侘助の俳句

侘助の俳句

例句を挙げる。

すぐくらくなる佗助の日暮かな 草間時彦
もつるるは白侘助の心の緒 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
インタビュー受く侘助を活けにけり 堀恭子
佗助が咲けばこの年かへりみる 森澄雄
佗助と呼ばれ利久に叶ひけり 新井 博
佗助にいつもの稽古はじめけり 車谷弘 佗助
佗助に色を奪らるる女かな 齋藤玄 『狩眼』
佗助に風のふらつとでてきたる 松澤昭 宅居
佗助のいまひとたびのさかりかな 中村若沙
佗助のしづ枝暮れゐる龍安寺 石原八束
佗助のひとつの花の日数かな 阿波野青畝
佗助のひとひら胸奥さまよえり 秋本重子
佗助のむくろとなりて氷かな 齋藤玄 『無畔』
佗助の一輪咲きて暮れ残る 住田歌子
佗助の下向き咲くも癒えず死なず 松本万作
佗助の冥き首すじ走兎図に 荻原久美子
佗助の咲きかはりたる別の花 富安風生
佗助の咲きてアパート人住まず 佐野たけ子
佗助の咲くいささかの悔に似し 伊藤敬子
佗助の咲けば雪欲し月が欲し 糸山由紀子
佗助の大樹の花に倚り悼む(馬詰柿木博士長逝) 石原八束 『風霜記』
佗助の奥なる人へ魚板打つ 加賀美子麓
佗助の実にならぬ花咲きつづく 伊藤たけ
佗助の形をとりてあらはなり 斎藤玄 雁道
佗助の木叢ふくらむ盛りかな 猪俣千代子 秘 色
佗助の群がる日なり草城忌 石田波郷
佗助の自足の花とおもひみる 高澤良一 宿好 
佗助の花の底ひの月日かな 角川照子
佗助の花びらが葉に巻きついて 岸本尚毅 舜
佗助の花了りたるころの凪 長谷川双魚 風形
佗助の莟の先に止まる雪 松本たかし
佗助の落つる音こそ幽かなれ 相生垣瓜人
佗助の落花薄日と共に掃く 湯本明子
佗助の葉がくれに侘ぶ五六輪 中谷孝雄
佗助の記憶の庭も時雨さび 岸風三楼 往来
佗助はここらあたりの真闇かな 石田勝彦 秋興
佗助は一輪ざしに似合ふもの 高浜年尾
佗助やちちの紬をははが着て 塩谷はつ枝
佗助やなげくばかりをたのしみに 油布五線
佗助やわが身過ぎたる夢のかず 濱田俊輔
佗助や一行のみの子の旅信 近藤一鴻
佗助や備前徳利に一つ咲く 今泉貞鳳
佗助や夢の切れ目を雪降れり 小檜山繁子
佗助や子に散髪の母ひとり 小坂順子
佗助や心の奥処口にせず 浦井文江
佗助や心写らぬ内視鏡 清水晴子
佗助や昨日につづく海の荒れ 中村孝一
佗助や昨日は今日の昔なる 佐藤漾人
佗助や朝はトーストハイカラに 遠藤梧逸
佗助や洛も北なる庭づくり 村山古郷
佗助や無口で若き窯主 小池和子
佗助や神も悪魔もかく白し 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
佗助や笹目佐介と結ぶ道 上野 泰
佗助や葬式まんじゅう大ぶりに 吉田朱鷺
佗助や詩書堆く家貧し 池田風比古
佗助や障子の内の話し声 高濱虚子
佗助をもたらし活けて通ひ妻 石田波郷
佗助を剪らむにまなこ猛くして 齋藤玄 『狩眼』
佗助を剪るとて客と共にいづ 水原秋櫻子
佗助を挿すとて据ゑぬ蕪徳利 水原秋桜子
佗助を骨色にまで寒の暮 斎藤玄 雁道
佗助一枝賜ひし風の夜の往診 野澤節子 花 季
侘助に斜めの日差しとどきけり 大西 土水
侘助に風立つゆふべもの食べに 鍵和田釉子
侘助の二つの花の一つ落つ 都甲 君子
侘助の群がる日なり草城忌 石田波郷
侘助の花の俯き加減かな 星野 高士
侘助は一輪ざしに似合うもの 高浜年尾
侘助も其下草の蓼も末 小澤碧童 碧童句集
侘助や独りの刻の真白に 加藤知世子
侘助や褪せし葉書の男文字 谷口桂子
侘助や運命は人のつくるもの 原田青児
侘助を剪らむにまなこ猛くして 斎藤玄
利久忌の山内松と佗助と 皆吉爽雨
年つまる黒佗助の花一つ 松村蒼石 雁
抱一の植ゑし佗助今に尚 阿部みどり女 笹鳴
梱包の婚の荷侘助花ざかり 和知喜八 同齢
病む妻の佗助の番するでなし 齋藤玄 『雁道』
白侘助遺言二十七行半 塚本邦雄 甘露
竹林を逃げし日ざしの侘助に 上村占魚 『石の犬』
箒手に佗助咲くと呼びにけり 吉屋信子
考ふる手に佗助の手がふれる 加藤郁乎 球体感覚
苗木市雨の白佗助を買ふ 金田咲子 全身 以後
賜わりし佗助太郎冠者という 大野岬歩
わびすけにみぞれそそぎて幹白し 室生犀星
わびすけのくちびるとけて師走なる 室生犀星 犀星発句集
わびすけの畳にこぼれひぐれけり 加藤楸邨
わびすけやおくりむかへる女客 室生とみ子
わびすけをかへりゆく風ひとりきり 小川双々子

侘助 補遺

わびすけの一花を置きし紙濡るる 加藤楸邨
わびすけの畳にこぼれひぐれけり 加藤楸邨
侘助と云へど僅かに華やげり 相生垣瓜人 負暄
侘助に微笑いつまで対きあへば 星野麥丘人
侘助に惹かるる旅を思ひ見し 相生垣瓜人 負暄
侘助のその全木を歎賞す 相生垣瓜人 負暄
侘助のその名に寧ろこだはれり 相生垣瓜人 負暄
侘助のために一輪しか挿さず 後藤比奈夫
侘助のひとつの花の日数かな 阿波野青畝
侘助のやがて侘ぶべき蕾かも 相生垣瓜人 負暄
侘助の加はりをれる俳句会 相生垣瓜人 負暄
侘助の在り侘びたらむ月日かも 相生垣瓜人 負暄
侘助の小粒に咲きて年暮るる 森澄雄
侘助の群がる日なり草城忌 石田波郷
侘助の老い木の蔭に立ち寄れり 相生垣瓜人 負暄
侘助の落つる音こそ幽かなれ 相生垣瓜人 負暄
侘助や洛も北なる庭づくり 村山古郷
侘助や障子の内の話し声 高浜虚子
侘助を床しがりつつ生けにけり 相生垣瓜人 負暄
侘助を招じ来りて茶を喫めり 相生垣瓜人 負暄
侘助を生けて起居をば共にせり 相生垣瓜人 負暄
先人が侘助をして侘びしめし 相生垣瓜人 負暄
兼好忌白侘助を切ることに 星野麥丘人
老侘助有楽椿と言ふもよし 百合山羽公 樂土以後

以上
by 575fudemakase | 2015-11-30 05:56 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25135403
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

奉灯会 の俳句
at 2017-08-22 17:14
後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37

外部リンク

記事ランキング