十月の俳句

十月の俳句

b0223579_356453.jpg

例句を挙げる。

こひびとの腕十月のさるすべり 皆吉司
しんと北嶺十月の松匂ふ 石川辛夷
ひとむらの芒に消えし旅聖 源義 (十月十二日藤沢遊行寺「芒念仏」会)
ほほづきやとけその山の九十月 史邦 芭蕉庵小文庫
もてあましけり十月の冷奴 松尾隆信
ゆさゆさと山十月の松檜 鈴木伸子
トンネルを抜け十月の箒売 黒田杏子 水の扉
十月が来てしばらくは山静か 石井 浩
十月といふ朴の葉のよごれかな 田口土之子
十月と思ひこみゐて不義理せし 星野立子
十月にふるはしぐれと名をかへて 立花北枝
十月に近し男の雨傘も 神尾久美子 桐の木
十月の*ろうかん湖や少女過ぐ(裏磐梯) 角川源義 『神々の宴』
十月のあとは水母を飼いならす 久保純夫 水渉記
十月のきふさだまりぬ旅すがた 加舎白雄
十月のしぐれて文も參らせず 夏目漱石
十月のたもと短き少女かな 丸山しげる
十月のてのひらうすく水掬ふ 岸田稚魚 筍流し
十月のプラネタリウム透きとほる 辻美奈子
十月の二日も我もなかりけり 上島鬼貫
十月の今宵ハしぐれ後の月 蕪村 秋之部 ■ 廣澤
十月の兎を園児抱っこして 高澤良一 寒暑
十月の力鳴きして法師蝉 森澄雄
十月の声の一つにわが風樹 佐藤鬼房 「何處へ」以降
十月の大いたどりや死ぬべかり 中村苑子
十月の大廃屋に雲離離と 下村槐太 天涯
十月の妻に所望のナポリピザ 高澤良一 素抱
十月の山の明るさ牛を飼ふ 古賀まり子 緑の野以後
十月の山森閑と牛を飼ふ 古賀まり子
十月の巒気に浸る笑ひ声 北野民夫
十月の日と風が歌碑を親しくす 柴田白葉女 『朝の木』
十月の日の入る後部座席占め 高澤良一 寒暑
十月の日向日陰に童声 柴田白葉女 花寂び 以後
十月の日影をあびて酒造り 飯田蛇笏 山廬集
十月の日程の温みハムスター 高澤良一 寒暑
十月の明るさ朝の味噌の香も 町田しげき
十月の明るさ踏んで小松原 鷲谷七菜子 花寂び
十月の春吹風や海苔の屑 高井几董
十月の暗が太らす大根かな 右城暮石 声と声
十月の木に猫がいる大阪は 坪内稔典
十月の桜咲くなり幼稚園 正岡子規
十月の桜咲く国上陸す 狩野刀川(ブラジルにて)
十月の椿の杜の暗さかな 八木林之介 青霞集
十月の樹相ととのふ水明り 柴田白葉女 雨 月
十月の樹翳少女が聡くあり 長谷川双魚 風形
十月の死や切株に星を置き 中島斌雄
十月の母の忌日や虹かかる 佐藤和子
十月の波あきらかに風岬 山田桂三
十月の浪はくだけず夜光虫 軽部烏頭子
十月の浮藻花もつ緑かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
十月の滝しろがねに轟けり 玉川鴦鳴
十月の父ら頷く山容 原裕
十月の男女はみんな甘納豆 坪内稔典
十月の空より薄し朝の月 今瀬剛一
十月の窓掛白し痢者眠る 古賀まり子 洗 禮
十月の笹の葉青し肴籠 炭 太祇 太祇句選後篇
十月の素足平均台に乗る 今井聖
十月の紺たつぷりと画布の上 福永耕二
十月の草色したる馬の糞 大木あまり 雲の塔
十月の萌葱のべたりうまごやし 木津柳芽 白鷺抄
十月の落葉は青くあたらしく 阿部みどり女
十月の蚊帳しと~と覚めゐたり 米沢吾亦紅 童顔
十月の路上父の手冷たかり 三谷昭 獣身
十月の闇の火がつく紙風船 坪内稔典
十月の雨の匂いがして受胎 対馬康子 愛国
十月の雨粉炭の山に浸む 西東三鬼
十月の雨風に咲く木槿かな 廣江八重櫻
十月の雲より薄し朝の月 今瀬剛一
十月の電車忘れし帽子のる 相沢静思
十月の頭小さく水馬 原田喬
十月の風雨明けゆく雨蛙 水原秋櫻子
十月の鶏卵眠る肩を寄す 磯貝碧蹄館
十月はまつすぐに来ぬ磧草 奥坂まや
十月は鵙も俳句も響きけり 中嶋秀子
十月もあと二三日木曽山家 松沢 みさ女
十月や*こめかみさやに秋刀魚食ふ 石田波郷
十月やうろくづあそぶみをつくし 細川加賀 生身魂
十月やげんげの蜜を唇に 小島千架子
十月やみづの青菜の夕靄も 藤田湘子
十月や一度に届く船の便 望月一美
十月や二夜の琴を聞くことも 葛田きみ女
十月や信濃の柏なほあをく 望月たかし
十月や冷たき蝿の顔へ来る 古巌
十月や十日も過ぎて初時雨 正岡子規
十月や喜寿の朝の日全身に 阿部みどり女
十月や塀の外ゆく海女の群 針 呆介
十月や山の寺々時雨月 小杉余子 余子句選
十月や手もすきとほる神の水 黒田櫻の園
十月や日程表に余白なし 今橋浩一
十月や昼の火燵の炭なだれ 中村史邦
十月や深川めしの貝の色 藤田あけ烏 赤松
十月や燃えのぼりたる蔦うるし 和田祥子
十月や牡蠣舟を出てたたかひに 森澄雄 雪櫟
十月や甕割れてゐる草の中 皆川白陀
十月や畑の茄子みな尻まろし 古川芋蔓
十月や竹の匂ひの酒を酌む 福島 勲
十月や貝殻ひろげし畳の上 桜井博道 海上
十月や顳さやに秋刀魚食ふ 石田波郷
十月や鶏頭の雨椎の風 岸田稚魚
十月や鶫炙ればこの脂 野村喜舟 小石川
十月をささなき早し檜原村 軽部烏頭子
十月をゆめかとばかりさくら花 服部嵐雪
十月を撃つすがたまで威しかな 安東次男 裏山
十月を送る夕餉のあとに柿を 森川暁水 黴
十月を風が送るや日本海 榎本好宏
十月朔こよひ月かげひくかりき 日夏耿之介 溝五位句稾
参りたる十月三日とのみの墓 西本一都 景色
叔父逝くや山河つめたき十月に 林桂 ことのはひらひら 抄
叡山のはや十月の寒さかな 野田 迪子
固め植ゑして十月の苺苗 上原富子
地をつきぬけて十月の小雁塔 皆吉司
大姉も小姉も細身十月野 大木あまり 山の夢
奔流をこゆ十月の雨の雁 石原舟月
怠りて過ぐ十月の真澄かな 齋藤玄 『雁道』
情剛き竹十月のたたずまひ 櫛原希伊子
故郷の菊十月も咲きにけり 船山
旅に似し十月ほそき魚の腹 津沢マサ子
時雨るるや家風呂に入るも十月振 臼田亞浪 定本亜浪句集
林間の十月青し雨も灯も 岡本 眸
泣く真似をして十月の草明り 長谷川双魚 『ひとつとや』
渓うごく十月既望照り出でて 篠田悌二郎
湯にひたる顔の寒さも十月ぞ 太田鴻村 穂国
物の音散りあつまりて十月へ 黒川路子
白湯を呑む十月吉野杉匂い 中島斌雄
眼鏡はづして病む十月の風の中 森澄雄
神謀りゐる十月の水鏡 原裕 『新治』
突抜ける青が好き青十月の 北島輝郎
芒原十月の雲流れけり 松浦為王
蚤の市立つ十月の楡の下 鈴木しげを
蜂死して十月の峰天聳(そそ)る 山口誓子
行く鳥に十月の空高まりし 羽村野石
鐵工と十月の風胸にうたせ 石橋辰之助
陽の匂ひして十月のほとけたち 児玉輝代
鮮烈に十月を裂く鮫であり 岸本マチ子
鷹がとぶ十月雪ふり種子降るように 寺田京子 日の鷹
十月の催しものも全て果て 高澤良一 石鏡
鳩小屋に十月の砂敷き込んで 高澤良一 石鏡

以上
by 575fudemakase | 2015-10-02 03:21 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/24953644
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

軍艦 の俳句
at 2017-11-22 08:20
那智の滝 の俳句
at 2017-11-22 08:16
後評(2017・9)
at 2017-11-22 06:00
後評(2017・11)
at 2017-11-22 05:52
火恋し の俳句
at 2017-11-18 16:26

外部リンク

記事ランキング