針供養の俳句

針供養の俳句

針供養

例句を挙げる。

あじきなき日を送りつゝ針供養 高橋淡路女 梶の葉
あまさかる鄙のをとめも針供養 高橋淡路女 梶の葉
いたづらに古りゆく身かな針供養 高橋淡路女 梶の葉
うすうすと川に汐入る針供養 宮川惜子
お針子の昔ありけり針供養 行方克巳
かぼそさを耳たぶにため針供養 河野多希女
きささげの実に日の当り針供養 加藤三七子
この在のいつか廃れて針供養 高澤良一 素抱 

この道で生活(たつき)立て来し針供養 高澤良一 宿好 
こぼれゐし針おそろしや針供養 岸風三樓
こもを巻く蘇鉄のもとの針供養 丸山和子
さながらのこぼれ松葉や針供養 小 波
さび針の大包ある針供養 松藤夏山 夏山句集
それぞれの女のさだめ針供養 田辺ひで女
どこからも伊吹は白し針供養 大峯あきら 宇宙塵
ふるさとに帰りて会へり針供養 村山古郷
まんさくも挿しまゐらせて針供養 荒井正隆
みちのくに旧暦寺の針供養 桂樟蹊子
もの食べて唇ひかる針供養 長崎玲子
やはらかき土踏んできて針供養 鷲谷七菜子
ミシン台並びやすめり針供養 石田波郷
一湾に雲の重たき針供養 荒井千佐代
井の底に白雲あそぶ針供養 飯田龍太
亡き母の尺古し針供養 松根東洋城
何事も肯く母や針供養 高橋悦男
割烹着脱げば晴着や針供養 池上浩山人
十人の過去は十色に針供養 町田しげき
午からは雪消す雨や針供養 大峯あきら 宇宙塵
古びたる注射針をも針供養 瀧澤伊代次
在りし日のままの針箱針供養 穂坂日出子
大作の絵筆もとり針供養もし 安立恭彦
天井に日の斑ゆらめく針供養 桂信子 遠い橋
女の宮の雨しづかなる針供養 服部よね子
嫂を母ともたのみ針供養 橋本鶏二 年輪
子を生むときめしやすらぎ針供養 本間有紀子
孕み猫膝にいたはり針供養 西島麦南 人音
山里や男も遊ぶ針供養 村上鬼城
島人にその日待たるゝ針供養 稲畑汀子
幔幕をたたみてをはる針供養 榎本好宏
春の戸を出て夕まぐれ針供養 高浜虚子
昼月の淡島さまや針供養 赤星水竹居
昼月の粟島様や針供養 赤星水竹居
昼湯より戻りて遊ぶ針供養 高橋淡路女 梶の葉
来し方もいまもさびしく針供養 戸田銀汀
次の間に次の間のあり針供養 深見けん二
母の名の残る尺差し針供養 金原登志子
法螺貝を吹きて始まる針供養 山田弘子 螢川
浅草に日のさびれゐし針供養 大牧 広
浅草に月が出てをり針供養 深川正一郎
浅草はいつも群集や針供養 高木峡川
海荒れて淋しきかなや針供養 細見綾子
点滴の針つけつ放し今日針供養 星野紗一
無造作に祈る畳屋針供養 秋山夏樹
片づけて子とあそびけり針供養 今井つる女
男ひとり交りて堂に針供養 渡辺和子
町中に寺の灯ともる針供養 石川桂郎 四温
町娘笑みかし行く針供養 高浜虚子
白足袋も五つこはぜの針供養 今泉貞鳳
百度石忘れられをり針供養 高木晴子 花 季
矢衾の豆腐かなしき針供養 金子伊昔紅
笙の音に鳥影よぎる針供養 山田弘子 こぶし坂以後
紐巻きてアイロン休む針供養 百合山羽公 寒雁
羽ばたけるもの夕空に針供養 藺草慶子
舟に着き女人ばかりや針供養 中戸川朝人 尋声
艶といふつめたきひかり針供養 長谷川双魚 『ひとつとや』
芝居見たき火鉢に凭りぬ針供養 龍胆 長谷川かな女
草の戸を出て夕まぐれ針供養 高浜虚子
行き合ふて話が弾む針供養 高澤良一 宿好 
裁台に茶菓子届きぬ針供養 小澤満佐子
装ふも手は主婦の手や針供養 茂里正治
見えてゐる島からも来て針供養 山内山彦
親方が一人男や針供養 瀧 春一
詩作亦受恩の償ひ針供養 中村草田男
賃仕事ためて遊ぶや針供養 高浜虚子
蹇の妻の晴着や針供養 日野草城
身から出る錆といふもの針供養 大倉祥男
辻浄む幣立て替へて針供養 脇坂啓子
酒絶ちのきれいな夜の針供養 中山純子 沙 羅以後
針もたぬ遊び女なれど針供養 藤田烏兎
針供養うしろの楠に鳶がゐて 平松良子
針供養した豆腐なり豆腐汁 清水さき子
針供養してさて娘らやどこへゆく 星野立子
針供養ついで参りの鐘をつく 立林しゑ
針供養といふことをしてそと遊ぶ 後藤夜半 底紅
針供養に逢ふ約束も出来てをり 高木晴子 花 季
針供養ふもとの人のつどふ日よ 小島千架子
針供養へといそ~と一人行く 星野立子
針供養むかし千人針と母と 成瀬櫻桃子 素心
針供養夕づきそめし針の色 岡本 眸
針供養女の齢くるぶしに 石川桂郎 含羞
針供養女人の膝も寺冷えす 本宮鼎三
針供養女人は祈ること多し 上野泰
針供養子が子を連れて来てゐたる 安住敦
針供養子供が多くゐて場末 町田しげき
針供養宮居の梅も年古りぬ 高木石子
針供養宮戸座裏の深雪かな 増田龍雨 龍雨句集
針供養明日に淡島様ともる 館岡沙緻
針供養母亡きあとの月日かな 成瀬櫻桃子 素心
針供養水仙ねぢれ梅曲り 百合山羽公 寒雁
針供養海鳥声を落としゆく 大峯あきら
針供養淡島様は母の里 中井 ユキ子
針供養男の眼もて見てゐたる 宇田秋思
針供養皓と使はぬ糸切歯 百合山羽公
針供養目のおとろへは云ふまじく 澤田しげ子
針供養空枝夕日に伸べりけり 太田鴻村 穂国
針供養都を恋ふる淡さかな 阿部みどり女
針供養針一本で子を育て 岩永草渓
針子とる身すぎ世すぎや針供養 富安風生
針山の年経し艶や針供養 有働木母寺
針穴の多き障子や針供養 大橋櫻坡子 雨月
針箱を持ち出せしのみ針供養 細見綾子
釣針も刺してあるなり針供養 平林婦美栄
鎌倉の山まどかなる針供養 綾部仁喜 寒木
雪いつか雨となりたり針供養 加古宗也
雪山の荒膚仰ぐ針供養 堀口星眠
響灘波たちやすし針供養 八重津苳二
風花に濡れきし髪や針供養 西島麦南
風荒れは沖荒れさそふ針供養 不破幸夫
鳩千羽千の影曳く針供養 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
黒髪がいのちのむかし針供養 太田寛郎
貴女まあお変わり無くてと針納め  高澤良一  宿好
つつみ紙楚々と開きて針納め  高澤良一  宿好
針納む美風普く傳はりて  高澤良一  宿好
まなうらにミシン踏む母針納め  高澤良一  宿好
紅絹(もみ)いろに浅草の空針納め  高澤良一  宿好
鼻の上にちょこんと眼鏡針納め  高澤良一  宿好

針供養 補遺

*あしなへの妻の晴着や針供養 日野草城
あけたての白き障子や針供養 日野草城
すこやかに姉妹は老いて針供養 飴山實 句集外
どこからも伊吹は白し針供養 大峯あきら 宇宙塵
ふるさとに帰りて会へり針供養 村山古郷
やはらかき土踏んできて針供養 鷲谷七菜子 游影
オルゴール鳴らして妻や針祭 星野麥丘人
一人来て二人来て針供養かな 安住敦
井の底に白雲あそぶ針供養 飯田龍太
仲麻呂も真備も遠し針祭る 後藤比奈夫
午からは雪消す雨や針供養 大峯あきら 宇宙塵
和服着て車運転針供養 右城暮石 句集外 昭和四十九年
女子大に句会ありけり針供養 山口青邨
孕み猫膝にいたはり針供養 西島麦南 人音
寒林のごとく針挿し針祭る 後藤比奈夫
山里や男も遊ぶ針供養 村上鬼城
市井暦日針供養過ぎ初午来 安住敦
平凡な女に生きて針納む 山田弘子 初期作品
庭竹の幹に日あたり針供養 山口青邨
昼湯より戻りて遊ぶ針供養 高橋淡路女
本尊は女雛におはす針供養 星野立子
林なし森をなしつつ納め針 上野泰
次の間に次の間のあり針供養 深見けん二
母の針箱身ほとりにおき針供養 細見綾子
法螺貝を吹きて始まる針供養 山田弘子 螢川
町中に寺の灯ともる針供養 石川桂郎 四温
盛装に鳩のおどろく針供養 右城暮石 句集外 昭和四十七年
空瓶に密閉の針針供養 右城暮石 虻峠
笙の音に鳥影よぎる針供養 山田弘子 こぶし坂以後
箱庭のごとく祀れり針供養 山口青邨
納め針磁石にとんでゆきにけり 阿波野青畝
紐巻きてアイロン休む針供養 百合山羽公 寒雁
絲竹のいとまのお針供養養 富安風生
老のいふ身寄りの一語針納め 石川桂郎 四温
老妻のけふ針供養と言ひしのみ 山口青邨
舟に着き女人ばかりや針供養 尋声
花活けしミシンの台や針供養 石橋秀野
詩作亦受恩の償ひ針供養 中村草田男
針供養といふことをしてそと遊ぶ 後藤夜半 底紅
針供養へといそ~と一人行く 星野立子
針供養まだまだ梅の固き春 阿波野青畝
針供養まぶしからざる日が一つ(浅草寺・淡島堂三句) 鷹羽狩行
針供養むかし千人針と母と 成瀬櫻桃子 素心
針供養女の齢くるぶしに 石川桂郎 含羞
針供養女人は祈ること多し 上野泰
針供養子が子を連れて来てゐたる 安住敦
針供養母亡きあとの月日かな 成瀬櫻桃子 素心
針供養水仙ねぢれ梅曲り 百合山羽公 寒雁
針供養没日を波の洗ひけり 石田勝彦 百千
針供養狐格子の京の家 村山古郷
針供養皓と使はぬ絲切歯 百合山羽公 樂土
針供養針の新陳代謝かな 阿波野青畝
針供養青女房もまじりけり 村山古郷
針叢の中へ一筋針納む 深見けん二
針箱を持ち出せしのみ針供養 細見綾子
針納め堂くらきまで千羽鶴 鷹羽狩行
鎌倉の山まどかなる針供養 綾部仁喜 寒木
雲の居の夜もそのまま針祭 鷹羽狩行
黒髪がいのちのむかし針供養 太田寛郎

以上
by 575fudemakase | 2015-12-12 05:16 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25171638
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング