報恩講

報恩講

例句を挙げる。

この谷の報恩講のしんのやみ 大峯あきら
こんにやくの煮しめの艶や報恩講 井上雪
しらぬまに鳩に囲まれ報恩講 大木あまり 火球
しわしわと老婆罷りぬ報恩講 村山古郷
一団の越後訛りや報恩講 立川昌子
京の娘に会ふ心当て報恩講 堀口新祐
俗にして門徒はうれし報恩講 四明句集 中川四明
咳一つ報恩講に置いてくる 星永文夫
咳払せねば出ぬ声報恩講 小松月尚
報恩講厠の草履はきしまま 大西尚子
報恩講大椀に盛るむかご飯 堀文子
報恩講後山西日の影流れ 飯田蛇笏 椿花集
報恩講来る九年母の熟れにけり 中本柑風
報恩講灯がちらちらと耳穴に 大山安太郎
報恩講覗くつもりの数珠袂 河野静雲
報恩講農の自動車闇に駐め 寒川北嶺
塗椀の薄紙古りて報恩講 井上雪
大いなる泡消えずいる報恩講 古庄智佳子
女湯に報恩講のお貼紙 黒田杏子
寺に来て落葉かく日や報恩講 石月洋子
小寺には小寺ながらに報恩講 矢野牛童
山の闇報恩講の灯を洩らす 津田清子
山路来て報恩講の白襖 大峯あきら
御院家に乳人の嫗報恩講 河野静雲 閻魔
戸締もなく寝る里の報恩講 阪田姉川
曇りゐて桐の実鳴れり報恩講 木村三男
椀の泣くいとこ煮汁や報恩講 吉田冬葉
海女もまた報恩講の中にあり 鬼頭進峰
熱湯が蛇口から出る報恩講 井上真理子
異端われに雪となりゆく報恩講 中尾良也
白湯うくる朱椀おほらか報恩講 赤松子
肉づきの鬼面をはがす報恩講 森本青三呂
舟出して報恩講荒れの天地かな 黒田杏子 花下草上
落葉掃く夕べのはやき報恩講 徳本映水
蓮を掘る日の前後して報恩講 高浜年尾
蟹売りの湯気をくぐりて報恩講 木村滋子
衣の裾に草の絮連れ報恩講 伊藤京子
道端の小便桶や報恩講 村上鬼城
野に山に報恩講のあかりかな 前田普羅
いちにちの微笑疲れや親鸞忌 井上雪
かけちがふ釦を正す親鸞忌 小池つと夢
くらがりに女美し親鸞忌 大峯あきら(1929-)
すすりゐる白湯のあまみや親鸞忌 森澄雄
みあかしの朱蝋あえかに親鸞忌 藤田しづ
ゆくところ雪のふるくに親鸞忌 西本一都 景色
わが代のかぎりは門徒親鸞忌 大橋桜坡子
一藁家に没日の光背親鸞忌 香西照雄
俳諧の他力を信じ親鸞忌 深見けん二 日月
僧にして大学教授親鸞忌 森薫花壇
冬青き樫に雨降る親鸞忌 秋光泉児
厨事するも寄進や親鸞忌 田原紫城
境内に古着市立つ親鸞忌 嵯峨柚子
大根の真只中や親鸞忌 大峯あきら
妻もまた僧籍に入り親鸞忌 蘭添水
寺の柿とり遅れたり親鸞忌 黒田櫻の園
寺も村も暗かりしかな親鸞忌 土田亘平
弥陀立ちてわれを呼ぶ声親鸞忌 藤平静々子
往診鞄暮雪に重し親鸞忌 伊与幽峰
手擦れたる仏書繙く親鸞忌 笹部秋江
捨藁の嵩に月さす親鸞忌 河北斜陽
昨日より今日あたゝかし親鸞忌 角川春樹
法悦の母うつくしや親鸞忌 森本五十鈴
潟の舟着きて客来ぬ親鸞忌 南部白夜
生も死も自然の歩み親鸞忌 富田潮児
百姓は野良着のまゝや親鸞忌 久我清紅子
蜑が家は残らず門徒親鸞忌 三井峡村
親鸞忌あまたの蝋火油煙立つ 堀内 薫
親鸞忌とは大銀杏仰ぐこと 大峯あきら
親鸞忌人の温みの下駄借りる 西島民江
親鸞忌北国婆の濃き匂 平畑静塔
親鸞忌小島は雲を集めたり 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
親鸞忌身を粉にしても報ずべし 池田嘉禄
親鸞忌近き山影大いなる 飯島晴子
雨傘を横に払うて親鸞忌 桂信子 草樹
雨濡れの田づら赤らむ親鸞忌 田平龍胆子
雪に実を降らして松や親鸞忌 沼澤石次
風を嗅ぐ罠師の村や親鸞忌 高橋一翠
髪も黒綸子もほむら親鸞忌 赤松[けい]子 白毫
鯉料る寺に目覚めし親鸞忌 原裕 『新治』
お七夜の海女米袋かつぎ行く 荏原京子
お七夜の皿に余りて桜鯛 堤 京子
お取越新発意いまだあどけなく 岡田蕉風
お取越第一日のあたゝかし 尼子 凡女
参詣の人に冬涸れ御講水 高浜虚子
御七夜や法主に見ゆ白衣講 名和三幹竹
御講水帰り咲く花枝々に 河東碧梧桐
提灯の下にあそぶ子お霜月 銀漢 吉岡禅寺洞
斎膳の大根熱しお取越 内藤蕉雨
門番がたんを切るなり御講日和 一茶
御正忌の鯉を空輸の一仕事  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-12-28 00:20 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23372401
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング