゝ空の動きの止りけり 古賀昭浩
らんぼうに斧振る息子冬の天 細谷源二 砂金帯
サーカス来てわが病む冬の天囃す 小川双々子
冬の天わが耳削がずわれにあり 磯貝碧蹄館 握手
邂逅にポプラ彎りて冬の天 飯田蛇笏 雪峡
魚のごと鳥流るるや冬の天 櫛原希伊子
冬青空歩きたくなる日を歩く  高澤良一  石鏡
冬空を仰いでけふの雲の多寡  高澤良一  石鏡
冬青空噴水勢ひ取り戻す  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-11 00:19 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23355329
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング