室咲の俳句

室咲の俳句

例句を挙げる。

うつしゑの永久に若かり室の花 阿部みどり女
つゝしむは暖衣飽食室の花 開田華羽
ひたすらに虫媒一つ室の花 亀井糸游
むらさきのうすむらさきの室の花 久垣 大輔
やはらかに反れる花びら室の花 清崎敏郎
カタコトとスチームが来る室の花 富安風生
予後見えて室咲花を了りをり 下村ひろし 西陲集
井の水を打ちて室咲き百合出荷 杉本寛
加湿器に室咲の花潤ふよ 石川桂郎 四温
厨房に母のためなる室の花 上田日差子
妻のほか人なき日日の室の花 上村占魚
室の花余業に画廊開きたる 久米正雄 返り花
室の花喪服とは美しきもの 大熊左利
室の花挿して自祝のこゝろあり 大橋敦子 手 鞠
室の花日のあたりきし沖の方 永田耕一郎 海絣
室の花晩年といふ檻の中 根本喜代子
室の花水すひ餘し枯れにけり 阿部みどり女
室の花汗ばむほどの譎詐かな 久米正雄 返り花
室の花溢れグラバー園はあり 正木 都
室の花病耐へたまふ国遠し 小池文子 巴里蕭条
室の花胎児に聞かすシューベルト 安養寺美人
室の花駘蕩として患者あり 久米正雄 返り花
室の花黒んぼ人形笑ひけり 仙田洋子 橋のあなたに
室咲きにして赤巨大アマリリス 高澤良一 鳩信 
室咲きに氷水(ひみず)を重ぬ寒の入り 深谷雄大
室咲きの地味でゐて興そそる花 高澤良一 寒暑 
室咲きの栄光といふ蘭の花 渕野 なぎさ
室咲きの桃に糀のほこりかな ヒコネ-梨期 三 月 月別句集「韻塞」
室咲きの桃蛸壷に海荒るる 梅木酔歩
室咲きの花のいとしく美しく 久保田万太郎 流寓抄
室咲きの菜の花活けて乙字の忌 鈴鹿野風呂
室咲きや午前十時は主婦の刻 石川文子
室咲きや灯を入れ端は落着かず 永井龍男
室咲と並びて縁にものを縫ふ 及川貞 夕焼
室咲に苺の花もあるあはれ 水原秋櫻子
室咲のあしもと寒きダンサー達 岩田昌寿 地の塩
室咲の散りたる花も葉の上に 波多野爽波 鋪道の花
室咲の百万本の薔薇君に 稲畑廣太郎
室咲の花の工みの呆けそめ 後藤夜半 底紅
室咲の花淡くして日も薄し 水原秋櫻子
室咲の菜の花活けて乙字の忌 鈴鹿野風呂
室咲の西洋花や春寒し 永井荷風
室咲の豆科ばかりのはかなさよ 石塚友二 光塵
室咲やどれも冷めゐる患者食 仲村美智子
室咲やナースコールの用ひ方 原 裕
室咲やパリの香水栓かたく 鏡山不由
室咲や一誌出さうずはかりごと 松本たかし
室咲や午後は机辺に塵うかび 岸風三楼 往来
室咲や古き調度に埋もれ住む 島田みつ子
室咲や髪乾くまで書く便り 橋本瑞枝
室花に眠りひたすら世に隔つ 野澤節子
室花の眠れるごとく世に隔つ 野澤節子
室花の精に曇りて大玻璃戸 山本歩禅
室花の色はみ出して花舖はあり 山本歩禅
掲示みな仮名の振られて室の花 後藤比奈夫
暗き方は海に雪ふる室の花 篠田悌二郎
暴力がしづかに育つ室の花 鈴木伸一
湯浴する嬰児のこぶし室の花 渡辺白峰
無戸室の跡を標して棉の花 吉田亜司
片仮名の名はすぐ忘れ室の花 松本泰志
病床に夜明けはうれし室の花 太田育子
病衣着てただの老人室の花 早川教子
眠れぬに室花夜もこもり香や 野澤節子
祝ぎごとも悲しみごとも室の花 石田勝彦 秋興
窓かけをしぼり日当る室の花 左右木韋城
紅唇の濡るるがごとく室の花 富安風生
繚乱の室咲の花揺るるなし 谷知由季子
花了へし鉢の室咲き地に返す 朝倉和江
虹唇の濡るるがごとく室の花 富安風生
見舞はるる蝟集の蕾室の花 浦野芳南
鍵盤にをどる十指や室の花 大星たかし

室咲 補遺

やはらかに反れる花びら室の花 清崎敏郎
わづかなる雨の二度ほど室の花 岡本眸
冴え~と顔に来るもの室の花 細見綾子 桃は八重
凩ののぞくがらすや室の花  正岡子規 凩
凩や暖室の花紅に  正岡子規 凩
加湿器に室咲の花潤ふよ 石川桂郎 四温
匂いなき室の花あり旅一夜 磯 直道
口にして身の幸逃げず室の花 上田五千石 天路
咲かされてゐる室咲のさかりかな 上田五千石 琥珀
子と遇いし酒場の室咲忘じ難し 楠本憲吉 方壺集
室の花きびしき部屋にまだ馴れず 星野立子
室の花貌の大きな魚を飼ひ 桂信子 樹影
室咲きに兵の白衣が座臥横臥 伊丹三樹彦
室咲きに水やることも旅支度 片山由美子  雨の歌
室咲きのクリスマス・クイン傲りけり 角川源義
室咲きやほとほと甘い女流論 鷹羽狩行
室咲でなささうにしばり呉るる桃 右城暮石 句集外 昭和十一年
室咲と並びて縁にものを縫ふ 及川貞 夕焼
室咲のプリムラここに雨の音 山口青邨
室咲の供華ばかりなる喪にこもる 松崎鉄之介
室咲の巨花そも神を畏れざる 山口青邨
室咲の散りたる花も葉の上に 波多野爽波 鋪道の花
室咲の芬々たるも濁世かな 上田五千石 天路
室咲の花の工みの呆けそめ 後藤夜半 底紅
室咲の花も暖炉の口も燃ゆ 山口青邨
室咲の花買ふセールスマンの死ヘ 有馬朗人 母国拾遺
室咲の豆科ばかりのはかなさよ 石塚友二 光塵
室咲やこゑのくもりに甘え出て 上田五千石『天路』補遺
室咲や一誌出さうずはかりごと 松本たかし
室咲や上手に病めと諭さるる 岡本眸
室咲や姪来て何かして呉れる 岡本眸
室咲や寝間着に替へて又書出す 岡本眸
室咲や詩書積む中に花ひとつ 水原秋櫻子 残鐘
室咲を抱きあてどなき瓦礫中   友岡子郷
室咲を見せ合ひつどふ附添婦 水原秋櫻子 餘生
室咲束ねる辺に子のあくび花のよな 大熊輝一 土の香
山吹の室咲見せよ卜師 正岡子規 室咲
掲示みな仮名の振られて室の花 後藤比奈夫
暗き方は海に雪ふる室の花 篠田悌二郎
灯ともるを待ちゐしごとく室の花 片山由美子  風待月
無戸室の跡を標して綿の花 吉田亜司
祝ぎごとも悲しみごとも室の花 石田勝彦 秋興
約までのわづかを眠る室の花 岡本眸
紅唇の濡るるがごとく室の花 富安風生
見舞花どれも室咲雪のあと 石田波郷

以上
by 575fudemakase | 2015-11-29 03:14 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25131945
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング