雪拙句

雪拙句

例句を挙げる。(季語別高澤良一全句集より)

臼を刳るうしろ檜山の垂り雪  ももすずめ

本尊のうしろ辺りやしづり雪  ももすずめ

蓮如堂杉の撥ね上ぐしづり雪  燕音
しづり雪をりをりありぬ谷隣  燕音

しづり雪鼾ぴたりと止みにけり  随笑

きっかけは向うの岸のしづり雪  寒暑

流鏑馬の馬首めぐらすに冠雪富士  鳩信

根雪道ここで転(こ)けたら百年目  寒暑

段差また段差根雪の温泉場  寒暑

清水の小雪おっとり店構  燕音

ひとしきり雪混んでくる杉の空  ぱらりとせ

分け入りてにわか雪空美濃馬場(ばんば)  ぱらりとせ

雪どころ米原過ぎてべそかき空  燕音

降る雪に弾み付ききし夕笹子  ねずみのこまくら

辷る鴨うづくまる鴨雪降れり  さざなみやつこ

日本橋雪が舞ひ来てえらい降り  燕音

泉岳寺粉雪じゃんじゃん降りにけり  宿好

美濃紙の美濃を雪降る頃訪ふて  随笑

高山の雪降る街の消火栓  随笑

雪降れりくつがへらんとする鯉に  随笑

雪大降り小降り何処まで読んだっけ  随笑

本降りと教へられけりけさの雪  随笑

降り甲斐のある雪巨いなる松に  随笑

急がねばならぬ暮雪の降りやうや  随笑

雪降れば湯気倍にして饅頭屋  寒暑

降り出して脇目もふらぬ雪となり  暮津

降る雪の意地を失くして水雪に  暮津

難題をもたらせるごと宵の雪  随笑

共同湯木目がうれし宵の雪  素抱

雪つもる時間たつぷりありにけり  さざなみやつこ

平橋に続き反橋雪積める  さざなみやつこ

太注連の形(なり)に波打ち積もる雪  随笑

屋台倉に屋台眠らせ積もる雪  随笑

雪積んで陣屋米蔵ねずこ葺  随笑

雪このまま積もれば音をあぐ庭の木々  随笑

はやばやと旭岳より積雪報  暮津

真昼間の山雪のうへ蜘蛛あるく  燕音

昼過ぎて雪は本腰入れにけり  随笑

腸(はらわた)が古びん昼の雪ちらちら  随笑

昼の雪ますます粗くなりにけり  随笑

湯上りの牛乳昼の雪見つゝ  素抱

舞へる雪津軽こぎんの花っこのやう  ぱらりとせ

ふらふらと湯中りに似て舞ふ雪も  素抱

雪払ふ音のぶるぶる陣屋前  随笑

南天は雪に負ける木払ひやる  随笑

なまはげの出る夜を雪の降りしぶる  ももすずめ

どぶろくの上澄み雪は夜に入りて  随笑

夜に入りて雪はしぶとさ見せにけり  随笑

くらがりに変貌を遂ぐ夜の飛雪  随笑

簡単に了はらぬ年よ除夜も雪  暮津

叡山の雪気太肉(ふとじし)締めつけぬ  燕音

叡山の雪気柱の朱を剥ぎに  燕音

顔擦って川原の雪気野天風呂  寒暑

野天風呂晨(あさ)の雪気も何のその  寒暑

雪捨つる雪気に頬の鳴るごとし  素抱

国民休暇村一斉に雪雫  ねずみのこまくら

沙羅の枝に水晶玉の雪雫  ぱらりとせ

向う三軒睦まじげなる雪雫  随笑

雪雫光を光追ふ如く  随笑

北斎館

画狂老人真筆雪中筍狩  燕音

雪中水芭蕉

がしと雪踏みしめ見入る水芭蕉  燕音

白樺の生(き)の色しかと雪中に  随笑

妙雲寺

雪中の堂縁近く牡丹の木(ボク)  寒暑

お白州の格子窓より雪明り  随笑

雪明りして岩風呂の岩の相  寒暑

大雪に竹たぢたぢとなりにけり  随笑

二階より顔を突き出し雪といふ  さざなみやつこ

稀の雪矢鱈せはしくなりにけり  さざなみやつこ

葉に雪の付ける頃合ありにけり  さざなみやつこ

何と雪ワライカワセミ渋い貌  さざなみやつこ

目覚めては紙と木の家牡丹雪  ぱらりとせ

目の前を大きな嘘のやうな雪  ぱらりとせ

直ぐなるは直ぐなるままに庭木へ雪  ぱらりとせ

白樺のいっぽん交じる雪景色  ぱらりとせ

塩原行

一飛雪ひゅうと川面をよぎりけり  鳩信

川端の鴨の口々雪来ると  鳩信

暮雪の軸雪村八十二歳筆  鳩信

吹雪く町門付三味線剥げるまで  燕音

太棹に津軽が見える雪んこ見ゆ  燕音

藪巻に雪まじり雨比叡より  燕音

三年坂「雪やろ」「さうやと思ひます」  燕音

豪雪の爪跡芽木に残りけり  燕音

霙にも雪にもならず唯の雨  宿好

宿木に飛雪張りつく峠越え  随笑

檜より檜に落つる谿の雪  随笑

奥飛騨の木々に張り付く雪の音  随笑

かさこそと陣屋の高張打てる雪  随笑

出し抜けに「雪やいっぽんつけとくれ」  随笑

先づは斑(ぶち)やがて庭面を覆ふ雪  随笑

ひたすらに落ち来る雪ともつるゝ雪  随笑

磯馴松雪がくっつき始めけり  随笑

東京湾いちめんに雪ぶちまけて  随笑

鶺鴒か雪の川原をすっ飛んで  寒暑

白鶺鴒とんと川原の雪醒まし  寒暑

雪みちを二代目高尾の墓へつけ  寒暑

雪の上に高尾ゆかりの寺紅葉  寒暑

*塩原高尾辞世句寒風にもろくもくつる紅葉かな

熊笹の雪にへこたれゐる姿  素抱

雪上をドドと車の鎖音  素抱

男山酒造

酒水は万年雪水男山  素抱

和寒(わつさむ)の防雪林横ふきのたう  素抱

玲瓏と雪頂いて暑寒別岳(しよかんべつ)  素抱

つまんない雪が小雨になるなんて  暮津

丹沢に雪うなばらにうねる浪  暮津



以上
by 575fudemakase | 2015-01-23 00:52 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23427972
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング