焚火

焚火

例句を挙げる。

あかあかと通夜の焚火をうち囲む 鈴木 昭次
あかつきの焚火をまたぐ鵜匠かな 葛三
あかつきの甘藷蔓焚火鶴を待つ 河野静雲 閻魔
あたたまる延寿の神の焚火にて 百合山羽公
あつけなき落葉ばかりの焚火かな 星野立子
ありありと不動いませり夕焚火 山田昌子
いくたびか父と焚火をせしことあり 今井杏太郎
いたゞきも端山も焚火あげにけり 軽部烏帽子 [しどみ]の花
いつまでも焚火に仕へゐるごとく 山田弘子 懐
いまのいま余生に加ふ焚火跡 斎藤玄 雁道
うかうかと来て不機嫌な焚火跡 内田美紗 魚眼石
うしろべに茶の花咲ける焚火かな 吉武月二郎句集
うすうすと焚火煙の雲となる 今井千鶴子
おのづから師弟に丸き焚火かな 青木重行
おもしろや庭の焚火にいざなはれ 尾崎迷堂 孤輪
お山焼きしばし待つ間の焚火かな 森田敬之介
かいつむり焚火たひらになりにけり 岡井省二
からまつ昏れ小声に焚火育て二人 村越化石 山國抄
かりくらに鳶ひるがへる焚火かな 飯田蛇笏
かりそめの生のなかばに焚火爆ぜ 上田五千石 田園
この頃の好きな色赤焚火守る 星野立子
こめかみに焚火の音す正月空 中拓夫 愛鷹
ころがりてありし瓶子や注連焚火 青畝
しかと消す焚火に水の鞭浴びせ 大岳水一路
しばらくは土の匂ひの焚火かな 山田弘子 懐
しほざゐの焚火をへだつ焚火あり 中田剛 珠樹
しらじらしい言葉をあつめ焚火せむ 村田治男
しら芥子に焚火移ふや嵯峨の町 暁台
たちよりて脱ぐ沓あさき焚火かな 軽部烏帽子 [しどみ]の花
たび人に日の秋畑の焚火かな 飯田蛇笏 山廬集
たまさかに夕ぐれ帰る吾に焚火 久米正雄 返り花
たま来ると夜半の焚火を靴で消す 長谷川素逝 砲車
たゝなはる嶺々のあげたる焚火かな 軽部烏帽子 [しどみ]の花
とつぷりと後暮れゐし焚火かな 松本たかし
どこへ飛ばんとするか焚火に両手ひろげ 野澤節子 花 季
なげ入れしくまでの燃ゆる焚火かな 久保田万太郎 草の丈
にじり当りしが急に焚火を去りしかな 島村はじめ
ねむられず牡丹焚火の火が胸に 島谷征良
ねむれねば真夜の焚火をとりかこむ 長谷川素逝
はらわたのぬくもるまでの焚火かな 前田六霞
はるかなる灯をさへぎりし焚火かな 阿部みどり女
ばうとして昼の焚火にあたりゐる 高澤良一 随笑 
ひととゐてひとを忘ぜし大焚火 柴田白葉女
ひとり来て話題のかはる磯焚火 加藤洋子
ひねもすを御用納の大焚火 今井つる女
ひや~と芦透けて見ゆ焚火かな 木歩句集 富田木歩
ひりひりと虜にし響かふ焚火かな 青木敏彦
ひろ庭の霜に焚火や僕夫婦 岩木躑躅
ふたりの土竜が背のびして焚火して居るよ 冬の土宮林菫哉
ふりむけば父の来てゐる焚火かな 伊藤伊那男
ぶだう枯れ焚火が透かす日本海 西村公鳳
また落葉してをりよべの焚火跡 吉屋信子
みづうみに触れんばかりの焚火かな 山田弘子 懐
みづうみの暮れてしまひし焚火かな 馬場五倍子
めらめらと焚火かげろひ山揺るる 星野立子
もてなしの焚火かこむや雪催ひ 大場白水郎 散木集
もてなしの焚火となりし別れかな 高木晴子 花 季
もろこ舟舳先に爆ぜし鑵焚火 木田千女
やはらやはら燃え終らんとする焚火 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
よく燃えて焚火の焔情けあり 高橋淡路女 梶の葉
わがからだ焚火にうらおもてあぶる 尾崎放哉
わが焚火胸焦がしきと記しおく 北登猛
わだかまるものを投げ込む焚火かな 小倉涌史
わめきつゝ海女は焚火に駈け寄りぬ 稲垣雪村
われを愧ぢてゐ枯草など焚火してゐる 中塚一碧樓
ゐのこりのひとりの焚火身を凌ぐ 荒川 曉浪
アイヌ一族焚火をあげて嫁まてる 細谷源二
エゴンシーレの絵筆をくべし焚火かな 仙田洋子 雲は王冠
オルガンの鳴る路地深く夜の焚火 木村蕪城 寒泉
ガサ市の焚火男の匂ひせり 関森勝夫
クレーン船沖を指しゆく浜焚火 館岡沙緻
クローバや雨の焚火が雨焼いて 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
サーファーの忘れものめく浜焚火 能村研三 海神
ソドムの跡知らず焚火の漢たち 有馬朗人 耳順
ドラム缶の焚火耳掻きそろそろと 加倉井秋を 『真名井』
ドリーネの村を鎮める焚火かな 穴井太 原郷樹林
パン箱にパンの艶あり鑵焚火 香西照雄 対話
ペテロユダ吾れも焚火に暮るるなり 今瀬剛一
ルンペンの焚火貰うて汽車を待つ 小原菁々子
レノン忌やまだ濡れてゐる焚火跡 内田美紗 魚眼石 以降
一と燃えに焚火煙とぶ棚田かな 飯田蛇笏 山廬集
一ト浜や焚火の跡のこゝかしこ 小杉余子 余子句選
一人去りて二人来りし焚火かな 島村元句集
一人退き二人よりくる焚火かな 久保田万太郎 草の丈
一塊の焚火に落ちて天の河 齋藤愼爾
一月一日のわが焚火す胸のあたゝまり 中塚一碧樓
一生を焚火の番をしてゐたき 辻桃子 ねむ 以後
一茶忌の雀の家族焚火越す 秋元不死男
七面鳥が向うむいてふくるる焚火 北原白秋
万策の尽きたる後の大焚火 柴田奈美
三井寺を出でて大きな焚火かな 岸本尚毅 舜
世が世ならの人と焚火を盛り上げむ 櫂未知子 蒙古斑
中学を卒へて海女たり磯焚火 逸見吉茄子
中立無し右往左往の風の焚火 香西照雄 対話
主従して秋の焚火の二たところ 阿部みどり女 笹鳴
久女忌の焚火に残る傘の骨 中島登美子
二階より見下してゐる焚火かな 比叡 野村泊月
人ごゑを風ふきちぎる焚火かな 久保田万太郎 流寓抄以後
人一人焚火してをるあやしさよ 京極杞陽 くくたち上巻
人老いぬ焚火埃を眉につけ 淡路女
今曳かん家縛り置きて焚火かな 西山泊雲 泊雲句集
仏眼と異るほくろ浜焚火 磯貝碧蹄館
仮面久しい焚火から紙舞いあがる 林田紀音夫
伏兵の殺気を背なに焚火の輪 柴田奈美
住み老いて飲む茶碗のお湯焚火ちら~映り 安斎櫻[カイ]子
何か事あれと焚火を囲む者等 右城暮石 声と声
何刻ぞ焚火にパンをこがしゐて 岩田昌寿 地の塩
倉庫前炎ばかりの焚火燃え 和知喜八 同齢
催眠剤効きくる時を焚火の香 内田美紗 魚眼石
元日や湖畔の焚火むらさきに 青陽人
兄妹の焚火のあとの寒の雨 安住敦
八ケ岳見えて嬉しき焚火哉 前田普羅
八十の母の焚火の勢ひ立つ 桂信子 花寂び 以後
六曲一雙山裾にして焚火して 佐々木六戈 百韻反故 初學
冬浜の暮るゝに間ある焚火かな 高濱年尾 年尾句集
凍て湖に焚火せし罪測られず 津田清子 二人称
出さざりし手紙ひそかに焼く焚火 稲垣きくの 黄 瀬
初寅や大焚火して二軒茶屋 増田三明
初寅や施行焚火に長憩ひ 田中王城
初市の焚火受継ぐ煤け漁婦 皆川盤水
初泳ぎせし老守れや大焚火 石川桂郎 四温
初漁の船待つ磯の大焚火 熊田鹿石
初漁や焚火うけ継ぐ煤け漁婦 皆川盤水
初護摩の出を待つ僧の焚火かな 岡村羊羽
初釣にそふて焚火の穂のますぐ 亀井糸游
別るゝ人ばかりと浜の焚火に居り 阿部完市 無帽
刹那刹那に生く焚火には両手出し 津田清子 礼 拝
刺羽の渡り待つ秋暁の浜焚火 吉田未灰
前世は水なり焚火よく爆ぜる 穴井太 原郷樹林
励まなんいま色一新遠焚火 香西照雄 素心
午の日のうかびて寒き焚火かな 金尾梅の門 古志の歌
双手もて焚火を圧さへゐたりけり 徳永山冬子
古俵立てし焚火の客となる 後藤夜半 底紅
名を捨ててみよう焚火の頂点へ 櫂未知子 貴族
唇と骨を熱して焚火跡 斎藤玄 雁道
喊声の如くに焚火そらへゆく 京極杞陽 くくたち上巻
喪の焚火思ひ出しては燃ゆるなり 宇佐見蘇骸
四辻にうどん焚火や冬の月 石友
国をならべて入りこむ大焚火 松澤昭 山處
土筆煮るごとし焚火を踏みて立つ 萩原麦草 麦嵐
坂に身がかたむきゐたり焚火きえ 川口重美
埋立地に人の匂ひの捨焚火 有働亨 汐路
墓山に大焚火してバタ屋棲む 高井北杜
壁の蔦焚火の照らす錦かな 久米正雄 返り花
夕山の焚火を蔽ふ杣二人 飯田蛇笏 椿花集
夕影や焚火の煙遠く這ひ 大場白水郎 散木集
夕映えの遠き焚火は地の吐息 林 翔
夕月の色見て去らず畑焚火 楠目橙黄子 橙圃
夕焚火あな雪ぞ舞ひ初めにけり 石塚友二 光塵
夕焚火してをり思ひ出話せり 中山純子 沙羅
夕焚火火の粉華やぎ散りにけり 高橋淡路女 梶の葉
夕焚火生命線のまつかつか 大倉郁子
夕焚火雨音川をわたりくる 金尾梅の門 古志の歌
夕焚火雪虫眉にただよへる 石原舟月 山鵲
夕空に融けて焚火の焚き埃 青木重行
夕霜や湖畔の焚火金色に 泉鏡花
夜の嶺に焚火の名残仰がるゝ 軽部烏帽子 [しどみ]の花
夜の焚火影のみなけだものとなり 千代田葛彦 旅人木
夜叉となり観音となり焚火果つ 小川原嘘帥
夜明け待つ心相寄る野の焚火 臼田亜浪 旅人
夜焚火となりて炎のいま丈余 高澤良一 ねずみのこまくら 
夜焚火にみな借りものの雪合羽 横山房子
夜焚火に唇熱し今を生き 櫛原希伊子
夜焚火に束ねし手紙焚き加ふ 大木さつき
夜焚火に浮き来し烏賊が華と咲く 米澤吾亦紅
夜焚火に畦がみどりを残すなり 阿部ひろし
夜焚火に金色の崖峙てり 秋櫻子
夜焚火のあかりどんどん籾はこび 橋本鶏二 年輪
夜焚火の炎大きくゆらめけり 仙田洋子 雲は王冠
夜焚火の炎見つめて影となる 野澤節子 遠い橋
夜焚火の焔吹き倒され昏む 林火
夜焚火や乗込む頃の鮒釣場 根岸善雄
夜焚火や闇より波の走り出づ 岡本眸
夜焚火人の眞黒き背に近よりし 皆吉爽雨
夜神楽や焚火の中へちる紅葉 一茶 ■文化十二年乙亥(五十三歳)
夜祭の鬼あぶりだす大焚火 藤井寿江子
夜網舟戻りて焚火あがりけり 水原秋桜子
大きな火星へ汚れ童子等焚火上ぐ 川口重美
大根をひきよこたへて焚火かな 銀漢 吉岡禅寺洞
大椨の根方に隆と焚火跡 高澤良一 さざなみやっこ 
大焚火かこみて漁夫の厄落し 桑原れい子
大焚火して埋立ての新番地 青木起美子
大焚火して産土の神送り 高崎雨城
大焚火夜をこがしつつ鬼の舞 橋本榮治 麦生
大焚火火の粉はすべて海に向く 岩井久美恵
大焚火炎は飛んですきとほり 上野泰
大焚火糶り騰ぐ魚の眼を染めて 河野南畦 湖の森
大焚火闇に守られ衰へず 高橋悦男
妥協すまじ胸の高さに焚火燃ゆ 川口重美
妹を悲しませずに済む焚火 櫂未知子 貴族
妹背とて男は入れず磯焚火 長谷川虚水
妻の焚く焚火の音に帰り来ぬ 田川飛旅子 花文字
婆容れて大焚火の輪ゆるびけり 大石悦子 群萌
子の瞳ならぶ焚火は音を空へ放つ 桜井博道 海上
孤独なやつさ茅の焚火をでかくして 細谷源二
学僧の焚火の群に郵便夫 山田狭山
安達太良の瑠璃襖なす焚火かな 加藤楸邨
宗達銀杏光琳紅葉焚火あと 川端茅舎
家までを消えぬ焚火のにほひ嗅ぐ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
家をからつぽにして焚火はじめてゐる 人間を彫る 大橋裸木
家壊わし男ひたすらなる焚火 井上雪
寄席の前焚火してゐる淋しさよ 成瀬正とし 星月夜
寒山は掃き拾得は焚火守る 蔦三郎
寒巌を焚火幾度も焦がせし跡 右城暮石 声と声
寒明のきよき焚火が畦にあり 阿部ひろし
寒月に焚火ひとひらづゝのぼる 橋本多佳子
寒月光隈なき水で焚火消す 齋藤愼爾
寒雪の堅きが上に焚火する 内藤吐天 鳴海抄
対岸の焚火わらへり雪催ひ 石原舟月
小屋に人上つてをる下に焚火ある 京極杞陽 くくたち上巻
小焚火の黄を得ぬ遠火は緋の巨花ぞ 香西照雄 素心
尻あぶる人山を見る焚火かな 野村喜舟 小石川
屈強な焚火が焦がす日本海 石村与志
山に来て成人祭の焚火あと 吉田鴻司
山の娘のつゝましう焚火助けゝり 海雲(もづく) 原本神櫻、臼田亜浪刪存
山の焚火の上行く雲も赤くこそ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
山を出づ早瀬にかこむ夕焚火 中村汀女
山を怖れて人なつかしむ焚火かな 雑草 長谷川零餘子
山上にけむりを立てて焚火かな 太田鴻村 穂国
山中の馥郁たるは焚火あと 鴻司
山川の底に写れる焚火かな 下村槐太 天涯
山幕にうつる焚火や二の替 増田龍雨 龍雨句集
山旦那杣の焚火に打交る 雉子郎句集 石島雉子郎
山神楽焚火拝みて戻りけり 竹冷句鈔 角田竹冷
山道を直す百日焚火して 大木あまり 火のいろに
山鳩の鳴くや焚火の音の中 秩父
岩砕く金剛力や焚火人 楠目橙黄子 橙圃
岩魚捕り二人となりし焚火かな 佐野青陽人 天の川
川音の聞こえる焚火美しく 北原志満子
川風のこゝまでとゞく焚火かな 久保田万太郎 草の丈
己が背を焦がすまで見せ焚火の輪 雨宮抱星
帰らねばならぬ焚火を見てをりぬ 西村和子 かりそめならず
年の夜のたかむら染むる焚火かな 金尾梅の門 古志の歌
年の夜や焚火のうつる鶏の顔 寛麗
年送る大焚火とはなれりけり 久保田万太郎 流寓抄以後
幸福が見つかりさうに朝焚火 星野立子
幸福と焚火明りの照らす胸 成瀬正とし 星月夜
幾たびも梅雨の焚火の燃え上がり 右城暮石 声と声
広庭の只中にして焚火かな 比叡 野村泊月
庭焚火しづかに松の鶲かな 橋本鶏二 年輪
庭焚火むすめは跼み袖抱いて 吉屋信子
庭焚火来てしやがむ子の寡黙なる 谷中隆子
庭焚火炬燵をぬけてまた一人 吉屋信子
弁当にかぶる焚火のほこり哉 竹冷句鈔 角田竹冷
弁当を寄せて大工の焚火かな 矢本 明
弓神事待つ境内の大焚火 赤谷ちか子
彼の端山地獄にまがふ焚火あぐ 軽部烏帽子 [しどみ]の花
彼は去りわれなほ残る焚火かな 高濱年尾 年尾句集
彼岸あつし焚火のいろの鈍ろく捲く 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
彼岸会の音たててゐる焚火かな 吉田鴻司
忘却とは長いながい焚火のけむり 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
悪相となりいて親し夜の焚火 山本紫黄
愛憐のまつたき両手藁焚火 河野多希女 月沙漠
我が方へいぶる焚火や藪撓む 西山泊雲 泊雲句集
我方へいぶる焚火や藪撓む 西山泊雲
我窓へ折々曇る焚火かな 小杉余子 余子句選
戸隠の日暮がおそふ焚火かな 鷲谷七菜子 花寂び 以後
戸隠山の日暮がおそふ焚火かな 鷲谷七菜子 游影
手をひろげて焚火にあたりゐる梨樹よ 冬の土宮林菫哉
抜けるきつかけをつかめず焚火の輪 片山由美子 天弓
押へ押へ焚火の紙屑年越す店 桜井博道 海上
捨てし身や焚火にかざす裏表 川端茅舎
捨焚火寒山拾得来て育て 河野静雲
捨焚火掘兼村の井水鳴る(堀兼の井を訪ぬ。水の乏しかつた武蔵野の様子は堀兼の井、高井戸などの地名が明らかにしてゐる。) 角川源義 『神々の宴』
掃かれしあとに落葉こまかや焚火燃ゆ 雑草 長谷川零餘子
掃きとりし焚火あとある禅寺かな 京極杞陽
掃く音と焚火のはぜる音とのみ 上野泰 佐介
採氷夫焚火に立ちて雫する 橋本多佳子
教へ子寄れ焚火枝岐れくりかえす 香西照雄 対話
新しき小さき焚火でありにけり 辻桃子 ねむ 以後
旅に居て両手のべたる焚火かな 萩原麦草 麦嵐
日の原をよぎるとき匂ふ焚火あと 阿部みどり女
日は海へとろり溶け出す海女焚火 平井さち子 完流
日向焚火藁しべの燃ゆるかなしき 臼田亜浪 旅人
日曜の子等集まりし焚火かな 青峰集 島田青峰
日最中の風鳴りすぐる焚火かな 石原舟月 山鵲
日輪が焚火煙の中になる 湯浅桃邑
日雇の焚火ぼうぼう崖こがす 西東三鬼
明兼ねる夜半を松籠(まつご)の焚火かな 広瀬惟然
明日は明日の旅あり焚火真くれなゐ 伊藤京子
明星の白む焚火にあたゝまる 百合山羽公 故園
晴々とポプラに葉なき焚火かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
暁の不二植田を前の焚火跡 木村蕪城 寒泉
曳き舟の東雲はやき焚火かな 飯田蛇笏 山廬集
書斎には戻らず焚火してゐたる 伊藤湖雨城
月の出に焚火の音が屋根越えて 桜井博道 海上
朝の市いの一番の焚火かな 内山三杖
朝は夫夕の焚火は吾が燃やす 及川貞 榧の實
朝寒の陣に飯たく焚火かな 柳原極堂
朝日さす焚火を育て影を育て 西東三鬼
朝焚火露が厩の香をひろげ 野澤節子 黄 炎
朝霜に焚火一と時や家普請 青峰集 島田青峰
木屋町にロケや維新の焚火陣 桂樟蹊子
木樵等の杜漏の焚火冬の末 細谷源二 砂金帯
松毬のかたち火色に磯焚火 中戸川朝人 星辰
林中に雪のこりなき焚火かな 大橋櫻坡子 雨月
林間のたそがれ早し焚火見え 石原舟月
枯菊がいま音たてゝゐる焚火 高木晴子 晴居
染めたての黒布はためく朝焚火 香西照雄 対話
柚子の木に雀なく朝の焚火せむ 榎本冬一郎 眼光
柚木を焚火に足して見ず知らず 猪俣千代子 堆 朱
栄螺焼く磯の焚火の板囲ひ 高木良多
校舎の間に紙を降らせり朝焚火 中拓夫 愛鷹
梅寒し焚火うち消す水白う 木村蕪城 一位
棟梁の段取りも聞く焚火かな 一宮しおり
楢山や谿に人居て焚火産む 北野民夫
極月や孫と遊びの庭焚火 遠藤梧逸
橡の殻橡の実焦げし焚火跡 茨木和生 遠つ川
残る焚火に言葉すくなの師と踞む 松村蒼石
母となる胸かがやけり焚火の秀 石寒太 翔
母郷たしかむ焚火の芯は狐色 原裕 『葦牙』
毎朝の焚火の今日の始まれる 大木格次郎
毟りたる羽ほうりこむ焚火かな 大木あまり 火球
氷上の焚火の焔いろ吹かれとぶ 石原八束 空の渚
氷上やうつりかはして二焚火 風生
氷下魚釣る焚火の跡に焚火して 横山いさを
汽車を待つ焚火の中に我も在り 寿々木米若
沖に鴎仲仕焚火の燃え上る 米沢吾亦紅 童顔
河の水やはらかし焚火うつりゐる 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
河音の未だにこもる萱焚火 栗生純夫 科野路
法師子の故郷かたる焚火かな 伊藤虚舟
波止場の焚火火の粉はみんな海に降る 田川飛旅子 花文字
注連を綯ふ焚火ほこりを身にまとひ 池原巨桐
流木の月日消えゆく磯焚火 林 翔
流木を集め人魚の焚火跡 金堂豊子
浜渡世今日もはじまる焚火かな 土手貴葉子
浜焚火して沖荒れを眺めをり 高濱年尾 年尾句集
浜焚火ほそきたつきの舟帰る 松村蒼石 雪
浜焚火勢を得し彼方かな 山本歩禅
浜焚火松葉の燠のつまびらか 加藤三七子
浜焚火汐木に犬を繋ぎをき 山田弘子 初期作品
浜焚火連絡舟の着くところ 猿渡ます
浮浪児の目があかあかと焚火育つ 田川飛旅子 花文字
浮浪焚火映え電柱も一朱柱 香西照雄 素心
浮浪焚火背丈越ゆれば塔形に 香西照雄 対話
海人の子と思ひ焚火のとびかかる 山口誓子
海女潜るすなはちゆれて舟焚火 小原菁々子
海女焚火淡し頭上へ水柱 香西照雄 対話
海苔掻女濡れ手をかざす磯焚火 高橋淡路女 梶の葉
海苔洗う人ら憩えり夜の焚火 古沢太穂 古沢太穂句集
海見えて小樽坂なす焚火路地 桂樟蹊子
渡しまつ脛くぐり鳴る焚火かな 飯田蛇笏 山廬集




渡り鳥田圃の焚火あかくなり 佐野良太 樫
港音や路傍の焚火誰がはじめし 榎本冬一郎 眼光
湖に焚火を捨てて去りにけり 上野泰 佐介
湖べりに富士を見惜しむ夕焚火 赤松子
湖を前に涼しき焚火かな 比叡 野村泊月
滝守りの己れを禊ぐ大焚火 渡辺恭子
潮を待つ焚火ゆたかに石蓴掻 古賀まり子
濠の鳰焚火の人に浮き沈む 島村元句集
火になりて松毬見ゆる焚火かな 銀漢 吉岡禅寺洞
火に学ぶごとく焚火を囲みけり 木村淳一郎
火の鳥の羽毛降りくる大焚火 上田五千石 琥珀
火事跡の焚火に寄るもぬくからず 大熊輝一 土の香
火掻棒それも燃え出す磯焚火 小林鱒一
火掻棒持つより焚火守となる 稲畑汀子
灰皿に小さな焚火して人恋う 原子公平
炎せや炎せ才覚鈍き吾が焚火 細谷源二 砂金帯
炎とは別に焚火の煙這ふ 後藤夜半 底紅
炎の中に激浪を見し大焚火 能村研三 海神
炎皆大地に沈む焚火かな 鶏二
炭切るや焚火の灰を且つ被り 阿部みどり女 笹鳴
烈々とうごくや秋の日の焚火 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
烏瓜焚火煙にうすれ見ゆ 比叡 野村泊月
焚火あとありて遠くに蘆刈れる 石井とし夫
焚火あといくつもありぬ舟普請 上村占魚 球磨
焚火あと月読の香の流れけり 原裕 正午
焚火あと茂吉がそこにゐしごとく 大串章 百鳥
焚火かなし消えんとすれば育てられ 高濱虚子
焚火ぐせつきて藺植のはかどらず 岩森富美子
焚火ごうごう燃え立ちて人らだまりたり 荻原井泉水
焚火していつ起つとなき駕屋かな 比叡 野村泊月
焚火しておれば世界が立ち上がる 徳弘純 麦のほとり 以後
焚火してちちははけぶること懼る 川口比呂之
焚火してところ~に高野市 森白象
焚火してほのあたたかし父子たり 中山純子 沙羅
焚火してもてなされたるついり哉 加舎白雄
焚火してゐればいつもの女来る 上村占魚 球磨
焚火して仏頂面を通しをり 熊倉はるる
焚火して働きにゆく胸あつし 中山良章
焚火して元日の夕長びかす 大熊輝一 土の香
焚火して國境に果つ道普請 石田あき子 見舞籠
焚火して大伝馬町夜となりしかな 長谷川かな女 牡 丹
焚火して子供が遊ぶ柚子の里 殿村菟絲子 『晩緑』
焚火して密入国の機を待てる 吉良比呂武
焚火して小学校の屋根普請 栗田やすし
焚火して山に還らぬ人を待つ 福田蓼汀 秋風挽歌
焚火して山の湖夜の秋 下村梅子
焚火して年の行方を見てをりぬ 森澄雄
焚火して幾筋も来る日ざしかな 岸本尚毅 舜
焚火して康治死を言ふ夕ざくら 青木重行
焚火して日向ぼこして漁師老い 鈴木真砂女 生簀籠
焚火して林しづかに寒の入 水原秋桜子
焚火して林檎紅さしはじめけり 藤岡筑邨
焚火して泳ぐ茫々石狩川 成田千空 地霊
焚火して流人の如く海を見る 前山 百年
焚火して灰立つ風や帰り花 柑子句集 籾山柑子
焚火して焚火恋しき面持に 後藤夜半 底紅
焚火して男の弱音ふと洩らす 平子 公一
焚火して紙漉村の川辺なる 所 山花
焚火して美髯を焦がしてはならじ 山田弘子 こぶし坂以後
焚火して臼杵売れり年の市 宮本 旅川
焚火して身ぬちつめたきひとところ 大石悦子 群萌
焚火して身体にありし表うら 黒坂紫陽子
焚火すといつの代からの火掻棒 中村汀女
焚火すやふと情事の胸騒ぎ 石塚友二 光塵
焚火すや土ごと焼けて赫つとしぬ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
焚火すや雪の樹につく青鷹 飯田蛇笏 山廬集
焚火するための鍋あり藁仕事 高野素十
焚火する事よりはじむ庭仕事 桜木俊晃
焚火する夫に掃き寄りあたりけり 阿部みどり女 笹鳴
焚火する孤りの影をたきしろに 三橋鷹女
焚火する寺に隣りて京の宿 車谷 弘
焚火する山役人や霧の中 雉子郎句集 石島雉子郎
焚火する為の鍋あり藁仕事 素十
焚火する音をめざめにきゝゐたり 杜鵑花句集 金児杜鵑花
焚火せしあとの寒さの悲しけれ 星野立子
焚火せる子らは目敏く教師を見 森田峠 避暑散歩
焚火たゞ紅くたゞ焚きクリスマス 中島斌男
焚火とほくなりてわが舟波に乗り 松村蒼石 寒鶯抄
焚火とる海女の放談きくもあはれ 森川暁水 黴
焚火には即かず離れずして遊ぶ 後藤夜半 底紅
焚火には敗れたる顔さらしけり 能村研三 海神
焚火によつて若い畑主の快濶さ 梅林句屑 喜谷六花
焚火に手ひらきては閉ぢぬくむかな 村越化石 山國抄
焚火に燃えきれぬ切株手開墾 津田清子 礼 拝
焚火に馳せて踏ん込むよ荒おこし土 梅林句屑 喜谷六花
焚火のそばへ射つて来た鵯 北原白秋
焚火の周辺融けゆく地のにほひ立つ 原田種茅 径
焚火の炎出たがる湖の真暗がり 大石悦子 聞香
焚火の焔棒立ちに年暮れゆけり 鷲谷七菜子 雨 月
焚火の穂よぢれよぢれて常なきなり 誓子
焚火の跡ブリキの汽車を蹴出しぬ 原田種茅 径
焚火の輪なにげなくみな沖を見る 松村蒼石 雪
焚火の輪ぬけでてうしろめたさあり 吉田未灰
焚火の輪はなれわが舟見送れる 松村蒼石 寒鶯抄
焚火の輪子の加はれば子の話 熊切三千丸
焚火の輪早天の月仰ぎけり 金尾梅の門 古志の歌
焚火の輪背に山々の寒さ負ひ 麦南
焚火の輪背中いくつも声を持つ 丸山嵐人
焚火の輪解けて大工と左宮かな 西山泊雲 泊雲句集
焚火の音土のにほひが夜空より 桜井博道 海上
焚火ひとつセエヌの岸の除夜暗し 小池文子 巴里蕭条
焚火ふと縄文の貌重ねゐし 田中北斗
焚火へも歩み日溜りへも歩み 後藤夜半 底紅
焚火ぺろぺろ燃えあがり明らかに冬 人間を彫る 大橋裸木
焚火ほこり眉毛にかかる日和かな 臼田亜浪 旅人
焚火やがて真紅となりぬ四辺なし 栗生純夫 科野路
焚火よりすつくと海女の立ち上がり 湯浅桃邑
焚火より得し火を室にけぶらする 川口重美
焚火より朱きつちくれに芽ぐむもの 沢木欣一 雪白
焚火より火の粉楽団とび出せり 上田日差子
焚火より火の鉛筆をかきだせり 小檜山繁子
焚火より美辞も麗句もちぎれ飛ぶ 三好潤子
焚火より離れ柩のそばへ寄る 吉田さかえ
焚火中丸めし屑が開きをり 能村研三 騎士
焚火中炎のせては落葉失せ 上野泰 佐介
焚火中燃えて割れたる朴落葉 野見山朱鳥
焚火中身を爆ぜ終るもののあり 野澤節子 黄 炎
焚火乗せ干潟一枚消ゆるなり 齋藤玄 『狩眼』
焚火人を犬嗅ぎ廻り~ 清原枴童 枴童句集
焚火人明日の仕事を合点かな 楠目橙黄子 橙圃
焚火人金色の眼におし黙り 内藤吐天 鳴海抄
焚火人面罵に堪えてゐたりけり 楠目橙黄子 橙圃
焚火今焔の倒れ合ひながら 京極杞陽
焚火余燼いらけぬ心ほがらかに 宮武寒々 朱卓
焚火囲む子等を囲みて島の闇 齋藤愼爾
焚火埃はらふて縁にあがりけり 吉屋信子
焚火好きな園主をるなり冬木立 乙字俳句集 大須賀乙字
焚火守する犬のゐて京の寺 窪田英治
焚火守るとき人間に表裏 塙告冬
焚火守る僧は住職寺普請 小原菁々子
焚火屑珍の珊瑚に紛ふあり 日野草城
焚火後見てより何も見たくなし 斎藤玄 玄
焚火旺にかげらふ槻の膚かな 西山泊雲
焚火旺んにかげらふ槻の膚かな 西山泊雲 泊雲句集
焚火明り遠ちの泉をまづとらふ 栗生純夫 科野路
焚火明り髯で応へるコタンの長 津田清子
焚火映る障子気づかでありしかな 大橋櫻坡子 雨月
焚火消えさざなみだちに来る日暮 鷲谷七菜子 花寂び
焚火消えて真如の闇となりにけり 木下夕爾
焚火消し三日の先は考へず 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
焚火消すうす暗がりに鴨の列 右城暮石 声と声
焚火消すみんなあつまる焚火跡 穴井太 ゆうひ領
焚火消すものの終りを大切に 岸善志
焚火消す煙や月に騰りけり 五十嵐播水 播水句集
焚火消す葬るごとく砂をかけ 福田蓼汀 秋風挽歌
焚火漁夫たちまち舟にありにけり 五十嵐播水 播水句集
焚火煙そこぞと眺められにけり 飯田蛇笏 山廬集
焚火煙り靡き尽して降り出でし 金尾梅の門 古志の歌
焚火燃えあがりて天の川照らす 齋藤愼爾
焚火燃えて遠く人行く木蔭かな 雑草 長谷川零餘子
焚火爆ズ中ニ軍律読ミ上ゲシ 新海あぐり
焚火番ほとほとねむくなりにけり 石橋辰之助 山暦
焚火衰へて当るもの多く女也 島村元句集
焚火赤く黙せば力あるごとし 昌寿
焚火越し唐突に齢訊かれをり 石川文子
焚火跡あたり一物なかりけり 徳永山冬子
焚火跡ありて三日の杣の道 中森皎月
焚火跡役解かれたる釘のこる 中嶋秀子
焚火跡慕ひし鹿の糞ならめ 森田峠 避暑散歩
焚火跡瘤のごときが残りおり 中村 和弘
焚火跡跨ぐ古年にほひけり 綾部仁喜 樸簡
焚火踏み遺す下界へ還らねば 上田五千石 田園
焚火踏むに遠方の山羊紙のごとし 友岡子郷 遠方
焚火辺をはなれて流浪はじまるか 上田五千石
焚火遠く汀の落葉掃きにけり 西山泊雲 泊雲句集
焚火高くこがるゝ藪の穂尖かな 西山泊雲 泊雲句集
焼藷の乾漆二体焚火よリ 皆吉爽雨
焼跡の片づけごとに焚火して 高濱年尾 年尾句集
煙なき牡丹焚火の焔かな 原石鼎
煙より逃れ焚火を離れざる 稲畑汀子 汀子第二句集
煙上ぐばかりの焚火川遊び 茨木和生 野迫川
煙立つ海女の焚火か巌がくれ 原 柯城
煤を掃く青楼昼の焚火かな 岡本松浜 白菊
照紅葉焚火跡ある瀞の岩 三原清暁
熾んなる焚火に海女の面勁し 柴田白葉女
燃えし屑まだ字が読める焚火あと 能村研三 鷹の木
燃えたけてほむらはなるゝ焚火かな 飯田蛇笏 霊芝
燃ゆるものまだまだありて夜の焚火 岸本尚毅 舜
片頬のほてり焚火を離れても 片山由美子 水精
牛の鼻吊られし白眼焚火燃ゆ 右城暮石 上下
牛市の雪かけて消す大焚火 ほんだゆき
牛蒡引煙ばかりの焚火して 遠藤正年
牛買ひの足蹴に崩す焚火榾 若松徳男
牡丹とや菊とや焚火あえかなる 櫛原希伊子
牡蠣舟に天満の市の焚火見ゆ 後藤夜半 底紅
犬吠えてまどゐ崩るゝ焚火かな 雉子郎句集 石島雉子郎
独りたくたのしき焚火はじめけり 浜井那美
猟犬の嗅ぎとゞまりし焚火跡 右城暮石 上下
獲物なき猟夫無聊の大焚火 沢 聰
球根の焦げ残りたる焚火跡 右城暮石 上下
瑠璃の穂を吐きつぐ牡丹焚火かな 原 コウ子
甘藷蔓の焚火いぶりに塚はあり 下村ひろし 西陲集
生れたる日の黒子つけ夕焚火 長谷川双魚 風形
生木いぶる焚火となりて園を辞す 大場白水郎 散木集
田の焚火一日燃えて達磨市 三関浩舟
甲乙丙丁戊戊は侏儒無言焚火かな 東洋城千句
畑焚火烏瓜さへ投げこまれ 上田五千石 琥珀
病者等の焚火に裸婦の表紙燃え 長田等
白昼の焚火わが顔なみうたす 桜井博道 海上
白鳥をあたたかく見る焚火して 平畑静塔
百姓の墓碑に焚火の火をとばす 百合山羽公 故園
百姓の死や藁焚火どつと燃え 榎本冬一郎 眼光
百舌鳥啼くや焚火のあとの大凪に 渡辺水巴 白日
皆去りぬ焚火育てゝゐるうちに 高濱年尾 年尾句集
相聞や焚火火の粉は屋根の上 安東次男 裏山
眉間より凍ほぐれゆく磯焚火 古賀まり子 緑の野
眼に立てるメスはるかな森の昼の焚火 八木三日女 赤い地図
知らぬ人に報謝の焚火つなぎけり 軽部烏帽子 [しどみ]の花
知らぬ児もまじりて囲む焚火かな 吉屋信子
短日やいま切りし枝を焚火とし 及川貞 夕焼
磯焚火ゾロアスターの火のかがよひ 津田清子
磯焚火拾へば木切れいくらでも 水木祥壱
磯焚火潮音どよむ松林 皆川盤水
磯焚火王子の祠煙らしぬ 石倉啓補
磯焚火育てて捨ててかへりみず 上田五千石 風景
神々の焚火出雲の夕焼は 柴田奈美
秋山や草むら浅き焚火屑 飯田蛇笏 山廬集
穴釣の小さな焚火匂ひけり 坂巻純子
空のいろ変り焚火のいろ変り 上野泰 佐介
空へたちのぼりわれらが焚火のけむり 中塚一碧樓
立膝の海女の囲める磯焚火 佐藤露草
等身にまで高めたる焚火の炎 能村研三 騎士
箒目の集つてゐる焚火かな 星野立子
籠の中に羽ばたく軍鶏や焚火熱 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
糠雨のなか白煙の磯焚火 酒井十八歩
紅葉燃ゆ音こま~と焚火かな 高橋淡路女 梶の葉
紙は紙木は木の灰に庭焚火 片山由美子 風待月
紙屑のピカソも燃ゆるわが焚火 山口青邨
紫蘇殻をにほはせてゐる焚火かな 太田鴻村 穂国
老ゆるこわさ海女は焚火に執着す 河野南畦 湖の森
老刀自の下り立たれたる焚火かな 尾崎迷堂 孤輪
老漁夫のうなじの毛穴昼焚火 川崎展宏
聖旗風に大彌撒を待つ梅雨焚火 下村ひろし 西陲集
聴き慣れぬ鳥に刻あり朝焚火 河野南畦 湖の森
育ている棒に焚火の燃えきたる 北山河
胸もとの明るく人等焚火燃ゆ 成瀬正とし 星月夜
脳が空つぽ熱き焚火の石焼けて 寺田京子 日の鷹
臘八や辻の焚火に旅の僧 菅裸馬
自転車の車輪ぬくまり焚火を去る 田川飛旅子 花文字
艪の折れを焚火に置いて五人ほど 川崎展宏
色々のてのひらのある焚火かな 塩田博久
芦むらのうす日をさそふ焚火かな 銀漢 吉岡禅寺洞
花のごとく焚火にあたる掌をひらき 成瀬正とし 星月夜
若ものとみれば飛びつく焚火の秀 能村登四郎
若布干す相良女焚火跨ぎては 萩原麦草 麦嵐
茶の花や焚火の飛火藁沓に 安斎櫻[カイ]子
茶屋を出て焚火はじめし刈田かな 比叡 野村泊月
茸山の仕事納の一焚火 杉 艸子
草萌ゆる焚火のあとのところかな 上野泰 佐介
荒蕪拓く鍬も焚火にひきよせて 津田清子 礼 拝
萩刈りて焚火にかぶす長々と 細見綾子 黄 炎
萱くべし焚火にゆがむ甲斐の岳 阿部ひろし
落つる葉の焚火煙りに吹かれけり 臼田亞浪 定本亜浪句集
葡萄棚日々の焚火にくすぼれる 川島彷徨子 榛の木
葬の家思い出くべて焚火の輪 山中頼子
蒟蒻掘紅蓮の焚火あげて暮る 馬場移公子
蕗の薹焚火に焦げし花開く 茨木和生 木の國
薔薇園の仕事納めの大焚火 原田青児
藁灰を得べき焚火のすぐ終る 林翔 和紙
藁駒をさづかり焚火もらひをり 西本一都 景色
藪垣の結ひしまりたる焚火かな 青畝
螢ゆく浜の焚火をよそにして 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
蟷螂の卵も焼かれ夕焚火 一雄
蠅つるみとぶ秋耕の焚火空 飯田蛇笏 山廬集
血を売らむと言はれてをりき焚火廃つ 岩田昌寿 地の塩
行く年や焚火に蹴こむ松ぼくり 石塚友二 光塵
行者には逢はず焚火の跡に逢ふ 森田 峠
衰へし心身をもて焚火かな 上野泰
裏町や起きぬけ人の焚火の輪 清原枴童 枴童句集
襖のつよく夜を徹したる焚火かな 飯田蛇笏 山廬集
西行に憧れてゐる焚火かな 岸本尚毅 舜
親のない子はないと焚火してゐるよ 冬の土宮林菫哉
訪ひを待つとはいはず夕焚火 上田五千石
誰か焚き誰もがあたる磯焚火 品川鈴子
誰となく焚火を育て釣仲間 森田峠 避暑散歩
豆撒きのたのしさ余り大焚火 中山純子 沙 羅以後
豊漁貧乏焚火へ踏み裂く段ボール 奈良文夫
負軍鶏の焚火の端をつつきけり 小澤實 砧
起きてくる子毎に焚火たきそふる 林翔 和紙
足もとに霰ころがる焚火かな 上甲明石
足場は宙にのびて焚火の余燼冷ゆ 田川飛旅子 花文字
躍り出る赤鬼焚火靡かせつ 羽部洞然
車窓擦過の坂の一つの焚火怒る 金子兜太
軍港をあぶり出したる焚火かな 中村和弘
逝きし彼の下駄も焚火にくべらるる 肥田埜勝美
遊牧の民の焚火の濃かりけり 有馬朗人 天為
道問へばあたれといふや焚火人 西山泊雲 泊雲句集
道暮れぬ焚火明りにあひしより 汀女
道灌の地のもてなしや川焚火(埼玉県越生町山吹の里近くに越辺川流る) 角川源義 『西行の日』
道焚火人はしづかに見て通る 柴田白葉女 花寂び 以後
遠く燃ゆ岬の焚火も雁供養 有働 清一郎
遠焚火友禅干しに関はる火 辻田克巳
遮断機の下りし向うの夜の焚火 木村蕪城 寒泉
遮断機の降りたり焚火匂ひくる 椎橋清翠
郭公の森に萌えざる焚火跡 中戸川朝人 残心
都鳥二三羽とべる焚火かな 清原枴童 枴童句集
野焚火の四五人に空落ちかかる 臼田亜浪
野良犬のなつく先生焚火守 渡 たみ
金屏風立てしがごとく焚火かな 川端茅舎
金色の焔の牡丹焚火かな 山崎ひさを
釘の出てをりし焚火の燠のあり 後藤夜半 底紅
釣人の囲む焚火に風絶えず 新井太四郎
鉄骨を星に預けて焚火を消す 田川飛旅子 花文字
鍬とれば焚火の酔のさめにけり 西山泊雲 泊雲句集
鐘楼に焚火跡ある三ヶ日 椎橋清翠
長焚火してをりけふも沼不漁 石井とし夫
門に佇ち焚火の群に近よらず 桂信子 黄 炎
閨を出し顔を合はして磯焚火 平畑静塔
除夜の鐘撞くや焚火へ尼も来て 高濱年尾 年尾句集
隆々と一流木の焚火かな 秋元不死男(1901-77)
雀来て白く消えたる朝焚火 中拓夫 愛鷹
雁や海女がそだつる舟焚火 小原菁々子
雁供養焚火にぢかに薬罐乗せ 蒔田光耕
集ひ来し善い子悪い子焚火燃ゆ 成瀬正とし 星月夜
雑誌投げて焚火ゆたかや寮を去る 金子 潮
離れとぶ焔や霧の夕焚火 石鼎
雨が打つ白兎神社の焚火跡 木村蕪城 寒泉
雨が闇深くす牡丹焚火かな 吉田木魂
雨に映りて燃え上りたる焚火かな 長谷川かな女 雨 月
雨の焚火吾が手をかざす隙間なし 岩田昌寿
雨粒の飛び込んで来し夕焚火 片山由美子 風待月
雪が降りこむ焚火をふとらせてゐる 人間を彫る(裸木第一句集) 大橋裸木
雪中に焚火しわしわ燃えて生理終る 寺田京子 日の鷹
雪中の焚火の跡や祈年祭 石田勝彦
雪光に炎ばしる猟の大焚火 飯田蛇笏 雪峡
雪原の焚火に月の上りけり 岩田由美
雪嶺や畦の焚火に誰もゐづ 秋元不死男
霧に滲むいま出し舟の捨焚火 中戸川朝人 残心
霧霽るゝまでの焚火の筏衆 奥村柴風
青栗や朝の焚火のわづかにて 中拓夫 愛鷹
青空の昏れしあをぞら簗焚火 茨木和生 木の國
青邨忌ちかづく牡丹焚火かな 岩井久美恵
鞍馬山見上げて門に焚火かな 野村泊月
音羽山暮るゝ焚火のはなやかに 草城
頑石にいぶりかゝりぬ山焚火 楠目橙黄子 橙圃
顔の彫深くなる焚火おとろへし 内藤吐天 鳴海抄
風さつと焚火の柱少し折れ 高浜虚子
風つのる音のおこれる焚火かな 石原舟月 山鵲
風どうと土襲ひ嘗めし焚火哉 西山泊雲 泊雲句集
飾売焚火に時を濃くしつつ 遠藤正年
馬によけし焚火の群や又よりぬ 大橋櫻坡子 雨月
馬喰一代雪の凍てつく焚火屑(秋元不死男氏と蔵王山に登る) 角川源義 『秋燕』
馬子焚火馬は干菜を食うて居る 比叡 野村泊月
鬨あぐるごと大焚火神迎ふ 上原朝城
鬼面よりのぞく目が燃ゆ大焚火 橋本榮治 麦生
魔女裁判ありし世もあり大焚火 柴田奈美
魚市の始つてゐる焚火かな 牧野まこと
魚河岸の焚火に女盛り過ぐ 友草 寒月
鮎おちて焚火ゆかしき宇治の里 蕪村
鯉を得て更に焚火す夜網かな 大塚羽山
鰤敷や雪の降り込む舟焚火 桑田青虎
鳥の眼には如何に焚火の煤け石 宇佐美魚目 秋収冬蔵
鳥居立つ干潟に焚火年用意 河野頼人
鴫たつてくれの焚火のもる家哉 加舎白雄
鵜飛び大焚火とはなりにけり 久米正雄 返り花
鶏頭を目がけ飛つく焚火かな 松本たかし
鹿鳴くや男ばかりの焚火の輪 沢 聰
黄昏のアンダルシアの焚火かな 仙田洋子 雲は王冠
黒きもの暗に飛び行く焚火かな 高濱年尾 年尾句集
黒子にて二つに分けし夕焚火 嶋野國夫
あれもこれも戦よりまし落葉焚 前野雅生
いづくより来たりしわれか落葉焚く 高澤晶子 純愛
かがまるにこたへて立つ火落葉焚く 皆吉爽雨
くんと鼻鳴らして落葉焚きゐたり 高澤良一 さざなみやっこ 
けぶるごと老いていつまで落葉焚 鷲谷七菜子 花寂び
この同じ時かつてあり落葉焚 須川洋子
てつぺんにまたすくひ足す落葉焚 蘭草 慶子
とりに餌を門掃きてさて落葉焚 及川貞 夕焼
へこたれぬ病者哲学落葉焚 脇本星浪
みんな死んでしまひし落葉焚きにけり 成瀬櫻桃子 素心
むさし野のまゝに住み古り落葉焚 及川貞 榧の實
よろこびをしづかに落葉焚きにけり 橋本鶏二 年輪
わが影を被せて落葉焚に寄る 吉田俊子
わが泣けば我家が揺るる落葉焚く 後藤綾子
わが背を母が見てゐる落葉焚 橋本榮治 麦生
わが願ひ大方満ちて落葉焚く 石田あき子 見舞籠
をさな児とあそびて遅遅と落葉焚 中村汀女
ジャケツ厚し落葉焚きゐし香をこめて 草間時彦
一枚にはじまりし火の落葉焚く 皆吉爽雨
世捨人となれぬつぶやき落葉焚く 伊藤京子
五百羅漢ひとり抜け出て落葉焚 田村恵子
人の焚く落葉のかさを見て過ぎし 中村汀女
仮寓十年落葉焚き来し地の窪み 山家竹石
傘さして頬かむりして落葉焚 阿部みどり女 笹鳴
又別のところに焔落葉焚 深見けん二
口重き生徒まねくや落葉焚 阿部ひろし
地のしめり今朝の落葉焚時かけて 及川貞
夕月の凄惨落葉焚く上に 井沢正江 火襷
夕焼も炎に入れて落葉焚 大高千代
多摩人の焚けば我もと落葉焚く 水原秋桜子
夜のなやみあしたにうすれ落葉焚く 飯田蛇笏 雪峡
大雲の影堕ちてくる落葉焚 石原八束
天の階あるとき近し落葉焚 古賀まり子 緑の野
天上の我が母もまた落葉焚 磯貝碧蹄館
妄想の火色育ちぬ落葉焚 石塚友二 光塵
姥捨の猫に啼かるる落葉焚き 八木三日女
孫と寝て朝孫童子と落葉焚く 及川貞 夕焼
寒山詩とは落葉焚く煙かな 尾崎迷堂 孤輪
崖の滴り溜めて人住む落葉焚き 林原耒井 蜩
延命を願はぬ日あり落葉焚く 中嶋秀子
恍惚と仏の落葉焚きゐたり 徳永山冬子
悲しむもの集まれよいま落葉焚く 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
我が影に火の移りたる落葉焚 藤井寿江子
手伝はぬ子も加はりて落葉焚 黒川悦子
振りかへる幹の明るさ落葉焚 古賀まり子 緑の野
掻きよせて且こゝに焚く落葉かな 赤木格堂
放浪のこころ責めゐて落葉焚く 仙田洋子 橋のあなたに
昼月のみてゐる落葉焚きにけり 木下夕爾
月のゆめを見しおもひ出や落葉焚く 飯田蛇笏 山廬集
朝ごゝちみだすものなく落葉焚く 及川貞 夕焼
杉落葉焚けば一気に燃えあがり 岡本 求仁丸
松落葉焚けり歴史の虚実中 佐野まもる
柿落葉焚く煙より山を見る 中拓夫
森の中夕暮早し落葉焚く 福田蓼汀 山火
樫落葉焚きて山姥めく日かな 馬場移公子
波郷忌のわずかな落葉焚きにけり 椎橋清翠
波郷忌の来る朴落葉焚きにけり 岸田稚魚 『雪涅槃』
火のそばに熊手を置いて落葉焚き 川崎展宏
火の好きな女と言はれ落葉焚く 高田風人子
火を恋ふは焔恋ふなり落葉焚き 橋本多佳子
火掻棒最後に燃やし落葉焚 井関しげる
炎を立てず夜中の白き落葉焚 小檜山繁子
煙立つ生きて帰りし落葉焚 西東三鬼
燻されてゐるは楊や落葉焚 依光陽子
父ながく母短かかり落葉焚 小檜山繁子
猿山のこぼれ餌まじる落葉焚き 中尾杏子
田中みどりうづくまりゐて落葉焚く 石原八束 人とその影
病床に聲なき夫や落葉焚 石田あき子 見舞籠
白き手の病者ばかりの落葉焚 石田波郷(1913-69)
空想の古びやすくて落葉焚く 上田日差子
紅葉にも火の廻りたる落葉焚 深見けん二 日月
紛争の明け暮れに焚く落葉かな 仙田洋子 雲は王冠
繁忙前の暇が充実落葉焚 赤城さかえ句集
老僧の漢詩のごとき落葉焚き 宇都宮 靖
耳たぶの大きな父と落葉焚 國分水府郎
自ずから崩るるものを落葉焚 佐々木六戈 百韻反故 初學
落葉焚いつも海から日暮来る 徳田千鶴子
落葉焚いて葉守りの神を見し夜かな 芥川龍之介
落葉焚きゐてさざなみを感じをり 石原八束(1919-98)
落葉焚き人に逢ひたくなき日かな 鈴木真砂女 生簀籠
落葉焚き家族守らむ燃えながら 対馬康子 吾亦紅
落葉焚き蔭の寸土を温むる 石塚友二 方寸虚実
落葉焚き虚空蔵山をまなかひに 文挟夫佐恵 遠い橋
落葉焚き身に寄るしじま払ひけり 石原八束 白夜の旅人
落葉焚くお婆の髪は煙のやう 小松崎爽青
落葉焚くけむり沁みたり旅衣 堀口星眠 営巣期
落葉焚くこころ煙に預けては 加藤耕子
落葉焚くことも神学校の庭 高浦銘子
落葉焚くに逢ひてしばしを共に焚く 茂里正治
落葉焚くはじめの煙濃かりけり 伊藤伊那男
落葉焚くばかりに落葉もられある 上村占魚 鮎
落葉焚くまたも炎の現れて 岩田由美
落葉焚くやずん~と来る初鴉 中島月笠 月笠句集
落葉焚く匂ひまとひて厨妻 角皆美代子
落葉焚く匂ひ月夜に残りたる 石原八束 『藍微塵』
落葉焚く地のさびしさをあたためて 新明紫明
落葉焚く小学生に礼返し 石川桂郎 四温
落葉焚く悔いて返らぬことを悔い 鈴木真砂女 生簀籠
落葉焚く死の執着に離れいて 桜井砂堂
落葉焚く浮浪児にルオーの太陽なし(ルオー展) 細見綾子
落葉焚く火の粉煽りし風の鬨 河野南畦 湖の森
落葉焚く火勢の端に押へ水 古山数枝
落葉焚く炎が炎呼んで燃え 橋爪 靖人
落葉焚く炎をあげて店仕舞 森田峠 避暑散歩
落葉焚く煙の中の日黄なり 大橋櫻坡子 雨月
落葉焚く煙の中を人去来 西山泊雲 泊雲句集
落葉焚く煙は日矢を昇りけり 伊藤瓔子
落葉焚く落葉の中にゐる蝶も 黒谷忠
落葉焚く香にをりおもひ育ちをり 木村 風師
落葉焚一憂ありて幹焦がす 大島民郎
落葉焚亡き子憶へば燃えしぶる 千代田葛彦
落葉焚午後の落葉を加へけり 高澤良一 ねずみのこまくら 
落葉焚天変地異に生き延びて 赤尾恵以
落葉焚夫に問はるる夜の髪 大石悦子 群萌
落葉焚妻よりつぎて日暮れけり 荒井正隆
落葉焚婆が落葉をてんこ盛り 高澤良一 鳩信 
落葉焚黙してをればなほたのし 及川貞 榧の實

行きずりのライター借りて落葉焚 高橋利雄
遠目には供華のくれなゐ落葉焚く 伊藤京子
鎌倉やいつもどこかで落葉焚く 館岡沙緻
院の庭荒るに任せ落葉焚く 高濱年尾 年尾句集
雪舟の山水のなか落葉焚く 長谷川櫂 蓬莱
青き葉も意気のあがらぬ落葉焚 高澤良一 ぱらりとせ 
あと五日ばかりを残し浜焚火  高澤良一  石鏡
焚火して何だかゆとりのやうなもの  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-21 00:52 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23361770
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

春分の日  の俳句
at 2017-04-30 04:21
彼岸詣   の俳句
at 2017-04-30 04:19
彼岸桜   の俳句
at 2017-04-30 04:17
貝寄風   の俳句
at 2017-04-30 04:13
春障子 の俳句
at 2017-04-30 04:11

外部リンク

記事ランキング