例句を挙げる。

*えり竹の一管ごとに鴨座る 佐川広治
*ひつじ田に鴨の声あり夕まぐれ 遠藤孝作
「大根の葉の流れゆく」川に鴨 小原澄江
あかんぼうの空に鴨がつきささっているよ 増田まさみ
あきらかに鴨の群あり山峡漂白 金子兜太
あけし戸に夜鴨翔つ音沼住ひ 石井とし夫
あげ汐に弟雪ちかし鴨の声 エド-支梁 十 月 月別句集「韻塞」
あらぬ方に鴨の声して湖心亭 坂本四方太
いねがてや小鴨(あじ)のこゑとも身に添へる(尾上) 岸田稚魚 『花盗人』
いやはての鴨のたむろはけぶらへる 烏頭子
うす塩の鴨に薺の雫かな 浪化
うつたうしき景物としていついかなる行動にも鴨は番なるべし 黒木三千代
うづくまりゐれば尻垂れ鴨の寄る 仙田洋子 橋のあなたに
うねうねと船に筋かふ鴨の声 上島鬼貫
うね~と船に筋違ふ鴨の声 鬼貫
うれしさの霰たばしる鴨の数 山田みづえ 草譜以後
おのづから一団を為し鴨すすむ 高澤良一 随笑 
おもしろう鴨の滑りし氷かな 岸田稚魚
お手玉の置かれしやうに浮寝鴨 永野絢子
お濠の杉菜一面な吹く中の鴨 梅林句屑 喜谷六花
かかへ来て鴨や市場の端に売る 小池文子 巴里蕭条
かきくらす雪より鴨の下りにけり 秋櫻子
かくれ咲く命涼しき鴨脚草 富安風生
かれ芦や鴨見なくせし鷹の声 炭 太祇 太祇句選後篇
がやがやと鴨ゐて池を凍らせず 高澤良一 随笑 
きのふけふ鴨場の水の温みけり 大場白水郎 散木集
きのふけふ鴨湧く空や菊作り 菊地一雄
くつくつと鴨も寒さを諾へり 高澤良一 随笑 
くにゃくにゃと嘴広鴨の影曳きて 高澤良一 宿好 
くはへたる煙草飛ばされ鴨見人 森田峠 避暑散歩
くるくると堀江の鴨の浮寝かな 支考
けごろもにつつみて温し鴨の足 松尾芭蕉
けふよりぞ冬をかこへり池の鴨 室生犀星 犀星発句集
けふ凪ぎて初鴨沖に泛べたり 篠田悌二郎
けふ寧し日を曳き日を摶ち鳰真鴨 石田あき子 見舞籠
こがらしの野鴨啖ひて憚らず 齋藤玄 飛雪
この池のやがて引くべき鴨ならめ 高濱年尾 年尾句集
これとても着水の裡鴨滑る 高澤良一 寒暑 
これは粋小さきちょん髷ある鴨で 高澤良一 素抱 
さきがけて芦叢鳴れり鴨の着く 伊藤京子
さだまれる寒さのなかに鴨ひかり 宮津昭彦
さみしさのいま聲出さば鴨のこゑ 岡本眸
さわさわと越す夕鴨や農夫わかれ 細谷源二 砂金帯
しぐるると舟がひく水尾鴨の水尾 宮原 双馨
しぐるゝや鴛鴦見えず鴨の見え 大場白水郎 散木集
しろがねに濡れたる湖や鴨来そめ 堀口星眠 営巣期
すこしづつ翔ちゆき鴨の群移る 青葉三角草
ただ二羽で婦る鴨らし見送りぬ 篠田悌二郎
たわたわとうすら氷に乗る鴨の脚 松村蒼石
たわ~と薄氷に乗る鴨の脚 蒼石
たゞ一羽離れて行くか鴨の声 蓼太
だしぬけに黄檗山の鴨鳴きし 岸本尚毅 鶏頭
つがひ鴨交互に羽打つ昼下り 内野睦子
つぎつぎに覚めたる鴨の光かな 下坂速穂
つぎはぎの水を台に浮寝鴨 齋藤玄 『狩眼』
つぎ~に連れ翔つ鴨の夕まぐれ 鈴鹿野風呂 浜木綿
つり人の竿先遊ぶ浮寝鴨 南部紀江
つるされて尾のなき鴨の尻淋し 正岡子規
てのひらに消す莨火や鴨を待つ 橋本鶏二 年輪
ときに鋭き夜鴨の声のするばかり 成瀬正とし
どことなく散らばつて鴨沼日和 石井とし夫
どこまでも鉤の手に部屋鴨料理 渋谷道
なきごゑの真鴨の顔の一羽なり 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
なにげなく見ゆ初鴨の一たむろ 松村蒼石 雪
なに一つなき水面を鴨迅し 岸本尚毅 選集「氷」
なほも水はじく飾毛鴨の死後 津田清子 礼 拝
のこる鴨渦ををさめし夕潮に 原柯城
のこる鴨肥えて遠嶺のかすみけり 山本古瓢
のびきりし鴨の首かな水をたつ 高濱年尾 年尾句集
はぐれ鴨なきゐる池の夜となる 鈴鹿野風呂 浜木綿
はぐれ鴨夜半を鳴くなり芦の中 水原秋桜子
はぐれ鴨来る坂鳥の明け放れ 安斎櫻[カイ]子
はろかなる鴨池晴れて梅嫌 小原菁々子
ひとこゑの鴨に朧のふかきかな 鷲谷七菜子 花寂び 以後
ひとり酌めばひとりの酔や夜鴨鳴く 吉野義子
ひと夜さに鴨のつきたる晩稲刈る 西川柚黄翁
ひと騒ぎして涼しき鴨となりにけり 黒米満男
ひねもすを鴨の空声先んずる 齋藤玄 飛雪
ほとゝぎす鴨河越えぬ恨かな 高井几董
また啼いて同じ夜鴨であるらしや 石井とし夫
まだ去らぬ鴨を浮べて浦晴れて 上村占魚 球磨
まだ明けてをらぬ沼空鴨の声 青葉三角草
まつくろな鴨にあたりし春日かな 仙田洋子 雲は王冠
みづうみや鴨の五千は多からず 森田峠 避暑散歩
みづやかにしてがらくたや骸鴨 齋藤玄 『狩眼』
むかし男ありて作りし鴨番屋 関戸靖子
むかし誰この堀越えし鴨脚ぞも 高井几董
むしりいて鴨の死の脚手に触る 渡辺秋男
もう鴨の来るか来るかと真野の浜 田畑美穂女
やがて去る鴨等舞立ち羽馴らす 吉良比呂武
やや冷えて鴨待つ水のひろさかな 鷲谷七菜子 花寂び
やや寒し雀鴨く度身を緊めて 香西照雄 対話
ゆく鴨に一つの小鴨鳴きいそぐ 悌二郎
ゆく鴨のあまたや湖に触れつゝも 及川貞 夕焼
ゆく鴨や遠つあふみは潮ぐもり 林 翔
ゆふしみや翅音きこゆる尾越し鴨 吉田冬葉
よく降るをいい降りといふ鴨の鍋 清水径子
らふそくの灯の温泉にありぬ鴨啼く夜 森川暁水 淀
わが庵や鴨かくべくも竹柱 芥川龍之介
わが影の水に沈めば鴨らたつ 臼田亞浪 定本亜浪句集
わが旅路豊かに渡り来し鴨よ 汀子
わたりきし鴨につききし曇なれ 宮津昭彦
わたる鴨はなれはなれの寒き砂丘 森川暁水 淀
をかしさよ銃創吹けば鴨の陰(ほと) 阿波野青畝(1899-1992)
オホーツクもサロマ湖も荒れ鴨とべり 高嶋遊々子
ジャンボ機の影遠ざかる見張り鴨 酒井 武
ダンディな鴨先頭に立ちにけり 高澤良一 随笑 
ダンディーな鴨の襟首水温む 高澤良一 寒暑 
マイン五月妻争ひの鴨のゐて 関森勝夫
マルサスの人口論や鴨の池 高木青二郎
一つ家に鴨の毛むしる夕かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
一つ家の明きし戸の灯に夜鴨啼く 石井とし夫
一刷の日の移りゆく鴨の湖 深見けん二
一団のしんがりを追ふ鴨の鈍(どん) 高澤良一 随笑 
一団の鴨を脇見の鴨一団 高澤良一 随笑 
一息に母を訪はめや鴨の声 永田耕衣 奪鈔
一斉に翔ちたる鴨に湖傾ぐ 植木きよ子
一湾の窪みは鴨をもて埋む 山崎みのる
一湾や吹きをさまりて月の鴨 田村木国
一群の鴨内宮の日暮飛ぶ 右城暮石 上下
一羽にていそぎおよいでゐる鴨よ 京極杞陽(きよう)(1908-81)
一芸と言ふべし鴨の骨叩く 右城暮石(1899-1995)
一陣の鴨のとび立つ羽音かな 下村梅子
一髪の空に鴨寄る岸のこゑ 原裕 青垣
七星を寝鴨の毬の挿頭とす 下村槐太 天涯
万の鴨鶴引く声にしづまれり 辺見京子
下総や胸の高さに鴨の水 高木良多
不忍の鴨寝静まる霜夜かな 正岡子規
不忍の鴨見て七福詣終ゆ 成瀬櫻桃子
中天を翔び来る鴨の跡ひかり 加藤耕子
中洲あり鴨の砦といふべかり 高澤良一 寒暑 
乗り廻し追ひ廻し湖の小鴨かな 比叡 野村泊月
乱舞して鴨月光を暗くせり 大鶴登羅王
争ひをやめし鴨なほ羽ばたける 森田峠 避暑散歩
五六羽の鴨のよるべの*えり立てり 遠藤梧逸
五色沼鴨来て色を深めけり 鈴木漱玉
人を見て寄り来る鴨の日和貌 高澤良一 宿好 
人声に池動き出す鴨の陣 阿部美恵子
人手にかゝりお果てなされし鴨一羽 冬の土宮林菫哉
人麻呂の終の鴨山ほととぎす 西村さだ
人麻呂の鴨山かけて降る霙 石川魚子
仔鴨食う巨き異国の男のなか 赤尾兜子
仮りの世の鴨鍋に泛く脂かな 辻桃子
休猟をよく知る鴨の陣をなす 森田峠 逆瀬川以後
伯母の忌の屏風払えば鴨の池 渋谷道
佐保河に鴨の毛捨つるあらしかな 蕪村
何に心せく不忍に鴨のきて 金子静江
停車場の周り田植や鴨の宮 滝井孝作 浮寝鳥
元日の一湖を拓く鴨の陣 原裕 青垣
元朝の一湖を拓く鴨の陣 原裕 『青垣』
元朝の空侵しゆく鴨のこゑ 原裕 青垣
先口の鴨南蛮(かもなん)忘れ居らぬかや 高澤良一 ぱらりとせ 
先着の鴨の一隊中州占め 高澤良一 燕音 
光琳の梅にしぶきを 水浴び鴨 伊丹三樹彦 花恋句集二部作 花仙人
八枚の襖が真白鴨の宿 茨木和生
八雲立つ比良へ向き変へ見張鴨 秋元不死男
内濠に小鴨のたまる日向かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
冬川に鴨の毛かゝる芥かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
冬川や森あらはなる鴨社 冬葉第一句集 吉田冬葉
冬湖や吹き飛ぶものに鴨もあり 稲岡長
冴返り鴨らは闇の遠くを見る 松村蒼石 雪
凡百の鴨の真中に鷺の立つ 高澤良一 燕音 
凶作の野に雨しみて鴨来る 松村蒼石 寒鶯抄
刈草を踏むやはらかき鴨の足 石田勝彦 秋興
初凪や翔てばみな翔つ鴨の群 大友月人
初鴨が着く草川を忘れずに 佐野美智
初鴨にふるさとの人の声透る 石原八束
初鴨に居着の鳰のよく潜る 大串章
初鴨に沼波たたみたたむなり 木村蕪城 一位
初鴨のいまだ遊意の水尾ならず 高野途上
初鴨のしぶき大きく水に着く 佐藤和枝
初鴨のつきし湖畔と朝散歩 小原菁々子
初鴨のみづうみ渺として遠し 百合山羽公 故園
初鴨のやがて始めし波あそび 関戸靖子
初鴨の一陣朝日きらめかす 河本好恵
初鴨の中の一羽の馴々し 樋笠文
初鴨の光りを曳きて着水す 横山美代子
初鴨の四五に足らず池ひろし 水原秋桜子
初鴨の多摩の横山がかりかな 八木林之介 青霞集
初鴨の大羽博ちにも比良黙す 阿波野青畝
初鴨の水尾まつすぐに折返す 鷹羽狩行
初鴨の泳ぎ廻つてをりにけり 三村純也
初鴨の着水一糸乱れざり 西村 琢
初鴨の空のはしより着水す 小林せつ子
初鴨の蹼ひらく水の中 尾崎隆則
初鴨の降りて水輪を重ねあふ 井口朝子
初鴨の青置き湖水よみがへる きくちつねこ
初鴨やしだいに晴れて沖の点 篠田悌二郎
初鴨や刈らぬ水田に波をたて 雲道
初鴨や穂高の霧に池移り 水原秋櫻子
初鴨を待つ紀の川の水平ら つじ加代子
初鴨を湖はきらめきもて迎ふ 山下美典
到来の鴨をながめて一夜あり 八木林之介 青霞集
割り込ませてもらひますよと鴨のこゑ 高澤良一 ぱらりとせ 
北上の川上に浮く雨の鴨 阿部みどり女
十五夜の野にあか~と鴨威し 素十
又飛んで又飛んで鴨来てをりし 石井とし夫
古刀根や鴨来そめたる秋の風 野村喜舟 小石川
古利根や鴨の鳴く夜の酒の味 一茶
古池や柳枯れて鴨石に在り 子規句集 虚子・碧梧桐選
合鴨や鍋の中なる冬の暮 三橋敏雄 畳の上
吊し鴨月明を翔けしつばさ垂れ 坂戸淳夫
吊るされて鴨は両脚揃へけり 土肥あき子
吹き溜るごとく鴨降る湾の奥 長谷川史郊
咳きて思ひ寝の鴨乱さゞれ 篠田悌二郎
哲学の道沿ひ鴨も散歩する 高澤良一 宿好 
土器や鴨まつ青によこたはる 青畝
地いまはうるめるを知る鴨の脚 松村蒼石 雁
地を歩くときの楽しさ鴨の顔 沢木欣一 往還
城の松をうしろに鴨の浮びけり 雑草 長谷川零餘子
堰の音静なるとき鴨たてり 米沢吾亦紅 童顔
墓地へさしかかる撃たれ鴨提げて 伊藤敬子
夕波に見えがくれする鴨のあり 上村占魚 球磨
夕波の一つひとつに鴨ゐたる 八木林之介 青霞集
夕風の出てそはそはと鴨の水 石田郷子
夕鴨の一番橋は高かりし 三好達治 俳句拾遺
夕鴨やはるかの一つ羽ばたける 高野素十
夕鴨や二つ三つづゝ水尾明り 高野素十
夕鴨や汀の石に羽づくろひ 比叡 野村泊月
外濠にとぶ鴨遠きおもひ出を 飯田蛇笏 雪峡
外濠の鴨を窗辺に年用意 飯田蛇笏 雪峡
夜あらしや鴨の腹する長等越 水田正秀
夜がらすをそやし立けり鴨のむれ 内藤丈草
夜の鴨に騒(ぞめ)きのありぬ納りぬ 高澤良一 随笑 
夜の鴨玉の如くに浮かびをり 岸本尚毅 鶏頭
夜鴨かな末広がりに声落し 伊藤敬子
夜鴨撃掌に煙草火をかばひ待つ 米澤吾亦虹
夜鴨聴く女体白木の湯に沈め 吉野義子
大き音して鴨の翔ち母死せり 館岡沙緻
大本営鴨啼く月夜深まりぬ 渡邊水巴 富士
大貯水ふるゝもの鴨と松風ぞ 渡辺水巴 白日
大鴨脚化けて出さうな月見哉 尾崎紅葉
天上を鴨わたりゆく響きかな 宇多喜代子
天孫降臨読めば新し鴨鳴く夜 殿村莵絲子 牡 丹
天籟や山のなぞへを鴨の群 文挟夫佐恵
天龍の石原きつて鴨寒し 百合山羽公 故園
太き尻ざぶんと鴨の降りにけり 阿波野青畝(1899-1992)
夫婦鴨さみしくなれば光り合ふ 松本 旭
夫婦鴨芦の中より現はるる 白井良治
夫年今年なく鴨泊つる志賀の海 小原菁々子
奥の江に虹被て鳴けり初鴨は 桂樟蹊子
奥琵琶の鴨の波乗り上手かな 岩崎照子
女らに尻の浮鴨ばかりなり 大石悦子
女三人鴨を尻目に長話 高澤良一 随笑 
好まざる群あるらしく鴨降りず 森田峠
子鴨の瞳二粒必ず翔つ日あり 立岩利夫
宍道湖の鴨と添うたるひと夜かな 飴山實 『次の花』
定まれる席あるごとし浮寝鴨 関森勝夫
宮の船来ますと鴨の波うつり 五十嵐播水 埠頭
寄り合ひて眠れる鴨の首さむし忍従といふとほき生き方 竹下奈々子
寄り寄りに水輪つくりて月の鴨 臼田亜浪
密集の鴨浜名湖の精気なり 百合山羽公 寒雁
寒紅や鴨煮るくちに濃く刷かれ 龍岡晋
寒茜極楽いろに鴨千羽 柴田白葉女
寒菊やつながれあるく鴨一つ 渡辺水巴 白日
寒風の鴨浮き鴉翔ちにけり 齋藤玄 飛雪
射止めたるその手で鴨の深毛撫づ 品川鈴子
少年や鴨をむしりて日向ぼこ 大橋櫻坡子 雨月
尻つきし鴨に水面のへこみけり 宮坂静生
尻振りて玩具めく鴨近寄り来 高澤良一 燕音 
尾白鷲の気配に万の鴨翔ちし 高橋桐子
尾越鴨まづ渡岸寺のほとけ見ん 安東次男
山晴れて湖晴れて鴨動きそむ 市村不先
山水や鴨の羽いろにながれこむ 乙二
山葵田の水初鴨の水と会ふ 石田勝彦 秋興
岬山の没日より現る鴨の群 関森勝夫
岳はなほ白き彫刻鴨かへる 大島民郎
峠こす鴨のさなりや諸きほひ 内藤丈草
川暮れて鴨暮れて灯の遠くあり 石井とし夫
川縁の鴨の口々雪来ると 高澤良一 鳩信 
干し足袋も鴨の形す湖辺宿 右城暮石 上下
幼き日鴨は大きな鳥なりし 村松栄子
底冷えに遇ひたる鴨の真顔かな 高澤良一 寒暑 
廻し来て矢頃の鴨となりにけり 松藤夏山 夏山句集
彼岸まで雪の橋あり睡り鴨 立花波絵
忽ちに降りたる鴨の陣なせる 高浜年尾
怒濤うち鴨を砂丘へ追い上げぬ 水原秋桜子
思ひきや渦より鴨のたちつゞく 佐野まもる 海郷
怠け市民鉄橋色に鴨と染まり 加倉井秋を 『真名井』
恋人よ鴨の頭をさげてゆく 宇多喜代子
恵比須講あひるも鴨に成にけり 利合 芭蕉庵小文庫
悪声の鴨にもつとも近く佇つ 福永耕二
我庭に育ちし子鴨とびにけり 大須賀乙字
手の届く位置に鴨寄る神の池 篠田悦子
手前より杭・葭・鴨の睡る水 高澤良一 さざなみやっこ 
手套より手が出て万の鴨動く 松山足羽
手負ひ鴨望遠鏡の裡にせり 池田秀水
打入りて先づあそぶなり池の鴨 立花北枝
押しあひてへしあひて鴨らしからぬ 行方克巳
拗ね者は鴨にもをりぬ愛すべし 平子 公一
振りあほぐ鴨に皇居の櫻かな 高澤良一 鳩信 
揖斐長良まぎらはしけれ夜鴨鳴く 森田峠 逆瀬川以後
撃ちし鴨掴めば薄眼あけにけり 奥坂まや
故郷へ帰らなんいさ鴨も来し 上崎暮潮
敗荷の千本沼の千羽鴨 文挟夫佐恵 遠い橋
敗荷や笑ふがごとき鴨のこゑ 重信
教会の鐘降る野川鴨ねむる 関森勝夫
数へ日や近くて遠き鴨の声 板谷芳浄
数十と見し鴨翔てば数百羽 川村紫陽
文人とかかはり鴨の骨叩く 水谷芳子
文机やひとへにひゆる鴨の羽 中田剛 珠樹以後
料峭の鴨颯々と行き交うて 高澤良一 素抱 
旅の孤島に撃たれた鴨のごと眠る 浜 芳女
旗行列鴨ことごとく水にならぶ 渡邊水巴 富士
日が暮れて干潟を鴨の歩く音 岩田由美
日にしぶきあげ飛ぶ青首鴨といふ 岡田日郎
日に鴨の白砂あゆむ尾ぶりかな 白雄
日のあたるところがほぐれ鴨の陣 飴山實 『次の花』
日は遠くなり捲き返す鴨の群 臼田亞浪 定本亜浪句集
早春や鴨の名どころ鴨の声 大場白水郎 散木集
明けし戸に夜鴨翔つ音沼住ひ 石井とし夫
明方や城をとりまく鴨の声 許六 十 月 月別句集「韻塞」
星影の揺らぐは鴨の来そめけり 千代田葛彦
星消えてゆき鴨のこゑみづ~し 中岡 毅雄
春雷やあをあをとして鴨の首 岸本尚毅 舜
春風に鴨のあかあし歩きをり 田中裕明 櫻姫譚
時化あとのはぐれ鴨浮く浪逆浦 中村七穂
晩雪に睦みてこゑの鴨と雁 橋本榮治 越在
暁けの湖鴨が祈りの数に見ゆ 田鎖雷峰
暁紅の一川鴨の着いてをり 高澤良一 随笑 
暁紅へ首のべきつてはぐれ鴨 鷲谷七菜子 雨 月
月くらし細江の鴨の羽摶ちたつ 水原秋櫻子
月の出や鴨さざなみに嘴つけて 藺草慶子
月の面にかゝりし鴨の撃たれけり 藤原たかを
月光を葦に沈めて鴨のこゑ 松村蒼石 雁
朝寒の松につく鴨の雫かな(山部の池) 廣江八重櫻
朝顔よおもはじ鶴と鴨のあし 山口素堂
朝鴨に比し夕鴨は寂と居き 瓜人
朝鴨のみな首立てて飛ぶことよ 安東次男 裏山
木の葉舞ふ雪に小鴨のせり合へり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
木偶鴨に鴫か千鳥か鳴いてゐる 木村蕪城 寒泉
木偶鴨の畦にならびし佛生会 関戸靖子
木偶鴨の眼のかなしくて雪降れり 関戸靖子
木偶鴨の眼ひらきしまま流れ寄る 関戸靖子
木偶鴨を積み枯菰へ投げ碇 木村蕪城 寒泉
未明より海も動きて鴨啼ける 百合山羽公 寒雁
末枯れやカレー南蛮鴨南蛮 田中裕明
杉焼にこげついて鴨うっぽっぽ 加藤郁乎 佳気颪
杉玉を吊る軒端より鴨が見え 爽波
来し鴨に雨の水輪の賑ひぬ 石田あき子 見舞籠
来し鴨のおどろき易く陣なせり 田辺夕陽斜
来そめたる鴨いりあひの鐘近く 松村蒼石 雁
来るまでは遅し早しと鴨のこと 中井冨佐女
来世もかく飛ぶ鴨が鴨を見る 三好潤子
東大の構内にして鴨の波 稲畑汀子
松は高し暮天を移る鴨の声 斎藤空華 空華句集
松明消えて江の音寒し鴨の声 雷夫
枕まで海の暁紅鴨の声 百合山羽公 寒雁
林泉の鴨寒の虚空にしばし舞ふ 西島麥南
枯るるもの枯れて鵜の島鴨の島 大木あまり 火球
枯草に鴨の彩羽をむしりすつ 臼田亞浪 定本亜浪句集
枯蓮を被(か)むつて浮きし小鴨哉 夏目漱石 明治二十八年
枯蓮を離れて遠し鴨二つ 抱琴
枯蘆や夜々に折れ込む鴨の上 素丸
栃木屋の鴨啼いて松過ぎにけり 藤田あけ烏 赤松
梓川清流合す処に鴨 高澤良一 素抱 
椋の実が熟れ海からも鴨のこゑ 須並一衛
榛咲くや水に潰え込む鴨場道 高田蝶衣
横川遠からずと言はれ鴨料理 森田峠 三角屋根
橋立の海荒れつゞき鴨来る 島谷王土星
次の間にきのふの鴨の吊しある 京極杞陽 くくたち下巻
歓びに似て着水の鴨数羽 椎橋清翠
武蔵野の此処に水凝り鴨呼ばふ 臼田亞浪 定本亜浪句集
歯固めの美濃の青頸鴨なるよ 大石悦子
死を透かしひろげし鴨の羽二枚 柴田白葉女
残照のいづこの野水鴨のこゑ 百合山羽公 故園
残照のきらめきとなり鴨消えぬ 米沢吾亦紅 童顔
母訪はぬ一日一日や鴨の声 永田耕衣 奪鈔
毛衣につつみてぬくし鴨の足 ばせを 芭蕉庵小文庫
毛見に云ふ虫がつかねば鴨がつき 高野素十
毫を吹いて弾痕蒼き鴨の胸 内山忍冬
水すでに夕辺の気配鴨鳴けば 加藤耕子
水の上に四五羽の鴨の来てをりぬ 今井杏太郎
水の空出でずて鴨の或は低し 原田種茅 径
水ひかる二月真鴨は月の鳥 石原舟月
水上や風にしたがふ鴨の笛 松村蒼石 寒鶯抄
水中の脚覚めてをる浮寝鴨 千原叡子
水中まで鴨の足跡ありて見ゆ 大串章
水凝て鴨なく星の林かな 椎本才麿
水噛んで浮寝の鴨となりにけり 岸田稚魚 『花盗人』
水底に消えし鴨山青すすき 土谷和生
水底を見て来た貌の小鴨かな 内藤丈草
水禍より起き立ちてはや鴨を撃つ 百合山羽公 故園
水葬のありしは昔鴨の海 小原菁々子
水靄の立ち込め鴨を遠くせり 新川智恵子
氷上にばらまきしごと鴨のゐる 石井とし夫
氷上に上りし鴨の足歩く 嶋田摩耶子
永き日の月山よぎる番鴨 堀口星眠
江の鴨に橋ろんろんと響く夕 松村蒼石 雪
池に浮く鴨もそぞろや草萌ゆる 松本たかし
池の雪鴨やあそべと明けて有り 千代尼
池の鴨さくらもみぢの梢越し 瀧井孝作
池の鴨森の鴉や夕時雨 寺田寅彦
池重く鴨のたつきの淡々し 松村蒼石 雁
汽車におどろく鴨におどろく旅人われ 臼田亞浪 定本亜浪句集
汽車に驚く鴨におどろく旅人の我れ 旅人 臼田亜浪
沖照りてわれには見えず波の鴨 篠田悌二郎
沙魚釣や近く小鴨の群飛べる 小澤碧童 碧童句集
没り日いま尾越の鴨か湖に浮き 石川桂郎 高蘆
河口ものうし鴨の喉笛どこにゐても 加倉井秋を 『真名井』
河骨の群へまぎれしはぐれ鴨 三宅郷子
沼凍てて鴨一族に空もなし 河野南畦 湖の森
沼空に星満ちて翔つ鴨もなし 石井とし夫
沼空のどこかにいつも鴨飛べり 石井とし夫
沼翔ちし鴨月めざし月めざし 石井とし夫
沼面より迎へ翔つあり鴨来る 石井とし夫
波まぶし湖心の鴨の陣見えず 高浜年尾
波よけもして受けもして鴨の胸 大木あまり 火球
波光るとき鴨いづこ鳰いづこ 稲畑汀子 汀子第二句集
波立てゝ何故に鴨陣をとく 高木晴子
注連かけて鴨の字隠る翁塚 林翔 和紙
派手好きな鴨の二三羽交じりゐし 高澤良一 ぱらりとせ 
流るるにまかせて鴨の寝溜めどき 平子 公一
流れをる川とも見えず鴨流る 石井とし夫
浮く鴨に志賀のさざなみ細かなり 山口誓子 紅日
浮寝鴨の濡れ身そのまま夜に入る 桂信子 花寂び 以後
浮寝鴨ベンチに戦禍のニュース読み 関森勝夫
浮寝鴨薄眼入日の金枯葦 桂信子 花寂び 以後
浮寝鴨覚めては羽摶つふたみたび 鈴木貞雄
浮御堂すこし見下ろす鴨の宿 後藤夜半
浮鴨の暮れしまなこに二羽離れず 佐野美智
浮鴨の近きいちにち松の雨 岡井省二
浮鴨や泊りぐせなる沖の雲 高井北杜
海くれて鴨のこゑほのかに白し 芭蕉
海に出て伸縮自在鴨の列 右城暮石 上下
海に鴨発砲直前かも知れず 山口誓子(1901-94)
海の鴨あはれまむにもみな潜く 誓子
海口へ寄る無垢のこゑ鴨の群れ 原裕 青垣
海暮れて鴨の声ほのかに白し 芭蕉
海穏やか鴨一族の他はなく 阿部みどり女
海苔粗朶の茫々と鴨弾み入る 桂樟蹊子
涸れ沼の一枚の反り鴨落ちる 小松崎爽青
混沌と来てすぐ揃ふ鴨の陣 中村明子
渦潮にいま撃たれたる鴨の廻ふ 佐野まもる 海郷
湖すれすれ鴨飛ぶ息をつゞかしめ 右城暮石 上下
湖に添ふ一筋町や鴨のこゑ 大東晶子
湖に鴨琴糸作り見も知らず 石川桂郎 高蘆
湖の北まだ来ぬ鴨の臭ひする 三好潤子
湖の村鴨の来る日をこころ待つ 伊藤敬子
湖の芥に添うて流れる鴨の羽 桂信子 遠い橋
湖を鴨で埋たる夜あけかな 士朗
湖上に降る鴨の比良組比叡組 高澤良一 鳩信 
湖北に寝てなほ北空の鴨のこゑ 橋本多佳子
湖離る鴨のこころも昼霞 高澤良一 鳩信 
滝つぼを覗いて見たる小鴨かな 程己 十 月 月別句集「韻塞」
漆黒の夢の切れ目に鴨のこえ 澁谷道
潮に泛く鴨の羽がひに夕明り 奏鳳
澪すぢも鴨のなかなるもどり舟 柳芽
火を焚いて鴨惜しみなく発たせけり 鳥居美智子
灯とは無縁の暮し鴨番屋 中村田人
炉辺の父鴨をくはへて子におどけ 雑草 長谷川零餘子
炭なくて鴨になりたき老いの冷え 中勘助
炭斗を跨ぎて鴨の丁子屋に 鈴木しげを
点きてすぐ外燈熟るる鳴く鴨に 宮津昭彦
烈風に向きかへ鴨の陣を敷く 野田節子
烈風の真鴨が月になりにゆく 吉田紫乃
焚火消すうす暗がりに鴨の列 右城暮石 声と声
焼土も済む里人に鴨来初む 廣江八重櫻
燃ゆる日に盲ひず鴨の翔ち連るゝ 森田峠 避暑散歩
父死後の湖や初鴨浮き沈み 関戸靖子
物書きて鴨にかへけり夜の雪 笹山 菰堂 五車反古
猟夫と鴨同じ湖上に夜明待つ 津田清子 礼 拝
現世をはみ出して行く鴨数羽 小泉八重子
甘茶寺番野鴨にあひしのみ 堀口星眠 営巣期
田にゐたる鴨が初日をよぎり飛ぶ 水原秋桜子
町川に鴨のふえたり障子貼る 石黒哲夫
番ひ鴨遠くはとばずまた浮寝 下村梅子
番屋留守鴨は餌附の頃なるに 添田棗之
畫架たたむ夕日の鴨の飛ぶ下に 石田あき子 見舞籠
病む鴨の真菰がくれに陽炎へる 鈴木貞雄
痛み羽をたゝみきれざる浮寝鴨 右城暮石 上下
白き胸こちらに向きし湖の鴨 右城暮石 上下




白山の雪解水に鴨の浮く 岸本尚毅 舜
白日に向ふ鴨あり皿に鴨 斎藤玄
白湯さめるころ葦鴨をみてゐたり 緒方 敬
百千の鴨の一つとなり湖上 高澤良一 鳩信 
眠り深き鴨を手を拍ち翔たしむる 八木絵馬
眠れるはよべの月夜に来し鴨か 石井とし夫
眦に乱るる日差し鴨の湖 正木ゆう子
着替へむと畳を立つや鴨とべり 岡井省二
石垣に鴨吹きよせる嵐かな 碧梧桐
確定申告済ませ鴨見て帰らなん 高澤良一 寒暑 
神の池屯す鴨に波を敷く 橋本鶏二 年輪
神路山鴨ゐつくより日のくもり 宮武寒々 朱卓
禁猟の鴨ひしめきのこれの池 鈴鹿野風呂 浜木綿
秋の日をみだして鴨はまた水へ 臼田亜浪
称名寺鴨も花見と洒落にけり 高澤良一 素抱 
税務署の窓越しに見る鴨の池 高澤良一 寒暑 
種俵飼ふはつがひの真鴨なり 木津柳芽 白鷺抄
稼ぎ鵜の一つが翔たす遊び鴨 石塚友二 光塵
空にひびく波や見張りの鴨の首 原コウ子
空谿の何の谺ぞ鴨かへる 藤田湘子
立ち上り雨ふりはらふ鴨かなし 青邨
立て直すまでがなかなか鴨の陣 小川玉泉
立春をきのふに鴨の青夜空 佐野まもる 海郷
竹生島くもらす玻璃や鴨料理 岩崎照子
竹藪の裏は鴨鳴く入江かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
箒川鴨横向きに流されて 高澤良一 寒暑 
籾磨や鴨がつきゐて光る沼 米沢吾亦紅 童顔
納税期鴨は汽水に遊びをり 高澤良一 随笑 
紺に溺れていくたびも鳴く秋の鴨 細谷源二
終ひ鴨炙り惜しみつ簾巻き 石塚友二 方寸虚実
綱切れてゐるを知らずに木鴨浮く 森田峠 避暑散歩
綺羅星の中をつゝきる鴨を撃つ 石井とし夫
群れてゐるほどには鴨の声のなく 石井とし夫
群れ着きし鈴鴨に闇顫へけり 橋本榮治 麦生
群鴨の中より出でゝ鳰となる 石井とし夫
羽摶つ鴨われに真白き胸ひらき 石田あき子 見舞籠
翔ちし鴨翔たざる鴨へ引き返す 右城暮石 上下
翔つてゆく鴨にしばらく影の蹤き 石井とし夫
耳漏の子の耳昏るる鴨脚草 磯貝碧蹄館
聲奏づシヨパン生家に初鴨も 依田明倫
胸に嘴埋めて鴨の自閉せる 津田清子
胸はつて真鴨と小鴨出あひけり 成瀬桜桃子 風色
胸毛に五指入れ鴨の屍をいつくしむ 津田清子 礼 拝
腕ほそくして鴨鍋の炊上手 堀口星眠 樹の雫
腰あげて三日の鴨を見にゆくか 鈴木しげを
膨らみて鴨ことごとく日を抱く 岩垣子鹿
臘梅に声の不思議は鴨のこゑ 森澄雄 鯉素
自動車の灯にまつくらな鴨の湖 波多野爽波 鋪道の花
舟みちや日当りながら浮寝鴨 今井杏太郎
舟中に十羽の鴨のむくろかな 野村喜舟 小石川
舟瀞に又見出したるさきの鴨 島村元句集
舫はれし如く灯影の浮寝鴨 行方克巳
船が吐くけむりの海を鴨すすむ 下村槐太 天涯
芦の間を雄鴨ゆくから雌鴨もゆく 橋本美代子
芦よりも静かに吾は鴨を見る 橋本美代子
芦鴨のさはがぬ宿も石の上 立花北枝
芦鴨の寐るより外はなかるべし 巣兆
花からすうり加茂社には鴨の絵馬 吉田紫乃
花の川往き来の鴨の頭の茶いろ 高澤良一 素抱 
花の間鴨広がりて広がりて 高澤良一 随笑 
茫々と湖に雪降り鴨のこゑ 豊長みのる
茶のベスト着込み鴨見と洒落込まむ 高澤良一 随笑 
茶の花や夕ベ飛ぶ鴨の腹を見し 碧雲居句集 大谷碧雲居
茶碗屋の柱に真鴨吊られけり 黒田杏子
草の穂を啄む鴨の身を反らす 岩田由美
荷(か)たれて母にそふ鴨の枕蚊帳 山口素堂
菖蒲田の鳴き翔つ鴨に若井汲む 由基人
萍に何を喰フやら池の鴨 服部嵐雪
落ち方の月にはばたく鴨多し 岩崎照子
落日の大きかりける鴨の陣 佐草佳子
葱多く鴨少し皿に残りけり 高浜虚子
蕪村 ■ 鴨河のほとりなる田中といへる里にて
蕪翁句集 巻之下 蕪村 ■ 鴨河のほとりなる田中といへる里にて
薄氷に鴨のつくりし鴨の道 小野ひさし
薄氷割る音たてて鴨の胸 橋本美代子
藤枯れて小さな鴨の流れゆく 岸本尚毅 鶏頭
藻も枯れてあるがままなる鴨の水 臼田亞浪 定本亜浪句集
藻疊はよきや鴨たち雨の中 山口青邨
蘆かげに声出したるは手負鴨 石井とし夫
蘆の上一羽となりし鴨とべり 大橋櫻坡子 雨月
蘆間よりたちしが月の鴨となる 下村梅子
虚子の鴨立子の鴨と見て立ちぬ 波多野爽波 『湯呑』
蛙鴨く水田もそこに婚儀ミサ 下村ひろし 西陲集
行き違ひたり鴨の水尾鳰の水尾 行方克巳
行く鴨にまことさびしき昼の雨 楸邨
行く鴨のまことさびしき昼の雨 加藤楸邨
行く鴨の嘴ほどの月懸りをり 堀口星眠 営巣期
街の灯の消ゆれば水に羽摶つ鴨 石塚友二 光塵
被写体とするには動き過ぎる鴨 高澤良一 寒暑 
西施湖に鴨来るころを船遊び 野見山ひふみ
見張り鴨動かず波に身を任せ 右城暮石 上下
見張り鴨鳴けば百羽の羽音立つ 中島京子
見張鴨らしきは陣を外れてをり 井上明華
見馴れざる鳥目に刺せる鴨の網 後藤夜半
覚めし鴨生きつぐ水輪生みにけり 鈴木貞雄
覚めつつ渡る波の先々鴨の群 中拓夫
親鴨の水尾のかばへる子鴨かな 西村和子 かりそめならず
親鴨の水輪の中の子鴨かな 早川志津子
観察小屋窓を覗けば鴨ばかり 高澤良一 宿好 
許されしからだがひとつ鴨池に 攝津幸彦
谺たつる鈴鴨の音や水明り 高田蝶衣
豊年や尾越の鴨の見ゆるとき 森澄雄 鯉素
貯水池も既に歴史や鴨が来る 深見けん二
貰ひたる鴨をしたたる雨雫 大野林火
踏青や遠さざなみの芯に鴨 岡本眸
軒下にまでも夜鴨のくる話 石井とし夫
軽装のわれら三人鴨の陣 原裕 青垣
輪飾に鴨の抜け羽や浮御堂 米澤吾亦紅
辛夷咲く鴨の百羽をまぶしめば 大木あまり 火球
辷る鴨うづくまる鴨雪降れり 高澤良一 さざなみやっこ 
週末は帰らぬ鴨のいるほとり 園田芳久
遠い女シベリヤの鴨潟に浮き 西東三鬼
遠き鴨蜑の早寝に雪積り 林翔 和紙
遠嶺より日あたつてくる鴨の水 桂信子 遠い橋
遠干潟沖はしら波鴨の声 上島鬼貫
遠眼鏡浮寝の鴨を偸み見る 大橋敦子 手 鞠
遠鴨に目やりて年ぞ新たなる 木村蕪城 寒泉
遥けさの初鴨の声聞きとむる 皆川盤水
酷寒鴨の臓腑花の如し霜の上に捨つる 安斎櫻[カイ]子
醜女日記<鴨をむしり・少年をほどく> 星野石雀
野あやめを尻なし鴨のたつことよ 八木林之介 青霞集
野畠や鴨追ひのけて摘む若菜 中村史邦
釣人の撒く餌に陣を乱す鴨 内堀冬湖
鈴鴨の声ふり渡る月寒し 服部嵐雪
鈴鴨の揺すりて池の面動く 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
鈴鴨の虚空に消ゆる日和哉 成田蒼きゅう
鈴鹿炭盛りて炭取鴨を煮る 亀井糸游
長き夜も尾越の鴨に明にけり 加舎白雄
長き水尾惜しくも鴨のとゞまりぬ 森田峠
閑庭や芝枯れてねむる鴨ふたつ 水原秋櫻子
闇汁や其のかの鴨の足の骨 会津八一
陣移し鴨の日向を移したる 山田弘子
階段がやたらとひびき鴨の宿 三村純也
隔絶や鴨の柔毛も水の上 横山白虹
隠れ逢ふ鴨かはぐれて来し二羽か 西村和子 かりそめならず
雁鴨の喰物探す冬田哉 吟江
雁鴨や輪違ひめぐる水けぶり 蘇人 芭蕉庵小文庫
雄鴨鳴いて浮巣の雌鴨まじろぎぬ 菅原師竹句集
雑談の合間に鴨の移りをり 高澤良一 寒暑 
離れゆく一羽について行きし鴨 西村和子 かりそめならず
雪が道消してしまひぬ鴨番屋 関戸靖子
雪に獲れし鴨にて雪にとゞきけり 久保田万太郎 草の丈
雪の余呉琵琶湖の鴨の来て泳ぐ 西村公鳳
雪の暮鴨はもどつて居るような 與謝蕪村
雪の濠鴨がひきずる水尾の尖 田川飛旅子 花文字
雪の鴨ひとりの夢は醒め易し 荒川幸恵
雪の鴨わかさぎ逐ふか水にかくれ 渡邊水巴 富士
雪催翔ちきつたるや鴨の青 齋藤玄 飛雪
雪告ぐるラヂオの泊り鴨啼く夜 森川暁水 淀
雪尾根の日に炎えて鴨落ちにけり 堀口星眠 営巣期
雪折の松に鴨ゐる御陵かな 大橋櫻坡子 雨月
雪解田の流れの外に鴨の浮く 深谷雄大
雲越えてきし鴨虹を生みにけり 林たかし
雲集の鴨やこころは北に向け 百合山羽公 寒雁
霙るるや鞍掛橋の鴨南蠻 龍岡晋
霜腹の寐ざめねざめや鴨のむれ 内藤丈草
霜腹の寝ざめ寝ざめや鴨のむれ 丈草 芭蕉庵小文庫
霧ながれ青首鴨の流れ過ぐ 渡邊千枝子
青き鴨もはらに鳴ける霙かな 篠田悌二郎
青き鴨波翔けめぐり初日いづ 水原秋櫻子
青竹に鴨を擔ふて通りけり 松瀬青々
青首の鴨釣りてあり料理の間 赤木格堂
須佐之男が裂きし鴨裂くたましひも 齋藤玄 『狩眼』
頭の重い鴨の一羽を撃ち墜す 宇多喜代子
顔面正中子午線鴨も去つたあと 竹中宏 句集未収録
風きつく崩れ出したり鴨の陣 高澤良一 素抱 
風のなか傷の鴨だけがみえる 澁谷道
風やめば櫓が映り鴨の濠 後藤比奈夫 紅加茂
風上ヘリズムをとりて鴨の首 高澤良一 ぱらりとせ 
風切羽しかと子鴨の育ちけり 捧敏郎
風吹けば風の方見て見張鴨 佐藤信子
風少し吹いて真鴨のよろけ縞 高澤良一 随笑 
風立てば鴨の浮き足月の出雨 桂信子 花寂び 以後
風花のあとの夕日に鴨濡るる 宮津昭彦
飛ぶ翼持ちゐて鴨は撃たれたり 三好潤子
飛ぶ鴨の羽音爽やか打たるるな 羽部洞然
飛ぶ鴨も夕日も波のしぶく中 橋本榮治 麦生
餌を与ふまでは仲良き鴨の陣 友水 清
首猶も前へ前へと鴨助走 高澤良一 ぱらりとせ 
馬酔木咲くかげは夕さり羽白鴨 木津柳芽 白鷺抄
鳰どりに鴨添ひゐてや寒見舞 岡井省二
鳴き交しゐて鳰は鳰鴨は鴨 三村純也
鳴き合ふ時鴨の青頸瑠璃含む 知世子
鳴く声の風に舞ひくる鴨の群 森田ヤス
鴛鴦(をし)鴨のつくべき水の見晴かな 林紅 俳諧撰集「有磯海」
鴛鴦や眠りもぞする鴨の中 野村喜舟 小石川
鴛鴨がなけば枯たつ芦辺哉 士朗
鴨あはれ宙青ければ鳴き乱れ 細谷源二 砂金帯
鴨あまた浮かべし湖や諏訪の神 木村蕪城 一位
鴨うちに城下出るや小殿原 魚赤 五車反古
鴨うつる宮のみ船のゆくなべに 五十嵐播水 埠頭
鴨うてばとみに匂ひぬ水辺草 芝不器男
鴨おりて水まであゆむ氷かな 服部嵐雪
鴨がひく波光櫟の幹にさす 川島彷徨子 榛の木
鴨がやがや云うて蓮葉枯らすなり 高澤良一 随笑 
鴨がゐて鳰がゐて池なつかしき 藤松遊子
鴨が啼く午後のもつともさびしきとき 加倉井秋を 午後の窓
鴨が着く水がくぼみてむかへけり 八木林之助
鴨が鴨とあふまでの水尾長かりき 鎌倉佐弓 潤
鴨き出でし滝の中なる河鹿かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
鴨くると能面蔵の小窓かな 山本洋子
鴨こぞり夕逆浪に闇待てり 松村蒼石 雁
鴨すべて東へ泳ぐ何かある 森田 峠
鴨すべる己の影をぶらさげて 有馬朗人 耳順
鴨たちて比良の遠山ひかるなり 岸風三楼 往来
鴨たちの手毬のごとく眠りをり 尾崎真理子
鴨たつや影より己ひきちぎり 有馬朗人 耳順
鴨たつ音縁の日向にききにけり 川島彷徨子 榛の木
鴨たてゝ再びねむる野山かな 前田普羅 能登蒼し
鴨とぶやゆたにたゆたに初御空 森澄雄 所生
鴨とんで昼月ありと知られけり 宮津昭彦
鴨なくやはつかに小田の忘れ水 二柳
鴨なくや乱松繞る外郭 高田蝶衣
鴨なくや弓矢を捨て十五年 去来
鴨なけり枯穂の金がひた眩し 楸邨
鴨なんばんごときで胃の腑喜びぬ 高橋弘道
鴨に囲まれてさつぱり温もらず 岡本眸
鴨に聞かす終の住処の話など 西村和子 かりそめならず
鴨に餌を投げたる水の暗さかな 石田阿畏子
鴨ねむりくらき雪嶺湖に満つ 堀口星眠 火山灰の道
鴨ねむる水の変貌深まりて 古舘曹人 能登の蛙
鴨のうしろ鵜の首が立つ寒さかな 蓬田紀枝子
鴨のこる池が真中競馬場 飯島晴子
鴨のこゑそのうしろより闇のこゑ 野澤節子 『駿河蘭』
鴨のこゑ凍のゆるみし田ゆきこゆ 川島彷徨子 榛の木
鴨のこゑ月照るかぎり雪はだら 金尾梅の門 古志の歌
鴨のたつ重き羽音やまくらがり 小澤満佐子
鴨のなげきどんなめがねをかければ知るや 細谷源二 砂金帯
鴨のなげき共々空に首のべて 細谷源二 砂金帯
鴨のみちはや秋旻によこたはる 佐野まもる 海郷
鴨の中の一つの鴨を見てゐたり 高浜虚子(1874-1959)
鴨の中よけてあちこち小鴨かな 樗堂
鴨の入れ首うらうらと深空あり 飯田龍太
鴨の名にいやに詳しき女ゐて 高澤良一 鳩信 
鴨の嘴黄によごれたる寒さかな 松瀬青々
鴨の声またの風邪忌む早寝かな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
鴨の声イエス泣かせてあるらむか 齋藤玄 『無畔』
鴨の声松籟松を離れ澄む 茅舎
鴨の声蜜柑ひそかに母にやる 永田耕衣 奪鈔
鴨の子のすすむ浮葉の径重畳 山口青邨
鴨の子の流れんとする水嵩かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
鴨の子の芦根離れぬあつさかな 桐渓 芭蕉庵小文庫
鴨の子の頭並べて親を見る 本田 空也
鴨の子を水面に追うてゐる歩み 稲畑汀子
鴨の子を盥に飼ふや銭葵 正岡子規
鴨の居るあたりもつとも光る湖 稲畑汀子
鴨の岸仕事人間やめにけり 鈴木しげを
鴨の川の未明や獄の時計塔 松村蒼石 雪
鴨の布陣河口どこから昏れてもよし 加倉井秋を 『真名井』
鴨の来てありあまる日や十三湖 山本洋子
鴨の来て鏡となりし網走湖 伊藤敬子
鴨の死を金色の日が包むなり 柴田白葉女 『冬泉』
鴨の毛の流れとまるや芹の中 老鼠堂永機
鴨の毛や笊打たゝく軒の水 召波
鴨の毛をむしりに下りし水辺かな 比叡 野村泊月
鴨の毛を捨るも元の流かな 炭 太祇 太祇句選
鴨の水かしこき苑の松の影 石塚友二 方寸虚実
鴨の水ばかりとらへて遠眼鏡 高澤良一 ぱらりとせ 
鴨の水ゆるびて皺む塔の影 松本進
鴨の水尾光る日和の定まりて 高濱年尾 年尾句集
鴨の水曲りゐるゆゑせせらげり 加倉井秋を 午後の窓
鴨の水舟遣る人に活計の和 石塚友二 方寸虚実
鴨の池さりげなく鴛鴦をゆるす 松村蒼石 雪
鴨の池にまだ落葉ふる少しづゝ 阿部みどり女 笹鳴
鴨の池木の間をもつて輝やけり 加倉井秋を 午後の窓
鴨の池隔てゝ花を遠眺め 高濱年尾 年尾句集
鴨の波およばぬかたは凍りをり 平松弥栄子
鴨の波夕明りしてひろごれり 素十
鴨の泥くさきを鴨の雑煮かな 野村喜舟 小石川
鴨の洲を越えしばかりに襲の国ぞ 吉田紫乃
鴨の浮くあたり日ざして霧深し 臼田亞浪 定本亜浪句集
鴨の海二羽づゝ立つてあともなし 前田普羅 新訂普羅句集
鴨の猟真青き潮を漕ぎゆける 佐野まもる 海郷
鴨の目の水すれすれにして進む 岸本尚毅 鶏頭
鴨の空ふかくうつりて浦碧し 佐野まもる 海郷
鴨の群下り来て乱すさかさ富士 熊田 鹿石
鴨の羽に雪降り汀までは寄らず 猿橋統流子
鴨の背に夕日やのこす雪のあし 膳所-支幽 俳諧撰集「有磯海」
鴨の胸波の高さの見ゆるなり 石田勝彦 秋興
鴨の脚冷たかりける歳暮かな 岡本松浜
鴨の脚泥のよごれも無りけり 松瀬青々
鴨の足や今は氷の下紅葉 笑角 選集「板東太郎」
鴨の道見はるかされて鴨遅し 森田峠 避暑散歩
鴨の陣うしろは隙間だらけなり 小島花枝
鴨の陣ただきらきらとなることも 皆吉爽雨
鴨の陣たゞきら~となることも 爽雨
鴨の陣はつきり雪の山ぼうと 波多野爽波 鋪道の花
鴨の陣一羽羽摶てばしたがひぬ 長山順子
鴨の陣二派に別れて事も無し 堀之内和子
鴨の陣出来て互に往来する 遠藤梧逸
鴨の陣夜を放ちたる沼の蒼 野澤節子 黄 炎
鴨の陣崩してしまふさあ知らぬ 高澤良一 寒暑 
鴨の陣照り昃りして波の間に 福田蓼汀 山火
鴨の陣端からめくれ翔ちにけり 石井とし夫
鴨の陣絶壁の裾はやゆふべ 福田蓼汀 山火
鴨の陣総立ち吾を置きざりに 大橋敦子
鴨の陣総翔ち吾を置き去りに 大橋敦子 手 鞠
鴨の陣縮まつてきし暮れてきし 石井とし夫
鴨の陣退きてにはかに水昏るる 守谷順子
鴨の餌を水輪に投げて元闘士 大木あまり 火のいろに
鴨の首ゆたかに青しちちははよ 柿本多映
鴨の首振って大きな波を越ゆ 高澤良一 ぱらりとせ 
鴨の骨叩く音なり二階まで 後藤綾子(1913-94)
鴨はみな沖を見てゐる驟雨かな 仙田洋子 雲は王冠
鴨は点*えりは線なり雨の降る 塙告冬
鴨は野に合ひあらしに霽れる不在郷(ドノゴオ・トンカ) 加藤郁乎
鴨は雫雑木に移す涅槃かな 大木あまり 山の夢
鴨もろく飛雪に遠く撃たれけり 蛇笏
鴨も菜もたんとな村のみじめさよ 一茶 ■文化十二年乙亥(五十三歳)
鴨やさし漕ぐは伯耆の女学生 清水基吉 寒蕭々
鴨ゆくや水甕満たす艀妻 塩谷はつ枝
鴨よりも暗くたゆたうよ撞球(たまつき) 渋谷道
鴨らしづかに氷のふちに乗りならぶ 西垣脩
鴨わたり太白月と冴えのこる 木津柳芽 白鷺抄
鴨わたり来て山の幅人の幅 大木あまり 山の夢
鴨ゐると鳰ゐると月澄みにけり 行方克巳
鴨を得て鴨雑炊の今宵かな 松本たかし
鴨を撃つ指の銃にて一羽づつ 勝井良雄
鴨を撃つ沼の響きに町は寝し 石井とし夫
鴨を煮て素顔の口に運ぶなり 澁谷道
鴨を見て京の五条の橋の上 高澤良一 宿好 
鴨を見に常連さんの身拵ヘ 高澤良一 さざなみやっこ 
鴨を見るコートの下に喪服着て 深見けん二
鴨一団鴨一団とすれ違ふ 蓮見勝朗
鴨一羽ゆるむ春日をくぐり翔ぶ 原裕 葦牙
鴨一羽帯にはさむや年の市 涼莵
鴨一羽翔ち遅れ飛ぶ船の上 右城暮石 上下
鴨一羽虹の真下で撃たれけり 和田耕三郎
鴨一羽離れて潟の夕波に 本岡 歌子
鴨並みて胸に陽当る次子得たし 奈良文夫
鴨乱舞せしあと空の澄んでゐし 石井とし夫
鴨先陣きて紀の川の水緊まる つじ加代子
鴨去ぬと土師の里人畠に出づ 岸風三楼 往来
鴨又翔つ飢ゑて氷噛む農家族 齋藤玄 『玄』
鴨吹かれ寄る沼尻に診療所 宮津昭彦
鴨啼いてともし火消すや長*だ亭 子規句集 虚子・碧梧桐選
鴨啼いて一番星の出てゐたる 石井とし夫
鴨啼いて小鍋を洗ふ入江哉 正岡子規
鴨啼いて山の日暮をさそひけり 福永みち子
鴨啼くや上野は闇に横はる 正岡子規
鴨啼くや弓矢を捨てて十余年 向井去来(1651-1704)
鴨啼くや湯宿の縁の夕じめり 井本農一
鴨啼や弓矢を捨て十余年 去来
鴨四五羽翔ち二三羽のおくれ翔ち 深見けん二
鴨四五羽翔つより馬橇湖に沿ひ 田村了咲
鴨墜つや銃をはなるゝ銃煙 大橋櫻坡子 雨月
鴨宿の主が月に大欠伸 橋本鶏二 年輪
鴨宿の壁で笑つてゐる女優 佐々木六戈 百韻反故 初學
鴨宿の裏あらはなり鳰 中井余花朗
鴨山の端山の茸を狩りにけり 田中静龍
鴨山へ我ら二三子時雨ゆく 井上哲王
鴨待てば危惧なき鴉聲落す 津田清子
鴨待てば梟の鳴きはじめたる 森田峠 避暑散歩
鴨打ののつと加はる夜汽車かな 中村汀女
鴨打の家の女房子を抱く 高野素十
鴨打の弾音直かに来る皷膜 石塚友二 方寸虚実
鴨打の犬が先づ乗る渡舟かな 橋本若布
鴨打の舟か湖心にそれと見ゆ 高濱年尾 年尾句集
鴨打をひそませ下る小舟かな 島村利南
鴨探がす船中湖に堪能して 右城暮石 上下
鴨探がす船湖を割りすゝむ 右城暮石 上下
鴨提て雪間出で来し丹波人 松瀬青々
鴨撃たる吾が生身灼き奔りしもの 橋本多佳子
鴨撃ちが行き鮒釣が帰り来る 岸風三樓
鴨撃ちし火の粉を蘆のふりかぶり 石井とし夫
鴨撃ちにあらがふごとく葦彳てり 竹下しづの女句文集 昭和二十四年
鴨撃ちに今出し父や銃の音 念腹
鴨撃ちに空の鴨道月出でぬ 高野素十
鴨撃ちのはじまつてゐる耳の中 東條中務
鴨撃ちのふりむかざるはやさしかり 宮坂静生
鴨撃ちの素破射損じし鴨翔てり 石塚友二 光塵
鴨撃ちの通りしあとの初氷 長谷川かな女
鴨撃つて喜ばるるは薪を炉に 石川桂郎 四温
鴨撃の金子兜太のやうな顔 今井杏太郎
鴨暗し我と向きあふ大宮忌 沼尻巳津子
鴨来そめ豊かなる潮にたゆたへり 松村蒼石 雁
鴨来ると湖畔のみ堂ほとけ満つ 皆吉爽雨 泉声
鴨来るや城址に残る薬研堀 恵良いさ子
鴨毟る雪降らざれば止まぬなり 多佳子
鴨池につき出し山の薄紅葉 高野素十
鴨池に鴨みな去りしあとの鴨 赤岡淑江
鴨池を発たんとやっさもっさして 高澤良一 随笑 
鴨池を翔ち来し鴨が頭上飛ぶ 右城暮石 上下
鴨泛いて日向は餅を焼く匂ひ 長谷川双魚 風形
鴨泛べさざ波もなし逆富士 川村紫陽
鴨泳ぐ短かき澪は遊ぶ鴨 田川飛旅子 『薄荷』
鴨泳ぐ胸に日の輪をまるく掛け 上野章子
鴨流れゐるや湖流るるや 深見けん二
鴨浮かべ落暉一つに沼はあり 石井とし夫
鴨浮けて千代田区千代田一番地 稲垣きくの 牡 丹
鴨浮寐家居愉しみゐるごとく 藤崎久を
鴨浮寝ときに覚めては向きかふる 高浜年尾
鴨浮寝はぐれし一羽降り来たり 橋本多佳子
鴨浮寝家居たのしみゐるごとく 藤崎久を
鴨浮寝更に遠くに数知れず 桑田詠子
鴨浮寝海苔粗朶に汐みちわたり 高濱年尾 年尾句集
鴨消しの仁丹を召す院家かな 河野静雲 閻魔
鴨深き眠りの底にある渚 吉村ひさ志
鴨狙ふ尾白鷲木に身じろがず 南秋草子
鴨猟が闇米の縁つくるとは 米沢吾亦紅 童顔
鴨猟の舳を月に触れすゝむ 佐野まもる 海郷
鴨猟やてのひらほどの火を育て 河野南畦 『空の貌』
鴨番に亡夫を問はれてゐたりけり 関戸靖子
鴨発ちてのち あたらしき 地文学 伊丹公子
鴨百羽千羽は風となりにけり 石登志夫
鴨眠る榛の根方の薄日なる 小島千架子
鴨着水ざんぶとやってみせにけり 高澤良一 鳩信 
鴨着水五體投地の如きもあり 八木林之介 青霞集
鴨着水光の束を身より撒き 上野さち子
鴨睦むとき金色を発しけり 成瀬桜桃子
鴨網にかゝりし月のつがひ鴨 有川 淳子
鴨網を立てゝきらめく枯野星 内藤吐天
鴨群るるいとしづかなりいつか見えず 松村蒼石 雁
鴨群るるさみしき鴨をまた加へ 大野林火(1904-84)
鴨群るゝは寄合に似て池の央 高澤良一 随笑 
鴨群るゝ中を舟路のある如し 鈴鹿野風呂 浜木綿
鴨群れて浄土の如き放生池 鈴鹿野風呂 浜木綿
鴨羽摶つ夜のさびしさ父言はず 関戸靖子
鴨翔けて浦曲の空をかゞやかす 佐野まもる 海郷
鴨翔たばわれ白髪の媼とならむ 三橋鷹女
鴨翔ちしかなたをとほく鴨わたり 長谷川素逝
鴨翔つやおのれ驚き群をなす 原田種茅 径
鴨翔つや朝の湖面をきらめかし 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
鴨翔つを素手で計りて射程距離 右城暮石 上下
鴨翔てば古き影あり水の上 耕衣
鴨翔ぶや心にひゞく能登の雨 徳永山冬子
鴨翔んで黒人多き湖畔都市 北野民夫
鴨脚草けふ一歩だに土踏まず 石田波郷
鴨行つて来い来年も又ここで 稲畑廣太郎
鴨見つつ父の忌なれば父思ふ 森重 昭
鴨追うて何とせむ古王宮の水 臼田亞浪 定本亜浪句集
鴨遠くかがめば沼に流れ見ゆ 八牧美喜子
鴨遠く鍬そゝぐ水のうねり哉 蕪村遺稿 冬
鴨鍋に今年の顔としてありぬ 宇多喜代子 象
鴨鍋に憎つくき文代六戈かな 辻桃子
鴨鍋に笑ひの底のかなしみや 石川桂郎 高蘆
鴨鍋のさめて男のつまらなき 山尾玉藻
鴨鍋の近江の芹よ白葱よ 大橋敦子
鴨鍋やまっ暗がりの湖の面 成瀬桜桃子 風色
鴨鍋や甲斐甲斐しくて左利き 山田弘子
鴨鍋や翼は何処でしずまりぬ 森川麗子
鴨鍋や見てきし湖景鴨に満ち 皆吉爽雨
鴨鍋や近江の人に耳を貸す 伊藤敬子
鴨鍋や雪が玻璃打つ音を聞き 高濱年尾 年尾句集
鴨長し鴎短しみな飛べる 岸本尚毅 舜
鴨雄々しみな風に向き波に乗り 山口青邨
鴨飛ぶや少しおくれて妻の鳥 超波 選集古今句集
鴨飛ぶや鴨の桃源境抜けて 百合山羽公 寒雁
鴨飛んで雪原に大き影落す 林 翔
鴨飛んで風雲は日にはじけたり 渡邊水巴 富士
鴨飛翔黒く全身充実して 右城暮石 上下
鴨食うてぼぼと泛きたつ梅の里 中拓夫
鴨食ふや比良八荒の余り風 野澤節子 『存身』
鴨食ふや湖に生身の鴨のこゑ 澄雄
鴨鳴きて漆黒の闇動かしぬ 川口 洋子
鴨鳴くや墓の片面雪つけて 有働亨 汐路
鴨鳴くや悲しき沼の話聞く 高濱年尾 年尾句集
鴨鳴くや流動ほのと天の星 百合山羽公 故園
鴨鳴くや牛久は水の明るさに 大木あまり 火球
鴨鳴くや眼鏡を咥ヘオーバ着る 宮武寒々 朱卓
鴫が来てそれより鴨の渡り来る 阿部みどり女 月下美人
鶴は棹鴨は飛礫や時雨空 竹下白陽
鷹来るとみるまに鴨の群れ翔ちぬ 伊東宏晃
麦蒔きしこと湖鴨の見のがさず 藤崎久を
黒き靴磨きて鴨を見にゆかむ 和田耕三郎
黒松の良き枝近き鴨の宿 山本洋子
黒雲に鴨の声して竹の秋 佐野良太 樫
黒雲を出し鴨見ゆる西の天 右城暮石 上下
鴨の水脈家鴨の水脈を打ち消して  高澤良一  さざなみやつこ
鴨群るゝ日向つづきに家鴨ゐて  高澤良一  随笑
広がりて氷らぬものに鴨の水脈  高澤良一  石鏡
鴨急ぐ方面白きことあらむ  高澤良一  石鏡
鴨すいすい日曜画家の視野よぎり  高澤良一  石鏡
ハイカラな瑠璃首立てゝ鴨巡る  高澤良一  石鏡
分隊の鴨本隊に合流す  高澤良一  石鏡
掛茶屋に鴨見て風のひやつきぬ  高澤良一  石鏡
泛く原理鴨と同じや軍艦は  高澤良一  石鏡
口鉄砲あまりに鴨の多ければ  高澤良一  石鏡
くいくいと鴨鳴く蓮の池之端  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-11 00:30 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23355930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング