例句を挙げる。

あしたより学舎の大炉ゆたかなる 石橋辰之助 山暦
あひつれて煤躍りそめ炉火おこる 青畝
いちにちのたつのがおそい炉をかこむ 長谷川素逝
いつの間に亥の子の炉辺の蠅交る 長谷川かな女 牡 丹
いつまでもさめぬほとぼり焙炉端 入倉愛子
いとどしき猟夫の狐臭炉のほとり 山口誓子
いろいろのものに躓き炉火明り 高野素十
うから寄りけんちん汁の炉を囲む 高野彩里
うたた寝をつなぎ炉明りたのしめり 宮津昭彦
うたゝ寝も嫁来るまでと炉辺の母 斎藤双風
おもかげや炉の灰白く崩れ落つ 内藤吐天 鳴海抄
かつこうや一炉空しき青畳 碧雲居句集 大谷碧雲居
かひば煮る炉火とろとろと鳴くちゝろ 瀧澤伊代次
かみこきて寄ればいろり(囲炉裡)のはしり炭 内藤丈草
きさらぎの捨てて火ばしる炉灰かな 西島麦南 人音
この娘恋ふとにあらねども炉辺たのし 木村蕪城 一位
この家の厨に近く大炉あり 上村占魚 球磨
この里の西郷話炉辺の冬 楠目橙黄子 橙圃
さいはてや犬猫の来て一つ炉火 中山純子 沙 羅以後
さび鮎やぶちまけて炉に炭足せり 石川桂郎 高蘆
さび鮎を焼く一燈の炉端かな 石川桂郎 高蘆
さりげなく浄土のことも炉辺話 赤谷ちか子
しぐるるや脚折鍋を炉にかけて 白雄
しぐるゝや乾かぬ飯笥炉にあぶる 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
しぐるゝや柱をのぼる炉火明り 金尾梅の門 古志の歌
しぐるゝや脚折鐺を炉にかけて 加舎白雄
たね芋の芽を出してゐる炉端かな 橋本鶏二 年輪
たまきはる生きの炉明り末枯るゝ 林原耒井 蜩
だるま炉やこけしに走る轆轤筆 石川桂郎 高蘆
ちちははや炉火あかあかとぢぢばばよ 静塔
つくづくと炉にかざし見る病後の手 西山泊雲 泊雲
つねの炉の冬に入るさま焔立ちけり 松村蒼石 雪
とどまらぬ齢のなかの炉のあかり 木附沢麦青
どの家も新米積みて炉火燃えて 高野素十
どび六や炉の火に焦げる柱の根 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
ながかりし旅の主を炉に囲み 橋本鶏二 年輪
なまはげのどかと去りたる囲炉裡かな 磯貝碧蹄館
はるさむく医家の炉による奥の旅 飯田蛇笏 雪峡
ひとよさの山の囲炉裡も紅葉狩 福田蓼汀 山火
ひと死して小説了る炉の胡桃 橋本多佳子
ふるさとの雪に我ある大炉かな 飯田蛇笏(1885-1962)
ぶな・いたや炉に静けしやまくれなゐ 林原耒井 蜩
ぶな・いたや芽吹くべかりき炉に燃ゆる 林原耒井 蜩
ほこほことふみて夜永き炉灰かな 飯田蛇笏 山廬集
またい征く吾子よ炉辺に夜を惜しむ 及川貞 榧の實
みちのくの夜のたのしさ炉にあれば 岸風三楼 往来
むしり羽のまひつつ鳥屋の炉火さかん 木村蕪城 一位
もろの手の茶も炉けむりの匂ふなり 山口草堂
やまびとの大炉ひかへぬ花の月 飯田蛇笏 山廬集
よそびととうとまるる身を除夜の炉に 木村蕪城 一位
わがことに及ぶ炉話笑ひ聞き 高濱年尾 年尾句集
をりしともなく鳥屋の炉にをられけり 新井ひろし
コキリコを唄ひ健在炉の主 清水諄子
コスモスの枯るゝ雨音夜の炉に 長谷川かな女 雨 月
スキー帽脱ぎ捨てに炉を囲みけり 岡田 貞峰
ストーブを取る日来にけり炉砂売 福原雨之
マスクして藪騒ぐ聴ゆ囲炉裡ばた 萩原麦草 麦嵐
マッチの軸散りをり昼の炉は淋し 高濱年尾 年尾句集
ランプを吊り別の明かさの炉火燃やす 平井さち子 紅き栞
一つかみづつ炉にくべるもみぢ哉 正岡子規
一尾の山女魚を獲たる炉火おこす 木村蕪城 一位
一年に一度横川の炉に会す 久米幸叢
七草の粥煮ゆる間の炉の火色 井上雪
三月炉藤村生地の日の丸さ 友岡子郷 遠方
主の声炉辺へ出てくる戸の重さ 草田男
乳倉の子撫でゝ炉辺の客となる 中田みづほ
二つ炉の上炉火を入れ客迎ふ 八牧美喜子
二日の炉松笠黒う燃え了る 萩原麦草 麦嵐
二日はやあふるゝ客の我が家の炉 穴井 梨影女
亥の子餅炉の間の広き飛騨の家 古田 清
亭に炉があり暮るゝまでそこに居て 高濱年尾 年尾句集
人のうしろにゐて炉火の舌やはらかし 木下夕爾
人のみな帰りしあとの炉火明り 佐野美智
人馬来ずなりし山炉も日を経たり 林原耒井 蜩
今出でし炉火想ひ行く枯野哉 西山泊雲 泊雲句集
今宵炉に桜生木も火となりぬ 吉田汀史
今年又延命院の炉辺の座に 星野立子
今日の旅明日の旅を炉に語る 岩垣子鹿
仏壇の中も茶ぼこり焙炉どき 大森積翠
佐渡なまり越後なまりの炉に参ず 山内年日子
何待つとなきいちにちの炉が鳴いて 林原耒井 蜩
侘に絶て一炉の散茶気味ふかし 榎本其角
信にのみ生きて深皺炉を守る 林翔 和紙
俳諧の炉火絶やさずに守れよと師 村松紅花
僧あまた炉辺に眠れる涅槃通夜 森白象
僧の声洩るる空海忌の炉端 田中菅子
僧死してのこりたるもの一炉かな 高野素十
光太郎の如く茂吉のごとく炉火みつめ 上田五千石 琥珀
八つどきの炉火のちらつく花茶かな 芝不器男
八方を睨みて炉辺の父怖し 橋本鶏二 年輪
冬に入る炉につみ焚くや古草鞋 飯田蛇笏 山廬集
出土せし五十九炉や風薫る 西本一都 景色
分け入りて炉話を聞く子供かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
初冬の炉櫨の実買ひのおとなひぬ 西島麦南 人音
初釜の炉に太き炭一文字 佐野美智
初鶏や庫裡の大炉の火明りに 臼田亞浪 定本亜浪句集
力粥炊く炉か雨に竃馬跳ね 河野南畦 湖の森
加熱炉の照りのゆらめく青き踏む 加藤知世子 黄 炎
医者の前口中に炉火てらてらす 龍太
午の炉火うら~と四方の雪とくる 金尾梅の門 古志の歌
午の鶏きこゆ炉辺に師弟あり 柴田白葉女 花寂び 以後
去れといふ目にうなづきて炉辺をたつ 竹下陶子
古暦少しくこげて炉辺にあり 清原枴童
古里の大炉を守りて母達者 後藤鬼橋
叱られてゐる猫ゆゑに炉辺をかし 汀女
各戸一炉出水に映る灯もありて 堀 葦男
吊し柿一つはづして炉にもどる 大橋櫻坡子 雨月
同門や炉火にこがせる肉の端 石川桂郎 四温
君と我炉に手をかへすしかなかれ 其角
吹き入りし紅葉も鳥屋の炉に燃ゆる 大橋越央子
吹抜けに遊ぶ炉煙脇本陣 羽部洞然
団交の静寂だん炉のよく燃えて 鈴木精一郎
囲むには充たねど男炉に睦ぶ 望月たかし
囲炉裡火や雪の牡丹に客ありて 谷嶋澪子
園丁の炉火を確め勤務終ふ 河村良太郎
堂守の穀雨に焚ける炉のほとり 黒田杏子 花下草上
堂押衆草鞋のままに炉へ座る 森 重夫
塵一つ許さぬ炉辺の和尚かな 森永杉洞
塵焼炉火中を通るぎすの声 百合山羽公 寒雁
壮んなりし歳月遠し炉火赤し 近藤一鴻
夕冷えの炉明りに宇野浩二伝 飯田龍太 山の木
夕立の晴行かたや揚灯炉 炭 太祇 太祇句選
夜なべの座去年も今年も炉を囲み 田中冬二 俳句拾遺
夜の炉に僧のたしなむ生姜酒 岡安迷子
夜を放つ稲妻野より炉辺冷ゆる 石橋辰之助 山暦
夜更しもいつか馴れたる我炉かな 高濱年尾 年尾句集
夜鷹鳴き炉に香りたつ朴葉味噌 松本 幹雄
夢ありき炉の白樺の美き炎あげし 内藤吐天 鳴海抄
大き炉に応への言葉煮つめをり 吉野義子
大土間に日がな炉火焚く酢茎宿 中田余瓶
大年の空かきくらし鎔鉱炉 関圭草
大服や囲炉裡に席を作りつつ 芦 口
大根の煮ゆる間の炉火みつめをり 文挟夫佐恵 雨 月
大榾にかくれし炉火に手をかざす 前田普羅 飛騨紬
大炉燃えて山中の家城の如し 清原枴童 枴童句集
大炉燃え鮎掛衆のゐて騒ぐ 木村蕪城 寒泉
大露や炉辺に仰ぐ夜の山 金尾梅の門 古志の歌
天に近く短夜の炉を焚く一人 斎藤空華 空華句集
太鼓にて培炉を返す葉撰りかな 史邦 芭蕉庵小文庫
夾竹桃挿して炉の釜たぎるなり 松村蒼石 雁
奥祖谷の旅籠炉端の薬喰ひ 日守むめ
奥飛騨の端午や炉火をもてなさる 勝山 耕南
如月の凭る手炉ぬくき旅泊かな 飯田蛇笏 山廬集
妻の留守知つて友来る炉辺かな 島谷王土星
妻病めば子等おとなしく父と炉に 田上一蕉子
姥捨てに似て泣きに来る寺の炉辺 八牧美喜子
子と炉辺に桜咲く日の話など 野見山ひふみ
子も挽きし麦挽き終へて炉火落とす 石橋辰之助 山暦
子を抱いて片手に炉火を育てをり 滝沢鶯衣
子を連れて母の炉にあり山ざくら 松村蒼石 雪
子等寄りて昼餉を炉火にあたゝむる 石橋辰之助 山暦
宣戦やよろこび泣ける炉辺翁 河野静雲
宮殿炉なり女御更衣も猫の声 山口素堂
家の人寝に炉ばなしの人らまだ 長谷川素逝 村
家毎に焙炉の匂ふ狭山かな 高浜虚子
宿の子と鶫焼く炉をかこみつゝ 石橋辰之助 山暦
宿の炉に出支度遅き女待つ 木全篝火
宿院の世に古る炉辺の飾りかな 飯田蛇笏 山廬集
寒天小屋土間のくぼみを炉としたり 村上冬燕
寝を誘ふ子もなし炉火をくれなゐに 神尾久美子 桐の木
寝寒しと炉火つぐ吾れに虫更けぬ 乙字俳句集 大須賀乙字
寺の炉の夜話に避寒の客のあり 喜谷六花
小鮒焼く炉のかんばしく煙りけり 西島麦南 人音
小鳥来る嘉門次小屋の炉辺かな 西本一都 景色
居眠つてゐしが炉話知つてをり 藤村うらら
山の炉に独りの酒をあたゝむる 岡安迷子
山の鳩吹き鳴かす人や炉のほとり 菅原師竹句集
山を売る煙草火を炉に深く挿し 小林波禮
山ン姥を射て来て炉辺に睡りけり 飯田蛇笏 霊芝
山人の蓬莱の間にある炉かな 癖三酔
山住みの五平・炉話でかいこと 加藤耕子
山大炉逢魔ケ時を燃えにけり 清原枴童 枴童句集
山宿は膝みな立てて炉の早き 桂樟蹊子
山寺の大炉の蓋や麦埃 西山泊雲 泊雲句集
山羊の乳大炉に煮たり雪祭 中島花楠
山青く晩涼の炉の燃えにけり 福田蓼汀 山火
山靴や炉を遠まきの深眠り 小宅容義
山靴を脱ぐ背に炉火の燃えさかる 越智貴美子
岳人の寝息さだまる炉火太し 岡田 貞峰
峠まで送るつもりの炉火を埋め 長尾あき子
峰入の貸提灯を炉辺につみ 本田一杉
巣燕を誰もゐぬ炉の火が照らす 西村公鳳
市振は魚臭の炉辺に玉娘 宮武寒々 朱卓
師なき炉にいま淋しさを分ち合ふ 坂本とみ子
帰廬の雨語りもならず炉火による 飯田蛇笏 椿花集
干網に炉火が透けゐて祝ひごと 木村蕪城 寒泉
年取が済みて炬燵に炉に集ひ 高野素十
年新た三百年の炉が焚かれ 山本一糸
年越ゆる眼のごとし炉の埋火は 加藤知世子 花 季
年迎ふ炉を真四角に均しけり 成田千空 地霊
幾度も鍋が替りて榾炉燃ゆ 大森積翠
庭炉焚きつぎて会陽の世話方衆 上田土筆坊
彫金の花鳥ぬくもる手炉たまふ 皆吉爽雨
往診と云へば山家や炉火燃ゆる 酒井黙禅
御仏の炉辺に在はす桔梗花 阿部みどり女 笹鳴
御住持の炉ばたに話すもの静か 中村吉右衛門
心中しそこねたはなし炉ばなし 人間を彫る 大橋裸木
思ひ出し笑ひをしては炉灰掻く 辻桃子
憂きことにかゝはるまじと炉に在れど 高岡智照
憎まれてながらふる人冬の蝿 其角 (寒蝿炉をめぐる)
懐石の炉に六月の天城かな 山口都茂女
我れ一人去る炉框の帽握り 遠入たつみ
戸襖に炉火てらてらと梅の宿 木村蕪城 一位
戸隠の神の炉に焼く岩魚かな 宮下翠舟
手をのせて手炉とは心利きしもの 中田はな
手炉の火も消えぬお経もここらにて 森白象
手炉撫でゝ山の嵐をきゝにけり 宇田零雨
手炉膝に宿の昔を語らるる 今井つる女
折柴の猶細かれや炉のけぶり 乙二
拭きこみし板の間を這ふ炉火明り 上村占魚 球磨
持ち寄りしもの炉話もその一つ 後藤夜半 底紅
持寄りしもの炉話もその一つ 後藤夜半
捨頭巾置かれしまゝに炉辺にあり 小幡幽荘子
掃立やひんやりと炉の黒框 荒井正隆
掛乞に炉火燃えてあり山は雪 青峰集 島田青峰
掻き立つる人もあかるし狩屋の炉 前田普羅 能登蒼し
料峭と炉に焚く煙衣にしむ 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
斧の刃にうつる地炉の火松飾る 早崎 明
旅の飲食靴ごと炉火に温まり 清子
早発ちの炉辺に吹き入る山の霧 木村蕪城 一位
易きことより片付くる足炉かな 中村君沙
昔の夜のごと夜咄の炉をかこむ 佐野美智
昼席の燻る手炉膝に抱き 戸塚黒猫子
昼燈をかゝげ夜炉を擁す安居かな 乙字俳句集 大須賀乙字
昼鳴く虫炉辺より離れがたくゐぬ 石橋辰之助 山暦
時雨るゝや古き軒端の唐辛 炉柴 古句を観る(柴田宵曲)
暁けきらぬ暗さの鳥屋の炉辺にあり 清崎敏郎
曲家の火伏の神も炉火埃 稲畑汀子
曲屋の炉あかりに立つ影法師 木村里風子
更けし夜のがくりと炉火の衰ふる 藤井松代
月までの闇を鉱炉の炎が焦がす 木村里風子
末枯や地鳴りしづかに電解炉 有働亨 汐路
本を読む子にランプより炉火明り 阿部みどり女
杣病めり*かんじきを炉に吊りしまま 東 天紅
松ゆれて炉辺の心もうごくなり 佐野良太 樫
染糸を炉上にほすや冬の雨 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
柴燻べて山の炉くらき土用かな 石原舟月 山鵲
栗焼くと炉中のを拡げけり 西山泊雲 泊雲句集
梅さかばおもへ炉に手を交へしを 成美
梅に宿る炉火ひたすらに焚きつぎて 木村蕪城 一位
梅の香や炉にのびきつて自在鉤 大熊輝一 土の香
梅見舟涼炉煽りて散る火かな 野村喜舟 小石川
梟鳴く夜や炉火細く夫を待つ 原山 はね子
森番がひとり炉を焚き聖夜なり 黒木 野雨
楮の節拾ふ膝炉を襤褸くるみ 西本一都 景色
極道の祖父に炉話とびにけり 茨木和生 往馬
楽屋炉に坐りて声を馴らしをり 寿々木米若
榾火欲し椎葉振りなる炉のほとり 桂樟蹊子
樺太の話をきくも炉辺にして 高木晴子 晴居
檐燕覗く炉棚に刻む「時」 林原耒井 蜩
櫛造るうしろに暗き炉の間かな 木村蕪城 一位
死を遁れミルクは甘し炉はぬくし 橋本多佳子
残り餅焼く三月のくらき炉火 能村登四郎
母がゐてその母がゐて炉火熾ん つじ加代子
母代り濡手炉の火に間々映えて 香西照雄 対話
母子草咲く登呂人の炉址かも 岡田貞峰
民宿の炉邉の暗さに馴るゝまで 西沢さち女
気やすさの炉火をながむる侘居かな 飯田蛇笏 山廬集
水澄むと炉げむり空へ抜けにけり 宇佐美魚目 天地存問
沖荒れを見にゆきて炉に戻り来ず 茨木和生 往馬
河豚鍋や炉にかたむきて地獄変 野村喜舟 小石川
沸々と炉中の音や夜半の冬 乙字俳句集 大須賀乙字
泊りたる祖谷の八十八夜の炉 藤岡あき
法を説くしづかに手炉に手を重ね 森白象
浜田庄司坐せし大炉や焚かである 辻桃子
海荒るる漁家のすが漏り炉の上に 加藤憲曠
海陸を走せ続け来て炉火に坐す 右城暮石 上下
海鼠突舟炉煙らせつゝ漁る 徳永玄子
淋しさに炉箒使う胎の姉 西川徹郎 死亡の塔
渋鮎を焼く入口の炉をまたぐ 前田普羅 新訂普羅句集
渓音や炉にゐて背の頼みなき 桂樟蹊子
渡り漁夫みな寝て炉の火いきいきと 山田緑光
渡岸寺の一炉ほどなる曼珠沙華 吉田紫乃
湖をむく旅人に炉火は傾けり 宮武寒々 朱卓
湯をいでてわれに血めぐる囲炉裡かな 飯田蛇笏 山廬集
湯治客炉辺に加はり兎汁 松尾緑富
漁衣解けば砂のこぼるゝ夜の炉かな 金尾梅の門 古志の歌
漬物甕整然と炉火燦然と 加藤知世子 花寂び
火なき手炉に酔ひし頬よせし時鳥 雑草 長谷川零餘子
火なき炉の辺に法螺貝と糸車 北野民夫
火の花を咲かす涅槃の大炉かな 影島智子
火を育て炉主ぶりも一寸楽し 高木晴子 花 季
火消壷炉によせて蓋とりし口 河野静雲 閻魔
火箸もて三十棒の眞似を炉に 高野素十
火葬の炉鎖せり冬田を前にして 榎本冬一郎 眼光
灯を消せば炉に火色あり後の月 小杉余子
炉あかりにちらかるものをかたづけて 橋本鶏二 年輪
炉あかりのとどくところに山暦 吉田紫乃
炉がたりも気のおとろふる三日かな 飯田蛇笏 山廬集
炉がなくて炉話亡ぶ夜の雪 八牧美喜子
炉が燃えて代々馬も一つ屋根 近藤一鴻
炉が鳴いてわが頤とがる夜長かな 林原耒井 蜩
炉が鳴けど心老いにし筆枯れぬ 林原耒井 蜩
炉けむりのいづる小窓へ訪へり 安東次男 裏山
炉げむりの家はなれぬを雨意といふ 宇佐美魚目 天地存問
炉ごもりのこころ満たざる雪起し 森 澄雄
炉にあたる僧の双手のふくよかに 橋本鶏二 年輪
炉にあつき脛又うつや厭きごこち 飯田蛇笏 山廬集
炉にあれば腹にこたへぬ鰤起し 森澄雄
炉におちしちちろをすくふもろ手かな 飯田蛇笏 山廬集
炉にかざす指の反りにも齢かな 八染藍子
炉ににゆる粥にひ杓や梅の宿 橋本鶏二 年輪
炉にはたく印前だれ夜なべずみ 西山泊雲 泊雲
炉にひとりこころ足るまで紙燃やす 目迫秩父
炉にもどり岳の饗宴胸を占む 大島民郎
炉によつて連山あかし橇の酔 飯田蛇笏 霊芝
炉によりて沙彌も手かざす時鳥 岸風三楼 往来
炉にゐるや別の己れが北風を行き 松崎鉄之介
炉に一夜峠で別れ後知らず 福田蓼汀
炉に寄れば家霊は梁にきたりけり 石原八束
炉に投ず生木燃えはぜ冬苺 中村汀女
炉に招じ小屋のどぶろく出して来る 小原菁々子
炉に挿して酒あたためぬ颱風裡 内藤吐天 鳴海抄
炉に深く火箸つきさし風を言ふ 佐野美智
炉に火屑 天に星屑 ネパール更け 伊丹三樹彦 写俳集
炉に炭を組むなり文字を書くごとく 伊藤敬子
炉に焦がす鳥屋師の結飯かへしやる 木村蕪城 一位
炉に焦げし朴葉も葱も味噌に練る 中戸川朝人 残心
炉に焼きてけぶりを握る紅葉かな 蕪村
炉に茹でるしただみ能登を偽らず 木村蕪城 寒泉
炉に覚めし蛾や涅槃図に入りゆかず 吉野義子
炉に足を焦がすな雪は積むばかり 林火
炉に跼み短き煙草火を得たり 米沢吾亦紅 童顔
炉に近き窓あり雪の山見ゆる 紅緑
炉に近く猿を舞はすや家の内 小杉余子 余子句選
炉に近く行商の荷を解きにけり 森 花恵
炉に遠く凭れ合ひ寝の橇の犬 有働亨 汐路
炉に遠く命枯れゆくしづかかな 松崎鉄之介
炉のあとに土の寄せある鹿火屋かな 古館曹人
炉のはたやよべの笑ひがいとまごひ 一茶 ■寛政十一年己未(三十七歳)
炉のへりの盃あつし小鳥焼く 大橋櫻坡子 雨月
炉のまどゐ去り難くして怠けゐつ 馬場移公子
炉の上に吊りて動きし冬灯かな 長谷川かな女 雨 月
炉の上に隠倉ある恵方かな 古舘曹人 樹下石上
炉の上のうつばりに日のさしてをる 橋本鶏二 年輪
炉の上の小豆匂へり小正月 杉崎あさ
炉の中に火を入れたるは船大工 依光正樹
炉の主雑学博士もて任ず 三村純也
炉の僧の立たれて猫を従へる 大野佳子
炉の兄に声尖らして畚を置く 清原枴童 枴童句集
炉の妻の膝の公教要理かな 景山筍吉
炉の媼人見ちがへて語らへる 念腹
炉の客の片頬にある窓明り 高濱年尾 年尾句集
炉の客をすき見する子やかはるがはる 橋本鶏二 年輪
炉の榾のやせ謁ほどになりて燃ゆ 下村梅子
炉の母に年移りゆく榾をつぐ 倉田 紘文
炉の火種絶やさぬことを家憲とす 飯田ゆたか
炉の火色見てもふるさとなつかしや 重田暮笛
炉の灰に昼の陽が射すひと待てば 桂信子 黄 炎
炉の灰の栄枯均して年迎ふ 毛塚静枝
炉の炎杣の白髪も数へらる 前田普羅 飛騨紬
炉の父に長男次男従はず 河野 初夫
炉の番のこの子なか~法器かな 静雲
炉の眠り浪こそきかね須磨明石 言水
炉の辺に出稼ぎ話走り炭 今泉貞鳳
炉の部屋に神棚ありて煤けたる 塩川雄三
炉の部屋を常に散らかし親しめり 山口波津女
炉の鍋のかけかはりをり客覚めず 木村蕪城 寒泉
炉ばなしの牛のお甚の子のおけい 長谷川素逝 村
炉ばなしの盛りすり寄る爺の膝 影島智子
炉ばなしの風呂をもらひに来てわすれ 長谷川素逝 村
炉ばなしや風呂をもらひに来て人ら 長谷川素逝 村
炉へ呼ばれ火明りの婢のちさき顔 香西照雄 対話
炉ほとりの甕の澄む日や十二月 飯田蛇笏
炉ほとりの空気いと澄む別れかな 原月舟
炉ぼこりを払ひあひつゝまだをかし 星野立子
炉をきつて出るや椿に雲もなし 飯田蛇笏 霊芝
炉を出て度々月ぞおもしろき 野水
炉を切つてましろき助炭かぶせたり 飴山實 『次の花』
炉を囲み星が星生む話など 中本憲己
炉を囲み顔面土器に似るは誰ぞ 古沢太穂
炉を囲む木地師にのこる公家言葉 曽和 信雄
炉を怖れ炉を恋ひ麻痺の足一生 村越化石 山國抄
炉を明て見てもつまらぬ獨かな 一茶
炉を焚いて島の厠は真の闇 野見山朱鳥
炉を焚いて百姓らしき三ヶ日 古川 あつし
炉を焚きて静かに老いませ寒の日々 殿村莵絲子 花 季
炉を焚くや風を友とす万の樹々 河野南畦
炉を焚けばしづかに時の還りくる 文挟夫佐恵 雨 月
炉を見つつ野火の話や牧場守 成瀬正とし 星月夜
炉を閉ぢてよりの山野に親しめり 山口苔石
炉を離れ飯詰(いじこ)の中に雪明り 古舘曹人 樹下石上
炉主のあぐらの中に寝落ちし子 鈴木貞二
炉仕事や湿気てふぬけの風邪薬 富田木歩
炉埃のつきころげくる箒かな 橋本鶏二 年輪
炉埃やこのごろとみに物忘れ 石田雨圃子
炉帚のなにかかなしげに減りつつあり 細谷源二
炉挿し鮎簗の夕時待つ間あり 石川桂郎 高蘆
炉明りにみめよしあしの姉妹 木村蕪城 一位
炉明りに山の詩濡るる飾り皿 堀口星眠 営巣期
炉明りに撫づる座機の傷だらけ 鍵和田[ゆう]子 未来図
炉明りに杣等朝出の身ごしらへ 植地芳煌
炉明りに馬の顔あり電話借る 木村蕪城 一位
炉明りのもののなつかし梅の宿 橋本鶏二 年輪
炉明りの夕世情を忘じたり 草堂
炉明りの影の大きく起居かな 及川仙石
炉明りの顔へものいふ別れかな 木村蕪城 一位
炉明りやいつ片付くとなき書屋 石川桂郎 四温
炉明りやセピアに褪せてレノンゐる 橋本榮治 麦生
炉明りを分つ余生の影二つ 国吉尚子
炉框に仕事はじめの矢立おく 木村蕪城 一位
炉框の焦げなつかしき土蔵かな 西本一都 景色
炉火いよよ美しければ言もなし 松本たかし
炉火かなし子故のことに言ひ募り 戸沢きゆゑ女
炉火ことり崩れて座敷わらしかな 森戸 光子
炉火とあり家系のすゑの影法師 宮津昭彦
炉火に照りつぐこれ百年の煤人形 加藤知世子 花寂び
炉火ぬくく骨身にとほる寝起きかな 飯田蛇笏
炉火のあり家系のすゑの影法師 昭彦 (下部湯の奥、門西家)
炉火の焔をすかし梵天眺めをり 石原八束
炉火の燠長持唄は誰が嘆き 文挟夫佐恵 雨 月
炉火もえつぎたやすくひと日たちにけり 桂信子 黄 炎
炉火を吹く身体髪膚うち倒し 野見山朱鳥
炉火を焚き継ぐ痩身も三代目 今瀬剛一
炉火刎ねて寝てゐし男起き上る 高野素十
炉火囲み転落したる大地主 小原菁々子
炉火守の遠き雪崩に目覚めをり 辰之助
炉火守りて海女串焼の車海老 小原菁々子
炉火守りて焼岳凍る夜を寝ねず 石橋辰之助 山暦
炉火掻いて瞳も火のいろの雪安居 山口草堂
炉火明り夫婦抱き寝の一と呎(かます) 沢木欣一 赤富士
炉火映るこころに激つ流れにも 内藤吐天 鳴海抄
炉火更けて寄り添ふものは影ばかり 内藤吐天 鳴海抄
炉火楽し手かざし言葉なきときも 福田蓼汀 山火
炉火欲しや暗き嬶座の柱負ふ 石川桂郎 四温
炉火燃え上る畳に氷る射鳥かな 雑草 長谷川零餘子
炉火燃ゆるうへをながるる鹿の声 鶏二
炉火立てゝ比良八講の土百姓 古舘曹人
炉火箸に掌を置き空を過ぐるもの 中戸川朝人 星辰
炉火箸の長きに香を埋めけり 後藤夜半 底紅
炉火箸へのばしたる手に数珠たれて 入江月凉子
炉火美しく上蔟の夜に入るも 平畑静塔
炉火育つ心貧しきときさらに 松尾緑富
炉火見つめ心痛めてをりにけり 山田弘子 螢川
炉火親しさびまさりたる串の鮎 麦南
炉火赤し旅の疲れもおはさずや 福田蓼汀 山火
炉火赤し檜山杉山淋しかろ 平畑静塔
炉火赤し犬わが膝に顎をのせ 福田蓼汀 山火
炉火青し口づけ給ふまぶたの上 小坂順子
炉煙に炊ぎ煙も立罩めて 高浜虚子
炉煙に煤けしげんのしようこ吊る 猿渡青雨




炉煙のはひのぼりゐる襖かな 橋本鶏二 年輪
炉煙や今朝立つ君に小菜の汁 泉斜汀
炉煙舎にたためる傘も花の雨 鈴木しげを
炉箒の小幅な動き語尾篤し 平井さち子 完流
炉襖に身を寄せて待つ午餉かな 楠目橙黄子 橙圃
炉話にいつかなぐさめられてをり 橋本立子
炉話にちちと起きゐる囮かな 皆吉爽雨
炉話に作者不明の継子物 上島清子
炉話に招きてみたし雪女 伊東宏晃
炉話に時々応へ厨妻 森本古声
炉話に煮こぼれてゐる蕪汁 高濱虚子
炉話のあとは荒磯の星を見に 山田弘子 こぶし坂以後
炉話のいよいよ狐狸に及びたる 竹腰八柏
炉話のはじめとをはり低声に 太田土男
炉話のわが知らぬ世にさかのぼる 石井双刀
炉話の夜な夜な親し雪来る 上村占魚 鮎
炉話の子供が座り直しけり 高尾方子
炉話の寝込み勝ちなり一ト時雨 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
炉話の熟柿も出してありにけり 河野静雲 閻魔
炉話の百貫目とは牛のこと 後藤綾子(1913-94)
炉話の聖すめろぎみな流人 上田五千石 琥珀
炉話の間抜けな鬼に終りけり 太田土男
炉話の鼻をこそぐる嚏かな 阿波野青畝
炉話は弥太郎のこと仙六のこと 木村蕪城 一位
炉話や三年ものの栗酒に 山田弘子 こぶし坂以後
炉話や人にのこれる地蔵顔 加藤耕子
炉話や尼きらひなる老納所 河野静雲 閻魔
炉話や昔のわれを知る人と 下村梅子
炉話や語部は火にあやつられ 二村典子
炉話をさげすむ蒼き顔一つ 亀井糸游
炉語りに思ひ立ちたる登山かな 比叡 野村泊月
炉語りの一夜鉄鍋たぎるかな 坂内佳禰
炉語りや『熊楠百語』かたはらに つじ加代子
炉語りや木一本に首一つ 羽部洞然
じゅ
熊撃ちも湯治の客も夜の炉端 石井とし夫
熊汁と聞くたぢろぎに炉火あかし 奥田とみ子
熱燗や炉辺の岩魚も焼加減 樋笠文
燃え据わる炉火むらさきに夜の凍つる 金尾梅の門 古志の歌
燈影をはゞみてもゆる除夜の炉火 飯田蛇笏 霊芝
燻る炉に咽び無力の教師ぶり 津田清子 礼 拝
燻る炉をはなれず梅を嗅ぎにけり 長谷川かな女 雨 月
爬虫類地に山炉の火はごうと 栗生純夫 科野路
父と子と炉に寄ることもなくなりぬ 加藤楸邨
父と山売るさうだんの先祖よりの炉ばた シヤツと雑草 栗林一石路
父の座に父なき炉火の赫さかな 神谷節子
牛の産ありて更けたる炉辺かな 樫野滋子
牡丹木焚いて炉明り洩らすまじ 原裕 出雲
物種を入れたる瓢炉辺にあり 高浜虚子
犬の顔撫でつゝ炉辺閑話かな 泊月
狼の生存説に炉火欲しき 石村与志
猫汚る炉もへつつひもあらざれど 茨木和生 往馬
猫沈思亀黙考や炉火燃ゆる 橋本風車
猿洒や炉灰に埋む壷の底 河東碧梧桐
玄関を占めて即ち大炉かな 岸風三楼 往来
瑞籬や炉地の戸敲く梅の花 水田正秀
生きて還る犬抱きて炉にくつろげよ 及川貞 榧の實
生き残るものが焚き継ぐ炉火ならむ 辻口静夫
産めよ殖えよ……雲焙りゐる落暉の炉 江里昭彦 ラディカル・マザー・コンプレックス
病欠工に炉辺の人情燃しけり 米沢吾亦紅 童顔
病臥悲歌炉の火ゆたかに過去燃やせ 古賀まり子
白樺を炉に焚く駅夫一家族 堀口星眠 火山灰の道
白陀亡し炉煙りもなし白木槿 青木重行
皆あたれ炉の火がどんと燃ゆるぞよ 臼田亞浪 定本亜浪句集
皹の指講宿の炉にかざし 佐藤 欽子
目をしかむしぼり泪や炉火の酔 阿波野青畝
相ふるゝ心を炉辺にたのしめる 豊田一兆
眠剤のあとしばらくは炉火のいろ 飯田龍太
着ぶくれて炉辺はなやがす埴輪子よ 小林康治 玄霜
短夜の炉火もえゐるや冬のごと たかし
短日の炉によりてうつ脚絆かな 金尾梅の門 古志の歌
短日や炉に運びとる竃の火 小杉余子 余子句選
短調の唄炉辺よりす雪催 文挟夫佐恵 雨 月
石ころも火になりてある囲炉裡かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
祖谷の夜のでこ廻しつゝ炉辺楽し 山本麦生
祖谷の炉に住み古り気品失はず 高濱年尾
祖谷の炉に座せば落人めきにけり 松岡美代子
神を説く大いなる手を炉にかざし 野見山朱鳥
神仙炉たぎつに起たず狩づかれ 軽部烏帽子 [しどみ]の花
神代より独りゐまじく炉ありけむ 林原耒井 蜩
福湯のたぎる炉かこむ冬夜かな 大場白水郎 散木集
秘め事もなかりし夫婦炉辺に老い 高林三代女
種下ろし夜は白樺の炉を囲む 田島秩父
穴まどひ土よりかたき炉灰かな 大木あまり 火のいろに
空を失くした炉工に赤い雪が降る 穴井太 土語
窓に風花スプーンに炉火明り 山田弘子
竃の火囲炉裡に移し苗代寒 田中冬二 行人
立ち上る客を見上げて炉の主 高濱年尾 年尾句集
紙漉女冬百日の手炉ひとつ 石田波郷
綿虫や焚かぬ炉端に日の差して 望月たかし
縁に抱く小き手炉や初時雨 比叡 野村泊月
縁談を聞きゐるごとき炉辺の猫 菅原独去
縹渺と炉のほとぼりの父孤り 成田千空 地霊
繭玉にはら~と行く炉火埃 星野立子
繭玉のゆるるほど炉火あがりけり 石原八束 雁の目隠し
老いて北見の炉辺に泣きけむ父在らず 林原耒井 蜩
老幼無し雪焼さらに炉火に映え 香西照雄 対話
聖書説き世俗に媚びず炉の神父 小原菁々子
聖歌中勇気もて炉の灰おとす 津田清子 礼 拝
聴くごとく炉に読む遠野物語 森澄雄
職制はかなし炉辺にもからみ来る 米沢吾亦紅 童顔
肺病んで炉火赤赤と胸に浴ぶ 中山純子 茜
背なといふものの淋しさ炉を囲む 菅原独去
胼薬おとして熱き炉灰かな 西島麦南 人音
脣拭きしナプキン燃えて年立つ炉 宮武寒々 朱卓
腰に鎌さして大炉にあたりをり 橋本鶏二 年輪
臨終を告げ炉けむりをくゞり辞す 別府碧水
臼の湯気末広がりや炉火に染まり 香西照雄 対話
良寛忌炉に深沈と燠の尉 曽根原幾子
芋粥を人にもすすめ炉にをりぬ 平賀静浪
芋粥を炊く炉煙のたちこめて 橋本鶏二 年輪
芥焼く炉のゆきかへり草虱 石川桂郎 四温
花冷えの炉けむりうすき山廂 西島麦南 人音
花前の菖蒲や鶉炉に返し 石川桂郎 四温
若子(わくご)ありよろこぶ炉火を手捕らんと 魚目
若衆に戸ぼそ隙けある囲炉裡かな 楠目橙黄子 橙圃
茶祖神に暇詣での焙炉どき 桂樟蹊子
茶筒かげそれも夜長の炉縁かな 飯田蛇笏 山廬集
菊枯れて農閑の炉となりにけり 西島麦南 人音
落したる杓子洗いに炉を起ちぬ 平谷破葉
落し水ひゞき来る炉の親子かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
落人は京を恋はずや炉辺の艶 桂 樟蹊子
葱抜くをんな寒の夕焼炉のごとく 飯田龍太
蕎麦掻いて法座の衆に炉の衆に 木本雨耕
藪入の母の焚く炉の煙たさよ 高野素十
虎落笛炉に酔ふ耳にかなでけり 西島麦南 人音
虫鳴くや湯さめぬほどの炉の火なる 尾崎迷堂 孤輪
蛇を焼く炉にこの家の娘ゐる 木村蕪城 一位
蜑が炉火八大龍王いぶらしむ 木村蕪城 一位
行年の庫裏の大炉の火絶えず 高濱年尾 年尾句集
衣に着きし草の実を炉に泣かせけり 中戸川朝人 残心
表具師や松もすぎたる小炉持つ 飯田蛇笏 山廬集
見かけ行ふもとの宿や高灯炉 炭 太祇 太祇句選
観梅の舟に持ち込む手炉いくつ 西山泊雲 泊雲句集
註の筆入れては手炉の腹を撫ぜ 野島無量子
詩の如くちらりと人の炉辺に泣く 京極杞陽
詫び事をかるく許して炉の主 二瓶鳳杖
誰もゐぬ炉火うつくしき座に通る 青邨
豆撒いて炉にもどりたる老衲所 河野静雲 閻魔
貧児の眼石炭の炉に到るかな 青峰集 島田青峰
貧農の小ばなしはづむ囲炉裡かな 飯田蛇笏 霊芝
赫々と炉火活きて炭いぶりやむ 仙波花叟
走り茶の焙炉上りを祝ひけり 小林逸夢
足袋裏を向け合うて炉の親子かな 臼田亞浪 定本亜浪句集
踊子の足炉して待つ出番かな 古川芋蔓
踏込み炉ありて山家や根深汁 加藤浮氷子
身に入むや焚く人のなき明治の炉 鷹羽狩行
身のうちを炉火あかあかとめぐるなり 鶏二
転炉に向く菫一輪寂として 加藤知世子 黄 炎
追憶は過稲要らざる炉火明り 吉村ひさ志
遅桜園長の来て炉火上ぐる 殿村莵絲子 牡 丹
道すがら祭の家の炉火赤し 木村蕪城 一位
遠き世の花の土器とも炉を遺し 河野南畦 湖の森
遠ざかる雪崩や炉辺に目をとづる 石橋辰之助 山暦
遠鶯簗番の炉のいぶりづめ 田中英子
郭公の日暮れて老に炉がひとつ 鷲谷七菜子 花寂び
酒に海鞘火の気なき炉に顔寄せあひ 石川桂郎
野に在れば聖地の花を炉辺に挿す 飯田蛇笏 椿花集
鉄の粉を払ふ炉ばたも海鳴りす 細見綾子 花寂び
鉄火箸炉に立てゝあり燕くる 瀧澤伊代次
銀杏はじくこの炉見すてし父の齢 古沢太穂 古沢太穂句集
銀漢のもと蘭盆の宝炉もゆ 野見山朱鳥
鍋のもののぞく面に炉火明り 唐沢樹子
長子守る炉火高々と置きにけむ 石川桂郎 含羞
闘鶏師持参の餅を炉に焼いて 高濱年尾 年尾句集
除雪夫の寝姿炉火と凍み果つる 石橋辰之助 山暦
除雪夫の炉火のおごりにわが泊つる 石橋辰之助 山暦
除雪夫の眼光たゞに炉火まもり 石橋辰之助 山暦
障子白く炉火あかし白玉椿挿す 及川貞 榧の實
障子締めて炉辺なつかしむ黍の雨 杉田久女
雀らに雀色時炉火ほしや 石野兌
雁鳴くや炭火を移す炉の湿り 井月の句集 井上井月
集ひ焚く初炉の榾の梅櫻 長田 八重
雨やめば茄子を見舞に炉をはなれ 宇佐美魚目 天地存問
雪なだれ妻は炉辺に居眠れり 素堂
雪の香に炉辺の嬰児を抱きて出ぬ 飯田蛇笏 雪峡
雪卸し今炉の上に居るらしき 三宅句生
雪明りより炉あかりに杣戻る 細谷鳩舎
雪沓も脱がで炉辺の話かな 正岡子規
電話鳴る顔見合せて炉辺立たず 佐野喜代子
霧降れば霧に炉を焚きいのち護る 橋本多佳子
静かなり米買つて来し身を炉辺に 石橋辰之助 山暦
鞴まつり一炉飾りて一炉燃ゆ 渡辺昭
音たのしもの煮ゆる炉に年を守り 森澄雄 四遠
顔ひとつのただ炉明りとなりをりし 岡井省二
飛騨の炉に飛騨の女の炭をつぐ 高野素十
食べきれぬ五平餅なほ炉に焼ける 森田峠 避暑散歩
飲食に汚れし炉辺や草の宿 たかし
餅花に宿坊の炉のけむり絶ゆ 飯田蛇笏 霊芝
餅花や寝ても覚めても炉のほとり 児玉輝代
餅蓆ずらして炉辺にくすしの座 金子伊昔紅
駅の炉に苦力の銭を見て数ふ 桂樟蹊子
鬼の豆食ふ夜真赤に癩の炉火 村越化石
魚串を炉端に殖やし遠郭公 近藤一鴻
鮭小屋の舟の出ぬ日は炉を焚きて 高橋 卯木
鯉たたく音に炉火燃ゆ酒ほがひ 文挟夫佐恵 雨 月
鰤敷や船炉焚きつれ朝起船 西本一都 景色
鱒料理蝶ネクタイに炉を守り 中戸川朝人 星辰
鳥の毛の炉上をまへり時雨照り 金尾梅の門 古志の歌
鳴りわたる始業の鐘に炉火ゆたか 石橋辰之助 山暦
鳴釜の燠美しき大炉かな 長谷川水青
鴨撃つて喜ばるるは薪を炉に 石川桂郎 四温
鼻焦がす炉の火にかけて甲羅酒 河東碧梧桐
語り部の火箸叩いて締めくくる  高澤良一  宿好

以上
by 575fudemakase | 2014-12-14 00:58 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23355801
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング