八月

八月

b0223579_6131410.jpg


例句を挙げる。

「ミセス」八月号風生先生の猫を載す 鈴木栄子
「八月」が普通名詞に変はるまで 櫂未知子 貴族
あくせく生きて八月われら爆死せり 高島茂
いつまでもいつも八月十五日 綾部仁喜
こんな時間に八月の潮ひいてゆく 宇多喜代子 象
しろがねの葬花八月十五日 猿山木魂
てのひらのほてる八月十五日 浅沼 艸月
ひろしまヘ八月しろく近づけり 植村久子
みちのくに八月終る山の風 高木晴子 花 季
みんみん鳴くゆふぐれ八月十五日 角川春樹
ゆるみ出す葦の根信濃八月へ 筑紫磐井 未定稿Σ
コップの氷見てをり八月十五日 千代田葛彦 旅人木
ダンボの耳ほしがるいもうとみづいろのみみそよぎだす八月の朝 大谷和子
三夕なりけり七月八月九月はけふ 調鶴 選集「板東太郎」
井戸に汐さして八月終りけり 鈴木真砂女
人を呑む波の八月まったなし 高澤良一 寒暑
供華枯れて八月の墓茫とあり 高澤良一 素抱
八月さむし納戸に萱の風入れて 松村蒼石 春霰
八月ちりぢり逃げて逃げて群青 森田緑郎
八月といふ巨躯の近々とあり 友岡子郷
八月のある日がらんと山の駅 勝又星津女
八月のうぐひす幽し嶽の雲 渡邊水巴 富士
八月のくれなゐばかり墓の花 大木あまり 雲の塔
八月のこの真盛りの竹のこゑ(悼中村俊定先生) 野澤節子 『駿河蘭』
八月のこぼれた涙もりあがる 松本恭子 二つのレモン
八月のついたちの白づくしかな 長谷川双魚 『ひとつとや』以後
八月のふて寝の妻となりにけり 嶋田麻紀
八月のゆふべふかんど十五日 松澤昭 麓入
八月のナガサキアゲハ尾行せよ 坪内稔典
八月のフェリー向かふは苫小牧 高澤良一 寒暑
八月の一粒栗の木や仰ぐ 石川桂郎 高蘆
八月の出演役者冥利とも 片岡我当
八月の北空高齢の死を通す 桜井博道 海上
八月の口開けてゐる夢の中 高澤良一 素抱
八月の嘘と親しむ甘納豆 坪内稔典
八月の器に満たす水の音 高澤良一 素抱
八月の大仏殿の暗さかな 長田等
八月の大病院の迷路かな 中込誠子
八月の太白ひくし海の上 正岡子規
八月の太白低し海の上 正岡子規
八月の妻をとりまく水の音 黒坂紫陽子
八月の富士のくろがね敗戦日 水原 春郎
八月の山はさびしきまで青し 秋月すが子
八月の山毛欅の木洩れ日薬草に 高澤良一 寒暑
八月の巖のか黝く東尋坊 高澤良一 宿好
八月の川底明し暮るるまで 古賀まり子
八月の巨雲青空抜けて信濃 松村蒼石 春霰
八月の懐炉仕入れて飢饉年 八牧美喜子
八月の擦り傷の跡ほの白し 高澤良一 素抱
八月の暗室に入り胸部撮る 高澤良一 随笑
八月の月光部屋に原爆忌 大井雅人
八月の朝ぞきたりぬ茶にたばこ 木津柳芽 白鷺抄
八月の木やとほくより風来り 小川双々子
八月の根室の宿の火桶かな 鈴木茯苓子
八月の桜落葉を掃けるかな 富安風生
八月の榧の木蔭も若狭かな 石川桂郎 高蘆
八月の沖へ簀立の翼張る 毛塚静枝
八月の沖よりイエスあらはれむ 長田等
八月の海濃き癩の霊場かな 宮武寒々 朱卓
八月の海辺に古き馬車通ふ 内藤吐天 鳴海抄
八月の炉あり祭のもの煮ゆる 木村蕪城 一位
八月の炉棚地球儀きびしくあり 長谷川かな女 牡 丹
八月の爐あり祭のもの煮ゆる 木村蕪城
八月の畳にをんな肥りたり 藤木清子
八月の眼鏡魚が飛びたい日 対馬康子 吾亦紅
八月の石鎚の雨銀色に 坪根 里杏
八月の社務所掃く音聞えをり 大峯あきら 鳥道
八月の穂を高高としようまの属 稲垣きくの 牡 丹
八月の空やしづかに人並び 柿本多映
八月の窓の辺にまた象が来る 宇多喜代子 象
八月の窓辺に象の微笑かな 宇多喜代子 象
八月の終るゆふぞら橡にあり 藤田あけ烏 赤松
八月の落莫として明るけれ 杉本幽鳥
八月の血は鉄錆の匂ひせり 長山順子
八月の行方や稲に波走り 米澤吾亦紅
八月の裏向いている卸金 森田智子
八月の負ふてゐるもの何々ぞ 高澤良一 素抱
八月の野鍛冶鍬打つことやめず 萩原麦草 麦嵐
八月の鏡に映り不和の家 森田智子
八月の陽を射として天使の矢 対馬康子 愛国
八月の雀と仰ぐ八ヶ岳 高澤良一 随笑
八月の雀ばかりの関址かな 柏禎
八月の雑踏に来てわが耳へもっとも近き死者を呼び出す 田島邦彦
八月の雨に蕎麦咲く高地かな 杉田久女
八月の雨の肋を探りゐる 佐藤鬼房 鳥食
八月の雨脚太く地を打てる 嶋田麻紀
八月の雪見ゆ裾に妻子待つ(白馬山麓八句) 石橋辰之助
八月の霧は三俣山(みまた)を出し惜しむ 横山白虹
八月の青田に飽きし飛弾・信濃 筑紫磐井 未定稿Σ
八月の音のひとりとして歩む 鴨下昭
八月はさみし母の忌竹女の忌 辻口八重子
八月は半ば消え入る顔ばかり 津沢マサ子 空の季節
八月は日干しの兵のよくならぶ 筑紫磐井 婆伽梵
八月もをはりの山に登りけり 今井杏太郎
八月も果ての没日の遍路道 飯田龍太
八月も水瓶はあり古机 中田剛 竟日
八月も終りに降れる雨に斑 高澤良一 ぱらりとせ
八月も落葉松淡し小会堂(チャペル) 中村草田男
八月やいくさばなしに木太るな 松澤昭 面白
八月やいまも鴨居に御紋章 柿本多映
八月やかくも静かに反戦歌 曾根原幾子
八月やこの茫漠に風が吹き(八月二十一日師大野林火先生逝去行年七十八歳) 野澤節子 『八朶集』
八月やしけて戻りし珊瑚船 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
八月やひのとひつじの十五日 松澤昭 面白
八月やわが息の根のつづきをり 野澤節子 『駿河蘭』
八月やわれを離れぬかげかたち 小檜山繁子
八月や古武士のごとく甲斐の樫 筑紫磐井 未定稿Σ
八月や命をかけし日を憶ふ 大塚千々二
八月や地獄の沙汰の黒たまご 水原 春郎
八月や売れても雑貨減らぬ店 田村了咲
八月や屋根を剥取る荒レ未だ 野村喜舟 小石川
八月や山見るたびに山近し 亀井雉子男
八月や巡礼という旅支度 久保砂潮
八月や干して寝巻の花模様 森澄雄
八月や弟が来て母と居り 斉藤美規
八月や投網の渋のかれて善く 野村喜舟 小石川
八月や握りし胡桃より渇き 小檜山繁子
八月や月になる夜を寐てしまひ 古白遺稿 藤野古白
八月や死なれし話死ぬる話 本井英
八月や潮の下の岩畳 増田龍雨 龍雨句集
八月や牡蠣田の芦に雨ますぐ 下村槐太 天涯
八月や男生みたる佛師が妻 寺田寅彦
八月や真白きものに蛆虫も 辻桃子
八月や老いの愛せし白襲 筑紫磐井 婆伽梵
八月や艀ふたげる癈運河 八木林之介 青霞集
八月や重たきひかり耳朶に 和田耕三郎
八月や野菜畑の疲れけり 清水静子
八月や闇の渚のはしり浪 松本北嶺
八月や馬首かがやきて陽が睡る 飯田龍太
八月や黒も炎えいろ黒地蔵 猿田咲子
八月よバービー人形は裸のままだ 天野素子
八月を乗り切る麻婆豆腐(まあぼうどうふ)食べ 高澤良一 寒暑
八月を撫でて身体髪膚かな 中尾寿美子
八月を襤褸のごとく脱ぎにけり 石嶌岳
八月を足首細く迎えけり 和田悟朗
八月一日反戦デモに押しかける兄弟輝しい顔だ 橋本夢道 無禮なる妻抄
八月六日のテレビのリモコン送信機 池田澄子
八月六日のドア内開き外開き 森田智子
八月六日朝の空に観覧車 森田智子
八月六日貨物列車が来て黙る 漆畑利男
八月十五日どどどどどどと浪 篠崎圭介
八月十五日ぺつたんこに坐る 大坪重治
八月十五日ますます乱反射 有馬英子
八月十五日春画上半の映画ビラ 中村草田男
八月十五日木影が家の中 中田剛 珠樹以後
八月十五日海老ふかぶかと腰をまげ 大木あまり 雲の塔
八月四日アンネ捕われゆきたる日 小林照代
八月大名馬の脚ちふ演し物で 辻桃子
八月広島もちの木はふと暗し 友岡子郷
八月暁紅しじみ殻落つむしろに覚め 古沢太穂 古沢太穂句集
八月暁紅若き寝息の同志四囲 古沢太穂 古沢太穂句集
八月灼け六日九日原爆落つ 山崎秋穂
冠雲や八月の死者顔の布 平井照敏 天上大風
匂ひなきをとめ八月の海濁る 藤木清子
南に海八月の稲を刈る 岡井省二
呼べど人居ぬ八月の金物屋 林原和枝
嗚呼嗚呼と鴉八月十五日 北見さとる
塩ふける梅干を炎天の簀に曝らし八月六日原爆記念日の昼 太田青丘
墓畔八月破れても酒の壜みどり 宇佐美魚目 秋収冬蔵
夜は冷ゆる山に八月終らんと 高木晴子 花 季
妙といふ吾が名炎えたつ八月よ 柿本多映
姿なき客人ふえゆく八月は死の量にまで水位上がれり 光栄堯夫
嬰児泣き松の八月強靭に 林田紀音夫
子等とまたながき八月きりぎりす 百合山羽公 故園
対岸を右足走る八月は 西川徹郎 町は白緑
少し酸きぶだう八月始まれり 高澤良一 素抱
山の日と八月青き栗のいが 長谷川素逝 暦日
廃屋の八月くらき啄木鳥の音 中島斌雄
思い出す顔でこぼこと八月ヘ 津沢マサ子 空の季節
意のままにならない汗をしたたらせ鳴かない鳥が鳴く八月は 白瀧まゆみ
戦ひを終生にくみてをりし父八月十五日早朝に死す 外塚喬
戦争を知らぬ生徒と黙祷す八月十五日正午に立ちて 市村八州彦
折り鶴の大発生の八月くる 敷地あきら
抱き地蔵軽き八月十五日 犬塚南川
日本中八月十五日暁 池田澄子
日焼あせ八月の日もとぶごとし 能村登四郎
月のぼりつめ八月の大きな木 櫛原希伊子
朝の膳に向ふ八月六日晴れ 原 朋冲
松杉うらがは八月十五日 松澤昭 宅居
桜貝は遺骨八月十五日 櫛原希伊子
椅子固しながき八月はじまりぬ 本村 蠻
橋渡り八月の森遠く見る 浅井 詔子
正門を出入り勤む八月は 森田智子
残酷な八月終わるシャワー室 岡田 耕治
永かりし八月庭を貧しくす 松村蒼石 雪
海路八月暗く遠のく繭の棚 宇佐美魚目 秋収冬蔵
深息をして八月の峠かな 中里 結
潮二重八月を忌み月とせむ 宇多喜代子 象
父亡くて八月の風海に鳴り 石嶌岳
片爪の蟹這ふ八月十五日 木内彰志
白むくげ白無垢八月十五日 川崎展宏
白炎となる八月の城下町 柴田白葉女 『冬泉』
眠りては八月の荷を軽くする 森田智子
眼鏡ごし八月のまた現れて 森田智子
礁打つ浪に八月傷むかな 秋元不死男
空缶を蹴つて八月十五日 那須淳男
空蝉や背割れ八月十五日 河野南畦 『元禄の夢』
紫陽花に八月の山たかからず 飯田蛇笏 山廬集
考えているししむらの八月は 加藤一郎
舟を洲によせて八月十五日 中田 剛
船の胴水吐き八月十五日 池田秀水
茎ほそき向日葵も実に病む八月 古沢太穂 古沢太穂句集
茣蓙を巻くことも八月十五日 柿本多映
葉月八月病名町名書いている 阿部完市
蜂が蟻はこぶ八月十五日 土屋巴浪
蝉こゑを張る八月の箒川 石原舟月
蟹の目に八月の潮光るなり 小松崎爽青
近づききて過ぎゆく八月十五日 的野雄
釣台とゆくや八月の空の下 大場白水郎 散木集
銃後てふはかなきことば八月来 熊谷愛子
陰暦八月虹うち仰ぐ晩稲守 飯田蛇笏 霊芝
隣へ貸す八月十五日の大鍋 寺井谷子
飯粒の八月ひかる信濃行 石橋辰之助
魂が啼いて八月だらけてふ 筑紫磐井 花鳥諷詠
魚に塩ふつて八月十五日 栗原雅代


以上
by 575fudemakase | 2015-08-02 06:13 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/24749209
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

軍艦 の俳句
at 2017-11-22 08:20
那智の滝 の俳句
at 2017-11-22 08:16
後評(2017・9)
at 2017-11-22 06:00
後評(2017・11)
at 2017-11-22 05:52
火恋し の俳句
at 2017-11-18 16:26

外部リンク

記事ランキング