例句を挙げる。

*えりの戸にかたまり浮ける鳰 寺川祐郎
*えりの簀に逃げ腰の鳰波を生む 伊藤白楊子
*えり挿すや遠つらなりに鳰のむれ 五十嵐播水
あかときの淡海は昏き鳰の笛 春樹
あやとりの橋の下なり鳰潜る 柿本多映
いとやなぎただ垂れ朝の鳰啼ける 木津柳芽 白鷺抄
いまどこへ浮かび出でても鳰曇 今瀬剛一
うらかれや比叡まで来ても鳰の海 尾崎紅葉
かくれけり師走の海の鳰 芭 蕉
かくれ津の地蔵とあれば月の鳰 吉野義子
かたむける日に鳰のなきにけり 風三楼
ききわけのよき子を育て鳰 大石悦子
きらめきし後の昏きが鳰 齋藤玄 『狩眼』
くれなゐの夕べ鳰が首だす寂しくて 小寺正三
くゞゐ鈍く鳰鳥はさとき汀かな 加舎白雄
けふ寧し日を曳き日を摶ち鳰真鴨 石田あき子 見舞籠
さまざまな声経て雪の鳰のこゑ 岡井省二
さらばこそ雪中の鳰として 赤尾兜子
すれちがふどちらの鳰も子をつれて 鈴木ひなを
たかだかと三代の松鳰の岸 加藤耕子
ちちははの彼岸にいつも鳰 田中荒砂
とんとつかめぬ曲り江の鳰の数 長田等
ねそベりて京都ながむる鳰 田中裕明 櫻姫譚
はるかきて布施の溜鳰聞くばかり 佐野美智
ひら比叡わか葉影さす鳰の海 中勘助
まだ居りし我におどろき鳰くゞる 右城暮石 上下
まんまるい胸から鳰の浮いてくる 望月一美
みささぎの鳰の岸なる若菜摘 松下艸石
みづうみの半眼にして鳰 中田剛 珠樹以後
めぐり来し球体を抱き鳰浮きぬ 小檜山繁子
めざめたり浪に揉まるる鳰ふたつ 中田剛 珠樹
めをと鳰玉のごとくに身を流す 加藤知世子 花 季
やはらかな雨足ばかり鳰の海 飴山實 『次の花』
ゆる~と鳰を見て行く遅刻かな 島村元句集
わが思ふはじまりいつも鳰くるよ 岡井省二
わが思ふ所へだてゝ鳰浮きぬ 徳永山冬子
をちかたに鳰のくれゆく干菜かな 清原枴童 枴童句集
ポケツトの手を出せば鳰もぐるなり 右城暮石
一つ行きてつゞく声なし鳰 渡辺水巴 白日
一呼吸置いて同時にもぐる鳰 長田等
一夜寝て淡海に浮かぶ鳰の数 関戸靖子
一夜来て泣友にせん鳰の床 風国 (芭蕉翁追悼)
一時間先の約束鳰浮いて 橋本榮治 麦生
一条の洩れ日を鳰のふり返り 能村登四郎
一湾や二つの鳰のゐるばかり 洗耳
世の寒さ鳰の潜るを視て足りぬ 澤木欣一
二三軒煤掃出すや鳰の海 妻木 松瀬青々
五月雨に鳰の浮き巣を見に行かむ 芭蕉
仏生会鳰には鳰の笛仕え 佐々木栄子
俳諧の膳所に致仕して鳰 麻田椎花
初鴨に居着の鳰のよく潜る 大串章
去り難し江に浮き沈む鳰を見て 徳永山冬子
古利根の水なめらかや鳰進む 高野素十
向替へてまた水ひろし春の鳰 鷲谷七菜子 游影
吾がつぶて妹がつぶてに鳰遠し 粂田夕洋子
吾が鬱を鳰が銜わえて去りにけり 宮道三生
吾も見き師走の湖のその鳰を 相生垣瓜人
啼きごゑとならずつぶやく夜の鳰 森 澄雄
啼きとほす潜りても恋やまぬ鳰 佐野美智
四方より花吹き入れて鳰の波 芭蕉
土佐湊鳰のゆらゆら朝寝して 高澤良一 寒暑 
地下に温泉が流れて潟に鳰潜る 公鳳
夏野来て鳰に色なきことわびし 原コウ子
夕月や鳴きつゝ鳰のすれちがふ 石井とし夫
夕波にまぎるる鳰のかなしけれ 中村汀女
夕雉の走り留や鳰の海 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
夜の潟の鳰驚かし燐寸摺る 西村公鳳
大いなる沼見せにゆく子づれ鳰 石井とし夫
大年の雨の間に聞く鳰の笛 松村蒼石 雪
天平の鳰の裔かや初もぐり 飴山實 『次の花』
子の鳰は見えず親子の鳴き交ふも 吉野義子
寄つて来て鳰の見てゐる雑魚を選る 石井とし夫
山鳰の首の小さき二月かな 八木林之介 青霞集
嶽々や鳰とりまはす雪けぶり 史邦 芭蕉庵小文庫
巣ごもりの鳰らし舟のみちを替ヘ 河野南畦 湖の森
巣立鳰沼のどこかに鳴いてをり 石井とし夫
幼なくて息のつづかぬ鳰 西村和子 かりそめならず
彼の女は俥にて去る鳰は浮いて流れる 中塚一碧樓
御用始鳰見ることもその日より 倉橋澄子
恋しさのつのりしところ鳰現るる 柴田佐知子
息長く潜きし鳰の浮くあたり 後藤夜半 底紅
息長に子鳰潜つて見せにけり 樋笠文
懸命に見ゆる浮かみしときの鳰 ながさく清江
掛茶屋に鳰なぶりして憩ひけり 清原枴童 枴童句集
揺れゐるは湖のみならず鳰浮巣 木内怜子
散り紅葉泛べる水に鳰あそぶ 春潮
日かげる時連れ鳴いて鳰涼し 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
日永さの鳰の湖べり長辿り 宮津昭彦
日白うして鳰啼くや松納 渡辺水巴 白日
春の暮鴎の波に鳰の乗り(近江) 岸田稚魚 『雪涅槃』
春昼の透き通りゐる鳰の声 青葉三角草
昼月の水面にかろし鳰の巣も 佐野美智
暮れはてて光の底の鳰 山西雅子
月光の波の鍵盤鳰の唄 原 柯城
月明の青さあまりて鳰啼かしむ 加倉井秋を 午後の窓
月白うして鳰啼くや松納 渡辺水巴
有為の世やいくたび鳰の浮かみても 伊藤孝一
朝茜鳰の浮巣を荘厳す 鈴木公二
朝蛙ひとつの声と鳰啼けり 木津柳芽 白鷺抄
東京に出て日は西す鳰の岸 石田波郷
東風の波かぶりては鳴く鳰 清崎敏郎
板の如き沼に逆立ち鳰沈む 石井とし夫
枯蓮や水さゞめかす鳰一つ 西山泊雲 泊雲句集
柴漬の艫臍泣きゆく鳰の中 飴山實 『次の花』
梅のみち鳰ゐて水の寒からず 大場白水郎 散木集
梅雨に入る鳩時計ほど鳰啼いて 樋笠文
次の間のごときがありて鳰浮巣 亀井美奈美
母鳰の滑水帰着浮巣揺るよ 香西照雄 対話
比叡より横川へくだる道のべの合歓よりひくし鳰の湖づら 太田水穂
比良夕風赤襟鳰の尻押せり 高澤良一 燕音 
水の玉振るひおとせよ鳰 中田剛 珠樹
水仙の咲きたるうへを鳰のこゑ 鈴木しげを
水尾引いてをりたるは鳰初明り 石井とし夫
水底の日暮見て来し鳰の首 福永耕二(1938-80)
水走る鳰に浮巣の在所知る 中井余花朗
水走る鳰に稲舟はや遠し 五十嵐播水 埠頭
水靄に鳰のよく鳴く日和かな 高橋淡路女 梶の葉
水音にきよとんきよとんと鳰 高澤良一 さざなみやっこ 
水鳥もふねも塵なり鳰の海 梅室
氷る池に鳰遥かなる晨かな 島村元句集
永すぎる鳰の潜水人に母心 香西照雄 素心
求むるものなき妓と漕げり鳰とほく 宮武寒々 朱卓
沈むあり浮かむあり鳰もとの数 成瀬桜桃子
沈むべく水走りきし鳰親子 中村汀女
沈む日の真赤を囃し鳰の鳴く 石井とし夫
沈む鳰の水深く鮒釣れにけり 碧雲居句集 大谷碧雲居
沈めば沈み浮かめば浮かみ鳰二つ 鈴木花蓑
河霧や舳に浮きし鳰一つ 島村元句集
沼の鳰はかないをなご呼べどこず 瀧井孝作
泛かみ出て母の遠さよ鳰 行方克巳
波の中鳰あそばせて野止め村 猿橋統流子
波光るとき鴨いづこ鳰いづこ 稲畑汀子 汀子第二句集
流さるる浮巣に鳰の声悲し 正岡子規
流さるる浮巣を鳰の見放さず 大久保橙青
浅黄空巣につく鳰の声なるかな 冬の土宮林菫哉
浦浪に鳰の群れゐる暮春かな 佐野まもる 海郷
浮かび出て遠き日向や鳰 山田弘子
浮き出でて水輪の中の春の鳰 森重昭
浮くときも生れる水輪鳰 京極杞陽 くくたち下巻
浮び出て冠鳰といふ名あり 石井とし夫
浮み出て水輪の中の鳰寧し 鈴木貞雄
浮巣には鳰ゐず雨の降るまゝに 萩原寿水
浮巣守る鳰の長鳴き沈みけり 本田一杉
浮御堂鳰の浮巣を秘中の秘 安住敦
涼しさの鈴振るごとき鳰のこゑ 石田郷子
深曇りして時雨よぶ鳰の海 柴田白葉女 『冬泉』
湖や渺々として鳰一つ 正岡子規
湖風に鳰の浮巣のよるべなし 長谷川史郊
満腹仔鳰杭にのぼつて身を崩す 北野民夫
漂へるものと遊びて鳰 大石悦子
潜かむと鳰一身を緊めし 本井英
潜りたる鳰のひとつが浮かび来ず 和田祥子
潜りても浮きても一羽春の鳰 池田弥寿
潜り際毬と見えたり鳰 中田剛 珠樹以後
潜る鳰浮く鳰数は合ってますか 池田澄子
濠の鳰焚火の人に浮き沈む 島村元句集
瀬田唐橋くぐり遊びの鳰一つ 高澤良一 燕音 
無駄金をたんとつかへば鳰 辻桃子
燕(つばくら)の雁に問うてや鳰まはり 内藤丈草
燦燦と浪と浪間の鳰 中田剛 珠樹
田の水に鳰の水尾ある雪解かな 大橋櫻坡子 雨月
田の池に四日の鳰のあつまりぬ 星野麥丘人
畠打や肱の先の鳰の海 一茶
疾うに鳰目覚めて居りぬ堅田寒 高澤良一 燕音 
百姓の漸く暇に親子鳰 福田蓼汀 山火
真菰刈る童に鳰は水走り 水原秋櫻子
睡蓮に鳰の尻餅いくたびも 川端茅舎
石集めてひとり遊ぶ子鳰淋し 清原枴童 枴童句集
破れ鐘も霞む類か鳰の海 言水
秋天や飛べざる鳰は水に在り 中島月笠 月笠句集
秋苑に雛よぶ鳰の声透る 西本一都
積みはじむ大藁鳰となるらしき 中田みづほ
空つぽの鳰の浮巣の見えにけり 仲田益子
竹生島へ眼をやり鳰の浮くを待つ 猿橋統流子
筑摩江やたつべをのぞく鳰汝村 俳諧撰集「有磯海」
糸ゆふのちる方見せよ鳰の海 斯波園女
網簗の少し上ミ手に鳰遊ぶ 高濱年尾
緑蔭へ鳰をながせる瀬のきほひ 瀧春一 菜園
群鴨の中より出でゝ鳰となる 石井とし夫
翔ぶことを夢みて鳰の子の潜る つじ加代子
老畫家のけふは妻伴れ鳰の岸 石田あき子 見舞籠
脇僧に似て坐りをり鳰の湖 登四郎
舟やれば鳰の減りつゝ遠ざかる 奈良鹿郎
舟通しふかく入り来て鳰の居り 水原秋櫻子
芭蕉忌の暮れて甘ゆる鳰のこゑ 澄雄
花の幕うしろ向なる鳰の池 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
花眼には見えざる鳰の鳴きにけり 有働 亨
花筏やぶつて鳰の顔のぞく 飴山實(1926-2000)
苗代の水のつゞきや鳰の海 松瀬青々
荒るる潟鳰くつがえり冬日照る 西東三鬼
菊の香に鳰も硯の水添へん 服部嵐雪
菊人形鳰の水輪の幾重にも 田中裕明 花間一壺
菜が咲いて鳰も去りにき我も去る 楸邨
菜の花の匂ひや鳰の磯畑 素牛 俳諧撰集「藤の実」
菜洗ひの去りてひろごる鳰の波 川勝 春
菱畳より貌あげて鳰の子よ 岸風三楼 往来
萍に忍ぶが如く鳰浮けり 鈴木花蓑句集
萍のひらきて閉ぢて鳰くゞる 素十
萱鳰があり粟鳰も稗鳰も 橋本鶏二
葦のひま鳰の浮巣を匿しけり 石川桂郎 四温
薄氷やひとりたのしき鳰 石田波郷
蛇の来る鳰の浮巣ときけば憂し 高浜虚子
蛍火や吹とばされて鳰のやみ 向井去来
蜻蛉や日は入りながら鳰のうみ 惟然
螢火や吹きとばされて鳰のやみ 向井去来(1651-1704)
行き違ひたり鴨の水尾鳰の水尾 行方克巳
行く年の鳰見て登り窯を見て 藤田あけ烏 赤松
見渡して鳰の数ゐる松手入 森 澄雄
親鳰の子に与ふもの水底草 高澤良一 素抱 
蹤いてゆく鳰にあるらし主導権 江川由紀子
身に余るもの水に捨て鳰あそぶ 石川 桂郎
軽重を問はれて鳰の潜りけり 鈴木栄子
追ふ鳰も追はるゝ鳰も潜りけり 猿渡青雨
道の児も鳰も西日の倭文(しとり)村 龍太
道よりも天は淋しき鳰 河原枇杷男 定本烏宙論
遠目きくさびしさ鳰の数もよみ 能村登四郎
遠鳰や語らひ歩く二人づれ 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
都会派の鳰ゐて浮くばかり 真 幸晶
酔うてゐてすとんと酔ふや鳰のこゑ 岡井省二
醤蝦舟に鳰のたそがれ襲ひきぬ 軽部烏帽子 [しどみ]の花
金泥の水の落日鳰くぐる 桂信子 遠い橋
隠沼に鳰ゐて錆びぬ白椿 石川桂郎 高蘆
雨の日のさびしさ知るや鳰 中村汀女
雨降れば雨の白さを鳰浮巣 加古宗也
雪の戸にかぶる葉竹や鳰遠し 雑草 長谷川零餘子
雪を待つばかりの鳰と観世音 橋石 和栲
雪晴や水騒がして交る鳰 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
靄ついて鳰の浮巣を見にゆける 中田剛 珠樹以後
頭勝ちなる鳰の身すぐにくつがへる 橋本多佳子
風の波消えゆき鳰の波残る 内田准思
風浪やとばしりあげて沈む鳰 鈴木花蓑句集
風筋をとほせんばうの鳰浮巣 関戸靖子
鳰(にお)がゐて鳰の海とは昔より 高浜虚子(1874-1959)
鳰、顔を出せばまはりに河骨黄 成瀬桜桃子 風色
鳰あまた北し南し比良の裾 阿波野青畝
鳰いつも目覚めてをりにけり 京極杞陽 くくたち下巻
鳰がゐて川おのづから岐れゆく 山口誓子
鳰がゐて鳰の海とは昔より 高浜虚子
鳰が生む沼の靨のまたひとつ 耕二
鳰くぐり水輪むなしく遊びけり 猿橋統流子
鳰くぐり潜りて地震の神に会ふ 小泉八重子
鳰ちかく湖駅除雪車汚れたり 宮武寒々 朱卓
鳰どりに鴨添ひゐてや寒見舞 岡井省二
鳰どりのかづく蓑なし芦の雨 乙二
鳰どりの川に来てゐるふくさ藁 岡井省二
鳰どりも鴎もこゑの近松忌 森澄雄 空艪
鳰どりや顔見合はせて又はひる 蝶夢
鳰なくや梁にさす夕日かげ 金尾梅の門 古志の歌
鳰にも青空のうれしくて 石田郷子
鳰に跳んでみせたる沼の稚魚 高澤良一 さざなみやっこ 
鳰のいつか二つとなつてゐし 安藤馬城生
鳰のよく潜るさいはひさはにあり 岡井省二
鳰の二羽離るべき刻きて離る 成瀬桜桃子 風色
鳰の仔や花藻の下辺餌に満つや 中村草田男
鳰の前腕組むは思ひ組むごとし 福永 耕二
鳰の声さざ波となり蘆青む 石田 厚子
鳰の声して風除の裏は湖 柏翠
鳰の奥の浮み出けり宵月夜 成美
鳰の子に水は砦でありしかな 河野美奇
鳰の子に淡海の靄のまだ晴れぬ 鷲谷七菜子
鳰の子のおくるるに親泳ぎ寄り 中村汀女
鳰の子のかくもをりしよ*えりの内 竹内留村
鳰の子のくゞる稽古や秋の池 青木月斗
鳰の子のこゑする処暑の淡海かな 森 澄雄
鳰の子のつむりの毳吹かれをり 石嶌岳
鳰の子のひとりあそびをしそめたり 石井とし夫
鳰の子の二羽ゐて水輪絶え間なし 田村恵子
鳰の子の巣よりこぼれて泳ぎだす 高橋悦男
鳰の子の水尾うすうすと擴がらず 岡安仁義
鳰の子の潜り下手なるをかしさよ 宮下翠舟
鳰の子の行手ゆくてに初茜 佐野鬼人
鳰の子の野分の波をかぶりたる 大串章 百鳥 以後
鳰の子や波みんなみへみんなみヘ 橋本榮治 越在
鳰の岸女いよいよあはれなり 石田波郷(1913-69)
鳰の巣に月光波を送りをり 工藤義夫
鳰の巣に波のいたりて舟過ぐる 山下豊水
鳰の巣に田舟の波の余りけり 藤田あけ烏 赤松
鳰の巣のさはりし指に水上る 松藤夏山 夏山句集
鳰の巣の廃りて浮けり蒲のもと 松藤夏山 夏山句集
鳰の巣の揺るさざなみも近江かな 安住 敦
鳰の巣の浮み出けり宵月夜 成美
鳰の巣の湖心の月に背く哉 尾崎紅葉
鳰の巣は鷭の巣よりも暖かし 松藤夏山 夏山句集
鳰の巣や水郷を守る老船頭 岸 信子
鳰の巣や浮きつ沈みつ流されず 菊地万里
鳰の巣や蛍もかりの足やすめ 荊口 俳諧撰集「有磯海」
鳰の巣をさとられまいと草の揺れ 檜 紀代
鳰の描く水尾の白線剛かっし 竹下しづの女句文集 昭和十一年
鳰の春あけぼのの水輪かな 八木林之介 青霞集
鳰の水の青さも婚後なる 大峯あきら
鳰の水尾くれそむる舳に歌妓佇てる 宮武寒々 朱卓
鳰の水尾浮巣へもどるまつしぐら 大竹きみ江
鳰の水暮れゆく根深きざみけり 金尾梅の門 古志の歌
鳰の水脈消え一枚に森の影 宮津昭彦
鳰の水遠煙突の影を置く 佐野美智
鳰の浮ききし方の暮れてをり 館岡沙緻
鳰の浮くべき方を心待ち 岸風三樓
鳰の浮巣へ日も腰かがめ母の相 磯貝碧蹄館 握手
鳰の海紅梅の咲く渚より 森澄雄 鯉素
鳰の着水光るよ椅子へ出勤す 香西照雄 対話
鳰の笛ありたるところまで歩く 武石花汀
鳰の笛湖北の旅のはじまりし 井上 たか女
鳰の笛風のつらしと韻きけり 比奈夫
鳰の親として目の前で消えて見す 吉岡翠生
鳰の頸伸びしと見しが潜りけり 高浜虚子
鳰は潜水精進吾は句精進 高澤良一 鳩信 
鳰ひそむ気配どこかに浮巣見る 石井とし夫
鳰ひとつ消えて冬田の夜が来たる 楸邨
鳰ひとりぼつちの水輪描き 西村和子 かりそめならず
鳰も居りわが初だより淡海より 澄雄
鳰を見てなぐさめられてゐたりけり 石井とし夫
鳰を見てまた歩き出す風の中 塚本久子
鳰を見て他にもひとり女佇つ 萩原麦草 麦嵐
鳰を見て浦の郵便局のひと 木村蕪城 寒泉
鳰二つ対ひあひゐてなくなりぬ 後藤夜半 翠黛
鳰人をしづかに湖の町 森澄雄 浮鴎
鳰人を面白さうに見る 高澤良一 随笑 
鳰入(かいつぶり)人をしづかに湖の町 森澄雄
鳰円山川の緩流に 京極杞陽
鳰吹かるる岸の曠野なり 斎藤玄
鳰啼いて畝傍の町の昃りぬ 下村槐太 天涯
鳰啼けばゆふぐれ水のみだれのみ 斎藤空華 空華句集
鳰啼けり近江どの田も燻すとき 飴山實
鳰啼ける湖見てをれば火の恋し 椎橋清翠
鳰引佐郡引佐を潜りけり 峠 素子
鳰残す波紋に倦くよ死者忘れ 香西照雄 素心
鳰水凹ませて浮き出でし 小川軽舟
鳰沈みひとりひろがりゐる水輪 石井とし夫
鳰沈みわれも何かを失ひし 中村汀女
鳰沈み水は一枚板となる 森田峠
鳰流れゆき八重桜流れゆき 岸本尚毅 鶏頭
鳰浮きあはせたる波路かな 軽部烏帽子 [しどみ]の花
鳰浮きては人に遠ざかり 三浦みち子
鳰浮くと即座に寒風襲ひたる 関森勝夫
鳰浮くや湖光の鏡こなごなに 関 典子
鳰浮くを見届けざれば夜も思ふ 岡本眸
鳰浮巣鯉しろ~とくゞり去る 佐野青陽人 天の川
鳰消えておぼろの水となりにけり 町田しげき
鳰潜きあとの無音に山眠る 野見山ひふみ
鳰潜き水輪途方に暮れてあり 関森勝夫
鳰潜くたびに湖国の暮れゆけり 山下千代子
鳰潜るしばらく水に透けてゐし 鈴木貞雄
鳰潜るたびに暮れゆく鳰の海 滝野三枝子
鳰葭に集りぬ湖暮るる 中村汀女
鳰見てゐるは母子その他は恋人達 鈴木栄子
鳰見てをり家人に行方晦まして 安住 敦
鳰見むと秋の簾を上げにけり 辻桃子
鳰親子芦出てひかる声のあと 猪俣千代子 堆 朱
鳰載せてけはしき水となり初めつ 竹下しづの女 [はやて]
鳰遠く花浮く水があるばかり 桂信子 花寂び 以後
鳰顔を洗ひに潜きけり 山崎十死生
鳰鳥が潜き鴉がこれを見る 相生垣瓜人
鳰鳥に仕科似てくる寒釣師 能村登四郎 幻山水
鳰鳥のこゑにつのれる牡丹雪 根岸善雄
鳰鳥の息のながさよ櫨紅葉 誓子
鳰鳥も蘆刈る人も風の中 黄枝
鳰鳥や池の底より大あぶく 橋本榮治 逆旅
鳰鳴いて鳰鳴いて湖暮れんとす 大橋敦子
鳰鳴きて闇ことごとく鳰の湖 殿村莵絲子
鳰鳴くや夕ベは花の寒けきに 林原耒井 蜩
鳰鳴くや春著の鈴も夕急ぎ 香西照雄 対話
鳰鳴くや落葉踏みくる茶の帽子 鷹女
鳴きつれてしばらく鳰の馳せかひぬ 比叡 野村泊月
鳴き交しゐて鳰は鳰鴨は鴨 三村純也
鴨がゐて鳰がゐて池なつかしき 藤松遊子
鴨の崖鳰ははなれてくゞりける 及川 貞
鴨ゐると鳰ゐると月澄みにけり 行方克巳
鴨宿の裏あらはなり鳰 中井余花朗
鶏のあつまり鳰もあつまりて 岸本尚毅 舜
黒点のふえし太陽鳰の上 藤田湘子
かいつぶりいくど引きこむ空の紺 武川一夫
かいつぶりさびしき波の日向かな 櫛原希伊子
かいつぶりさびしくなればくゞりけり 草城
かいつぶりさみしき数のまま暮れし ながさく清江
かいつぶりつづき潜ぎてつづき出づ 喬人
かいつぶりに女のなげし石とべり 銀漢 吉岡禅寺洞
かいつぶりふいと潜れば何もなし何もなしとぞ水の輪が浮く 安永蕗子
かいつぶりほどの愛嬌なくもがな 片山由美子 水精 以後
かいつぶりもつとも日射し強き辺に 棚山波朗
かいつぶり人は夕映着て帰る 林翔
かいつぶり啼きしか汐木きしみしか 成田智世子
かいつぶり女のなげし石とべり 銀漢 吉岡禪寺洞
かいつぶり山をのぞきにくぐりけり 矢島渚男 梟
かいつぶり思はぬ方に浮て出る 正岡子規
かいつぶり未明のこゑは咲くやうに 中田剛 珠樹
かいつぶり波郷忌過ぎし淡海にて 鈴木しげを
かいつぶり浮び昔のまゝの沼 加地北山
かいつぶり浮出る迄見て過る 暁台
かいつぶり浮寐のひまもなかりけり 正岡子規
かいつぶり潜き光輪のこしけり 高崎菁枝
かいつぶり潜けば湖の窪みけり 加古宗也
かいつぶり潜けるを見て壮ならず 高澤良一 燕音 
かいつぶり潜りしあとの霞かな 鷲谷七菜子
かいつぶり潜り出でたる比良面 高澤良一 燕音 
かいつぶり潜り居る間も照り昃り 清水忠彦
かいつぶり硝子の沓を宙に見す 磯貝碧蹄館
かいつぶり素潜り芸の荒削り 高澤良一 随笑 
かいつぶり許して湖のくすぐつたし 櫂未知子 蒙古斑
かいつぶり鉄砧しばし火の雫 子郷
かいつぶり雨が嫌ひでまた潜る 飯田 直
かいつぶり首うごかせば進みけり 遠藤睦子
かいつむりひかりとなつて浮びたる 石井とし夫
かいつむりみな潜りたり人も去る 大野林火
かいつむり何忘ぜむとして潜るや 安住敦
かいつむり沈むたび日を傾かす 成瀬桜桃子 風色
かいつむり浮くたび遠くなつてゆく 石井とし夫
かいつむり焚火たひらになりにけり 岡井省二
かりそめの水輪の中のかいつぶり 倉田絋文
せはしなく息長く汝かいつぶり 中村明子
どの岸に佇ちても遠しかいつむり 榎本冬一郎 眼光
にほどりを見てゐる親子遍路かな 岸 風三楼
ウオッチングの目を弄ぶかいつぶり 宮田俊子
人の手に水晶の数珠かいつぶり 磯貝碧蹄館
今日の日が林に終るかいつぶり 有働亨 汐路
東京の暮色を好むかいつぶり 橋本修
比良晴れて花に浮身のかいつぶり 矢島渚男 天衣
淡海いまも信心の国かいつむり 澄雄
親と子の一つの水輪かいつぶり 瀬戸十字
雪山はゆつくり霞むかいつむり 岡井省二
頻波のかがやきに出てかいつむり 阿波野青畝
飛ぶ雪に鋼の光かいつぶり 金箱戈止夫
練達の士なり堅田のにほ鳥は  高澤良一  燕音
覚め際のこゑ一つしてかいつぶり  高澤良一  燕音
水破る音も夕づくかいつぶり  高澤良一  燕音

以上
by 575fudemakase | 2014-12-13 00:40 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23355717
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37
空蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:25

外部リンク

記事ランキング