例句を挙げる。

あつものにかざしおとろふ榾火かな 飯田蛇笏 山廬集
あの頃の榾はりんごの枝なりし 高木晴子 晴居
あら玉の榾火や闇に立ち昇る 中村祐子
いちはやくもへて甲斐なし穂だ榾の蔦 加舎白雄
うちかへす榾火や客をひきとめて 橋本鶏二 年輪
うつくしく燃えて梅榾牡丹榾 満田桂林
おとろへや榾折かねる膝頭 一茶 ■年次不詳
お札なる憤怒蔵王や榾の宿 尾崎迷堂 孤輪
がたと榾崩れて夕べなりしかな 稲畑汀子
くづをれて坐す吾れに爐に榾を焚く人々 安斎櫻[カイ]子
くらがりに病むとしよりや榾の宿 橋本鶏二 年輪
くらがりの神も仏も榾埃 川島双樹
けふも西へ逃げゆく日影榾を割る 百合山羽公 故園
ことごとく灰となりけり桜榾 長谷川櫂 虚空
この根榾円空ならば鉈上げむ 鈴木貞雄
こよひ秩父夜祭の榾くべにくべ 成瀬桜桃子 風色
ころがれる榾にとまりて鶲かな 橋本鶏二 年輪
さしくべし大根榾火のこゑ発す 黒田杏子 花下草上
さゞめける娘等に榾火も負けずはね 渡辺そてつ
しひたけの榾組みたるもなつかしき 岩崎 すゞ
すが漏りや土間にこもりし榾煙 ながさく清江
すこやかに山の子酔へる榾火かな 飯田蛇笏 霊芝
すさまじき*きのこの椀や榾あかり 泉鏡花
そのなかに芽の吹く榾のまじりけり 室生犀星 魚眠洞發句集
そむく意を歯にひしめかす榾火かな 飯田蛇笏 山廬集
たゞぬくし松も椿も榾ぢや迄 幸田露伴 江東集
だだ押しの日も榾伐りに山入りす 矢野典子
ちよろちよろと榾火の夢の何もなし 河東碧梧桐
としよりの勝手つんぼや榾もゆる 橋本鶏二 年輪
とろとろと榾火消え行あくびかな 坂本四方太
とろとろと睡魔の榾となりにけり 佐野和彦
とろ~と機嫌の榾となりにけり 田村木国
ながらへて縁切寺に榾を焚く 舐上白峰
なまはげの喚びに榾火くづるるよ 遠藤みや子
のけぞればのけぞる方へ榾火爆ず 岩垣子鹿
はづかしや榾にふすぼる煙草頬(づら) 上島鬼貫
ひそひそと何料理やら榾明り 井上井月
ひたすらに牡丹の榾を焚くをとこ 道山昭爾
ひといろの火のゆらぎをる榾の宿 上村占魚 鮎
ふとしたることより榾火よく燃ゆる 星野立子
ほのぼのと桑の榾火のぬくきかな 石川文子
もてなしの榾火たやさず西行忌 白岩 三郎
もてなしや榾火に柴を折りくべて 京極杞陽 くくたち上巻
ゆつくりと榾火代々こんにやく農 羽部洞然
よくとくもなくてねむたし榾燃ゆる 橋本鶏二 年輪
わけしらず榾木を抱く雪中なり 宇多喜代子
をかしげにもえて夜深し榾の節 白雄
をかしげにもへて夜深し榾の節 加舎白雄
をんなきて火よりも淋し大根榾 黒田杏子
久女忌の山中に焚く桜榾 児玉輝代
乗鞍の太古の栂の榾を割る 本間さかえ
事始榾積み上げし神の杜 並松 生代女
人おどす犬を押さへて榾の主 橋本鶏二 年輪
人ひとりふえてぬくとし榾の宿 幸田露伴 拾遺
俳諧を阿呆とののしり榾を継ぐ 辻桃子
借覧す甲子夜話あり榾の宿 松本たかし
健康や榾火明りに彼彼女 高田風人子
僧庵の一人ぐらしに榾の布施 伊藤風楼
八つ目苔の青々とつきし根榾かな 冬葉第一句集 吉田冬葉
切り口のまだ新しき榾木積む 安斉君子
初伊勢やかまどに榾の爆ぜる音 伊藤いと子
初閻魔榾の生木が泡を噴く 白井房夫
化けさうな茶釜もあるや榾の宿 尾崎紅葉
医師泊めて安堵の榾を焚き加ふ 田辺虹城
十一月焚いて渚に桜榾 岡井省二
博労が牛馬の論や榾の宿 江流
古味噌に何か漬けたり榾の宿 乙字俳句集 大須賀乙字
古碑の里にうつくし妻が宿榾や 河東碧梧桐
吊榾に紅葉吹雪の嗚咽かな 阿部佑介
吊橋をはずませ渡り榾負うて 岡安迷子
味噌焚きの榾のくづるる昼深し 木村蕪城
園にでて山影谿し榾の酔 飯田蛇笏 山廬集
土間に榾燃えて框に客一人 京極杞陽 くくたち上巻
堂守の根榾を前の座なりけり 橋本白木
塊の燃えもするなり榾の中 増田龍雨 龍雨句集
夜の戸に風媚ぶや我に榾怒る 飯田蛇笏 山廬集
夜を寝ぬ僧の念佛や榾の宿 会津八一
大根榾ぐらりとゆれし火の粉かな 村上三良
大根榾はこぶもつこをさしになひ 橋本鶏二 年輪
大榾にかくれし炉火に手をかざす 前田普羅 飛騨紬
大榾にほてりて赤き鳥屋親子 前田普羅 能登蒼し
大榾に火の移りたり除夜の鐘 松尾隆信
大榾に火の移りたる淑気かな 松尾節朗
大榾のおのが覆りて燃えつづく 皆吉爽雨
大榾のはじけるやうにそのやうに 榎本 好宏
大榾の亀裂の見ゆる炎かな 日原傳
大榾の二つの焔たゝかへり 川上朴史
大榾の寝返り打てる火の粉かな 徳永寒灯
大榾の暗き炎にうづくまる 長谷川櫂 天球
大榾の火の粉柱や年籠 松本浮木
大榾の火の香の嫗眠りをり 長谷川櫂 天球
大榾の火を吹き分ち火吹竹 高濱年尾 年尾句集
大榾の突きはなしたる焔かな 橋本鶏二
大榾の骨ものこさず焚かれけり 斎藤空華 空華句集
大榾は動かすたびに火の粉わく 長谷川櫂 蓬莱
大榾や割れ目が炎噴きあげて 長谷川櫂 蓬莱
大榾や土佐街道は闇のなか 斎藤梅子
大榾をかへせば裏は一面火 高野素十(1893-1976)
大榾を庭に焚きゐる夜伽かな 茨木和生 往馬
大榾を負ひし眼をみひらける 橋本鶏二
大榾火したたる水のごときかな 長谷川櫂 古志
大榾火べつたりうつる柱かな 橋本鶏二 年輪
大榾火噴きし炎に灰くぼむ 中戸川朝人 星辰
大榾火泡吹きたてゝ一茶の忌 竹田 于世
大榾火煙らはで炎のあるきゐる 飯田蛇笏
大津絵の鬼も汚れつ榾あかり 闌更
夫にして悪友なりし榾を焼く 大木あまり(1941-)
妙齢や大小の榾胸に抱き 久保純夫 熊野集 以後
妻とがむ我が面伏せや榾明り 飯田蛇笏 山廬集
妻も子も榾火に籠る野守かな 加舎白雄
子宝がきやら~笑ふ榾火哉 一茶 ■文政二年己卯(五十七歳)
実むらさき榾の残り火きよらかに 望月たかし
小庵やとても榾火の下あかり 飯田蛇笏 山廬集
少年の匂ひを放つ榾火かな 栗原稜歩
山の夜は榾火の色に更けにけり 清崎敏郎
山唄やどさりと榾火腰くだけ 平畑静塔
山賊の毛脛焼きたる榾火哉 寺田寅彦
島の少女の榾木負ふさの羽づくろひ 平井さち子 完流
干榾に鳴きゐる鴉追ひにけり 清原枴童 枴童句集
幾度も鍋が替りて榾炉燃ゆ 大森積翠
庭もせに榾の生木と柚子の照り 木津柳芽 白鷺抄
心に隙榾やすやすと燃え移り 津田清子
思ひ出の顔としばかり榾火かな 石塚友二 光塵
惜別の榾をくべ足しくべ足して 高野素十
懸想文売の烏帽子に榾埃 橋本 博
我が鶏や榾割る音に驚かず 尾崎迷堂 孤輪
抱き合ふ榾の中より大炎 天野 菊枝
拵へて育てて榾火信濃かな 高橋睦郎 稽古飲食
文読んで烈火の怒り榾を焚く 飯田蛇笏 山廬集
斧音のこだまかへれば割るゝ榾 蔵本高子
旅人の顔や榾火に酔ひにけり 坂桂株
日日榾とつて来る童らは海を知らず 安斎櫻[カイ]子
日月のちちははとをり桜榾 藺草慶子
早昼餉食べて行けとて榾をつぐ 及川仙石
明日といふ逞しきもの榾火燃ゆ 脇本星浪
昔の火は力ありけり大榾火 中村明子
昔は海であつたと榾をくべる 尾崎放哉
暮方のしづもりに榾一つ足す 上村占魚 『天上の宴』
曼珠沙華榾煙るごと枯れゆけり 吉野義子
柿むくやてらてらうつる榾明り 鬼城
桐榾の炎色やさしき月下かな 加古 宗也
桑の榾ねぢれを組みて積まれけり 日原傳
榾〔の〕火や白髪のつやをほめらるゝ 一茶 ■文化八年辛未(四十九歳)
榾いぶり目鼻もあらぬ涙かな 山口草堂
榾が榾支へて起たす炎の力 ながさく清江
榾くべて父の訛を聴く如し 松本陽平
榾くべて足を投げ出す囲爐裏哉 寺田寅彦
榾さながら炎立ち戻りぬあゝ午次郎 石塚友二
榾たくや峠の茶屋にいわし売 泉鏡花
榾といふ労はり合ひて燃ゆるもの 保坂リエ
榾と斧闘ひゐしが斧勝る 橋本鶏二
榾にして燃えうつる気のなかりけり 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
榾のおき絶え終るまで追儺の夜 百合山羽公 故園
榾の客時計鳴るたびしりあげて 橋本鶏二 年輪
榾の宿撃ちし*むささび抛れるまゝ 楠目橙黄子 橙圃
榾の宿豺面なる犬畜へり 軽部烏帽子 [しどみ]の花
榾の火にあぶりて熱き一壺かな 村上鬼城
榾の火にせなか向けり最明寺 一茶 ■文政二年己卯(五十七歳)
榾の火にとろりと酔ひし眼かな 日野草城
榾の火にひらく修二会の行事表 大島民郎
榾の火に背中あぶりや父と母 西山泊雲
榾の火に親子足さす侘寝かな 去来
榾の火のとろりとろりと眠気さす 黙哲
榾の火の大旆のごとはためきぬ 高浜虚子
榾の火の燃えしさりノタと煤の落つ 鶯子句集 山口鴬子
榾の火の鰓とふかげのありにけり 鈴木貞雄
榾の火はねむれる鶏をてらすなり 牛山一庭人
榾の火やあかつき方の五六尺 内藤丈草
榾の火やはや十能にかゝるまで 小杉余子 余子句選
榾の火や燐寸入れある割れ柱 雑草 長谷川零餘子
榾の火や童子に課する三字経 四明句集 中川四明
榾の火や糸取窓の影ぼうし 一茶 ■寛政四年壬子(三十歳)
榾の火や風あり暗き日本海 中村苑子
榾の火をみつめてをれば目の熱き 長谷川櫂 天球
榾の火を育て丹後の糸紬ぐ 福島 勲
榾の窓暗きに送り届けゝり 雑草 長谷川零餘子
榾の酔さます大根かけにけり 清原枴童 枴童句集
榾ひらききって清水に手を浸す 右城暮石 上下
榾を割るそばを子供がちよこちよこす 成瀬正とし 星月夜
榾を折るどの木で風の叫ぶやら 田村 實
榾を組みゐたる氷室の桜かな 茨木和生 倭
榾主が壮図の名残壁の地図 雉子郎句集 石島雉子郎
榾割りの最後の一斧汝に打つ 田仲了司
榾割るやこゑかけられて力ぬけ 橋本鶏二 年輪
榾埃とめ初厄の美しや 後藤夜半 底紅
榾埃眉にとどめて翁寂び 福田蓼汀 山火
榾尻に坐りて世話も何くれと 京五紅
榾尻に細き焔のすいと出で 高野素十
榾尻の泡吹いてゐる火の熾ん 高浜年尾
榾崩れせし音朝に響きけり 河東碧梧桐
榾明りおのが箱膳はこぶ子に 木村蕪城 一位
榾明りみな他人といふ寧らぎも 北川英子
榾明り読み耽ける胼手こはゞりぬ 金尾梅の門 古志の歌
榾月や小さき義理を一つづつ 長崎小夜子
榾漬けし甕のうしろに蟹ひそむ 百合山羽公 故園
榾火して鯉こくを喰ふ山の宿 中西舗土
榾火囲む誰も大きな影を負ひ 伊藤いと子
榾火焚くこともつましきさまに見ゆ 木村蕪城 一位
榾火熾んにみごもる主婦の顔つよし 宮武寒々 朱卓
榾火燃え闇あたらしくひろごれり 木下夕爾
榾焚いて初寅詣でねぎらひぬ 石沼雨耕子
榾焚くや日月くらく山の宿 尾崎迷堂 孤輪
榾煙こもりて暗きランプかな 成瀬虚林
榾煙るなかに目覚めて旅を次ぐ 木村蕪城 一位
榾煙桜を焚けば桜色 吉年虹二
榾煙顔をそむけて手で払ふ 池内友次郎
榾燃えてまづ照さるる老の座よ 鷲谷七菜子 花寂び
榾燃えて又鉄瓶の湯のたぎる 星野立子
榾燃えて旧知の如き主客かな 雉子郎句集 石島雉子郎
榾燃えて相並びゐる炎かな 橋本鶏二 年輪
榾負うて戻りし禰宜や神の留守 橋本鶏二 年輪
榾足して酒飲んでけふ小晦日 佐川広治
榾足すや馬屋に馬の顔うるみ 村上しゆら
榾雨冷の友白き髭もちて来ぬ 山口青邨
歳晩といふ力得て榾もゆる 原田青児
死者のこゑ熾となりゆく櫻榾 黒田杏子 花下草上
残雪や溶くるごとくに榾が燃え 中拓夫 愛鷹
水のよな月さし入りぬ榾の宿 金尾梅の門 古志の歌
満開のさくらの中の榾乾く 宮田正和
火になりし蔓を外して榾燃ゆる 橋本鶏二 年輪
火の飛べば木の名云ふなり榾の主 金尾梅の門 古志の歌
火袋に榾の涙が煮つまるよ 佐藤鬼房
灰にして山へ返しぬ桜榾 長谷川櫂 虚空
炉の榾のやせ謁ほどになりて燃ゆ 下村梅子
炉の母に年移りゆく榾をつぐ 倉田 紘文
炉を塞ぐ名残の榾を燃しけり 大川いちじ
焚く榾のとぼしき留守をあづかりぬ 木村蕪城 一位
燃えしさりごそと崩るゝ根榾かな 前川素泉
燃えしぶる榾と家守る貌一つ 成田千空 地霊
燃えつきて一つ久しき根榾かな 尾崎迷堂 孤輪
燃え尽きし灰のただよふ椿榾 長谷川櫂 天球
燃え易く燃え易く榾重ねつゝ 伊藤凉志
燠の上に重ねてかろき牡丹榾 山田みづえ 草譜以後
爆ぜぐせの榾火に怯えつつあたる 中西以佐夫
父とうとく榾たく兄の指輪かな 飯田蛇笏 山廬集
父と子よよき榾くべしうれし顔 炭 太祇 太祇句選
父と疎く榾焚く兄の指環かな 飯田蛇笏
牛買ひの足蹴に崩す焚火榾 若松徳男
牡丹榾焚ける美学に溺れけり 吉年虹二
狸汁煮えこぼれゐる榾火かな 橋本鶏二
甕水を汲むやまつはる榾げむり 飯田蛇笏 山廬集
生簀ふぐ榾の火屑をかむりをり 桂樟蹊子
留守を守る妻子に榾を割りためて 橋本鶏二 年輪
病人に二更の榾を焚きにけり 清原枴童 枴童句集
白川に法師あつまる榾火かな 四明句集 中川四明
百日の千貫の榾減らし老ゆ 小熊一人
眉焦がす榾火未来のことは知らず 内藤吐天 鳴海抄
石蹴をして榾運びなまけゐる 木村蕪城 一位
砕かれて生榾の火がばらばらに 長谷川櫂 天球
神の庭人ほどの榾くべ足せり 小川辰二
竹の榾一節はぜし初湯かな 三宮 美津子
笛吹きし榾はひつぱり出されけり 阿波野青畝
笹鳴や榾火吹きにしなみだ顔 古沢太穂 古沢太穂句集
簗守の榾火あかりの串造り 鈴木敏子
納屋を出る御僧榾を肩にして 橋本鶏二 年輪
綿虫の浮遊病院の屋根越せず 榾本多佳子
繩だすきしかと榾負う女かな 橋本鶏二 年輪
置き直し置き直しして根榾かな 長谷川櫂 天球
美しき榾の刎火に嫁ばなし 小山白楢
美しき炎乗りゐる根榾かな 徳永山冬子
老ぼれて目も鼻もなし榾の主 村上鬼城
老妻の見てをる榾を割りにけり 橋本鶏二 年輪
老骨を焚かんばかりに榾の前 吉武月二郎句集
胡座かく大安楽や榾の主 玉越琅々
臨終に来合せてゐて榾火守る 梅田史水
蔭膳にゆげたつものや榾の宿 橋本鶏二 年輪
蕎麦をうつ母に明うす榾火かな 飯田蛇笏 山廬集
蕪村忌や炎澄みたる桜榾 長谷川櫂 古志
蟹漁期榾火絶やさず家居婆 鈴木真砂女 夕螢
行暮し越路や榾の遠明り 井上井月
衝立の裏にねどこや榾の宿 橋本鶏二 年輪
言はでものこと腹に置き榾せゝる 竹中草亭
語り尽てほつほつくたく榾火かな 麦蘿 選集古今句集
貧しさも煤けつくしぬ榾の主 桂樟蹊子
買初に連れだちて榾負女たち 井上 史葉
足蹴して大榾の火を起したる 木村欣吉
軒裏に榾高く積み雪起し 吉沢卯一
遠来の客着くころと榾を継ぐ 佐藤五秀
酌みこぼす焼酎燃ゆる榾火かな 木村蕪城 一位
野袴の綻び縫ふや榾の宿 会津八一
鍋尻につつかへてゐる根榾かな 綾部仁喜 寒木
鍼もする僧が調度や榾埃 菅原師竹句集
降り出でゝ榾火の紅し翁の忌 梅原黄鶴子
集ひ焚く初炉の榾の梅櫻 長田 八重
雨しぶしぶ榾は裏より焔立ちけり 山口草堂
雪掘れば焚く榾ありぬ狩の宿 田村了咲
雲助の睾丸黒き榾火哉 正岡子規
音立てて大榾寝返り打ちにけり 長崎小夜子
首まげてかんがへごとや榾の主 橋本鶏二 年輪
馬の産日書かれし柱榾火照る 羽部洞然
鶏とめに夕日にいでつ榾の酔 飯田蛇笏 霊芝
鶏や榾焼く夜の火のあかり 浜田酒堂
鹿の皮着ておつとめの榾主 小原菁々子
麓なる鐘をうつゝに榾火かな 喜谷六花
黙々と榾火明りに物食ふ顔 加藤楸邨
茸榾猿の歯形の生々し  高澤良一  石鏡
年の火の榾の芯から爆ぜにけり  高澤良一  暮津


以上
by 575fudemakase | 2014-12-16 00:14 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23355864
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング