冬の空 の俳句

冬の空 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23355329/


冬の空  補遺

いつとなく葡萄の国も冬の空 飯田龍太
かげりなき冬青空にたのみあり 中村汀女
からたちの冬天蒼く亀裂せり 富沢赤黄男
くり返す寒天凍ての夜を昼を 高濱年尾
こぼれでる重油に青し冬の空 長谷川櫂 天球
だから鳩舞わす冬空 灰色パリ 伊丹三樹彦
と見る友軍機の急ぎゆく冬空の投槍となる 荻原井泉水
ひやうと発つ冬青空の裏側に 黒田杏子 花下草上
まよなかの星寒天をあますなし 長谷川素逝 暦日
ウソはいはないあんたと冬空のした 種田山頭火 自画像 落穂集
コスモスの花はあれども冬の空 原石鼎 花影以後
ジャングルジム冬青空のまぶしさよ 佐藤鬼房
ダグラス機冬天に消え微熱あり 西東三鬼
ベル押せば冬空に足音おこり 波多野爽波 鋪道の花
ペン執りし身を冬天に爆ぜしめき 加藤楸邨
マルメロの創冬空となりにけり 千代田葛彦
一位の実冬青空に触れにけり 阿波野青畝
一噴煙冬空涜しひろごりぬ 草間時彦 櫻山
一塵もなき冬空に日を満たし 上村占魚 鮎
三井の鐘聞てほどけや冬の空 智月尼
丹羽信子九十年冬青空 黒田杏子 花下草上
二夜われ肉片として凍空に 佐藤鬼房
京紅や紅差し指に冬の空 岡井省二 猩々
信濃路へ冬天の川ながれをり 加藤楸邨
傷兵とともに寒天をかぶり歩む 渡邊白泉
冬の空より電線の伸びきたる  友岡子郷
冬の空昨日につづき今日もあり 波多野爽波 鋪道の花
冬の空水美しくありしのみ 飯田龍太
冬の空玻璃戸感あるものに思ふ 細見綾子
冬の空病褥より妻へ眄を流す 岸田稚魚 雁渡し
冬の空青し嵐山寂びれけり 日野草城
冬天にかざして赤き布を売る 大野林火 月魄集 距和五十七年
冬天に三日月若き色濁さず 野沢節子 未明音
冬天に大阪藝人嘔くはかなし 西東三鬼
冬天に子等の喚声一郭なす 山口誓子
冬天に彼と我が翼を揺る挨拶 西東三鬼
冬天に揺らるる担架より鳴咽 伊丹三樹彦
冬天に牡丹のやうなひとの舌 富沢赤黄男
冬天に百羽の白鳥とけてゐし 平井照敏
冬天に透く金の葉や樺の梢 相馬遷子 山河
冬天に金銀の星廃れ鉱山 岸田稚魚 負け犬
冬天に鳥敏く去りわが孤独 伊丹三樹彦
冬天の 赤い亀裂へ 手をさし入れよ 富沢赤黄男
冬天のどこまで碧し雑木山 清藤徳子
冬天のまるくかかれり無住寺 平井照敏 天上大風
冬天の一火焔とぞなりて消ゆ 加藤楸邨
冬天の一角透くは鷺を待つ 加藤楸邨
冬天の塔ただ水煙漠々と 山口青邨
冬天の蒼攀りつめ檻がある 伊丹三樹彦
冬天の青は疾風の色ならむ 平井照敏
冬天の青烈風の青ならむ 平井照敏
冬天の風に乾きて囚衣なり 伊丹三樹彦
冬天の黒い金魚に富士とほく 富沢赤黄男
冬天へらくがきをして昏れてゐる 三橋鷹女
冬天へ埃ぱたぱた妻の使徒 草間時彦 中年
冬天へ拳突き上げ何の木ぞ 片山由美子  水精
冬天よ田村秋子は亡ぶるな 平畑静塔
冬天を二三機過ぎて静かなり 加藤楸邨
冬天を航き昏睡の兵となる 伊丹三樹彦
冬天を落ちきてぬくし瑠璃の羽根 伊丹三樹彦
冬天を降り来て鉄の椅子にあり 西東三鬼
冬空なめらか鉄の重さに腰定め 飯田龍太
冬空に只見る富士の命かな 鈴木道彦
冬空に堪へて女も鱈を裂く(七尾にて)> 細見綾子
冬空に大樹の梢朽ちてなし 高浜虚子
冬空に父母の声あり誕生日 岡本眸
冬空に縋らんか巨松に縋らんか 中村草田男
冬空に老いの乾きに似し手伸ばす 中戸川朝人   残心
冬空に聖痕もなし唯蒼し 中村草田男
冬空に胡桃は古りぬ赤彦も 石田勝彦 雙杵
冬空に谺する多摩の菊車 川端茅舎
冬空に雲現はれし羅漢かな 高野素汁
冬空のいづくに御名を呼ばん哉 細見綾子
冬空の一碧瀧を落しけり 石田勝彦 雙杵
冬空の下に黄渋の濃き田かな 碧梧桐
冬空の下身をかがめくぐり押す 波多野爽波 鋪道の花
冬空の乳白の裾飢すがし 佐藤鬼房
冬空の日高にとまり烏かな 句空
冬空の松幹にまた觸れゐたる 三橋敏雄
冬空の汚れか玻璃の汚れかと 波多野爽波 鋪道の花
冬空の溢れて黒き河口かな 山田みづえ 手甲
冬空の鋼色なす切通 大野林火 白幡南町 昭和二十九年
冬空の鋼色なす切通し 大野林火
冬空の青きより風吹き起る 橋閒石 朱明
冬空の青き脳死もあるならん 橋閒石 微光
冬空の鳶や没後の日を浴びて 上田五千石 田園
冬空の鴉いよいよ大きくなる 飯田龍太
冬空は一物もなし八ケ岳 森澄雄
冬空は億年の青 玄武洞 伊丹三樹彦
冬空は澄みて大地は潤へり 中村草田男
冬空へくぐり戸の鈴鳴り終る 波多野爽波 鋪道の花
冬空へ子をさしあげて貧乏す 伊丹三樹彦
冬空へ煙さでたくや灘の船 飯田蛇笏 山廬集
冬空やすがもは江戸の北はづれ 嵐竹
冬空や佐渡は荒海のたゞ中に 村山古郷
冬空や大樹くれんとする静寂 飯田蛇笏 霊芝
冬空や山湖のしじま雲寄する 村山古郷
冬空や津軽根見えて南部領 碧梧桐
冬空や猫塀づたひどこへもゆける 波多野爽波 鋪道の花
冬空や画餅の箸の総浮遊 永田耕衣
冬空や腹案童話と万国旗 中村草田男
冬空や舟行の果に日暮るゝ 碧梧桐
冬空や雨もとぎれてむら雀 野坡
冬空や麻布の坂の上りおり 永井荷風
冬空れいろうと圓きばかりにて子供の聲 荻原井泉水
冬空をいま青く塗る画家羨し 中村草田男
冬空をかくす大きなものを干す 波多野爽波 鋪道の花
冬空をふりかぶり鉄を打つ男 秋元不死男
冬空を北欧の旅と思ふとき 山口青邨
冬空を占む蜘蛛の彩なぐさまず 飯島晴子
冬空を塞いで高し榛名山 村上鬼城
冬空を閉ぢ込めてゐる桶の水 豊田ふじを
冬空・茅舎、終結なりや開始なりや 中村草田男
冬空真青その子の父と昨日語りき 大野林火 早桃 太白集
冬空西透きそこを煙ののぼるかな 中村草田男
冬空蹴れよと 鉄棒 少年寮屋上 伊丹三樹彦
冬空透き焼木杭の家の形 伊丹三樹彦
冬青空かへりみるべきことのみに 中村汀女
冬青空このまゝ死なば安からむ 相馬遷子 山河
冬青空ひとに誤算は常のこと 飯田龍太
冬青空わが魂を吸ふごとし 相馬遷子 山河
冬青空人間の恥真向より 能村登四郎
冬青空暦日よその姿かな 中村汀女
冬青空枝々個性鮮かに 林翔
冬青空母より先に逝かんとは 相馬遷子 山河
冬青空父焼く煙ほそきかな 草間時彦 中年
冬青空瑞枝さみしきときもあり 飯田龍太
冬青空瞼にオホーツクの海 石塚友二 玉縄抄
冬青空肝食うてゐる男たち 飯田龍太
冬青空鈴懸の実の鳴りそうな 中村わさび
凍て空に鉄引上げてまた落す 平井照敏 猫町
凍空に竹ま直ぐなるみどりかな 上村占魚 鮎
凍空の鳴らざる鐘を仰ぎけり 飯田蛇笏 雪峡
凍空へ棺の微塵の吹かれけり 大野林火 海門 昭和十三年
凍空を憧れて翔ぶもののあり 飯田龍太
剥がれゆく冬空ひりり りりと明け 穴井太
去年のまま塀と冬空声もなし 秋元不死男
四角な冬空萬葉集にはなき冬空 加藤楸邨
國棲てり凍空の冱え彌まさる 飯田蛇笏 白嶽
夕晴れて凍空に川外明り 飯田蛇笏
夕焼の金龍とべり冬の空 山口青邨
大木の虚の古茸冬の空 飯田龍太
天ぷらの海老の尾赤き冬の空 波多野爽波
天窓に触るゝ冬天真つ四角 上田五千石『田園』補遺
天草四郎凍て空に群鴉充ち 飯田龍太
宋研一つの冬の空大いなり 中塚一碧楼
実存の空充てりけり冬の水 永田耕衣
寒天が呼べり寒地が応へをり 相生垣瓜人 明治草
寒天に大晴れしたる花柊 飯田蛇笏
寒天に照空燈の吶喊をなす 山口誓子
寒天に船渠の鎖長短あり 細谷源二 鐵
寒天に落葉松の尖針と揃ふ 福田蓼汀 秋風挽歌
寒天の日輪にくさめしかけたり 臼田亜浪 定本亜浪句集
寒天の星見ず坐る女同士 右城暮石 句集外 昭和二十三年
寒天の穴金星の光洩る 山口誓子
寒天へ掃き出す埃に歓喜あり 原石鼎 花影
寒天を一雷獣の駆くるなし 相生垣瓜人 負暄
寒肥をひく冬空の泣くばかり 飯田蛇笏
尻振って風船逃げる冬青空 伊丹三樹彦
屋根に猫鳴いて冬天遠きかな 大野林火 白幡南町 昭和二十七年
屋根区切り大佛区切り冬の空 星野立子
山光や寒天に聳つ木一本 臼田亜浪 定本亜浪句集
山峡の冬空よ生きせばむるか 細見綾子
山際の凍空まぶし婆の髪も 金子兜太
恬然として我は見る冬の空 高野素汁
戸あくれば冬空に帽とりて客 波多野爽波 鋪道の花
戸袋にかくれゐる戸や冬の空 波多野爽波 鋪道の花
抜歯後の冬空に泛く三角帆 佐藤鬼房
故郷の冬空にもどつて来た 小豆島時代
散るものを誘ふ碧さの冬の空 後藤比奈夫
朝雲ちり冬空とほく光りあり 飯田蛇笏 雪峡
枇杷の葉やよごれく~冬の空 傘下
機銃音寒天にわが口中に 金子兜太
歌舞伎座のうしろに住みぬ冬の空 久保田万太郎
法師達の衣のいろや冬の空 越人
湯加減のごと冬空に手を入れて 平井照敏 天上大風
火葬場の黒煙四散 大冬空 伊丹三樹彦
父を焼くいま冬空へうす煙 小林康治 四季貧窮
玄冬の空銀翼を鏤めたり 村山古郷
畑あり家ありここら冬の空 波多野爽波 鋪道の花
秋声碑冬空松葉混み合へり(金沢にて) 細見綾子
笛胴といふ蜂がとぶ冬の空 飯田龍太
紺の香きつく着て冬空の下働く 尾崎放哉 須磨寺時代
編隊機ゆき冬空は忘れがほ 飯田蛇笏 山響集
蓋のない冬空底のないバケツ 渡邊白泉
螺旋階尽き冬空まで昇れず 福田蓼汀 秋風挽歌
街中の焼跡の墓地冬空持つ(大阪法善寺跡) 細見綾子
裂くる凍土裂くる寒天地震狂ふ 後藤比奈夫
裏庭に冬空の立ちはだかれる 波多野爽波 鋪道の花
言葉とられし如く冬空何もなし  阿部完市
謀られてわらふ冬空底抜けに 草間時彦 中年
谷細く家地に沈む冬の空 飯田龍太
起重機や冬天の川そこに垂れ 加藤楸邨
身反らせば冬空の青飢ゑも少し 大野林火 潺潺集 昭和四十年
逝くものは逝き冬空のます鏡 飯田蛇笏 家郷の霧
邂逅や城の冬空むらさきに  鍵和田釉子
阿弥といふとき冬空に泡のぼる 岡井省二 五劫集
雲西に吹きたまり暮るる冬の空 大野林火 冬青集 海門以後
領髪を掴まれさうな冬青空 飯島晴子
顎ひとつ尊く遺り冬の空 飯島晴子
高貴なる冬空を得て天女丸 飯田蛇笏 雪峡
鬱の日や冬空へ杖飛ばさむか 桂信子 草影
鶴ないて 冬天(てん)を支ふるもののなし 富沢赤黄男


以上
by 575fudemakase | 2015-12-04 02:49 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25147928
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

田鳧 の俳句
at 2017-12-13 09:12
山藤章二著 ヘタウマ文化論 ..
at 2017-12-13 08:29
電飾 の俳句
at 2017-12-11 12:10
宿木 の俳句
at 2017-12-10 18:42
冬 の俳句
at 2017-12-10 16:58

外部リンク

記事ランキング