冬の水 の俳句

冬の水 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23343416/


冬の水  補遺

おとなふに泉ある辺も心得て 木村蕪城 寒泉
くろき鱒きそへり冬の水湧くに 水原秋櫻子 磐梯
さやぐ冬水眼前が即到達地 中村草田男
せせらげるところせせらぎ冬の水 清崎敏郎
つくばひの苔を濡らして寒泉湧く 山口青邨
つひに厚さなき洲の端や冬の水 中村草田男
ひさかたの月下に漁父の羅漢像 佐藤鬼房
ひろがらず消えたる冬の水輪かな 能村登四郎
もう冬の水や都塵の積むままに 大野林火 方円集 昭和五十年
わが影を沈めて冬の水去りぬ 鷹羽狩行
エプロンは冬の水仕に濡れやすき 波多野爽波 鋪道の花
一とつかみ冬水に置く枯松葉 中村草田男
三人で囲みて知恵の冬泉 岡本眸
乳子泣くや冬の泉の底ゆらぎ 加藤楸邨
佛心やすずろ湧きゐる寒泉 大野林火 伊藤白潮
僧形の身に添ふ齢冬泉 能村登四郎
先に在りし子等の去る待ち冬泉 中村草田男
克明に提燈うつる冬の水 山口誓子
写すもの空のみに冬の水堅し 橋閒石 雪
冬の日河原の水が見えて幾らからくな風景 中塚一碧楼
冬の村無韻の水瀬つらぬきて 飯田龍太
冬の水くぼめて小さき煤泛ぶ 高野素汁
冬の水すこし掬む手にさからへり 飯田蛇笏 白嶽
冬の水ときに平らかならざるも 上田五千石『田園』補遺
冬の水にごりても空うつすかな 松崎鉄之介
冬の水ふくらめり八百比丘尼井戸 能村登四郎
冬の水もて仏塔の燈に応ふ 古舘曹人 能登の蛙
冬の水わが身をながれ細りけり 高屋窓秋
冬の水一枝の影も欺かず 中村草田男
冬の水充たさば泛ぶ玻璃の瑕 能村登四郎
冬の水克明に天きざみたり 平井照敏
冬の水晴れたり水皺にぎやかに 日野草城
冬の水暮れては流す都電の灯 石塚友二 光塵
冬の水曾比のゆくかげはやからず 飯田蛇笏 春蘭
冬の水月を浮べて老艶に 大野林火 方円集 昭和五十三年
冬の水水車を外づれ豊かなり 松本たかし
冬の水滝と呼ばれておほけなき 日野草城
冬の水点々素々と枯山に 高屋窓秋
冬の水熱ある口にやはらかき 林翔 和紙
冬の水音なく岩を濡らしけり 桂信子 花影
冬の泉に黒猫寄りて長き尾伸ぶ 金子兜太
冬の泉の湧く音立ててありしかな 安住敦
冬の泉冥し遍路の身をさかしま 橋本多佳子
冬の泉日の一炎を置きにけり 石田勝彦 雙杵
冬水といはん人々斯く集ひ  高野素汁
冬水といはん人々皆居らず 高野素汁
冬水に架りて太し石の橋 高野素汁
冬水に沈む町影塔を欠く 中村草田男
冬水に鴉溺れず岸にあり 飯田蛇笏 家郷の霧
冬水のなめらかにして日に抗す 飯田蛇笏 家郷の霧
冬水の意にしたがひて行人ら 飯田蛇笏 家郷の霧
冬水の流るゝことの急なりし 高野素汁
冬水の韻きにそひて墓畔ゆく 飯田蛇笏
冬水や一つの渦にめぐり居り 前田普羅 飛騨紬
冬水や古瀬かはらず一と筋に 飯田蛇笏
冬水や日なた影玉うつりつつ 飯田蛇笏
冬水をはやめてゐたり芦鳴りて 大野林火 青水輪 昭和二十三年
冬泉に一花となりてわれの舞ふ 桂信子 「草影」以後
冬泉より流寓のこゑすなり 飯田龍太
冬泉妻よばふ声地にこもる 角川源義
冬泉暗しと梯子負ひ歩く 佐藤鬼房
冬泉毛細根も子らも集ふ 香西照雄 素心
受話器とる寒泉そこに奏でゐて 木村蕪城 寒泉
外灯の消えず映りし冬泉 右城暮石 句集外 昭和四十年
実存の空充てりけり冬の水 永田耕衣
宮城はうつつ受影は永久の冬の水 中村草田男
寒泉に一杓を置き一戸あり 木村蕪城 寒泉
寒泉に幹々の影ひざまづく 鷹羽狩行
寒泉に花ごしらへの馬酔木あり 山口青邨
寒泉のひびかひ人はしづかにて 山口青邨
寒泉のひびきに市の音遠く 山口青邨
寒泉の底老鱒の死どころ 百合山羽公 寒雁
寒泉の玉を走らせてはひびく 山口青邨
寒泉や一枚のもみぢ沈みゐて 山口青邨
寒泉や定型といふ無尽蔵 藤田湘子 神楽
寒泉や島影に鯉とゞまらず 渡邊水巴 富士
少しづつ夕日の届く冬泉 岸田稚魚
山の冬泉の鯉も朦朧と 森澄雄
山影の彩があるかに冬の水 古舘曹人 砂の音
山裾の冬の泉に海芋咲く 角川源義
岩滑る冬水一重漆黒に 中村草田男
年月の沈みを冬の水細く(詩仙堂二句) 細見綾子
廊下の燈寒泉の梅咲きにけり 渡邊水巴 富士
心底より深空ゆるす冬泉 橋本多佳子
怺ふとは身を正すこと冬の水 岡本眸
愛滾々冬の泉のごとくあれ 上田五千石『天路』補遺
掬ひたる冬の泉のあたたかく 後藤比奈夫
新樽に冬の水張り杉匂ふ 能村登四郎
日強まり漣押し出す冬の泉 香西照雄
日当れば岩沈みゐし冬の水 清崎敏郎
日没以後の月は自照や冬の水 中村草田男
日輪の上を流るる冬の水 高野素汁
日輪の見えて届かぬ冬泉 右城暮石 上下
明るさへ気を変へてをり冬の水 岡本眸
昔人のあてを貴船の冬水に(京都貴船) 細見綾子
暗きより暗きへ冬の水の音 石塚友二 曠日
暮るるものみなばらばらに冬の水 松村蒼石 雁
泉涸れ地祗もひそませたまふかな 木村蕪城 寒泉
流れねばならぬと流れ冬の水 岡本眸
漲りて一塵を待つ冬泉 飯島晴子
潜きたるものに瑕つき冬の水 後藤比奈夫
澄み切つて底浮き上がる冬泉 右城暮石 句集外 昭和四十年
瀧川の冬水迅くながれけり 飯田蛇笏 山響集
猫たちの影次次に冬の泉 金子兜太
猫舐ぶる冬の泉の面輪かな 金子兜太
疑ひを持たず行手の冬泉 廣瀬直人
空きれいとも冬の水きれいとも 後藤比奈夫
紐咥へ髪結ひなほす冬泉 岡本眸
紙船の二舷圧されて冬の水 中村草田男
終日や寒泉のひびき身ほとりに 山口青邨
膳気山冬の泉と猫湧かす 金子兜太
舞台より舞台へ冬の水あかるし 橋閒石 荒栲
芹そだつ冬の水吾が旅の影 及川貞 夕焼
葦枯れて虹の触れざる冬の水 野沢節子 未明音
藻は黒く立ち鯉は浅葱冬の水 山口青邨
襲着の佳人に冬の泉鳴る 佐藤鬼房
蹲めば魂すすり泣く冬泉 飯田蛇笏 家郷の霧
身のうちを何か退きゆく冬の水 岡本眸
遠祖の声して冬の泉かな 有馬朗人 立志
野萱草藪萱草や冬水忌 雨滴集 星野麥丘人
鎌倉に夜の足音冬泉 原裕 葦牙
阿修羅童子冬の泉の守護役に 角川源義
階洗ふ最上階に冬の水 岡本眸
雲堕ちて泥靜まりぬ冬の水 冬の水 正岡子規
髪一筋おろそかならず冬の水 岡本眸
鳥も稀の冬の泉の青水輪 大野林火 青水輪 昭和二十六年
鳰鳥のおののきが生む冬水輪 能村登四郎
鹿のあと吾が指濡らす冬泉 草間時彦 中年

以上
by 575fudemakase | 2015-12-03 04:33 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25144585
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング