柚子湯の俳句

柚子湯の俳句

柚子湯の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23361978/


柚子湯 補遺

あそび女の柚子風呂に音立てずゐる 鷲谷七菜子 游影
うつせみの生身をかしき柚子湯かな 上田五千石 天路
これ柚釜これ柚子湯にと分けてもぐ 鷹羽狩行
ちちははの慰めあひし柚子湯かな 廣瀬直人
ながらへてみれば柚子風呂もおもしろき 飴山實 句集外
なつかしや柚子湯は熱く青文身 石川桂郎 含羞
まどろみて待つや柚子湯にゐるひとを 日野草城
やはやはとはだへを洗ふ柚子湯かな 日野草城
丑三つを柚子湯漬りにまかせける 斎藤玄 狩眼
京都より戻りし夜の柚子湯かな 村山古郷
今年誰も病気せざりし柚子湯かな 高田風人子
冬至湯におのが膩(あぶら)とみてかすか 能村登四郎
冬至湯に大きな柚子が二つ浮く 細見綾子
冬至湯の柚の香憑きたる思ひごと 飯田龍太
冬至湯の煙あがるや家の内 前田普羅 普羅句集
冬至湯や五欲何捨て何残す 林翔
冬至風呂出て陽気なるはだへかな 岸田稚魚 紅葉山
厨になほ妻の物音冬至風呂 岸田稚魚 紅葉山
吾子はをみな柚子湯の柚子を胸に抱き 山口青邨
天窓に日のあるうちの柚子湯かな 鷹羽狩行
妻も子も柚子湯ぼてりのよき眠り 日野草城
子地獄の吹きさらさるる冬至風呂 飯田蛇笏 山響集
宵すぎて俄かに淋し柚子湯かな 村山古郷
少し早めに帰る柚子湯に入るため 岸田稚魚 紅葉山
山垣にかくれごころの柚子湯かな 上田五千石『琥珀』補遺
山妻に柚子湯の榾の仕へけり 百合山羽公 樂土以後
廃業といふ鉄湯の柚子湯かな 百合山羽公 樂土以後
木の端の身を沈めたり冬至風呂 橋閒石
柚子浮きし柚子風呂あふれしめにけり 細見綾子
柚子湯かな沈めば頤に柚子の玉 石塚友二 玉縄抄
柚子湯して妻とあそべるおもひかな 石川桂郎 含羞
柚子湯に漂わす いっぽん胸白毛 伊丹三樹彦
柚子湯の指 至る 兵時の火傷痕 伊丹三樹彦
柚子湯の柚子胸辺ただよへばなまめかし 山口青邨
柚子湯の柚手術せし胸に遊ばしむ 村山古郷
柚子湯の香しばらく恋はれゐるごとし 岡本眸
柚子湯や日がさしこんでだぶり~ 村上鬼城
柚子湯出し顔つやつやと古女房 日野草城
柚子湯出て夫の遺影の前通る 岡本眸
柚子湯出て慈母観音のごとく立つ 上田五千石 田園
柚子湯出て町一ト廻りしたりけり 中村苑子
柚子湯出て身伸ばし歩む夜道かな 杉田久女
柚子湯出て闇を遠しと思ひをり 鷲谷七菜子 天鼓
柚子湯沁む無数の傷のあるごとく 岡本眸
柚子湯熱くしてのむ子婚近し 細見綾子
柚子湯熱し貧窮の身に浸み透り 西東三鬼
柚子風呂にはひりしは吾れ一人のみ 細見綾子
柚子風呂に妻をりて音小止みなし 飴山実
柚子風呂に聖痕のなき胸ひたす 有馬朗人 天為
柚子風呂に赤子を沈め北がみへ 三橋鷹女
柚湯出て髪やはらかく爪堅し 相馬遷子 山河
武蔵野や柚子湯を貰ふ宵ながら 石川桂郎 含羞
残る日の柚子湯がわけばすぐ失せぬ 水原秋櫻子 重陽
溢れ出て玉のひびきの柚子湯かな 鷹羽狩行
濤音をあひまあひまの冬至風呂 飯島晴子
燠赤し柚湯に仕へ終るまで 百合山羽公 寒雁
生涯の傷をいたはる柚子湯かな 村山古郷
病体を拭いてもらひぬ柚子湯もて 日野草城
病棟より柚子湯の蒸気噴いてをり 石田波郷
痩古郷柚子湯の湯気をまとひ出づ 村山古郷
白々と女沈める柚子湯かな 日野草城
稿脱けて遅き柚子湯に徒弟らと 能村登四郎
籠の中柚子湯の柚子とほうれん草 山口青邨
詰る日もどん詰りなる柚子湯かな 石塚友二 玉縄以後
身に触るるひいふうみいよ柚子湯かな 林翔
追ひ焚きの湯気あげそめし柚子湯かな 鷹羽狩行
金溜まることに縁なき柚子湯かな 鈴木真砂女
顔白く午後の柚子湯に入り来たる 岡本眸

以上
by 575fudemakase | 2015-12-22 00:02 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25157846
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング