寒釣

寒釣

例句を挙げる。

うづくまり蘆の声きく寒釣師 衣川 砂生
きつね顔して寒釣の立ちあがる 曽根原幾子
もの問へば寒釣きげんわるかりし 阿波野青畝
寒釣にゆくいでたちの黒づくめ 池田秀水
寒釣に手を貸す煙草捨てにけり 吉田とし子
寒釣に行く飽食の身を起し 波多野爽波
寒釣のいでたちしかと見えにけり 石原舟月
寒釣のきのふの背中見せにけり 大嶽青児
寒釣のはねあげたるは泛子ばかり 水原秋桜子
寒釣のもの思ふなき顔に遇ふ 滝春一
寒釣の一と日並びて相寄らず 大串章
寒釣の一人動かぬさつぱ舟 村上辰良
寒釣の一人動きて水重し 町田しげき
寒釣の一念竿影揺らぎつ濃し 香西照雄 素心
寒釣の不漁の顔と戻り来ぬ 石塚友二 光塵
寒釣の位置占めてより動かざる 畠山譲二
寒釣の夜明待つ火や沼照らす 渡辺立男
寒釣の径なき岩に移るなり 水原秋櫻子
寒釣の来ているらしき煙立つ 田原せいじ
寒釣の来て磯鷲の巌奪ふ 明石芋峡
寒釣の沖までつづく芦刈屑 米沢吾亦紅
寒釣の煙管を叩く石置けり 米沢吾亦紅 童顔
寒釣の物思ふなき顔に遇ふ 瀧 春一
寒釣の立ちあがる時現身に 篠田悦子
寒釣の西し東し潮満つ 西矢籟史
寒釣の身をさざなみに刺されをり 石原八束
寒釣の釣るゝ気配のさらになし 上沢寛芳
寒釣の長竿波にまさり照る 皆吉爽雨
寒釣の風波の綾を纏わずや 鈴木修一
寒釣の鮠がのこせし手のあぶら 米沢吾亦紅 童顔
寒釣は残り釣見る人は去る 林翔 和紙
寒釣へ声かける人なかりけり 高橋沐石
寒釣も夕づく鷺も靄の中 依田由基人
寒釣や世に背きたる脊を向けて 吉屋信子
寒釣や去ぬとて放つ鮒すこし 木津柳芽 白鷺抄
寒釣や帽子揃ひの父と子と 田中珠生
寒釣や次なる恋を胸中に 岸本尚毅 選集「氷」
寒釣や物見鴉の岩移り 平子公一
寒釣や竿打ち返すばかりなり 長谷川多度
寒釣や腰に固めし餌胴乱 飯田蛇笏 山廬集
寒釣をさらひし浪や平家村 大峯あきら 鳥道
寒釣をものまね鳥の囃すなり 太田 蓁樹
嵐山の朝や寒釣居るばかり 粟津松彩子
文王のごと寒釣の人に寄る 名和未知
煙突が立つ寒釣のさびしき天 林田紀音夫
鳰鳥に仕科似てくる寒釣師 能村登四郎 幻山水
穴釣す暁けの凍湖を渡り来て 松尾緑富
穴釣に夕日射し入る酒の瓶 野澤節子 遠い橋
穴釣に日輪低くありにけり 三嶋隆英
穴釣に炭配るとふ橇遠し 手島靖一
穴釣のあきらめ去りし穴凍る 金子 潮
穴釣のかたまつてゐる日の出かな 小原寿々美
穴釣のひとりに湖のふぶきをり 塩谷はつ枝
穴釣の人よちよちと歩きけり 矢島渚男 延年
穴釣の孤影は風にまぎれけり 木村敏男
穴釣の小さな焚火匂ひけり 坂巻純子
穴釣の小屋滑り出す疾風来て 根岸善雄
穴釣の幌へ白鳥声はしる 小森泰子
穴釣の糸どこまでも落ちゆけり 下田稔
穴釣の連なり釣れて嵩もなし 小林碧郎
穴釣の釣場を移る小屋曳きて 根岸善雄
穴釣やおのづからみな日に向かひ 原 柯城
穴釣や氷湖轟く寧からず 新井石毛
穴釣や花のやうなる魚釣れて 大石悦子 聞香
穴釣や言葉少なく人群れて 新井英子
穴釣や遊山ほどなる荷を持ち来 大石悦子 聞香
穴釣や風の悲鳴に耳ふさぎ 堀口星眠 営巣期
釣れたとも寒の鰈のこんなのが  高澤良一  石鏡
寒釣のこっちも見ずに釣れねェと  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2015-01-30 00:44 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23455051
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング