雪下し

雪下し

例句を挙げる。

あそびせむとて生れきて雪卸し 藤井亘
おとづれて来て雪卸ししてくれぬ 京極杞陽 くくたち下巻
ことごとく言葉失ひ雪卸す 橋本榮治 麦生
この家の灯のあるかぎり雪卸し 坂巻純子
その中に女の声や雪卸し 加藤三七子
ねぶた絵の女がひとり雪卸す 松田ひろむ
ほつほつと空に人でて雪卸 永田耕一郎
ろうそくの絵看板より雪卸す 岩崎照子
助っ人に山の快晴雪卸す 高澤良一 寒暑 
向ひ同士暮れて黙々雪卸す 西村公鳳
吾子われの顔わかりそめ春の雪 下村槐太 天涯
墓もなき雪へ抛りて雪卸 和知喜八 同齢
声交し社家も在家も雪卸す つじ加代子
女手に観音堂の雪卸す 三木照恵
宝前に酒樽ならび牡丹雪 下村ひろし 西陲集
寡黙なる人の寡黙に雪卸す 荒井英子
屋根にまで犬の来てゐる雪卸し 山崎和賀流
屋根の上に犬も上りし雪卸 竹中一峰
平家姓雪卸しゐる十七戸 岩崎照子
御歌会始や松につもる雪 下田歌舟女
戸隠の奥嶺ちかづく雪卸 松村蒼石 雪
手に届く空の青さよ雪卸 近藤喜久子
旧帽を被りて父が雪卸し 佐藤美恵子
月光のみどりを流す雪卸 志田冬崖
東京からと言ひ雪卸し見てをりぬ 能村研三 鷹の木
枕木の駅に到りて残る雪 下村槐太 天涯
海鳴りの町々昏らみ雪下す 柴田白葉女
無住寺の檀家総出に雪卸す 坂内佳禰
瑕を負ふ天の青さや雪下ろす 水野真由美
町ぢゆうが夜中に起きて雪卸す 中村節代
疲るれば屋根で一服雪卸す 島田キヌエ
禅寺の椿ゆすりし雪下し 榎本好宏
篁に朝が来にけり雪卸 石田波郷
綱渡るかに空よぎりゆく雪下し 文挟夫佐恵 遠い橋
膝たてて寝る雪卸しすみし夜 安藤五百枝
藪入りのいづこも屋根の雪卸す 川上季石
赤きものつけて女も雪卸 福田蓼汀 山火
里人に雪卸すすべ習ひては 松尾緑富
銀行も郵便局も雪卸す 佐藤五秀
門徒衆泊りがけなる雪卸 風間みきを
雪下しはるかに汽車の声しぼる 金尾梅の門 古志の歌
雪下し剣岳はひとり夕焼くる 金尾梅の門 古志の歌
雪下し夕空碧くせまり来る 金尾梅の門
雪下し終へよ狸が煮えたるに 石井露月
雪下し青天に腰のばしけり 金尾梅の門 古志の歌
雪下ろし終へよ狸が煮えたるに 石井露月
雪下ろし鏡の後たゞならず 殿村菟絲子 『牡丹』
雪下ろす人ゐて悲し遠く見ゆ 遠藤梧逸
雪下ろす兄貴の穴を埋めるため 櫂未知子 貴族
雪下ろす勉強部屋はこのあたり 松倉ゆずる
雪卸いて蜂の巣の洞みえる 和知喜八 同齢
雪卸しあぐねて幾日人に疎し 成田千空 地霊
雪卸してはどうかと巡査来し 広中白骨
雪卸し一隅の青天はためかす 新谷ひろし
雪卸し今炉の上に居るらしき 三宅句生
雪卸し助けて御慶申しけり 黒田桜の園
雪卸し吾が家に入るも雪匂ふ 黒田桜の園
雪卸し屋をゆるがすことのあり 高濱年尾 年尾句集
雪卸し暮れており立つ深雪かな 前田普羅 飛騨紬
雪卸し有事の艦の見えてゐる 鈴木伸一
雪卸し真青の海を見て憩ふ 三宅草木
雪卸し能登見ゆるまで上りけり 前田普羅 新訂普羅句集
雪卸し足場かためをしてはじむ 高濱年尾 年尾句集
雪卸し雪ふりかぶるとき五十路 赤城さかえ句集
雪卸すかうじやよりも御宿先 岸田稚魚
雪卸すための帰郷にあらねども 箱崎一好
雪卸す人に通りし煙かな 高野素十
雪卸す屋根の下より機音覚む 加藤知世子 花寂び
雪卸す屋根梯子より暮れにけり 吉澤 卯一
雪卸す見える鴉の声切に 西村公鳳
雪卸す雪へ梯子を深くさし 山崎ひさを
雪卸少女ならねど赤き靴 長谷川櫂 古志
雪卸翔ぶものはみな二翼張り 友岡子郷 日の径
雪国に生れし妻の雪卸し 橋詰 一石
雪明りしてまだ暗し雪卸し 瀬戸 十字
雲にこゑして雪卸す町の上 石原舟月
雲水の雪卸すにも合掌す 矢野聖峰
青空に声あらはれて雪卸す 落合水尾
食っちゃ寝て食っちゃ寝て雪卸しけり 小林輝子
人影は見えずどんどと雪おろす 川崎展宏
十余人あがり伽藍の雪おろし 井上雪
命綱屋根に振り分け雪おろす 細川葉風
夜の屋根に女声わき雪おろし 加藤楸邨
夜を残す寝覚や夏の雪おろし 上島鬼貫
寒すずめこぼるる桑の雪おろし 石原舟月
峯の木に鵯とびはずむ雪おろし 飯田蛇笏 春蘭
暮れそむる奥山見えて雪おろす 前田普羅 飛騨紬
機音の窓もしづみぬ雪おろし 皆吉爽雨
海鳴りの町々昏み雪おろす 柴田白葉女 遠い橋
父祖の地の雪降る限り雪おろす 村山砂田男
行人にほいくと雪おろしけり 中島杏堂
雪おろしわびしくなれば声出して 望月精光
雪おろし棒のごとくに声とどく 新田裕久
雪おろす人の面を鷽わたる 前田普羅 飛騨紬
雪おろす剃刀のやうな海を置き 飴山實
かまくらを崩したる雪捨てに行く 茨木和生 往馬
なやらひの犀川へ雪捨てにゆく 田中裕明 櫻姫譚
磯川の紺青みだし雪捨つる 佐野まもる 海郷
雪捨つる白鳥の湾皺ませて 小林康治 玄霜
雪捨つる雪気に頬の鳴るごとし 高澤良一 素抱 
雪捨てし河口の濁り海に出づ 井上雪
雪捨てて母通る道つくりけり 大木あまり 火のいろに
雪捨てる川水の波やとぶ烏 滝井孝作 浮寝鳥
雪捨てゝ波もたゝまず信濃川 篠田悌二郎 風雪前


以上
by 575fudemakase | 2015-01-26 00:24 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23454973
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング