落葉 1

落葉 1

例句を挙げる。

*ぶな落葉*ぶなの下径隠しけり 小川軽舟
あかぎれの膏薬つつむ落葉かな 木導 十 月 月別句集「韻塞」
あさましき桃の落葉よ菊畠 蕪村 秋之部 ■ 菊に古笠を覆たる畫に
あたふた用足して落葉の山家へ戻る 人間を彫る 大橋裸木
あふむいて眺る翌日(あす)の落葉かな 也有
あまたとは限りあること椎落葉 対馬康子 吾亦紅
あるといはれたポストゐた落葉ためてゐた シヤツと雑草 栗林一石路
いくとせも落葉を踏まずかたみわけ 長谷川双魚 風形
いく落葉それ程袖もほころびず 荷兮 (逢芭蕉)
いただいて落葉の泛ける共同湯 高澤良一 燕音
いちじくの大き落葉が墓を打つ 中嶋秀子
いちめんの落葉や納屋は傾きて 森田峠
いち早く落葉する木の高さかな 柑子句集 籾山柑子
いつきても門の落葉の同じほど 波多野爽波 鋪道の花
いつせいに落葉駈けゆき吾も去る 千代田葛彦 旅人木
いつまでも樟落葉掃く音つづく 山口青邨
いつも誰かが 起きてて灯してて 落葉の家 伊丹三樹彦 樹冠
いづこより降りくる落葉かとあふぐ 八幡城太郎
いとせめて葬の路に落葉すな 原田種茅 径
いまは床屋となりたる友の落葉の詩 寺山修司(1935-83)
いろは坂よりもかみそり坂落葉 辻本青塔
うこぎ摘ム蝸牛もろき落葉かな 言水
うで玉子むきつゝ来るや落葉道 比叡 野村泊月
うは目見る戸越の空の落葉雨 石塚友二 方寸虚実
うろくづと見ゆるは風の落葉舞ふ 山本歩禅
おのがじし落葉をかさねかくれ蓑 山下 輝畝
おのが影離して水の落葉かな 目黒十一
お札所の楠の落葉の終りたる 近石 ひろ子
お酉さま戻りの道の落葉風 高澤良一 燕音
かがり火の中へ空しき落葉かな 来山
かくれ家を訪ひゆく道の落葉かな 比叡 野村泊月
かさこそと或は小鳥や垣落葉 西山泊雲 泊雲句集
かさこそと雉子落葉に餌をあさる 寺田寅彦
かさこそよまたかさこそよ椎落葉 とみ子
かさなりて栗の落葉のみな長し 長谷川素逝 暦日
かすめ掃く苔の上なる落葉かな 比叡 野村泊月
かそけさの落葉の音の枝をつたふ 長谷川素逝 暦日
かた足の虫とびまけてをり落葉降る 冬の土宮林菫哉
からかさに来てはそれ行く落葉かな 水田正秀
からかさ干して落葉ふらして居る 尾崎放哉
からからと落葉走り出すこと賛成 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
からまつの落葉うながす霧の音 吉澤 卯一
からまつの落葉よ霧のごと降るは 稲垣きくの 黄 瀬
から~と明り障了へ落葉哉 吟江
から~と落葉追ひ来て追ひ越しぬ 星野立子
かんすげのかぶる落葉を滑りけり 前田普羅 新訂普羅句集
きりもなく掃きてかき寄す樫落葉 福田寿子
くすぶりてゐしが一気に火の落葉 檜紀代(1937-)
けさはけさの落葉はじまる石畳 下村ひろし 西陲集
けもの来て何噛みくだく夜の落葉 野澤節子 黄 瀬
こつそりと絵馬掛けてきし落葉径 今橋真理子
ことごとく日向に反つて梅落葉 石田郷子
ことごとく落葉せり追ひつめられぬ 藤田湘子 途上
この一本落葉はげしくなりにけり 銀漢 吉岡禅寺洞
この下の友よ落葉の落ちつかず 猿橋統流子
この冬の巌しからむと夜の落葉 橋本榮治 麦生
この国の落葉は早し住みつきて 林原耒井 蜩
この山の落葉に肥ゆる二輪草 高澤良一 随笑
この岸のまだあたたかき落葉かな 永末恵子
この杜の野博打遠し落葉鳴る 影島智子
この枯木この落葉いま波郷亡し 石塚友二
この町の落葉ふかきに住むを恥づ 久保田万太郎 草の丈
この落葉どこまで行かば神隠し 神崎忠
この落葉氷室の神の踏みたまふ 後藤夜半
この道の欅の落葉はじまりぬ 風生
この道を行くほかはなき落葉かな 金箱戈止夫
こぼれ餌に鴉来てあり宮落葉 四明句集 中川四明
こまごまと落葉してをり滝の岩 波多野爽波 鋪道の花
こまごまと落葉相打つ景色かな 池内友次郎 結婚まで
ころがりてまことに粗なる落葉籠 飯田蛇笏
ころがりて柚子のあかるき落葉かな 金尾梅の門 古志の歌
ごうごうと楡の落葉の降るといふ 高野素十
ごつそりと落葉とりまく一家かな 久米正雄 返り花
さかんなる落葉にあへることうれし 山口青邨
さきの落葉吹かれてあらず後の月 中島月笠 月笠句集
さざ浪や落葉衣のしぼり染 藤戸女 俳諧撰集玉藻集
さだかなる遠嶺の高さ落葉踏む 橋本鶏二
さびしさの手ふれてぬくき落葉あり 鷲谷七菜子 黄 炎
しぐれ来とチーク落葉の鳴りいづる 千代田葛彦 旅人木
しだれざくら総身落葉したりけり 草間時彦 櫻山
しづかさをひいて落葉の音つたふ 長谷川素逝 暦日
しづかなる落葉に耳をうたれけり 京極杞陽 くくたち下巻
しづかなる音のただ降る椎落葉 長谷川素逝 暦日
しづけさに耳のこりたる落葉山 岩渕晃三
しをり戸にさそはれ入りぬ落葉ふみ 高木晴子 晴居
すさまじき落葉に上げし面てかな 高濱年尾 年尾句集
すずかけの落葉と人にかこまるる 細見綾子 雉子
すずかけ落葉ネオンパと赤くパと青く 富安風生
すつかり落葉した月夜の銅像である 人間を彫る 大橋裸木
その夜から落葉始まる赤子は「あー」 対馬康子 愛国
その性の音性の色落葉ふむ 日置草崖
その木の影あるその木の落葉掃く 加倉井秋を
それぐの落葉に打たれながら居る 高木晴子 晴居
それぞれの落葉に打たれながら居る 高木晴子
それでよろしい落葉を掃く 種田山頭火 草木塔
それ~の落葉に打たれながら居る 高木晴子 晴子句集
たかがわの庵の落葉と言へぬ嵩 宮脇長寿
ただひとり落葉を踏みて*たらつみに 飯田蛇笏 椿花集
ただ佇つてゐて椎の落葉かな 加倉井秋を 午後の窓
たつつけのみな神にして落葉かき 原石鼎 花影以後
たまさかに色付く物や柚の落葉 亀柳 俳諧撰集「藤の実」
たまさかの落葉の音のあるばかり 長谷川素逝 暦日
ちちははが居るまぼろしの夕落葉 柴田白葉女
つかのまにくもり果てたる落葉かな 久保田万太郎 草の丈
つくづくと落葉つもりて象潟や 鷲谷七菜子
てのひらに月光掬ふ落葉かな 石嶌岳
とげがたき愛慾かなし落葉ふむ 中尾白雨 中尾白雨句集
とまらんと欲りつ落葉の駆けてをり 上野泰
どうがんじさま時雨来て落葉して 草間時彦 櫻山
なつかしき昴にまみえ落葉踏む 山本歩禅
なにはやも落葉の門の灯りけり 久保田万太郎 草の丈
なほ暮れて落葉おのおの土の上 長谷川素逝 暦日
なほ赤き落葉のあれば捨てにけり 渡部州麻子
になひ来し落葉をあけて行きにけり 阿部みどり女
にはとりに桜落葉の早さかな 岸本尚毅 舜
ねんねこに母子温くしや夕落葉 中村汀女
はつきりと椎の落葉の音一つ 風生
はつゆきや落葉拾へば穴が明く 千代尼
はつ東風やわが身めぐりの槻落葉 矢沢尾上
はるかなる落葉の径を犬ゆけり 比叡 野村泊月
ばさと落ち天狗の団扇めく落葉 高澤良一 燕音
ひつそりと蒔餌の白き落葉哉 小澤碧童 碧童句集
ひとしきり落葉男を清潔に 野澤節子 黄 炎
ひとつ枝に飛花落葉や冬ざくら 與謝蕪村
ひとり聞く落葉の音は山の声 狹川 青史
ひと・くるま旅としもなき落葉なり 林原耒井 蜩
ひと生きて落葉の嵩の悔を積む 稲垣きくの 牡 丹
ひらひらと樫の落葉や藪表 西山泊雲
ひらひらと落葉に是々も非々もなく 伊東 伸堂
ひら~と樫の落葉や藪表 西山泊雲 泊雲句集
ふきまろぶ落葉にしかと大地あり 長谷川素逝 暦日
ふたたびす香港夜景落葉坂 中村汀女
ふとき幹落葉の土をぬいてたつ 長谷川素逝 暦日
ふりいでし雨ぬれそめし落葉かな 久保田万太郎 草の丈
ふるみちのとぎれし落葉日和かな 鷲谷七菜子 花寂び
ふる落葉父のことばを踏むごとし 高橋沐石
ほれ~と日を抱く庭の落葉かな 吏登
まどにゐてつめたき落葉みしことか 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
まみどりの落葉も雨に風鶴忌 八木林之介 青霞集
まろびゆく落葉の音の揃はざる 高澤良一 随笑
みづうみの空をまさぐり夜の落葉 堀口星眠 営巣期
みづからの幹打ち落葉ひるがへる 朝倉和江
みの虫のさかりの枝の落葉かな 水田正秀
みよしのの筏の水の落葉かな 五十嵐播水 播水句集
むさしのの空真青なる落葉かな 水原秋櫻子
むさし野を得たり落葉の降るを得たり 長谷川かな女 花寂び
むつつりとデリシヤス落葉踏み入りぬ 古舘曹人 能登の蛙
むら落葉鶏ころす人わかし 加舎白雄
もの恋ふる身を落葉に染めんとす 林原耒井 蜩
ゆく年や落葉にまじるうすみどり 鴻司
ゆつくりと落葉受験期始まりぬ 橋本榮治 逆旅
よき落葉道ありて靴埋めたる 細見綾子 黄 炎
よく晴れし落葉の火には余燼なく 大原鬼陵
よびかけられてふりかへつたが落葉林 山頭火
よべの蟲がけろりと歩く落葉かな 渡邊水巴
わがかげのすこしくふるふ落葉風 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
わがための珈琲濃くす夜の落葉 福永耕二
わが庭の落葉のさまも見尽くさず 徳永山冬子
わが懐ひ落葉の音も乱すなよ 高浜虚子
わるさ火の地を焼けて行く落葉哉 鳴雪俳句鈔 内藤鳴雪
われに来る落葉と見えて遠く去る 那須 乙郎
われ勝ちに欅落葉の駈け出せり 高澤良一 さざなみやっこ
アナグマに落葉臭さと尿くささ 高澤良一 鳩信
エトランゼ神戸の落葉踏みをれば 山崎みのる
サラダ食む落葉の地下と思ひをり 鳥居おさむ
セーヌ流れわが靴音に落葉降る 深見けん二
ニコライの鐘の愉しき落葉かな 石田波郷(1913-69)
パリもまたかくやと夜の落葉踏む 森田峠 避暑散歩
ピアノ鳴るうかれ落葉の風に舞ふ 上村占魚 鮎
フランスの落葉踏みたる靴穿いて 永井良
フランス画展落葉の苑の黄の太陽 柴田白葉女 花寂び 以後
プラタナス落葉は風の形して 小笠原須美子
プラタナス落葉セニヨリーター達毛皮 嶋田摩耶子
プールサイド雨の落葉のわっさわっさ 高澤良一 鳩信
ベビー帽に落葉をのせて帰り来ぬ 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
ホースより水の出て居る落葉かな 比叡 野村泊月
ママの時計ボクのと違う落葉季 高澤晶子 純愛
ユリの木の皆落葉して木偶の坊 高澤良一 燕音
ラストシーンめきし欅の落葉道 楠元公平
一しまき庇の落葉さらへけり 野村泊月
一つづつ落葉に裏のついてゐし 後藤比奈夫 紅加茂
一ともとの落葉する木に二三軒 前田普羅 新訂普羅句集
一二枚落葉挾める葉水仙 高澤良一 ももすずめ
一勺の酒そゝぐべき落葉かな(鳴雪翁墓前) 石井露月
一寸の水三寸の落葉哉 寺田寅彦
一斉に落葉する日の滑り台 鎌田初子
一日のはじまる落葉はじまりぬ 加倉井秋を
一日の樟の落葉の恐しき 平田寒月
一月の落葉も掃て神迎 蝶 夢
一本喬き欅も四方の樹も落葉 近藤一鴻
一枚の橡の広葉の落葉濡れ 上村占魚 球磨
一枚の落葉となりて昏睡す 野見山朱鳥(1917-70)
一枚の落葉の相(すがた)ありにけり 阿部みどり女 『微風』
一枚の落葉盃日をすくふ 阿部みどり女 『光陰』
一歩一歩憂き世とともに落葉踏む 仙田洋子 橋のあなたに
一眼に落葉一眼に泪溜め 安住敦
一窪の村門徒なる落葉かな 柑子句集 籾山柑子
一處落葉つもりぬ吉野山 石井露月
万両にかかる落葉の払はるる 高浜年尾
万両にかゝる落葉の払はるゝ 高濱年尾 年尾句集
三十の髪の衰へ椎落葉 栗原米作
三尺の庭に上野の落葉かな 正岡子規
三日見ねば総落葉してやすけしや 角川源義 『西行の日』
三汀未亡人落葉を掃きてゐたりけり 皆川白陀
下りて行く人に従ふ落葉道 阿部みどり女 笹鳴
下タ溝へ掃き落されし落葉かな 西山泊雲 泊雲句集
下草にのりて明るき沙羅落葉 高木晴子 花 季
不眠症に落葉が魚になっている 西川徹郎 無灯艦隊
与謝に来て余生の夢の落葉かな 石原八束 『仮幻』以後
丑三つや物の怪ならず舞ふ落葉 穴吹義教
丘の上落葉吹き入る窓のあり 林原耒井 蜩
中天に舞はせて磴の落葉掃く 上野泰 佐介
中窪き径わび行落葉かな 炭 太祇 太祇句選
丸の内夜のすずかけ落葉かな 成瀬正とし 星月夜
乏しきを常とす落葉干し溜めて 伊東月草
乗物をしづかに居る落葉かな 蕪村遺稿 冬
乾き反つて何かいはんとする落葉 小林清之介
乾季の街落葉もろとも急かれゐつ 石塚友二
二の丸町三の丸町落葉飛ぶ 猿橋統流子
二三日掃かざる庭の椎落葉 高浜虚子
二三枚落葉を敷きて穴施行 後藤暮汀
二三疋落葉に遊ぶ雀かな 村上鬼城
二千年言い易くして落葉期 和田悟朗
二度までは箒とりたる落葉哉 高井几董
二度迄は箒とりたる落葉哉 几董 (草庵)
二杯目の珈琲苦し夜の落葉 橋本榮治 逆旅
二百五十の回忌木因落葉中 近藤一鴻
亡き妻の笑ひに似たる落葉風 石原八束 『断腸花』
亡妻の笑ひに似たる落葉風 石原八束 断腸花
亡父の草履母に余れり落葉掃く 吉野義子
亦も肩をすくめて 失語の 落葉のパリ 伊丹三樹彦 覊旅句集三部作 神戸・長崎・欧羅巴
人なくて舗道の落葉追ふひと葉 池内友次郎 結婚まで
人の死も落葉も或る日突然に 橋本風車
人の踏む桜落葉の日斑かな 阿部みどり女 笹鳴
人の踏む落葉のくぼみ思ひ臥す 秩父
人の香を断ちたる径の落葉かな 鷲谷七菜子 花寂び 以後
人待てばおろかに嵩む樟落葉 福永耕二
人待てば鏡冴ゆなり青落葉 横光利一
人日の寝坊日雇落葉かく 岩田昌寿 地の塩
人生の央ばゆくわれ落葉ふむ 岩崎照子
人疎し落葉のくぼむ森の道 炭 太祇 太祇句選後篇
今日はけふのさよならをいふ落葉の木々 千代田葛彦 旅人木
今日もまだ掃かうともせぬ落葉かな 比叡 野村泊月
今落葉だらけの家居楽しまむ 稲畑汀子
仏縁や同じ落葉を踏み彳つも 栗生純夫 科野路
仲見世歩む我れや落葉の降るを見し 高橋淡路女 梶の葉
休講の掲示見て去る落葉蹴り 佐伯哲草
何となく午前が終り椎落葉 加倉井秋を 『真名井』
何時の日か還らん郷の椎落葉 有富光英
余命もてころがる落葉追う落葉 櫛見充男
使はれぬ非常階段椎落葉 大西一冬
侏儒たち月夜の落葉ふむならし 金尾梅の門(1900-80)
侏儒らの踊り落葉の転ぶ夜は 河野南畦 湖の森
修験者の歩幅の磴や橡落葉 鶴丸白路
俸給の薄さよ落葉と舞はせたし 林翔 和紙
個は全や落葉の道の大曲り 西東三鬼
借家のあるじとなつて落葉掃かう箒を持つ 人間を彫る 大橋裸木
倶利伽羅の奈落へ落葉急ぐ木々 入村玲子
停電の闇に眼をあげ落葉きく 臼田亞浪 定本亜浪句集
傍に連れ子の如く落葉籠 西村和子 かりそめならず
傷兵と犬居てしろし落葉昏る 細谷源二 鐵
先生の見てゐる落葉掃きにけり(深大寺) 細川加賀 『生身魂』
光といふあまねきものを濡れ落葉 鷲谷七菜子 花寂び 以後
光より人あらはれぬ山毛欅落葉 鷲谷七菜子 花寂び 以後
光る冬芽法林に法の落葉せわし 赤城さかえ
全山の落葉を運ぶ埋立地 対馬康子 純情
八月の桜落葉を掃けるかな 富安風生
共同湯屋根の落葉の分厚かり 高澤良一 燕音
其後は住む人もなき落葉かな 比叡 野村泊月
内海の権にちらりと落葉哉 几圭
再会はあるまい落葉拾い合う 八木 實
冬ぬくし落葉の山を犬くづし 原田青児
冬の海久能の落葉掃きおろす 前田普羅 新訂普羅句集
冬の草落葉かむりてかつ青し 高橋淡路女 梶の葉
冬ばらに落葉乏しくなりにけり 阿部みどり女 笹鳴
冬木ま直ぐおのが落葉の中に立つ 大野岬歩
凍る日の落葉はたえまなく降れる 高木晴子 晴居
凍落葉銀閣寺出て煙草喫ふ 百合山羽公 寒雁
凍鶴を見る人もなき落葉かな 比叡 野村泊月
出づるより日は匂ふもの落葉季は 斎藤空華 空華句集
出征のあと突風に落葉敷きぬ 渡邊水巴 富士
出銑を見てきてやさし落葉の渦 桜井博道 海上
切通し落葉朽葉を踏み付けに 高澤良一 宿好
初はなや花の辺の落葉かき 暁台
初霜や落葉の上の青笹に 泉鏡花
刻々と土の落葉の暮るるのみ 長谷川素逝 暦日
割烹着絶えず何処か落葉降る 猪俣千代子 堆 朱
力石落葉の中に据りけり 野村喜舟 小石川
動きしは落葉山女魚か渓暮れゆく 篠田悌二郎
動物園ユーラシア区の落葉季 高澤良一 さざなみやっこ
匂ふ落葉光は行方さだまらぬ 鷲谷七菜子 雨 月
十三夜水の落葉に降る木の葉 中島月笠 月笠句集
十三夜蔦の落葉の緑かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
十六夜の落葉は白く浅間立つ 堀口星眠 火山灰の道
十月の落葉は青くあたらしく 阿部みどり女
千木見ればとぶ落葉あり秋祭 皆吉爽雨 泉声
半旗揚げ落葉少し早まりぬ 対馬康子 純情
半月の斧と落葉と水車番 依田明倫




南面の落葉微塵や穴施行 森 澄雄
即刻のひびきに大樹落葉かな 宇佐美魚目 天地存問
又来んと見返る落葉靄かもす 栗生純夫 科野路
口ずさむ歌や落葉は踏むものに 桂樟蹊子
古き馬柵落葉なだれに傾ける 石橋辰之助 山暦
古寺の藤あさましき落葉哉 蕪村 冬之部 ■ 大魯が病の復常をいのる
古沼や落葉浮くより沈むより 尾崎迷堂 孤輪
古里の灯とぼし頃の落葉かな 野村喜舟 小石川
吐き出して落葉を惜しむ滝の渦 前田普羅 飛騨紬
向ひゆく祠灯りて落葉かな 比叡 野村泊月
君送る日にして落葉尽くしけり 朝倉和江
吹かれゆく心落葉の風の中 長谷川素逝 暦日
吹きあがる落葉にまじり鳥渡る 前田普羅 飛騨紬
吹きたまる落葉の墓や吾子いかに 角川源義 『西行の日』
吹きたまる落葉や町の行き止り 正岡子規
吹き付ける雨の落葉やガラス窓 会津八一
吹き抜ける落葉の太虚妻らの旅 成田千空 地霊
呼吸惜しむ老にひとひらづつ落葉 林翔 和紙
命ある如く落葉の舞ひゆけり 高木晴子 晴居
咳そそる夜気に窓さす落葉かな 富田木歩
咳そゝる夜気に窓さす落葉かな 木歩句集 富田木歩
唇を噛んで帰りぬ落葉しきり降る 文挟夫佐恵 黄 瀬
啄木鳥や落葉の上の日のしづか 伊藤柏翠
啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々 水原秋櫻子
問題は手のひらにあり落葉降る 森田智子
喝采の如き落葉や停年来る 皆川白陀
喪に鳥居くゞらず落葉踏みにけり 高橋淡路女 梶の葉
喬木の走り根ひそむ落葉みち 高澤良一 燕音
喰ひ合うて蜂死んで居る落葉哉 寺田寅彦
噴水の吹き口もなき落葉かな 会津八一
団栗の己が落葉に埋れけり 渡辺水巴 白日
団栗もかきよせらるゝ落葉かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
囮鳴かず疎林夕日の落葉かな 島村元
図書館へ雨のユリの木落葉踏み 高澤良一 素抱
国ざかひ落葉とぶとき影ふゆる 新谷ひろし
国分寺跡の落葉を聞きゐたり 石原八束 空の渚
園丁と鶴と暮れゐる落葉かな 飯田蛇笏 山廬集
園丁の顔のもう夜が明けた落葉 人間を彫る 大橋裸木
土と化す速さ落葉にも自転 対馬康子 吾亦紅
土と暮れ落葉は闇にもどりけり 長谷川素逝 暦日
地があからさまに落葉す動物園 右城暮石 声と声
地にうごきゐて雀とも落葉とも 坊城としあつ
地に敷いて朝の落葉のささやかず 長谷川素逝 暦日
地に敷いて落葉のしじまときにあり 長谷川素逝 暦日
地のしじま落葉のしじま敷きにけり 長谷川素逝 暦日
地を走る落葉さへぎるものもなし 上野泰 佐介
地下街を地下に落葉の街を行く 金箱戈止夫
地蔵堂に子守来る日の落葉哉 寺田寅彦
坂のぼる夫をへだてて落葉降る 柴田白葉女 遠い橋
坂の下は燈のさしてをり落葉風 原田種茅 径
坂下の屋根みな低き落葉かな 犀星
埋め樋又こゝに噴き出し落葉かな 西山泊雲 泊雲句集
城あとの桜落葉に心止め 上村占魚 球磨
城の如く木に藁掛けぬ納屋落葉 雑草 長谷川零餘子
城門を入るより桜落葉はや 福田蓼汀 山火
堀割の道じく~と落葉かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
堂守の懈怠許さず落葉降る 阿部葦山
堂守や落葉の中の干布団 野村喜舟 小石川
塔の空日あたりながら降る落葉 宮武寒々 朱卓
塩がめに塩買ひ充す落葉の夜 岡田日郎
塩買うてかへる径や落葉時 乙二
塵とりをこぼれし落葉かへりみる 軽部烏帽子 [しどみ]の花
塵労や落葉の上につむ落葉 稲垣きくの 牡 丹
境内の公孫樹落葉やお講凪 佐々木綾華
境内は賑やかなれど落葉かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
境内や落葉掃きゐる僧遠し 橋本鶏二 年輪
墓うづむ落葉の上の落葉かな 福田蓼汀 山火
墓地広し楡の落葉をふみつゆく 五十嵐播水 埠頭
墓域の落葉飛び来て人を温むる 文挟夫佐恵 黄 瀬
墓守の落葉掃き居る頭巾哉 寺田寅彦
墓灯し来て児等と踏む落葉かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
声をなす落葉やここは殉教地 朝倉和江
夕さむく落葉しげきに血を喀きし 中尾白雨 中尾白雨句集
夕ベ落葉たいて居る赤い舌出す 尾崎放哉
夕落葉どの町角も秋葉さま 近藤一鴻
夕落葉起き上る音転ぶ音 村越化石
夕越えて来る人もなし落葉山 尾崎紅葉
夕餉待つ落葉明りに雀ゐつ 林原耒井 蜩
夜が来れば東西わかぬ落葉宿 福田蓼汀 山火
夜の園のひろびろと敷く落葉かな 大峯あきら
夜の影着て落葉降ることはやし 石原八束 秋風琴
夜の機上に眼閉づる落葉遠く降り 横山白虹
夜の瞼の落葉よ街に遊びしが 北原志満子
夜の落葉そそのかされて酒飲むも 千代田葛彦 旅人木
夜の落葉ヘッドライトをよぎり消ゆ 高澤良一 随笑
夜の落葉狂へり明日は雪ならむ 細谷 鳩舎
夜の落葉衣桁はもののすべりがち 栗生純夫 科野路
夜の落葉降るしづけさに眠るべし 安住敦
夜半さめて落葉の音と聞きとめし 岸風三楼 往来
夥しく黄なる落葉や草紅葉 小澤碧童
大わたや落葉ふむ音のみの道 及川貞 夕焼
大学に来て踏む落葉コーヒー欲る 中村草田男
大寺の屋根のぼりゆく落葉かな 小澤實
大屋根に繊月上げし落葉寺 遠藤梧逸
大幹にまさしく触れて夜の落葉 星野立子
大木の二本並んで落葉かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
大木の落葉を仰ぐ五六人 橋本鶏二 年輪
大欅夕立打ち去りし落葉かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
大欅夜を紅葉せり落葉せり 相馬遷子 山国
大磐の落葉滑落寸前よ 高澤良一 素抱
大空に傾く栃の落葉かな 比叡 野村泊月
大空の深きに落葉舞ひ上る 高浜虚子
大粒の雨に交りて樫落葉 西山泊雲 泊雲句集
大足の中学生に落葉の帰路 細見綾子 黄 炎
大阪城にロックサウンド落葉降る 佐々木千代恵
大風の落葉にまじり栗礫 福田蓼汀 山火
大風の落葉の中の捨箒 比叡 野村泊月
天に舞ふもの絶えてなき落葉以後 篠田悌二郎
天狗風落葉一片天へ飛ぶ 品川鈴子
太夫にもならぬ木どもは落葉かな 横井也有 蘿葉集
夫恋へば落葉音なくわが前に 桂信子 黄 瀬
夫見舞ふけふを限りの落葉道 石田あき子 見舞籠
奔り出す緋縅落葉一騎あり 林 翔
女の振るてのひらも落葉の仲間 中村路子
好日をたのしむ落葉帽檐に 内藤吐天 鳴海抄
好晴の落葉ちぢれて籠をあふる 植山 露子
妊りの乳房が熱し落葉山 辻恵美子
妹が垣根古下駄朽ちて落葉かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
妻の鼻血がぬれている井戸端の落葉 栗林一石路
妻出でて霜の落葉をはきにけり 原石鼎 花影以後
娘を嫁入させて落葉掃きに出てゐる 人間を彫る 大橋裸木
婚の日の父たんねんに落葉掃く 尾沼チヨ子
嫁泣かせてふは落葉に埋む庭 山田弘子
子の尿が金色に透き落葉降る 沢木欣一
子の髪に落葉一日よき父たり 飯塚紫迷
子は母に右手をあづけて夕落葉 中村汀女
子をさがす枯木昏れゆく落葉踏み 京極杞陽
子供ちよこちよこする影の落葉を掃いてる 人間を彫る 大橋裸木
子午線の上なり踏める厚落葉 田中英子
学問の純粋を恋ひ落葉踏む 山本歩禅
宙返り海の落葉といふことも 上野 泰
宮守が俵につめたる落葉かな 水田正秀
宮守の落葉掃き居る鳥居かな 桜井芳水
宮落葉小旋風たちて幾所 西山泊雲 泊雲句集
宵の妻落葉の輪舞纒ひ来る 鳥居おさむ
宵闇の水うごきたる落葉かな 渡邊水巴
家からでてくる人に落葉俄かなり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
家の裾を落葉が包み暖き昼 田川飛旅子 花文字
家中の柱も落葉しつくしぬ 中尾寿美子
寄るこころありて急げり夜の落葉 稲垣きくの 牡 丹
寒くとも三日月見よと落葉哉 素堂
寝てよりの落葉月夜を知つてをり 森澄雄 四遠
寝袋の中に耳澄む夜の落葉 神田岩魚
寺に来て落葉かく日や報恩講 石月洋子
小さき句碑落葉にひざをつきて読む 高木晴子 花 季
小名木川落葉隠れに水母ゆく 長屋せい子
小平に落葉はじまる源義忌 草間時彦
小路ふかく川波はるゝ落葉かな 金尾梅の門 古志の歌
小駅出て落葉日和にすぐなづむ 河野南畦 湖の森
小鳥来て落葉の嵩に見失ふ 岩西多加志
小鳥来る太陽と落葉のみの庭 相馬遷子 山河
少年に会えずに帰る落葉坂 有馬英子
尼の菊落葉をかぶらざるはなく 大峯あきら 鳥道
尾長らと落葉踏みなどしてみたし 石田波郷
屋台の灯自在に生きて落葉の中 中山純子 茜
屋根の上雨の落葉おちてゐる シヤツと雑草 栗林一石路
屋根ふきの落葉を踏むや閨のうへ 蕪村
履につく霜の落葉や朝まだき 加舎白雄
山々は落葉とねむる日をかさね 長谷川双魚 『ひとつとや』
山の日はうなじにぬくし落葉踏む 福田蓼汀 山火
山の月冴えて落葉の匂かな 芥川龍之介
山の神落葉の中におはしけり 石田郷子
山の音海の音来る落葉かな 徳永山冬子
山寺や風の落葉をきゝ寐入 馬光 (寒山拾得賛)
山息吹く須叟青天の修羅落葉 石塚友二 光塵
山晴れをふるへる斧や落葉降る 飯田蛇笏 霊芝
山畑の落葉をひろひ寒見舞 宇佐美魚目 天地存問
山神は小さき祠落葉ふむ 池村惇子
山祭近し落葉を今日も掃く 芝不器男
山荘の落葉づまりの筧かな 比叡 野村泊月
山蛙常盤木落葉時しらず 臼田亜浪
山裾に落葉の塀の長さかな 大橋櫻坡子 雨月
山路に落葉なだれしまゝにあり 高濱年尾 年尾句集
山風に落葉頻りや永平寺 還暦前後 浅井意外
岐れては落葉深しも水しみ出づ 原田種茅 径
岨行けば音空を行く落葉かな 太祇
岩に落葉表裏生死のごとくあり 福田蓼汀 秋風挽歌
峡晴れて干反り落葉の夜が来る 千代田葛彦 旅人木
峯かけて落葉を急ぐ日なりけり 大橋敦子
崖草に掃きちらしたる落葉かな 比叡 野村泊月
崖落葉なだるるに菊珍らしき 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
崖落葉吹いて水鳥のまばらなり 内藤吐天
嵐雪忌また時雨かな落葉かな 織田鳥不関
川は元の川ならず落葉運べども 石塚友二
川波をくぐるは国栖の付落葉(吉野川) 石井露月
川澄や落葉の上の水五寸 炭 太祇 太祇句選
川甚の掃くほどもなき落葉掃き 片山由美子 水精
川舟に落葉日のさき衰へし 宇佐美魚目 天地存問
巣箱かかるどの木も落葉あつく敷く 川島彷徨子 榛の木
工事場の奈落に落葉舞ひつづけ 鈴木貞雄
左千夫書屋落葉あらしが使ひ切る 吉田紫乃
己が空洞に落葉ささめく椋大樹 山口草堂
帚あり即ちとつて落葉掃く 高浜虚子
師と吾の間に落葉の忌日かな 草間時彦 櫻山
師の句碑に今日の落葉の今日の色 町田しげき
帰りたり落葉樂土に第一歩(退院即事二句) 上村占魚 『玄妙』
帰庵して草鞋の儘や落葉掃く 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
常寂光浄土に落葉敷きつめて 高浜虚子
常盤木の落葉ばかりの隈もあり 野村泊月
常盤木の落葉踏みうき別かな 高浜虚子
干藷の上にも四万は落葉して 栗原米作
平日の上野の山に降る落葉 高澤良一 燕音
幹うつて落葉は迅し故郷なし 千代田葛彦 旅人木

以上
by 575fudemakase | 2015-11-22 19:12 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25112426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング