師走 補遺

師走 補遺

あたたかき佛となりし師走かな 上田五千石 森林
あたたかき日を賜ぶ師走半ばまで 森澄雄
いそがしい中に子を産む師走哉  正岡子規 師走
いそがしく時計の動く師走哉  正岡子規 師走
いそがしさつもつてひまな師走哉  正岡子規 師走
いろいろをないふ一つの師走哉  正岡子規 師走
うしろから追はるゝやうな師走哉  正岡子規 師走
うすうすと紺のぼりたる師走空 飯田龍太
うすやみに街角月を得し師走 飯田蛇笏 白嶽
おでん屋に溜る払も師走かな 日野草城
おひろめの妓が街行くも師走なる 高濱年尾
かく多き人の情に泣く師走 相馬遷子 山河
かちあたる馬車も銀坐の師走哉  正岡子規 師走
くれなゐの実のことごとく師走かな 飯田龍太
けだものの肉喰ひ師走の町に出づ 福田蓼汀 山火
けもの等がなく師走の動物園のま下を通る  尾崎放哉 須磨寺時代
この友と江戸の師走の出會哉  正岡子規 師走
この藪に来てたたずめばはや師走 山口青邨
さいかちの実のふらふらとわが師走 山口青邨
さだかにも師走の羽子を聞きしより 中村汀女
すさまじき師走の冷えや邪鬼の眼 加藤楸邨
せはしさに寒さわするゝ師走哉  正岡子規 師走
ただ歩く師走思はぬ暇得て 岡本眸
ちかづきに皆顏あはす師走哉  正岡子規 師走
なつみかん未熟師走の文机に 山口青邨
ふるさとの橋のかずかず師走かな 飯田龍太
ほのぼのと師走月夜や昔斎忌 飯田蛇笏 山廬集
むつかしの師走の家計任せられ 能村登四郎
やごとなき落人見たる師走かな  正岡子規 師走
ゆく人の眸のたのもしき師走かな 桂信子 月光抄
わが師走即ち一児病院に 石塚友二 光塵
バザール 師走 欲するままに牛歩く 伊丹三樹彦
バンドマン出勤師走黄のマフラー 山口青邨
バーの椅子師走饒舌の脚垂らす 草間時彦 中年
マリオンの時計が鳴つてもう師走 岸田稚魚 紅葉山
一休の蛸さげて行く師走哉  正岡子規 師走
丸善に師走の午後をあそびけり 日野草城
乗客を盛りて師走の夕日盛りて 中村草田男
乾鮭も熊もつるして師走哉  正岡子規 師走
乾鮭も熊も釣らるゝ師走哉  正岡子規 師走
二日寝て師走に越されゐたるなり 石塚友二 光塵
二時半はまだ日のうちよ町師走 星野立子
人のことわがこと師走日々刻々 高濱年尾
人工肛門(オストミー)のおなら優しき師走かな 秋元不死男
代役の軽さに飛んで師走空 能村登四郎
何か花がほしく師走の街へ下りる 橋閒石
佛見に師走の市をぬけとほる 上田五千石 森林
傾城の出しぬかれたる師走哉  正岡子規 師走
傾城を見たる師走の温泉かな  正岡子規 師走
元祿十五年極月十四日夜の事也  正岡子規 師走
写楽北斎みな謎がらみ師走かな 能村登四郎
前燈尾燈照らし合ふのみ師走寒 香西照雄 素心
半ば過ぎ師走見えきし伊吹山 森澄雄
又一つ師走の町が車窓過ぎ 清崎敏郎
又云へり師走狐の声冴ゆと 相生垣瓜人 明治草
古書店の師走の山鹿素行集 後藤比奈夫
句を望む君と師走のいとまあれ 河東碧梧桐
句座に居て師走人ともなかりけり 日野草城
吊されしものことごとく師走かな 飯田龍太
吾も見き師走の湖のその鳰を 相生垣瓜人 明治草
咲き揃う向日葵 師走の日を重ね 伊丹三樹彦
囚徒らの列に師走の朝日さす 飯田龍太
地獄絵をたたへて師走祝祭日 飯田蛇笏 白嶽
地獄絵をまづ収めての師走寺 能村登四郎
塵にまじる錢さへ京の師走かな  正岡子規 師走
塵の世の師走といへど尼御所へ 阿波野青畝
夕霧より伊左さま參る師走哉  正岡子規 師走
夜の川波立ち流る師走かな 村山古郷
大いなる疵をかくしぬ師走の樹 山口青邨
大寺の靜まりかへる師走かな  正岡子規 師走
大幅の達磨かけたる師走かな  正岡子規 師走
大方はうち捨られつ師走不二  正岡子規 師走
大筆にかする師走の日記かな  正岡子規 師走
大聲にさわぐ師走の鴉かな  正岡子規 師走
大風の師走朔日弟妹来る 佐藤鬼房
失いしことば失いしまま師走 楠本憲吉 方壺集
妹見舞ひ泣かれて師走八日かな 石塚友二 玉縄以後
婚禮の嶋臺通る師走哉  正岡子規 師走
客去つて師走の茶腹がぼと鳴る 加藤楸邨
家にゐて師走の音とたたかへる 藤田湘子 神楽
小一座の師走狂言不如帰 日野草城
小区間師走醜き人々よ 山口誓子
小鼠の行列つゞく師走哉  正岡子規 師走
山里の空や師走の凧一つ  正岡子規 師走
川痩せて師走の町を流れたり 相馬遷子 山国
師走あはれ汁粉ごときに舌鼓 藤田湘子 てんてん
師走かな小窓より見し連山は 飯田龍太
師走かな屋根の修理でおっこちたる 金子兜太
師走かな木を翔つ啄木鳥の鋭声澄み 飯田龍太
師走かな真夜剃刀の音もまた 飯田龍太
師走しづかなわが足音や人ふりむく 中村草田男
師走とて刷ろはむ翼もなし 石塚友二 光塵
師走なり涅槃図にあり田の音す 岡井省二 五劫集
師走のゆききの知らない顔ばかり 山頭火
師走の些事その一つにてひと死にき 及川貞 夕焼
師走の冷たい寝床にわがからだ一つ投げこむ 尾崎放哉 小豆島時代
師走の夜のつめたい寝床が一つあるきり  尾崎放哉 須磨寺時代
師走の夜の釣鐘ならす身となりて  尾崎放哉 須磨寺時代
師走の店の妻には欲しきものばかり 臼田亜浪 旅人 抄
師走の日低し起重機街に立ち 山口青邨
師走の木魚たたいて居る  尾崎放哉 小豆島時代
師走の灯夜な夜な走り滞京す 阿波野青畝
師走の父大櫛末子を梳る 中村草田男
師走の肩摩疲れ深きが弾かれて 香西照雄 素心
師走の身触れあふ緋鯉長挨拶 香西照雄
師走はや小蜘蛛の糸の飛ぶことも 飯田龍太
師走はや山の素ごころさだまりし 飯田龍太
師走ひと日仔犬もらひて抱きてかへる 及川貞 夕焼
師走三日を余す灯下に落花生 野沢節子 未明音
師走三日月家路は誰も靄まとう 古沢太穂 古沢太穂句集
師走人死ぬことまでは考へず 星野立子
師走人水を見て居り橋の上 日野草城
師走八日の葱真青に明けきたる 加藤楸邨
師走圏外金色を経て一紫雲 香西照雄 素心
師走妻風呂敷にある稜と丸み 香西照雄
師走押しつまつて縁談あり少し大ぶりな写真を一見す 中塚一碧楼
師走晦日錢隕つること雨の如し 正岡子規 大晦日
師走曇りに柿の木の小さくなる 松村蒼石 雪
師走朔日母があぶりし海苔食べて 百合山羽公 故園
師走来る南座とある口上書 後藤比奈夫
師走能かぞへて老女小町もの 能村登四郎
師走自問すだからどうしろと言ひたいのだ 加藤楸邨
師走閑に羽つくろへる孔雀かな 原石鼎 花影
序句慶句弔句つづきし師走かな 鷹羽狩行
店先に師走見て居る佛かな 正岡子規 師走
怪しみき師走の月の艶だつを 相生垣瓜人 明治草
悠然と大船かゝる師走哉  正岡子規 師走
慌し師走の旅に相逢うて 高濱年尾
折々は狆のふまるゝ師走哉  正岡子規 師走
抜け道もその抜け道も街師走 稲畑汀子
新しき石鹸の香も師走かな 飯田龍太
新居訪ふ師走の店に道尋ね 星野立子
旅師走とてあるがままなすがまま 稲畑汀子
旅師走君意地はれば悲しけれ 星野立子
日のさせば巌に猿集る師走かな 原石鼎 花影
昆布屋にて臘月の眉富んでをり 岡井省二 鯨と犀
書屋師走夜ごと夜ごとの十二時うつ 山口青邨
月の出のものの怪めける師走かな 鈴木真砂女
有難き師走日和や枯葎 日野草城
朱鳥破顔大笑師走に借金なし 野見山朱鳥 運命
松立てゝ師走の夕日しづか也  正岡子規 師走
板橋へ荷馬のつゞく師走哉  正岡子規 師走
板額の薙刀つかふ師走哉  正岡子規 師走
枯菊を焚いて師走の閑にあり 木村蕪城 一位
橋々に師走の川や流れけり 日野草城
橋は橋重ね師走の日が沈む 山口青邨
橋開きありて師走の花火かな 河東碧梧桐
檜垣刈る香はげしき師走かな 飯島晴子
正月の支度にいそぐ師走哉  正岡子規 師走
死の床に死病を学ぶ師走かな 相馬遷子 山河
残り咲く菊も師走の段葛 山口青邨
母亡くし師走ひと日の川ほとり 深見けん二
比叡の空夕焼さむき師走かな 村山古郷
氣樂さのまたや師走の草枕  正岡子規 師走
水底に 足形曼陀羅 蜷の師走 伊丹三樹彦
水晶宮裏師走の蘭の咲きにけり 村上鬼城
汝行きしあとの月日の師走かな 及川貞 榧の實
河流れ師走の時を刻みゐる 山口誓子
法善寺横丁一軒づつ師走 稲畑汀子
洗ひゐる蕪に師走の遊糸たつ 飯田龍太
海広し師走の町を出はなれて  正岡子規 師走
海港の師走風景寄席灯る 飯田蛇笏 白嶽
淋しさをにらみあふたる師走かな  正岡子規 師走
漁夫が押す師走の大き拇印なり 能村登四郎
火の粒のやうに師走の母がゐる 廣瀬直人
灯に水に離れて澄める師走空 飯田龍太
炭出しに行けば師走の月夜哉  正岡子規 師走
焼鳥を咬みつつ酔へる師走かな 阿波野青畝
片々たるもの書き了へて街師走 山口青邨
牛が大きくよこたはり師走風ふく 種田山頭火 草木塔
王孫を市にあはれむ師走哉  正岡子規 師走
町中を行くや師走の大男  正岡子規 師走
畳屋に藺の香あふれて師走かな 鷹羽狩行
病む師走そそけポプラが空を掃く 楠本憲吉 孤客
病む師走わが道或はあやまつや 石田波郷
病む師走何の曲にかなぐさまむ 石田波郷
病人と靜かに語る師走哉  正岡子規 師走
病廊に貼紙師走ストつづく 角川源義
発心の師走ざくらの花の数 上田五千石『天路』補遺
白々と師走の月のただ走る 山口青邨
白足袋のよごれ盡せし師走哉  正岡子規 師走
瞑りて師走半ばの世の音か 相馬遷子 山河
石垣の穴ことごとく師走かな 飯田龍太
石段の下に師走のちまたあり 川端茅舎
石鼎忌ありて師走は悲しけれ 日野草城
神戸物語師走はルミナリエ 後藤比奈夫
稿をつぐ師走の雨の音聞きて 山口青邨
稿溜めし人間師走の木を撫でをり 加藤楸邨
空畑や師走の月の中天に 山口青邨
竹藪に師走の月の青さ哉  正岡子規 師走
築き替へし竈二つまで師走かな 河東碧梧桐
締め忘れられて師走の古襖 日野草城
羽子板のうらに春來る師走哉  正岡子規 師走
老桑が師走十五夜の影をなす 水原秋櫻子 残鐘
考ふるはやめ家を出づ師走空 岸田稚魚 紅葉山
耳塚の前ひろ~と師走かな 川端茅舎
耳鳴るや師走を寝よと賜ふ風邪 及川貞 夕焼
臍の緒に泣きたき日なり師走風 佐藤鬼房
臘月の大地おほよそ寒むかりき 飯田蛇笏 山響集
臘月や檻の狐の細り面 原石鼎 花影
臘月や錦市場に鯛の粗 岡井省二 大日
臨月の師走廿日も過ぎてけり  正岡子規 師走
船人は碇綱買ふ師走かな 河東碧梧桐
艦隊の港につどふ師走かな  正岡子規 師走
艦隊の港出て行く師走哉  正岡子規 師走
花と本買ひしばかりや師走市 中村苑子
芸人の白首泳ぎゆき師走 伊丹三樹彦
苑の奥師走の街の灯のとどく 山口青邨
若者を轢きし師走の電車かな 日野草城
茶の匂ふ枕も出来て師走かな 河東碧梧桐
茶の花に宇治は師走の天気かな 日野草城
草の根を鼠のかぢる師走かな  正岡子規 師走
菅笠の古びも旅の師走哉  正岡子規 師走
萬歳の妻に別るゝ師走哉  正岡子規 師走
葛飾へ木の橋渡り師走かな 鈴木真砂女
蔓引いて落す師走の水の上 廣瀬直人
薬石を用意師走の同人会 山口青邨
虹の絵のまへに師走のひと来たり 百合山羽公 故園
蜑町の魚屋の魚も師走かな 岸田稚魚 紅葉山
街は師走の八百屋の玉葱芽をふいた 種田山頭火 草木塔
街師走かがめば鶏の世界が見ゆ 加藤楸邨
訴ふる姿勢で敵意師走犬 香西照雄 素心
誰そ靴に唾はきしわが師走かな 飯田蛇笏 山廬集
谷川に幣のながるゝ師走かな 飯田蛇笏 霊芝
買つてやることをよろこび母師走 加藤楸邨
買物の好きな女に師走来る 星野立子
賽銭の音のまさしく師走かな 飯田龍太
赤々と酒場ぬらるゝ師走かな 前田普羅 普羅句集
赤ん坊のよるひる眠る師走かな 伊丹三樹彦
走りゐる師走の月の白かりし 山口青邨
走るほどの用なしいつの間に師走 桂信子 草影
路地抜けて路地抜けて路地町師走 稲畑汀子
躓きて灯の動じたる師走かな 岸田稚魚 紅葉山
近道に氷を渡る師走哉  正岡子規 師走
返り花師走ごゝろに咲きゐたり 右城暮石 句集外 昭和九年
追悼記終焉記師走雪にはか 上田五千石『森林』補遺
退営や師走はじまる堺筋 日野草城
退院車入りてまぎれて師走街 橋本多佳子
遅れ来しことも師走の口実に 稲畑汀子
運河師走向きあひて船の屋根洗ふ 加藤楸邨
遠い燈の玻璃戸に映りゐる師走 臼田亜浪 旅人 抄
遠ざかる咳に師走の夜深く石橋秀野
銀の皿師走の月のごと飾る 山口青邨
錢かつく人や師走の汗雫  正岡子規 師走
鍋釜に水いきいきと師走なり 飯田龍太
鐵鉢に味噌もる寺の師走哉  正岡子規 師走
長男に師走の遊び仲間たち 廣瀬直人
門を出て師走の人に交りけり 村上鬼城
門口に松葉こぼるゝ師走哉  正岡子規 師走
閃々と光りつづける師走星 廣瀬直人 帰路
雪隱にあるじものいふ師走哉  正岡子規 師走
霙にもならで師走の大雨かな  正岡子規 師走
青き馬倒れていたる師走かな 金子兜太
靜かさに寒し師走の白拍子  正岡子規 師走
靜かさや師走の奥の智恩院  正岡子規 師走
風光る師走の空の月夜かな  正岡子規 師走
風吹て師走八日といふ日哉  正岡子規 師走
風吹て白き師走の月夜哉  正岡子規 師走
風呂敷てふやさしきものの師走かな 能村登四郎
風強し眞葛か原の師走哉  正岡子規 師走
食堂や師走の花のいきいきと 日野草城
馬の息見えて師走の夜明哉  正岡子規 師走
馬多き渋谷の師走吾子と佇つ 中村草田男
馬糞も見えず師走の日本橋  正岡子規 師走
高麗船の寶積みわたる師走かな  正岡子規 師走
魚棚に熊笹青き師走哉  正岡子規 師走
鮭さげて女のはしる師走哉  正岡子規 師走
鯛焼屋濃く焼き師走の色といふ 林翔
鰭酒に師走の聲をふたぎたる 森澄雄
鳳輦の靜かに過ぐる師走哉  正岡子規 師走
鶏糞の乾くかろさの師走凪 能村登四郎
黄牛(あめうし)の肌ひきはたく師走かな 渡邊白泉

以上
by 575fudemakase | 2015-12-08 00:01 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25155149
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング