春近し

春近し

例句を挙げる。

いたく降りて積らぬ雪や春隣 小杉余子 余子句選
お手玉にあづきの音や春隣 二階堂文子
からかみの引き手のひくし春隣 久保田万太郎 流寓抄以後
ぐつと空へ流れた大きいスロープが生活への春近い富士だ 橋本夢道 無禮なる妻抄
こんにゃくに背鰭つけよう春隣 田村みどり
ざぶざぶと水扱ふや春隣 寺野守水老
しきる雨ひとつの蠅も春隣 木津柳芽 白鷺抄
すれちがふ闇の風邪声春近し 林原耒井 蜩
だれかどこかで何かさゝやけり春隣 久保田万太郎 流寓抄以後
つまづきし石は小さし春隣 大石つとむ
てのひらに寝る灯照り添ひ春隣 野沢節子
にんにくに出来る頭や春近し 広江八重桜
ひそかなる鹿の咀嚼も春隣 丸山哲郎
ひたすらに籠りし我に春近し 上村占魚 球磨
またたきて春遠からじ湖北の灯 遠藤若狭男
まんぼうはまんぼう泳ぎ春隣 高澤良一 燕音 
よべの雨春隣まで来りけり 高木晴子 花 季
わが頬にゑくぼさづかり春隣 鈴木しづ子
グッピーのたくさんうまれ春隣 山本あかね
ノーベル賞の狂騒去りて春近し 藤森成吉 天翔ける
パンむしる手に春近き日ざしかな 道芝 久保田万太郎
ヘレンケラーの父にはなれず春遠し 成瀬桜桃子 風色
ペン皿の燈りに光り春近し 内田百間
マヌカンに恋のまなざし春隣 土生重次
ヤリ烏賊の前進後退春近し 高澤良一 素抱 
レモン一片グラスに浮きて春隣 館岡沙緻
ワインの栓音たてて抜き春隣 館岡沙緻
一列に待つ二階バス春隣 白井良治
一天に比ぶ日と月春隣 深谷雄大
一日の雨の明るき春隣 小沢 としい
三方の玻璃輝きて春隣 上野章子
串柿のほたほたなれや春隣 犀星
亀の子われに問へ春近きや 太宰治
人嫌ひいささか募り春隣 田川飛旅子
仮住みもあと四五日や春隣 有保喜久子
仲見世や櫛簪に春近し 長谷川かな女 雨 月
伸び縮む鳩の瑠璃首春隣 高澤良一 素抱 
伸び~て寒竹の子や春隣 岩谷山梔子
低く黄色い月の大きく春隣 館岡沙緻
六甲の端山に遊び春隣 高濱年尾 年尾句集
冬と春近づき離れ箴の音 中村路子
冬深むとも春近しとも木々の色 橋本榮治 逆旅
切株の裏新しくて春隣 上野泰 春潮
剥落の土塀の厚み春隣 大豆生田耕一
加賀びとの赤き爪掛け春隣 加藤耕子
千羽鶴万羽吊られて春隣 高橋悦男
叱られて目をつぶる猫春隣 久保田万太郎(1889-1963)
嗅いで買ふくさやの干物春隣 鈴木真砂女 夕螢
地を叩く夫の縄飛び春隣 蕪木啓子
地を摶つて雀あらそふ春隣 星眠
地球儀も机辺の一つ春隣 大津希水
地皮剥がれ癒ゆるがごとし春隣 香西照雄 素心
墓原に育ちし犬や春隣 増田龍雨 龍雨句集
墨磨つて墨の香にをり春隣 鈴木しげを
壺に注ぐ水の音階春隣 中川和子
夕空は青とり戻し春隣 深見けん二
夕靄の峡折々や春隣 尾崎迷堂 孤輪
夜は雲の東に透きて春隣 野澤節子 遠い橋
夜半の月冴えず明るし春近き 及川貞 榧の實
夢をみるための手枕春隣 信濃小雪
大いなる火の島の紺春隣 大岳水一路
大仏の御ンまなざしも春隣 大久保橙青
大幅の孔雀を掛けて春近し 雉子郎句集 石島雉子郎
大部屋に一つ空き出来春隣 高澤良一 ぱらりとせ 
妻病めばいや山国の春遠し 相馬遷子 山国
子の客が来て子の笑ひ春隣 上野泰 春潮
子の折鶴千超ゆるとも春遠し 成瀬桜桃子
子の描く絵いつも耳なし春遠し 成瀬桜桃子 風色
学校は村立菩薩春近し 古舘曹人 能登の蛙
孫に買ふ勉強机春隣 杉田竹軒
小机に縛られゐるや春隣 石田波郷
小鼓の一打の間合ひ春隣 六本和子
屋根の上凧見えそめて春近し 阿部みどり女 笹鳴
屋根石に熊野路の春遠からじ 森田峠 避暑散歩
山の端や春遠からぬ細い月 尾崎迷堂 孤輪
山住や小遣ひためて春隣 楠目橙黄子 橙圃
峠星美しくなりぬ春隣 大森桐明
幔幕に触れて座りぬ春近し 鈴木太郎
年寄薪割る春近き風をよろしみ 人間を彫る 大橋裸木
弁当の胡麻散る飯や春隣 小川軽舟
心づけば汝を待ち居たる春隣 石田波郷
手に呉れし金平糖春遠からず 耕一郎
手捻りの壷に笑窪や春隣 矢崎良子
打ち込みしままの鉞春隣 宮坂静生
抽斗に秘密がありて春隣 佐藤美恵子
日あたりて春まぢかなり駅の土堤 誓子
日ざし背に頬杖つけば春隣 大橋敦子 匂 玉
星空をまはす水車や春隣 市ヶ谷洋子
春いまだ椋鳥何の歓声ぞ 堀口星眠 営巣期
春いまだ渇きてさむる喉仏 『定本石橋秀野句文集』
春いまだ火傷の痕はさくらいろ 林翔
春近き一基の墓にわれ影す 榎本冬一郎 眼光
春近き三年味噌の名残哉 李由
春近き京の町なりぼたん湯葉 今泉貞鳳
春近き思ひに聖母子像拝す 上田五千石
春近き日ざしにはぜる粉炭かな 金尾梅の門 古志の歌
春近き湖一定や比枝の坊 尾崎迷堂 孤輪
春近き火を怒らせて刀鍛冶 石田郷子
春近き甲斐や身延の奥の院 十橋
春近き表層雪崩くりかへし 津田清子
春近き野に藁塚崩す媼二人 高濱年尾 年尾句集
春近き銀座の空を鴎飛ぶ 大谷句仏
春近き雨の流るゝ廂かな 内田百間
春近き雪よ霞よ淀の橋 妻木 松瀬青々
春近き風よ小さき母子手帳 対馬康子 吾亦紅
春近く思ふ日遠く思へる日 高木晴子 花 季
春近く桜の幹のいぶし銀 高澤良一 鳩信 
春近く榾つみかゆる菜畑哉 亀洞
春近したゞ麦畑の夕日影 尾崎迷堂 孤輪
春近しふるさとの菓子手に割れば 稲垣きくの 黄 瀬
春近しぼろ~パンを喰みこぼし 細見綾子 花 季
春近しわが教材の相聞歌 中田樵杖
春近しわらぢのやうな宇陀の揚 下田稔
春近し丸めし雑誌に肩たゝかれ 川口重美
春近し僧の机に農暦 川村紫陽
春近し問ひ試みよ宿の梅 宗因
春近し夕日を背負ふ富士の線 林原耒井 蜩
春近し寝て見る雪をはしる人 京-只丸 元禄百人一句
春近し川のなくなるまで歩き 高橋理一郎
春近し廻国どもが下駄の泥 飯田蛇笏 霊芝
春近し時計の下に眠るかな 綾子
春近し松籟門の内にあり 大峯あきら 鳥道
春近し浦曲いろどる寄藻屑 岡田貞峰
春近し湧水の藻の真青にも 岸田桂子
春近し石段下りて薺あり 高野素十
春近し空に影ある水の色 百間
春近し花売辻になじみそめ 岡本まち子
春近し若布拾ひのをちこちに 茂里正治
春近し貨物を捌く大きな掌 林 徹
春近し赤蕪の絵をたまはりて 龍胆 長谷川かな女
春近し雪にて拭ふ靴の泥 沢木欣一 雪白
春近し霜除笹のささやけば 鈴木青園
春近み花時計にて待合す 茂里正治
春近む音の一つにしづり雪 高澤良一 ぱらりとせ 
春遠き心をあほちものやすぐ 原石鼎 花影以後
春遠したとへ灰皿黄なりとも 加倉井秋を 午後の窓
春遠しピアノの椅子に帽子置き 加倉井秋を 午後の窓
春遠し唇の雪舌もて舐め 相馬遷子
春遠し眠り人形子とねむり 成瀬桜桃子 風色
春隣おろし金にも裏表 鈴木真砂女 夕螢
春隣まつすぐ通る石のひび 岡田史乃
春隣インコ忍びの構へして 堀口星眠 営巣期
春隣ファックスの文字うす汚れ 原 裕
春隣出るぞ出るぞと麦粒腫 幡谷東吾
春隣割りし林檎に蜜の入る 猪俣千代子 秘 色
春隣向き合うて立つカンガルー 高澤良一 ねずみのこまくら 
春隣吾子の微笑の日日あたらし 篠原梵
春隣味噌汁のうまきかな 久保田万太郎 流寓抄以後
春隣巴里に戻る画家と会ふ 平井照敏 天上大風
春隣幼なき子規の横顔も 山本洋子
春隣燈下子の髪漆黒に 加畑吉男
春隣独活ひそむ地のやはらかし 苅谷敬一
春隣銀杏割りといふありて 鈴木真砂女 夕螢
春隣闇がふくらみ来たるなり 柴田白葉女 『冬泉』
春隣雨氷上をながれけり 石原舟月
暮るるまで書きて千文字春隣 古賀まり子
月やあらぬ障子ひとへに春近し 草也
朝ぬれし雨の枝々春近し 室生犀星 魚眠洞發句集
杉の葉のあからむは春近きかな 石川桂郎 四温
松立てゝ手洗ふ程に春近し 成美
枯桜灯ちらばり春近し 野澤節子 黄 炎
枯蔓のこんがらがりて春隣 岸田稚魚 『萩供養』
桜島煙を上げて春隣 高野素十
権現岳弦をゆるめず春遠し 堀口星眠 営巣期
気をつけて死んで下さい春隣 山崎十死生
河馬あくび河馬の子あくび春隣 河野美奇
波伸びて砂を走りぬ春隣 稲畑汀子
洗場の鍋に蜷つく春隣 泊雲
浜の砂とぶ駅にゐて春隣 友岡子郷
海照りの眼にあふれゐて春近し 角川源義
海界に金の綰(わがね)や春隣 八木林之介 青霞集
海苔*ひびの絣ほつるる春隣 西村梛子
測温測圧検尿採血春隣 高澤良一 ぱらりとせ 
港何処か鼓動し止まず春近き 手島靖一
滑稽な友の話や春隣 河野静雲
爪立ちて鶸鳴く梢春いまだ 堀口星眠 営巣期
片言の子のもどかしや春隣 成瀬桜桃子
猫葬る春近き土深く掘り 奈良文夫
産科とふ名札はたのし春隣 中村汀女
病む夜のほとほと長き春隣 前田桃邨
病む妻の頬に紅さし春近し 清田 柳水
白菜をざくと二つに春近し 林原耒井 蜩
盆栽の橙黄なり春隣 寺野守水老
目の合へば鹿まばたきす春隣 稲畑汀子 汀子第三句集
看護婦の大き叱声春隣 高澤良一 ぱらりとせ 
立ち喧嘩してゐる鴨や春隣 中西しげ子
米磨げばタンゴのリズム春まぢか 三木正美
耳なし芳一ばかり描く子に春遠し 成瀬桜桃子
聖書講義に起る爆笑春隣 田川飛旅子 『植樹祭』
職退けば子が職に就き春隣 近藤一鴻
胼の手に酒精がしみつ春遠き 相馬遷子 雪嶺
自画像が我を見てゐる春隣 堀 政尋
自転車で鮒来しよ春遠からじ 秋元不死男
臼の搗き塵浴びぬものなき春隣 安斎櫻[カイ]子
舟ばたを叩く上げ汐春近し 田山諷子
色といふものことごとく春隣 粟津松彩子
草花のカタログ届く春隣 田中こずえ
行きずりといふ漣や春隣 伊藤淳子
袖の雲脂指で弾きて春遠し 高澤良一 素抱 
裏富士の膚迫りて春隣 井上 康明
襦袢縫ふ待針赤く春隣 菖蒲あや
観劇の切符むらさき春隣 山田弘子
読み措きて灯し急がず春隣 耒井
購ひて酒器ばかりなり春隣 草間時彦 櫻山
走り根にも瘤もつ欅春近し 高澤良一 随笑 
足音の裏に廻りつ春隣 源義
蹲る枯枝の鳩や春隣 風生
車窓より瀬戸の島山春隣 星野立子
遠き春遠きままにて地踏みたり 森村誠一
里人の寄り合ひ多き春隣 小林景峰
金の雪紺の雪春遠からじ 齋藤愼爾
釘箱に小部屋いくつも春隣 平井さち子
銀鼠色の夜空も春隣 飯田龍太
鍬の柄もすげ替へられて春隣 萩原正章
鍵をどる自動演奏春隣 山本武司
鏡台に娘のもの増えて春近し 五十嵐 櫻
開山の墓掃かれあり春隣 大峯あきら 鳥道
隣り家に釘打つひびき春隣 沢木欣一
雨雫はしる小枝や春隣 成瀬正とし 星月夜
雪へ開く薔薇色の傘春近し 田川飛旅子 花文字
頬杖に雨音ばかり春隣 森澄雄
頭上にのみ星は混みをり春隣 馬場移公子
額や芽を固くむすべり春隣 石川桂郎 四温
颯爽と歩いてみれば春近し 千原叡子
飼鶏の妻になじみて春近し 青峰集 島田青峰
館守る老の独り碁春隣 奈良文夫
駅弁の箱うつくしき春隣 小林松風
駐輪場光満杯春近し 高澤良一 素抱 
髦をねんごろに梳く春隣 須田蘇風
鴛鴦の水尾すなほにのびて春隣 加藤 春彦
鶏鳴の卵産むこゑ春近し 幸まつ子
ひとり居の音にも春の近づける 川崎俊子
エンピツ走る音のみ春の近づく句座 楠本憲吉
前降りの背晴れに春も遠からず 安斎櫻[カイ]子
勧進の鈴きゝぬ春も遠からじ 前田普羅 新訂普羅句集
湖に春の近さの帆ありけり 松根東洋城
湯をおとす音にも春の近きこと 飯河仲子
白き巨船きたれり春も遠からず 大野林火
耳鳴りを春の近みの風音とも 冨田みのる
じっとしてやりすごす冬もう少し  高澤良一  燕音
春そこに通草細工の鳩車  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2015-01-29 00:37 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23455025
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37
空蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:25
蝉の穴 の俳句
at 2017-08-17 12:23

外部リンク

記事ランキング