年の暮

年の暮

例句を挙げる。

あけくれや井水貰ひて年の暮 細川加賀
あたゝかき一と夜二た夜も年の暮 石塚友二 光塵
あたゝかき雨も降るなり年の暮 中川宋淵
あたゝかに松の下掃く年のくれ 金尾梅の門 古志の歌
あてにせぬ夫帰りをり年の暮 泊月
いさゝかの金欲しがりぬ年の暮 鬼城
いつどこで替りし下駄か年の暮 松本翠影
いづれもの猫なで声に年の暮 服部嵐雪
いねいねと人にいはれつ年の暮 斉部路通 (1649-1783)
うららかさどこか突抜け年の暮 細見綾子 黄 炎
かの国のかの寺おもふ年の暮 大峯あきら 鳥道
かんざしの目方はかるや年の暮 久保田万太郎 草の丈
がらくたとは新鮮ですね年の暮 柴田美代子
きりばりにきる花形や年の暮 小澤碧童 碧童句集
けんぼうや捨ててもをかれず年の暮 板坂氏 選集「板東太郎」
ささやきや咳気をなぐる年の暮 探志 芭蕉庵小文庫
すつぽんもふぐもきらひで年の暮 久保田万太郎 流寓抄以後
そぞろ神と仲良く迎ふ年の暮 山田みづえ
その人の事にかゝはり年の暮 高濱年尾 年尾句集
そむく時はそむきなるなり年のくれ 服部嵐雪
たらちねのあればぞ悲し年の暮 正岡子規
ちび墨と我とありけり年の暮 幸田露伴 礫川集
つき立の餅に赤子や年の暮 服部嵐雪
としの尾や柳に青う結び行く年の暮 千代尼
ともかくもあなたまかせの年の暮 一茶
ともかくも身一つ赴任年の暮 佐久間潺々
なりにけりなりにけりまで年の暮 松尾芭蕉
はらわたの紆余曲折を年の暮 中原道夫
はんだいの箍こそみがけ年の暮 久保田万太郎 草の丈
ひと寝入りいびきかきけり年の暮 龍岡晋
ふとしたることにあはてゝ年の暮 高浜虚子
ぶらんこに老人のゐる年の暮 角川春樹
またしても人のおちめや年の暮 久保田万太郎 流寓抄
やかましき姑健なり年の暮 夏目漱石 明治三十二年
ゆく馬の背に月凍る年の暮 金尾梅の門 古志の歌
わけもなきこといさかひつ年の暮 高橋淡路女 梶の葉
わたり行く野末といはむ年の暮 齋藤玄 飛雪
わんといへさあいへ犬も年のくれ 一茶
ゐねぶれば誰やら起す年の暮 樗良
エリカといふさびしき花や年の暮 山口青邨
バス停の椅子新しく年のくれ 萩原まさえ
ポケツトの手がたいくつや年の暮 今井杏太郎
一夜さは雨あたたかに年の暮 鈴木しげを
一睡にもの食ふ夢や年の暮 小川軽舟
一舟もなくて沖まで年の暮 辻田克巳
三盒子ことたらはすや年の暮 服部嵐雪
下積の蜜柑ちひさし年の暮 浪化
下駄買うて箪笥の上や年の暮 荷風
不機嫌な町医者混みあふ年の暮 相河美智子
世苦の死の今朝もや年の暮なれば 石塚友二 光塵
世話もなし朧おぼろと年のくれ 京-竹翁 元禄百人一句
世辞笑ひ慣れて商ふ年の暮 水下寿代
中結ひの真田紐かな年の暮 龍岡晋
乞ひに来ぬかけ乞こはし年のくれ 立花北枝
亀菊があふぎもふるし年の暮 斯波園女
人あまた逝かせ微風の年の暮 殿村莵絲子 雨 月
人ごみを避けて川見る年の暮 茂里正治
人を見てたのしめさても年の暮 立花北枝
人間の行く末おもふ年の暮 松瀬青々
仏壇のバーゲンセール年の暮 柏原眠雨
佳き酒と友の便りや年の暮 今泉貞鳳
修理費てふ伏兵に遭ふ年の暮 高澤良一 宿好 
円柱に日は廻り居り年の暮 正雄
出歩きて無用の用や年の暮 山崎房子
分別の底たたきけり年の暮 松尾芭蕉
十五日春やのしこむ年の暮 内藤丈草
千観が馬もかせはし年のくれ 榎本其角
半生は短距離走よ年の暮 岡本多可志
反古さらへ女筆恥かし年の暮 安昌 選集「板東太郎」
反古張の鯨の胴や年の暮 龍岡晋
古法眼(こほうげん)出どころあはれ年の暮 松尾芭蕉
吊橋がつなぐゆききや年の暮 加藤春彦
名も高き茶人も見けり年の暮 召波
喜雨亭に佳き酒にほふ年の暮 秋櫻子
国中や日和つづきの年の暮 鈴木六林男 後座
土に生く身に襤褸ぬくき年の暮 西島麦南 人音
地の穴に紙燃ゆ暗殺の年の暮 沢木欣一 地聲
堂前や日数の矢尻年の暮 露章 選集「板東太郎」
墓ぬらす雨のふるなり年の暮 久保田万太郎 草の丈
墓刻む人兀々と年の暮 岡本松浜 白菊
夜に入りて肥汲み来たり年の暮 龍岡晋
大原女にまたことづてや年の暮 虚子
大年の暮色も拭ひ難くなる 相生垣瓜人 明治草抄
大阪は売らんかの町年の暮 吉年虹二
大魔術宙に人浮き年の暮 若木一朗
天鵝毛(びろうど)のさいふさがして年の暮 広瀬惟然
妻あるも地獄妻亡し年の暮(十余年病み疲れて逝きし妻の葬儀を了へ) 石原八束 『断腸花』
妻にせし女世に有り年の暮 松瀬青々
妻泪してうつくしき年の暮 杉山岳陽 晩婚
姉が来て義弟の帰る年の暮 松田紀子
婚礼の鯛の御用や年の暮 小澤碧童
子が為に祈る一事の年の暮 石塚友二 光塵
宙に混む紅梅の炎や年の暮 原裕 青垣
客置いて出掛けることも年の暮 稲畑汀子 汀子第二句集
宣伝機傾き飛べる年の暮 右城暮石 上下
宿木に雀睦める年の暮 高澤良一 随笑 
寂しくて道のつながる年のくれ 永田耕衣(1900-97)
寄附掻きの我が家洩らさぬ年の暮 石塚友二 方寸虚実
小傾城行てなぶらん年の暮 榎本其角
小松原海を見に出る年の暮 展宏
小気味よき寒さとなりぬ年の暮 星野立子
小鳥屋は小鳥と居たり年の暮 翔
少年と二人昼湯や年の暮 小澤碧童 碧童句集
屁もひらず沈香もたかず年の暮 一茶
居風呂の底ふみぬくや年の暮 炭 太祇 太祇句選後篇
山々の重なる奥へ年の暮 右城暮石 上下
山へ帰る荷に葱すこし年の暮 右城暮石 声と声
幅ひろのゴムと遊びし年の暮 中村ミサ
年のくれ互にこすき銭づかひ 野坡
年の暮うがひぐすりの毒々し 山口青邨
年の暮おなじ歩みや米車 京-水雲 元禄百人一句
年の暮なまじに月のひかりかな 久保田万太郎 流寓抄
年の暮ひとの墓にも日がさして 原田喬
年の暮ひら~生える親知らず 中川宋淵 詩龕
年の暮やがて人々ちりぢりに 福田蓼汀 山火
年の暮や行燈の針のあなかしこ 幸田露伴 拾遺
年の暮わが家が在れば帰去来(かえりなんいざ) 深川正一郎
年の暮カンパ一口世とつながる 村越化石 山國抄
年の暮ノアの如くに酔ぱらふ 有馬朗人 知命
年の暮人に物遣る蔵もがな 一茶 ■寛政二年庚戊(二十八歳)
年の暮嵯峨の近道習ひけり 炭 太祇 太祇句選
年の暮形見に帯をもらひけり 道芝 久保田万太郎
年の暮故里に身をゆるめたる 細見綾子
年の暮月の暮日のくれにけり 正岡子規
年の暮未払患者また病めり 相馬遷子 山国
年の暮波より海猫の数増ゆる 中拓夫
年の暮疲れなき声テープより 森田智子
年の暮石臼をひく老母かな 太田鴻村 穂国
年の暮金精さまも洗ふとか 飯島晴子
年の暮頸をのばして家鴨帰る 鈴木六林男 谷間の旗
往ね往ねと人にいはれつ年の暮 路通
御破算で願ひましては年の暮 佐土井智津子
忘れゐし袂の銭や年の暮 吉田冬葉
忘れ草菜飯に摘まん年の暮 松尾芭蕉
急須しぼる守僧のをりて年の暮 八木林之介 青霞集
愛されぬ四肢はぶらぶら年の暮 櫂未知子 蒙古斑
懺悔室に突きあたりたる年の暮 石原八束 白夜の旅人
押して来るものに身任せ年の暮 右城暮石 上下
押し来たるものに抗ひ年の暮 中野 弘
拾はれてならぬ句帖や年の暮 長谷川かな女 雨 月
持たぬ人の銭を憎むや年の暮 幸田露伴
捨て売りのひびの薬や年の暮 会津八一
斗枡の艶姑のものなり年の暮 影島智子
旅一座入れ替りけり年の暮 冨田みのる
日の本の人の多さよ年の暮 椎本才麿
日本船日毎入港年の暮 保田白帆子
旧里や臍の緒に泣く年の暮 芭蕉
映画館入りて出て来し年の暮 右城暮石 上下
春正があつらへ来しぬ年の暮 黒柳召波 春泥句集
昼の湯にしづむひとりの年の暮 石原舟月
昼は晴れ夜は月が出て年の暮 細見綾子 黄 炎
書き溜めて連載コラム年の暮 大野雑草子
月雪とのさばりけらし年の暮 芭蕉
望郷のオカリナ駅に年の暮 沢 聰
朝々の初日をろがみ年のくれ 原石鼎 花影以後
朝がての廂の雨や年の暮 山本洋子
朝起もひとつに年はくれにけり年の暮 千代尼
木が二本しづまり返り年の暮 永田耕一郎 雪明
木綿買ふ門の座頭や年の暮 百里 極 月 月別句集「韻塞」
松になく鶯見たる年の暮 会津八一
松の香のうすうす匂ふ年の暮 渡辺恭子
松薪の炎の太し年の暮 辻桃子
板の間に鯛焼かれたる年の暮 萩原麦草 麦嵐
板の間の鳴る一枚や年の暮 小川軽舟
枇杷咲いて鼻の先まで年の暮 石塚友二
柴又や草餅青き年の暮 小澤碧童 碧童句集
梁もひくき枕も年の暮 清水基吉 寒蕭々
梅が枝に誰が絹張し年の暮 讃岐-芳水 元禄百人一句
椅子かつぐひとにつづけり年の暮 田中正一
歯を入れてこめかみ緊る年の暮 猿橋統流子
歳時記にあそぶ独りや年のくれ 松本思桂
母が吾をまたいでゆきぬ年の暮 夏井いつき
母が焚く小さき紙の火年の暮 原田喬
母見舞ふことの残りし年の暮 鈴木しげを
水さしつ熱き浴槽にあり年の暮 岸風三樓
水戸さまの裏の小梅や年の暮 道芝 久保田万太郎
波とがり川へのぼれり年の暮 大野林火
浅草に来て顔剃りぬ年の暮 志摩芳次郎
浮かず沈まず大根流る年の暮 川村紫陽
海にいま着く水のあり年の暮 大串章 百鳥
海苔の艶玉子の照リや年の暮 久保田万太郎 流寓抄
深川へ廻る墓参や年の暮 白水郎句集 大場白水郎
淵は瀬に雪白きよや年の暮 水田正秀
温泉に地元の赤子年の暮 森田智子
湯に入て我身となるや年の暮 一茶 ■文政二年己卯(五十七歳)
湯加減をみてゐる声も年の暮 小玉好人
濡れてゐる御所のあたりや年の暮 田中裕明 櫻姫譚
火に捨ててくすりあやしき年の暮 加藤知世子 花 季
火の如き弟子一人欲し年の暮 浜人
灯の鋲の東京タワー年の暮 鷹羽狩行
燐寸すれば路傍を照らす年の暮 萩原麦草 麦嵐
牛蒡一束泉に座る年の暮 原田喬
猪の首の強さよ年の暮 野澤凡兆
獣苑の錦蛇見る年の暮 右城暮石 上下
玉垣の外の石ころ年の暮 波多野爽波 『湯呑』
玻璃窓を鳥ゆがみゆく年の暮 西東三鬼
生き飽きの吾を養ふ年のくれ 栗林千津
病む友の会話にちらと年の暮 山道陽子
病夫に靠るるばかり年の暮 石田あき子 見舞籠
癇癪よ小言よ金よ年の暮 尾崎紅葉
皆拝め二見の七五三を年の暮 松尾芭蕉
皿は皿小鉢は小鉢年の暮 久保田万太郎 流寓抄
盗人に逢うた夜もあり年の暮 芭蕉 俳諧撰集「有磯海」
目黒過ぎ目白を過ぎぬ年の暮 照敏
真清水の泡立ちいそぐ年の暮 飯田龍太
眼に残る親の若さよ年の暮 炭 太祇 太祇句選後篇
眼のとどく限り見てゐて年の暮 飯田龍太 遅速
瞑るよりものの見えだす年の暮 中山一路
石仏の音となりけり年の暮 齋藤玄 飛雪
碓(からうす)は年の暮ほど音高し 京-舟露 元禄百人一句
礼服を著て出る用や年の暮 大場白水郎 散木集
竿持す梅に柳に年の暮 井原西鶴
米くるる友どち持ちて年の暮 蝶夢
紙屑を燃やしてゐても年の暮 細見綾子(1907-97)
終りなき主婦の仕事や年の暮 丸谷恵子
継がぬ子の家業手伝ふ年の暮 佐野たけ子
繭つけて晴るゝ一木や年の暮 佐野青陽人 天の川
老残のベレーゆるがず年の暮 小林康治
耕さぬ罪もいくばく年の暮 小林一茶 (1763-1827)
耳のはたで鐘つかれたり年の暮 久保田万太郎 流寓抄
股引や膝から破れて年のくれ 馬仏 極 月 月別句集「韻塞」
肥汲に銭求められ年の暮 小林康治 玄霜
腫物の血を押し出すや年の暮 正岡子規
腹中の反古見分けむ年の暮 山口素堂
膝に来て消ゆる日ざしや年の暮 岸本尚毅 舜
臨時出費あれこれ出てくる年の暮 高澤良一 宿好 
花見酒は盆前に散りけり年の暮 椎本才麿
花餅の糶り立つ飛騨の年の暮 前川伊太郎
若い者ゆつたりとして年の暮 内野 修
落差埋めんと水音優し年の暮 香西照雄 素心
蒲の絮尽きて三河の年の暮 青畝
藁苞を出て鯉およぐ年の暮 魚目
蛤の生けるかひあれ年の暮 芭蕉
見送りし仕事の山や年の暮 高浜虚子
観音を用事でぬける年の暮 上川井梨葉
護国寺の松風ききぬ年の暮 龍岡晋
豆腐屋のおから濛々年の暮 須原和男
貧樂や釣の書をみる年の暮 幸田露伴 拾遺
貧農の歯が無い口も年の暮 飯田蛇笏 霊芝
買ひえたるよきネクタイや年の暮 久保田万太郎 流寓抄以後
買物の妻に出逢ひぬ年の暮 比叡 野村泊月
貸し借りもなき貧しさや年の暮 稲井梨花
赤毛のアンと片手つなぎや年のくれ 栗林千津
起出でゝ手紙かくなり年の暮 増田龍雨 龍雨句集
追ひ鳥も山に帰るか年の暮 内藤丈草
釣堀に突きあたりたり年の暮 星野麦丘人
銭はさむ下部の腰や年の暮 黒柳召波 春泥句集
銭湯のさら湯ひとりに年の暮 木津柳芽
鎌とぐや生駒あたりの年の暮 上島鬼貫
長安大根もらはれてゆく年の暮 原田喬
門さしてまた立ち出づる年の暮 小澤碧童 碧童句集
閏月のそのめも見えず年のくれ年の暮 千代尼
雁行に雲荒れもなし年の暮 渡辺水巴 白日
雨国に巨き下駄売る年の暮 白井新一
雪隠に居眠る人や年の暮 会津八一
頤髯にだまされてゐる年の暮 石原八束 『風信帖』
風流に遇うた夜もあり年の暮 会津八一
風邪の妻の薬を買ひに年の暮 冨田みのる
風邪引きし医師の見えけり年の暮 小澤碧童 碧童句集
餅の出る槌がほしさよ年の暮 一茶 ■文化二年乙丑(四十三歳)
骨高な馬がひん~年の暮 冬の土宮林菫哉
高層に夜廻りひびく年の暮 小林はる子
鮟鱇も河豚も喰ふなり年の暮 寺田寅彦
鮠の子のかたまりが濃し年の暮 波多野爽波 『骰子』
鰤の尾を提げて立ちけり年の暮 水田正秀
鰤は太り秋刀魚は痩せて年の暮 鈴木真砂女 夕螢
鳥逃げし枝のさゆれや年の暮 久保田万太郎 流寓抄以後
うつくしや年暮れ切りし夜の空 一茶
おしやもじは魂の形や年つまる 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
お奉行の名さへ覚えず年暮れぬ 来山
きれいな空へ無限の階段年つまる 横山衣子
この世あの世妻を隔てし年暮るる 森澄雄
しがらみにかかるもろもろ年暮るる 風生
のれん越に女将のこゑや年詰る 岸田稚魚
ひそかにも服喪のこころ年暮れぬ 飯田蛇笏 春蘭
ふところに微禄大事や年つまる 岸風三樓
ふるさとの鰤の届きて年つまる 渕 千鶴子
わがゆまる音のしづかに年暮るる 日野草城
わがラジオ注連のかけあり年暮るゝ 岸風三楼 往来
をりをりの星と遊びて年暮るる 三苫真澄
クレーン仰ぐみな年つまる男たち 古沢太穂 古沢太穂句集
サラリーマンぞろぞろぞろと年暮るる 清水基吉
スーリアの車輪見し年暮れにけり 阿波野青畝
フェニックス渚銀座に年つまる 角川源義 『西行の日』
ペンだこにつきし白墨年つまる 行方克巳
一憂もなくて傘寿の年暮るる 大橋宵火
三人の子六人となり年暮るる 猿橋統流子
丞相のことば卑しく年暮るゝ 飴山實 『次の花』
乗鞍にかぶさる星座年果つる 加藤岳雄
些かの五欲抱きて年暮るる 今泉貞鳳
京近く湖近く年暮るる 素十
伝言板画鋲残して年つまる 島田芳恵
何かしら遠し遠しと年暮るる 富安風生
余すなく母へ送金年暮るる 皆川白陀
余白多き日記なりけり年暮るる 阿部みどり女
催促のなきが催促年暮るゝ 田村おさむ
八つ手を松に替へて年果つ貸植木 百合山羽公 寒雁
友禅の伏せ糊こねて年つまる 田村愛子
反芻の牛の遠目や年つまる 北見さとる
吾にまだ長き人生年暮るゝ 藤丹青
喪の花輪すぐにたたまれ年つまる 菖蒲あや
地に沁みて夕焼薄し年暮るる 内藤吐天 鳴海抄
墓石まで路傍に売られ年つまる 高井北杜
墨蔵の錠ぬばたまに年つまる 西村和子 かりそめならず
外廊の燈の消されけり年果つる 山口誓子
夢にまで浪音重ね年詰る 伊藤京子
天丼の海老のいい色年詰る 高澤良一 宿好 
奇蹟起こるまで歳晩の石に坐す 伊達甲女
妻逝きて我も病みつつ年暮るる 福井圭児
始末書を二度書きし年暮れにけり 鈴木しげを
嫁る気嫁らぬ気いづれも本気年詰る 毛塚静枝
子に母に心わけつつ年暮るる 伊藤淳子
子の背広買ふ歳晩のまばゆき中 福田甲子雄
家を出てすぐ歳晩の銀座かな 下田実花
家成りし灯に親しめず年暮るる 阿部みどり女
山僧の袈裟繕うて年暮れぬ 尾崎紅葉
市人に我も交りて年暮るゝ 青峰集 島田青峰
師に逢ひし年果つる花火焔樹に 小池文子 巴里蕭条
帯留の珠一つ年暮るるかな 岸本尚毅 選集「氷」
年つまる人の口から猫の声 斎藤玄 雁道
年つまる先師の句碑に薄日さし 三谷貞雄
年つまる夜を心占む古硯 下村ひろし 西陲集
年つまる大器晩成くすぶれり 斉川 妙
年つまる失せ物に時費やして 柏岡恵子
年つまる忌の墓原を掃き納め 原裕 青垣
年つまる思ひに堪へて何もせず 相馬遷子 山河
年つまる日割の家事のひとつ消し 千手 和子
年つまる星がぴしぴし玻璃を打つ 宇咲冬男
年つまる歩道橋下をかいくぐり 山崎 きぬ
年つまる母よりの荷の縄ゆるび 杉本寛
年つまる湯を出て薄き土ふまず 松村蒼石 雪
年つまる灯の交叉して中華街 池田秀水
年つまる煮干しの腸のほろ苦し 窪田華空子
年つまる絎台にわがつながれて 和田 祥子
年つまる闇にことこと菟ゐて 桜井博道
年つまる黒佗助の花一つ 松村蒼石 雁
年つまる鼻先にすぐ雪の山 澄雄
年暮ぬ我に似合ひし松買ん 向井去来




年暮ぬ笠きて草鞋はきながら 芭 蕉
年暮るるひとのこころに雨ひと夜 木津柳芽 白鷺抄
年暮るる一道化師の墜落死 樋笠文
年暮るる今さら男山縁起(石清水八幡) 波多野爽波 『湯呑』
年暮るる何に寄らまく柱あり 細見綾子 花 季
年暮るる北方領土棘のごと 飯田龍太 山の影
年暮るる古城灯すこともなし 福田蓼汀 山火
年暮るる名は太陽という下宿 対馬康子 吾亦紅
年暮るる姉に小筐の貝細工 直人
年暮るる山のぬる湯に顎浸し 福田蓼汀
年暮るる干足袋の白空跳んで 殿村莵絲子 花寂び 以後
年暮るる廻る木馬に一家族 福田蓼汀
年暮るる忘却の石ひたに積み 稲垣きくの 牡 丹
年暮るる振り向きざまに駒ヶ嶽 福田甲子雄
年暮るる水にうつりて勝手口 榎本虎山
年暮るる池のささなみ 人間を彫る 大橋裸木
年暮るる白衣楽師のギターの紐 百合山羽公
年暮るる目のなき魚の如く生き 稲垣きくの
年暮るる聖なるものも売り尽くし 対馬康子 純情
年暮るる胸に手をおきねむらんか 細見綾子(1907-97)
年暮るゝいろ~のこと身一つに 田畑美穂女
年暮るゝ岬の旅やすぐかへす 石田 波郷
年暮るゝ水差の水替へにけり 中島月笠 月笠句集
年暮るゝ白衣楽師のギターの紐 百合山羽公 故園
年暮るゝ目のなき魚の如く生き 稲垣きくの
年暮るゝ老の心によぎるもの 高濱年尾 年尾句集
年暮れぬ己れや醜の羽抜鳥 石塚友二 光塵
年暮れぬ振り向きざまに駒ケ岳 甲子雄
年暮れぬ笠きて草鞋はきながら 松尾芭蕉
年末もちかい 白菜きりみだしてある 吉岡禅寺洞
年末賞与へ月日を数へあはれおろかや 甲田鐘一路
年果つるスープの水位下がるころ 櫂未知子 蒙古斑以後
年詰るそらぞらしくも鼻肥えて 小林康治 玄霜
年詰る厄すぎし身に欲あまた 川村紫陽
年詰る廊の端なる非常口 白井爽風
年詰る旅へくすりを持たされて 川村紫陽
年詰る軒にいちにち怒濤音 石原舟月
年詰る退院ならぬ友ふたり 近藤一鴻
庭万年青玉は朱金に年果つる 飯田蛇笏 春蘭
怖す也年暮るよとうしろから 炭 太祇 太祇句選
戦争に値上げに不感年つまる 相馬遷子 雪嶺
手抜き料理骨抜き俳句年つまる 郡山とし子
手紙燃すめらめらと燃え年つまる 菖蒲あや
手配師といふ顔まこと年つまる 石川桂郎 高蘆
拭き浄めたりし黒板年つまる 行方克巳
放射能の荒びし虚脱年暮れゆく 赤城さかえ
旅人に机定まり年暮るゝ 前田普羅
昭和十一といふ大いなる年暮るゝ 富安風生
月に侍す沖の一燈年詰る 吉野義子
望郷のらくがき埠頭に年詰る 佐野美智
木のかたち山のかたちに年つまる 金田咲子
木出馬坂擦り減らし年暮るる 馬場移公子
木枯やこのごろ多き阿世の徒 達治 (癸未歳晩)
杉の実の満ち~し山年暮るゝ 萩原麦草 麦嵐
束子購ひらふそくを購ひ年つまる 菖蒲あや あ や
歳晩といふ力得て榾もゆる 原田青児
歳晩といふ待ち時間バス停に 住谷不未夫
歳晩のなまあたたかき森に入る みづえ
歳晩のひと混み合へる山の駅 梶原 宇良
歳晩のまつたゞなかの主かな 二村蘭秋
歳晩のよごれて沈む日を見たり 高濱年尾 年尾句集
歳晩のシヨーウインドに映り待つ 西村和子 窓
歳晩の一風景や鮭を抱く 高濱年尾 年尾句集
歳晩の二日になりて事多し 高浜虚子
歳晩の人らに遠くいくさあり 岸風三楼 往来
歳晩の人を呑吐し駅巨口 久米正雄 返り花
歳晩の人倉庫より顔出せり 矢野典子
歳晩の六区は人目気にならず 山本歩禅
歳晩の切り詰められてゆく時間 吉村ひさ志
歳晩の向ひの窓もレストラン 高木晴子
歳晩の夢のかけらの桃色鍵 横山白虹
歳晩の新橋おもと掘りかへす 中村汀女
歳晩の時の流れの中に会ふ 堀恭子
歳晩の書斎の出入妻に愧づ 林翔 和紙
歳晩の月の明さを身にまとひ 汀女
歳晩の月まるまると家族かな 小田中柑子
歳晩の柱みがきて母います 古賀まり子 緑の野
歳晩の梢おさめし大樹かな 森田智子
歳晩の淋しき顔に突き當る 高浜年尾
歳晩の灯も華やかに美容院 吉屋信子
歳晩の灯や地上より地下に混み 川村紫陽
歳晩の灯を戀ひありくおないどし 高浜年尾
歳晩の町へ艫より板の橋 古舘曹人 樹下石上
歳晩の町ゆく胸の薬瓶 鷲谷七菜子 黄 炎
歳晩の疲れをほぐす他人の手 高澤晶子 純愛
歳晩の皇居の松を仰ぐかな 長谷川かな女 雨 月
歳晩の笹山に日の濃かりけり 館岡沙緻
歳晩の群衆の背忘れられ 石原八束 空の渚
歳晩の街の横より御陵道 五十嵐播水 播水句集
歳晩の裸電球ぶらさがる 石田美保子
歳晩の足とどまらず靴磨 山本歩禅
歳晩の路の石踏み無言なり 赤尾兜子
歳晩の運河身軽きかもめ来て 高井北杜
歳晩の闇から棒をとり出せり 柿本多映
歳晩の雑踏故人まぎれぬる 山口青邨
歳晩の雨あたたかき父の家 植原昭代
歳晩の電報受けぬ草の宿 吉武月二郎句集
歳晩やあと一と息の窯火守る 岸川鼓蟲子
歳晩やつねに変りし何あらむ 及川貞 榧の實
歳晩やひしめく星を街の上 福永耕二
歳晩やキネマはねたる市の塵 銀漢 吉岡禅寺洞
歳晩やトラック滴るまで洗ふ 誓子
歳晩や一人の時は倹約に 星野立子
歳晩や仁王の脛の吹かれをり 角川春樹 夢殿
歳晩や何を知らせに夢の母 馬場移公子
歳晩や回して鳴らす首の骨 河合凱夫
歳晩や場末顔なるシネマ館 清原枴童 枴童句集
歳晩や夜空を神の灯箭まもる 五十嵐播水 埠頭
歳晩や張子の牛を吊す辺に 阿部みどり女
歳晩や月なほ育つ円をもち 小松原みや子
歳晩や泥ひび割れてあたたかし 細見綾子
歳晩や淀の川波岸より暮る 貞弘 衛
歳晩や火の粉豊かの汽車煙 草田男
歳晩や火の見の空に人歩む 沢木欣一
歳晩や空仰がねば雪降らす 新谷ひろし
歳晩や胸うち別の夜が走る 桜井博道 海上
歳晩や親身のような天婦羅蕎麦 長谷川かな女 花 季
歳晩や遅参ながらもほ句会へ 岩木躑躅
歳晩一泊遼太郎本ポケツトに 尾村馬人
歳晩祭雪のささやく窓たのし 内藤吐天 鳴海抄
歳末のビルに灯ともる美容院 吉屋信子
歳末の一も二もなく荷がとどく 真夏出来男
歳末の犀を見ていて乾きたり 橋石 和栲
歳末の眉宇三等局に人の列 石塚友二 方寸虚実
歳末の銀座の犬に無き食欲 長谷川かな女 花 季
歳末やビーフステーキ箸で食ふ 藤岡筑邨
歳末商戦泥つき長葱もってゆけ 高澤良一 宿好 
母逝きて旬日愕と年詰る 川村紫陽
水鳥の蹼昏く年つまる 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
泣けぬ映画観て歳晩の橋渡る 寺井谷子
潮が響きて歳晩の烏瓜 山西雅子
灯を消せば鳴る大わだか年暮るゝ 金尾梅の門 古志の歌
灰の如き記憶たゞあり年暮るゝ 高浜虚子
焚火の焔棒立ちに年暮れゆけり 鷲谷七菜子 雨 月
焼杭に干す足袋赤く年つまる 古賀まり子 洗 禮
熱の児のいのれくすれに年詰まる 三嶋隆英
父母の音階下にありて年暮るる 岡田史乃
独り居にふた役三役年詰る 白澤よし子
甕負うて歳晩の街とぼ~と 清原枴童 枴童句集
甘藷負つてこゝに年暮るゝ楢櫟 岩田昌寿 地の塩
生も死も神まかせなり年暮るる 阿部みどり女
町工場かたことと年暮るるかな 星野石雀
病室の湯気いきいきと年つまる 望月たかし
目の粗き脱衣籠年詰りたり 高澤良一 随笑 
硝子割り誰にも知れず年暮れぬ 殿村莵絲子 花寂び 以後
老いの坂下りは早し年暮るる 畔津 とみ
職得むと及び腰かな年詰る 小林康治 四季貧窮
肥汲の汲んで了ひし年暮れて 石田波郷
臀力をもて歳晩の杭打てり 岸風三樓
臥生活の四肢たひらかに年暮るる 日野草城
舫綱の張りては弛み年つまる 池田秀水
船腹に第九ひびかひ年詰る 原裕 新治
菜箸の焦げのあらはに年詰る 小松崎爽青
葱の香や背になまなまと年つまる 桜井博道 海上
蜆盛り歳末商戦始まれり 高澤良一 燕音 
蜜柑買ふ歳晩の川きらきらと 中拓夫 愛鷹
行人に歳末の街楽変り 中村汀女
裁判所飛雪はなやぎ年果つる 飯田蛇笏 春蘭
裏谷に三日月の匕首年つまる 野沢節子
親しきを二人亡くして年暮るる 菊地美智子
誰彼がかれこれいふて年暮るる 会津八一
警官の口一文字に年詰る 田山諷子
貧しさの沁み込む畳年暮るゝ 手塚白水
貰ひ手もなき脱穀機年果つる 皆川白陀
路の辺に鴨下りて年暮れんとす 普羅
蹇の口あけて年果つるかな 小林康治 玄霜
身辺や年暮れんとす些事大事 松本たかし
遅筆また刻をゆかしめ年詰る 小林康治 『潺湲集』
道路掃いて地の塩たらむ年暮るゝ 岩田昌寿 地の塩
遠きこと近くにありて年暮るる 川村暮秋
釣宿に箸割れば年詰りけり 細川加賀
鐘撞いて妻と二人の年暮るる 志賀 忠哉
開山忌了へ洛北に年つまる 南 椏琅
雨降りて雨降りて年暮れにけり 八木林之介 青霞集
雪みぞれ降にまぎれて年暮ぬ 吟江
電光板上へ上へと年詰まる 野見山ひふみ
静電気走る歳晩の大病院 寺井谷子
頁繰るごとく日の経ち年暮るゝ 中村若沙
鰻屋のふすまに凭れ年詰まる 小川軽舟
黒豆を桶にしづめて年つまる 角川春樹 夢殿
ゆく年の瀬田を廻るや金飛脚 蕪村
一先づはおいて年の瀬てふ区切 松尾緑富
丑年の果の膝ぬけズボンかな 皆川白陀
人も樹も枯れ年の瀬となりにけり みどり女
声を掛け合ふ年の瀬の舟同志 辻田克巳
夜々明き月こそかなし年の果 馬場移公子
媒酌をして年の瀬の一と日かな 阿部小壷
子を抱いてきて年の瀬の林にをる シヤツと雑草 栗林一石路
家々の年の瀬の庭の日溜り シヤツと雑草 栗林一石路
小夜千鳥鳴きゐたりけり年の果 佐野まもる 海郷
山の背に雲みな白し年の果 原 裕
年くれてせかする物よ琴の音 京-風子 元禄百人一句
年くれぬ笠着て草鞋はきながら 芭蕉
年の果シリウス樅を照らしけり 佐野まもる
年の果何のがれむと眠り欲る 野澤節子
年の瀬といふ小遣を貰ひけり 名見崎新
年の瀬に佗助ゑみて恋しけり 中勘助
年の瀬に買ひ惜みしを買初に 林翔 和紙
年の瀬のうららかなれば何もせず 細見綾子 存問
年の瀬のまこと甲斐性なしなるかな 冬の土宮林菫哉
年の瀬のまづしき蒲団垣に濡る 飯田蛇笏 春蘭
年の瀬の三日月淡き夕まぐれ 高木晴子 花 季
年の瀬の上げ潮となりさくら橋 深見けん二
年の瀬の人出をはゞみ道普請 武田山茶
年の瀬の厠を洗ふ恋捨てゝ 小林康治 玄霜
年の瀬の吊革に揺れ静こころ 殿村莵絲子 花寂び 以後
年の瀬の夜となる早さ飾窓 立子
年の瀬の大き葬りの中にあり 深見けん二
年の瀬の忙しと言ふて長電話 橋本敏子
年の瀬の日の移りゆく雑木山 鈴木六林男
年の瀬の水音切れぬ洗車場 西村美枝
年の瀬の河馬に角灯ともりけり 小長井和子
年の瀬の火の粉を飛ばし舟世帯 中尾寿美子
年の瀬の灯ぺちやくちやの六区かな 阿波野青畝(1899-1992)
年の瀬の磨けば光るもの多し 白根君子
年の瀬の職安通ひ気抜けをり 小林康治 玄霜
年の瀬の裏山とほる松を手に 宇佐美魚目 秋収冬蔵
年の瀬の足二本洗ってもらう 住宅顕信 未完成
年の瀬の金得てけがれ果てにけり 小林康治 玄霜
年の瀬の闇にあはれや茶筅売 大谷句佛 我は我
年の瀬の隅に押しつけ貨植木 中村汀女
年の瀬もどこか旅して見たきもの 小澤碧童 碧童句集
年の瀬やこたつ籠りも旅の空 林原耒井 蜩
年の瀬やまねき猫買ふ瀬戸銀座 後藤邦代
年の瀬やもの買ふ人に夜の雨 高橋淡路女 梶の葉
年の瀬や五十の瀬戸も越えまさず 石塚友二 光塵
年の瀬や動く歩道を大股に 笹本カホル
年の瀬や夢の中まで仕事して 武田忠男
年の瀬や奈良日吉館灯を洩らさず 藤田湘子
年の瀬や旅人さむき灯をともす 飯田蛇笏 山廬集
年の瀬や未完の詩を捨てきれず 佐藤一樹
年の瀬や比目?鵜の物思ひ 其角
年の瀬や水の上ゆく風の音 覚範
年の瀬や洗ひあげたる魚市場 吉武月二郎句集
年の瀬や浮いて重たき亀の顔 秋元不死男
年の瀬や無口を運ぶ終電車 野田まこと
年の瀬や皆新しき御用聞 大場白水郎 散木集
年の瀬や続く天気にはげまされ 星野立子
年の瀬や行くこともなき山の澄み 矢島渚男 天衣
年の瀬や都の世話もすみだ川 上島鬼貫
年の瀬や霹靂のごと餅届く 小林康治 玄霜
年の瀬や音締め相手にむかひ酒 加藤郁乎 江戸桜
年の瀬をのりきる舟に同舟す 京極杞陽
年の瀬を俳諧舟の棹さして 京極杞陽
年の瀬を俳諧舟はながれゆく 京極杞陽
年の瀬を忙しといひつ遊ぶなり 星野立子
年の瀬を漂ふや職の軛ひき 小林康治 玄霜
怠りの果て年の瀬の肥汲むも 小林康治 四季貧窮
手を垂れて人形のゐる年の果 奥坂まや
日の入のかたちをなさず年の果 玄
有つて無きごとき日曜年の果 下村ひろし 西陲集
海の句のいのちに満ちよ年の果 佐野まもる 海郷
父逝きしこの年の瀬の青き空 田中鬼骨
病室の部屋ごと年の瀬の掃除 高浜年尾
芭蕉去ってそののちいまだ年くれず 蕪 村
黒豆に照りをやりたる年の果 辻桃子
一体に年寄りじみる歳末吟  高澤良一  石鏡
サンタも出て歳末商戦巻き返し  高澤良一  石鏡
紙角力とんとん年の詰るかな  高澤良一  ねずみのこまくら
職引きし年も詰りてやれ一年  高澤良一  宿好
柿の蔕つくづく年も詰まりけり  高澤良一  石鏡
年の瀬に打ち上げられてゐるごとし  高澤良一  さざなみやつこ
年の瀬の煤ばむ顔を剃られをり  高澤良一  宿好
年の瀬は露天湯なんぞ願はくば  高澤良一  随笑
年の瀬の散髪待つ間の漫画本  高澤良一  随笑
年の瀬の裏番組も鍋料理  高澤良一  随笑
テロ元年
年の瀬の何と云っても紐育  高澤良一  随笑
下田稔さん
年の瀬の黄泉にも句会あるならむ  高澤良一  随笑
流されてゆかむそのまゝ年の瀬へ  高澤良一  石鏡
年の瀬の渡しにゐたりそぞろ神  高澤良一  石鏡
懐旧
年の瀬の柱に凭れ虎造節  高澤良一  石鏡
膠釜あたたかく年送るかな  高澤良一  ねずみのこまくら
隣席に日の射し込める年の旅  高澤良一  ねずみのこまくら
第九歌ふ誰も明眸瞠きて  高澤良一  宿好
出す出さぬ一悶着あり暮の金(かね)  高澤良一  宿好
氷川丸年の湊に繋がれて  高澤良一  石鏡
緞帳が下りて来さうな暮れの空  高澤良一  石鏡
自販機の原理は
つり銭出すオートマトンといふ学問  高澤良一  石鏡
散髪屋覗き一声「こりゃ駄目だ」  高澤良一  石鏡
橋脚にへばりつく牡蠣歳晩へ  高澤良一  石鏡
気のつけば財布も持たず暮の町  高澤良一  石鏡
くるぶしを暮れにぶっつけ大しくじり  高澤良一  石鏡
努めゐて努め足らざる今年もや  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-12-30 00:55 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23372255
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング