都鳥

都鳥

例句を挙げる。

いざのぼれ嵯峨の鮎食ひに都鳥 貞室
かよひ路のわが橋いくつ都鳥 黒田杏子 木の椅子
くろがねの橋も幾重や都鳥 石塚友二
こと問はん阿蘭陀広き都鳥 西鶴
さくら餅の籠を流して都鳥 長谷川かな女 花寂び
その昔膳所で越年都鳥 高澤良一 燕音 
まねき揚げ手締へ舞へる都鳥 田中英子
めぐりては水にをさまる百合鴎 石田郷子
わが波の一つ一つに都鳥 中村汀女
シベリアの田舎より来て都鳥 片岡青苑
マスクかけ暫く都鳥を見る 深川正一郎
万噸の錨鎖に憩ふ都鳥 道川虹洋
万歳は今も烏帽子ぞ都鳥 正岡子規
両翼を広げて暗し都鳥 藤本美和子
亀清に昼の客あり都鳥 三宅清三郎
何もかも曇つてしまひ都鳥 久保田万太郎 草の丈
古き名の一料亭や都鳥 阿波野青畝
名城に羽根休ませて都鳥 上西啓三
喰ふときの翼を立てて百合鴎 依光陽子
土手に佇ち都鳥見る役者かな 大橋越央子
塩にしてもいざことづてん都鳥 芭蕉
声も立てず野分の朝の都鳥 闌更
夕暮の水にもどりし百合鴎 藤澤美代
大川にゆかりはひとり都鳥 中村汀女
大正で変りたる世や都鳥 京極杞陽
寄り添つて波を忘れし都鳥 福永みち子
富士見ゆる日和となりぬ都鳥 皆川盤水
対岸は靄の深川都鳥 安田孔甫
嵯峩寒しいざ先くだれ都鳥 蕪村 冬之部 ■ 泰里が東武に歸を送る
川の面にこころ遊びて都鳥 高濱虚子
川幅が空を拡げて都鳥 稲畑廣太郎
川船に別れはありぬ都鳥 深川正一郎
川見ゆる二階住居や都鳥 大木さつき
帰る舟ゆく舟都鳥さんさ 星野立子
御降や嘴を抱ける都鳥 増田龍雨 龍雨句集
思ひ出はなほはるかなる都鳥 川口咲子
我舟におもて合せよ都どり 高井几董
扨あかき娘の足袋や都どり 黒柳召波 春泥句集
放浪の胸ゆたかなる百合鴎 原田喬
料亭に今歩む我都鳥 上野泰 春潮
明らかに高きに飛べり都鳥 池上浩山人
明治座の幟は赤し都鳥 内田ゆたか
昔男ありけりわれ等都鳥 富安風生(1885-1979)
昭和夢見し少年倶楽都鳥渡る 高橋康菴
時化来るや内濠を打つ都鳥 内田百間
晩節や大浪に乗り都鳥 高澤良一 鳩信 
曳かれ行く筏の上の都鳥 宇野直治
書き捨つる一句都鳥の句なり 山口青邨
木場堀に都鳥来ることありと 高浜年尾
橋向うがたと淋しく都鳥 中村汀女
橋越へて水もしたたる都鳥 高澤良一 鳩信 
母を亡くし友ここに住み都鳥 深見けん二
水はやき宇治の瀬波や都鳥 鳥羽とほる
水呑んでよろめく鳥は百合鴎 岩田由美
水神の森を遠くに都鳥 福田寿堂
波がしら一つにひとつ都鳥 高本莫
泣き伏せる狂女に都鳥飛ぶも 池内友次郎
浮名とは明治の言葉都鳥 矢津 羨魚
煤けたる都鳥とぶ隅田川 高濱虚子
物干に女出て来て都鳥 松本たかし
百丈の帯を解きたる百合鴎 古賀まり子
百合鴎ちりぢりに恋きれぎれに 仙田洋子 雲は王冠
百合鴎少年をさし出しにゆく 飯島晴子
百合鴎東京に空失ひて 千代田葛彦 旅人木
百合鴎浜より翔ちて伊勢の方 高澤良一 鳩信 
百合鴎灰色に河口曇りゐたり 長谷川かな女 花寂び
百合鴎舞へる夜明けや復活祭 古賀まり子
百合鴎道中は手を愛しめる 宇多喜代子
秋水に浮べる紙の都鳥 阿部みどり女
窓にとぶ都鳥あり筆始 桜坡子
紅梅と都鳥とは似合はしや 京極杞陽 くくたち下巻
耀ひにつつまれ中洲の都鳥 加藤知子
船過ぎし後に数増す都鳥 白木サダ子
菜つ葉服マストに干され都鳥 北野民夫
落第やひとつ泛いてる都鳥 龍岡晋
蝶ネクタイ外してをりぬ都鳥 黒田咲子
言問に住みしは昔都鳥 鷲巣ふじ子
遅れ翔つ一羽だになし都鳥 西村和子 かりそめならず
遊学の頃はよく見つ都鳥 森田峠 三角屋根
都鳥あそぶ川舟にも国旗 加倉井秋を 『胡桃』
都鳥かがやき下りる芥かな 深川正一郎
都鳥とらへし波に浮びけり 中村汀女
都鳥とんで一字を画きけり 高浜虚子
都鳥なつかしきことをいかんせん 京極杞陽
都鳥より白きものなにもなし 山口青邨
都鳥ゐる水につゞく厨かな 久米正雄 返り花
都鳥を染めし暖簾や冬木茶屋 雑草 長谷川零餘子
都鳥下町まつる神多く 有馬籌子
都鳥二三羽とべる焚火かな 清原枴童 枴童句集
都鳥今も跳ねをる勝鬨橋 高澤良一 鳩信 
都鳥名所佃の渡し無く 長谷川かな女 花寂び
都鳥吹かれ来にけり花川戸 野村万蔵
都鳥囀つて曰く船頭どの 正岡子規
都鳥昭和の白のながれゆく 津根元潮
都鳥時折紅蓮見せにけり 日原傳
都鳥正座の足をして舞へり 大石雄鬼
都鳥水汚れたる世となりし 岡安仁義
都鳥汚れし電車橋渡る 長谷川浪々子
都鳥汝も赤きもの欲るや 山口青邨
都鳥漂ふ波に情あり 森田桃村
都鳥父亡き我に高く飛ぶ 深見けん二
都鳥狂女のあはれ今もあり 池内友次郎 結婚まで
都鳥空は昔の隅田川 福田蓼汀 山火
都鳥群れしんがりを船の来る 安藤綾子
都鳥群れ何ごとも無きごとく 京極杞陽 くくたち下巻
都鳥舞ふや子恋の句碑の辺に 佐藤いね子
都鳥近くに遊ぶ謡ぞめ 深川正一郎
都鳥都は汚れゆくばかり 湯浅桃邑
都鳥都を分つ水ひろ~ 阿波野青畝
都鳥飛び交ふ猫間障子かな 京極杞陽 くくたち下巻
都鳥飛んで一字を画きけり 高浜虚子
都鳥高しや朝の日に向くは 岸風三樓
長き橋渡りて風の都鳥 鵜川 易子
雨が霙に変つて都鳥流るる 長谷川かな女 花寂び
雪の日の隅田は青し都鳥 正岡子規
飛んでゐても浮いても都鳥眩し 小林敏朗
鬘屋のウインド小振や都鳥 北野民夫
その昔膳所で越年都鳥  高澤良一  燕音
浮寝とはゆかざる鳥羽のゆりかもめ  高澤良一  燕音
ゆりかもめ女(め)顔をすいと寄せてくる  高澤良一  燕音
下積みのあくせく知らぬ都鳥  高澤良一  素抱

以上
by 575fudemakase | 2014-12-13 00:42 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23355724
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング