水仙

水仙

例句を挙げる。

あかつきの水仙の香の喪正月 野沢節子
あした発つ水仙郷の菰包み 伊藤敬子
いとほしむ花瓣の塵や水仙花 会津八一
きぞの夜水仙の香にまみれつつ寝ねたりき匂ふいまかなたより 北沢郁子
きのふけふの水仙にほふ墓どころ 鈴鹿野風呂 浜木綿
くちびるに指あて言わぬ言葉かも闇に口紅水仙ひらく 王紅花
くらがりに水仙の香や二日月 古賀まり子 緑の野
さらに崖あれば越前野水仙 花谷和子
ざわざわと水仙の影ありにけり 石田郷子
しづもれば陶の固さに水仙花 佐藤美恵子
すつきりと水仙に佇つ戦傷兵 萩原麦草 麦嵐
ずいと入り水仙季の瑞泉寺 高澤良一 さざなみやっこ 
その匂ひ桃より白し水仙花 芭蕉
たてつけの日影ほそしや水仙花 広瀬惟然
ちちははの忌は水仙が咲けば直ぐ 山本歩禅
ちんちんのやうな水仙囲ひけり 小島千架子
つきくづす鋳型の土や水仙花 癖三酔句集 岡本癖三酔
ともにゆき水仙騒ぐ黄泉の国 高澤晶子 復活
なかなかに墨濃くならず水仙花 右城暮石 上下
な折りその水仙携つ手が冷え切りし 林原耒井 蜩
ふくろ戸の押絵に書くや水仙花 木導 十 月 月別句集「韻塞」
ふるさとの野の水仙と荷車と 塚原麦生
ほどきたる荷の水仙の香をほどく 嶋田摩耶子
みすゞかる戸隠の巫女や水仙花 滝井孝作 浮寝鳥
みちのくの雲凝る笈や水仙花 前田 鶴子
もの鎮む雪に咲きたち水仙花 石川桂郎 四温
やはらかき水仙粽御所好み 後藤夜半 底紅
ゆく年の、入日、水仙ばたけかな 久保田万太郎 流寓抄以後
よく切れる鋏おそろし水仙花 高橋淡路女 梶の葉
よその水仙の日向好んで白き犬 長谷川かな女 花寂び
よぢれゐて水仙の葉の美しく 上村占魚 鮎
わし掴みせり暗がりの水仙花 柿本多映
一二枚落葉挾める葉水仙 高澤良一 ももすずめ 
一庵と日暮を頒つ野水仙 つじ加代子
一線の抜身水仙寂として 渡邊水巴 富士
一茎の水仙高き書斎かな 大久保橙青
七島を指呼に爪木の水仙花 長谷川静逸
三鬼の墓水仙喇叭純黄なり 立岩利夫
下萌えや水仙ひとり立ちしざり 千代尼
九日や水仙活けてきぞのけふ 林原耒井 蜩
人の訃に水仙の香の走りけり 小野伶
仏壇に水仙活けし冬至かな 高浜虚子
仏壇を溢れし水仙昼も夜も 阿部みどり女 月下美人
代官てふ名残の庭の水仙花 猪俣千代子 堆 朱
何事もござらぬ花よ水仙花 広瀬惟然
佛壇の障子煤けて水仙花 寺田寅彦
佛舎利を祭る卓や水仙花 寺田寅彦
其の匂ひ桃より白し水仙花 素堂
冬暮るるに水仙が伸びてをるなり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
凍てゆるび水仙花をこごませぬ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
切通からの青空水仙花 中田剛 珠樹以後
初雪や水仙の葉のたわむまで 芭蕉
北庭の終日いてゝ水仙花 坦々
十字架や煖爐の上の水仙花 寺田寅彦
単線の石押しのけて野水仙 杉本艸舟
古寺や大日如来水仙花 子規句集 虚子・碧梧桐選
古書幾巻水仙もなし床の上 正岡子規
名香を焚きこめし兜水仙花 青峰集 島田青峰
呼吸は吐くことが大事や水仙花 石田波郷
咲かで枯るゝ水仙もあり島晴るゝ 雑草 長谷川零餘子
咲くまゝに水仙畦に乱れたり 高浜年尾
咳きもせぬ眼の据えやうや水仙花 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
土管坂土管の端に水仙花 高澤良一 鳩信 
坐り圧して母がをり水仙花 古賀まり子 緑の野
垣の根に土瓶の欠けや水仙花 寺田寅彦
埋葬終へ海と水仙匂ひだす 文挟夫佐恵 雨 月
墓にきて告ぐるかなしみ水仙黄 成瀬桜桃子 風色
壁の色よければ水仙買ハゞ咲くよきを 河東碧梧桐
夜くだちぬ水仙の香ぞ深沈と 風生
夜の園の水仙に誰が神かをる 上野泰 佐介
大灘のかがやく日なり野水仙 片山敏子
大風にうち負かされし水仙花 高澤良一 素抱 
天に氷柱地に水仙の草家かな 東洋城千句
奪ひ得ぬ夫婦の恋や水仙花 草田男
妹許や水仙貰ふ帰るさに 尾崎迷堂 孤輪
子規の書のかなしく勁し水仙花 村上 光子
宗任に水仙見せよ神無月 蕪村 冬之部 ■ 泰里が東武に歸を送る
家ありてそして水仙畠かな 一茶
小坊主の上下(かみしも)着たり水仙花 尾州-素覧 俳諧撰集「有磯海」
小面の翳ればかげる水仙花 角川照子
少き日が復り水仙足蹴にす 下村槐太 天涯
尼が買ふ蛸と水仙由比ケ浜 大木あまり 火のいろに
山寺の春や仏に水仙花 横井也有 蘿葉集
山路攀づ顔の高さに水仙花 高澤良一 寒暑 
岩山や水仙かをる風の間 幸田露伴 竹芝集
岬まで歩くつもりや水仙花 星野麥丘人
師やがて来まさん水仙の一重なり 島村元句集
干布団水仙みえて畑に垣 滝井孝作 浮寝鳥
庭先に剣襖の葉水仙 高澤良一 随笑 
引潮の音はねむたし野水仙(越前海岸) 上村占魚 『天上の宴』
心さびしきゆゑに水仙買ふならず 河野南畦 『花と流氷』
憲吉の壺に水仙どさと活け 吉屋信子
戦のあと空が拡がる野の水仙 森田智子
手鞠つく傍に水仙貧血す 田川飛旅子 『外套』
抱かねば水仙の揺れやまざるよ 岡本眸
描き了へし水仙の壺床わきに 上村占魚 球磨
揺るがざる刻得てゐたり野水仙 島谷征良
支那水仙雪の明るさ咲きにけり 碧雲居句集 大谷碧雲居
敵艦を弔す水仙挿しゝばかり 渡邊水巴 富士
日についでめぐれる月や水仙花 高浜虚子
日の出とは点にはじまる野水仙 柴原保佳
日輪のしろささみしさ春空へ金管楽器水仙鳴れり 小島ゆかり
明るさは海よりのもの野水仙 稲畑汀子(1931-)
星屑も混じりゐるらむ井華水 仙田洋子 雲は王冠
春雷や水仙の芽の足らぬなり 金田咲子 全身
晴るる日も引く濤幽し水仙花 宮坂静生
暖かさ水仙がああ莟んだぞ 広瀬惟然
有て過し背戸の水仙咲きにけり 之房
松過ぎの水仙さびし木瓜活けよ 永井龍男
枯蓮は阿羅漢水仙は文珠かな 飯田蛇笏 山廬集
校庭の水仙しんと授業中 高澤良一 寒暑 
次の間といふうすやみの水仙花 鷲谷七菜子 天鼓
歯のようにかがやく非在、水仙の 高岡修
死ぬる日の淋しさ思ふ水仙花 畔蒜琴子
母の居間父の墓前に水仙花 星野立子
気丈夫に三国の女も水仙も 高澤良一 随笑 
水かへて水仙影を正しけり 草城




水仙が好き蟹が好き越前も 坊城中子
水仙が捩れて女はしりをり 小川双々子
水仙が水仙をうつあらしかな 矢島渚男 船のやうに
水仙とばかり花なし北吹いて 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
水仙と唐筆を売る小店かな 河東碧梧桐
水仙と孰れか寒き詩の心 石井露月
水仙と水仙を挿す白き瓶 中田剛 珠樹
水仙と白木蓮と封書来る 金田咲子 全身 以後
水仙と矢の翔ぶやうな青空と 奥坂まや
水仙と茶筅青さや庵の春 碧雲居句集 大谷碧雲居
水仙におなじ泪を溜めあふも 赤松[ケイ]子
水仙にかかる埃も五日かな 松本たかし
水仙にさはらぬ雲の高さ哉 子規
水仙にすぐ日の昃る一ト間かな 木下夕爾
水仙にたまる師走の埃かな 高井几董
水仙にひととき跼み意を決す つじ加代子
水仙にわびて味噌焼く火桶哉 正岡子規
水仙に今様の男住めりけり 正岡子規
水仙に住むべく着きぬ高嶺晴 雑草 長谷川零餘子
水仙に作事は済て梅の客 内藤丈草
水仙に傾いている母の恩 久保純夫 熊野集 以後
水仙に元日重く来てゐたる 藤木清子
水仙に光微塵の渚あり 水原秋櫻子
水仙に写真のライト年忘れ 百合山羽公 寒雁
水仙に初しのゝめや洛の水 松瀬青々
水仙に口切寺の菜飯かな 水田正秀
水仙に句帖をひらく男かな 高澤良一 寒暑 
水仙に四月雪降る国かなし 有働亨 汐路
水仙に寄すそれぞれのことばあり 石田郷子
水仙に手相をたれて観世音 野見山朱鳥
水仙に日かげりしさまの淋しさよ 青峰集 島田青峰
水仙に日のあたるこそさむげなれ 大江丸
水仙に時計のねぢをきりきり巻く 細見綾子
水仙に死の薫香を焚きにけり 豊長みのる
水仙に氷のごとき光塵(ひかり)かな 赤尾兜子
水仙に津波の来るといふしらせ 赤尾恵以
水仙に湯をいでて穿く毛足袋かな 飯田蛇笏 山廬集
水仙に狐あそぶや宵月夜 蕪村遺稿 冬
水仙に玻璃戸の月のまんまろき 金尾梅の門 古志の歌
水仙に目ざめて夢の濃かりけり 松村武雄
水仙に蒔絵はいやし硯箱 正岡子規
水仙に蒼き未明の来てゐたり 島谷征良
水仙に鉄の匂の初老かな 殿村菟絲子
水仙に銭ふるひ出す年の市 休可 俳諧撰集「藤の実」
水仙に鏡のごとき塗机 勝本昌子
水仙に雨まつすぐに降りにけり 布施まさ子
水仙に霰のまろびあへるかな 久保田万太郎 流寓抄
水仙に風見えそめて佇めり 素十
水仙に黄の産道のありぬべし 齋藤愼爾
水仙に鼠をすかす灯かな 会津八一
水仙に鼬とぶなり雪舟寺 廣江八重櫻
水仙のあひだをとほり竹箒 石田勝彦 秋興
水仙のありかを突き止めるゲーム 櫂未知子 蒙古斑
水仙のうしろの怒濤暮れて来し 赤尾恵以
水仙のうしろ向きなる沖つ濤 古館曹人
水仙のうなじ一転するを活く 井沢正江 以後
水仙のきつさき青き浄め塩 石原義輝
水仙のきよき程にもなかりしが 西山泊雲 泊雲句集
水仙のしづかないろに湖の国 今井杏太郎
水仙のすでに重さのなかりけり 田中裕明 櫻姫譚
水仙のたれ葉一片凍土に 西山泊雲 泊雲句集
水仙のつんとすませり春寒し 田中冬二 冬霞
水仙のとちほりかへす暑さかな 雪芝 俳諧撰集「有磯海」
水仙のはてに倶利迦羅落かな 古舘曹人 樹下石上
水仙のひとかたまりの香とおもふ 黒田杏子 一木一草
水仙のふつとよこむく莟かな 高橋淡路女 淡路女百句
水仙のほとりより庭崖をなす 高濱年尾 年尾句集
水仙のほのかに匂ふ雪明り魚のたぐひが沈みて眠る 竹久夢二
水仙のみな跪拝なす雪のあと 朝倉和江
水仙のりゝと真白し身のほとり 多佳子
水仙の一壺凍らせ癒えずあり 小林康治 玄霜
水仙の一茎に海ひびくなり 落合水尾
水仙の一茎をもて蕪村の忌 赤羽 岳王
水仙の一輪匂ふ日の出どき 谷川みゆき
水仙の一間が砦文机 旗川万鶴子
水仙の一點白し古書斎 幸田露伴 江東集
水仙の丈の揃ひて悪寒かな 大木あまり 雲の塔
水仙の三連星はいさぎよし 山口青邨
水仙の傍に絵筆をすすぎけり 中田剛 珠樹
水仙の光輪の座も暮れにけり 上田五千石
水仙の八重の重みにうつむける 寺前 たね
水仙の切り時といふよかりけり 綾子
水仙の初島なれば幾跼み 西本一都
水仙の初花一本目の香気 高澤良一 ねずみのこまくら 
水仙の剪られて垂らすいのち水 甘田正翠
水仙の匂ひを以て夜定まる 菅裸馬
水仙の卓の下ゆく鼠かな 会津八一
水仙の南にたはむ一葉かな 会津八一
水仙の口の驚き一つづつ 赤松[ケイ]子
水仙の吾に気魄の花をかかぐ 大橋敦子 匂 玉
水仙の吾れを影絵として通す 伊豆三郷
水仙の吾を肯へり熟睡せむ 波郷
水仙の咲きたるうへを鳰のこゑ 鈴木しげを
水仙の咲きをり越後一の寺 今井杏太郎
水仙の咲き校庭を渚まで 中戸川朝人
水仙の喇叭と影の喇叭かな 阿波野青畝
水仙の国の海ゆく緋毛氈 兵頭幸久
水仙の夜はけものを嗅ぎにけり 久保純夫 水渉記
水仙の夜は荒星のつぶて打ち 岡本眸
水仙の島にひとつの真水井戸 福田蓼汀 秋風挽歌
水仙の島の南にとゞまる日 野村泊月
水仙の影うごもてる土にあり 雁来紅 野田別天樓
水仙の影卓に落ち風邪ごこち 古沢太穂 古沢太穂句集
水仙の径はとんびの島山へ 高澤良一 随笑 
水仙の微動だにせぬ立花かな 嶋田麻紀
水仙の折れ伏せる葉や雪の上 虚子選躑躅句集 岩木躑躅、村上磯次郎編
水仙の散華涸れざる現川 下村ひろし 西陲集
水仙の日なた日かげのある一花 大橋敦子
水仙の映り池心に塔一基 福田蓼汀 秋風挽歌
水仙の朝の岬より五六人 稲畑汀子 春光
水仙の束とくや花ふるへつゝ 渡辺水巴 白日
水仙の枯れゆく花にしたがふ葉 敦
水仙の根に降たまる霰哉 吟江
水仙の横たへてある閻魔かな 鈴木しげを
水仙の水替へ海綿(スポンジ)の水も替ふ 安住敦
水仙の流れてやまぬ氷かな 外川飼虎
水仙の潮の光りを盃に 平井久美子
水仙の痛みと添ひ寝したるかな 正木ゆう子
水仙の白さくもりて暮れにけり 青峰集 島田青峰
水仙の百芽侍らせひとりの居 関口ふさの
水仙の矜持を吾の矜持とす 大橋敦子
水仙の種を干す日やせみの声 嵐竹 芭蕉庵小文庫
水仙の精に逢ひ得ず島を去る 森田峠 避暑散歩
水仙の縁ほとばしる蘭麝かな 会津八一
水仙の繊きうなじや昼の月 駒沢たか子
水仙の群落に山焼くが見ゆ 松村蒼石 雪
水仙の群落海彦棲む岬 川村紫陽
水仙の花うつふせに畳かな 松藤夏山 夏山句集
水仙の花のうしろの蕾かな 星野立子
水仙の花のみだれや藪屋しき 広瀬惟然
水仙の花のむかうはいつも海 伊藤敬子
水仙の花の日向も冱ての中 素逝
水仙の花の盞うつ雫 青邨
水仙の花の遺影を丸く切る 二村典子
水仙の花の高さの日影かな 智月
水仙の花びらに見し日のかげり 青峰集 島田青峰
水仙の花びら氷りゐたりけり 長谷川 櫂
水仙の花原狂ひ咲く野菊 亀井糸游
水仙の花嗅ぎをれば日のめぐる 太田鴻村 穂国
水仙の花明り夜の筆すゝぐ 金尾梅の門 古志の歌
水仙の花触るゝ顔笑ふべし 渡辺水巴 白日
水仙の花饒舌を好まざる 河野静雲
水仙の花鼻かぜの枕元 夏目漱石 明治三十年
水仙の芽にゆつくりと月のぼる 岸本尚毅 舜
水仙の芽の二三寸あられかな 室生犀星 魚眠洞發句集
水仙の莟のしづむ眼の清くみどり児が知恵をふかめゐる冬 春日井建
水仙の莟の曲りそめしなり 千葉皓史
水仙の葉に水仙の葉影凍み 高澤良一 ねずみのこまくら 
水仙の葉のすい~として縒れて 高濱年尾 年尾句集
水仙の葉の切先に風あそぶ 行方克巳
水仙の葉の尖りくる怒濤音 高澤良一 ねずみのこまくら 
水仙の葉の正しさに花揺るる 嶋田一歩
水仙の葉を活けて花ありにけり 嶋田一歩
水仙の葉先までわが意志通す 朝倉和江
水仙の葉組略せぬ今日の客 朝倉和江
水仙の葉縒れて影を抱き居り 高濱年尾 年尾句集
水仙の葱緑の二タ分れかな 菅原師竹句集
水仙の蕋に宿せり五黄星 長谷川かな女 牡 丹
水仙の蕾のままに活けてあり 甲斐 梶朗
水仙の袴の着付け具合かな 高澤良一 ぱらりとせ 
水仙の避けやうもなき潮飛沫 高澤良一 随笑 
水仙の里を名乗りて村ぐるみ 高澤良一 燕音 
水仙の野に北海の霙かな 有働亨 汐路
水仙の震へを唇に竹人形 吉田紫乃
水仙の頷き合える余命かな 橋間石
水仙の風で航海してをりぬ 糸大八
水仙の香に諭さるる心地して 松林伊世子
水仙の香のして硝子切られゆく 谷口美紀夫
水仙の香のつきぬけてゐる夜空 高澤良一 ねずみのこまくら 
水仙の香の移りけり達摩垣 井月の句集 井上井月
水仙の香の雑踏の中にあり 石田郷子
水仙の香へと診察椅子回す 大槻右城
水仙の香も押し合ふや年の市 千代女
水仙の香も潮の香も路地のもの 稲畑汀子
水仙の香やこぼれても雪の上水仙・雪 千代尼
水仙の香りほのかに古き恋 沖山政子
水仙の香を奪ふ風能古の島 上野さち子
水仙の香を携へて友来たる 菅野多賀江
水仙の鶯に来し雀かな 雑草 長谷川零餘子
水仙の黄なるは日射し通しをり 高木晴子 花 季
水仙の黄なるを愛す宣教師 寺田寅彦
水仙はねかされてあり壺の脇 中田剛 珠樹
水仙は今年早くてその見頃 高澤良一 寒暑 
水仙は名さへつめたう覚えけり水仙 千代尼
水仙は密に挿しても孤なる花 大橋敦子
水仙は松籟落つるところかな 東洋城千句
水仙は水仙の恵みうけてゐて咲き重りたり黄なる花房 島田修二
水仙は童女の覚めしごとくなり 角川照子
水仙は耶蘇島の花崖に野に 小原菁々子
水仙は英霊に咲きし花にこそ 渡邊水巴 富士
水仙は香をながめけり今朝の雪水仙・雪 千代尼
水仙へ光まみれの声飛んで 坂巻純子
水仙へ目を開けてゐる赤子かな 中田剛 珠樹
水仙も処を得たり庭の隅 子規句集 虚子・碧梧桐選
水仙やおもへば主馬かわか死は 服部嵐雪
水仙やこのみちをゆく他あらず 岡本差知子
水仙やしーんと人類を悼み 永末恵子
水仙やそり合ひし葉に花盛り 高橋淡路女 梶の葉
水仙やたまらず老いし膝がしら 小林康治 四季貧窮
水仙やはたらく者の椅子浅き 金子 潮
水仙やひとり身といふ寧さあり 館岡沙緻
水仙やカルテ一葉死へ急ぐ 川畑火川
水仙やカンテラに似て灯はともり 飴山実
水仙やホテル住ひに隣なく 久保田万太郎 草の丈
水仙や一日のばす誕生日 五十嵐播水 埠頭
水仙や一日ガウン着て休日 鈴木栄子
水仙や一碧をなす御座の海 深見けん二
水仙や世評を負うて生きし母 藤後左右
水仙や主人唐めく秦の姓 夏目漱石 明治二十九年
水仙や五重塔またあらはるる 中田剛 珠樹以後
水仙や何か我が身の上に来る 雑草 長谷川零餘子
水仙や何より寒き日がかなし 百合山羽公 故園
水仙や兎の耳も旭影 荘丹
水仙や冷たかりし名の紅晶女 渡邊水巴 富士
水仙や古鏡のごとく花をかかぐ 松本たかし
水仙や吾子を眠らす昼の月 市川千晶
水仙や垣に結ひこむ筑波山 一茶
水仙や夜の影もてる飾太刀 五十嵐播水 播水句集
水仙や夜明の初島蒼く臥す 水原秋桜子
水仙や夢の中まで活けつづけ 朝倉和江
水仙や子の代に譲るリリシズム 林翔 和紙
水仙や室町殿の五間床 黒柳召波 春泥句集
水仙や寒き都のここかしこ 蕪村
水仙や寝酒そのまま深酒に 草間時彦
水仙や寺領閂鎖すまま 加藤耕子
水仙や届けぬうちに問ひに来る 斯波園女
水仙や引さき紙に珍重す 黒柳召波 春泥句集
水仙や強き人影来つつあり 徳弘純 麦のほとり
水仙や彫美しき歌碑の文字 坂本杜紀郎
水仙や心にふるゝ壺の罅 秋櫻子
水仙や捨てて嵩なす蟹の甲 民郎
水仙や日あるに灯す古机 月舟俳句集 原月舟
水仙や日のあたりたる寒暖計 島村元句集 島村元
水仙や日の出をまてる海の雲 水原秋櫻子
水仙や日は中空にかゝりたる 高浜虚子
水仙や早稲田の師走三十日 夏目漱石 大正四年
水仙や晋山の僧黄衣なり 子規句集 虚子・碧梧桐選
水仙や暮色漂ふて鯉動く 飯田蛇笏
水仙や朝寝をしたる乞食小屋 素牛 俳諧撰集「藤の実」
水仙や机の上に日のあたる 竹冷句鈔 角田竹冷
水仙や机上の一書菜根譚 遠藤梧逸
水仙や束ねし花のそむきあひ 中村汀女
水仙や来る日来る日も海荒れて 鈴木真砂女
水仙や正しく背筋のばしたり 今泉貞鳳
水仙や残像として闇に冴つ 槐太
水仙や母のこのみし黄八丈 青柳志解桐
水仙や母の遺影の庇髪 塩谷はつ枝
水仙や水を湛へて砂白し 青峰集 島田青峰
水仙や浪へつながる坂にして 中田剛 珠樹
水仙や海に鍛へし声忘れず 水原秋櫻子
水仙や灯明き障子月忘る 宮武寒々 朱卓
水仙や焔に透けて鶏あゆむ 永島靖子
水仙や焚かで久しき蘭麝香 会津八一
水仙や玄海曇る風の垣(志賀海神社) 角川源義 『神々の宴』
水仙や琥珀にすみて棚の酒 吉田冬葉
水仙や畳の上に横たふし 炭 太祇 太祇句選後篇
水仙や白き障子のとも移り 芭蕉
水仙や白磁の瓶に二三本 寺田寅彦
水仙や看護婦に腋拭はるる 石川桂郎 四温
水仙や端渓の硯紫檀の卓 内藤鳴雪
水仙や竹箆をもて切りはせし 尾崎迷堂 孤輪
水仙や紅顔阿修羅いまも立つ 中田剛 珠樹以後
水仙や縫ひゐし黙に声嗄れて 小堺まさみ
水仙や美人かうべをいたむらし 蕪村 冬之部 ■ かの曉の霜に跡つけたる晋子が信に背きて、嵐雪が懶に倣ふ
水仙や羨しき尼の黒もんぺ 殿村莵絲子 雨 月
水仙や老いては鶴のごと痩せたし 猿橋統流子
水仙や耳のまはりの風の音 大屋達治 龍宮
水仙や聖徳太子馬に召し 野村喜舟 小石川
水仙や背戸は月夜の水たまり 蒼[きう]
水仙や胞衣を出たる花の数 炭 太祇 太祇句選
水仙や膠粘りのつよき墨 四明句集 中川四明
水仙や茎みじかくと己が園 炭 太祇 太祇句選後篇
水仙や莟と知らずあはて剪る 雑草 長谷川零餘子
水仙や葉蘭の陰に日の寒き 坂本四方太
水仙や薬の御園守るあたり 黒柳召波 春泥句集
水仙や薮の付いたる売屋敷 浪化 (1671-1703)
水仙や藪の小家の片折戸 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
水仙や表紙とれたる古言海 高浜虚子
水仙や褥暖かき客設け 青峰集 島田青峰
水仙や触れゐて荒るる海と空 黒坂紫陽子
水仙や試筆のあとの緋毛氈 より入
水仙や誌齢半世紀の師弟 斉藤夏風
水仙や貨車通過音揺曳す 湘子
水仙や長安に入る詩商人 会津八一
水仙や門を出づれば江の月夜 支考
水仙や降れる木の葉の躍りつゝ 野村喜舟 小石川
水仙や降誕祭の庭を掃く 五十崎古郷句集
水仙や隣人道を外れ走る 桑原三郎 晝夜
水仙や雀するりと墓日和 大木あまり 山の夢
水仙や雨に霰に戸を閉めて 中村汀女
水仙や雪ちらつけるひもすがら 橋本鶏二 年輪
水仙や雪の中より古葛籠 大阪-焦桐 俳諧撰集「藤の実」
水仙や青柳町に日の斜め 藤田湘子
水仙や飲食ほそき母なりし 岩谷滴水
水仙や鵙の草莖花咲ぬ 蕪村 冬之部 ■ かの曉の霜に跡つけたる晋子が信に背きて、嵐雪が懶に倣ふ
水仙や鷺呼んで来て庭造る 古白遺稿 藤野古白
水仙や麒麟がきりんの首を打つ 谷口美紀夫
水仙や齢重ねてゆくも幸 志摩知子
水仙をぎうと鳴らして活けにけり 高澤良一 さざなみやっこ 
水仙をとりまく青は歌ういろ 鎌倉佐弓 天窓から
水仙をはなるる影と進みけり 山本桜童
水仙をまはり水底へ行く如し 藤田湘子
水仙をよくよく見たる机かな 桂信子 樹影
水仙を一茎挿せば足る小壺 吉屋信子
水仙を二茎切りたり恋となす 萩原麦草 麦嵐
水仙を人に頒ちて嫁ぎけり 斉藤夏風
水仙を剣のごとくに活けし庵 山口青邨
水仙を剪りて背負籠(かこべ)の雪はらふ 石原八束 黒凍みの道
水仙を剪り集めたり松浦潟 斉藤夏風
水仙を剪る雲嶺の暮れぎはに 百合山羽公 故園
水仙を包む昨日の新聞紙 星野椿
水仙を喪の花と見て喪の床に 大橋敦子
水仙を四柱に束ね花御堂 高澤良一 随笑 
水仙を抱きくる海も巌場かな 魚目
水仙を持ちてあるけり都府楼址 飴山實 辛酉小雪
水仙を接写して口尖りゆく 今井 聖
水仙を明晰という夜明けかな 堀之内長一
水仙を束ねて傷を濡らしけり 津根元潮
水仙を活けたる指の疲れをり 朝倉和江
水仙を活けて全くひとりかな 野本永久
水仙を活けて湯宿の木の厠 辻田克巳
水仙を活けて萎みし迄の日日 上野泰 佐介
水仙を活けて鼓をかざりけり 松本たかし
水仙を生けしこころに習ひけり 後藤夜半 底紅
水仙を生けしや葉先枯るるまで 太祇
水仙を生けても心定まらず 深見けん二
水仙を生けて日脚を顧みる 比奈夫
水仙を生しや葉先枯る迄 炭 太祇 太祇句選後篇
水仙を背負ひて海に降り来たる 細見綾子
水仙を被ひし雪も古り穢る 篠田悌二郎
水仙を見に丹生山の雪を越え 細見綾子 黄 炎
水仙を買ひ風塵にまぎれ行き 中村汀女
水仙を赤く塗りたる子供哉 寺田寅彦
水仙を遠ざかるとき近づく香 稲畑汀子 汀子第二句集
水仙を霙のひまに切りにけり 虚子
水仙剪る君の声音を受けて起つ 岩田昌寿 地の塩
水仙剪る錆びし鋏を花に詫び 桂信子 花寂び 以後
水仙挿して船室暮らしに似たらずや 鈴木栄子
水仙花いくたび入院することよ 石田波郷
水仙花うてなに霜の見えにけり 阿部みどり女
水仙花三年病めども我等若し 石田波郷
水仙花伏樋を畑の境とす 福田蓼汀 山火
水仙花咲きたけて鰤うまきころ 鷹女
水仙花校了の朱筆おきにけり 渡邊水巴 富士
水仙花死に急ぐなと母の声 古賀まり子 緑の野
水仙花泉下にあまた眠るもの 高澤良一 宿好 
水仙花湊手錠の形して 高澤良一 ぱらりとせ 
水仙花湯出の国を照らしけり 萩原麦草 麦嵐
水仙花皿洗ふことひたと憎む 小池文子 巴里蕭条
水仙花眼にて安死を希はれ居り 平畑静塔
水仙花紙に干しある餅あられ 瀧井孝作
水仙花耳遠くなるまで生きました 岡本政雄
水仙花行更へて文さやかなる 渡邊水巴 富士
水仙黒くまた今日を返却す 永田耕衣 闌位
沖忘れたる流木に水仙花 服部嵐翠
波音の昏れし水仙畑かな 行方克巳
浄き余りに水仙花影となり給ふ 乙字俳句集 大須賀乙字
浪がしら夜も水仙に近づけず 横山白虹
海に日がひとつ水仙花ざかり 和知喜八 同齢
海明り障子のうちの水仙花 英治
海昏れて木彫のごとき水仙花 金箱戈止夫
海風に失せし香ならん野水仙 汀子
海鳴りて水仙ふるへやまざりし 山下美典
海鳴りに覚める祖の血や野水仙 鍵和田[のり]子
淡路より着きて初荷の水仙花 谷 迪子
清浄な葉のいきほひや水仙花 涼莵
牛追ふや磯水仙を手にしつつ 山田孝子
猟銃を折るサディズムや水仙に 田川飛旅子 『山法師』
玉を盤にして支那水仙の咲き失(そびれ) 尾崎紅葉
生壁や朝日斜に水仙花 柚味噌(木母遺稿) 安田木母、秋田握月編
男来て部屋ぬち水仙の匂ひみだる 吉野義子
留守の水仙咲けりと吾児の言ひ寄りつ 林原耒井 蜩
百歳に死生の匂ひ水仙花 橋本榮治 越在
目白飼ひ水仙つくり寺の寮 田中冬二 行人
瞽女かなし水仙ほども顔あげず 西本一都
知らぬ人と水仙の香にちかづきぬ 角川春樹
石塊に水仙挿して嗚呼わが墓 三橋鷹女
磯宮は風音ばかり水仙花 古賀まり子 緑の野以後
祇王寺へ水仙売の消えにけり 大木あまり 火球
窓下に捨てし水仙を拾ひ去ぬ父の庭あるき 梅林句屑 喜谷六花
筆を挿すごとく水仙壷に挿す 吉屋信子
筆洗の水こぼしけり水仙花 正岡子規
筆立に線香立てたり水仙花 寺田寅彦
箒目に水仙浄し欅の根 西山泊雲 泊雲句集
篠を摶つ風に水仙香を飛ばす 高澤良一 随笑 
粥すゝりけり水仙の朝朗 紅葉
紐ほどの径水仙の崖に沿ひ 加藤耕子
美しき日の水仙を買ひにけり 金田咲子
群落の水仙砂に風音して 古舘曹人 能登の蛙
考へてをる水仙ほころひる 山頭火
背負籠に水仙風の切通し 佐野美智
臨終の間に水仙の匂ひけり 雉子郎句集 石島雉子郎
船の荷の水仙と灘渡るなり 平田想白
花もなき水仙埋む落ばかな 炭 太祇 太祇句選後篇
茎にぎるとき水仙の香ありけり 中田剛 珠樹以後
荒海へ水仙の絖(ぬめ)掛け流す 文挟夫佐恵
落人のルーツを尋へば水仙花 東 珠生
落葉の、水仙の芽かよ 種田山頭火 草木塔
蔟立つる水仙の葉に蕾あり 松藤夏山 夏山句集
藤村かるた枝より根元芽水仙 中戸川朝人
藪際や水仙の葉のやゝ茂り 温亭句集(篠原温亭遺稿) 篠原温亭、島田青峰編
蛸壷に水仙を活けおほせたり 正岡子規
蜑が家を洩るる灯の中水仙花 成瀬正とし 星月夜
詩に痩せて 人水仙に似たるかな 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
赤ん坊の嚏がとんで野水仙 石田勝彦 秋興
越前の水仙を剪る鎌の音 中丸義一
身をつつしめる水仙の香と思ふ 武宮 至
躬都良(みつら)の恋隠岐水仙は崖なせり 佐怒賀正美
軍港の黄昏 水仙と鉄匂う 伊丹公子
軸の前支那水仙の鉢もなし 子規句集 虚子・碧梧桐選
道具車水仙提げて通りけり 飯田蛇笏 山廬集
道絶えてゐてりんりんと野水仙 関森勝夫
野水仙おどろきやすき越の空 佐藤美恵子
野水仙ここに香を溜め香を放ち 稲畑汀子 汀子第二句集
野水仙その香の失せぬ旅日記 稲畑汀子 春光
野水仙内海とろりと呆けたる 関森勝夫
野水仙尋め来て岬の雪に遇ふ 伊東宏晃
野水仙暮れなば海も消えるべし 綾野道江
野水仙水尾細めつつ舟戻る 羽部洞然
野水仙浜街道の風匂ふ 勝見玲子
野水仙海女の掛小屋閉じしまま 土屋恒代
野水仙海荒るる日は濃く匂ふ 高橋悦男
野水仙猫は狩の眼してゐたり 大木あまり 雲の塔
野水仙眸の句碑を抱きけり 加藤正守
野水仙破船を母と見し日あり 大木あまり 火球
針供養水仙ねぢれ梅曲り 百合山羽公 寒雁
雁過ぎて水仙に水さしにけり 渡辺水巴 白日
雨漏りの灯を澄ます音や水仙花 安斎櫻[カイ]子
雪嶺晴れ畦の水仙風のなか 欣一
雪間なる雪の中なる野水仙 八木林之介 青霞集
霜ふくむ包玉子や水仙花 濯資 選集「板東太郎」
青のまま暮れゆく空や水仙花 二村典子
静かさや水仙のみの飾棚 小崎淳子
顔洗うて悪寒覚えぬ芽水仙 富田木歩
風連れて竹生へ渡る水仙売 鈴木鷹夫
鳩下りて居る水仙の日に伸びし 長谷川かな女 雨 月
鳴り出でしオルガン時計水仙花 五十嵐播水 播水句集
齋宮のおんゑみ浄し水仙花 中勘助
浦風にあびせ倒さる水仙花 高澤良一 素抱
きしきしと水仙畑を過ぐ羽音 高澤良一 石鏡
水仙に富士を配せる入賞作 高澤良一 石鏡
ぴんしゃんと背筋を立てゝ水仙花 高澤良一 暮津
水仙は起立国語の授業中 高澤良一 暮津
水仙にばったり倒れ込む波濤 高澤良一 暮津

以上
by 575fudemakase | 2015-01-19 00:46 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23455332
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

田鳧 の俳句
at 2017-12-13 09:12
山藤章二著 ヘタウマ文化論 ..
at 2017-12-13 08:29
電飾 の俳句
at 2017-12-11 12:10
宿木 の俳句
at 2017-12-10 18:42
冬 の俳句
at 2017-12-10 16:58

外部リンク

記事ランキング