葉牡丹の例句

葉牡丹の例句

きさらぎや葉牡丹活けて謡会 大橋櫻坡子 雨月
つぶやきて葉牡丹に顔置いてくる 林 恒子
わたる日に畝の葉牡丹彩なせり 木村蕪城 寒泉
ソファーにゐて葉牡丹の真正面 桂 信子
二株の葉牡丹瑠璃の色違ひ 西山泊雲 泊雲句集
初空や地に葉牡丹の濃紫 碧雲居句集 大谷碧雲居
北国の葉牡丹ばかり花時計 吉田 ひで
品薄の葉牡丹一つ選るとせり 高澤良一 宿好 
噴水に葉牡丹ちぎれ浮いてをり 岸本尚毅 鶏頭
居を移すこと葉牡丹を移すこと 西本一都 景色
庭の葉牡丹しづかに刻は去りつゝも 及川貞 夕焼
掌をひろぐ葉牡丹に喪の道を問ふ 原裕 葦牙
整然と葉牡丹群るる皿廻し 星野明世
暖かい地球葉牡丹眠つてしまふ 星野紗一
林中の日が葉牡丹に巻きもどす 古舘曹人 砂の音
梅と挿されて葉牡丹低しおのづから 篠原温亭
泪壺とは葉牡丹に残る雪 林 翔
流域の晴れへ咲く渦葉牡丹畑 古沢太穂
病床に葉牡丹活けて妻帰る 田村了咲
白波の前葉牡丹の渦ゆるぶ 斎藤節子
祝ぎの日の医家の葉牡丹水打たれ 木村蕪城 寒泉
積んで来し葉牡丹植ゑて車去る 稲畑汀子
葉ぼたんのうづまく緑賞めて売る 松添博子
葉ぼたんの渦を出でざる玉あられ 角川春樹
葉ぼたんの霜よけ住吉さまの母子 昆 みき
葉牡丹と憂鬱くらべ顔暮るる 小檜山繁子
葉牡丹にうすき日さして来ては消え 久保田万太郎 流寓抄
葉牡丹にたしかなる日の歩みあり 国本いさを
葉牡丹にまつはりし日が色もてる 米澤吾亦紅
葉牡丹に三彩の色のあはれなる 相生垣瓜人 微茫集
葉牡丹に午後の人出の駅広場 若倉文子
葉牡丹に大玄関をひらきもし 京極杞陽
葉牡丹に宵月祝ぎの膳運ぶ 木村蕪城 寒泉
葉牡丹に少し残れり去年の雪 松浜
葉牡丹に抒情詩的な猫の居て 北原志満子
葉牡丹に植ゑ替へられし港かな 黒田杏子
葉牡丹に正午の影のひとつづつ 岸本尚毅 鶏頭
葉牡丹に父逝きし夜の明けにけり 高澤良一 ねずみのこまくら 
葉牡丹に野の日あふるる満月寺 古賀まり子
葉牡丹に鼻血ぽとりと子供かな 岸本尚毅 舜
葉牡丹のうづまく紫紺寒ン充ちぬ 渡邊水巴 富士
葉牡丹のごとく広がる赤子の笑み 高澤良一 宿好 
葉牡丹のずつしり水をふくみける 岸本尚毅 鶏頭
葉牡丹のそらざまの葉の濃紫 下村槐太 光背
葉牡丹のひだひだにのる雨の粒 谷 和子
葉牡丹のふるさとの地の異人館 角川源義
葉牡丹のまつしろに父と母の家 相生垣瓜人 微茫集
葉牡丹のむらさきかなし雪の中 大橋櫻坡子 雨月
葉牡丹の一枚いかる形かな 原石鼎
葉牡丹の同じところの踏まれをる 依光陽子
葉牡丹の屑と菜屑と道に踏む 木村蕪城 寒泉
葉牡丹の座に薄明の筆硯 石原舟月
葉牡丹の影のほとりの紫に 米沢吾亦紅 童顔
葉牡丹の杜国の里はあたたかし 古舘曹人 樹下石上
葉牡丹の極めたるらむ巧緻かも 相生垣瓜人
葉牡丹の混乱の線おもしろし 京極杞陽 くくたち下巻
葉牡丹の渦に吉凶ありにけり 内藤みのる
葉牡丹の渦のひかりのひびきかな 佐川広治
葉牡丹の渦のむらさきより暮るる 下地 慧子
葉牡丹の渦の吉相朝はじまる 河野南畦
葉牡丹の渦の迷路にいざなはる 滝川艶
葉牡丹の渦一本にあふれたる 西島麦南
葉牡丹の渦図書館へ朝の列 立川京子
葉牡丹の渦旧師住む跡もなし 友岡子郷
葉牡丹の火(ほ)むら冷めたる二月かな 松本たかし(1906-56)
葉牡丹の畠葉牡丹出払ひぬ 鈴木しげを
葉牡丹の白鳥陵は雨の中 角川春樹
葉牡丹の色かさなりて開きそむ 龍胆 長谷川かな女
葉牡丹の色ちがひなる二列かな 姫野 丘陽
葉牡丹の葉の縮み込む朝なりけり 高澤良一 燕音
葉牡丹の螺旋ぶるぶる狂ふかな 櫂未知子 蒙古斑
葉牡丹の裏のみ見えてソファ深き 文挟夫佐恵 黄 瀬
葉牡丹の輪郭ゆるび風邪きざす 玉出雁之
葉牡丹の長けて塔なす島札所 池上樵人
葉牡丹の雪にかくれし花時計 鈴木貞二
葉牡丹はいつも兵士の妻の貌 小檜山繁子
葉牡丹やうづまく身そら生き堪へて 鈴木栄子
葉牡丹やしづかに酔ひて同病者 石田波郷
葉牡丹やほとりの菊を刈りしより 五十崎古郷句集
葉牡丹やわが想ふ顔みな笑まふ 石田波郷
葉牡丹やダンスの汗がうつすらと 岸本尚毅 鶏頭
葉牡丹や十五少年漂流記 高野ムツオ
葉牡丹や女ばかりの昼の酒 桂信子
葉牡丹や子の幸包む幾重にも 森戸 光子
葉牡丹や母のごとくに胸ひらく 阿部正枝
葉牡丹や炭美しく籠に盛られ 遠藤梧逸
葉牡丹や病室むつと暖かし 高橋淡路女 梶の葉
葉牡丹や癒え難きもの胸にあり 角川春樹
葉牡丹や砂のこぼるる雲母壁 野村喜舟
葉牡丹や紫衣重ねても貴女とせず 香西照雄 素心
葉牡丹や累ねて軽き年一つ 石塚友二
葉牡丹や身の程といふ幸にゐて 今成志津
葉牡丹や過密に耐ふる外なけれ 川門清明
葉牡丹や隣人として父母の住む 河合澄子
葉牡丹や駅へ急げる人ばかり 石田あき子
葉牡丹を大玄関に用始め 小川 真砂二
葉牡丹を模様に植ゑて遊園地 高橋達子
葉牡丹を火玉のごとく幹に寄す 古館曹人
葉牡丹を街の霰にまかせ売る 中村汀女
葉牡丹小鉢なにぶん景気振はずよ 高澤良一 宿好 
赤よりも白に華やぎ葉牡丹は 蔵本はるの女
軽トラック葉牡丹畑に来て止まる 初村迪子
農業祭入賞葉牡丹みな予約 飯塚久子
金印の地や葉牡丹の主顔(福岡県志賀島) 角川源義 『神々の宴』
風は高処に葉牡丹にある日の厚み 柴田白葉女 『冬泉』
葉ぼたんの意気軒昂を買ひ来たる  高澤良一  石鏡

葉牡丹 補遺

わたる日に畝の葉牡丹彩なせり 木村蕪城 寒泉
別れ霜葉牡丹の青き葱の黄なる 碧梧桐
年の夜の葉牡丹を活けをはりたる 清崎敏郎
庭の葉牡丹しづかに刻は去りつゝも 及川貞 夕焼
後ればせなる葉牡丹も茎立てり 右城暮石 散歩圏
掌をひろぐ葉牡丹に喪の道を問ふ 原裕 葦牙
昼酒や葉牡丹黄なる運河べり 岡本眸
松過ぎて葉牡丹畑跡もなし 伊丹三樹彦
林中の日が葉牡丹に巻きもどす 古舘曹人 砂の音
流域の晴れへ咲く渦葉牡丹畑 古沢太穂 火雲
玉の日の葉牡丹虻を恍惚と 山口青邨
祝ぎの日の医家の葉牡丹水打たれ 木村蕪城 寒泉
茎立ちて相身互ひの葉牡丹か 鷹羽狩行
葉ぼたんをそびらに思ひ当りしこと 飯島晴子
葉牡丹が円をなしゐる花時計 山口誓子
葉牡丹といふ大盃を抱へ来る 鷹羽狩行
葉牡丹に三彩の色のあはれなる 相生垣瓜人 微茫集
葉牡丹に宵月祝ぎの膳運ぶ 木村蕪城 寒泉
葉牡丹に年立つあられ降りやみぬ 飯田蛇笏 白嶽
葉牡丹に鉢の木をこそ謡ひけれ 松本たかし
葉牡丹に露地行灯や年の暮 山口青邨
葉牡丹に飛び降りたるは夢なりし 阿波野青畝
葉牡丹のいのちの蕊をしかと抱き 鈴木真砂女 夏帯
葉牡丹のうづまく紫紺寒ン充ちぬ 渡邊水巴 富士
葉牡丹のこぞりこごしき巌なす 山口青邨
葉牡丹のさまかはりつゝ寒くなる 日野草城
葉牡丹のすでにもの憂き日空かな 飯田龍太
葉牡丹のそらざまの葉の濃紫 下村槐太 光背
葉牡丹のふるさとの地の異人館 角川源義
葉牡丹のまつしろに父と母の家 相生垣瓜人 微茫集
葉牡丹のゆるびたる渦かたき渦 清崎敏郎
葉牡丹の一塊凍鶴の檻の前 山口青邨
葉牡丹の一枚いかる形かな 原石鼎 花影
葉牡丹の三珠卍とまはりそむ 山口青邨
葉牡丹の下にいつもの隠し鍵 鷹羽狩行
葉牡丹の呼びしにはかのくもりかな 鷹羽狩行
葉牡丹の娼家に長けて花もちぬ 伊丹三樹彦
葉牡丹の密植列をあやまたず 阿波野青畝
葉牡丹の屑と菜屑と道に踏む 木村蕪城 寒泉
葉牡丹の役を果して黄花咲く 右城暮石 散歩圏
葉牡丹の杜国の里はあたたかし 古舘曹人 樹下石上
葉牡丹の極めたるらむ巧緻かも 相生垣瓜人 負暄
葉牡丹の深紫の寒の内 松本たかし
葉牡丹の渦のまんなか我が一生 三橋鷹女
葉牡丹の渦の潮よす初日の出 山口青邨
葉牡丹の渦は何をかあざわらふ 富安風生
葉牡丹の渦三つ酔歩蹣跚と 山口青邨
葉牡丹の渦引緊まる裁判所 阿波野青畝
葉牡丹の火むら冷めたる二月かな 松本たかし
葉牡丹の紫沈み白潤み 相生垣瓜人 明治草
葉牡丹の色の飛沫をあげ初めし 上野泰
葉牡丹の色渦に出て波郷の忌 村山古郷
葉牡丹の露の一顆輝りひかり 日野草城
葉牡丹むらさきだちたる雲を生けて新年 荻原井泉水
葉牡丹やいとけなき葉は抱き合ふ 日野草城
葉牡丹やわが想ふ顔みな笑まふ 石田波郷
葉牡丹や初孫しかも女の子 森澄雄
葉牡丹や女ばかりの昼の酒 桂信子 緑夜
葉牡丹や弁解されてゐるやうで 飯島晴子
葉牡丹や紫衣重ねても貴女とせず 香西照雄 素心
葉牡丹を植ゑてポーチを図案化す 阿波野青畝
葉牡丹を火玉のごとく幹に寄す 古舘曹人 砂の音
葉牡丹を街の霰にまかせ売る 中村汀女
葉牡丹を象り植ゑて月と日と 山口青邨
葉牡丹畑散歩圏内に見事なり 水原秋櫻子 蘆雁
軸替りつゝ葉牡丹は久しけれ 日野草城
金印の地や葉牡丹の主顔 角川源義
雪さそふ雨に葉牡丹珠をなす 阿波野青畝
雪の底より葉牡丹を掘り起す 安住敦
香炉蒼古たり葉牡丹は新鮮に 日野草城

以上
by 575fudemakase | 2015-11-21 00:02 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25097260
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング