凍る1

凍る1

例句を挙げる。

あはれ民凍てしいひさへ掌に受くる 長谷川素逝 砲車
あめつちのひかりかなしく蝶凍てぬ 石原舟月 山鵲
あめつちの凍て全身に旭さしいづ 飯田蛇笏 雪峡
あるきつつ靴の底ひに足は凍つ 長谷川素逝 砲車
あをあをと裏質鋪の空の凍て 飯田蛇笏 雪峡
いちまいは蝶の羽なり氷るなり 辻允子
いつもかすかな鳥のかたちをして氷る 対馬康子 純情
いとしみて生きし日凍つる夜の口笛 千代田葛彦 旅人木
いよゝ凍てし土くれに日の流れ来し 雑草 長谷川零餘子
いるまんの訴人憎まむ心凍て 下村ひろし 西陲集
うけとりし手もこそ凍つれ下足札 久保田万太郎 流寓抄
うちてしやまむうちてしやまむ心凍つ 久保田万太郎 草の丈
うつくしく油の氷る灯かな 一茶 ■文政五年壬午(六十歳)
うつろひきて微少となりて夜々凍む砂 宮津昭彦
うらの凍て踏みくる朝の声まぼし 金尾梅の門 古志の歌
おしめの一枚がふき落ちて きつい凍てようだ 吉岡禅寺洞
おそろしき人の往来に灯の凍てず 大場白水郎 散木集
かくまでも鶴啼くものか凍つる夜は 猿渡青雨
かさゝぎ飛び雉子たち凍つる日なりけり 久保田万太郎 草の丈
かたぶきし水弥氷る盥かな 高井几董
かね氷る山白妙の月夜哉 一茶
かんじきの紐が凍てつきほどけざる 高橋向山
けさ妻をあはれとおもふもの凍てて 田村了咲
こころ忘れ来しが白鳥千羽凍つ 岸田稚魚 筍流し
ことごとく天の昏さに河凍る 対馬康子 吾亦紅
この凍てを百夜車を唄はゞや 野村喜舟 小石川
この庵を七年凍てて守りしなり 村松紅花
この道もやがて凍てんと歩きゆく 星野立子
こぼれたる鱈は足蹴にされ凍てぬ 小池次陶
こぼれ温泉の凍てしに転けし温泉汲女よ 木村蕪城 寒泉
こぼれ温泉の凍てたるを踏み大旦 木村蕪城 寒泉
こみあぐるものあり凍てしものの影 阿部みどり女
これちょうだい まっくろ黒助凍てなまこ 高澤良一 寒暑 
さばき凍て判事が首をまげる情 飯田蛇笏 雪峡
したたかに凍る一夜を百夜かな 齋藤玄 『無畔』
しづけさに凍る御霊のうす明り(二月八日畏友安西均詩人逝く) 石原八束 『仮幻』
すがる手の身重の妻に凍る道 有働亨 汐路
すぐ氷る木賊の前のうすき水 魚目
たどりつきしもののごとくに氷る瀧 大木あまり 火球
ちちははのすべて亡き世や凍て晴るる 石原八束
ちらと灯が凍るルンゼに見えしといふ 岡田日郎
どこか水落ちてゐる音滝氷る 石井とし夫
どことなくここらの山路凍ててをり 上村占魚 球磨
なお翔ぶは凍てぬため愛告げんため 折笠美秋 君なら蝶に
なきがらや油灯氷る借り錦 松瀬青々
にほどりの凍てよ凍てよと嶽の星 栗生純夫 科野路
ぬば玉の地は地につゞき鐘氷る 松瀬青々
ねこざめの放つてありぬ凍てにけり 鈴木しげを
はこびゆく火を吹く風も凍て急ぐ 金尾梅の門 古志の歌
はしためにふきんかなしく凍て反りて 富安風生
ばら色のままに富士凍て草城忌 西東三鬼
ひとひらの凍てつく闇を子が炎やす 松澤昭 神立
ひとり凍てひとりゆるめり墓地の道 細見綾子 黄 炎
ひねもすの風をさまりて星凍つる 伊藤とし子
ひゞくものたゞ凍てきりし靴音のみ 河合凱夫 藤の実
ふりむけば角のかたちに鶴凍つ 河野多希女
ふり仰ぐ鬼に設楽の星凍つる 佐野美智
ぶら下るごと月かゝり道凍てぬ 星野立子
へーイ・へーイと男女が別れ凍る星座 赤城さかえ
また沼の氷るか月の孤なりけり 石井とし夫
まつげすぐ凍てて滑降あきらめる 伊藤とほる
まろみなほ朝月凍ててそも偸安 香西照雄 対話
みだれたるわが銀の髪さへも淡く映して野の水氷る 山下陸奥
みちのくの星むらさきに凍てにけり 岸風三楼 往来
みちのくや凍ての割目が死の戸口 佐藤鬼房 「何處へ」以降
みちよりはすこしは低く凍てし沼 田村了咲
もくれむの凍む枝に雨のぬくとからむ 高澤良一 ももすずめ 
ものすべて凍る地上へ羽毛落つ 右城暮石 声と声
ものゝ凍て解けやまずして雪を見し 雑草 長谷川零餘子
やうやくに凍ての身につく夜陰かな 飯田蛇笏 春蘭
ゆく馬の背に月凍る年の暮 金尾梅の門 古志の歌
ゆつくりと来て老鶴の凍て仕度 能村登四郎 菊塵
よき夜ほど氷るなりけり冬の月 浪化
よせ墓のかたむき凍てし夕の星 柴田白葉女 『朝の木』
よべの飯凍てつきゐるや藁盒子 坂井華渓
らうそくの涙氷るや夜の鶴 蕪村 冬之部 ■ 鶴英は一向宗にて、信ふかきおのこ也けり、愛子を失ひて悲しびに堪えず、朝暮佛につかふまつりて、讀經をこたらざりければ
わかさぎの氷打ち~凍てにけり 佐野青陽人 天の川
わが心氷る華厳を慕ひ来ぬ 川端茅舎
わが悔にぴしりと対ひ影凍つる 小池文子 巴里蕭条
われも下りてゆく石段の凍てゆがみ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
オソコロコロセンダリ称へ凍むまじや 高澤良一 ももすずめ 
オリオンに向ふ家路や凍てる夜 神田典夫
オリオン凍つ家路幾度の曲り角 齋藤愼爾
オーロラの燃えつゝ凍つる極の空 築山能波
クロイツェル・ソナタ折り鶴凍る夜 浦川 聡子
サーチライト棒立ちに凍てふつと消ぬ 篠原梵 雨
チユーリツプその水凍てむわがペン凍つ 林原耒井 蜩
デコ木型黒びかりして凍てにけり 高澤良一 さざなみやっこ 
トロツコと氷るばかりの池がある 瀧春一 菜園
ノックしてまがある鉄扉夜の凍て 飯田蛇笏 雪峡
バスを待つ凍てし油の壜さげて 田村了咲
バス待つ眼吸殻ひろふ背に凍てつ 原田種茅 径
ピンゾロの丁と起きたり鐘氷る 泉鏡花
ヘーイ・へーイと男女が別れ凍る星座 赤城さかえ句集
ペンダント凍てて肌に火を感ず 猪俣千代子 堆 朱
ボロ市に行かざりし鼻凍て戻る 石田あき子 見舞籠
ユダの髯柔さ赤さに凍る雲 中島斌雄
ラマ塔や凍てゝ横たふ大黄河 今村青魚
ロランけふも幾人の凍てし身に棲みし(ロマンロラン研究会) 中戸川朝人
一人がないて通夜のひとびと凍み入りぬ 細谷源二 砂金帯
一切凍てて鉄がくぎりしこの空間 楸邨
一山の湯けむり凍てし日に向ふ 爽雨
一湾の凍て浪音を封じけり 大島早苗
一筋の流れを残し滝凍つる 池田秀水
一線を越えて凍る尾觝骨 春海敦子
一言主に長々申し凍みにけり 松崎鉄之介
一鳥の影もゆるさず滝凍る 平子公一
一鳥も飛ばず刈田の凍てつづく 阿部みどり女
万の雁擁き夜の沼氷るなり 佐藤国夫
万巻の書と地下室に凍ててをり 中村雅樹
三井の鐘立ち去る耳に凍み憑きて 高澤良一 燕音 
三井寺の夕凍み及ぶ大黒天 高澤良一 燕音 
上流や凍るは岩を押すかたち ふけとしこ
下町に曲らんとして鐘氷る 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
不動尊炎もろとも凍てにけり 五十嵐春男
丑満の星飛び氷る切通し 佐野美智
世の汚濁しりぞけて鶴凍てにけり 鈴木真砂女
世は粛すか検察庁の窗の凍て 飯田蛇笏 雪峡
中空にオリオン揚げて村凍てし 相馬遷子 雪嶺
丹田の脈摶つまでに凍てにけり 吉田紫乃
丹頂の紅のもつとも凍ててゐし 石鍋みさ代
乃木夫人愛用ミシン凍ててあり 辻桃子
乙女薔薇そのまま凍ててピアノ鳴る 小串歌枝
乳母車地に凍て暮るる屑部落 古賀まり子 洗 禮
乾坤の刻をとどめて滝凍る 町田しげき
二歩三歩その後まつたく鶴凍てし 鈴木真砂女
二段上の枝に凍みをりもう一羽 高澤良一 ねずみのこまくら 
二階から手が出て掴む凍み豆腐 東海林嶺風
五枚づつ藁もて編みし凍み豆腐 林蓼雨
亡き猫の足跡こゝに凍てゝあり 林原耒井 蜩
人を見てすいッちよ凍るばかりなり 渡邊水巴 富士
人声にさとくふたたび鶴凍てぬ 鈴木白祇
人小さく凍てて地の揺れ思ふまま 桂信子
人燃えて焼夷弾光蒼く凍つ 石原八束 『幻生花』
人落す影に埋立地が凍る 斉藤夏風
人親しわきて家路の凍てゆるぶ 飯田蛇笏 雪峡
人間の像凍てつけて火口噴く 石原八束 空の渚
今宵またペン凍ることまぬかれず 木村蕪城 寒泉
今年また山河凍るを誰も防がず 細谷源二
今朝も掃かれず障子の羽蟲いつ凍てし 石井露月
伐木のあとあり木屑凍ててをり 上村占魚 球磨
伯牙断絃つくづく鶴の凍てにけり 龍岡晋
伽藍建つる人らが均らす凍てし土 不滅の愛 小澤武二
住み着きしは天保年間とぞ凍み鵜 高澤良一 鳩信 
俳諧のまだ宵なから月氷る 尾崎紅葉
傀儡姫凍てて吊らるる楽屋裏 石原八束 『秋風琴』
傘を刺す地の茫々と氷る前 松澤昭 神立
兀として凍てゝ居る哉犬の糞 寺田寅彦
兀兀と鉛筆の音凍みる夜は 中田剛 珠樹以後
元日の照る陽や鷺の凍ること 渡邊水巴 富士
元朝の凍ての極みの墨を磨る 中島斌雄
光年に病むは一瞬星凍つる 立川華子
全山にこゑ掛け瀧の凍て始む 小澤克己
八方の径凍て寝ても手を組める 山口草堂
公傷の指先とほく鶴凍てし 細谷源二 鐵
公魚のひらひらと釣れすぐ凍てぬ 小林黒石礁
公魚は針はづされてすぐ凍てぬ 江中真弓
円湖凍てゝ方位東西相隣る 草田男
円空の二寸に足らぬ凍み佛 高澤良一 随笑 
写さるるわが脳まざと凍つる中 尾高せつ子
冬ざれてたましひ氷るあしたかも 日夏耿之介 婆羅門俳諧
冬の日やとけては氷る忘れ水 一鼠
冬の日や馬上に氷る影法師 芭蕉
冬の月母と子の距離凍てついて 河野静雲
冬の雁楯の雨さへ氷る夜に 喜谷六花
冬没日瑪瑙の中に富士は凍て 永井龍男
凍つけば凍つきながら笹の風 秋之坊
凍つまじと力を籠めて滝落つる 牧野春駒
凍つまま枯野の果の石二つ 濱人句集 原田濱人
凍つるならいまの心のまま凍てたし 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
凍つるまで鵜の瀬の水のひびきかな 桂 信子
凍つる夜のなほありつつもすでに春 下村梅子
凍つる夜のふところにあり子の寝息 皆川白陀
凍つる夜のビルの壁画の未来都市 和田耕三郎
凍つる夜のラジオは軍歌もて了る 岸風三楼 往来
凍つる夜の一つの乳房あたためよ 栗生純夫 科野路
凍つる夜の信号機のみ点滅す 西山すみ子
凍つる夜の光芒天を駆け会す 岸風三樓
凍つる夜の地震しづまりし黒羊羹 和田耕三郎
凍つる夜の櫓に垂らす女帯 加藤耕子
凍つる夜の線密集す蟹の顔 小檜山繁子
凍つる夜の視線交はる外ぞなき 林原耒井 蜩
凍つる夜の防空頭巾たゝみ寝る 岸風三楼 往来
凍つる夜や子の諳んずる賢治の詩 佐藤美恵子
凍つる夜を羽摶くものゝある虚空 正雄
凍つる日のにはかにあきし扉なりけり 久保田万太郎 流寓抄
凍つる日の山に及びて岩檜葉も 古舘曹人 砂の音
凍つる日や枝折戸ほとり鶲来て 大岳水一路
凍つる星見上げ地上に生きてをり 今橋眞理子
凍つる滝凍つる星いま息かよふ 今泉宇涯
凍つる街逢ひしも逢はざりしも同じ 上野さち子
凍つる音棟木を走り永平寺 関浩青
凍つ山と背中合せに山家の灯 村越化石 山國抄
凍てあがる万象の冷え葱をぬく 長迫貞女
凍てうるむ眼のいとけなき初年兵 片山桃史 北方兵團
凍てかたき常盤木の葉によう日ざす 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
凍てが鞭鳴らす銅板の湾にきて 寺田京子 日の鷹
凍てきびしかりし名残りのある庭に 稲畑汀子
凍てきびし屋上ネオン雲に映え 飯田蛇笏 雪峡
凍てきれずあり滝音の乱れざる 鷲谷七菜子 雨 月
凍てしきる喰積つつく寝しなかな 高田蝶衣
凍てし土大釜磨き干されけり 飯田蛇笏 雪峡
凍てし土掘りつつ身をば隠しける 野澤節子 黄 炎
凍てし外へすつぽり頬を包む朝 高木晴子 花 季
凍てし夜の松の中なる北斗の尾 田川飛旅子 花文字
凍てし影柩をかこみ遠ざかる 柴田白葉女 遠い橋
凍てし手を浸せば海の流れ止む 萩原麦草 麦嵐
凍てし把手廻す白鳥座を北に 櫛原希伊子
凍てし木々の響かんとして暮れにけり 渡辺水巴 白日
凍てし湖深夜の微光知らるるな 津田清子 二人称
凍てし道踏みかなしみの崩れけり 石原八束 秋風琴
凍てし野や何か聴こゆる帽かむる 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
凍てし階人形つかひ登り来る 宮武寒々 朱卓
凍てし頬を岩に触れしめ息づきぬ 石橋辰之助 山暦
凍てし髪の綿屑知らで夕餉かな 渡辺水巴 白日
凍てすこしゆるみし午や煤払ふ 大橋櫻坡子 雨月
凍てずしてさやかに蝶の飜る 相生垣瓜人 明治草抄
凍てつきし五体どこより崩れむか 平子 公一
凍てつぎて四温たまたま石蕗の濡れ 飯田蛇笏 雪峡
凍ててなほ水の勢あり男瀧 大木あまり 火球
凍ててなほ蛍光ペンを抱いて新宿 櫂未知子 貴族
凍てとけて筆に汲み干す清水かな ばせを 芭蕉庵小文庫
凍てとけをゆくゆく懺悔おのづから 飯田蛇笏 雪峡
凍てながら日当る山をたづねけり 村越化石 山國抄
凍てにけり障子の桟の一つづゝ 久保田万太郎 草の丈
凍てに寝て笑む淋しさを誰か知る 飯田蛇笏 椿花集
凍てに曳く悪玉の影闇に消ゆ 石原八束 空の渚
凍てぬもの下水とその香母の文 香西照雄 対話
凍てのこりたる漣の光かな 水田むつみ
凍てのぼりつめて梢のふるへをり 永田耕一郎 雪明
凍ての限りへ橇の鈴の音この夜を泊つ 古沢太穂
凍ての鶴悲のきはまりにかうと啼く 高澤晶子
凍てはげし青年の声ひかリ出す 柴田白葉女 花寂び 以後
凍てほそり来るや枯葭片よりつ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
凍てまぐろ鋭き鉤をはねかへす 森田峠
凍てまさる玻璃の月光停電す 飯田蛇笏 雪峡
凍てもどり木曽路は夜へ渓響き 福田蓼汀
凍てやしぬ人転ろびつる夜の音 伏水 鷺喬 五車反古
凍てゆくやこの広額もて愛せしもの 赤城さかえ
凍てゆるびたる処落日さすところ 行方克巳
凍てゆるび水仙花をこごませぬ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
凍てゆるぶ山畑の土うごくかも 飯田蛇笏 雪峡
凍てゆるみ緊り信濃は黄夕焼 蓼汀
凍てゆるむどの道もいま帰る人 大野林火
凍てゆるむ燈にほしいまま玩貝の色 宮津昭彦
凍てゆるむ落石音や七こだま 加藤知世子
凍てゆるむ麦生畑の早桃はも 飯田蛇笏 春蘭
凍てる夜となりゆく様に夕暮れる 高木晴子
凍てる夜や妻にもしひる小盃 森川暁水
凍てる廊にころび哭きけり声あげて 龍胆 長谷川かな女
凍てをふみ気安く墓地をただ通る 飯田蛇笏 雪峡
凍て呆けの足指失くし歩み来し(羽前肘折温泉) 上村占魚 『自門』
凍て土にはね返さるゝさぐり杖 片山すみれ
凍て土にほろほろと日のあたりそむ 長谷川素逝 砲車
凍て土に射ちし薬筒抛られ抛られ 長谷川素逝 砲車
凍て土に斧外れ形正しき痕 右城暮石
凍て土に解けたる水や浮びけり 高濱年尾 年尾句集
凍て土ゆ凍て白菜を捩ぎ取りぬ 林原耒井 蜩
凍て土をすこし歩きてもどりけり 五十崎古郷句集
凍て土を漕げばきしきし車椅子 山田 百穂
凍て埃り裏街道は初大師 石原舟月
凍て寒い日の夕焼け障子の皆に 八年間『碧梧桐句集八年間』 河東碧梧桐
凍て御舎解く紀伊の忌部の匠みしを 加倉井秋を
凍て湖に焚火せし罪測られず 津田清子 二人称
凍て湖に跼む貧しさ極まりて 津田清子 二人称
凍て湖のほとりの森の倒れ木よ 成瀬正とし 星月夜
凍て湖も呼人といへる村も過ぎ 成瀬正とし 星月夜
凍て滝の裏に水落つ音のして 福井千悠
凍て畝の葱抜くだましだましして 藤岡筑邨
凍て畳に落ちてひろごる涙かな 竹下しづの女 [はやて]
凍て空にネオンの塔は畫きやまず 篠原鳳作
凍て空にネオンの蛇のつる~と 篠原鳳作
凍て空に声を残して移民発つ 五十嵐播水
凍て華厳烏全身輝やき翔ぶ 加藤知世子 黄 炎
凍て虫をくはへとびたる鶲かな 銀漢 吉岡禅寺洞
凍て蜜柑少し焙りてむきにけり 篠原鳳作
凍て蝶のきらめき渡る山湖かな 中川宋淵
凍て街路ちらばる命拾ひあふ 飯田蛇笏 椿花集
凍て解けて筆に汲み干す清水哉 松尾芭蕉
凍て解のはじまる土のにぎやかに 長谷川素逝
凍て踏んで虚しき笑ひ胸をつく 石原八束 空の渚
凍て返る土一寸を持ち上げて 浦野芙美
凍て返る水をうしろに夜の耳 三宅一鳴
凍て返る風に骨ある思いかな 原子公平
凍て鉱石躍り火を噴き砕かるる 加藤知世子 花寂び
凍て雪に日のしむ尾長鳥なきわたり 金尾梅の門 古志の歌
凍て雪に柔く雪来りけり 高濱年尾 年尾句集
凍て雲に笙放つなり万燈会 角川春樹 夢殿
凍て雲や江上反れてひらき初む 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
凍て飯にぬる茶もあらず子等昼餉 竹下しづの女 [はやて]
凍て飯を犬に煮てやる夜半の冬 木歩句集 富田木歩
凍て鶴の火を蔵したる胸かたち 能村登四郎
凍みて立てば隣の人が銭鳴らす 田川飛旅子 花文字
凍みに凍む虚空蔵さんのどぜう髯 高澤良一 随笑 
凍みるとはみちのくことば吊豆腐 井桁蒼水
凍みる中そもそも三井の鐘由来 高澤良一 燕音 
凍み厠ぎっくり腰の不甲斐なき 高澤良一 寒暑 
凍み柿に楊枝が程の針氷柱 高澤良一 随笑 
凍むこゑに電光石火みそさざい 高澤良一 ももすずめ

芸術劇場  高橋竹山  孤高の響き
凍むや門付一から学ぶことばかり 高澤良一 燕音 






凍むる日々鴉のあぐる一つうた 村越化石 山國抄
凍む国の神火をきりし火燧臼 下田稔
凍む木(ボク)にちょんと目鼻の木っ端佛 高澤良一 随笑 
凍む白さもていつぽんの藁流る 櫛原希伊子
凍む闇にねそびれし目と耳ひらく 篠原梵
凍るまでいくたび笑うことありや 橋石 和栲
凍るまで人の言葉を話す鳥 櫂未知子 貴族
凍るペン絶えざる鼠の歯音澄む 岩田昌寿 地の塩
凍る中凍りきれざるはほとばしる 猪俣千代子 堆 朱
凍る夜のおのれを叱しては恕す 能村登四郎 菊塵
凍る夜のらふそくを土間に兵ねまる 長谷川素逝 砲車
凍る夜のハム厚く切り誕生日 菖蒲あや 路 地
凍る夜の人鎮まれば猫猛る 長谷川かな女 花寂び
凍る夜の凍らぬ夢のまくら哉 中川宋淵 遍界録 古雲抄
凍る夜の妻子の眠りいさぎよし 相馬遷子 雪嶺
凍る夜の屍衣に鳴りゐる時計かな 中川宋淵 遍界録 古雲抄
凍る夜の悲劇映画を遠ながめ 飯田蛇笏 雪峡
凍る夜の懺悔聴問僧招ぜらる 内藤吐天 鳴海抄
凍る夜の木瓜に来る朱や夫癒えよ 加藤知世子 花寂び
凍る夜の死者を診て来し顔洗ふ 相馬遷子 山河
凍る夜の灯火の色星の色 成瀬正とし 星月夜
凍る夜の袋マスクの馬の貌 有働亨 汐路
凍る夜は馬より下りてあるくなり 長谷川素逝 砲車
凍る夜やうちあふぐ灯の抱くべき 西島麥南
凍る夜や人のさびしさ眉間に来 石塚友二 方寸虚実
凍る夜や地より蹴放す馬盥 仭宕
凍る夜や星に牽かれて星出づる 相馬遷子 雪嶺
凍る夜を花もこぼさず桜草 渡辺水巴 白日
凍る寂けさ緑すつすと藺を植ゑる 加藤知世子 花寂び
凍る寒さの星が連なつて我が行くところ 人間を彫る 大橋裸木
凍る断崖黄河文明起りし地 長谷川素逝 砲車
凍る日の落葉はたえまなく降れる 高木晴子 晴居
凍る日の陳痛の皺鶏卵に 小檜山繁子
凍る森舌さとければ莨苦し 宮津昭彦
凍る池小さし御社いと小さし 高木晴子 花 季
凍る湖かけて涅槃の雪つもる 木村蕪城 寒泉
凍る滝取巻く闇のうすみどり 岸田稚魚 筍流し
凍る滝生身の禽をはじきけり 岸田稚魚 筍流し
凍る滝落下の滝とすれちがう 河合凱夫 飛礫
凍る滝落下途中の形して 村上冬燕
凍る瀧対き合ひて日を捧げたり 中戸川朝人
凍る谷鼬かがやき走りけり 堀口星眠
凍る足袋いづれが夫のものなりや 井上雪
凍る身のおとろへ支ふ眼を瞠る 石橋辰之助 山暦
凍る野に城門をあけ民ら迎ふ 長谷川素逝 砲車
凍る野に栄えて紅きアイヌの火 細谷源二 砂金帯
凍る野に部落は土壁めぐらせる 長谷川素逝 砲車
凍る鐘ひとつびとつの音を異に 誓子
凍る門真一文字に開きたり 久米正雄 返り花
凍る闇シリウス光千変し 相馬遷子 雪嶺
凍る闇星座牡牛の目が赤し 相馬遷子 山河
凍滝の凍てても見ゆる滝の相 能村登四郎
凍瀧の芯を凍て得ぬ水いそぐ 津田清子
凍蝶の凍てゆくひと日美しく 小坂順子
凍解のふたたび凍てて相つぐ死 加藤かけい
凍鶴の凍ての外なる木の根つこ 原裕 青垣
凍鶴の徹頭徹尾凍てにける 長尾宗一
凍鶴の脚踏み替えて又凍てぬ 遠藤雪花
凧ひとつ凍みて白山遠くせり 昭彦
分銅のさがるによろけ踏む地凍つ 下村槐太 天涯
切干の仕上げの凍ての来たるかな 山根和子
切干の屋根に凍てたる山家かな 九保田九品太
初乗りの馬の落せしもの凍てし 高島茂
初市や鰤の目凍みて買はれゆく 杉本苑子
初神楽吹かねば氷る笛を吹く 加藤かけい
初経のもろ手も凍つる未明かな 原田浜人
剱ケ峰の下に金星凍てつきぬ 渡邊水巴 富士
北かなし凍みのもどらぬもの食べて 田村了咲
北面の御陵や凍つる皇統譜 中西悦哉
十本の素伸べの凍ての鍛冶場かな 石田勝彦 秋興
千両の実の凍てやうや福寿草 増田龍雨 龍雨句集
千鳥鳴く夜かな凍てし女の手 中塚一碧樓
午後となる氷る渚に顔失くす 岸田稚魚
半鐘のいぼいぼ凍る海鼠かな 龍岡晋
卒塔婆の生みたる茸凍みにけり 中戸川朝人
厨いまぴしぴし凍る寝そびれゐて 野澤節子
厨房に温泉迸り湖氷る 木村蕪城 一位
厨掃いて夕ベの凍みにうたれけり 金尾梅の門 古志の歌
去年の鶴去年のところに凍てにけり 水原秋櫻子
去年今年地はかたくなに凍てしまま 津田清子 二人称
参籠や硯の氷る日頃なる 尾崎迷堂 孤輪
双鶴の影をかはして凍てにけり 西島麥南 金剛纂
古里や凍てたる中の水車 野村喜舟 小石川
吉原や凍てどけに敷く酒むしろ 芥川龍之介
君が代のうたこそ凍みよとのゐの坐 太田鴻村 穂国
君の瞳の青くて凍てて仕舞ひけり 和田耕三郎
否応もなく凍てはじむ男瀧 大木あまり 火球
吹き込みしよべの雪凍て紙漉場 桑田青虎
吾子のもの干す軒下に湖は凍て 木村蕪城 寒泉
咳きいりて凍てに躓く夜の坂 石原八束 秋風琴
哨戒の翼燈凍てし星にまぎれぬ 篠原梵 雨
哨戒機サーチライトの叉に凍てぬ 篠原梵 雨
啄木鳥の谺は天に滝凍る 三谷和子
嘘に倦みて青き陶酔が凍る 石原八束 空の渚
噴烟の中の凍る日胸を墜つ 石原八束 空の渚
噴烟の捲き湧く火口壁凍る 石原八束 空の渚
噴烟の波動虚空に凍て透る 石原八束 空の渚
圓空佛鉈目あらはに凍ておはす(飛州丹生川村袈裟山千光寺二句) 上村占魚 『石の犬』
土凍てて掃いても残る浄め塩 大木さつき
土凍てて日を経る牛蒡朽葉かな 飯田蛇笏 春蘭
土凍てて日輪のもとあるばかり 長谷川素逝 暦日
土凍てて闘ふ独楽の走り癖 内藤吐天 鳴海抄
地の凍てを流るる泉遠からず 鈴木詮子
地は凍ててこころ狷介父葬る 飯田蛇笏 春蘭
地下足袋凍る徹夜の君ら会えば笑む 鈴木六林男 第三突堤
地凍る漢民族の大き国土 長谷川素逝 砲車
地球凍てぬ月光之を照しけり 高浜虚子(1874-1959)
垣なして月明の鶴凍つるなり 原裕 出雲
埠頭の灯凍てたる鼠走らせる 高橋馬相 秋山越
堂凍てて唱名潮満つごとし 西村和子 窓
堂凍てて杉山に日の来迎図 鷲谷七菜子 花寂び
堂凍てゝ四隅に鉄の燈籠かな 久米正雄 返り花
堂凍みに毘沙門天のひんむく眼 高澤良一 宿好 
塵ふかく萬巻の書の金ン凍てぬ 西島麥南
塵芥夫凍て蟹殻の紅こぼす 莵絲子
壁の蛾の凍てきし四方の夕立かな 渡辺水巴 白日
壁射たれ凍てたる土をこぼすなり 長谷川素逝 砲車
声凍みて頬白とべり夕穂高 堀口星眠 火山灰の道
売られる畑の凍て土が牛蒡についてきた 栗林一石路
売りにくる布銭の凍てを手に受くる 日原傳
壷凍る なまあたたかき指ふれじ 富澤赤黄男
壺にくむ洗礼の水凍てずあれ 田村了咲
夕ばえてはやきネオンに地が凍てぬ 飯田蛇笏 雪峡
夕凍てのにはかにおもひ浮ぶこと 龍太
夕凍てはまこと人なき炎かな 飯田龍太
夕凍みに青ざめならぶ雪の嶺 相馬遷子 山国
夕凍みのにはか也有の文台に 高澤良一 燕音 
夕凍みのわけても鯛の鼻柱 高澤良一 ももすずめ 
夕凍みの山彦山に残りけり 秋山ユキ子
夕凍みの直路三十路の靴鳴らす 高澤良一 ねずみのこまくら 
夕凍みの空のしみじみ信濃かな 草間時彦 櫻山
夕凍みの聳ゆる暗さ甲斐の国 直人
夕凍みや目白のひそむ裏の畑 飴山實 辛酉小雪
夕凍みや石の円柱に燈咲き出で 宮津昭彦
夕凍みや禽それぞれの木へ沈み 矢島渚男 梟
夕凍みを飾れり白き歩道橋 宮津昭彦
夕影のかぎりをつくし鶴凍つる 大岳水一路
夕日凍み石塁矢竹生ひにけり 冨田みのる
夕暮の凍てゆくものの中に彳つ 高木晴子 花 季
夕焼が凍てて泪の粒を生む 三谷昭 獣身
夕空やむざんに晴れて凍みわたる 相馬遷子 山国
夕翳や魚籠上ぐるより鮒凍てぬ 原田種茅 径
夕茜沼氷るまであと一歩 橋本美代子
夜の木凍てて鳥のふくみ音虫に似る 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
夜の網あげて空しく鐘氷る 高田蝶衣
夜もとる白墨オリオンの凍て全身に 中島斌男
夜を凍てゝ薄色褪せず櫻餅 渡邊水巴
夜泣き子と下水を残し街凍てる 森田智子
夜祭の戻りの凍ては云はざりき 岸田稚魚
夢殿をのぞみ石仏野に凍る 大島民郎
大いなる水を束ねて滝凍てり 保坂リエ
大凍てに鼓笛の韻き地にしみる 飯田蛇笏 椿花集
大地凍つる為に傾く障子とか 橋本鶏二
大地凍つ地図と眼鏡と油顔 古川塔子
大地凍て凍てし河載せ傾きぬ 片山桃史 北方兵團
大松明の火の粉も凍る午前二時 伊藤いと子
大空に月ぶら下り雲凍てぬ 浩山人
大空の一枚白く凍てにけり 阿部みどり女(1886-1980)
大鏡ある闇の凍てすりぬける 柴田白葉女 遠い橋
大鮪凍て解けて紅甦る 鈴木真砂女 夕螢
天が下蛇行の河の凍てしまま 山本歩禅
天ぐさの洗ひ場の石濡れ氷る 田中冬二 俳句拾遺
天の凍て夜陰に樫を捉へけり 栗生純夫 科野路
天凍てて鋲の赤光縷を曳けり 内藤吐天
天地凍て音の溜まれる竹の節 長谷川草々
天日へ一徹の直滝凍る つじ加代子
天暗し一本杉や凍てゝ鳴る 芥川龍之介
太陽が凍る時間の鷺の脚 河合凱夫 飛礫
太陽に正面きつて凍てし滝 檜 紀代
太陽の燃えつゝ空の凍てにけり 慧月
妻に秘めむ恍惚鶴もろともに凍て 古館曹人
妻笑ひだす水栓も杓も凍て 辻田克巳
姿見にむけば白頭昼の凍て 飯田蛇笏 雪峡
子の凍てし手をぬくめつゝ眠りけり 上野章子
子の忌日合掌の指凍てしかな 阿部みどり女
子の手握つて氷る道すべるまい 人間を彫る 大橋裸木
子の鶴も親にならひて凍てはじむ 波多野爽波 『一筆』以後
子を叱りゐる夕凍みの女ごゑ 南草
子供らにいつまで鶴の凍つるかな 石田波郷
孤児の枕並べて夢凍る 寺田寅彦
安達太良の風に吹かるる凍み豆腐 松本正一
家の中に水氷る日や荷風読む 田川飛旅子
家影の水に落ちゐて暮れ凍てし 木歩句集 富田木歩
寂しさの底にささりて蝶凍つる 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
寒垢離や不動の火焔氷る夜に 正岡子規
寒天の田にうす墨の山凍る 原裕 青垣
寒泳を指の先まで凍てて見る 宮原 双馨
寒肥やおほかたの葉の朝の凍て 小澤碧童 碧童句集
射殺され棒の如くに屍凍て 若木一朗
小鳥売かへりみられず凍てもせず 大場白水郎 散木集
少年とドラム凍ての月蝕融けあへる 河野多希女 彫刻の森
屋根石の鴉の横目ソ領凍つ 古館曹人
屍地に凍て厳然と旗すゝむ 片山桃史 北方兵團
展帆をはるかにしたり凍つる蝶 中戸川朝人
山かげ池の氷る末社にも初詣する 荻原井泉水
山の手へ坂たてかけて街凍てぬ 白夜
山の星ともしび凍るミサに侍す 相馬遷子 雪嶺
山の端を離れ満月すぐ凍る 吉野トシ子
山の背を越えがたく滝凍てており 駒 志津子
山中に楪氷るものを踏み 宇佐美魚目 秋収冬蔵
山火事も凍てはてにける大裾野 百合山羽公 寒雁
山眠るや山彦凍てし巌一つ 松根東洋城
山腹にかたまり凍つる墓石かな 阿部みどり女 笹鳴
山茶花の一とたび凍てて咲きし花 細見綾子
山風や夜落ちしところ湖氷る 松根東洋城
山鳩も氷る夜明の軒に居り 遠藤はつ
岩々のまとふ青さに滝凍る 木村蕪城
岬の濤のけぞる宙の凍てにけり 飯田蛇笏 雪峡
巌巌のまとふ蒼さに滝凍つる 木村蕪城 寒泉
川という凍てつくまでは水流す 秋元零折
川凍てて枯木の影も凍てにけり 阿部みどり女 月下美人
工具箱凍てて銀河を柿えし日 対馬康子 吾亦紅
巨鳥見守る暁の凍つる中 小島千架子
常念岳の秀を研ぎ澄ます空つ凍み 太田蛇秋
干菜風盥の濯着凍てゝあり 金尾梅の門 古志の歌
干足袋の日南(ひなた)に氷る寒さかな 大須賀乙字(1881-1920)
年新たな凍み足袋裏を堅くせり 節子
幻燈の別に映る灯夜の凍て 飯田蛇笏 椿花集
幼子よ地に水氷るこれが冬 肥田埜勝美
広場凍て飛行機のわだち深くのぶ 細谷源二 鐵
底濁ごす魚氷る池陽のさして 泰山俳句集拾遺 中村泰山、熊谷省三編
庭土や凍て藁しく冬の梅 成美
廃船の凍て屯ろせり宿の前 阿部みどり女
延年舞黒凍みの堂鳴らしけり 高澤良一 ぱらりとせ 
引汐に小貝の氷る真砂かな 古白遺稿 藤野古白
引返す山路これより凍ててをり 稲畑汀子 春光
弥陀洞にゴム手袋の凍ててをり 大石雄鬼
影すでに凍てておるなり暦売 田川飛旅子
影ふかくかたきら捨てし壕凍てぬ 長谷川素逝 砲車
役げし石の凍るほかなし遭難碑 桂樟蹊子
待つことは明日一点に鳶凍てり 古舘曹人 能登の蛙
待乳山さるのこしかけ凍てにけり 古舘曹人 樹下石上
徒に凍る硯の水悲し 寺田寅彦
徒に凍る街路を歩きけり 高澤良一 随笑 
御手洗も御灯も氷る嵐かな 炭 太祇 太祇句選
徹夜の稿にいつ置かれたる林檎凍む 森澄雄
心中に鳴らす金鈴凍てずあれ 岡本差知子
心忘れ来しが白鳥千羽凍つ 岸田稚魚
急くことはなし凍てし身に言ひきかす 橋本鶏二
恋の血の高鳴つていま月凍る 仙田洋子 橋のあなたに
恋捨てに雪山に来しが笑ひ凍る 小林康治 玄霜
息とめてみる凍みくさきものばかり 宮坂静生
息ひそかに凍てゆく終の父呼べず 山田みづえ
悔のごと繊月凍ててかかりけり 斎藤 道子
懐に凍て山河と猫を磨き 和田悟朗
我が手に触れつまどろめしばし魂氷る妻よ 折笠美秋 君なら蝶に
我が汽車の白煙凍てし野に凝るかな 太田鴻村 穂国
我が行く天地万象凍てし中 高浜虚子
戸あくれば翔つものありて凍てし沼 田村了咲
手の凍てゝ板の如しや大根引 川島奇北
打ちこけて指(さし)ぬき氷るなみだかな 素顰 俳諧撰集玉藻集
托鉢の鉢に凍てつく指はがす 鈴木貞雄
把り凍て飛び降りるにも翼なし 鈴木六林男 第三突堤
投げ込みしままの形に楮凍つ 今瀬剛一
折鶴のごとくに葱の凍てたるよ 秋を
拓けゆく湿地帯なり凍て解くる 鈴木洋々子
拓地の灯星より高く凍るなり 小林黒石礁
拓次碑ここに鉄のオブジェ凍てて立つ 北野民夫
拠るものの欲しけれど壁凍るなり 橋本多佳子
指環凍つみづから破る恋の果 鈴木しづ子
捨て水のやがて氷るや三十三才 荻原井泉水
捨て水の身を張りて地に凍てつけり 大串章
捨水の即ち氷る寒に在り 池内たけし
掃かれずに凍てたるものや寒雀 春草
掃き了へて夕凍みねずみもちの実に 高澤良一 ねずみのこまくら 
掌に落ちてぬくき涙がすぐ凍てつく 加藤知世子 黄 炎
採点のペンが凍て又林檎凍て 木村蕪城 寒泉
採煙蔵鵺の眼のごと凍てて火は・・・古梅園 高澤良一 ねずみのこまくら 
描線の威嚇と攻撃巴里凍る 高澤良一 宿好 
摩周凍て万象動くものもなし 小森行々子
放射路の 一筋窓に向ひ凍つ 大場白水郎 散木集
放魚提げ凍む硝子無き窓見上ぐ 宮武寒々 朱卓
断崖にとり縋る手の凍て痺れ 片山桃史 北方兵團
新しき筧や盛り上り氷る 波多野爽波 『一筆』以後
方円に氷るくさぐさ境内に 高澤良一 鳩信 
旅の髪汚れなかりし氷る国 八牧美喜子
日が面と向ひて湖の凍てゆるむ 檜 紀代
日のみ鮮紅万象暁の凍ての中 福田蓼汀 秋風挽歌
日は雲のはたてに凍てて風粗し 石塚友二
日凍てゝ空にかゝるといふのみぞ 高浜虚子
日和空覗かせて滝凍てにけり 森田峠 避暑散歩
日当りの風に凍てたる蝶々かな 吉武月二郎句集
日蔭より日南に凍る風ありぬ 高橋馬相 秋山越
日陰りて張子天狗の凍みつ鼻 高澤良一 さざなみやっこ 
日雀ゐて石の髄まで凍ててをり 加藤楸邨
日鼻凍む土偶になせり愛しくてか 宮津昭彦
旧年の足跡すでに凍てゆるむ 角川源義
早春の凍て雲にして山の端に 高濱年尾
旬日を一日のごと崖氷る 下村槐太 天涯
旱り空回帰すものの蒼き凍て 石原八束 空の渚
旱る夜の疲れ憤りの凍てかへる 石原八束 空の渚
明日あたりかならず凍る滝に立つ 能村登四郎 寒九
明日のもの凍てて自在にかかりをり 木村蕪城 一位
星の下蒟蒻凍る音なりや 川野さゆり
星よりもまばらに沼の灯の凍てし 石井とし夫
星よりも凍て一燈にたどり着く ほんだゆき
星凍つ下煉炭とれぬ幾家族 古沢太穂 古沢太穂句集
星凍てし高野の宵は真夜に似し 物種鴻両
星凍てたり東京に住む理由なし 鈴木しづ子
星凍てて地を打つ舞の榊鬼 橋本榮治 麦生
星凍る泉端より揺れやみて 藤原たかを
昨夜の凍てとけゆく綺羅や糸寒天 水野富美
昨日捨てた花 氷る 運河に街詰まり 伊丹公子
昼も凍む葬列に淵青き弓 宇佐美魚目 秋収冬蔵
晩年は死後の逆算凍てゆるむ 竹中碧水史
暁の畳の凍てて座禅堂 田中 南耕
暗殺が夜をふみ鳴らす凍ての光ゲ 石原八束 空の渚
書く文字のうすくて悲し硯凍て 田村了咲
書く筆の凍てつゝ思ひはこびつゝ 上村占魚 鮎
書を掩うて疑義思ふ夜や鐘氷る 菅原師竹句集

以上
by 575fudemakase | 2015-01-09 00:01 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/23456884
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

田鳧 の俳句
at 2017-12-13 09:12
山藤章二著 ヘタウマ文化論 ..
at 2017-12-13 08:29
電飾 の俳句
at 2017-12-11 12:10
宿木 の俳句
at 2017-12-10 18:42
冬 の俳句
at 2017-12-10 16:58

外部リンク

記事ランキング