年の夜

年の夜

例句を挙げる。

あたたかく人と別るる年の夜 山田みづえ 草譜以後
ひと捻りして年の夜の髪を上ぐ 辻美奈子
みどり児のならぶ産院年の夜 寺西信子
みな居りて湯のわくやうな年の夜 和田耕三郎
古る年の夜月がはなつ四温光 飯田蛇笏 雪峡
埋火のごとき憶ひも年の夜 雪女
大年の夜に入る多摩の流れかな 飯田龍太 涼夜
大鯛の眼かがやく年の夜 麻植悦子
学問の果なきを知り年の夜 山下しげ人
寝袋に年の夜の星みだれなし 小林碧郎
年の夜に引越すはめとなりにけり 川崎桐家
年の夜のしづかなる尾にしたがへり 落合水尾
年の夜のたかむら染むる焚火かな 金尾梅の門 古志の歌
年の夜のふせて乾かすバケツかな 和田耕三郎
年の夜のものものしさよ古暦 会津八一
年の夜のもの音しげく更けにけり 桜木俊晃
年の夜の吾子に逢はむと鉦を打つ 角川源義 『冬の虹』
年の夜の咳もて何を責めらるる 野澤節子
年の夜の夢に入りたる山の雨 澄雄
年の夜の夫婦余生をききすます 戸村羅生
年の夜の家にしあるは妻一人 石塚友二
年の夜の寝た子の髪へ櫛あてる 福島小蕾
年の夜の尿どうどうと南部馬 伊藤トキノ
年の夜の探照燈の濃かりけり 石田波郷
年の夜の撞木見据ゑし鐘の臍 澤田一餘
年の夜の時計鳴りをり壁一重 凡洋
年の夜の樹氷が囲むキヤンプの灯 太田 蓁樹
年の夜の次の間ともし寝ねにけり 青陽人
年の夜の流れにものを投じけり 金尾梅の門 古志の歌
年の夜の潺湲の音の溝踰ゆる 登四郎
年の夜の狐にかへる狂言師 深谷雄大
年の夜の病妻の灯か貯炭山がくれ 小林康治 玄霜
年の夜の盃一つおかれけり(家人に) 『定本石橋秀野句文集』
年の夜の神燈うつす忘れ潮 荒川遊季
年の夜の聞くに堪へざる鄭聲や 相生垣瓜人
年の夜の蝋の匂ひやお念仏 沢木欣一
年の夜の裏口たたく山年貢 佐野美智
年の夜の襖の花鳥何一啼くや 佐藤惣之助 蛍蝿盧句集
年の夜の足元掃かれ書肆を出づ 白岩 三郎
年の夜の鯛の平らなされかうべ 赤松子
年の夜もあかしがたやら須磨心 上島鬼貫
年の夜やめざめて仰ぐ星ひとつ 石田波郷
年の夜やもの枯れやまぬ風の音 渡邊水巴
年の夜やポストの口のあたたかし 宮坂静生
年の夜や一人で焚る釜の下 吟江
年の夜や人に手足の十ばかり 向井去来
年の夜や吉野見て来た檜笠 杜国
年の夜や君が八千代を風呂の曲 中村史邦
年の夜や夢にも酒の限らるる 石川桂郎 四温
年の夜や妻より古き置時計 岩倉憲吾
年の夜や山水と星ひびきあひ 佐野美智
年の夜や山科までは一里半 素十 (祇園久鶴、橙重氏等と)
年の夜や引きむすびたる繦(さん)守り 広瀬惟然
年の夜や引むすびたる繦(さし)守り 惟然
年の夜や梅を探りに花屋迄 田女
年の夜や焚火のうつる鶏の顔 寛麗
年の夜や無量寿仏と吾と在り 経谷 一二三
年の夜をあたふたと夫逝きにけり 堀恭子
年の夜をしづかに守る産屋かな 阿部慧月
明日のため大年の夜を炭かく音 栗生純夫 科野路
流れての底さへにほふ年の夜ぞ 上島鬼貫
海鳴りの遙けく白し年の夜 角川春樹
煉鉄の火はすゞしけれ年の夜 齋藤玄 飛雪
燗熱くして年の夜を満ち足りし 大西 土水
積雪に月さしわたる年の夜 飯田蛇笏
立てかけてある年の夜の箒かな 稚魚
膝抱いて年の夜の熱き湯なりけり 昌治
行く年の夜の山々押し黙り 上島 幸重
いくたびかあぶるすゞりも年一夜 乙二
月雪や旅寐かさねて年一夜 白雄
年一夜きしりのこさじ日の鼠 服部嵐雪
年の夜を更かす蜜柑の皮積み上げ  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-31 00:12 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23372329
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング