追儺

追儺

例句を挙げる。

いわし焼く匂ひ流れて追儺の夜 横田和子
てのひらを突き出して追儺問答かな 小川千賀
はじまりし追儺神楽に夜鳥翔つ 下村ひろし 西陲集
まつすぐに声の出でたる追儺かな 綾部仁喜 寒木
わがために撒く影もある追儺かな 中勘助
アルプスのつらなる雪や追儺の夜 飯田蛇笏 雪峡
一筋の深雪の径の追儺寺 梧桐 青吾
三十や追儺の雪の勢ひつつ 鈴木しげを
以前以後追儺の豆の皮剥がれ 加倉井秋を
余生なる鬼よ吾と酌め宵追儺 林昌華
光るまで渡殿みがく追儺まへ 村上 光子
八方へ射る芦の矢や追儺式 五十嵐播水 播水句集
出番待つ追儺の鬼が髪を梳く 北川素月
匂ふほどの雪となりたる追儺かな 小林康治 玄霜
古枡や追儺の豆にあたたまり 百合山羽公 寒雁
大樟の走り根こがす追儺の火 下村ひろし 西陲集
大津絵の鬼も出て来し追儺かな 大石悦子 群萌
女優来て撒く追儺豆遠く飛ぶ 大野美幸
女連れて星美しき追儺かな 小林康治 玄霜
小佐渡嶺に真向ひとばす追儺豆 山城やえ
山国の闇恐ろしき追儺かな 原石鼎(1886-1951)
山雪の闇ふかみたる追儺かな 飯田蛇笏 霊芝
年男追儺神楽にはやも酔ふ 下村ひろし 西陲集
後ろ手に追儺の闇を閉しけり 大石悦子 群萌
急がざる水も流れて追儺寺 神尾久美子 桐の木以後
戸をあけてしりぞく闇へ追儺豆 岡村浩村
打連れて追儺の闇はあたたかし 山田みづえ 忘
暗き灯をおきて追儺の僧だまり 福田蓼汀 山火
書架に棲む鬼何々ぞ追儺豆 肥田埜勝美
月光を容れ何せぬ追儺の夜 佐藤鬼房
末社とて追儺神楽もなかりけり 下村ひろし
杉間より粉雪とび出す追儺寺 田中青濤
榾のおき絶え終るまで追儺の夜 百合山羽公 故園
源氏屏風に追儺の物の音しける 長谷川かな女 雨 月
滝音のやや力得し追儺の灯 福田甲子雄
病む父に打ちてしまひぬ追儺豆 大石悦子 群萌
病床やよべの追儺の豆さびし 中尾白雨 中尾白雨句集
病院に追儺なし蕎麦さげ見舞ふ 及川貞 夕焼
真闇にも濃淡ありし追儺の灯 根岸善雄
破魔矢あり追儺豆買ひ忘れても 及川貞
社家の子と生れ追儺の鬼の役 角菁果
老いぬれば鬼も内なる追儺かな 野見山ひふみ
興福寺高張ともす追儺かな 山本良明
芦の矢のふはりと飛びぬ追儺式 田中王城
荒海の北国に泊つ追儺かな 斎藤梅子
行僧の荒び声なる追儺経 能村登四郎
街の灯に追儺の豆とおぼしきが 岩田由美 夏安
裏門を闇が呑んだる追儺寺 大石悦子 群萌
警官も豆待つ背伸び追儺寺 平井さち子 鷹日和
豆用意忘る追儺は今宵なり 及川貞
身ひとつの影ふりかへる追儺の灯 鷲谷七菜子 雨 月
追儺うらの町にも聞えけり 黒柳召波 春泥句集
追儺の夜餓鬼の如くに出て歩く 福永耕二
追儺の灯あびて顫へる花簪 石原舟月 山鵲
追儺の灯大きな森の木を照らす 廣瀬直人
追儺ふときにも見えし嶺の星 原石鼎
追儺会のこの雑踏に鬼もゐる 塩川雄三
追儺会のすみたる夕日泥に射す 宮岡計次
追儺会の太き青竹めぐらしぬ 猪俣千代子 秘 色
追儺会の昼酒に酔ふ年男 水原春郎
追儺会の笛吹く耳を赤くして 猪俣千代子 秘 色
追儺寺をりをり船の笛きこゆ 木村 蠻
追儺寺骨董市も加はりて 妻藤玲子
追儺式了へし櫓をすぐにたゝむ 宮下麓生
追儺果て月隈なきを畏れけり 山岸 治子
追儺果て荒磯かへる灯縺れゆく 中原 勝
追儺狂言鬼の出となりざわめけり 茂里正治
追儺狂言鬼酔ひ固唾呑みにけり 大野林火
追儺豆あびて歓ぶめしひかな 斎藤雨意
追儺豆地に落ちたるは踏まれけり 細見綾子 黄 瀬
追儺豆帽子をぬぎて受けるあり 細見綾子 黄 瀬
追儺豆拾ひて攣るる手術あと 中戸川朝人
追儺豆枡もろともに祓はるる 宮内芳子
追儺豆母のしとねにあめふらす 赤松[ケイ]子
追儺豆炒り香ばしき老婆たち 中山純子 沙 羅以後
追儺豆肱触れて妻やはらかき 石田勝彦
追儺豆買はずに暮れて風のこゑ 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
追儺豆闇をたばしり失せにけり 篠原鳳作
追儺豆雨戸二枚の鬼を打つ 松山足羽
追儺鬼逃れし方へ山動く 岩崎憲二
金屏の隅に追儺のこぼれ豆 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
雪蒼く敷きて磴垂れ追儺寺 村山春子
露路びとゝありて十年の追儺かな 石塚友二 光塵
青竹で屋根押へたる追儺寺 細見綾子 黄 瀬
静かなり追儺すみたる夜の雨 村山古郷
面とりて追儺の鬼も豆を撒く 大橋宵火
面取つて鬼拾ひ出す追儺豆 荒井英子
須弥壇も焦げんばかりや追儺護摩 上村占魚 球磨
馬にやる蕎麦湯さめたる追儺かな 萩原麦草 麦嵐
鬼の来る道あけてあり追儺寺 水野蓮江
鬼もちよと刻まれてあり追儺の膳 稲岡長
鬼外れし追儺の豆に打たれけり 茂里正治
鬼逐はれ狐栖みつく追儺寺 清水晴子
鬼面より息を漏らして追儺の鬼 橋本美代子
魚糶りし闇に追儺の豆を撒く 鈴木夢亭
あをあをと星が炎えたり鬼やらひ 相馬遷子 山國
らん~と星空生きぬ鬼やらひ 徳永山冬子
わが声のふと母に似て鬼やらひ 古賀まり子
人の波大きくゆれて鬼やらひ 佐藤 礼子
人間の鬼が見てゐる鬼やらひ 角川春樹
其迹は子供の声や鬼やらひ 一茶 ■文政二年己卯(五十七歳)
北斗立つ夜空の青き鬼やらひ 有田八州彦
十粒ほど打ちて仕舞や鬼やらひ 角川照子
塀隣竜光院の鬼やらひ 大場白水郎 散木集
声あげて虚しくなりぬ鬼やらひ 古賀まり子 緑の野
夕澄みの島に火の見ゆ鬼やらひ 中拓夫
夜の空も北は淋しき鬼やらひ 相馬遷子 山河
大寺の前の小寺や鬼やらひ 中島杏子
女とてこの家の柱鬼やらひ 上野章子
姿ある鬼あはれなり鬼やらひ 三橋敏雄 畳の上
少年に夜の崖蒼し鬼やらひ 岡本 眸
幼くて鬼やらひをる壁隣 鷹羽狩行
幼児席ある大寺の鬼やらひ 中里泰子
御文庫の内より声や鬼やらひ 大場白水郎 散木集
思ひきり腰痛の鬼やらひけり 本杉勢都子
我とわが声のふしぎな鬼やらひ 能村登四郎
戸があいて半月覗く鬼やらひ 鍵和田[ゆう]子 浮標
戸の鍵探す遠くで鬼やらひ 鍵和田釉子
星はみな東を嫌ひ鬼やらひ 中拓夫
木々に隙ありて深雪や鬼やらひ 宮坂静生 春の鹿
杣は谿へ双手をひらき鬼やらひ 藤原 如水
東京の宵空となり鬼やらひ 久米正雄 返り花
橋までは吾家とぞ思ふ鬼やらひ 久米正雄 返り花
櫓組む寺や火攻の鬼やらひ 富田潮児
灯のいろを踏めば氷や鬼やらひ 長谷川櫂 天球
父母の幼に見ゆる鬼やらひ 大槻一郎
留守の日の何やらふとて鬼やらひ 安東次男 昨
石をつつむ氷もありぬ鬼やらひ 宇佐美魚目 天地存問
石段にたばしる豆や鬼やらひ 野村喜舟 小石川
色町に隣る寺町鬼やらひ 松根久雄
草の戸の開いて洩る灯や鬼やらひ 松本たかし
藁しべの田に撒かれたる鬼やらひ 宮坂静生 樹下
裏口のサッカーボール鬼やらひ 森美樹
赤鬼は日本の鬼鬼やらひ 石田波郷
足よりも筆の衰へ鬼やらひ 清水基吉
身の内の鬼やらひまづ豆を食ぶ 林えり子
身籠りし妻のこゑなり鬼やらひ 小島健
道ばたの雪の伏屋の鬼やらひ 高浜虚子
開く戸に月のひそめる鬼やらひ 原口踏青
雪凝りし妙義嶺へ鬼やらひけり 堀口星眠 営巣期
雲うらをかすむる機影鬼やらひ 飯田蛇笏 春蘭
飛び石のごとき島々鬼やらひ 八染藍子
高嶺星風に吹き飛ぶ鬼やらひ 末永龍胆
鬼の持て来し寒さかな鬼やらひ 石塚友二 光塵
鬼やらひけふ横雲のばら色に 森澄雄
鬼やらひさびしき鬼は居てもよし 吉原文音
鬼やらひせりふもどきになりもする 中村吉右衛門
鬼やらひたる部屋の燈を消しておく 小川双々子
鬼やらひつららの牙を逃げゆけり 森澄雄
鬼やらひの声内にするこの家の翳りに月を避けて抱きあふ 小野茂樹
鬼やらひわれに主婦役男役 古賀まり子 緑の野以後
鬼やらひ二三こゑして子に任す 石田波郷
鬼やらひ園児自作の面つけて 山口恵子
鬼やらひ夜の白雲のひと刷きに 中拓夫 愛鷹
鬼やらひ山中だけの雪とべり 村越化石 山國抄
鬼やらひ月のまはりの空あをき 中拓夫 愛鷹
鬼やらひ杉も賢く並みゐしよ 加藤有水
鬼やらひ沖の白き帆逸りだす 加倉井秋を 『風祝』
鬼やらひ泣き虫鬼の居座れり 梶井和呼
鬼やらひ湯殿の鬼が揺れ動く 久保田月鈴子
鬼やらひ肉屋の肉に灯のともり 円城寺 龍
鬼やらひ金堂黒く浮き出でぬ 林 徹
鬼やらひ髷も凛々しく武蔵丸 高澤良一 宿好 
鬼やらひ鳥羽絵のわれと男の子 榎本好宏
黒潮の風立つ島の鬼やらひ 佐野美智
くらがりに貝の舌だす節分会 林佑子
伸べし手の闇に吸はるる節分会 大石悦子
無患子の実の残れるを節分会 綾子
献灯の一つ点らず節分会 引間芳春
竹林にたまゆらの日箭節分会 小原希世
節分会鉄船水に揺れてをり 長谷川浄泉
米洗ふみづひかりをり節分会 原けんじ
胸に受く力士の豆や節分会 島村久枝
蓑虫の目だけを出して節分会 前田保子
藪風が髪に沁み入る節分会 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
豆踏むは象のごとくに節分会 鳥居おさむ
転読の僧の気合や節分会 斎藤朗笛
青空に堂扉を開けて節分会 皆川盤水
高張に続くお練や節分会 林 尚子
鬼が来て 子をあやしいる 節分会 伊丹公子 時間紀行
鬼の子のはしやぎて逃げる節分会 平岡喜美子
鬼払ひ雪となりたる節分会 松井利彦
なやらひのおろおろ鬼は家に来よ 山田みづえ 手甲
なやらひのこゑ樫の木へ樟の木へ 清水伊都子
なやらひの先触れの雪田へ飛べり 佐野美智
なやらひの声いづこより芹の水 宇佐美魚目 天地存問
なやらひの犀川へ雪捨てにゆく 田中裕明 櫻姫譚
なやらひの眼あそべる曠野かな 飯田龍太
なやらひの荒星畠にこぞりけり 石田勝彦
なやらひの豆が飛びくる龍の髭 岩田由美 夏安
なやらひの豆噛みて婆歩き出す 関戸靖子
なやらひの豆存分に身に浴びし 猪俣千代子 秘 色
なやらひの豆拾ふほど無かりけり 関戸靖子
なやらひの鬼が出を待つ庫裏楽屋 安田孔甫
なやらひの鬼くたくたの肉襦袢 後藤綾子
なやらひやちくらが沖のまくら闇 龍岡晋
なやらひや日記書き継ぎ遺書めくも 角川源義 『西行の日』
なやらひや鬼逃ぐる堀細る闇 長谷川かな女 花寂び
交通遺児声はりあげて鬼やらふ 佐藤信子
人の家の鬼やらふ声ききて病む 古賀まり子 緑の野
凛々と山を下り来て鬼やらふ 小林康治 『華髪』
大雪のなほ降る闇へ鬼やらふ 相馬遷子 山河
掻き分けるほどの濃き闇鬼やらふ 鷹羽狩行
毘沙門天槍かざして鬼やらふ 花納花子
灯を福の神のごと負ひ鬼やらふ 川村紫陽
狭間なす古き柱や鬼やらふ 齋藤玄 飛雪
硝子戸を開きて海へ鬼やらふ 山口波津女 良人
紅梅のあたりが暮れて鬼やらふ 角川春樹
裃の下は洋服鬼やらふ 杉山三知子
裸電球鬼やらふ影巨きくす 山根 真矢
西天に昏む茜や鬼やらふ 相馬遷子 雪嶺
闇の端に爪先立ちて鬼やらふ 吉田銀葉
鬼やらふインドカレーの息を以て 泉田秋硯
鬼やらふ三声がほども口の中 石塚友二
鬼やらふ哀しきことのすぐ終はる 加倉井秋を 『武蔵野抄』
鬼やらふ声の伸びゆく古欅 関戸靖子
鬼やらふ声ひゞかせつ産屋にも 下村ひろし
鬼やらふ声を母へも促しぬ 奈良文夫
鬼やらふ夜空に氷り比良の山 鷲谷七菜子 花寂び 以後
鬼やらふ母の臥所はねむごろに 築城 京
鬼やらふ画室書斎と闇のまま 皆吉爽雨 泉声
鬼やらふ聲ひびかせつ産屋にも 下村ひろし 西陲集
鬼やらふ遠く珊瑚の海があり 神尾久美子
鬼やらふ青星こごえ黄星よび 矢島渚男 釆薇
鬼やらふ面をめくれど同じ貌 小泉八重子
追儺法要転読海東法窟に  高澤良一  石鏡
ぴぴぴぴと追儺会の燭伸び縮み  高澤良一  石鏡
法堂に太鼓どんどろ追儺寺  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2015-01-29 00:33 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23455007
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング