クリスマスの俳句

クリスマスの俳句

クリスマスの例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23372441/


クリスマス 補遺

あつあつの舌平目わがクリスマス 鷹羽狩行
ある窓の聖樹の影も港町 福田蓼汀 秋風挽歌
いと暗き聖夜の燭を灯したり 清崎敏郎
おのれ摶ちつつ勢ふ聖夜の噴水は 岡本眸
かたはらを過ぎゆく冬至クリスマス 相馬遷子 山河
きざはしによべの聖樹の星ひろふ 能村登四郎
くすりやの聖樹見てより道闇く 山口青邨
くるるくるイブ・モンタンの枯葉めき 林翔
ここに酸素湧く泉ありクリスマス 石田波郷
ことのはは終りぬ聖樹灯りけり 中村草田男
この出逢ひこそクリスマスプレゼント 稲畑汀子
この子供臭さへ 聖夜劇開幕 伊丹三樹彦
この町に墓地を買ひけりクリスマス 阿波野青畝
この聖樹銀の大鐘ばかり吊る 山口誓子
ごうごうと風呂沸く降誕祭前夜 石川桂郎 含羞
ずり落ちず聖樹に積みし綿雪は 山口誓子
ちさき憎み聖夜の卓の耳飾 鷲谷七菜子 黄炎
なつかしの夕日を待てり大聖樹 平畑静塔
なふぉ声せり聖夜の宙に架線工 伊丹三樹彦
ひと待てば聖夜の玻璃に意地もなし 桂信子 女身
へろへろとワンタンすするクリスマス 秋元不死男
ましろなる神父の髯やクリスマス 富安風生
まだ日隔くに聖樹を灯し病む人ら 古沢太穂 古沢太穂句集
やがて盗らるべき銀食器聖夜劇 山口誓子
やはらかく聖樹の雪を包み売る 後藤比奈夫
よく啖ふ甥が来てをりクリスマス近し 草間時彦 中年
らふそくの燃えゆくはたのしクリスマス 山口青邨
わがことの入院日なるクリスマス 石塚友二 玉縄以後
わがクリスマスグラビアを焚けばすむ 平畑静塔
わが家路聖夜の土管掘り起され 鷹羽狩行
わらべらに寝ねどき過ぎぬクリスマス 山口誓子
をさな子も深雪を帰るクリスマス 日野草城
イブの空鴉が渡る銀座かな 鈴木真砂女 紫木蓮
イヴの夜のサンダソニヤが傍らに 後藤比奈夫
イヴの燭黄色の皮膚つつしみて 平畑静塔
カード漁りの 眼差は祖母 聖歌月 伊丹三樹彦
クリスマスちちははあまた天に帰し 伊丹三樹彦
クリスマスとは静けさの中にこそ 稲畑汀子
クリスマスに小き會堂のあはれなる  正岡子規 クリスマス
クリスマスの鐘のひゞける月夜かな 日野草城
クリスマスの靴磨きゐる牧師かな 日野草城
クリスマスまで七面鳥は飽食す 阿波野青畝
クリスマスゆき交ひて船相照らす 加藤楸邨
クリスマスイブ更け心の襞も更け 楠本憲吉 方壺集
クリスマスイヴぎりぎりの飾りつけ 右城暮石 声と声
クリスマスイヴの七厘焚きけぶらす 右城暮石 句集外 昭和三十二年
クリスマスイヴの月よと妻言へり 星野麥丘人
クリスマスイヴの橋燈青冴えて 佐藤鬼房
クリスマスイヴや丸太の足場外す 右城暮石 句集外 昭和二十六年
クリスマスイヴ同體に組む喧嘩 三橋敏雄
クリスマスイヴ好きな人ふたりあり 後藤比奈夫
クリスマスカロルとめねば繰返す 後藤比奈夫
クリスマスカードの加奈陀花の国 阿波野青畝
クリスマスカードの慕ひゐる祖国 後藤比奈夫
クリスマスカードを送り来て孤独 後藤比奈夫
クリスマスカード消印までも読む 後藤夜半 底紅
クリスマスカード雪の絵のみならず 後藤比奈夫
クリスマスケーキこの荷厄介なもの 桂信子 晩春
クリスマスケーキのビルが灯つてる 日野草城
クリスマスケーキの薔薇は砂糖です 日野草城
クリスマスケーキ蝋燭の垣をなす 阿波野青畝
クリスマスツリーに関はりなき身なり 桂信子 草影
クリスマスツリーの昼の埃かな 清崎敏郎
クリスマスツリーぶらさがる何々ぞ 日野草城
クリスマスツリー地階へ運び入れ 中村汀女
クリスマスツリー寒波を欲しがれり 百合山羽公 樂土
クリスマストリイともるわれらが貧しき町 山口誓子
クリスマスリース港のヨットにも 燕雀 星野麥丘人
クリスマスリース金星現れにけり 燕雀 星野麥丘人
クリスマス・イヴのひとりの麺麭を焦がしたり 安住敦
クリスマス・イヴの暁ちかく妻を得しわが部屋 安住敦
クリスマス・イヴの酔ひ呆けし妻をとどけらる 安住敦
クリスマス・イヴの麺麭を啖らひて寝てしまふ 安住敦
クリスマス・イヴ屋根裏につねのごと 伊丹三樹彦
クリスマス・イヴ架線夫はまだ降りず 伊丹三樹彦
クリスマス・ツリーの雪を別に買ふ 鷹羽狩行
クリスマス七寮に満つ患者等に 石田波郷
クリスマス佛は薄目し給へり 相生垣瓜人 負暄
クリスマス個展おのれの絵で飾る 古舘曹人 能登の蛙
クリスマス冬木の肌の照るをせめて 細見綾子
クリスマス前夜の鐘をもたいなく 三橋鷹女
クリスマス劇長男の羊飼 上野泰
クリスマス地に来ちちはは舟を漕ぐ 秋元不死男
クリスマス地下に京橋日本橋 鷹羽狩行
クリスマス地平に基地の灯が赤し 飴山實 おりいぶ
クリスマス塀に破片の硝子植ゑ 鷹羽狩行
クリスマス妻のかなしみいつしか持ち 桂信子 月光抄
クリスマス指美しき囚徒をり 飯田龍太
クリスマス敵を忘ぜず街ゆけば 赤尾兜子 稚年記
クリスマス無きが如くに奈良ひつそり 右城暮石 句集外 昭和三十四年
クリスマス硝子越しなる馬打たる 秋元不死男
クリスマス肋除られて打臥すも 石田波郷
クリスマス胡桃の樹肌あたたかに 三橋鷹女
クリスマス臥す掌へ吾子の柔ら頬 伊丹三樹彦
クリスマス藷一片を夜食とす 西東三鬼
クリスマス貸間三畳の奇蹟なし 西東三鬼
クリスマス近し東の博士たり 山口青邨
クリスマス近し氷川丸磨き立て 山口青邨
クリスマス近づく寮の歌稽古 杉田久女
クリスマス近づく金の沓を買ふ 山口青邨
クリスマス近づく雪のこよひまた 山口青邨
クリスマス道あばかれて何もなし 岡本眸
クリスマス馬小屋ありて馬が住む 西東三鬼
コンクリートに尿撥ね返る聖夜祭 右城暮石 声と声
ゴムの葉をくもらせ聖夜餐の湯気 鷹羽狩行
サンタみな揃ひのピンク新世紀 後藤比奈夫
サンタクロースの話そらさざるを得ず 石川桂郎 含羞
サーカスの灯があふるるよクリスマス 山口青邨
ジヤコビンの赤き蝋燭クリスマス 山口青邨
タンネンの葉に蝋涙聖夜も更け 山口青邨
ネオン明滅滅の間燃えて聖夜の星 加藤楸邨
ネグリジェの裾ひらひらとクリスマス 桂信子 草影
ハムの切口の渦巻くクリスマス 鷹羽狩行
ビラ配るサンタク口-ス吾に触る 阿波野青畝
フライパンなめる火の舌 聖夜さかん 伊丹三樹彦
ホテルの聖樹梢には金の星 山口誓子
ホテルの聖樹覗きし鈴に玉は無し 山口誓子
ホテル広場電飾のみの大聖樹 山口誓子
マンホールより首・肩起す聖夜かと 赤尾兜子 蛇
モナリザにをばさんが似るクリスマス 山口青邨
レストラン綿で聖樹の雪増やす 山口誓子
ヴェール被てすぐに天使や聖夜劇 津田清子 礼拝
一人来てストーブ焚くやクリスマス 前田普羅 普羅句集
一会員イギリス巻やクリスマス 山口青邨
一匹の羊と枯葉クリスマス 原裕 葦牙
一時間ありクリスマスショツピング 星野立子
一隅は子のものの書架クリスマス 鷹羽狩行
上京の即日人に聖夜に会ふ 古舘曹人 能登の蛙
不況の聖夜雪がすぐ載る厨芥車 飴山實 おりいぶ
中国の茶の淹れらるるクリスマス 後藤夜半 底紅
五七忌の師へ急ぐなり降誕祭 石川桂郎 高蘆
人に福耳本に福紙クリスマス 鷹羽狩行
人の後に吾子悴まず聖歌隊 能村登四郎
休止符を見て口閉ぢぬクリスマス 藤田湘子 神楽
何処の鐘聖夜聖刻告げゐるは 阿波野青畝
倖せな父子と見られて聖樹に酌む 能村登四郎
八人の子供むつましクリスマaス  正岡子規 クリスマス
六つの華聖樹の雪の結晶は 山口誓子
冬菊や隣へ慰間聖歌隊 石田波郷
冬薔薇の棘に余韻の聖歌なほ 鷹羽狩行
冬雨の石階をのぼるサンタマリヤ 山頭火
切炭の 切口は華 クリスマス 伊丹三樹彦
刻かけて海を来る闇クリスマス 藤田湘子 てんてん
前途永き妻に加護あれ降誕祭 中村草田男
剥製に寸の止り木聖夜明け 鷹羽狩行
剥製に戻る海亀聖夜明け 鷹羽狩行
剥製の鳥のテロの眼クリスマス 鷹羽狩行
剰りたる雪を聖樹の下に置く 山口誓子
加奈陀の雪片ひらりとクリスマスカード 石塚友二 曠日
勤め持つ女等たのしクリスマス 右城暮石 声と声
北辺の聖夜にあへる樹氷かな 飯田蛇笏 雪峡
千の患者に千の聖果や枯木中 石田波郷
卵一つポケツトの手にクリスマス 西東三鬼
古葡萄酒聖夜をすごし又古ぶ 能村登四郎
咳に寝て聖夜の鐘のはるけさよ 鷲谷七菜子 黄炎
喪の聖歌三度び外套措きて起つ 伊丹三樹彦
囁きて聖夜にあつまるもの貧し 古舘曹人 樹下石上
地に浮浪クリスマス・イヴあはれ更く 伊丹三樹彦
地下街に来ると答へしクリスマス 右城暮石 散歩圏
地下迷路きて選る飾りなき聖樹 鷹羽狩行
城内にひゞける鐘はクリスマス 日野草城
基督に肖る気なき聖樹かな 藤田湘子 てんてん
塔空にいくつもささりクリスマス 山口青邨
塩鮭のからき涙やクリスマス 石田波郷
壁の余地クリスマスカード貼りつけて 阿波野青畝
壇降りて神父も聖夜劇の衆 伊丹三樹彦
夏爐焚き公教聖歌の樂流る 及川貞 夕焼
外人は高き鼻もちクリスマス 高田風人子
外套にふれクリスマスツリーかな 清崎敏郎
大き鐘聖樹のバランスを破る 山口誓子
大の字の星を聖樹の先端に 山口誓子
大テント種切サンタヘたりこむ 平畑静塔
大阪に出て得心すクリスマス 右城暮石 上下
大阪を生駒距てゝクリスマス 右城暮石 句集外 昭和三十四年
天井に風船眠りクリスマス 福田蓼汀 山火
天界を篩はれしもの聖樹星 鷹羽狩行
天網に星付きはじむクリスマス 鷹羽狩行
太筒の亀山蝋燭聖夜の燈 山口誓子
太陽の通る天窓下に聖樹 鷹羽狩行
夫人の手つめたかりけりクリスマス 日野草城
奈良県になき地下街よクリスマス 右城暮石 上下
女学生の黒き靴下聖夜ゆく 桂信子 女身
女羊は乳房膨らしクリスマス 阿波野青畝
子が呉れし加朱の鉛筆クリスマス 伊丹三樹彦
子の仮面みれば降誕祭近し 木村蕪城 寒泉
子供がちにクリスマスの人集ひけり  正岡子規 クリスマス
学士会聖樹をともす吾等粗餐 山口青邨
孫の聖夜紙雛めきて紙天使 中村草田男
孫やいま小田原の辺かクリスマス 石塚友二 玉縄以後
安否まづ嗅ぎ合ふ白狗聖樹の下 香西照雄 素心
宙を飛ぶ長靴を買ふクリスマス 有馬朗人 知命
室咲きのクリスマス・クイン傲りけり 角川源義
家々の聖夜を道の石だらけ 橋閒石 無刻
寄生木の実は霧の精 聖歌季節 伊丹三樹彦
寒暮来て階梯険しき聖歌楼 山口誓子
寝ねし子が咳して聖夜しづもるよ 森澄雄
寝惜しむ子聖夜は許す絵蝋燭 能村登四郎
寡作なる弟子よりクリスマス・カード 鷹羽狩行
小鳥焼きくきくきと噛むクリスマス 秋元不死男
少年のさゝぐる花燭クリスマス 百合山羽公 春園
少年工学帽かむりクリスマス 秋元不死男
屋上より樹頭見下ろすクリスマス 津田清子 礼拝
屑買女は風呂桶が欲しクリスマス 百合山羽公 寒雁
層見せて聖夜の菓子を切り頒つ 橋本多佳子
年の花の家集賜はる降誕祭 角川源義
床碑は踏ませ 聖歌隊席灯す高さ 伊丹三樹彦
待人のサンタは忘れものはせじ 平畑静塔
恋人ヘピアノ軽打の クリスマス 伊丹三樹彦
息吹くサンタ満持す闇の百貨店 伊丹三樹彦
息安く仰臥してをりクリスマス 石田波郷
我が家にも銀紙の屑クリスマス 右城暮石 句集外 昭和三十二年
戦後の聖夜ゲルマン白き禿顱頂 中村草田男
扉のひまに厨房見ゆるクリスマス 山口誓子
手で造る雪ふんだんにクリスマス 右城暮石 句集外 昭和三十四年
手燭澄む聖歌乙女の眼鏡の中 伊丹三樹彦
扮したる羊が倒れクリスマス 阿波野青畝
抱かめと寄りそふ精神科の聖樹 平畑静塔
担送車覆ひてありぬクリスマス 星野麥丘人
指弾して聖樹の銀の鐘鳴らず 山口誓子
提灯に浮び黒凍む聖歌隊 大野林火 飛花集 昭和四十六年
揺椅子にまどろみながしクリスマス 松崎鉄之介
教会の朝の鐘なるクリスマス 山口青邨
新しく家族となりて聖果切る 上田五千石 田園
新らしき褞袍を着るやクリスマス 日野草城
日が上るまで精神科の盲聖樹 平畑静塔
日曜は明日 聖歌への声溜める 伊丹三樹彦
明星が点る聖樹のてつぺんに 山口誓子
明滅の灯の鞠吊つてクリスマス 山口青邨
星満ちて地にはこぼれずクリスマス 相馬遷子 雪嶺
昼間よりなどか聖樹はけばけばし 平畑静塔
時をりに夜風は強し聖樹市 中村汀女
最も低し聖夜末子の切る十字 中村草田男
會堂に國旗立てたりクリスマス  正岡子規 クリスマス
服黒き聖歌隊に吾子入るるなり 能村登四郎
木の匙と硝子の器クリスマス 鷹羽狩行
木叢より懸巣出て鳴くクリスマス 飯田龍太
札幌のはや聖夜めく灯と別れ 鷹羽狩行
杉の秀に星無し聖夜の夜学なる 香西照雄
東の星の光やクリスマス 日野草城
枕許サンタにB鉛筆ねがふ 平畑静塔
果舗楽器店隣り合ふクリスマス 右城暮石 句集外 昭和四十五年
枸杞の実の川原に残るクリスマス 松崎鉄之介
柊がサラダにありし聖夜餐 山口誓子
柔かき海の半球クリスマス 三橋敏雄
梱包に雪載る運河聖歌隊 飴山實 おりいぶ
梱苞に雪載る運河聖歌隊 飴山實 おりいぶ
棺に入るるクリスマスのチョコレートも  大野林火 海門 昭和七年
楽屋より私語のつつぬけ聖夜劇 鷹羽狩行
樅を伐るなど真似ごとばかりクリスマス 加藤楸邨
樹間染め隣病舎の聖樹の灯 石田波郷
橄欖(オリーブ)油にほはすのみに聖夜の妻 能村登四郎
歌ひくく吾子ら聖夜の星つくる 能村登四郎
歩み得し十歩確かにクリスマス 水原秋櫻子 蘆雁以後
母に掴まり出番待つ聖夜劇 鷹羽狩行
汗の雀斑少年聖歌隊解かれ 橋本多佳子
汽缶焚いて創る聖夜の汗の塩 上田五千石『田園』補遺
流しに一つ束子ころがる聖夜にて 森澄雄
浮浪寝し宙を聖夜の黄金の橇 伊丹三樹彦
湯にかよふシベリア廊下聖樹たつ 角川源義
満天に不幸きらめく降誕祭 西東三鬼
溝跳んで星影ちらすクリスマス 秋元不死男
灯ともれるシヨーウインドウのクリスマス 日野草城
灯の橋をくぐる灯の船クリスマス 鷹羽狩行
灯を吐いて降誕祭の厨□ 日野草城
点眼に額みどりめくクリスマス 秋元不死男
焼跡に煙突遺りクリスマス 伊丹三樹彦
煉炭に炎の小僧聖夜の楽 伊丹三樹彦
煖炉に立つ大雪を積む聖樹 山口誓子
煙突は 湯屋だけの町 クリスマス 伊丹三樹彦
燈ばかりの聖樹ホテルの前に立つ 山口誓子
燐寸ともし闇の溝跳ぶクリスマス 秋元不死男
燭の火の根元の青きクリスマス 秋元不死男
燭持ちて聖夜を唱ふ顎照らす 山口誓子
狩人のサンタ袋を空にせず 平畑静塔
玄関に洋傘聖夜じみて立つ 鷹羽狩行
玻璃のうち曇らせ聖樹外にひさぐ 木村蕪城 寒泉
甘藷蒸して大いに啖ふクリスマス 西東三鬼
生産の灯の帯纏いた聖夜の湾 伊丹三樹彦
画も愉し狐一族のクリスマス  水原秋櫻子 蘆雁
病室にイブの見舞のはなやげる 石田波郷
病床を脱けゆきし者よクリスマス 石田波郷
病院の聖樹金銀モール垂る 山口誓子
病院の足場組むクリスマス前夜 橋閒石 無刻
療園の雑草青きクリスマス 橋閒石
白き寒き一紙片掌に喪の聖歌 伊丹三樹彦
皿拭は皿を拭くことクリスマス 山口青邨
目の力ぬいて目を閉ぢ聖夜ミサ 鷹羽狩行
目刺みな眼をくもらせてクリスマス 秋元不死男
盲導鈴降誕祭へ道つなぐ  大野林火 飛花集 昭和四十六年
睨み鯛めきゐしクリスマスケーキ 後藤比奈夫
神よ来て子を助けませクリスマス 石塚友二 光塵
禁制の夜のコーヒ飲むクリスマス 右城暮石 声と声
稼ぐ帆のはや沖に出てクリスマス 秋元不死男
立ち通す聖樹が精神科のすくひ 平畑静塔
粧ひて胸うすき者よクリスマス 石田波郷
精神科広間に聖樹常夜燈 平畑静塔
精神科聖樹に語るにも独語 平畑静塔
紅き燈に聖樹の雪が紅くなる 山口誓子
紅つけしコップを拭ひ聖夜餐 鷹羽狩行
紅苺聖樹に点る紅電球 山口誓子
素はだしの男聖樹に寄らむとす 平畑静塔
絨毯に坐る子供らクリスマス 百合山羽公 春園
網棚のクリスマスケーキやや斜め 草間時彦
綻びし梅の絵クリスマスカード 後藤比奈夫
繊維まで見える聖樹の綿の雪 山口誓子
翼燈の点滅森を過ぐ聖夜 秋元不死男
聖夜ここに道路工事の函ランプ 鷹羽狩行
聖夜ただ吾子あまた子にみとりの母 古沢太穂 古沢太穂句集
聖夜てんでんに第九の音合せ 鷹羽狩行
聖夜とやヒロシマ環礁実験図 中村草田男
聖夜なり懸瀑に音なかりせば 鷹羽狩行
聖夜にてぎんぎらぎんの音地獄 能村登四郎
聖夜に読む光の中に燭を点じ 香西照雄
聖夜の伴に洗ひ熊などよからんか 桂信子「草影」以後
聖夜の芥犬去りしあと人跼む 岸田稚魚 負け犬
聖夜の階のぼる灯の無きフロア過ぎ 岡本眸
聖夜の風出でて野の灯を吹き消しゆく 岸田稚魚 負け犬
聖夜はや紅をおびゆく星得たり 阿波野青畝
聖夜ひとり覚む子に星は十字なせ 林翔
聖夜またたく漁り火の消ゆるころ 鷹羽狩行
聖夜わがましろき胸を診られ臥す 鷲谷七菜子 黄炎
聖夜ミサ首筋やはらかく祈る 鷹羽狩行
聖夜休まず看護婦の白き勤め 鷹羽狩行
聖夜劇がらくた舞台裏に積み 鷹羽狩行
聖夜劇イエス幼き膝を閉ぢ 鷹羽狩行
聖夜劇モーゼの杖は子に倍す 石田勝彦 雙杵
聖夜劇丈より高き杖を抱き 鷹羽狩行
聖夜劇外套のまま離れ観る 伊丹三樹彦
聖夜劇牢名主のごと半跏して 角川源義
聖夜唱ふ胎児は降下しつづけて 鷹羽狩行
聖夜天眼に沁む雪をもたらせり 上田五千石 田園
聖夜弥撒ヴエールをつけし母とゐる 津田清子
聖夜更けぬ一酔顔へ女の愛 伊丹三樹彦
聖夜更け書斎の筒に羽根のペン 鷹羽狩行
聖夜更け眠る子へ菓子買ひに出づ 伊丹三樹彦
聖夜眠れり頸やはらかき幼な子は 森澄雄
聖夜讃歌吾が息をもて吾る 橋本多佳子
聖夜近くクリーニング屋灯を投げて 阿波野青畝
聖夜過ぐダストシユートに風の音 岡本眸
聖夜霧笛去りゆくはユダかヨハネか 平井照敏 天上大風
聖夜餐スープ平らに搬び来し 山口誓子
聖夜餐太き朱蝋が点火待つ 山口誓子
聖夜鼠穴をキリスト許し給ふ 鷹羽狩行
聖樹うち眺む都会の駅に降り 伊丹三樹彦
聖樹こそ遠く惨なる定点に 平畑静塔
聖樹とて癩画の樅信徒囲む  大野林火 飛花集 昭和四十六年
聖樹ともり大丸の窗冬ぐもる 飯田蛇笏 雪峡
聖樹にて五角の星を光らせる 山口誓子
聖樹にて樅の木のみがまことのもの 山口誓子
聖樹にて終始点れる燈はあらず 山口誓子
聖樹にて雪青くなり紅くなり 山口誓子
聖樹にて鳴ることもなき銀の鐘 山口誓子
聖樹には大き過ぎたる星と鐘 山口誓子
聖樹には綿をこんもり積もらしめ 山口誓子
聖樹に燈最も篤信祖母ぎみは 及川貞 夕焼
聖樹に触れ一気に離る担送車 能村登四郎
聖樹の燈中に点滅せぬ燈あり 山口誓子
聖樹の燈梢に点る北極星 山口誓子
聖樹の燈紅き燈のみがあればよし 山口誓子
聖樹の燈雪を冠りて点滅す 山口誓子
聖樹の燈騒然として点滅す 山口誓子
聖樹の鐘穴をこちらに向ける鐘 山口誓子
聖樹の雪落ちしを別の葉に載せる 山口誓子
聖樹までやつと自力の車椅子 鷹羽狩行
聖樹より垂れる扁たき銀の星 山口誓子
聖樹より垂れゐる小さき教会堂 山口誓子
聖樹寒し職安の列はや散りて 岸田稚魚 負け犬
聖樹灯り水のごとくに月夜かな 飯田蛇笏 霊芝
聖樹点滅窓に陸の灯港の灯 福田蓼汀 秋風挽歌
聖樹選ぶその空間を描きつつ 鷹羽狩行
聖樹除きしあとひろびろと椅子卓子 津田清子 礼拝
聖歌おのずから高調 指環交す 伊丹三樹彦
聖歌中勇気もて炉の灰おとす 津田清子 礼拝
聖歌五百四十六番聖体すすむ 山口青邨
聖歌反響 反響 はだし少女もいる 伊丹三樹彦
聖歌従唱すかくしに迂闊の数珠 伊丹三樹彦
聖歌隊並みて素木の階きしむ 能村登四郎
聖歌隊解かれて処女柿噛る 津田清子 礼拝
聖歌隊解散 松葉杖の音も 伊丹三樹彦
聖誕快楽 冷房ホテルに聖樹点り 伊丹三樹彦
胡桃など割つてひとりゐクリスマス 山口青邨
胡桃割りて妻と足るなり降誕祭 星野麥丘人
腕時計柱時計も聖夜告ぐ 阿波野青畝
臘八のあとにかしましくりすます  正岡子規 クリスマス
臥生活のラヂオを聴けばクリスマス 日野草城
船員にクリスマスの窓ともりけり  大野林火 海門 昭和七年
船笛のこだまが冷ます聖夜餐 鷹羽狩行
花のなき壺はトルソに似て聖夜 鷹羽狩行
花よりもサラダを燦と聖夜餐 鷹羽狩行
花型に蝋涙たまるクリスマス  大野林火 飛花集 昭和四十六年
花舗の裏暗し聖夜の川流れ 岡本眸
花車歩道をひいてクリスマス 山口青邨
菊の間に聖樹とならむ鉢の樅 能村登四郎
虚を衝いて着くものクリスマスカード 後藤比奈夫
蛸壷の日にあたたまるクリスマス 上田五千石『田園』補遺
蝋涙を畳のへりにクリスマス 石田勝彦 百千
蝋燭のほのほ重たく聖夜劇 鷹羽狩行
螺旋階のぼる聖樹を見下しに 鷹羽狩行
街は聖夜靴屋はなほも靴つくる 有馬朗人 母国拾遺
街は聖歌ばかり メタセコの枯れ円錐 伊丹三樹彦
街中に枯木そばだつクリスマス 右城暮石 句集外 昭和三十一年
表裏なくかがやく精神科の聖樹 平畑静塔
裏町の泥かゞやけりクリスマス 桂信子 月光抄
裲襠を飾るホテルのクリスマス 山口誓子
裸木の雨露にも虹影 聖歌月 伊丹三樹彦
西行きの列車がら空きクリスマス 右城暮石 声と声
見せまじき涙娘と会ふクリスマス 稲畑汀子
見てならぬ裡見ゆ聖樹の鐘傾ぎ 山口誓子
試歩の杖聖樹に凭せたるは誰ぞ 鷹羽狩行
貧厨にランプかざしつクリスマス 伊丹三樹彦
贈られし金敷き臥すもクリスマス 石田波郷
贈り物の數を盡してクリスマス 正岡子規 クリスマス
赤が黄を黄が青を呼ぶ灯の聖樹 鷹羽狩行
赤き実を囲む棘の葉クリスマス 鷹羽狩行
赤鉛筆のぞく聖夜の教師の胸 能村登四郎
跳ぶさまで止る聖夜の赤木馬 秋元不死男
車椅子なき者は立ち聖夜唱ふ 鷹羽狩行
車椅子遊びしてゐて聖夜更け 鷹羽狩行
軍章の形聖樹の銀の星 山口誓子
通行を遮断聖夜の道路工 鷹羽狩行
遥か来し聖夜の星座澄める国 稲畑汀子
遮断機がふらふら降り来 聖夜の果 伊丹三樹彦
部屋靴の花のごとくにクリスマス 山口青邨
金銀の聖樹駐在所に飾る 山口誓子
鈴懸の鈴も聖夜の灯が照らす 鷹羽狩行
鉄板の地下に働く聖夜の灯 鷹羽狩行
鉄蓋を除けてしんそこ聖夜なり 鷹羽狩行
銀の箔聖夜の塵に拾ひけり 阿波野青畝
銀の紐聖樹に銀の鐘を吊る 山口誓子
銀紙の聖鐘巨きあはれ軽く聖夜 山口青邨
銭湯に漁夫の冷え肌クリスマス 秋元不死男
鐘なる間庭をありくや降誕祭 前田普羅 普羅句集
長い間会堂を暗に聖夜劇 山口誓子
長崎に雪めづらしやクリスマス 富安風生
長椅子に仮眠聖夜を涜したり 鷹羽狩行
降る雪の紙呆気なし聖夜劇 伊丹三樹彦
降誕祭(ワイナハト)待つ燭こよひともすなり 山口青邨
降誕祭いちにんのをんな離れがたき 安住敦
降誕祭むかしの銀貨(コイン)見せられぬ 星野麥丘人
降誕祭むかしの銀貨見せられぬ 雨滴集 星野麥丘人
降誕祭シャンツェ蒼き夜を刷けり 飯田蛇笏 山響集
降誕祭ブロツコリー食し信厚し 森澄雄
降誕祭母の祈を父は知れど 石川桂郎 含羞
降誕祭町にふる雪わが家にも 安住敦
降誕祭睫毛は母の胸こする 中村草田男
降誕祭讃へて神を二人称 津田清子
降誕祭顔見ぬ人へも公平に 香西照雄 素心
陳氏来て家去れといふクリスマス 西東三鬼
隣りあひ聖鐘を吊りレストラン聖夜 山口青邨
隣人の戸の音戸越しに降誕祭 中村草田男
雪かかり星かがやける聖樹かな 山口青邨
雪かゝる聖樹の憲に驢馬の鈴 飯田蛇笏 霊芝
雪の戸の堅きを押しぬクリスマス  水原秋櫻子 葛飾
雪を積む聖樹の銀の吊鐘も 山口誓子
雪嶺を今年まだ見ずクリスマス 右城暮石 上下
雪晴れて蝦夷の聖夜をただよへり 角川源義
雪片を星が降らしぬクリスマス 相馬遷子 雪嶺
雪道や降誕祭の窓明り 杉田久女
雪降りて蕪村忌にしてクリスマス 富安風生
零下青き道あり癩に聖夜来ぬ  大野林火 飛花集 昭和四十六年
雷雨去り聖歌しづかなりつづく 橋本多佳子
雷鳴の丘の裸木クリスマス 西東三鬼
電源に聖樹を点すコード挿す 山口誓子
電源を切りて聖樹の灯をも消す 津田清子 礼拝
青菜つづく地平に基地の降誕祭 飴山實 おりいぶ
靴よりも馴鹿(となかい)小さし豆聖樹 百合山羽公 樂土以後
靴下がくの字に吊られクリスマス 阿波野青畝
風が打つ荒壁ともり子の聖樹 佐藤鬼房
風船をくれるを待てり聖樹蔭 能村登四郎
風音も劇中のもの聖夜劇 鷹羽狩行
食後の真水聖夜の吾子等祈り初む 中村草田男
馬小屋の一頭で満ちクリスマス 鷹羽狩行
馬画き厩めきけりクリスマス 阿波野青畝
馴鹿はものおもふ顔クリスマス 後藤比奈夫
高熱の指に聖樹の雪つまむ 鷹羽狩行
鳩の肩そろへて待てりクリスマス 飯島晴子
黒き靴黒く磨きてクリスマス 鷹羽狩行
黒人の掌の桃色にクリスマス 西東三鬼
黒人兵一倭婦を抱きクリスマス 伊丹三樹彦
鼠色の母かばいゆく クリスマス 伊丹三樹彦

以上
by 575fudemakase | 2015-12-24 00:02 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25157303
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

観覧車 の俳句
at 2017-12-18 09:19
海豹 の俳句
at 2017-12-18 09:14
後評(2017・12)
at 2017-12-18 04:31
映画 の俳句
at 2017-12-15 09:21
歳時記 の俳句
at 2017-12-15 08:02

外部リンク

記事ランキング